毎日の仕事に追われて、できることなら、遊んで暮らしたいと思っている方は、多いかもしれません。

これから仕事を始める方は、今の日本の労働環境について知ると、不安が募るばかりでしょう。

では、私たちは何のために働くのでしょうか。

ここでは、仕事をする意味について考えたいと思います。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

一生遊んで暮らすのは幸せ?

一生遊んで暮らすことは幸せなことでしょうか?

確かに、煩わしい仕事から解放されて、自分のやりたいことだけできれば、楽しい毎日が送れそうですよね。

でも、それは本当に幸せなことなのでしょうか?

仕事をする意味を考えるなかで、幸せということについても考えていく必要があります。

仕事をする12個の意味

一般的に、家族のため、お金のために仕事をするという方が多いのではないでしょうか。

でも、それ以外にも、仕事をすることには様々な意味があります。

お金のため

多くの人が仕事をする目的のひとつが、お金です。

当然ですが、毎日生活していくことももちろん、友達と遊んだり、趣味に没頭したりするためには、どうしてもお金がかかりますよね。

そして、お金を稼ぐためには仕事をする必要があります。

自分のため以外にも、自分以外の家族を養うためという人も多いでしょう。

また、単純にお金を貯めるのが好きという方もいます。

お金を貯めること自体が趣味という人です。

私たちが仕事で稼ぐことができる金額には限界がありますし、先のことを考えると、たくさん貯金があることが、気持ちの安定にもつながります。

自分の能力を高めるため

自分のために仕事をする意味のひとつとして、自分の能力を高めるためというのがあります。

仕事をしていくなかで、様々なスキルを身に付けることができ、それはこれからの人生に役立つことも多いでしょう。

そうして、仕事の中で高めた能力は、次の仕事に生かしたり、自分の夢に向けたチャレンジに繋がるかもしれません。

自分の能力を高めるということは、未来の自分への投資なのです。

人の役に立つため

どんな仕事でも、どこかで必要とされていることです。

仕事をするということは、少なからず、誰かの役に立っているということです。

対面で接客するような仕事なら、直接お客様からお礼を言われることもあり、より役立てていることを感じることができます。

誰かにお礼を言われるというのは、大したことではなくても、とても嬉しく、励みになるものです。

ただ、お客様と対面で接しない仕事の場合、役立ちを感じることはとても難しいものです。

誰のための仕事かわからなくなっている人は、仕事の先にいるお客様のことを考えてみると良いかもしれません。

自己実現のため

自己実現とは、ありのままの自分でいられるということです。

仕事を通して自己実現をするためには、自分のやりたいことが社会貢献に繋がっていく必要があります。

とても難しいことのようですが、自分のやりたいことをすることで、社会に貢献できるのは、非常に喜ばしいことですよね。

新しいものを作り出すため

クリエイティブな志向がある人には、仕事をすることで、新しいことを産み出すことも、非常に重要なことです。

クリエイティブなことではなくても、例えば新しい商品を企画するとか、新しい店舗を開店するなんてことも、とても難しいことで、成し遂げたときの喜びは、大きなものになります。

