派遣会社に登録しようとする時、多くの派遣会社があることに気づきます。

大手から小規模な派遣会社まで、それぞれ特徴や得意分野を持っていて迷う人も多いでしょう。

そんな中から、どういった情報を元に派遣会社を選べばよいのでしょうか。

派遣会社に迷った時の対処法、上手な派遣会社の選び方をご紹介します!

派遣会社のタイプとその特徴

数多く存在する派遣会社を、タイプ別に特徴と選び方を解説します。

大手派遣会社

多くの案件をもっている大手派遣会社です。

基本的に規模の大きな派遣会社は大手企業にも強い傾向のようです。

大手と呼ばれるところにはパソナ、スタッフサービス、アデコ、リクルートスタッフィングなどがあります。

また、大手の派遣会社は福利厚生や研修制度が充実しています。

大手はまず一つ登録しておきたいところです。

いい面もたくさんありますが、場合によっては担当者が多くの案件や人を担当しすぎて、フォローが手薄になることもあります。

会社の組織が大きいため、担当者の質にも差があることもあります。

大手派遣会社はほとんどがアクセスのいいところにあるのも特徴です。

自宅から行きやすいところなど探すのも良いでしょう。

外資系に強い派遣会社

外資系を中心に取り扱っている派遣会社です。

語学力を活かしたい人、高収入を狙いたい人に向いています。

外資系企業は実力主義で収入が高いイメージがある一方、日本企業とは異なったやり方が必要なのも事実です。

面接の仕方や履歴書の書き方、給与制度の違いなど、初めて外資系企業を検討している人にはわからないこともたくさんあるでしょう。

そういった人に心強いサポートをしてくれるのが、外資系に特化した派遣会社です。

仕事の紹介をしてもらうだけでなく、相談に乗ってもらったり、面接の練習などしてもらうこともできます。

ぜひ外資系特化型の派遣会社も上手に利用しましょう。

専門業界特化型派遣会社

医療関係、福祉関係、販売、コールセンターなど業界特化型の派遣会社があります。

私は保育士の資格を持っているので、保育士・福祉関係専門の派遣会社に登録していたことがあります。

やはり専門というだけあり、業界の情報を熟知していてとても頼りになりました。

スタッフも元保育士や元看護師の方がいたりしたので、とても相談しやすく、サポート体制が整っていました。

なにか資格や専門知識を持っているなら、業界特化型派遣会社に登録するのは効率が良いでしょう。

資本型派遣会社

大手企業が直接資本を持っている派遣会社です。

どうしても働きたい企業が決まっているのであれば、その企業が出資する資本型派遣会社に登録するのが一番確実です。

一般的に有名な大手企業の多くが派遣会社を持っています。

紹介されるお仕事は関連企業がほとんどなので安心できます。

私は大手総合商社Mで派遣社員をしていたことがあります。

やはりMにも資本系派遣会社があり、私を含め多くの派遣社員がそこを通して派遣されていました。

派遣会社の担当は、社内のことに精通していて小回りが利き、働き始める前から社内の詳しい情報などを提供してくれました。

福利厚生や研修制度がしっかりしているというのも利点です。

派遣会社を決めるときに私が気をつけたこと

数多くある派遣会社の中から見極めるために、どういったことに気をつけていけば良いでしょうか。

担当者との会話で相性を確認

派遣会社に登録に行くと、担当者が詳しく希望やスキルなどを確認してくれます。

この時に、会話をしながら相性を確認すると良いでしょう。

頼れそうなのか、親身になってくれているかなど、今後連絡を取りながら一緒に仕事を探してもらうのに信頼できそうかを見極めましょう。

具体的に仕事内容の希望を伝える

希望が多いと決まりにくいということはありますが、きちんと希望を伝えずに希望と違った仕事しか紹介されないということになっては意味がありません。

初めに希望は一通り伝え、難しければ条件を外していくというやり方もあります。

勤務地や時間、職種、給与、企業名など自分の中でしっかりと考えておきましょう。

具体的に言ってもらった方が、担当者としても仕事を絞りやすいようです。

とにかく早く仕事を決めたいのであれば、あまり贅沢は言っていらないということもあるでしょう。

その場合は、優先順位と共に、譲れる条件と譲れない条件をまとめましょう。

派遣会社に任せすぎない

派遣会社に登録しているからなにもしないで待ってればいいと思うかもしれませんが、人気のある仕事を紹介してもらいたければ自分でも積極的に動くことも大切です。

ネット上に公開している仕事をチェックし、この仕事に応募させてほしいと積極的に伝えていくという方法もあります。

私は実際に、自分が見つけた仕事を紹介してもらえないか確認していました。

ネット上に載っていない細かい情報も担当者は持っているので、聞けば色々教えてもらえるでしょう。

