皆さん、就職する際にどういったところを見てこの企業で働こうと決めていますか?

最近ではブラック企業も当たり前のように存在します。

会社選びはちゃんとできていますか?

間違った選び方をしていませんか?

どういう風に会社を選べばいいかわからないという方はいませんか?

今回は会社選びについて、会社選びで失敗しないためのチェックリストを作りました。

このチェックリストを参考に自分に合った会社を見つけてみてください。

また、自分の働いている会社は本当に自分に合っているのか見つめなおすのもいいかもしれません。

この記事の最後にはブラック企業かもしれない?

こんな求人には要注意!

求人を見て仕事を決める前に確認すべきことを少しまとめているのでそちらも是非チェックしてみてください。

会社選びで失敗しないための8個のチェックリスト

会社選びで失敗しないためのチェックリストを作ってみました。

就職する会社を決める前に是非一度チェックしてみてください。

給与

やはり給与はほとんどの方が一番初めにチェックする項目ではないでしょうか?

月給や平均年収はやはり気になるところですよね。

その仕事内容に合った給与がしっかりともらえるのか、自分が目標としている金額がもらえるかなどを確認するのがいいと思います。

誰でも給与は低いよりかは、高くて多くもらえるところがいいと思いますよね。

多くの方がそう思いがちですが、給与だけを見て仕事を決めるのはよくありません。

給与がいいからといって、給与だけで仕事を決めてしまうと実はブラック企業だったというところもよくあります。

給与はたくさんもらえるところを選ぶのではなく、仕事内容に合った金額、自分が目標としている金額をもらえるところを選び、欲張らないようにすることをお勧めします。

福利厚生

福利厚生もよく確認しておくといいです。

福利厚生が充実している企業はとてもおすすめです。

福利厚生は2種類あり、法定福利厚生と法定外福利厚生があります。

法定福利厚生は法律で義務付けられている福利厚生のことをいいます。

健康保険、雇用保険、厚生年金保険、労災保険、介護保険、児童手当、災害補償などがあります。

これらは社会保険制度のことです。

法定外福利厚生は法律で義務付けられていない、企業の社員に対するサービスや待遇のことをいいます。

住宅手当や住宅補助、社員寮や社宅完備、家族扶養手当、健康診断補助、資格取得や研修の補助、社内保育施設、社内イベント、育児休暇などがあります。

法定外福利厚生は企業によって様々ですが、こんなにもたくさん福利厚生が充実していると仕事も頑張れますよね。

労働時間

労働時間は皆さんも気になるところではないでしょうか?

特に最近の若い方は長時間労働やサービス残業を嫌がる方が多いです。

しかし、それもそのはずです。

最近では長時間労働でブラック企業の過労死や自殺などが問題になるほどなのですから。

本当に悲しいです。

皆さんも知っていると思いますが、労働基準補では1日の労働時間が最長8時間までと決められています。

しかし、1日の労働時間が最長8時間だから、毎日8時間ぴったり働かないといけないということではありません。

一番いいのは労働時間が8時間未満の企業です。

探せば労働時間が短い会社もたくさんあります。

労働時間が8時間というのが当たり前だと考えないでください。

ブラック企業は労働時間をギリギリの8時間にしているところが多いですので労働時間もしっかりとチェックしてください。

仕事内容

仕事内容は重要なチェックポイントですよね。

自分に合った仕事内容なのか、自分の理想とする仕事内容なのか。

仕事といっても自分のしたくない仕事を嫌々ながら頑張るよりかは、自分のしたい仕事で頑張る方がいいですよね。

給与や労働時間だけを見て決めた仕事だから仕事内容は何も考えないで決めて後々嫌になって仕事が続かない、辞めてしまった、などとなればせっかく就職した意味がないですよね。

会社選びも就職もそうですがバランスが必要になってきます。

1つや2つ何かを妥協するよりは、100%自分のしたい仕事ではないけれど、自分の理想とするものが平均的にとれている方が断然いいと思います。

仕事内容もよく見て自分に合っている仕事内容なのか、自分の理想とする仕事内容なのか、自分が頑張れる仕事内容なのかなどをよく見て決めることをお勧めします。

妥協しないでください。

周囲の評価

周囲の評価や口コミを確認することをお勧めします。

その企業は周りの人から見てどうなのか、頼もしく信頼できるいい企業なのか、それともブラック企業なのか、周囲からの評価や情報に頼ることも必要だと思います。

自分にはいい企業としか見えていなくても、自分とは違う意見をと持つ人もいるはずです。

そういった人の意見に耳を傾けるのもいいことだと思います。

口コミなんかには以前その企業で実際に働いていた人が評価しているところもあったりするので良くチェックしてみることをお勧めします。

また、企業のいいところと悪いところをまとめているサイトなどもあるのでそういったものもお勧めです。

今では会社の評価も口コミでチェックできる時代です。

有効活用してみましょう。

会社や職員の雰囲気

会社や、会社で働く職員の雰囲気をよく観察するのもポイントです。

どういった時に会社や職員の雰囲気を見極めるのかというと、それは面接の際です。

面接に行った際、会社に一歩足を踏み入れたらまず初めに会社内の雰囲気を感じ取ってください。

次に受付や廊下ですれ違う職員をよく見てみてください。

皆さん笑顔で生き生きしていますか?

それとも疲れ切った顔でどんよりしていますか?

