転職活動しようと決意したけれど、何から始めればいいのかわからない人は多いのではないでしょうか。

新卒の就職活動と転職活動では企業から求められることが異なるため「就職活動を乗り切れたから大丈夫」と、甘い考えで転職活動をすると痛い目に合います。

元採用コンサルタントの私が、しがらみがない今だからこそ紹介できる「転職活動の方法」をご紹介します。

転職活動の方法にはどんなものがあるか?

求人サイト

手軽な転職活動方法として求人サイトがあります。

本格的に転職活動をしたい人だけではなく、なんとなく転職したいという人でも登録ができる特徴があります。

求人サイトの種類

求人サイトには大きくわけて2種類あります。

エントリー型

企業が出している求人を読んで求職者がエントリーを行う求人サイトです。

スカウト型

企業側からサイトに登録をしている求職者へスカウトメールを送るタイプのサイトです。

多くのサイトではエントリー型に付随しているタイプのものが多くあります。

総合型

エントリーもスカウト待ちも両方できるサイトもあるので、後述するような転職活動のやり方に合わせて使い分けるのが良いでしょう。

いくつかの求人サイトの求人を探せるサイトもあります

1つ1つのサイトで求人をチェックするのは面倒ですよね。

そんな時に使えるサイトが一括検索型の求人サイトです。

代表的なものでは、キャリアインデックス、indeed、転職EX、キャリコネなどがあります。

自分の状況に合わせて使い分けてみましょう。

転職エージェント

転職エージェントへ登録をするとキャリアカウンセリングで自分の希望や適性をヒアリングします。

その後、キャリアカウンセリングの結果に沿った希望条件や適性に合った求人を紹介し、紹介された求人の中に気に入った求人があれば応募書類の添削を行います。

企業への応募と面接アレンジは転職エージェントが代行をしてくれます。

面接が決まった後は面接対策方法や模擬面接の実施をしたうえで、面接後に面接で伝えられなかったことを本人に代わって企業に伝えてくれます。

転職先が決まるまで二人三脚で活動してくれるので転職が初めての人でも安心して転職活動に臨むことができます。

転職エージェントを利用するにあたり注意点が2つあります。

1つ目は転職エージェントにより保有求人数が異なり、コンサルタントの技量が異なる点です。

2つ目は転職エージェントは2~3社登録をすることです。

複数社に登録することで、各転職エージェントが持っている求人の質やコンサルタントの技量を比較することができ、1社から求人の紹介がなくなっても他の会社から求人を紹介してもらうことができます。

転職エージェントの種類

転職には大きく分けて2種類あります。

総合型

職種、業界、第二新卒など、すべての業界と職種、すべての人を対象とした転職エージェントです。

代表的なものではリクルートエージェント、パソナキャリア、dodaエージェントサービスなどがあります。

特化型

金融業界専門や営業専門、第二新卒専門など特定の業界や職種、特定の人をターゲットとした転職エージェントです。

代表的なものではハタラクティブ(第二新卒特化)、薬キャリ(薬剤師特化)、マスメディアン(マスコミ業界特化)などがあります。

転職エージェントを利用するときは、こちらの記事を参考に!

派遣会社

派遣の働き方には一般派遣と紹介予定派遣があります。

一般派遣は主に3ヶ月ごとに契約を更新して働く方法ですが、紹介予定派遣は正社員の試用期間(3ヶ月~6ヶ月)に派遣社員として働きながら社風や仕事内容が合うかを双方で見極めた後に正社員登用される働き方です。

入社後のミスマッチを避けたい人にお勧めですが、一定期間派遣社員として働くとしても選考方法は正社員と変わらないのでしっかりとした対策が必要です。

また、登録する派遣会社により紹介予定派遣の求人数が異なるので注意が必要です。

知人の伝手(リファラル採用)

以前は縁故入社と呼ばれていましたが現在はリフォラル採用と呼ばれている入社方法です。

友人や知人に人事担当者や社長を紹介してもらって入社をする方法で、企業側からみると求人広告費が不要で身元も保証されるため歓迎される入社方法です。

一般社員から人事担当者に紹介された時は選考試験が実施されますが、取り引き先からの紹介や役員からの紹介の時は試験が免除されることがあります。

会社のHP

行きたい会社があった時やindeedで会社を見つけた時に直接エントリーができます。(一部の企業は閲覧のみ)

