美容師は憧れの職業ですよね。

華やかでおしゃれで、とてもかっこよく、お客様にもとても喜んでもらえる素晴らしい仕事です。

しかし、実態はどうでしたか?

こちらの記事を見ている方は何かしら今の仕事や職場に疑問や不満を持って転職を考えていると思います。

本当にいい転職ができるか心配な方も多いのではないでしょうか。

実は、美容師で転職をお考えなら転職エージェントがおすすめなんです。

いえ、転職エージェントを使って転職活動すべきです!

今回は美容師での転職にエージェントがどのように役立つのかとエージェントの選び方を解説します。

「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職エージェントとはどういうもの?

転職エージェントをご存知でしょうか。

一般的に転職しようと思ったときはまず転職サイトを見ると思います。

実際に「美容師 転職」で検索すると転職サイトが出てきますね。

転職サイトではたくさんの求人が載っており、興味のある求人に自ら応募をし、履歴書を送ったり企業とのやりとりも自分で行います。

転職エージェントでは、あなたと応募先の企業とは直接やりとりすることはほぼありません。

あなた専任の担当がつき、あなたに代わって企業とやりとりをしながら転職のサポートをしてくれます。

ざっくりとした流れとしては、

  • ①転職エージェントに登録
  • ②担当者(キャリアコンサルタント)と面談
  • ③求人の紹介
  • ④応募~面接
  • ⑤内定

となります。

面談ではなぜ転職を考えているのかや転職先に期待することなどをヒアリングし、条件にあった求人があればその場で紹介され、応募することができます。

転職サイトと転職エージェントの違いはお分かりいただけましたでしょうか。

では、実際に転職エージェントを使った方がよい理由を説明していきます。

美容師転職でエージェントを使って転職活動をすべき5個の理由とは?

すべて無料で使える

まず、転職エージェントの利用は無料です。

求人の紹介をしてくれて転職の相談や面接のアドバイスもしてくれて入社に至るまで様々なサポートをしてくれますが無料です。

転職エージェントは完全成功報酬制となっており、この報酬を支払うのはあなたが入社する企業です。

企業は無事採用し入社が決まるとエージェントに報酬を支払う契約をしています。

つまり、転職エージェントはあなたの転職が決まれば報酬がもらえますので、善意だけでなく営利目的も含め全力であなたの転職をサポートしてくれます。

求職者として利用する側としてはメリットしかありません。

実際に使うかどうかは別としても、少し聞いてみようかなという気軽な気持ちで利用する方も多いです。

非公開求人がある

転職サイトを見て、求人ってこれくらいしかないのかな…と思うことはありませんか?

実は転職サイトに掲載されている求人というのはごく一部で、転職サイトにも企業のホームページにも掲載されていない求人はたくさんあるのです。

それが「非公開求人」で、転職エージェントに登録した求職者のみに紹介される求人です。

専門性の高い職種や他社に知られたくない採用情報の他、応募が殺到して困るような条件の良い求人も非公開求人とされます。

この非公開求人を紹介してもらえるのは転職エージェントだけですので、ぜひ登録してみましょう。

手間が少ない

美容師は朝早く夜遅くまで体を使う仕事をしているので家に帰ったらくたくただと思います。

転職活動のために求人を調べたり、その職場のことを調べたり、履歴書や志望動機を考えたりする時間はほとんどないのではないでしょうか。

転職エージェントはあなたに合った求人を勝手に提案してくれるので、あなたは時間のあるときに紹介された求人を見て、応募したい場合は「応募したい」と返事をするだけです。

返事を確認したエージェントは事前に登録してある履歴書や職務経歴書をデータで応募先の企業やサロンに送ります。

あとは選考の結果を待ち、通過すれば面接です。

紹介された求人の企業やサロンについて知りたいことがあればエージェントに聞けば教えてもらえます。

このように、転職エージェントを使った転職活動は圧倒的に手間が少ないのです。

企業やサロンの情報が豊富

転職エージェントには求職者を担当する担当の他に、企業やサロンを担当する専任の担当がいます。

企業担当は実際に求人を獲得してきたり、企業やサロンに出向き担当者と話し合いを重ねていますので転職エージェントだけの細かい情報がたくさんあります。

特に同じ美容師として別のサロンで働きたい方はそのサロンの雰囲気が気になるのではないでしょうか。

面接で聞いてみてもいいですが、それが本当かどうかはわかりません。

そこで、実際に現場を見て雰囲気を感じてきた企業担当であれば率直な印象を教えてもらうことができます。

また、せっかくスタイリストになりキャリアアップを目的に転職したにも拘わらずサロンによってはアシスタントからやり直しになるケースもありますので、自分のスキルでどのような条件で雇ってもらえるかも知っておきたいですよね。

