多様な働き方が認められ始めた現代。

人によってはやはり正社員を目指したり、契約社員や派遣社員での働き方を選んでいることでしょう。

以前に比べると、正社員になるのが一番安定していて正しい働き方だという考えは減ってきていますが、それでもまだ派遣社員は非正規の不安定な働き方だと言う考え方も消えません。

今回は派遣社員として働くデメリットに注目して、本当に派遣社員は不安定なのか?について迫っていきましょう。

派遣の仕事のデメリットとは?

「派遣」と聞くとまず不安定、正社員より劣るなどと考えている方もいますが、本当に派遣社員は不安定な働き方なのでしょうか。

これから派遣で働いてみようと考えている方も、迷っている方も、やっぱり正社員だと思っている方もぜひご一緒に考えてみましょう。

契約更新の保証はない

派遣の大きなデメリットとして一番にあげられるのが、契約を更新していくというシステムでしょう。

短いもので一ヶ月、通常であれば三ヶ月更新の仕事が多くなります。

中には最初から一年契約と言う仕事もありますが、全体の割合としては多くありません。

契約を更新して行くかどうかは雇用者側に全面的に任されているので、良い会社に出会ってここで働きたいと希望をしていても契約満了となり終わってしまうことも良くあります。

また、人材は引き続き欲しいけれども、今の派遣社員に雇用者側が不満を持ってしまっている場合は、派遣会社から他の人材を派遣することもあります。

このように、派遣社員だから必要以上に一生懸命仕事に打ち込まなくても良いと言うことは決してありません。

むしろ会社からの評価を感じることが多い雇用形態と言えるでしょう。

何年も同じ会社で働き続けられない

派遣は3年以上同じ会社で働き続けられないと聞いたことはありませんか。

良い職場に恵まれて同じ会社で働き続けたいと労働者が希望し、雇用する会社もあなたの働きぶりを評価してくれていても3年が大きな境になります。

派遣社員は同じ会社の同じ課で働き続けられるのは3年までと決められているのです。

その後は労働者・雇用側が同意すれば正社員での雇用となるか、また違う会社に派遣社員として勤め始めるか、派遣としての働き方を辞めて正社員を目指すかの3通りの道になります。

