転職活動しようと決意したけれど、何から始めればいいのかわからない人は多いのではないでしょうか。

新卒の就職活動と転職活動では企業から求められることが異なるため「就職活動を乗り切れたから大丈夫」と、甘い考えで転職活動をすると痛い目に合います。

元採用コンサルタントの私が、しがらみがない今だからこそ紹介できる「転職活動の方法」をご紹介します。

転職活動の方法にはどんなものがあるか?

求人サイト

手軽な転職活動方法として求人サイトがあります。

本格的に転職活動をしたい人だけではなく、なんとなく転職したいという人でも登録ができる特徴があります。

求人サイトの種類

求人サイトには大きくわけて2種類あります。

エントリー型

企業が出している求人を読んで求職者がエントリーを行う求人サイトです。

スカウト型

企業側からサイトに登録をしている求職者へスカウトメールを送るタイプのサイトです。

多くのサイトではエントリー型に付随しているタイプのものが多くあります。

総合型

エントリーもスカウト待ちも両方できるサイトもあるので、後述するような転職活動のやり方に合わせて使い分けるのが良いでしょう。

いくつかの求人サイトの求人を探せるサイトもあります

1つ1つのサイトで求人をチェックするのは面倒ですよね。

そんな時に使えるサイトが一括検索型の求人サイトです。

代表的なものでは、キャリアインデックス、indeed、転職EX、キャリコネなどがあります。

自分の状況に合わせて使い分けてみましょう。

転職エージェント

転職エージェントへ登録をするとキャリアカウンセリングで自分の希望や適性をヒアリングします。

その後、キャリアカウンセリングの結果に沿った希望条件や適性に合った求人を紹介し、紹介された求人の中に気に入った求人があれば応募書類の添削を行います。

企業への応募と面接アレンジは転職エージェントが代行をしてくれます。

面接が決まった後は面接対策方法や模擬面接の実施をしたうえで、面接後に面接で伝えられなかったことを本人に代わって企業に伝えてくれます。

転職先が決まるまで二人三脚で活動してくれるので転職が初めての人でも安心して転職活動に臨むことができます。

転職エージェントを利用するにあたり注意点が2つあります。

1つ目は転職エージェントにより保有求人数が異なり、コンサルタントの技量が異なる点です。

2つ目は転職エージェントは2~3社登録をすることです。

複数社に登録することで、各転職エージェントが持っている求人の質やコンサルタントの技量を比較することができ、1社から求人の紹介がなくなっても他の会社から求人を紹介してもらうことができます。

転職エージェントの種類

転職には大きく分けて2種類あります。

総合型

職種、業界、第二新卒など、すべての業界と職種、すべての人を対象とした転職エージェントです。

代表的なものではリクルートエージェント、パソナキャリア、dodaエージェントサービスなどがあります。

特化型

金融業界専門や営業専門、第二新卒専門など特定の業界や職種、特定の人をターゲットとした転職エージェントです。

代表的なものではハタラクティブ(第二新卒特化)、薬キャリ(薬剤師特化)、マスメディアン(マスコミ業界特化)などがあります。

転職エージェントを利用するときは、こちらの記事を参考に!

派遣会社

派遣の働き方には一般派遣と紹介予定派遣があります。

一般派遣は主に3ヶ月ごとに契約を更新して働く方法ですが、紹介予定派遣は正社員の試用期間(3ヶ月~6ヶ月)に派遣社員として働きながら社風や仕事内容が合うかを双方で見極めた後に正社員登用される働き方です。

入社後のミスマッチを避けたい人にお勧めですが、一定期間派遣社員として働くとしても選考方法は正社員と変わらないのでしっかりとした対策が必要です。

また、登録する派遣会社により紹介予定派遣の求人数が異なるので注意が必要です。

知人の伝手(リファラル採用)

以前は縁故入社と呼ばれていましたが現在はリフォラル採用と呼ばれている入社方法です。

友人や知人に人事担当者や社長を紹介してもらって入社をする方法で、企業側からみると求人広告費が不要で身元も保証されるため歓迎される入社方法です。

一般社員から人事担当者に紹介された時は選考試験が実施されますが、取り引き先からの紹介や役員からの紹介の時は試験が免除されることがあります。

会社のHP

行きたい会社があった時やindeedで会社を見つけた時に直接エントリーができます。(一部の企業は閲覧のみ)

