派遣で働くメリットについての写真

派遣社員での働き方を考えている方は多いのではないでしょうか?

派遣社員ってよく聞くけれど、給料の形態も労働条件もイマイチ良く分からないと迷っていませんか。

加えて日本ではいまだに「正社員で働くのが一番だ」とする風潮がありますが、国際化に伴い日本の労働環境は今現在見直されつつあります。

正社員が一番良いと言う考えはそろそろ古くなってきていると感じることもあります。

日本で「労働者派遣法」が施行されたのは1986年のことと30年以上前のことになります。

それから何度も改定され、2018年現在でも派遣での仕事は増え続けています。

働き方を自分で選ぶことができる、そんな時代が来る前に派遣での働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

今回は正社員から派遣社員へと働き方を変えた私が感じる、派遣社員で働くメリットや正社員との違いなどを詳しく解説していきます!

派遣の仕事ってどんな仕事?

まず、派遣で働くと言うのはどういう事なのかお話しましょう。

現在求人広告には派遣社員での雇用が溢れています。

派遣社員と言うのは簡単に言うと「派遣会社と契約を結んだ社員」のことです。

実際に働く会社との直接雇用ではありません。

働く会社と契約を結ぶのは「派遣会社」になります。

派遣会社が企業と給与や労働条件などの契約を結び、その会社に相応しい能力を持った自社の社員を企業に派遣すると言う働き方です。

派遣で働く労働者は派遣会社との契約ですので契約満了に伴い職場を変えることもできますし、比較的入社が難しい大手の企業にも派遣として働きに出るチャンスも増えます。

派遣で働くメリットとは?

次に派遣で働くメリットを見ていきましょう。

派遣は不安定な仕事だと思われがちですが、派遣社員だからこそのメリットも多くあります。

派遣会社がフォローしてくれる

派遣会社がフォロー

派遣会社は労働者の働き方をフォローしてくれます。

正社員であればサービス残業があったり、基本給が低く設定されており残業で稼がなければならない会社もありますよね。

休日に仕事にでなければいけないこともあるでしょう。

その点、派遣社員は時給制ですので働いた時間分の給与は必ず発生します。

間に派遣会社が入ることによって、契約にない時間帯の労働や休日出勤、サービス残業などは基本的にはありません。

また、派遣会社の営業担当は労働者の意見に耳を傾けてくれる人が多く、直接は伝えにくい労働環境の改善要請や労働者の要望も企業と交渉してくれます。

良い営業担当に当たれば「お仕事どうですか?」「働きやすいですか?」と定期的に連絡をくれたり、職場を見に来てくれたり、初日には帯同してくれることもあります。

仕事内容が明らかにされており、働きやすい

派遣社員の仕事内容は最初から契約書にすべて明記されています。

例えばデパ地下などの接客販売の場合、「接客販売、商品発注、陳列、在庫管理、電話対応、レジ業務」など仕事の内容が書かれた契約書を貰え、これ以外の契約にないパソコンを使っての売上報告や金銭の管理などの仕事は企業側から求めることはできません。

契約内容を見直したい、派遣社員に仕事の幅を広げてもらいたい場合は直接派遣社員本人ではなく派遣会社との交渉になります。

契約書には業務内容以外に就業曜日や就業時間も細かく記載されており、これを破り労働者からクレームが派遣会社に入った場合、企業側は直ちに改善を行わなければならないと定められています。