3年も勤めた会社なら無期雇用の正社員になるのが一番良いと言う考えが一般的ですが、雇用する会社からすれば人件費の増加が懸念される難しい問題となります。

派遣社員として同じ会社に勤め始めて3年を迎える時は様々な変化に対応しなければいけません。

賞与がない

派遣社員は基本的に賞与の支給がありません。

中には雇用会社からの好意で賞与もいただける場合もあると聞きますが、そのような幸運に恵まれることはごく稀と言って間違いありません。

賞与がない代わりに時給は高めに設定されていますし、残業代はきっちりと加算されると言ったメリットもあります。

年に二回の賞与は必ず貰いたい!という方は派遣社員での仕事には向いていません。

正社員での雇用を目指しましょう。

派遣会社により時給が異なる

同じ会社で同じように働いていても、所属する派遣会社により時給が違うことがよくあります。

雇用する会社と労働者の間に入り、支給額と労働者に支払う給与の差額で利益を得ているのが派遣会社です。

この派遣会社をしっかりと選定しないと、全く同じ内容の仕事なのに他の派遣社員より手取りが少ないと言った事態に陥ります。

交通費支給の仕事が少ない

正社員は上限があるものの交通費支給が一般的ですが、派遣社員は交通費の支給があまりありません。

このため自宅から遠くの仕事を契約してしまうと労働者本人に負担がかかります。

交通費を負担してくれる案件を選ぶか、自宅近くの募集を探すのがポイントになります。

責任のある仕事ができない

雇用される会社や派遣される部署の雰囲気にもよりますが、「派遣はやはり派遣」と考えている正社員がいるもの事実です。

露骨に「派遣だからここまでの仕事で良い」と言われることもありますし、仕事を教えてもらえないということも出てくるでしょう。

大きなプロジェクトの仕事や、責任の伴う仕事はあまりさせてもらえないため、やりがいを感じられない方もいるでしょう。

しかしこの部分も派遣としてのメリットと感じる方がいるのも事実です。

仕事は仕事と割り切ってできる方はデメリットに感じないはずです。

正社員との壁を感じる

同じ会社で働いていても、正社員との壁を感じることもあるでしょう。

正社員同士でのランチや飲み会に参加できないと言ったことや、割り振られる仕事の内容から正社員の方との間に大きな壁を感じる人もいます。

ましてや正社員と派遣社員は立場も違いますし、同じように接してくれる社員の方が少ないかもしれません。

仕事はチームで行うもの、みんなと一緒に目標に向かって頑張りたいと言う方には派遣社員での働き方は孤独を感じやすくなると言えます。

しかし、一方で派遣社員は人間関係に悩まされにくいと言うメリットもあります。

実際に私は現在派遣社員として勤務していますが、人間関係に悩まされることもなく自分の時間を確保しながら勤務できています。

仕事内容にも満足していますし、私生活に仕事は持ち込まない派遣社員としての働き方がぴったり来る方もいるはずです。

世間体が気になる人も

派遣社員としての働き方に迷いを感じる人の中には「世間体」を気にする方もいます。

確かに正社員に比べると派遣社員と言うのは聞こえが良くないのかもしれません。

特に、男性の方は世間体や周りの評価を気にして派遣社員としての雇用を避けたいと言う方も多いです。

デメリットのひとつに考えられる世間体ですが、派遣社員の中には独立を目指していたり、今はあえて派遣社員として働く方を選ぶ方もたくさんいらっしゃいます。

「世間体」をデメリットに感じるか感じないかは人それぞれと言ったところでしょう。

経歴としては弱い

広く窓口を設けている派遣社員としての働き方は、自分自身の経歴の評価に繋がることはあまりありません。

いざ正社員としての仕事を探そうと思った時も、派遣社員として勤務していた期間が評価に直結することはほとんどないと考えて良いでしょう。

派遣社員として勤務する間に資格を取得したり、語学に磨きをかけたりと言った努力はステップアップには必要不可欠なものと言えます。

こうして見てみると、派遣社員のデメリットは大きく分けて「雇用」「金銭」「評価」の3つに分けられます。

派遣社員として働くメリットもたくさんありますので、天秤にかけながら雇用形態を選びましょう。

これがあるから頑張れる、派遣のやりがい、嬉しいこととは?

