不動産の転職で注意したほうが良いことについての写真

不動産業界への転職を考えている人は、様々なことに対しての注意が必要となることをご存知でしょうか?

単に給料などの待遇が良いからと決めてしまうと後悔する場合もありますし、自分の考えていた世界とは全く違った、ということにもなってきます。

せっかく転職をしたとしても、間違った選び方をしてしまっては時間の無駄でもあり、自分の為にも良いことはありませんよね?

不動産という業界へ転職するのであれば、失敗しない方法をとって、自分の将来を明るいものとしたいものです。

ここではそういった方の為に不動産業界へ転職する時の注意点をまとめてありますので、参考にして下さい。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「不動産」の仕事例をチェック

不動産業界の転職で注意したほうが良い4つのこと

不動産業界というと何かしらの不安を感じる方もいますが、転職する時には様々なことについての情報収集も大切になってきます。

これは自分の将来的な安定の為でもあり、このことを疎かにしてしまうと必ず後悔する時がやってきます。

どういった業界でも同じことが言えますが、きちんとした事実というものを確認した上で転職を決めなければいけないのです。

単に給料が良さそうだからとか、知り合いが不動産関係で楽そうだからなどと甘く考えて転職をした結果、短期間で違う職を探すことになる人も出てきてしまうので、これからお話することをきちんと理解した上で決めるようにして下さい。

ただし、本当に自分に合った会社などへ就職できた場合には、今までとは全く違う世界というものも待っていますので、期待度も高まる業界ということは言えると思います。

それでは最初に、不動産業界への転職で気をつけたいことを4つ挙げていきますので、しっかりと理解をするようにして下さいね。

景気に左右されやすい業界

まずは景気ということが挙げられます。

不動産業界の多くは、その時の景気がかなり作用する不安定な業界であり、その年によっては収入にかなりの影響が出てしまうこともあります。

大手の企業であれば資金力がありますのでそれほど不安もないかもしれませんが、転職で大手企業に入るということはやはり難しいことでもありますので、ご注意下さい。

そういったことを考えていくと中堅の不動産会社などが転職先として浮かび上がってきますが、このポジションにいる会社はかなりの業績を求めてくることが多いです。

業績を上げるためにはそれなりの知識を持っていなければいけませんし、何よりも営業力が必要となります。

不動産業界の場合は大きな金額が動く業界でもありますので、会社の利益に直接影響してくる営業マンへの期待がかなり高いといっても過言ではありません。

転職市場では営業職以外という人が多く見受けられますが、営業ができない人物は望まないという姿勢の会社が多いことにも注意が必要です。

横の繋がりが強い業界

不動産業界は横の繋がりがとても強く、これが意味することは、大きなミスなどをして辞めた場合にこの業界への転職・復帰は不可能となることが考えられるということですので、ご注意下さい。

これは不動産業界ならではのことでもありますが、同じ地域や仲間同士の連帯感も大切となる為、会社に対して大きな損害を出した人物などの情報を交換するということがあるからです。

転職した場合においてこのようなことを知らないままでは次の職探しにも影響が出てしまいますので、横の繋がりが強いものだということを認識しておいて下さい。

また、特に注意が必要となるのは、独立を目指す人です。

独立する時には、元勤務先の会社を始めとする日頃から交流のある不動産関係の会社などの協力も必要となります。

そうしたことで自身の事業も軌道に乗っていくのですが、この関係を壊すようなことをしてしまえば、独立をしたとしても失敗する可能性の方が高くなるということを覚えておいて下さい。

大きなお金が動く業界

不動産業界は大きなお金が動く

不動産という業界は、一日に動くお金が億ということも当たり前の世界だと思って下さい。

その為に様々な法律関係も覚えなければいけませんし、いい加減な気持ちで業界に踏み込んでしまえば痛い目に遭うかもしれません。

動くお金が大きいということは自分の責任も重くなるということですので、充分に考えた上で転職をするようにしましょう。

土日勤務や残業が多い

不動産会社の場合、通常の会社のように土日が休みということはありません。

休みは平日が多くなりますし、繁忙期にはかなりの残業もしなければいけなくなります。

今まで残業などはあまりしてこなかったという方であれば、かなりの苦痛かもしれません。

また、会社によっては休日出勤をしなくてはいけない所もありますし、繁忙期には身体にもかなりの負担をかけることになってきます。

その代わりに暇な時期もあり定時で帰れる季節もあるためバランスは取れているようにも感じますが、忙しい時期は残業が当たり前のようになってしまうので、それなりの覚悟を持つようにして下さい。

それでは、こういった業界への転職をするにはどのようなことをしていけば良いのかをお話していきます。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産業界にはどんな会社があるの?