今までなかったものを新しく作るということは、目に見えて成功を感じることができる、素晴らしい体験です。

体力を衰えさせないため

仕事をすることは、ある程度の強制力を伴いますので、体力を維持することにも繋がります。

最近では、定年退職した後でも、老後の人生を楽しむためにも、セカンドキャリアをスタートさせる方が多くいます。

仕事は、デスクワークであっても、通勤などの移動に一定の体力が必要ですし、長時間集中して仕事に取り組むことは、慣れない人には非常に疲れるものです。

ある程度の年齢になっても働き続けることで、生活に必要な体力の維持に繋がります。

人と交流するため

仕事の内容がなんであれ、同僚やお客様と交流をすることができます。

自分の家族や友人、趣味の範囲内で生活していると、どうしても人間関係が固定化されてしまいます。

仕事をするということは、その枠を飛び出して、より多くの人と交流することができるということです。

多くの人と関わることを目的に、仕事をされている方もいるほど、仕事の中でしか関わることのできない人がいます。

考え方や好きなものが全く違い人とは、仕事以外ではなかなか出会えないものです。

また、人と交流するなかで、必要とされている実感を持つことができ、生きていることの意味を感じることにも繋がります。

達成感を得るため

仕事には常に成果を求められますが、会社のために成果をあげるということは、同時に自分自身も達成感を得ることができます。

達成感は、上司や部下の期待に応えることができたり、設定された目標を達成したときに得られます。

それ以外にも、任された大きな仕事を無事に終えられた時などにも得ることができます。

達成感を得ることは、自分と会社、両方にとってプラスになることです。

社会的評価や地位を得るため

自分に対する評価の仕方は人それぞれですが、その一つとして、社会的評価や地位を得るというものがあります。

仕事に取り組んだ結果、昇進したり、給料が上がったりすると、わかりやすく必要とされていることを感じることができます。

誰にも必要とされていないことを、ずっと頑張り続けることはできませんので、評価を得るということは、とても重要なことです。

趣味に没頭するため

仕事は他の誰かのためにして、その分、それ以外の時間を自分の趣味のために使う方もいるのではないでしょうか。

例えば、仕事は家族のためにして、休日は趣味に使うということです。

趣味を持つことで、生活に張り合いができますし、趣味を楽しむために、仕事を頑張ることができます。

逆に考えると、休日に趣味でリフレッシュできるからこそ、平日は仕事に打ち込めるかもしれません。

結果的には自分のためではありますが、仕事を頑張る理由に、休日の予定のためと答える方は、多いと思います。

社会経験を積むため

働く理由として、経験を積むためと考えている人もいるのではないでしょうか。

本当は別の目標があって、その目標を達成するためといった場合です。

例えば、自分でレストランを開こうと思ったとき、接客の経験も必要ですし、料理の経験も必要ですよね。

一口に仕事といっても、様々な専門的な役割で成り立っています。

何かの目的を達成しようと思ったとき、何が役立つかはわかりませんので、より多くのことを経験しておく方が良いのです。

好きなことを仕事にするため

好きなことを仕事にするのには、お金も時間もかかります。

そのため、とりあえず今は繋ぎの仕事をして、いずれは夢を叶えたいと考えている人もいるでしょう。

特に夢が不安定な仕事の場合、しっかりと資金を貯めておく必要があります。

ただ、夢は気力と体力が十分にあるうちでないと、なかなか挑戦できません。

のんびりしている時間がないからこそ、今は目の前の仕事に打ち込むことも必要なのです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事をするのは誰のため?

