不動産業界で転職をお考えのあなた。

どうやって転職先を探していますか?

転職サイト、ハローワーク、転職エージェント、知人の紹介など色々あると思います。

その中でも、不動産業界での転職なら転職エージェントをおすすめします!

そもそも転職エージェントがどんなものかや、転職エージェントを転職活動をすべき理由、おすすめのエージェントの選び方、注意点などを解説します。

転職エージェントとはどういうもの?

あなた専任の担当者があなたに合った求人を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントに登録すると担当者(キャリアコンサルタント)から面談についての連絡が来ます。

面談では、転職エージェントのオフィスにて転職したい理由や転職時期、どんな転職をしたいのか、希望条件等のヒアリングを行います。

その後いくつか求人の紹介があり、希望であればその場で応募することも可能です。

その後、希望やスキルにあった求人があれば都度担当者より紹介されます。

理想や条件が高すぎたり特殊な条件で合う求人がない場合を除けばコンスタントに求人の紹介があります。

求職者(あなた)から応募先の企業に連絡をとることは入社が決まるまではほぼなく、日程の調整から書類選考、面接の合否、条件交渉まで転職エージェントが求職者に代わって応募先の企業と行います。

不動産業界でエージェントを使って転職活動をすべき5個の理由とは?

さて、不動産業界で転職エージェントを使って転職すべき理由とは何でしょうか。

代表的な理由を5個説明していきます。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを使う一番の理由がこの「非公開求人」です。

求人サイトで不動産業界の仕事を探すと営業ばかり目につくのではないでしょうか。

営業しか募集していないような印象を受けますが、実際には多数の職種で求人があります。

この求人サイトには載っていないが実際には募集している求人、それが非公開求人です。

これは企業のホームページにすら掲載されておらず、転職エージェントで条件にあった求職者にのみ紹介されます。

非公開にされている理由は応募の殺到を避けたり、求めるスキルが専門的であったり、重要なポジションであるために求人をしていることを他社に知られたくない場合など様々あります。

企画やプロパティマネジメント等専門性のある職種での転職を考えている人は、転職エージェントを使えば希望にあう求人が見つかるかもしれません。

聞きづらい給料など諸条件について企業に直接聞かなくてもいい

不動産業界ではインセンティブなど月給+αの部分が大きいと思います。

実際に想定される額や、転職後将来的にどれくらいの年収が見込めるか等は直接企業には聞きづらいと思います。

実際聞いてみても、お金の話ばかりだなと思われてしまってはたまりません。

転職エージェントでは諸条件や年収推移などの情報を事前に持っていたり、わからない部分は代わりに聞いてくれます。

他の業界・業種に転職しやすい

不動産業界以外の業界や別の職種に転職したい方も安心です。

転職エージェントでは他の業界・職種に転職した実績があり、具体的に不動産業界の人が他の業界・職種でどのように活躍しているかがわかります。

自分の経験やスキルを活かして何ができるかプロのキャリアコンサルタントがアドバイスしてくれます。

登録も利用も無料

転職エージェントは登録も利用も無料です。

実際に内定が出て転職できたとしてもあなたはまったく料金を支払う必要がありません。

転職エージェントは完全成功報酬制となっており、求人を出している企業が求職者を採用し、実際に入社した場合のみ企業がエージェント側に報酬を払うというシステムになっています。

転職を考えている、どんな求人があるか知りたいというだけでも気軽に利用することができます。

企業の情報が豊富にある

転職エージェントがどうやって求人を獲得しているかご存知でしょうか。

転職エージェントには求職者を担当する担当者の他に、求人を行う企業を担当する担当者もいます。

企業担当は社長や人事と何度も会い、面接に同席して面接の傾向を探ったり、時には職場の見学を行って社内の雰囲気を確認したりその企業の情報を収集しています。

転職エージェントだからこそ集められた細かい情報がたくさんあるのです。

転職サイトよりエージェントの方が報酬が高額ですが、その代わり企業側、求職者側双方にミスマッチがないように時間をかけて丁寧にサポートを行っています。

転職エージェントを利用した方が良い人とは?