皆さんがその会社に勤めた時、自分の目で見た職員と同じような姿で働きたいのなら笑顔で生き生きとした職員の多い会社を見つけて下さい。

また、面接の際は面接官をよく観察してみてください。

面接の際に面接官の様子を伺ったり、時には自分から質問を投げかけ面接官のことを良く観察してみることもお勧めします。

そして、自分は面接官のような上司と一緒に仕事がしたいのかを考えてみてください。

面接は会社や職員を自分の目で観察できる唯一のチャンスです。

会社内のルール

面接を受ける際に求人には載っていなかったことや会社内のルールなどがあれば聞いておきましょう。

求人にはたくさんの情報を載せれません。

そのため最も伝えたい情報だけを選んで求人に載せることがほとんどです。

中には求人に載せれないような情報を隠したいがために求人には全く違う情報を載せている企業もあります。

ほとんどの企業はそういった求人に載せれなかった情報を面接の際に面接官が言ってくれたりします。

例えば1日中デスクでパソコンを使うような仕事で、休憩は1時間となっていますが、お昼に1時間休憩があるだけで中休みなどはないけど大丈夫ですか?

とか、事務の仕事で求人には載っていなかったと思いますが、事務を担当する方に電話対応もしてもらいたいのですが大丈夫ですか?

といったような求人には載っていなかったことや会社のルールがあることを知らされたりします。

そういったことにもよく耳を傾け、それでも自分はこの企業に勤めたいのか、またはこういった内容だったらこの企業では働けないのかをはっきりさせないといけません。

また、ブラック企業だと求人には載っていなかったことがいっぱいあったり、その内容はどう考えても怪しいんじゃない?

と思うようなこともあります。

それも自分でしっかりと見極めなければなりません。

小さなサインを逃さないように気を付けてください。

本当に自分が勤めたい企業なのか

最後に、自分が就職する会社を決める際に、その企業は本当に自分が勤めたい企業なのかもう一度確認してみてください。

最近では転職する方も増えてきています。

しかし、せっかく就職活動をして面接を受けてやっと決まった企業に勤めたのに自分に合わないからといってやめるようではもったいないです。

転職も何度も何度もうまくいくわけではありません。

就職を何度もやり直すことはそう簡単なことではなく、難しいことなのです。

最終的に自分の働く会社を決めるのは自分自身です。

この企業でどうしても働きたいと思えるような、企業に勤めてからも仕事に力を入れて頑張れるような企業を自分の目で見極めて決めてください。

選ぶのは自分自身です。

会社選びは慎重に行うことをお勧めします。

こんな求人には注意!

こんな求人には注意!

求人を見て仕事を決める前に確認すべきことをまとめてみました。

残業代が固定されている

残業代が固定されている企業には要注意してください。

残業代が固定されている企業はブラック企業だと思ってもいいくらいです。

本来はもし、残業をしたのなら残業した分の時間に応じて残業代を支払ってもらうのが当たり前です。

しかし、最近はその残業代を支払ってくれない、または残業代をケチるブラック企業などが多くあります。

ちなみに、残業代を支払わなかったりケチると違法になります。

1日8時間、週40時間までの労働が法律で定められているルールです。

それを超えてしまうと違法になります。

もし、時間を超えてしまったのならその時間に応じて残業代を支払わなければならないないのです。

残業代が固定されているというのは、どれだけ残業をしても残業代として支払われる金額が前もって固定されているということです。

また逆に、残業代が固定されているのに残業があまりなかったらそれはラッキーなんじゃない?と思う方もいるかもしれませんが、そういうことはめったにないと思っておいた方がいいかもしれません。

しかし、残業代が固定されているからといって全部の企業がブラックというわけでもないので、求人を見た時に残業代が固定になっていればまず初めに怪しいなと疑って、しっかりと確認を取ることをお勧めします。

常に募集をかけている企業

求人誌や求人サイトで常に見かける企業には要注意してください。

求人誌でいつも募集をかけている企業や求人サイトでいつも見かける企業、いつも一番初めに出てくる企業には少し気を付けた方がいいと思います。

初めによく考えてみてください、どうしていつも求人誌や求人サイトにその企業の求人が載っているのか。

その企業に応募する人がいない=人気のない企業、あまり評判の良くない企業だと思いませんか?

やはり、いい企業というのは競争率も高いです。

そのためあまり求人誌や求人サイトで長く求人募集をかけていることがないと思います。

なので求人誌や求人サイトでよく見かける企業があれば少し警戒した方がいいかもしれません。

または、募集内容をよく見てみるのもいいかもしれません。

なぜいつも求人誌や求人サイトに残されているのか、その理由がわかるかもしれません。

この企業大丈夫?と思ったら必ず口コミ検索!

これまで会社選びで失敗しないためにどういったところに気を付ければいいのかいくつかお話ししてきました。

もし、いろんな企業を見ていく中でこの企業大丈夫かな?というものがあればまず初めにしてほしいことがあります。

それは、知人や友人、またはネットで口コミ検索をし、周囲からの評価を確認してほしいのです。

たくさんの意見や自分以外の人から意見をを聞くことはいいことだと思います。

周りからの評価というのは時にはとても有力なものになります。

そのため少しでもあれ?と思うのならまず初めに口コミ検索をしてみてください!

口コミ検索をすることによってわかることもあると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は会社選びについて、会社選びで失敗しないためのチェックリストを作りお話ししてきました。

こちらのリストが少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しく思います。

しかし、実際のところは入社してみないと分からないところがほとんどです。

それでも、この企業は怪しい、ブラック企業かなと思うと無理をしないで辞めることをお勧めします。

今では転職をする方も多いです。

転職することは悪いことでありません。

ブラック企業に勤めて過労死や自殺に追い詰められてまで働く必要はないと思います。

できるならば皆さんが楽しく仕事を続けられる方がいいと私は思います。

なので会社選びは慎重によく考えて行ってください。

日本でもたくさんの人が仕事に対してストレスなく働ける日が来るといいなと思います。