きっちりと明文化された契約書が貰えるのは労働者としてとても働きやすく、安心して仕事をすることができます。

基本的に転勤はない

正社員で働いていると、望まない転勤や海外赴任などを命じられることもあるでしょう。

勤務地を変えなければならないと言うのは大きなストレスになりますよね。

派遣社員は基本的に転勤はありません。

小売店であれば、まれに同じ会社の違う店舗に移動になることもありますが、転居を伴う転勤はありません。

色んな会社でスキルアップが望める

派遣の案件の中には、普通だと入社が難しいような大手企業や人気の企業があります。

そのような大手の企業でも派遣会社のサポートがありますので入社できる可能性は高くなります。

派遣でも入社すればその会社の恩恵を受けることができますし、色んな仕事をすることでスキルアップができたり自分にあった仕事を見つけられたりします。

合わないと思っていた仕事が意外と楽しかったり、こんな仕事があるんだと視野も広がります。

たくさんの案件からやりたい仕事を選ぶことができる

派遣の案件はとてもたくさんあり、その中から興味のある仕事を選ぶことができます。

未経験でも興味のある仕事にチャレンジしやすく、正社員になる前にその仕事に向いているのかどうか試す期間でもあります。

副業ができる

副業

収入を増やすためや将来の目標のために副業を始めたいと言う方が一定数いるにもかかわらず、日本ではまだまだ副業を禁止している会社が多いでしょう。

派遣は副業を認めている会社が多いです。

中には企業との契約で副業禁止の場合もありますが、それはまれです。

同じ派遣会社の紹介で短時間の仕事を2つ掛け持ちしている人もいます。

社会保障も受けられる

派遣社員は社会保障が何もないと思っていませんか。

条件を満たせば派遣会社の保険に入ることができます。

契約期間が2ヶ月以上、一ヶ月の労働日数が所定の3/4以上、労働時間も所定の3/4以上で健康保険と厚生年金に入れ、お給料から天引きされます。

所定の労働期間、時間を満たせば必ず社会保険に加入しなければいけません。

主婦の方でご主人の扶養内で働きたい方は、最初から派遣会社に伝えておきましょう。

人間関係が煩わしくない

正社員の離職の理由にも多い人間関係。

仕事が楽しいかどうかは人間関係にかかっていると言っても過言ではありません。

どれだけ興味のある仕事でも、雰囲気の悪い職場では心身ともにストレスがかかってしまいますよね。

その点、派遣は面倒なトラブルに巻き込まれにくいと言えます。

どれだけ仕事ができても、仲良くなってもやはり派遣は派遣だと考えている人が多いのです。

退職時も契約満了であれば円満に退社することができますし、日本の会社にありがちな「上司がまだ仕事をしているから帰れない」と言ったことも派遣にはありません。

時間と自分の持つ技術を企業に提供するのが派遣の仕事です。

プライベートと仕事の時間をきっちり分けることができるでしょう。

派遣の仕事ってこんな人におすすめします!

派遣の仕事には向き不向きがあります。

派遣に向いているのはどんな人なのでしょうか?

割り切って仕事ができる人

仕事は仕事と割り切ってできる人ほど派遣に向いています。

もちろん仕事には責任感が伴いますが、派遣のそれは正社員ほどではありません。

正社員で働きながらこの会社に貢献したいと言う強い思いのある人は、派遣では少し物足りなく感じるでしょう。

本業や目標のある人

フリーランスでの仕事を目標としながら派遣で働いている人はとても多いです。

自分の時間をしっかりと取ることができる派遣の仕事は、目標のある人や独立を目指す人にはとても良い働き方です。

派遣の仕事は時間帯も幅広いので、昼は学校に行きながら夜は働くと言う社会人の方にも向いています。

3ヶ月から半年で更新の仕事が多いので、本業が上手く行きそうだと感じた時に退職するのも難しくありません。

新しい環境にすぐ適応できる人

派遣の仕事は短期間の契約から長期の契約まで様々です。

短いものだと一ヶ月、最長でも3年間しか同じ会社にはいられません。

新しい環境に慣れるのが早く、環境の変化にストレスを感じない方が向いています。

色んなことに興味が持てる人

自分のこだわりが強すぎる人は派遣には向いていません。

必ずしも自分の希望する会社で就労できるわけではありません。

ある程度職種を選ぶことはできますが、あなたから見て魅力的な案件は他の派遣社員も殺到します。

「この仕事しかしたくない」と言う方は正社員での仕事をおすすめします。

色んなことに興味を持つことができる好奇心旺盛な方は、派遣業を楽しむことができるでしょう。

資格を活かして働きたい人

幅広い知識を持ち、資格を取得している人にこそ派遣業をおすすめします。

派遣は個人の能力によって条件の交渉ができ、企業側の力になる人材であれば正社員で働くよりも良い労働条件で仕事ができるでしょう。

語学やパソコンの技術は特に重宝され、時給2000円と言う高待遇でしっかりと稼ぐことも可能です。

期間限定で働きたい人

働ける期間や時間帯が決まっている方にも派遣はおすすめです。

アルバイトと違い労働日数や労働時間が契約で決まっているので、必ず決まった日数働けますし時間も変わりません。

派遣でもフルタイムではなく週に3日ほどの仕事もあります。

派遣会社の営業に相談しましょう。

また、アルバイトで所属するより時給が良い場合が多いので小さなお子さんのいる主婦の方にもおすすめの働き方です。

派遣は正社員と何が違うのか?