今の業界と別の業界・職種にチャレンジしたい人

別の業界・職種に転職したいと思っていても、自分の経験がどんな業界・職種に活きるかあまりイメージがわかないと思います。

自分のいる業界や職種のことはよく知っていても他の業界・職種のことは意外とよく知らないものです。

転職エージェントには不動産業界から別の業界・職種に転職した実例がたくさんあります。

どんな業界・職種であれば自分の経験を活かして活躍できるのか、また、どんな企業が自分のような経験を欲しているのかがわかります。

思ってもいなかった業界・職種で自分の経験を活かせることにも気づくかもしれません。

その業界や職種のことをまったく知らなくてイメージがわかなくても、転職エージェントの担当者が丁寧に教えてくれますので、ミスマッチを防ぐことができます。

不動産業界でキャリアアップしたい人

上記とは逆になりますが、不動産業界でキャリアアップしたい人にもエージェントを利用することをおすすめします。

エージェントの中には不動産業界専門の転職エージェントや、不動産業界専任のキャリアコンサルタントがいるエージェントがあります。

専門性の高い職種や高年収の求人は企業側も大きく公開して募集することを避けるため、一般的な転職サイトには掲載されず、転職エージェントの非公開求人として扱われます。

転職エージェントでは条件にあった求職者にのみ紹介されるため、キャリアアップしたい人にとっては転職エージェントでないと出会うことができない求人に出会うことができます。

面接が得意ではない人

経験も人柄も申し分ないのになぜか面接は落ちてしまう人がいます。

面接はコツがあります。

このコツを転職エージェントが教えてくれるのです。

転職エージェントでは面接前に「面接対策」を行います。

模擬面接のようなものだったり、自己PR文の添削など様々ですが、転職のプロが的確なアドバイスをしてくれます。

不動産業界では営業力や提案力、顧客との信頼関係の構築力や精神力…たくさんの経験とアピールポイントがありますよね。

自慢したいような実績もあると思います。

ただ、せっかくアピールしても応募先の企業や職種にとってまったく合わない内容では意味がありません。

事務職に転職したいのに、営業力をアピールしても受かりませんよね。

転職エージェントでは企業がどういった人材を求めているかも把握しているため、不動産業界で培ったどんな経験が「この会社で」活きるかを的確にアドバイスしてくれます。

企業によっては面接で何を聞かれるか、どんな回答が好まれるかも把握していることもあります。

正直、次の面接が人事なのか役員なのか社長なのかわかっているだけでも少し安心しませんか?

社長がどんな人柄が事前に知れたら安心しませんか?

もしかしたら社長と同じ趣味やスポーツの経験があるかもしれません。

そっと履歴書に書き添えておけば、社長との面接のときに盛り上がるかもしれませんよ。

就業中など忙しくて時間がとれない人

応募や日程調整などはすべて転職エージェントが代わりに行ってくれます。

応募の際も履歴書や職務経歴書はデータで送られるため、その都度作成する必要はありません。

求職者は一言「応募したい」と言うだけでいいのです。

不動産業界ですと、休みが不定期で日程調整が難しかったり、急な仕事で面接日を変更しなければならないこともあると思います。

日程変更はどうしても応募先の企業にスケジュール能力や志望度が低いのかなという印象を与えてしまいます。

ここを転職エージェントが代わりに企業側に伝え、交渉や調整を行うことで悪印象を与えずにスムーズに調整することが可能です。

また、夜遅くまで仕事をしていると応募先の企業や業界・職種について自分で丁寧に調べている時間はあまりとれないのではないでしょうか。

転職エージェントには事前に多くの情報があるため、仕事の合間にメールや電話で問い合わせておき、あとで企業や業界・職種についてのデータを送っておいてもらえば、空いた時間に簡単に勉強することができ、面接の事前準備が短時間でできます。

福利厚生や昇給、手当など細かい情報を知りたい人

転職活動で気になるものの一番聞きづらいのは各種手当の存在です。

求人票には書いてあるが本当にもらえるのか、昇給昇格にはどういった実績があるのか、有給休暇はとりやすいのか、女性なら産休・育休の取得率も気になります。

残業のことも聞きづらいですが聞いておきたいことですね。

このように自分では聞きづらいことを転職エージェントは回答してくれます。

事前に企業に聞いて情報を持っていることが多いですが、わからないことは企業に直接聞いてくれます。

不動産の転職でのおすすめエージェントの選び方とは?