将来的に独立を考えている方は独立を応援してくれるようなサロンであれば安心です。

一度現場の人と面談をしてみたいと思ったりサロンの見学をさせてもらいたいと思えばエージェントを介して応募先のサロンや企業に交渉してもらうことができます。

事前になかなか知りにくい情報を知れるのが転職エージェントの強みです。

自分を売り込んでもらえる

転職エージェントではあなたのことをよく知っている担当者が応募先の企業に対して、あなたの経験やスキルを売り込みます。

実は、書類選考の時も履歴書や職務経歴書の他に担当者が作成した「紹介状」を一緒に応募先の企業に送っているのです。

紹介状には担当者が実際にあなたに会った時の印象やこれまでの経験、応募先の企業で今後どのように活躍できるか等を細かく記載します。

選考が進んでいけばあなたの熱意や志望度を応募先の企業に伝え、そっと評価を押し上げる努力をしているのです。

もちろんあなた自身が書類選考を通過し面接に問題なく合格することが一番ですが、もしぎりぎりだったり他の選考者と迷われているような状態で何もできないのはとてももどかしいですよね。

応募先の企業・サロンとあなたを繋ぐ転職エージェントだからこそできる独自のサポートです。

美容師転職で転職エージェントを利用した方が良い人とは?

美容師以外に転職したい人

一日中の立ち仕事で足や腰を悪くしたり、パーマ液などで手荒れがひどく美容師を続けるのが難しい人もいると思います。

朝から夜遅くまで働くので体力的につらく、美容師以外への転職を考えている人も多いでしょう。

しかし、これまで美容師になることを目標に専門学校に通い、美容師になるためにひたすら頑張ってきた人であればあるほどいざ別の仕事に転職したいと思っても、どんな仕事があって、どんな転職ができるのかイメージがつきにくいと思います。

転職エージェントでは、美容師の経験を活かしてどのような転職をできるか、実際に美容師の人がどんな仕事に転職して活躍しているのかを教えてもらえます。

自分ではまったく思いつかなかったような仕事もたくさんあることでしょう。

美容師として働いていると当たり前に感じてしまうかもしれませんが、美容師として身に着けたコミュニケーション能力の高さやセンス、美意識の高さや器用さ、気配りが評価される仕事はたくさんあるのです。

別のサロンに転職したい人

逆に、同じ美容師として別のサロンに転職したいという方にも転職エージェントはおすすめです。

別のサロンに転職したい理由としては、給料の問題だったり人間関係だったり、オーナーの考え方と合わなかったりなど色々ありますよね。

思うようにキャリアアップができないということもあるかもしれません。

しかしこれらの理由を転職先で改善したいと思ったとしても、転職サイトで求人票を見てもあまりよくわからないというのが実情だと思います。

求人票からは人間関係や内情までは見えてこないからです。

転職エージェントでは企業の担当者がサロンに実際に行って求人担当者と面談を重ねていますのでどういった雰囲気であるか把握しています。

オーナーと会ったときの印象や、考え方もお伝えすることができます。

面接では聞きづらい給与のことや各種条件、勤務時間のこともエージェント経由で確認することができます。

在職中に転職活動をしたい人

美容師の仕事を続けながら転職活動をするのは時間的にも体力的にもとても大変です。

朝早くから夜遅くまで働き詰めで、転職活動ができるのは決まったお休みの日だけではないでしょうか。

日程調整をしたり、応募先のサロンや企業とやりとりをしたり書類を作成したりする時間があまりとれなかったり、せっかくサロンや企業側から電話をもらっても出ることができず営業時間内に折り返し電話することもできずにチャンスを逃してしまうかもしれません。

転職エージェントはあなたに代わって求人に応募したり日程調整を行い、サロンや企業とのやりとりもすべて担当者が行います。

あなたは空いた時間に担当者からくるメールをチェックするだけです。

「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容師の転職でのおすすめエージェントの選び方とは?

転職エージェントには求人数の多い大手から特定の分野に強いエージェントまで、色んな特徴があります。

美容師の転職ではどんなエージェントを選ぶのがよいのでしょうか。

美容師専門の転職エージェントを使う

美容師専門の転職エージェントがあるのはご存知でしたか?

美容業界の求人に特化したエージェントで、同じ美容師の求人の他、美容師の経験を活かせる他の業種の求人もあります。

ネイリストやアイリスト、セラピストやエステサロン、整体師などの求人も多く扱っており、雇用形態も正社員からアルバイトまで揃っています。

専門のエージェントの強みは、まず「美容師の仕事」に詳しいということです。

どんな経験があればどんなことができ、今後どんな活躍の可能性があるかという情報が豊富にあります。

個人店に転職したい方向けの相談会や女性美容師のための相談会などのイベントも開催されていますのでまずは相談会に参加してみるのもいいかもしれません。

大手の転職エージェントを使う

大手の転職エージェントは幅広く多くの求人があります。

美容師の求人はほとんどないと思いますが、美容業界での求人や美容系の専門学校の講師やスタッフの仕事、美容商材販売の仕事の求人が入っている可能性があります。

未経験OKの求人も多くあるので他の業界・業種に転職したい方にはおすすめです。

ただ、美容師の仕事について詳しい知識のある担当は少ないため、受け身では十分なサポートを受けられない可能性はあります。

積極的に自分にはこういう経験があると説明したり、こういう求人がないかと要望するようにしましょう。

美容師業界で転職エージェントを使う上で注意した方が良いことは?