派遣と正社員は何が違うのかご存知ですか?

次は派遣社員と正社員の違いについて見ていきましょう。

給与形態の違い

正社員の場合

正社員の給与形態は月給制が一般的です。

勤続年数や能力によって昇給が可能で、年に2回賞与がある会社が多いでしょう。

急な病気や怪我などで仕事を休むことがあっても、傷病休暇や有給休暇での対応が可能です。

派遣社員の場合

派遣社員の給与は時給計算が普通です。

働いた分だけの給与がひと月に一度支払われるシステムがほとんどです。

中には週払い、日払いと言った派遣労働もありますが、長期での勤務は月ごとの給与支払いとなるでしょう。

派遣社員は有給休暇は入社後半年でもらえますが、傷病休暇はありません。

仕事を休む場合の手当は基本的にはないでしょう。

雇用期間の違い

正社員の場合

正社員は、一度入社すれば定年まで会社が雇用し続ける義務があるとされています。

日本では正社員が一番安定した働き方であると信じられていましたし、実際現在の50歳代以上では一つの会社に勤め続けてきた方が多いでしょう。

正社員としての仕事で長期に渡って安定した給与と社会的な地位を得ることができると考えられていましたが、長年の不況や業績悪化によりこの終身雇用制度も完全に信頼のおけるものではなくなってきています。

そもそも終身雇用とは、戦後の経済成長を続ける中で打ち出されたものであり、会社の業績が上がり続けることが大前提なのです。

安定していると思われていた大手企業でも早期退職者や希望退職者を募ったり、最悪の場合人件費削減のためのリストラもあり得る時代になっています。

派遣は不安定だ、と正社員の方々は思うでしょう。

しかし正社員でも、生涯同じ会社で働ける保証はありません。

派遣社員の場合

派遣社員の雇用期間は正社員よりは短く、派遣のまま同じ会社に居続けることはできず最長で3年と決められています。

しかし、優秀な派遣社員をこのまま雇用し続けたい企業と、その企業で働き続けたい派遣社員双方の合意が得られた場合「部署異動」と言う形で派遣会社を通して契約をし直すことができます。

派遣社員の中には正社員での登用を目指している方もいますが、正社員前提の「紹介予定派遣」でない限りは狭き門と言われています。

「紹介予定派遣」とは通常の派遣とは少し違い、派遣社員のサポートのある就職、と言ったところでしょうか。

面接や書類選考を経た上で、数ヶ月間は派遣社員として働きます。

その後企業と社員の同意が得られれば、企業の直接雇用となることができる働き方のことです。

正社員を目指す方は紹介予定派遣を中心に検討してみると良いでしょう。

女性の場合、正社員と派遣社員は大きく違ってくる

正社員の場合

女性の正社員の場合、妊娠・出産となった場合産休や育休を取得することができる会社が増えています。

正社員であれば出産後の職場復帰も可能ですが、派遣社員ではその保証は受けられません。

派遣社員の場合

派遣社員は産休や育休は受けられませんが、また働きたい場合同じ派遣会社からの就労はもちろん可能です。

タイミングが合えば休職前に働いていた同じ会社への派遣もあり得るでしょう。

まとめ

今回は派遣社員について、その働き方と正社員との違いなどについてお話してきました。

正社員、派遣社員はどちらもメリット・デメリットがあります。

正社員としてキャリアを積むのも、派遣社員として自分で道を切り開くのもどちらを選んでも良いでしょう。

日本の労働環境は現在変化を続けています。

ライフスタイルにあった働き方ができる時代に近づいていると言えるでしょう。

生涯に渡って自分らしく働けるよう、少しワガママに仕事を選びましょう!

実際に派遣の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているならまず派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や、正社員との違い、また、実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い、自社で製品を作りません。自社で製品を作らず、既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れてそれに自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったり、サービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に思いつくのは営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、6個の人気職種をご紹介します。

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり