派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。

面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。

堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?

誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。

派遣登録手続き

派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。

ここでは簡単に登録手続きについて説明します。

人材派遣の説明

最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。

コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。

人材派遣の仕組みだけではなく、派遣スタッフとしての心得や身だしなみ、福利厚生の説明もあります。

登録情報入力

次に、登録情報を入力します。

どのように登録するのかは派遣会社によって異なりますが、設置されているパソコンに直接入力するパターンが多いと思います。

パソコンの入力ができない人は、専用のフォーマットに記入することも可能です。

基本情報、職歴、職務内容、希望条件、OAスキル、などを登録します。

一般常識テスト

多くの派遣会社で実施しています。

漢字の読み書き、簡単な計算問題、ビジネスマナーなどについて出題されます。

社会人として勤務経験があればそれほど難しい内容ではありません。

スキルチェック

パソコンを使う仕事を希望する場合、スキルチェックも受けることになります。

私が勤務していた派遣会社では、Word、Excel、PowerPointのスキルチェックが用意されていました。

デザイナーなどクリエイティブ系の派遣をしていたときは、Macを使ったスキルチェックも実施していました。

面接

ひととおり登録にあたって必要な作業をした後、最後に面接があります。

人材コーディネーターから職歴の確認や、希望条件の確認があります。

場合によっては、お仕事の紹介を受けることもあります。

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?

では、面接ではどのような点をチェックしているのでしょうか。

第一印象

派遣先にスタッフを紹介するにあたって第一印象は重要なので、意外としっかり見られています。

面接をするコーディネーターとの相性もあると思いますが、私は第一印象にかなりウェイトを置いていました。

笑顔で姿勢よく、ハキハキと受け答えしましょう。

初対面でポジティブな印象を与えられるかどうかで、その後、派遣会社からお仕事紹介があるかどうかが決まります。

服装・髪型・身だしなみ

第一印象にも通じますが、やはり見た目は大事です。

派遣登録だからと気を抜いて行ってはいけません。

服装はスーツでなくても構いませんが、スーツの方が印象はよいです。

オフィスカジュアルで行く場合でも、ジャケットを着用するなどキチンと感が伝わる服装を意識しましょう。

オフィスワークを希望するのであれば極端に明るい髪色はNGですし、メイクやネイルも控えめがベターです。

シャツがシワだらけになっていないか、靴が汚れていないか、など細かいところにも気を配るようにしてください。

丁寧で適切な言葉が使えているか

間違った尊敬語や丁寧語を使っていないか、言葉を正しく使えているか、面接をしながらチェックしています。

丁寧に言えば印象がよいというものではありません。

自分の言葉で気持ちが伝わる話し方の方がずっと印象がよいです。

コミュニケーション能力

ココもかなり重要視するポイントです。

コミュニケーション能力が高ければ、多少スキルが劣っていてもカバーできるからです。

相手の目を見てハキハキ話ができるか、ただ質問に答えるだけではなくて会話を膨らませることができるか、口調に抑揚があるか、などをチェックしています。

自分らしさが伝わる話し方ができればハナマルです。

表情

笑顔で受け答えするように意識しましょう。

ですが、慣れない雰囲気で緊張してしまうのもよくわかるので、笑顔を見せる努力が伝わるだけでも十分です。

面接の間、にこりともせず全く表情が変わらない人は、登録はできてもお仕事の紹介を受けることは難しいでしょう。

志望動機

なぜ派遣で働きたいと思ったのか、派遣会社としては気になるところです。

エントリー希望の求人があれば、なぜその仕事に応募したいと思ったのか、説得力のある志望動機を語れるようにして行ってください。

「なんとなく派遣だったらラクそう」「とりあえず登録しておこうかな」なんて気持ちが伝わった瞬間、お仕事を紹介してもらえる可能性はゼロになってしまいます。

正社員や契約社員の転職活動と同じ気持ちで派遣登録に行きましょう。

派遣会社が求職者に求めていることとは?