また、仕事を意欲的に探していることをアピールできれば、担当者としてもいい仕事を優先的に紹介しようと思ってくれる可能性が高くなります。

派遣会社は数社登録する

一つだけの派遣会社に登録してお任せするという方法もありますが、おすすめは何社か登録しておくことです。

多くの仕事が紹介してもらえることはもちろん、いろんな派遣会社の担当者から話を聞いて相談に乗ってもらえるという利点もあります。

視野を広げるという意味で、とてもいい方法です。

しかし、登録しすぎても自分が管理しきれなくなってしまう恐れがあるので、数社程度がちょうどいいのではないかと個人的には思います。

自己分析、スキルアップはしっかりと!

派遣会社に行って自分の希望を伝えることは大切ですが、まずは自分が企業から雇いたいと思ってもらえるように、レベルを上げることを忘れてはいけません。

派遣登録に行く前に、自分の強みやできることをきちんと確認して、自己PRの用意もしておきましょう。

やはり資格や実績を証明できるものは多い方が有利です。

派遣会社に登録してから研修を数多く受けたいなら、スクールを併設している派遣会社などを探すと良いでしょう。

派遣会社を決めるときの基準は?

では、具体的に良い派遣会社を見極める基準とはなんでしょうか。

規模や知名度

大手派遣会社は、そこまで成長するまでに培って来たノウハウや実績があるので、安心度が高いでしょう。

まず一つは有名どころの派遣会社を選んでみてはいかがでしょうか。

大手であれば、福利厚生や研修制度はきちんとしているでしょう。

なにかプラスアルファの特典(社割りや特別研修制度など)がある場合は、決め手となることもあります。

福利厚生やサポート

派遣会社は、派遣先企業の代わりに福利厚生を提供してくれます。

健康保険や各種割引など、派遣会社それぞれ違います。

例えば、スキルを磨くためのスクールを持っている派遣会社などは、割引料金で研修が受けられたり、お得な制度を売りにしている派遣会社もあります。

登録する際はまずチェックしてみましょう。

最低限、健康保険などが充実しているかは基準としてみましょう。

就業後のフォロー体制

派遣会社によって、フォロー体制や担当のやり方は変わってきます。

小さい派遣会社ですと、まず営業担当の仕事の幅が広すぎてフォローが手薄になることもあります。

しかし、逆に大手は持っている案件が多すぎて担当者が把握しきれていないということも。

担当者と話しながら、フォロー体制がしっかりしているか見極めましょう。

実績や年数を重ねているか

派遣会社というのは様々な企業が参入している業界であり、かなり会社によって質の差があるのが実態です。

新しい派遣会社でもしっかりとしているところもありますが、ある程度実績のあるところの方が安心でしょう。

大手企業の傘下は、年数が浅くても制度などがしっかりしています。

年数が全てではありませんが、評価などがある程度出ているところから探していくのは良い方法でしょう。

紹介予定派遣の有無

派遣社員から正社員を目指そうと思っている人も多いでしょう。

紹介予定派遣は、まずは派遣として働いて社員として登用していく制度です。

紹介予定派遣をどれだけ持っているかというのも一つの基準です。

私が実際に使った派遣会社のおすすめポイント

私が実際に登録した3社の派遣会社についてご紹介します。

大手派遣会社 P

私は派遣で仕事を探す際、業界最大手とも言われる派遣会社にまずは登録しました。

やはり求人数が多く、幅広い業界に紹介してもらえました。

面白かったのは、ある放送局のお仕事を紹介してもらったことです。

自分は放送局とは全く縁がないと思っていました。

しかし、専門性の強い分野にも関わらず意外な形でお仕事をさせていただいたことで、視野が広がり、その後の活動の幅も広がりました。

特定企業の資本系の派遣会社 M

私はこちらの派遣会社に大手総合商社のお仕事を紹介してもらいました。

資本系なのでその商社のお仕事がたくさんあり、憧れの総合商社で働かせていただくことができました。

その企業で働きたいと強く思っているなら、まずは資本系派遣会社に登録するのが近道でしょう。

社内のことにも精通していて、しっかりとしたフォローをしてもらうことができます。

専門職型派遣会社

私は保育士の資格を持っているため、保育士や介護などの福祉系に特化した派遣会社に登録していたことがあります。

やはり専門の派遣会社だけあって、情報量がとても多く、業界の動きをよく把握していました。

非常に役に立つような情報をもらえたのはとてもよかったと思います。

専門型派遣会社は規模の小さいものも多く、案件の数もまちまちです。

公開している案件で気に入るものがある中から選ぶなど、慎重に探すことをおすすめします。

こんな派遣会社は要注意!