仕事をする意味を考えていく中で、それが誰のためなのかも考える必要があります。

自分のため

最初から、誰かのために仕事を始められる人は多くないでしょう。

最初のうちは、自分が遊ぶため、生活するために仕事をしている方が、大半を占めるはずです。

お金のため以外にも、必要とされたいから、評価を得たいからと考えている方も多いでしょう。

仕事をすることは、まず自分にとって必要なものを得ることで、それが結果的に、他の人のためにと繋がっていくのです。

家族のため

仕事を続ける理由として、家族のためと答える人は、多くいます。

自分のためだけなら、多少安定しなくても、好きな仕事を選ぶかもしれません。

しかし、家族を養うためとなると、必要な金額も変わってきますし、子供を育てるとなると、より安定した収入を長期間得る必要があります。

ただ、家族のために働くという人は、仕事をする理由というよりも、仕事を選ぶ理由、仕事を続ける理由として考えている人が多いかもしれません。

社会のため

仕事とは、必要としている個人や企業に向けたものではありますが、それが結果的に社会貢献に繋がっていくと感じたとき、より大きなやりがいを感じることができます。

最初は目の前の人の期待に答えることで精一杯でも、徐々に影響範囲を広げていくことが、すべての仕事に共通した目的と言えるかもしれません。

お客様・利用者のため

誰かに感謝されること、誰かの役に立てることこそが、仕事の喜びという人もいます。

結果的には自分のためかもしれませんが、収入を得ることにもあまり興味がなく、目の前のお客様に感謝されることが、一番の喜びと考えている人もいるということです。

例えば、近くに同じようなサービスがない場合、その人の仕事だけが頼りという場合もあります。

お客様のため、利用してくれる人のためには、自分が働く以外にないと考えると、仕事というものがとてもシンプルになるのではないでしょうか。

一緒に働く同僚のため

誰かのためと考えたとき、自分が一緒に働くチームメイトを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

一番近くで、同じ目標を追いかける仲間は、なによりも心強く、大切な存在ですよね。

時には、自分の評価のためではなく、同僚を評価してもらうために、仕事を手伝うような場面もあるでしょう。

結局のところ、自分ひとりで全ての仕事をすることはできませんので、同僚と助け合っていくことも、仕事の意味としてとても重要なものです。

仕事の意味に悩みがちなのはこんな時

仕事をすることには、様々な意味があります。

しかし、自分の置かれている状況が悪いと、その意味も見失いやすくなります。

仕事が行き詰っているとき

長期間同じ仕事にかかりきりになると、仕事の必要性や必然性を見失いやすくなります。

何のための仕事かわからなくなると、仕事にも行き詰まりますし、仕事をすること自体に悩んでしまいますよね。

仕事に行き詰まっていると感じたら、何のための仕事か考え直し、今一度方向性を見直す必要があります。

身体的に疲れているとき

忙しいと、休むこともままならなくなり、仕事をする意味についても悩みがちになります。

元気なときなら考えないような、ネガティブなことを考えて、より気持ちが沈んでしまうこともあるでしょう。

身体的に疲れているときは、まずはゆっくり休むことが先決です。

ゆっくり休む時間がなくても、少しでも早く寝て、気持ちを切り替える必要があります。

疲れているときに考えを巡らせても、よい考えは浮かびません。

評価されていないと思うとき

結局のところ、仕事の結果、自分が評価されていると感じられないと、何事にも意味を見出だすことが難しくなります。

しかし、評価とは自分以外の人がするもので、自分でコントロールすることは難しいですよね。

それでも、なんの評価も得られないと、今のままでよいのか、どこを改善したらよいのかわからなくなり、仕事をすることに悩みがちになります。

他にやりたいことがあるとき

今やっている仕事が好きではないとか、本当は別に目指していることがある場合、このまま仕事を続けていくのが正しいのか、わからなくなりますよね。

例えば、次の仕事への繋ぎのつもりが、思いがけず長く働いてしまったり、働いていくうちに別の仕事を見つけて、転職を考えているときです。

好きなことを仕事にしようと思っていたのに、上手くいかなかったときも、同じように考えるかもしれません。

仕事というのは、必ずしも自分がやりたいことではありません。

それでも続けるのか、一度自分のキャリアを見直すのかは、その時々で考えていく必要があるでしょう。

自分ひとりが頑張っていると感じるとき

人がひとりで頑張り続けることは、とても難しいことです。

誰も助けてくれず、ひとりで頑張っていると感じると、何のために仕事をしているのか、その意味を見失いやすくなります。

それなのに、無闇に頑張ってしまうことがあるのです。

でも、ふと立ち止まったとき、頑張ってきた意味がわからなくなります。

今まで頑張ってきたことが急に無意味なことのように感じられて、それ以上続けることが難しくなる場合もあります。

大きな達成感を得たとき

越えられないとと思っていた壁を越えたり、大きな目標を達成すると、次の目標を見失い、仕事の意味に悩みがちになります。

壁を越えたり、目標を達成すること自体が仕事をする意味となっているため、新しい目標が見つけられないと、先に進むことができなくなります。

燃え尽き症候群と言われるような状態で、新しい目標を与えられたとしても、自分が納得して取り組めないと、立ち直ることが難しい場合もあります。