前述の面接でチェックしているポイントにもつながりますが、派遣会社が求職者に求めていることを解説いたします。

最低限のビジネスマナーと一般常識

派遣会社側の気持ちを正直に話すと、【派遣先からの派遣スタッフの評価=派遣会社の評価】になるので、あまりにもビジネスマナーや一般常識が備わっていない人にはお仕事を紹介したくありません。

言葉遣いが丁寧、TPOをわきまえた話し方ができる、仕事をするうえで差しさわりのない程度の漢字の読み書き・計算ができるなど、社会人として当たり前のことが当たり前にできていることは、お仕事を紹介する上で最低限の条件です。

就業意欲

なぜ働くのか、目標をはっきり持っている人は好印象です。

未経験の職種にチャレンジしたくて派遣も選択肢に入れた、ダブルワークをしたいので派遣の方が融通が利く、留学のために貯金をしたい、どの理由も働く意欲が感じられます。

就業意欲がある人は積極的に仕事に取り組んでくれるので、派遣先からも高評価をいただくことが多いです。

「今まで正社員で働いてきたけど残業が多くて給料も安いから、それなら派遣の方がラクかな」なんて意識で登録に来てる人はすぐわかります。

柔軟に対応できるか

派遣就業は、雇用主が派遣会社で、就業先が派遣先となります。

雇用契約や業務内容を変更したいときは、派遣先から派遣会社に打診がきて、それを派遣会社から派遣スタッフに伝えることになります。

このように直雇用とは違って間にワンクッション挟むため、より柔軟に対応できる人が好まれます。

面接で希望条件をヒアリングするときも、「絶対にこの条件じゃないと働きたくない!」と希望職種から残業時間、時給までキッチリ提示されてしまうと、「融通の利かない人だなぁ」という印象が強く残ってしまいます。

希望条件を伝えることは大事ですが、少し幅をもって伝えるとよいでしょう。

責任感があるか

契約途中でいきなり辞めたいと言い出したり、派遣会社への連絡なしに欠勤したりすると信頼関係が築けません。

過去の職歴や業務内容をヒアリングしながら、責任をもってお仕事を引き受けてくれるかどうかを判断しています。

派遣会社の募集で良い求人を探すための方法

派遣の求人ってものすごくたくさんありますよね。

その中から自分にピッタリ合った求人を探し出すためのコツを教えます。

1.派遣会社を選ぶ

大手だと求人数が多いので、必然的に条件に合った仕事も見つけやすいです。

働きたい業種や職種が決まっていれば、その業種・職種に特化した派遣会社を選ぶのも手です。

2. 派遣会社ホームページに掲載される求人をこまめにチェック!

派遣会社のホームページには必ず自社の求人情報を公開しているページがあります。

すでに派遣登録が済んでいれば、スタッフナンバーだけでエントリーすることも可能です。

派遣会社としては、できるだけ求人広告費をかけずに派遣スタッフを決めたいので、新しく依頼を受けた求人はなるべく早くホームページに公開します。

求人情報は日々変化するので、こまめにチェックして気になる求人があれば気軽にエントリーしてみましょう。

3.自分にとって最も重要な条件を決めておく

職種、勤務時間、時給、残業の有無など、希望条件を挙げればキリがありませんよね。

ですので、自分が最優先したい条件は何なのかを決めておくと仕事選びもスムーズです。

ただ、派遣会社に紹介された求人を断るときは、できるだけ具体的な理由も添えましょう。

「希望の時給額より低いので…」と言うよりも、「一人暮らしをしていて、最低でも手取り〇万円のお給料がほしいので今回のお仕事は辞退させてください」といった具合です。

角が立たないように断れば、次回以降も派遣会社からお仕事紹介の連絡がくるはずです。

4. 経験のある業界・職種から探す

派遣スタッフを必要としている派遣先はどんなところか?

を考えときに、「人手が足りないので即戦力になる経験者がほしい」という派遣先はとても多いです。

そうなると、経験のある業界・職種に応募すると、決まる確率が高くなりますし、働き始めてからのミスマッチも少ないです。

5. 派遣会社の営業・人材コーディネーターと仲良くなる

派遣会社と良好な関係を維持することも、良い求人を引き寄せるポイントです。

原則、依頼を受けた求人は、自社ホームページや派遣求人サイト、ハローワークなどに掲載しますが、まれにものすごく急いでいて求人掲載の手配をしている時間がないときがあります。

そんなとき、まず最初に仕事紹介をするのはどんなスタッフだと思いますか?