1. 大東建託株式会社

大東建託株式会社は、東証一部上場企業です。

中途入社社員の約9割を未経験者が占め、半数以上の方は高卒ということで、新たなチャレンジとして選びやすい環境があります。

また、北海道から沖縄まで220を超える支店があります。

タイミングによってはこちらの募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 株式会社オープンハウス

株式会社オープンハウスは、成長率の高さで注目の東証一部上場企業です。

未経験での入社9割で定着率も9割を超えており、20代の管理職比率が7割となっています。

IT強化にも力を入れており、業務効率改善などにも役立てています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他に不動産業界の仕事募集は?

上記の会社以外にも不動産業界の仕事は沢山募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「不動産営業」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

転職を成功させるためには何をすれば良い?

まずは不動産業界で未来的なものを考えていくと、自分のキャリアを積むということが大切になってきます。

知識の吸収ももちろん、様々な経験を積むことも大切になってきますので、将来的なことを考えると、人間関係を築くことも非常に重要です。

キャリアアップを考えて転職活動をしよう

どのような業界でも同じですが、キャリアアップをしていくためにはそれなりの経験などが必要となります。

先ほどは横の繋がりが大きいということをお話しましたが、不動産業界では良い関係を保ちながらのキャリアアップというものを考えていくことが大切になってきます。

これは、自分の転職先が小さな会社だとしたらある程度の期間は必要な知識などを学んでいき、次のステップを考えていくということにもなってきます。

この業界では経験年数によって営業力が高まっていくということがあるため、未経験から自分の望む会社への転職などは難しいかもしれません。

したがって、何度か転職をする形をとった方が良い結果が出やすいと言えます。

未経験からの転職なら場数が踏める職場がおすすめ

業界自体が未経験であるのならば、営業職などの場数が踏める職場を選んだ方が良いでしょう。

これは業界に慣れるためにも必要ですし、専門的な知識も身につくからです。

また、接客といったコミュニケーション力を養うためには営業職のような会話中心の仕事が一番役立ちます。

事務的な職種を選ぶと、自分の知識だけが頼りとなってしまい大きなキャリアアップが望めない場合もありますので、できるだけ場数を踏めるような職場選びをしていくようにしましょう。

経験者はキャリアを活かせる職場を探そう

転職する時は、不動産業界の経験者であれば自分のキャリアを活かせる職場探しをして下さい。

資格などを持っているのであれば、売買に携わる仕事が多い職場もありますし、今よりも給与や待遇の良い場所選びが大切となります。

また、今のスキルを更に伸ばしていくことも大切になってきます。

不動産関係の仕事は、特化したスキルだけでも独立が可能となるからです。

多くのものを望まない方法で自分なりの新しい顧客開拓にも踏み出せることになりますので、違った視点からの職場探しというものも重要となります。

いずれにしても、ある程度のキャリアがある方は自分を大きく成長させてくれるレベルの職場を選ぶことで自分の将来が全く違ったものになりますので、キャリアを試せるような場所への転職が望ましいと言えます。

転職するに当たっての必要な心構え

転職をする場合にはある程度の心構えというものも必要となりますが、不動産業界は特殊な点もありますので色々と注意が必要となります。

ここではどういったことに対しての心構えが大切かをお話していきますので、職場探しをする場合に役立てるようにして下さい。

転職理由を明確に持とう

まずは転職をする理由が明確でなければいけません。

曖昧な気持ちで転職をしてしまうと失敗する可能性が高い業界ですので、それなりの覚悟を持つことが大切ですし、自分の将来的な目標などがない場合であれば見直すことも必要です。