精神的に追い詰められたとき

友人と上手くいかなかったり、家庭に問題がある場合などに、仕事自体には問題がないはずなのに、仕事をしている意味がわからなくなることがあります。

本当の問題点に目を向けることができず、現実逃避をしているような状態です。

この場合、本当の問題点が解決しないと、仕事の意味を見つけることが難しくなります。

まずは、何が問題なのかを見つめ直す必要がありますが、精神的に追い詰められていると、なかなか考えをめぐらせることもできなくなるのです。

仕事をする意味を見つけるためにできること

仕事をすることの意味を見失ってしまったら、どうしたらよいでしょうか。

様々な対処法の中から、ひとつでも実践してみると、光明が見えてくるかもしれません。

とにかく夢中で働いてみる

一生懸命やっているつもりでも、実は手を抜いていて、夢中になれていないときがあります。

本来の力を発揮できていなければ、当然評価もされませんし、自分自身もやりがいを感じることができないでしょう。

とにかく夢中で働いてみても、よい結果がでるとは限りませんが、今までにない能力が発揮できたり、新しくやりたいことが見つかることがあります。

何となく楽しくないとか、やる気が出ないと感じているのなら、思いきって仕事に取り組むことをおすすめします。

友人・家族・上司に相談

周りの人は、意外とあなたの頑張りを見ていてくれるものです。

自分自身では仕事の意味を見失っていても、相談することで、方向性を示してくれることもあります。

特に、目上の家族や上司なら、人生経験から、対処方法を教えてくれるでしょう。

友人なら、自分では考え付かないような、新しいアイデアを与えてくれるかもしれません。

自分一人で考えていても解決しないときには、信頼のおける人に相談することが、解決への近道になることもあります。

まとまった休みを取ってみる

疲れたときには休むものですが、1日や2日の休みでは、いつもの週末にしかなりません。

仕事の意味を見失うほど疲れているのなら、思いきってまとまった休みを取ってみましょう。

休みの間は、やりたかった趣味に没頭したり、遠くへ旅行に行くというのも良いと思います。

でも、疲れているときには、予定を立てるのも億劫になりますので、特別なことはなにもしないというのも良いでしょう。

とにかく、仕事をしていたらできないことをするというのが重要です。

楽しいと思える仕事をする

好きなことを仕事にするのは、贅沢だと考える人も多いと思いますが、少なくとも楽しんで仕事をするということは、とても大切なことです。

今やっている仕事の中にも、好きな仕事、楽しい仕事があるのではないでしょうか。

時には、嫌な仕事は置いておいて、楽しいと思える仕事だけする日があっても良いと思います。

また、今の仕事ではどうしても楽しむことができないなら、思いきって転職を考えてみるのも良いでしょう。

仕事内容や仕事のやり方を変えてみる

仕事に行き詰まっているとき、仕事のやり方に問題がある場合もあります。

一人でできないことは誰かに手伝ってもらったり、アドバイスをもらったり、全く別のアプローチを考えてみるのも良いでしょう。

仕事のやり方を変えると、案外簡単に問題が解決することもあります。

行き詰まった状況を打開するときには、とにかく行動してみることです。

本を読んでみる

周りに相談できる人がいない場合には、実用書などの本を読んでみるのもおすすめです。

手軽に他の人の考えに触れることができますし、何となく過ごしていた休日が、充実するのではないでしょうか。

本を読むだけでなく、講演会などに出かけてみるもの良いと思います。

他の人の考えに触れることで、自分の考えが偏っていたものだと気付けたり、新しい道しるべになる場合もあります。

新しい人との出会いの場をつくる

同じ仕事を続けていると、家と職場の往復で、どうしても人間関係が固定されてしまいます。

決められた人間関係の中では、なかなか新しい打開策は見出せないものです。

例えば、行ったことのない趣味の集まりに出かけたり、普段はあまり遊ばない友人を誘って、行ったことのない場所に連れて行ってもらうのも良いかもしれません。

新しい刺激を受けることで、今の生活を見つめ直すきっかけになります。

やりたかったことを思い切ってやる

まとまった休みをとったりすることももちろんですが、憧れの高級レストランで食事をしたり、行きたかった場所に旅行に行くというのも良いと思います。

今まで、仕事を理由にできなかったこと、諦めていたことに、思い切って挑戦してみましょう。

気持ちがリフレッシュできますし、やりたかったことをやることが、仕事の意味になるかもしれません。

そして、新しくやりたいことができれば、それこそが次の仕事をする理由になるのです。

次の目標への充電期間と考える

考え方を変え、何気ない仕事や単調な仕事も、次の目標を見つけ、達成するための充電期間と考えるのも良いと思います。

空いた時間を専門的な内容の勉強に充てたり、新しいことへの挑戦に充てるのです。

考え方を変えるだけでも、物事の見え方は変わってきますので、仕事の意味を考える、良いきっかけになるでしょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

仕事の意味を見失うとき、誰しも行き詰まったり、疲れたりしているものです。

ゆっくり休んだり、新しい刺激を受けることで、これまでや、今の仕事を見直すきっかけができます。

ここで紹介した方法を参考にして、新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

仕事