それは、営業や人材コーディネーターの記憶に残っているスタッフなのです。

「この前、単発の仕事を引き受けてくれたAさん、確か同じ業界での勤務経験あったはず!」とか、「昨日〇〇の案件断られたBさん、希望条件にベストマッチじゃないけど打診するだけしてみよう」というように、まずは記憶に残っているスタッフから打診するのです。

マッチング(人選)の効率を挙げるためにシステム化が進んではいるものの、まだまだ人為的作業の割合が大きいので、営業や人材コーディネーターと仲良くなっておくとお得です。

採用されやすい人とは?

派遣スタッフとして採用されやすい人には共通していることがあります。

ココを抑えればお仕事を紹介してもらえる件数もグンと増えます。

長く働いてくれそうな人

例えば、3ヶ月更新の長期のお仕事を紹介するとき、派遣会社としてはできるだけ長く働いてほしいのが正直な気持ちです。

派遣スタッフの中には、「3ヶ月更新ってことは、6ヶ月働いて辞めてもいいや~!」と思っている人もいるので(信じられないのですが、よくいます)、派遣登録の段階で長く働いてくれるかどうかは、しっかり見ています。

例えば、過去の職歴の退職理由や、今後一年以内に留学や転居の予定がないかなどを聞いて判断します。

物腰の柔らかい人

直接雇用であってもそうですが、良好な人間関係を築けることは仕事をするうえで重要です。

特に派遣スタッフの場合は、雇用主と就業先が異なるので、派遣会社とも派遣先ともうまくやっていけるような人柄が好まれます。

いくらスキルが高くても、自分の意見をズバズバ言ってしまうタイプの人は派遣スタッフ向きではないです。

派遣会社の要望をきいてくれる人

派遣会社も無理なお願いだとわかっていながらも、打診しなくてはいけないときが多々あります。

そんなとき、快く引き受けてくれる人は好印象です。

例えば、本当は長期の仕事を希望してたけど急ぎの単発案件があって打診したときに引き受けてくれたり、「このお仕事に興味を持ってくれそうな知り合いいませんか?」と聞いて友達を紹介してくれたり。

こういうスタッフには、お仕事を紹介したくなります。

やりたい仕事が明確な人

「なんでもいいので定時で帰れる事務がしたいです」という人よりは、「簿記の資格を取ったので経理事務でスキルアップしたいです!」という人の方が仕事を紹介しやすいです。

とにかく事務の仕事を幅広く紹介してほしいときでも、「今までの経験から○○や▲▲だと経験を活かせると思いますが、新しい職種にもチャレンジしてみたいです!」と伝えると印象がよいですよ。

レスポンスが早い人

メールの返信や電話の折り返しもそうですし、紹介した仕事にエントリーするかどうかの返答も早いにこしたことはありません。

ささいなことですが、派遣会社はそこからお仕事を紹介したときの仕事ぶりまでもイメージしています。

まとめ

派遣会社の面接や求人について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

初めて派遣登録に行く人も、今まで派遣登録の経験がある人も、ぜひ参考にしてみてください!

派遣の登録面接を受けるときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているなら、まずは派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や正社員との違い、また実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い自社で製品を作りません。自社で製品を作らず既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れて自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったりサービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、ここでは6個の人気職種をご紹介します。貿易事務輸出入・

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり

派遣を辞める理由は何が多い?11個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

派遣社員として仕事をしていても「もう、辞めたい!」となることがありますよね。派遣社員は正社員に比べると背負う責任は大きくなく、登録している派遣会社に他の仕事がたくさんあるので心配せずに辞められると思っていませんか。正社員ではないとは言え契約期間があるため辞めたいからと言って簡単に辞めてしまうわけにはいきません。すぐに次の仕事があるかどうかも分からない状況で辞めてしまうのはとてもリスクがあります。今派遣されている会社を辞めたいと考えているならきちんと準備をし、契約更新の切れ目で終了させることが大切です。準備をして退職を選べば派遣会社側の心象も悪くはなりませんし、次の仕事の心配もいりません。派遣社