不動産業界は他の業界とは少し違っているところがあり、働けば良いということにはなりません。

最終的にはキャリアアップをしていくか自分での独立を目指すようなことを考えていかないと、途中で後悔してしまうことにもなりかねませんので注意して下さい。

自分自身の知識や今までの経験などを更に積むための心構えも必要ですし、収入面に魅力を感じるのであれば、資格を取得した上での職場探しが大切になります。

業務に入ってしまうと勉強に時間を費やせない環境となる場合もありますので、転職前に資格を取得することもメリットが大きいと思って下さい。

根気よく探そう

不動産へ転職を希望する場合ですが、自分の将来を決めてしまうことにもなる業界でもありますので、安易に職場を決めるようなことはないようにお願いします。

少しでも条件が見合わないような場合ならば待つことも必要となりますし、後悔するような転職は自分の為にもなりません。

すでに不動産業界の経験がある人であれば尚更のこと根気良く探すことも大切になりますので、焦った転職だけはしないようにして下さい。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産業界の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

不動産業界に転職を希望する人の中で、今よりも収入を上げたいという希望を持つ人も多いですよね?

こういった場合に、自分が満足できる転職を行いたい場合は、企業が求める人材や給与形態などを参考にして職場選びをすることが大切となります。

まずは給与形態では、どういった職場を選んでいくかについてお話します。

成果主義の給与形態の会社を探そう

不動産会社の場合には、成果主義の考えで給与を決める職場も多くなります。

これは自分の獲得した契約件数などにより年収が決まっていくものであり、内容も簡単ではありません。

ただし、努力を続けることで、それまでの給与とは比べ物にならないほどの金額を手に入れられることもあります。

その場合、当然日々の暮らしは楽になっていきますし心にも余裕が生まれてきます。

成果主義は自分の力を試す上でも大切な選択肢の一つでもありますので、転職をする時にはどこか1箇所は探すようにしてみて下さい。

比較的安定を求めるような職場探しも大切ではありますが、景気に大きく左右される業界でもあるため、稼げる時期にはなるべく多くの収入を得ていた方が良いということもあります。

キャリアや実績があるなら役職付きの求人に挑戦してみよう

不動産関係の仕事からの転職であれば、更なるキャリアアップを狙うことも大切になります。

自分の実績をアピールすることで、最初から役職付きの職場へ応募することも、年収を上げる上では考えたいことです。

これまでの経験は、次の職場でも必ず活かされるものとなりますので、自分を安売りすることなく時間をかけて応募先を決めていくことも大事ですよね?

役職付きと平社員では年収の額もかなり違ってきますし、今の生活レベルを落とさない為にも、キャリアを活かしていくことが大切になってきます。

資格を積極的に取っていきましょう

不動産業界に関する資格は、様々なものがあります。

宅建士も大切ですが、建築士などもあると、転職する際に給与面で優遇される場合があります。

こうした資格には受験資格などもありますが、自分で受けられるものがあれば早くから準備しておくことも大切です。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

転職で不動産業界を希望する人は今でもかなりの人数がいますが、多くの人は準備不足などが目立つ結果となっています。

自分なりに探すことも大切ですが、業界自体のことを知らなければ良い転職先には巡り会えませんし、目的となるものがないままに転職をしてもあまり意味はありません。

自分が今後はどういったことをしたいのか、またはどの位の年収を得たいのかなどの具体的なものを持っていなければ、なかなか良い結果にはなってきません。

その為に必要なことは、資格取得も一つですし、不動産関係では全ての分野で役立つコミュニケーション力を高めておくことも大切です。

このようなスキルはすぐに身につくようなものではありませんので、今の職場などでも練習しておくことが大切となります。

不動産業界は、入った職場によっても色々と環境が違います。

自分の想像していなかったことも起こり得ますし、収入面において食い違うことも起るかもしれません。

そうしたトラブルを避けるためには、転職先をすぐに決めるのではなく、じっくりと選ぶことも必要になります。

自分がこの業界でやっていくのだと思えば、それなりの準備作業というものが必要ですし、簡単に通用する業界でもありません。

最後に不動産業界への転職を考えている方へのアドバイスになりますが、今の給与よりも低い職場へ応募することは避けるようにして下さい。

収入の面でも苦労することになりますし、自分のモチベーションを高く保つことが難しくなります。

せっかくの転職ですから、入ってすぐに仕事が嫌になることは避けたいですよね?

そういった理由もありますので、職場選びでは今の給与よりも高い会社を検討し、時期が悪いようであれば次の機会を待つということを考えるようにして下さい。

そういった長い目で探していく転職であれば、自分の希望に見合う職場も見つかりますし、全てにおいて良い方向へ進んでいくはずです。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産業界への転職をする時は、こちらの記事を参考に!