宣伝が派手な派遣会社

広告にお金を掛けすぎている派遣会社は、やはりその分のしわ寄せがどこかにきている可能性が高くなります。

仕事の時給に影響したり、担当者が多くの派遣登録者をみなければいけなくなり、フォローが行き届かないなんてこともあるでしょう。

広告のイメージだけに左右されないように注意しましょう。

担当が頼りない派遣会社

初めに担当者と面談することになると思いますが、やはり担当者がどういう人かというのはとても大切です。

担当者が親身になって話を聞いてくれるか、きちんとした知識をもっているかなど、面接される側ではありますが、こちらもしっかり相手を見極めましょう。

担当者との相性はとても大切な要素の一つです。

条件が合わない仕事をたくさん紹介してくる派遣会社

私が実際にあったことです。

時短限定で職探しをしていて、平日3~4日程度の仕事があったら紹介してほしいとお願いしていました。

件数が少ないことはわかっていたのですが、特に急いでいたわけでもなく、条件に合う仕事があった時だけ連絡をもらおうと思っていました。

しかし、実際は全く違う条件の仕事をどんどん紹介されてしまったのです。

携帯が頻繁に鳴り、自分の希望と全く違う仕事を紹介され、正直なところ迷惑と感じました。

福利厚生や制度がしっかりしていない派遣会社

新しい派遣会社などは、制度がしっかり整っていないことがあります。

派遣社員は勤め先の企業の福利厚生を受けられないので、派遣会社の制度に頼ることになります。

最低限の福利厚生は整っていることを基準に登録しましょう。

給与がしっかり支払われない、キツい仕事しか紹介してくれない派遣会社

給与が支払われないなどあり得ないと思うかもしれませんが、実際にこういったトラブルは起きているようです。

派遣会社と名乗っていても、紹介してくれる仕事は日雇いのようなものであったり、なんのフォローもないような劣悪なものであるところもあります。

ホームページの見た目だけにだまされて、安易に登録することのないように気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

多くある派遣会社ですが、特徴をよく見て上手に活用してみましょう。

まずはインターネットなどで自分のやってみたい仕事を探し、その仕事を持っている派遣会社に登録するなどすると、自分に合った派遣会社が見つかりやすいでしょう。

あまり初めから選択肢を狭めず、いくつか派遣会社に登録しつついいお仕事に巡り会えるようにがんばってみるとよいのではないでしょうか。

派遣会社選びをする時は、こちらの記事も参考に!


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

派遣会社おすすめランキング7選。元派遣会社社員が教える、おすすめポイントと良い会社の見極め方

現在、日本の派遣会社の事業所数は8万ヶ所を越えています。(一般社団法人日本人材派遣協会が2016年に81,530事業所と発表しています。)都道府県が47ありますので、単純に計算するとひとつの都道府県に1,700を超える事業所があるということになります。この8万という数は事業所なので派遣会社の数は8万社ではありませんが、それでも日本にはかなりの数の派遣会社があります。そんな数ある派遣会社のなかで、おすすめの派遣会社を、元派遣会社社員が厳選しました。おすすめポイントや良い派遣会社の見極め方なども、ズバリ!お教えします。今、派遣で働いているスタッフの方はもちろん、派遣会社の中の人も納得の内容です。派

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

東京派遣求人の募集内容にはどんなものがある?バイトや契約社員との違いや正社員になるために必要なこと

新たに仕事を探したいと思う場合、ネットや求人情報誌から情報を得る方は多いことでしょう。気になる職種の選択はもちろん、雇用形態も確認したいところではないでしょうか。人気の雇用形態として派遣というものがあります。多くの方は派遣という言葉はご存知かと思いますが、具体的に派遣として働くとはどういうことでしょうか。今回は、東京に焦点を当てた、東京の派遣求人を紹介します。東京派遣求人の募集内容とは?日本全国での2016年度の派遣会社の事業所数は81,530か所となっています。(参照:日本人材派遣協会)かなり多くの派遣会社が存在し、仕事の募集を行っていることが分かります。では具体的に東京での派遣の募集内容は

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているなら、まずは派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や正社員との違い、また実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い自社で製品を作りません。自社で製品を作らず既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れて自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったりサービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、ここでは6個の人気職種をご紹介します。貿易事務輸出入・


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり