せっかく人生の大半を占める仕事ですから、失敗しないで楽しく働きたいものです。

しかし人間は合う合わないがあって当たり前です。

仕事を苦に命を断つ人が後を絶たないこの世の中ですから、少しでも苦しい思いをしなくていい仕事をしたいものです。

そこで自分というものを知って、そんな自分に合った仕事を探してみましょう。

自分に合った仕事を見つけるにはいくらでも方法はあります。

その探し方すら自分に合っていたならば、天職との出会いはすぐそこまで迫っています。

働くことで得られるものは?

貴重な人生経験

働くことで得られるもので、一番大切なことです。

自分の体を動かして汗水たらして働くことで、人との付き合い方、お金の大切さ、仕事の楽しさを得られるのです。

自分で働かないことには、とても得ることなど出来ません。

特に得られるものは人との付き合い方で、接客はもちろん、いろんな世代・性別・性格・思考の人々と出会えます。

この経験は自分がこの先老いるまで、一生涯役に立つことなのです。

達成感

仕事が終わって仕事場を出る、その時に一番に体に感じる風は、えもいわれぬ気持ちよさがあります。

休憩時間に風に当たれる場所に出るのもいいでしょう。

特に忙しい日なら尚更です。

真冬の空気でさえ心地よく感じられてしまいます。

貴重な賃金

人間生きるのにお金は必要です。

何気なくお財布に入れているお金でも、自分で働いて得たものは格別です。

大切に使わなければあっという間にお財布は空っぽです。

上手いお金の使い方、上手なお買い物の仕方も同時に解ります。

知識

知識といっても、頭が良くなるということではありません。

知らなかったことが解ったり、裏技や時短ワザを知れたり、公私に渡っての知識が身につきます。

そんな知識が増えることも苦にならないくらいです。

自分に合っている仕事のサインは?

仕事は誰にでも向き不向きはあります。

要はファッションと同じです。

この服は似合うけどこっちは似合わない、という感覚と一緒と思って構いません。

そしてそれは自分の体一つで測れるものです。

直感

まずは自分の直感に聞いてみます。

「仕事場に入った瞬間の匂いは?」「空気は?」「周りの人の顔は?」など、アトモスフィアを優先します。

いい匂いがした、空気が綺麗に感じた等、抽象的ですが「自分に合っている」と思えたりします。

初出勤や慣れない場所に来た時にこう感じたならば、その仕事は天職とみていいでしょう。

知りたい答えがある

小さな疑問でも、それが解決できてしまう事です。

「これはどうしたらいい?」という疑問が、周りの人、職場・その周辺で解決できてしまうのです。

仕事はたくさんの情報で溢れています。

その中に適切な答えがあることは、この上ない至高です。

突き詰めたいものがある

漠然と「偉くなりたい」「お金持ちになりたい」ではなく、「こうなりたい、ああなりたい」と具体的に夢を描けることです。

『ここ』に居る意義は何なのか、を見つけられればベストです。

目標にしたい人が居るのもいいでしょう。

身近でなく、有名人や著名人でも構いません。

目標があると仕事もはかどります。

自分に合っていない仕事とは?

自分に似合っていない服があるように、自分に合わない仕事も当然あります。

これも自分の感覚が一番ですが、やってみたら意外と出来たり、傍から見れば合っているように見えたりもします。

一概に決めつけず、少し第三者視点で自分を見てみましょう。

居心地が悪い

周りの人の年齢層や性格が自分と合っていたとしても、居心地が悪く感じる事はあるものです。

空気なのか環境なのか、その原因が解らないくらいだと結局辞めることにも繋がってしまいます。

得られるものが何もない

新しい知識がつかない、ハイレベルすぎて出来ない、自分のキャリアに役に立たないといった、根本的に仕事と自分の方向性が違うパターンです。

何も得ないまま働く事は、工場のロボットにでもなった気分です。

楽しくない

仕事仲間との談笑でさえ心から楽しめないのは、「この環境に自分が合っていないかもしれない」という判断基準です。

仕事場がいけないのか自分がいけないのか、一概には言えませんが、いろいろ考える始める潮時なのは違いありません。

こんなに違う!自分に合っている仕事と合ってない仕事

嫌なことがない

誰もが面倒がる細かいチェックや、ちょっとした清掃、仕事がない退屈な時間、それら全てが苦痛に感じられません。

ちょっと時間が出来たらほうきを手にして軽くお掃除、時間が空いたら仕事のちょっとした確認や予習、そんなことも自然と出来てしまいます。

仕事中でさえ「あれをしなきゃ」「これをしなきゃ」とテンパらず、「これが終わったら次はこれ」と自然に体も頭も動きます。

嫌なことが何もないので、仕事のペースも堕ちることがありません。

合ってない仕事の場合

得意な作業・好きな作業も億劫です。

ただ黙ってパソコンの画面を眺めていたり、ロボットみたいに同じことばかり繰り返す接客など、楽な仕事でも苦痛に感じられます。

ごく当たり前のように出来てしまう人が不思議に感じることもあります。

プライベートでは問題なく出来ることも、仕事となると急に億劫に感じられます。

毎日新鮮で居られる

通い慣れた職場、見慣れた仲間の顔も新鮮に見えます。

「飽き」というものを感じないのでしょう。

雑談の内容だって毎日同じではありません。

そう考えると同じ日など二度もないのです。

合ってない仕事の場合

飽きが来るようになります。

新人や新しい上司など、ちょっとした環境の変化にも慣れてしまい、新しい仕事にも新鮮味を感じられません。

また仕事仲間との相性も、旗から見ても問題ないのに違和感を感じたり、苦手意識を持ったりします。

「いい人だと解っているのに何故か好きになれない」という感情を抱くことが多いです。

アイデアが湧いてくる

仕事や職場の改善点について、泉のようにアイデアが湧いてきます。

仕事でのミスや細かい作業手順まで、目配りが出来ている証拠です。

こうすればもっと作業が早くなる、もっと効率よく進められる、と思いつきます。

これは仕事に熱心になるためにすることではなく、仕事に熱心だから出来ることなのです。

合ってない仕事の場合

出来ること、知っていることなのに、それ以上のことは考えません。

こうすれば効率が良くなる、仕事が早くなる、といったことも浮かんできません。

ただ与えられた仕事をマニュアル通りやっているだけなので、熱心さもなく、仕事というものを客観視出来ないのです。

仕事の効率が自ずと良くなる

与えられた仕事を明日まで引き伸ばさず、その日の内に終わらせたくなります。

仕事を宵越しにしないことで、翌日の仕事をきりよく始められる手段を知っているからです。

仕事の上手い進め方を知っているのは、熟練しているからです。

自分に合う仕事は上達しやすいものです。

上達すると仕事も早くなり、その日の仕事はその日の内に終わらせたくなります。

合ってない仕事の場合

手順も手段も解っているのに、何故か上手く出来ません。

効率のいい方法を聞いて実行しているのに、何故かスムーズに進まないのです。

その原因が自分でも解らないので、余計にモヤモヤしてしまいます。

自分に合った仕事を見つけるためにおすすめの6個のステップ

仕事に対して安心感を得られるようになるには、まずは自分を知ることから始めます。

自分がいいと思ったものはいい、悪いと思ったものは悪いのです。

そうして自分の心身と相談しながら、6個のステップを踏んで合った仕事を探していきます。

ステップ1:まずは心の整理から

したい事、出来るようになりたい事、知りたい事をまとめてみます。

この3つ全ての条件を満たしている仕事は何なのかを、とことん突き詰めてみましょう。