派遣のデメリットについてお話してきましたが、派遣社員として働く上でやりがいを感じることや嬉しいことも多々あります。

プライドを持って派遣社員として働いている方もたくさんいることを忘れてはいけません。

続いて派遣社員のやりがい、嬉しいことなどを見ていきましょう。

新しい仕事にチャレンジしやすい

派遣社員としての仕事案件を見てみると、大きな有名企業やあらゆる職種の案件があることに気がつくでしょう。

今までの経験とは全く違う新しい仕事にチャレンジしたり、憧れの職種にも挑戦しやすいのが派遣社員の特徴です。

知識や技術が身につく

基本的には即戦力を求められるのが派遣社員ですが、業界未経験でも応募できる案件もあります。

経歴・職歴とは全く違う仕事を選ぶことで知識や技術を身につけることができるのも魅力です。

様々な会社を内側から見ることができる

3ヶ月更新が一般的で長くとも3年で職場を変える派遣社員はたくさんの会社を内側から見ることができます。

社風の厳しい会社から明るく働きやすい会社まで様々で、正社員の雰囲気も会社によって大きく異なります。

交友関係が広がる

派遣社員として働くと交友関係が広がります。

正社員の方はその業界で活躍している方ですので為になる話が聞けたり、今まで接点のなかった職種の方とも交流を持つことができます。

自分の時間がしっかり取れる

派遣社員は自分の時間がしっかり取れることが特徴です。

正社員の時よりもワークライフバランスを取りやすく、休日出社や残業を強制されることもないので予定も立てやすいでしょう。

私は正社員で働いていたときよりも約4時間労働時間が減り、自分の時間を持てるようになりました。

派遣社員は時給が高いので、職種によってはとても高いお給料もいただけます。

企業からのプレッシャーは少ない

正社員として働いているとどうしても感じるのが企業からのプレッシャーです。

どの職種の人も感じることがあるでしょう。

派遣社員は企業からのプレッシャーはあまり感じないのも嬉しい特徴です。

責任のある仕事を任されることは少ないですが、仕事で大きなストレスを感じることも同時に少ないと言えるでしょう。

スキルに磨きをかけることができる

プログラマーやウェブデザインなどの特殊なスキルを持つ人は、そのスキルに磨きをかけることができます。

派遣社員は仕事の内容が限定されているので得意な分野の仕事に十分時間を使うことができます。

正社員となると会社のためにやりたい仕事以外の業務もたくさんこなさなければいけませんが、派遣社員はそれがありません。

比較的簡単に休みを取れる

派遣社員の中には雇用期間中はしっかり働いて貯金をし、まとまった休みを取って海外に出かけたり好きなことに打ち込むと言うライフスタイルを確立している方もいます。

自分の楽しめること、好きなことをしっかりと分かっている方にとって派遣社員として働くのはぴったりでしょう。

正社員として勤務しているとなかなかできない長期休暇も派遣社員であれば取得できます。

仕事と自分の生活のバランスを取る究極の形と言えるでしょう。

ちなみに、一度派遣社員としての仕事を辞めてもまた働きたい時には応募することができます。

派遣での仕事を考えている方々へ、知っておいてほしいこと

最後に派遣社員として働いてみようと考えている方に、知っておいてほしいことをお話しましょう。

社会保険に加入できる

きちんとした大手の派遣会社であれば特に心配はいりませんが、中には条件を満たしているにも関わらず社会保険への加入を進めない派遣会社があります。

派遣社員としての働き方を選んでも、社会保険へは加入できることを知っておきましょう。

契約が2ヶ月上、一週間の労働が30時間以上、さらに一ヶ月の労働日数が15日以上の場合は必ず保険に加入しなければいけません。

労働者側がしっかりと理解し、覚えておきましょう。

有給も取れる

派遣社員には有給がないと思っていませんか。

派遣社員にも有給はきちんと付与されます。

同じ派遣会社からの勤務を6ヶ月続けることと出勤率が8割以上であることが条件です。

フルタイムで働く方にとっては難しい条件ではありませんよね。

派遣会社を通して週4日以下の仕事に就業している方にも有給は付与されます。

これはパート・アルバイトとは大きな違いになるでしょう。

もちろん付与だけではなく消化する権利もありますので、会社に迷惑がかからない日にちを選んで消化しましょう。

退職や契約終了の希望は派遣会社に

派遣としての働き方は、実際に働きに出る会社と労働者の間に雇用関係がありません。

ですので、契約期間を終えて他の職種に移りたい場合や契約途中でも何か重要な理由があり仕事を続けられなくなった場合、派遣会社に相談をするのがマナーです。

企業との交渉や連絡は、全て派遣会社を通して行いましょう。

派遣会社はしっかり吟味すること

所属する派遣会社によって給与や手当、さらにはサポートまでもが大きく変わってしまう派遣社員にとって、派遣会社選びは一番重要なポイントと言えるでしょう。

大手の派遣会社でも、得意な分野、不得意な分野がありますのでいくつか登録をして募集案件をチェックすると良いでしょう。

派遣会社の口コミなどにも目を通すことをおすすめします。

まとめ

今回は派遣社員のデメリットややりがいに注目してお話しました。

派遣社員デメリットが大きいと思いがちですが、その分メリットもある働き方です。

今のご自分はそのメリットを取るのかデメリットを取るのかよく考えて、メリットを取ると決めたら派遣社員としての一歩を踏み出しましょう。

正社員として働いていた時よりも肩の荷が降りて、ストレスなく毎日を過ごせることでしょう。


関連キーワード

派遣求人