仕事の多様化が広がっている今、当たり前であった正社員という働き方の他に、派遣社員も選択の一つとして多くの意味を持つようになりました。

以前では「正社員になれないから繋ぎ」や「不安定な働き方」など、そのようなイメージが強い派遣社員ですが、人によって正社員としての働き方が合っている方もいれば、派遣社員としての働き方が合っている方もいます。

そこで、派遣社員として働くメリットと、向いている人の特徴をまとめました。

派遣の仕事ってどんな仕事?

派遣社員はそもそもどのような働き方なのでしょう。

アルバイトやパート、正社員はその雇用先と直接雇用契約を結び、仕事をします。

それに比べ、派遣社員は派遣会社が間に入り就業先と契約を結ぶのです。

実際に働く人は派遣会社と雇用契約を結んでいますが、働く場所は雇用契約を結んでいない、契約先から見ると実際に働く人はお客様ともとれるのです。

そして、派遣社員は一般的に3年ルールと言われるものに縛られています。

簡潔に言うと『派遣社員の雇用期間は3年』と基本的には同じ会社の同じ業種を、3年以上続けることはできません。

もしそれを許してしまうと、派遣という派遣会社の条件の下ずっと働かせることが出来るためです。

そうすると、ずっと同じ場所で働ける正社員の方がいい?と思いがちですが、正社員とは違い、派遣社員には派遣社員の働き方があります。

派遣で働くメリット

平成27年9月30日に労働者派遣法改正法が施行されました。

この改正法によって、派遣社員の仕組みは既存のものより大きく変わりましたが、それでも派遣会社の数は海外と比較するととても多く存在します。

日本ではそれだけ派遣社員で働く環境が整っていて、正社員ではなく派遣社員としてのメリットがあるのです。

派遣で働くメリット1:自分の希望した条件で働くことができる

派遣会社は数々の契約先から希望した条件に近い就業先を紹介してくれます。

その契約先は大手の派遣会社では10,000件以上。

職種はもちろん、働きたい場所、働く時間など、自分が思う理想に近い契約先をマッチングしてくれるのです。

正社員とは違い、派遣社員はしっかりとした労働条件に守られた業務になるので、イレギュラーな業務も発生せず、例えば『残業がない』契約先を希望すれば、正社員では時々残業を行うことがあっても、派遣社員は契約先で残業を行うことはまずありません。

自分のライフワークをしっかりと守ることができます。

派遣で働くメリット2:様々な業務を経験できる

派遣会社では多くの契約先があり、その業種は多種多様です。

そのため、もしやりたいことが何も決まっていなくて、どこに就職しようか迷っている方でも、リスクが低く色々な業務を経験することができます。

例えば、最初は少しだけ興味があった車業界へ、ただ数ヶ月業務をしてみるとなにか違う気がする。

だから、次の就業先を紹介してもらおう。

とこのように、正社員では一度退職をしなければ職を変えられませんが、派遣では好きな時に職を変えることも比較的容易にすることができ、自分に合った適正を探すこともできるのです。