企業側からみても元手がかからない採用方法なので、最終的に能力が互角で転職エージェントから紹介された人と会社のHPでエントリーしてきた人が残った時に会社のHPからエントリーしてきた人が優位になることがあります。

昨今では会社のHPをindeedやYahoo!しごと検索など連動させている会社のHPも多いので検索して探してみましょう。

フリーペーパー/求人広告チラシ/張り紙

地元で働きたい人や飲食業界、小売り業界、医療業界、福祉業界、美容業界で働きたい人はフリーペーパーやチラシ、張り紙も有効です。

フリーペーパーや求人広告チラシでは業界やエリアの特集を組むことがあります。

また、張り紙で募集をしていることもあるので働きたいお店が決まっている人はチェックしてみましょう。

ハローワーク

ミドル世代になると求人サイトや人材紹介での求人数が少なくなります。

そこで以外と役に立つのがハローワークです。

ただし、ブラック企業やペーパーカンパニーに近い企業が求人に紛れ込んでいるので、すぐに応募をせずにきちんと調べてから応募をしましょう。

転職活動を始めるタイミングはいつが良い?

自分のタイミングから考えると。

資格を取得した後

ここで注意が必要なのが「資格を取得するために仕事を辞めて勉強していました」という期間がないことです。

難関資格では仕事との両立が難しくなると思いますが、勉強するために仕事を辞めると採用担当にあまりいい印象を持ってもらえません。

なぜなら、仕事をしながら勉強をして資格を取得している人が多くいるからです。

また、資格がないと仕事が出来ないような仕事以外は業務経験が豊富な人が有利になります。

採用試験では知識よりも業務経験の方が問われるので、これから資格を取る人は資格取得よりも業務経験を積むことを優先しましょう。

産休後または結婚後

出産前に転職をすると育児休暇が取得できないことがあるので、結婚する時に子育てとの両立が難しそうな会社だと感じていたら結婚後に子育てしやすい会社へ転職するか育児休暇終了後に転職をしましょう。

家のローンを組んだ後

家の購入予定後があるのなら家を購入してローンを組んだ後に転職をしましょう。

ローンの審査には勤続年数が関係するため、転職直後だとローンが組めないことがあります。

経験年数5年以上経ってから

同業種同職種でキャリアアップをしたいのであれば経験年数5年以上経ってから転職をしましょう。

繁忙期は採用選考が進まないことに加えて「繁忙期なのに選考を受けてて大丈夫なのか」と思われるので閑散期を狙って転職活動をしましょう。

30歳未満

未経験職種へ転職するのであれば30歳未満できれば28歳未満だと歓迎されます。

なぜなら、企業としては第二新卒に近い20代だと伸びしろがあり育てやすいと考えているためです。

ただし、入社後2年未満だと「飽きっぽい」「辛抱ができない」「ビジネスマナーも身についていないのでは」と思われて転職活動が厳しいものになるので覚悟しておきましょう。