企業側からみても元手がかからない採用方法なので、最終的に能力が互角で転職エージェントから紹介された人と会社のHPでエントリーしてきた人が残った時に会社のHPからエントリーしてきた人が優位になることがあります。

昨今では会社のHPをindeedやYahoo!しごと検索など連動させている会社のHPも多いので検索して探してみましょう。

フリーペーパー/求人広告チラシ/張り紙

地元で働きたい人や飲食業界、小売り業界、医療業界、福祉業界、美容業界で働きたい人はフリーペーパーやチラシ、張り紙も有効です。

フリーペーパーや求人広告チラシでは業界やエリアの特集を組むことがあります。

また、張り紙で募集をしていることもあるので働きたいお店が決まっている人はチェックしてみましょう。

ハローワーク

ミドル世代になると求人サイトや人材紹介での求人数が少なくなります。

そこで以外と役に立つのがハローワークです。

ただし、ブラック企業やペーパーカンパニーに近い企業が求人に紛れ込んでいるので、すぐに応募をせずにきちんと調べてから応募をしましょう。

転職活動を始めるタイミングはいつが良い?

自分のタイミングから考えると。

資格を取得した後

ここで注意が必要なのが「資格を取得するために仕事を辞めて勉強していました」という期間がないことです。

難関資格では仕事との両立が難しくなると思いますが、勉強するために仕事を辞めると採用担当にあまりいい印象を持ってもらえません。

なぜなら、仕事をしながら勉強をして資格を取得している人が多くいるからです。

また、資格がないと仕事が出来ないような仕事以外は業務経験が豊富な人が有利になります。

採用試験では知識よりも業務経験の方が問われるので、これから資格を取る人は資格取得よりも業務経験を積むことを優先しましょう。

産休後または結婚後

出産前に転職をすると育児休暇が取得できないことがあるので、結婚する時に子育てとの両立が難しそうな会社だと感じていたら結婚後に子育てしやすい会社へ転職するか育児休暇終了後に転職をしましょう。

家のローンを組んだ後

家の購入予定後があるのなら家を購入してローンを組んだ後に転職をしましょう。

ローンの審査には勤続年数が関係するため、転職直後だとローンが組めないことがあります。

経験年数5年以上経ってから

同業種同職種でキャリアアップをしたいのであれば経験年数5年以上経ってから転職をしましょう。

繁忙期は採用選考が進まないことに加えて「繁忙期なのに選考を受けてて大丈夫なのか」と思われるので閑散期を狙って転職活動をしましょう。

30歳未満

未経験職種へ転職するのであれば30歳未満できれば28歳未満だと歓迎されます。

なぜなら、企業としては第二新卒に近い20代だと伸びしろがあり育てやすいと考えているためです。

ただし、入社後2年未満だと「飽きっぽい」「辛抱ができない」「ビジネスマナーも身についていないのでは」と思われて転職活動が厳しいものになるので覚悟しておきましょう。