派遣で働くメリット3:今までの経験を活かしやすい

今までの経験や習得した技術は価値そのものです。

新しく違う業種を始めるのもいいですが、出来るなら今までの経験を活かして働きたいと思うのは当然のことでしょう。

しかし、自分で全く同じような業種を見つけるのは、意外と難しいものです。

実際に入社したとしても、自分が想定していた業種と少し違った、そのようなことは少なくありません。

ですが派遣会社を経由し、自分のやりたいこと、持っているスキルを派遣会社の担当者に伝えることで、多くの契約先から希望にマッチする業種を選んでくれます。

また、選んだ業種によって先に入った先輩派遣社員がいることもあります。

どのような業務か心配ならば、その方にお話を聞くことも可能で、自分の希望にぴったりな業務を選ぶことができる確率を上げることができます。

派遣で働くメリット4:相談できる担当者が付く

派遣社員なると、一人一人に担当者が付きます。

担当者制度は会社によっても様々ですが、1月に一度、契約先で面談を行ったり、電話で社内の不満や、疑問に思ったことを相談することもできます。

なにより大切なのが、相談できる相手がいる、ということです。

例えば正社員で入社し、困ったことがあっても、上司や同僚に相談できることもなく、自分だけで抱え込んでしまうことは大きなストレスになります。

それが原因で病気に陥ったりしてしまう場合もあります。

ですが派遣会社では、担当者とは基本的にいつでも連絡を取り合えます。

信頼を結ぶこともでき、様々な相談を行うことが可能です。

また、担当者は契約先とも働いている派遣社員について様子を聞いたり、業務が好調なようでしたら賃金アップのための交渉をいたします。

業務のことも、業務以外のこともサポートしてもらえるのが派遣会社なのです。

派遣で働くメリット5:責任の大きい仕事がない

派遣社員はあくまで契約先にとってお客様でもあり、他社から来た社員ということになります。

そのため大きな仕事、例えばプロジェクトのリーダーや、お得意様のお客さんへ個人で面談するなど、そのようなことは自社の社員でなければ安心して行うことができません。

そのため、連れ添って行くことはありますが、派遣社員が先頭に立って指揮したりすることはほとんどないといってよいでしょう。

それでは、もっと責任が大きい仕事をしたい、会社の役に立ちたいと思う方には派遣社員は向いていないのでしょうか、いえ、そうではありません。

契約先へ転職するチャンスがあるのです。

派遣で働くメリット6:契約先に転職できる可能性も

派遣会社から契約先へ転職したという方は沢山いらっしゃいます。

もちろん、契約先で働くのですから、その努力している姿を一番見てくれているのは契約先です。

契約先が派遣社員にしておくのはもったいないと思い、そしてなにより、派遣社員が契約先で働き続けたいと思った瞬間が一致すると、契約先へ転職ができます。

派遣社員も正社員も、メリットとデメリットはもちろんありますが、それを最終的に決めるのは「どう働きたいのか」その一点なのです。

派遣の仕事ってこんな人におすすめします!

仕事には向き不向きがあります。

ですがせっかく毎日、多くの時間を仕事に捧げるならば、自分に合った仕事に巡り合いたいと思うのは当然です。

ここでは、派遣の仕事に向いている方の特徴のご紹介をいたします。

派遣の仕事がおすすめな人1:地元ではなく、もっと別の場所で働いてみたい人

高校、大学を卒業し、馴染んだ地元で就職して、ずっとそこで暮らしていく……。

このような人生を好む方もいますが、もっといろいろな場所を見てみたい!と思う方もいるのではないでしょうか。

派遣会社では全国津々浦々の契約先があり、希望すれば好きな地域で働くことが可能です。

もちろん、他の地域で働くということは、ただ働きに行くだけではありません。

就職先の地域で名所を見て歩いたり、名物を食べたり、なにより違う地域の文化に触れることはきっと世界を広げる要因になってくれるはずです。

派遣の仕事がおすすめな人2:副業として空いた時間に働きたい人

派遣会社のほとんどは、Wワークを認めています。

そのため、自営業で平日は働いているけどその時間が短かったり、休日も少し働きたいと思っている方には特に派遣社員はオススメできます。

正社員では、もちろんその会社のために仕事をしなければいけないので、Wワークを認めている会社はあまりありません。

ですが、派遣社員はその派遣期間も決まっているので、常にその会社のためにと思い仕事をすることはありません。

本業をしっかりと行い、空いた時間に契約先で違う仕事をするのは、経験はもちろん、多くの人との繋がりを作ることも可能です。

そして、契約先は自分の経験に合わせて紹介されることが多いので、今まで培ってきた本業の経験を、契約先で活かすこともできます。

派遣の仕事がおすすめな人3:育児の途中で、家計の足しに働きたい人

派遣会社では、時間を決めて働ける契約先もあるので、育児途中の主婦の方にも向いています。

求人サイトで出ているパートのような働き方ももちろん良いのですが、事前にもっている知識や経験を活かしたいのなら派遣社員の方が向いています。

時給も一般的なパートより高く、時間の自由も利きやすいので「子どもの迎えに間に合うように」、「幼稚園でイベントがあるから」など、そのような事情も予め提示して契約先を探せば、合致する派遣先を見つけやすくもなります。

派遣の仕事がおすすめな人4:プライベートを充実させたい人

仕事をしっかりして沢山稼ぎたい、と考える人もいれば、あまり稼がなくてもいいからしっかり自分の時間が欲しい、と思う方もいるでしょう。

派遣の仕事が向いているのは後者の方です。

ライフワークバランスという言葉があります。

一言で表すならば、『生活と仕事の調和』です。

仕事をして生活を潤し、生活をしながら仕事への気力を高める。

その循環がしっかりと回ることがライフワークバランスが取れることです。

しかし人によって、年齢によって、その『ライフ』と『ワーク』のバランスは違います。

まだまだ遊びたい環境にあれば、ライフの方が重要になってきますし、子供が生まれ、なにか守るものが出来ればワークの方が重要になってきます。

派遣社員は労働条件をこちらから提示し、探してもらうため、どちらかというとライフに重みを置きやすい業種といえます。

派遣の仕事がおすすめな人5:時間に制約が多い大学生の人

派遣会社にもいろいろな種類がありますが、その中には短期や単発の業種を扱っている派遣会社もあります。

なので、特に大学生の方で、サークルや趣味に忙しいけれど、時々はお金を稼ぎたいと思われる人にこのような派遣会社は向いています。

実は、求人で出ている単発や短期アルバイトでも、派遣会社を経由して仕事に行く案件が多くあります。

派遣会社は登録している社員と契約先の予定を合致させ、業務を行ってもらう中間的な役割を担っているので、一度どこかに登録しておけば、自分でいちいち短期や単発も仕事を探す手間を減らすことができるのです。