転職市場のタイミングから考えると。

4月入社に向けた2月~3月のタイミング

入社の受け入れをしやすく、新卒と一緒に研修を実施しやすい4月入社を集めるために2月から求人数が増えてきます。

1月中旬以降から徐々に求人が増えてくるので、年明けから活動ができるように、求人サイトや転職エージェントには正月休みが終るまでに登録をしましょう。

10月入社に向けた7月~9月のタイミング

ボーナスを貰って辞める人や四半期決算終了後に人員増員が決定することから6月下旬から求人が増えてきます。

ただし、間に夏休みが入ることから選考のスピードが遅いことを覚悟しておきましょう。

仕事の閑散期に求人サイトや転職エージェントへの登録を済ませておくことをお勧めします。

中小企業は年中OK

中小企業の求人倍率は年中変わりません。

中小企業を狙う人は自分が「転職したい」というタイミングで転職活動を始めましょう。

転職活動に向けた具体的なtodo

70歳までのライフプランとキャリアプランを考える

何歳で結婚して子供を産む、何歳で家を建てるなどのライフプランを書き出してみましょう。

平行してキャリアプランを形成していくと、何歳で年収がいくら必要なのかがわかります。

この年収が求人票のモデル年収を比較する時に役に立ちます。

ただし、年収は現実的なものを設定しましょう。

また、順調にキャリアアップをするには何歳までに何をしなければいけないのか、確認をしましょう。

求人票を見る時に入社後の仕事内容や昇格・昇給制度、研修制度を見極める時に役に立ちます。

何がしたくて何ができるのか分析する

仕事上で自分ができること、自分が得意なことを書き出してみましょう。

そのうえで、転職で実現したいことが実現可能なのか検証してみてください。

「自分がしたいこと=できること」とは限りません。

「自分が出来ること=適職」です。

やりたいことにチャレンジしたい気持ちもわかりますが、適職で実力を発揮していくほうが早く昇格・昇給できます。

自己分析

性格的な長所と短所、仕事上の強みと弱みなど自己分析をしましょう。

サイト上で自己分析ができるものを併用してみると、より正確な分析結果を導けます。

・リクナビNEXTグッドポイント

https://next.rikunabi.com/goodpoint/

・ミイダス

https://miidas.jp/

・@type

https://type.jp/s/contents-cat3/

キャリアの棚卸し

今まで経験した仕事内容を詳細に書き出します。

【事務職の例】

  • 社内向け資料作成(Wordで新規作成から表を入れて作成)
  • 社外向けデータ作成(Excelで新規作成からif関数を使用して作成)
  • お客様へのお茶出し
  • 電話の取り次ぎ
  • 備品の管理・発注(専用サイト使用)

このように詳細に書き出したうえで、仕事上での課題解決経験や実績、仕事から学んだことも書きましょう。

この作業を行うと職務経歴書を作成する時に役に立ちます。

希望条件の整理と優先順位

仕事のやりがい、年収、待遇、通勤時間および乗り換え回数などさまざまな条件があります。

希望条件を整理して優先順位をつけましょう。

希望業界や職種の研究

同業種同職種であってもきちんと調べてみると意外な発見があるものです。

インターネットだけではなく、ビジネス雑誌や本も読んでみましょう。

志望先人事担当者のインタビューや社長の著書があるかも知れません。

また、未経験業界へ転職する人はどれだけ勉強をしているのかで本気度がわかりますので、業界・職種研究が合否のカギを握ります。

応募書類の作成

履歴書の作成経験は新卒で就職活動をしていた時に経験があると思いますが、職務経歴書の作成は初めての人が多いと思います。

職務経歴書には編年体形式と逆編年体形式、キャリア形式の3タイプがあります。

編年体形式は新卒から時系列順に職務経験を書いていき、逆編年体形式は直近から時系列順に職務経験を書くものです。

応募する職種が直近の仕事に近いものであれば逆編年体形式が向いています。

1つの職種でずっとキャリアを積んできたのであれば編年体形式でも良いでしょう。

キャリア形式は研究職やエンジニアのようにプロジェクトで仕事をすることが多い人に向いています。

いずれにせよ採用担当が見て、どんな経験を積んできた人なのかわかりやすいようにすることが大切です。

インターネットにも書き方を解説したページが多くありますが「本当にこれでいいのか」と不安に感じる人は、転職エージェントに職務経歴書の添削をお願いしてみましょう。

スーツや鞄、靴の用意

営業職やスーツで仕事をする人は持っているので新調する必要はありませんが、オフィスカジュアルや制服・作業着で仕事をしている人は就職活動で着たリクルートスーツか、冠婚葬祭用のスーツしか持っていないでしょう。

転職の時にリクルートスーツを着ても構いませんが、年齢を重ねると似合わなくなってきます。

また、体型が変わって合わなくなっている人もいると思いますので、量販店のスーツで構いませんので新調しましょう。

スーツの中に着るインナーは、なるべく透けない白を選び、模様は縞柄程度に抑えてください。

男性はネクタイ選びもポイントです。

柄は格子柄にして色は季節に合わせた色を選びましょう。

女性はブラウスでなくても構いませんが、お辞儀をした時に胸元が気にならないようなインナーを選び透けないものを選ぶようにしてください。

合わせてスーツに合う靴と鞄も床に置いても独立して立つしっかりとした鞄を購入しておきましょう。


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動

転職エージェントとはどんな仕事?その仕事内容や転職業界においての役割、なり方など詳しく解説します!