転職エージェントを探してみると、大手から個人でやっているものまで幅広くあります。

一体どこに登録すればいいのかわかりませんよね。

とりあえず大手に登録しておけばいいかな…と思うかもしれませんが、少し待ってください。

どんな転職をしたいのかによって選ぶべき転職エージェントは異なります!

間違ったエージェントを選んでしまうと思うように求人を案内してもらえなかったり、期待しているサービスを受けることができません。

同じ不動産業界に転職したい、不動産業界でキャリアアップしたい人は「不動産業界専門の転職エージェント」か「不動産業界の専任のキャリアコンサルタントがいるエージェント」を選ぶ

不動産業界専門の転職エージェントがあるのをご存知でしたか?

一般的な転職エージェントでは幅広い業界・業種を扱っており求人数も多いのですが、幅広い分専門職に弱い部分があります。

営業職などであれば取り扱いがありますが、それ以外の職種の求人はあまり多くありません。

どれだけ知っているかはキャリアコンサルタントによりますが、不動産業界独特の経験や資格がどのように役に立つのかよく知らない担当者だった場合は、経験を活かせる求人の紹介が十分にされない可能性があります。

不動産業界専門の転職エージェントなら仲介営業職、事務職、施工管理やプロパティマネジメントなど不動産業界の職種を幅広く扱っていますので、経験を活かして不動産業界で転職したい、給料アップを狙いたい人には最適です。

キャリアアップしたいけども自分の経験や資格でどんなことができるのかわからないという人には、不動産業界専門だからこその知識が深いキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれますので、的確な求人を紹介してもらうことができます。

専門の転職エージェントは数が少ないのですが、その他不動産業界の専任のキャリアコンサルタントがいるエージェントもあります。

コンサルタント自身が不動産業界出身であることが多いです。

できれば不動産業界専門の転職エージェントと、専任のキャリアコンサルタントがいる転職エージェントの両方を使うことおおすすめします。

不動産業界とは別の業界に転職したい人はエージェントの特徴によって選ぶ

別の業界に転職したい人は幅広い業界を扱っているエージェントをおすすめします。

エージェントによって20代の第二新卒に強いエージェントや30代に強いエージェント、外資に強いエージェント等様々な得意分野があります。

自分の年齢や希望に沿ったエージェントを探して登録してみましょう。

明確な希望や転職したい業界があればその分野に強いエージェントを選べばいいですが、別の業界に転職したい場合そもそもどんな業界であれば自分が活躍できるかイメージしにくいと思いますので、まずは大手エージェントと、その他自分の年代にあったエージェントを選んで比較検討するのがいいでしょう。

不動産業界で転職エージェントを使う上で注意した方が良いことは?

では、転職エージェントを使う上で注意した方がいいことは何でしょうか。

2社以上の転職エージェントを使う

転職エージェントはできれば2社以上使った方がいいです。

担当者によって提案される求人は異なります。

大手数社であれば扱う求人はほとんど同じですので、いくつか面談に行ってみてどんな求人が提案されるか比較してみましょう。

面談をしたら必ずそのエージェントを使わなければならないわけではありませんので、いくつか検討したら自分の希望に沿った求人をしっかり提案してくれる担当者がいるエージェントに絞って転職活動をしてください。

もし、担当者とは相性が悪いが提案された求人で応募してみたいものがあった場合は、相性のいい担当者のいるエージェントにその求人がないか聞いてみましょう。

あれば提案してもらえますし、なければ企業に問い合わせて求人を取り扱いさせてもらえるよう交渉してくれることもあります。

別の業界・職種に転職したいと思っていても同じ不動産業界や職種を勧められることもある

同じ業界での転職の方が転職のハードルはかなり低いです。

別の業界・職種に転職したいとエージェントに相談したが、同じ業界・職種でも企業が異なれば環境や条件が違うからと提案されることもあります。

実際に同じ業界・職種の別の企業に転職して活躍している人も多くいます。

深く考えずに勧められるままに転職してしまうと、結局転職先でも同じ課題や不満を持ったままで一体何のために転職したのかわからなくなってしまいます。

自分がなぜ別の業界・職種に転職したいと思うのか、今の仕事にどんな課題や不満があるのか、転職によって何を解決したいのかを明確にしておき、担当者としっかりすり合わせをするようにしましょう。

エージェントが提供する情報だけでなく、自分でも企業を調べる

エージェントでは応募先の企業の情報を細かく教えてもらうことができますので、自分では何もしなくてもいいくらいの情報は集まると思います。

しかし、応募するのであれば自分でもその企業について調べてください。

HPを見たり、取り扱っている商品やサービスを見ておくことでイメージができたり、面接を受けた際に何か関連する話が出ても対応することが可能です。

不動産業界で転職するにあたっての必要な心構え

サポートが充実している転職エージェントですが、転職活動をするにあたっては事前に考えておいてほしいことがあります。

ある程度準備しておけばよりスムーズに転職活動を行うことができますよ。

自分がなぜ転職したいのか、何を改善したく、転職先に何を期待するのかを明確にする

あなたはどうして転職したいと考えているか言葉にして説明できますか?

キャリアアップしたい、給料アップしたい、精神的なプレッシャーがつらい、休みが不定期で友達や家族とゆっくり過ごすことができない、ノルマが厳しい、仕事が夜遅くまでで体力的につらい…等。

では、転職をすることでどうなりたいですか?

キャリアコンサルタントと相談しながら明確にしていってもいいですが、自分のことは自分が一番よく理解できると思います。

できればしっかり時間をとってゆっくりと自分と向き合ってみてください。

いつ転職するかを考えて転職活動を始める

在職中に転職活動をする場合、いつ活動するか、いつ退職できるかを事前に考えておいた方がスムーズに転職活動ができます。

せっかく求人に応募して書類選考が通ったのに、現職が繁忙期で面接の日程を組むことができなかったり先の日程になってしまい、他の人に採用が決まってしまうということも多くあります。

不動産の仕事であれば中途半端に抜けることのできないプロジェクトもあるでしょう。

この時期であれば転職活動が可能で、いつなら退職ができるとある程度目途をつけた上で転職活動をすればチャンスを逃すこともなく、在職中の会社にも転職先の会社にも迷惑をかけることはありません。

この時期の考え方がわからない場合はエージェントの担当者に相談するといいでしょう。

引継ぎが必要な場合ははやめに準備しておく

新卒の就職活動とは異なり、中途採用の転職活動は非常にスピーディです。

書類選考から内定まで2週間程度で終わってしまうことも多いです。

在職中の場合は内定後1か月程度で退職となると思いますが、引継ぎで忙しくせっかく残っている有給休暇を使うことができなかったり、十分に引継ぎできず会社に迷惑をかけてしまいます。

あなたの急な退職で大切なお客様の信頼を失ってしまうかもしれません。

資料などで事前に引継ぎの準備ができるようなら事前にやっておき、転職先が決まったらスムーズに引継ぎできるようにしておくと安心です。

まとめ

いかがでしょうか。

転職エージェントは不動産業界で転職を検討中のあなたにぴったりのサービスです。

転職するかどうかは決めていないけれども、自分の経験でどんな転職ができるのか聞いてみたいというだけでも転職エージェントに相談することは可能です。

登録も利用も無料ですので、ぜひ気軽に登録してみてください!


関連キーワード

不動産転職