ステップ2:次は体に聞いてみる

例えやりたい仕事でも、体が追いついてこない事もあります、体力が無かったり体が弱かったりしては辛いだけです。

特に精神状態とはじっくり話し合うべきです。

ステップ3:行動その1

次はいよいよ行動です。

ステップ1で決めた事にマッチした仕事を探します。

この段階では一人で、得られるだけの情報をかき集めておきます。

ステップ4:行動その2

次に自分の体を動かしてみます。

行きたい仕事場までの距離やその周辺など、地域情報を得るのです。

ステップ5:行動その3

これまで自分がしてきたこと全てに違和感が無ければ、仕事を始める合図です。

求人に応募して、面接の時間を作ってもらいましょう。

ステップ6:最後の一押しには力を貸してくれる人のところへ

ステップ4までを試してみて、しっくり来ない、違和感がある時が、エージェントの出番です。

この段階で相談した方が意志が固まっているので、エージェントとのやりとりが円滑に進められます。

仕事選びの際に気を付けておきたいこと

いくつか仕事選びに際して、留意してほしいこともあります。

自分の信じた道を突き進むのもいいのですが、必ずちょくちょく立ち止まって、下の項目に該当していないかチェックしてみましょう。

軽い気持ちはNG

「自分はこの仕事をしたことがあるからきっと楽勝」などというものは、自信という名の慢心に過ぎません。

じっくり考えましょう。

危険すぎる冒険は控える

いきなりハイキャリアに挑戦したり、大きすぎる目標はやめましょう。

自分の能力を把握していない人は、どこに行っても失敗します。

上手くいかないのは自分が力量不足だから

いい仕事が見つからない、上手くいかない。

その原因は自分です。

職場の位置が悪いのでも、職種が少ないのでもありません。

自分磨きも忘れずに。

忘れないでいてほしい心がけ

『才能=一流』ではないこと

人間には様々な個性があります。

数字に強くても保険の営業マンだったり、運動神経が良くてもIT企業に居る人も居ます。

それは本人にとって合っている仕事というものが、数字や運動では無かったからです。

「自分はこれが得意だから、これを仕事にすれば一流になれる」と思っても、趣味と仕事ではレベルが大きく違います。

その道を突き詰めるべきなのか趣味で終わらせるべきなのか、きっちり考えましょう。

一人で出来るのか、誰か必要なのか

今まで自分一人で仕事を探していてどれも続かない、そんな人は、誰かの力が必要です。

自分のことを客観視してくれる人間が必要なのです。

もしかして自ら合っていない仕事を選んでしまっているかもしれません。

またいくつも候補があって選びきれなかったり、目標が定まらない時も、エージェントの使いどきです。

仕事は探すのであって探されてはならない

仕事をやる前も始めた後も、その仕事は自分が「探した」ものです。

誰かに探してもらったものではなく、自分から選んだものです。

誰かに提案してもらった、お薦めしてもらったとしても、選んだのは自分です。

人間誰しも『職場と仕事を選ぶ権利』があります。

自分に合った仕事であろうが合っていない仕事であろうが、全て責任は自分のものです。

どんな道を選んでも、自分で処理できるだけの技量も必要だと覚えておきましょう。

自分に合わない仕事は自分のせい

もし自分には合わない仕事にあたってしまっても、「職場のルールが合わなかった」「仕事内容が解らなかった」と八つ当たりせず、まず己の力量の反省から始めましょう。

会う合わないは誰にでもあるのですが、その原因も誰にでも何にでもあります。

そこから反省点や今後避けるべき職種を割り出し、自分磨きを忘れずに再出発しましょう。

ただし昨今、本当に自分は悪くないのに職場や職場環境が悪いことが多いものです。

そんな時は速やかに離れ、一切の関わりを断ちましょう。

他にもっと自分に合っている仕事は絶対にあります。

まとめ

自分に合った仕事は、意外に探すのが大変です。

求人や職場の雰囲気でビビッときても、勘違いだったり何かがズレていたりすることもあります。

『転職』という言葉の意味を痛感する日が来ることもあるかもしれません。

しかし、ただ求人雑誌一冊でも、仕事の種類は星の数ほどあります。

その中に自分に合った仕事は必ずあります。

また苦手意識を持っているだけで、その意識さえ払拭してしまえば何の問題もなく働けることもあります。

時間はかけてもいいのです。

自分に合った仕事を見つけて、楽しく働ける職場を探してみましょう。


関連キーワード

仕事