現役キャリアコンサルタントが語る「転職エージェントとは?どんな仕事?」ここでは具体的な仕事内容から、転職エージェントの業界における役割、転職エージェントへの就職方法、就職するうえでの注意点をエピソードをまじえながら、お伝えしていきます。私の体験もいろいろ書かせていただいているので、より具体的な仕事のイメージがつきやすい内容になっていますので、是非ご一読ください!「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →転職エージェントとはどんな仕事?転職エージェントとは「企業と転職者の仲介役」をするお仕事です。転職を希望している人と、中途で人材を採用したいと考えている企業のマッチングを行い

携帯電話販売の転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

近年、携帯電話の飛躍的な進歩により携帯電話会社への転職を考えられている方も多いと思います。未経験だけど大丈夫かな?携帯電話の料金プランは難しそうだけど覚えられるかな?クレームが多いって聞くけど本当?などなど、興味はあるけどなかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。携帯電話販売転職に失敗したくないと思われている方や、携帯電話会社への就職を失敗させたくないと思われている方に向けて転職に役立つ知識や成功させる為のコツなどを詳しくご紹介していきたいと思います。こちらの記事では携帯電話販売員としての成功のコツに加えて接客業界に使える事にも触れています。携帯電話販売のお仕事は接客業界以外からも注目さ

客室乗務員の転職を成功させるためにやるべき3つのことやリアルな転職事情、上手な転職方法を解説します

転職して客室乗務員になりたい!と思った時、いざ転職活動を始めるには何かから手をつければいいのでしょう。客室乗務員を志望する際の心構えや入社後の様子、転職事情についてお答えします。「客室乗務員」が自分に向いているか診断するにはこちら →客室乗務員の転職事情とは?転職して客室乗務員になる人は実は意外といます。新卒の就職活動の時に客室乗務員試験を受けたけれど不採用だった人が、既卒募集に再チャレンジして見事夢を叶えた人や、一般企業に勤めていたけれど昔の夢を忘れられず一念発起した人など、実際にいろいろな職歴を持っている客室乗務員がいます。国内大手航空会社をはじめ多くの航空会社が、新卒採用とは別に既卒採用

病棟看護師の転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法を解説します

看護師であれば、一度は転職を経験されたという方もいるのではないでしょうか?でも転職は一大イベント!「転職したいけど、何を基準に選んだら良いかわからない!」「転職先で上手くやれるか不安…。」そんな方も多いでしょう。そこで今回は『転職を成功させるためのポイント』を私の経験談を織り交ぜて、ご紹介します。ターゲットは『病棟看護師』!これを読み終わる頃には、あなたの転職への不安が軽減しているかもしれませんよ?病棟看護師のよくある転職理由転職理由は人それぞれです。私は今まで2回の転職を経験してきましたが、理由は『夫の転勤』。しかし他にもこんな理由で転職したいと考えている看護師は多いでしょう。人間関係が上手

栃木での転職で失敗しないために知っておくべき5個のことや人気な職種や業界を教えます!

私自身、今の会社に2年前に転職しました。前職からここへ就職するまでは半年ほど派遣をしながら転職活動をしていました。その際の経験から、栃木での転職について書かせていただきたいと思います。栃木の転職を失敗しないために知っておくべき5個のこと今の仕事を辞めるタイミング栃木に限ったことではないかもしれませんが、同じような業種の仕事で転職を考えている場合、今の仕事のやめ方が悪いと就職活動に影響が出る可能性があります。と、言うのも都会ではないので同市内などですと、結構同じような業種だとそれなりに情報網が繋がっており、情報が伝わりやすいからです。ですので、突発で辞めたり、揉めて辞めたりすると悪い情報が流れる


転職に関するコラム

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転

転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職活動を始める前にやっておきたいこと

終身雇用が一般的だった日本も今では転職をする人が多くなってます。広告やCMでも転職エージェントに関するものがたくさんあります。では実際に転職する人はどんな理由で転職を決意するのでしょうか?この記事では転職のきっかけと転職活動をする前にしておく準備についてご紹介します。転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職のきっかけは人それぞれです。ポジティブな理由で転職する人もいればネガティブな理由で転職する人もいます。特に若い人は転職に抵抗がない人が多く、第二新卒専用の転職エージェントもあります。給料が安い自分の給料に満足している人は多くありません。一昔前であれば終身雇用制度と年功序列制度で長