派遣の仕事がおすすめな人6:指示されたことだけをしたい人

派遣会社は「このような仕事をしてほしい」という契約先の要望から、派遣社員を就業させています。

そのため、仕事の範囲はだいたい決まっており、マニュアルの通りに、そして上司の指示通りに行っていれば問題ありません。

そのため、指示されたことを正確に、そして迅速に出来る方が派遣社員に向いているといえます。

もちろん、業務改善が全く出来ないということではありません。

派遣社員は契約先にとって、自社の人間ではないが、会社の内情を知っている「第3の目」として例えられることがあります。

そのため、このような方法がいいのではないか、と過去の経験から改善できるのであれば、それは契約先にとっても良い改善になりますし、自身の評価を上げることにも繋がるのです。

派遣社員と正社員は何が違うのか?

正社員と派遣社員の違いはどのような所にあるのか。

同じ場所で働いていて、同じ作業していても雇用形態が違えばその待遇や毎日の生活はかなり異なります。

その代表的な点を挙げてみました。

派遣社員の場合

  • 働く企業と契約を結ばず、派遣会社と契約を結んでいる。
  • 雇用期間が定められている。(最大3年)
  • ライフワークバランスが取りやすい。
  • 自分に合わない仕事で辞めても、経歴に傷が付かない。
  • 交通費などは契約先から出ない(派遣会社から出る場合が多い)
  • 問題点や不満を聞いてくれる担当者がいる。
  • 契約先の事情によって、急に契約を切られることもある。

正社員の場合

  • 働く企業と契約を結んでいる。
  • 雇用期間が定められていない。
  • 派遣社員よりは給与が高額。
  • 辞めると決めると転職になる。
  • 経費や交通費は会社から出る。
  • 上司や同期といったずっと同じ仲間が出来る。
  • 急に辞めさせられることはなく、安定した雇用がある。

まとめ

今回は派遣社員のメリットなどを纏めてみました。

日本では派遣社員はすでに一般的な業種で、多種多様な会社に就業しています。

もちろん、正社員の方がいいと望む方もいますが、どちらにしてもそれは働き方の相性です。

正社員でバリバリと働き、自分の地位を上げたい方。

対して、派遣社員のようにきっちりとした決められた範囲内で働き、自分の時間を大切に、そしてもっと自由に働きたい方。

それは良し悪しではなく相性で、それぞれ独立した働き方なのです。

派遣社員は正社員と比べ、働き始めやすく、辞めやすいのが特徴の一つです。

今までなんとなく敬遠していた方も、一度検討してみれば、世界はもっと広がるのかもしれません。

経験者が感じた派遣の仕事がホワイトだと思う理由については、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

派遣会社おすすめランキング7選。元派遣会社社員が教える、おすすめポイントと良い会社の見極め方

現在、日本の派遣会社の事業所数は8万ヶ所を越えています。(一般社団法人日本人材派遣協会が2016年に81,530事業所と発表しています。)都道府県が47ありますので、単純に計算するとひとつの都道府県に1,700を超える事業所があるということになります。この8万という数は事業所なので派遣会社の数は8万社ではありませんが、それでも日本にはかなりの数の派遣会社があります。そんな数ある派遣会社のなかで、おすすめの派遣会社を、元派遣会社社員が厳選しました。おすすめポイントや良い派遣会社の見極め方なども、ズバリ!お教えします。今、派遣で働いているスタッフの方はもちろん、派遣会社の中の人も納得の内容です。派

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

東京派遣求人の募集内容にはどんなものがある?バイトや契約社員との違いや正社員になるために必要なこと

新たに仕事を探したいと思う場合、ネットや求人情報誌から情報を得る方は多いことでしょう。気になる職種の選択はもちろん、雇用形態も確認したいところではないでしょうか。人気の雇用形態として派遣というものがあります。多くの方は派遣という言葉はご存知かと思いますが、具体的に派遣として働くとはどういうことでしょうか。今回は、東京に焦点を当てた、東京の派遣求人を紹介します。東京派遣求人の募集内容とは?日本全国での2016年度の派遣会社の事業所数は81,530か所となっています。(参照:日本人材派遣協会)かなり多くの派遣会社が存在し、仕事の募集を行っていることが分かります。では具体的に東京での派遣の募集内容は

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているなら、まずは派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や正社員との違い、また実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い自社で製品を作りません。自社で製品を作らず既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れて自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったりサービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、ここでは6個の人気職種をご紹介します。貿易事務輸出入・


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり