派遣がバックレのはあり?なし?よくあるバックレ理由と対処法についての写真

人材派遣業界の「あるある」ですが、簡単に登録ができ単発の仕事ということもあり、当日のバックレ(ドタキャン)があります。

お手軽感もありますし、バックレた後も特にペナルティーもない会社もあるので、普通に約束を破ってしまう悪循環は業界内でも問題視されています。

また派遣業界に限り何故バックレが多いのでしょうか?

そんな派遣のバックレに焦点を当て元派遣SVが解説致します。

派遣のよくあるバックレ理由と対処法とは?

人材派遣会社への登録はインターネット等で簡単におこなえます。

もちろんスマホからでもOKですし、かなりのお手軽感はあります。

直ぐに様々な仕事のメールがきて、その中から自分ができそうな仕事を選び就業します。

仕事をするまでのスピード感と、お手軽感により当日にバックレることに罪悪感は薄くなってしまう可能性も否めません。

そんなバックレの理由と対処法をご紹介します。

仕事選びまでのお手軽感

人材派遣会社で働く上での、登録から仕事選びまでのお手軽感は、労働者の心理状況を考えると、バックレても大丈夫なのでは?と勘違いさせてしまっていて罪悪感も生まれません。

その対処法とは?

全てインターネット上から登録~仕事選び~就業開始までできてしまうので、仕事選びが決まったら電話での注意事項喚起または、事務所に来所頂き、口頭で注意喚起などが必要となります。

ペナルティーがない

バックレた後に本人へのペナルティーがないため、バックレることに罪悪感もなく、簡単にバックレてしまいます。

その対処法とは?

罰金制や、仕事の紹介が減らされるなど、何かしらのペネルティーを科すことも必要かと思います。

会社によっては、損害賠償または違約金の請求、数週間仕事を入れない、仕事入れるのに審査が入る、20現場分終わるまで増額なし等のペナルティを科す会社もあります。

バックレに対しての考えが希薄

もちろんバックレることが良いことだとは誰も思っていません。

派遣の仕事なら大丈夫だろうと、考え方が希薄になっていると思われます。

ある意味業界全体がなめられていることも否めません。

その対処法とは?

就業前の注意喚起が甘いと思われます。

前述と同様になりますが、直接ご本人に会って口頭で促すことや、バックレた時に代わりがいないこと、派遣先企業への迷惑と派遣元の信用を失うことの過失を十分に説明し、理解してもらうことが必要となります。

誓約書等がない

誓約書

バックレた時や、会社への損害等を与えた場合に誓約書等にて双方の約束事を交わしていないので、より希薄になっていると思われます。

その対処法とは?

登録後に誓約書などの書面にて約束事を締結すれば、考え方も変わると思います。

一般企業では入社前に必ず締結します。

派遣会社サイドからのドタキャン

働くスタッフのバックレではなく、派遣会社からのドタキャンも多くみられます。

前日や数日前に決まっていた仕事がなくなり連絡がくることがあります。

会社がそういうことをするなら、こちらもバックレても良いかなと思ってしまいます。

目には目をではないですが、それも原因の一つかと思います。

その対処法とは?

派遣企業サイドの事情もありますが、別の仕事の紹介や、そういうドタキャンする企業との取引はしないなどの対処も必要かと思います。

派遣先企業での派遣者数の適正度

派遣先企業での派遣者数が適正かどうかが疑問視されるケースがあります。

企業からのオーダーにより人数は決められますが、実際に勤務し、ここまでの人数は必要ないのでは?と思ってしまいます。

連続勤務であった場合、自分一人がいなくても大丈夫なのではと勘違いし、バックレてしまうことも少なくありません。

その対処法とは?

派遣元から派遣先企業へ、当日の就業前に役割分担であったり、この人数が必要であるという説明も必要頂くよう依頼します。

派遣で働く人間は、捨て駒

派遣スタッフに対する扱いが雑であったり、派遣会社サイドからのドタキャンであったり、指示命令も上から目線で言ってきたり、捨て駒のイメージがある会社も少なくありません。

そんな中で働いているスタッフも気持ちやモチベーションも低く、そんな会社ならバックレても、迷惑をかけても良いという腐った考え方になってしまいます。

その対処法とは?

派遣会社サイドも、働くスタッフ一人一人を大事にしなければいけません。

対応が悪かったり、連絡のやりとりが遅かったり、キャリアのない人間は所詮その程度の扱いなのか?と疑心暗鬼にさせてしまうのはNGです。

実際の仕事内容との相違

聞いてた内容と実際の仕事内容が違う

実際に派遣先企業で働くと、派遣元で聞いていた情報(内容)と相違していることも稀にあります。

派遣会社がいい加減なことをしていると、働くスタッフもいい加減になります。

だからと言ってバックレても良いということではありませんが、キチンとしていれば抑制にはなります。

その対処法とは?

派遣元と派遣先企業との情報がキチンと共有されていない可能性があります。

担当者レベルの人と人との事ですので、直ぐに改善はできるはずです。

ここがいい加減だと会社全体のイメージや風評被害も否めません。

今の時代はSNSで情報が拡散されますので、派遣会社の噂や個人攻撃もありますので、注意しなければいけません。

退職者が多い

派遣スタッフの離職率の高い派遣会社はブラック企業のイメージもあり、派遣スタッフからもなめられてしまうケースもあります。

そんな会社ならバックレても大丈夫という腐った考え方になってしまう人も出てきます。

その対処法とは?

派遣会社サイドの体制を変えなければいけません。

退職率が高い原因(何が悪いのか?何がダメなのか?)をキチンと分析し、キチンと対処しなければいけません。

退職率が低くなったからといってバックレが少なくなるとは限りませんが、間違いなく抑制にはなります。

派遣先企業の正社員との格差

派遣先企業の正社員と、派遣社員の格差が激しく、極端に言うと派遣社員は奴隷のような扱いを受けるケースも珍しくありません。

上から物を言われたり、ただ立っているだけでいいとか、人間としての扱いではないと思わざるを得ません。

連続勤務の場合は辞めたくなってしまい、バックレてしまう可能性も大きいと思われます。

その対処法とは?

派遣元と派遣先企業とのコミュニケーション不足と、立場上仕方ないのですが、派遣先企業(クライアント)の言いなりになってしまっていることが要因です。

契約前には分からないことも、終業後に派遣スタッフから事情を聞き、派遣元から相談&提案ということで擦り合わせ等をおこなわなければいけません。

迅速な対応をしなければバックレの悪循環が続きます。

派遣でのバックレが起きないようにするために

派遣会社サイドの考え方や体制を変えることが必然となります。

正社員の採用時にはそれなりの必要書類や、説明、研修もあります。

お手軽感の弊害によるものなので、難しい部分ではありますが、バックレによる会社の信用を失うことを考えれば自ずと答えは出てきます。

派遣会社サイドの体制を変える

バックレへ焦点を当て、就業前に本人への注意喚起と、誓約書等の締結などが良いかと思います。

お手軽感による登録者の増員という策略もありますが、その弊害にバックレがあるのことも忘れてはいけません。

また、離職率を下げる努力もしなければいけません。

バックレに対しての注意喚起の強化&意識改革

入社前も然り、定期的にメール等にて登録者(就業者)へ注意喚起をおこないます。

内容としては、過去のバックレの例による被害内容であったり、バックレにより、その派遣先企業からの依頼がなくなり、契約破棄となり損害賠償請求など、事の重大さをアピールするべきだと思います。

例え、酷い会社へ派遣されても、辞める時はキチンと連絡をするという常識を教え、意識改革もしなければいけません。

ブラックリストをつくる

大手の派遣会社には存在しますが、ブラックリストに載せることで次の企業紹介に影響が出ます。

暫くの間は紹介メール等は送らずに反省頂くことです。

評価制度を導入する

派遣バイトでも時給が上がることでモチベーションは格段に上がります。

派遣先での仕事ぶりをキチンと評価し、時給等を上げる制度をオープンにすることで労働意欲も上がり、バックレへの抑制となります。

また、スタッフ間での評判やSNS上での評判も上がります。

派遣先企業の変更

連続して勤務する場合、勤務後に様子が変であったり、苦情、相談があった時は、そのスタッフの表情や言動をキチンと分析して、派遣先企業の変更をするのも良いかと思います。