転職市場のタイミングから考えると。

4月入社に向けた2月~3月のタイミング

入社の受け入れをしやすく、新卒と一緒に研修を実施しやすい4月入社を集めるために2月から求人数が増えてきます。

1月中旬以降から徐々に求人が増えてくるので、年明けから活動ができるように、求人サイトや転職エージェントには正月休みが終るまでに登録をしましょう。

10月入社に向けた7月~9月のタイミング

ボーナスを貰って辞める人や四半期決算終了後に人員増員が決定することから6月下旬から求人が増えてきます。

ただし、間に夏休みが入ることから選考のスピードが遅いことを覚悟しておきましょう。

仕事の閑散期に求人サイトや転職エージェントへの登録を済ませておくことをお勧めします。

中小企業は年中OK

中小企業の求人倍率は年中変わりません。

中小企業を狙う人は自分が「転職したい」というタイミングで転職活動を始めましょう。

転職活動に向けた具体的なtodo

70歳までのライフプランとキャリアプランを考える

何歳で結婚して子供を産む、何歳で家を建てるなどのライフプランを書き出してみましょう。

平行してキャリアプランを形成していくと、何歳で年収がいくら必要なのかがわかります。

この年収が求人票のモデル年収を比較する時に役に立ちます。

ただし、年収は現実的なものを設定しましょう。

また、順調にキャリアアップをするには何歳までに何をしなければいけないのか、確認をしましょう。

求人票を見る時に入社後の仕事内容や昇格・昇給制度、研修制度を見極める時に役に立ちます。

何がしたくて何ができるのか分析する

仕事上で自分ができること、自分が得意なことを書き出してみましょう。

そのうえで、転職で実現したいことが実現可能なのか検証してみてください。

「自分がしたいこと=できること」とは限りません。

「自分が出来ること=適職」です。

やりたいことにチャレンジしたい気持ちもわかりますが、適職で実力を発揮していくほうが早く昇格・昇給できます。

自己分析

性格的な長所と短所、仕事上の強みと弱みなど自己分析をしましょう。

サイト上で自己分析ができるものを併用してみると、より正確な分析結果を導けます。

・リクナビNEXTグッドポイント

https://next.rikunabi.com/goodpoint/

・ミイダス

https://miidas.jp/

・@type

https://type.jp/s/contents-cat3/

キャリアの棚卸し

今まで経験した仕事内容を詳細に書き出します。

【事務職の例】

  • 社内向け資料作成(Wordで新規作成から表を入れて作成)
  • 社外向けデータ作成(Excelで新規作成からif関数を使用して作成)
  • お客様へのお茶出し
  • 電話の取り次ぎ
  • 備品の管理・発注(専用サイト使用)

このように詳細に書き出したうえで、仕事上での課題解決経験や実績、仕事から学んだことも書きましょう。

この作業を行うと職務経歴書を作成する時に役に立ちます。

希望条件の整理と優先順位

仕事のやりがい、年収、待遇、通勤時間および乗り換え回数などさまざまな条件があります。

希望条件を整理して優先順位をつけましょう。

希望業界や職種の研究

同業種同職種であってもきちんと調べてみると意外な発見があるものです。

インターネットだけではなく、ビジネス雑誌や本も読んでみましょう。

志望先人事担当者のインタビューや社長の著書があるかも知れません。

また、未経験業界へ転職する人はどれだけ勉強をしているのかで本気度がわかりますので、業界・職種研究が合否のカギを握ります。

応募書類の作成

履歴書の作成経験は新卒で就職活動をしていた時に経験があると思いますが、職務経歴書の作成は初めての人が多いと思います。

職務経歴書には編年体形式と逆編年体形式、キャリア形式の3タイプがあります。

編年体形式は新卒から時系列順に職務経験を書いていき、逆編年体形式は直近から時系列順に職務経験を書くものです。

応募する職種が直近の仕事に近いものであれば逆編年体形式が向いています。

1つの職種でずっとキャリアを積んできたのであれば編年体形式でも良いでしょう。

キャリア形式は研究職やエンジニアのようにプロジェクトで仕事をすることが多い人に向いています。

いずれにせよ採用担当が見て、どんな経験を積んできた人なのかわかりやすいようにすることが大切です。

インターネットにも書き方を解説したページが多くありますが「本当にこれでいいのか」と不安に感じる人は、転職エージェントに職務経歴書の添削をお願いしてみましょう。

スーツや鞄、靴の用意

営業職やスーツで仕事をする人は持っているので新調する必要はありませんが、オフィスカジュアルや制服・作業着で仕事をしている人は就職活動で着たリクルートスーツか、冠婚葬祭用のスーツしか持っていないでしょう。

転職の時にリクルートスーツを着ても構いませんが、年齢を重ねると似合わなくなってきます。

また、体型が変わって合わなくなっている人もいると思いますので、量販店のスーツで構いませんので新調しましょう。

スーツの中に着るインナーは、なるべく透けない白を選び、模様は縞柄程度に抑えてください。

男性はネクタイ選びもポイントです。

柄は格子柄にして色は季節に合わせた色を選びましょう。

女性はブラウスでなくても構いませんが、お辞儀をした時に胸元が気にならないようなインナーを選び透けないものを選ぶようにしてください。

合わせてスーツに合う靴と鞄も床に置いても独立して立つしっかりとした鞄を購入しておきましょう。


関連キーワード

転職