ここまで転職エージェントの良いところを中心に説明してきました。

メリットの多い転職エージェントですが、使う上ではいくつか注意点があります。

転職の目的があやふやなまま進めない

中途採用はスピード感があり、早ければ書類選考から内定まで1~2週間程度で終わってしまいます。

とりあえず今の仕事がつらくて苦しくて辞めたい、今の場所じゃなければどこでもいいから転職したいという気持ちの人もいると思います。

今の仕事がつらい理由、苦しい理由、辞めたい理由は何でしょうか。

転職先にどんなことを期待し、何を改善したいと思っていますか?

転職の目的が定まらないままに転職活動を進めてしまうと自分の気持ちが追い付かないうちに採用が決まってしまい、結局辞退することになったり、入社しても前の仕事で感じていたのと同じ不満が出てくるかもしれません。

大切なのは内定をもらうことではなく、自分にとっていい転職をすることです。

自分の気持ちや転職の目的が定まっていないなら担当者とじっくり話し、自分でもよく考えてみましょう。

担当者は求人の紹介だけではなく、自己分析の手伝いもしてくれます。

転職の目的が定まったら改めて目的を担当者に伝え、求人を紹介してもらうようにしましょう。

転職のツールを最初から1つのエージェントだけに絞らない

転職エージェントは2つ以上登録してください。

なぜなら、転職エージェントによって扱う求人が異なることと担当者との相性があるからです。

いくつか登録してそれぞれの担当者と面談してみると担当者によって紹介される求人が違ったり、相性があることに気づきます。

そのまま複数のエージェントを使って転職活動を進めてもいいですし、自分の求めることに近い求人の紹介をしてくれたり相性のいい担当者のいるエージェントひとつに絞って転職活動を行ってもいいです。

一般的なエージェントでは美容師から転職できる求人は多くないので、できれば美容師専門の転職エージェントと一般的な大手転職エージェントの両方を登録して比較してみるのがよいでしょう。

自分でも情報収集を怠らない

転職エージェントには企業やサロンの情報が豊富にあり、自分で調べなくても十分に感じると思います。

しかし、面接を受けるのは今後自分が長く働いていくかもしれない会社です。

自分でも企業やサロンのホームページを見たり、取り扱い商品やサービスを確認するようにしてください。

事前に見ておくことでイメージができ、面接で緊張しにくくなったり、万一面接で関連する質問が出ても自信を持って対応することができます。

自分がどうなりたいかは自分で決める

担当者はあなたの転職のために真剣にサポートをしてくれます。

しかし、あなたのことをあなた以上に理解することはできません。

あなたが言ったことや経験、印象から精一杯提案してくれますが、時にはズレが生じることもあります。

この会社の内定を蹴ったら他に紹介できる求人はないと言われて冷静に判断できなくなってしまうかもしれません。

働くのは自分です。

自分の人生です。

担当者はあくまでサポートをしてくれている人だと割り切り、自分の希望や考えとずれていればはっきり修正し、意思決定も必ず自分でするようにしてください。

美容師業界で転職するにあたっての必要な心構え

転職する時期を決めておく

転職活動は書類選考から内定までの期間がとても短いです。

応募して1~2週間程度で内定が出ることも少なくありません。

いざ内定が出ても今の職場が繁忙期で辞められない…ということがあるかもしれません。

転職活動をする前にまず、今の職場がいつ辞められるかを考えておきましょう。

同じ美容師として別のサロンへ転職する場合、今の職場を辞める際に迷惑をかけてしまうと悪評が転職先まで伝わってしまうかもしれません。

ある程度スケジュールを考えておくと今の職場にも転職先にも迷惑をかけることがありません。

転職後どうなりたいのかを考えておく

担当者との面談では転職への考えを整理していきますが、あくまで担当者は考え方やヒントを伝えるサポート役です。

しっかり自分自身と向き合い、どうして転職したいのか、転職先に期待するものは何か、転職後どうなっていきたいのか考えておきましょう。

これについては面接で聞かれることもあります。

自分でしっかりと考えを持つことで担当者からもより自分に合った求人が紹介されるようになり、転職先でもミスマッチになることを防ぎます。

異業種に転職したいならパソコンスキルなどのスキルアップをする

他の業界・業種に転職したいと考える方はできればパソコン操作などのスキルアップをするといいでしょう。

資格を取るまでいかなくともある程度操作できる程度のスキルがあれば応募できる企業の選択肢が広がります。

「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしょうか。

同じ美容師に転職したい人も別の職種に転職したい人も転職エージェントは心強いサービスです。

まだ明確に転職すると決まっていなくても登録をしてどんな求人があるか見せてもらうこともできます。

あなたのよりよい転職のために、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。


関連キーワード

転職