本人への打診でどう反応するかで決めるのも良いかと思います。

派遣会社を変更する

派遣会社の体制や風土、環境悪、退職者増等の理由により、バックレ率が高い場合は、バックレそうになる前に別の派遣会社へ登録し、仕切り直しをしましょう。

バックレした後に変更する人もいますが、それでは意味がありません。

自分の中に汚点ができてしまいます。

バックレた時に派遣スタッフに起こりうること

もし、バックレてしまったら、次のことが高確率で起こります。

自分だけでなく周囲の人に迷惑をかけますのでやめましょう。

携帯、家の電話にたくさん掛かってきます

派遣元から何度も電話がかかってくるのは当然です。

遅れてもいいから直ぐに出勤できないのか?

どうしてバックレたのか?

何故、連絡できなかったのか?

これからどうするのか?

聞かれ、今後のことも含め、話し合わないといけません。

緊急連絡先への連絡

本人への連絡が取れない場合、派遣会社への登録の際に緊急連絡先を記載しますが、そこへの連絡となります。

家族や親戚になるかと思いますが、迷惑が掛かります。

自宅訪問

連絡が取れなければ、自宅まで派遣元の担当営業マンが来ます。

連絡が取れても埒が空かない場合も同様です。

家族と同居している場合は、家族にも迷惑が掛かります。

派遣元、派遣先企業、同僚派遣スタッフへの信用損失

派遣先企業は、適正人数が不足しての労働となり、その他の派遣スタッフの労働量負荷となります。

派遣元は派遣先企業からの信用を失います。

その派遣先企業との契約破棄などに発展するケースもあります。

損害賠償請求

バックレたら必ず請求されるということではありませんが、前例があります。

派遣先企業で労働者が一人欠員した為に多大な損害が発生してしまい、派遣元へ請求するという事例があります。

契約不履行となる訳です。

そして、派遣元からバックレた本人へ請求します。

もちろん請求金額も様々ですが、大事になることは間違いありません。

バックレ以前の問題解決

バックレ以前に辞めたくなる環境であったり、嫌だと思ってしまった場合に、対処する方法があります。

バックレを未然に防ぐことも必要ということです。

派遣スタッフ自身の目線での解決方法となります。

遅刻をしない、忘れ物をしない、率先して仕事をやる、他のスタッフに指示しない

当たり前のことですが、基本的なことを出来ていないと話しになりません。

この当たり前のことが出来ていないことで雰囲気が悪くなったり、派遣スタッフ同士の関係が悪くなったりします。

また、リーダー以外の者が指示命令をしてしまうケースも稀にあり、関係性は悪くなります。

仕事は言われたことをキッチリやる、指示通りの作業を再現できるようにする

クライアントからの指示命令は、言われたことだけをキチンと遂行しましょう。

良かれと思い別のことをしてしまい、結果的には余計なこととなり、損害賠償といったケースもあります。

指示通りの作業を再現というのは、その日の作業を完全に終わらせるということで、自己判断で曖昧にしないということです。

適当な仕事は後で必ずバレます。

まとめ

派遣業界にありがちな「バックレ」ですが、人として常識としてやってはいけない事と理解はしていても、そこに感情的な部分や、ちょっとした甘えなどの心の隙間に生まれるものです。

労働する派遣スタッフだけではなく、派遣会社サイドにも原因がありました。

雇用する方も派遣スタッフを一人の人間として、人格を尊重しないといけません。

会社の体制もブラック企業と呼ばれないよう、環境を整えないといけません。

そしてバックレた後に、いろいろな人に迷惑を掛けてしまったという申し訳ない気持ちと、情けない気持ち、心の中がモヤモヤした気持ち、後悔等が、暫くの間消えません。

決して繰り返してはいけないもので、社会人適応能力が欠落していきます。

バックレは、人生で一度くらいは皆なやっているだろうから、自分もやっても大丈夫だろうなどの考えは軽率です。

人に迷惑を掛けることは、決してやってはいけないことなのです。

人生の汚点ですから、肝に銘じて社会人としての自覚を持って働いて下さい。


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているなら、まずは派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や正社員との違い、また実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い自社で製品を作りません。自社で製品を作らず既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れて自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったりサービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、ここでは6個の人気職種をご紹介します。貿易事務輸出入・

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり