不動産の転職で注意したほうが良いことについての写真

自分が転職をする際に不動産の世界を考えている人は、色々な事に対しての注意が必要となることをご存知でしょうか?

単に給料などの待遇が良いからと決めてしまうと後悔する場合もありますし、自分の考えていた世界とは全く違ったという事にもなってきます。

せっかく転職をしたとしても間違った選び方をしてしまっては時間の無駄でもあり、自分の為にも良いことはありませんよね?

どうせ不動産という業界へ転職するのであれば、失敗しない方法をとっていき自分の将来を明るいものとしたいものです。

ここではそういった方の為に、不動産へ転職する時の注意点をまとめてありますので参考として下さい。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産業界の転職で注意したほうが良い4個のこと

不動産業界というと何かしらの不安を感じる方もいますが、転職する時には色々な事についての情報収集も大切になってきます。

これは自分の将来的な安定を確実にする為のものでもあり、この事を疎かにしてしまうと必ず後悔する時がやってきます。

どういった業界でも同じ事が言えますが、きちんとした事実というものを確認した上で転職を決めなければいけないのです。

単に給料が良さそうだからとか、知り合いが不動産関係で楽そうだからなどと甘く考えて転職をした結果、短期間で違う職を探す事になる人も出てきてしまうので、これからお話しすることをきちんと理解した上で決めるようにして下さい。

ただし、本当に自分に合った会社などへ就職出来た場合には今までとは全く違う世界というものも待っていますので、期待度も高まる業界ということは確実となります。

それでは最初にこのポイントには気をつけたいことを5個挙げていきますので、しっかりと理解をするようにして下さいね。

景気に左右されやすい業界

まずは景気ということが挙げられます。

不動産業界の多くはその時の景気がかなり作用する不安定な業界であり、その年によってはかなりの収入にも影響が出てしまうことにもなってきます。

大手などの大きい企業であれば資金力というものがありますのでそれほど不安もありませんが、転職で大手に入るということはかなり難しい環境にもなりますのでご注意下さい。

そういった事を考えていくと中堅の不動産などが転職先として浮かび上がってきますが、このポジションにいる会社はかなりの業績を求めてくるようになります。

それなりの知識を持っていなければいけませんし何よりも営業力が必要となります。

不動産の場合は大きな金額が動く業界でもありますので、会社の利益にも直接影響してくる営業マンへの期待がかなり高いといってもよいです。

転職では営業以外という人が多くなりますが、営業が出来ない人物は望まないという姿勢の会社が多いことにも注意が必要となります。

横の繋がりが強い業界

不動産関係は横の繋がりがとても強く、これを意味することは転職した際に大きなミスなどをして辞めた場合に、この業界への復帰は無理となることが考えられますのでご注意下さい。

これは不動産ならではの事でもありますが同じ地域や仲間同士の連帯感も大切となる為、会社に対して大きな損害を出した人物などの情報を交換するという事が出てきます。

転職した場合においてこのような事を知らないままですと、次の職探しにも影響が出てしまいますので横の繋がりが強いものだということを認識しておいて下さい。

また、特に注意が必要となるのは独立を目指す人になります。

独立する時には転職先の会社を始めとする日頃から交流のある不動産関係の会社などの協力も必要となります。

そうした事で自分の事業というものも軌道に乗っていくのですが、この関係を壊すようなことをしてしまえば、独立をしたとしても失敗する可能性の方が高いということを覚えておいて下さい。

大きなお金が動く業界

不動産業界は大きなお金が動く

不動産という業界ですが一日に動くお金が億というものも当たり前の世界だと思って下さい。

その為に色々な法律関係も覚えなければいけませんし、転職先での失態というものは職をなくしてしまうことにも繋がってきます。

きちんと努力をしていけば給与面などでも不安なく生活をすることもできますが、いい加減な気持ちで業界に踏み込んでしまえば痛い目をみるかもしれません。

動くお金が大きいということは自分の責任という事にも関係してくる場合も多くみられますので、十分に考えた上で転職をするようにしましょう。

土日勤務や残業が多い

不動産の場合ですと通常の会社のように土日が休みということはありません。

休みは平日が多くなりますし繁忙期にはかなりの残業もしなければいけないくなります。

今まで残業などはあまりしてこなかったという方であれば、かなりの苦痛にもなってくるかもしれません。

また、会社によっては休日出勤をしなくてはいけない所もありますし、繁忙期にはかなり身体にも負担をかけることになってきます。

そのかわりに暇な時期もあり、定時で帰れる季節もありますのでバランスは取れているようにも感じますが、忙しい時期は午前様が当たり前のようになってしまうのでそれなりの覚悟を持つようにして下さい。

それではこういった業界への転職をするにはどのような事をしていけばいいのかをお話ししていきます。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産業界にはどんな会社があるの?

1. 大東建託株式会社

大東建託株式会社は、東証一部上場企業です。

中途入社社員の約9割を未経験者が占め、半数以上の方は高卒ということで、新たなチャレンジとして選びやすい環境があります。

また、北海道から沖縄まで220を超える支店があります。

タイミングによっては、こちらの募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 株式会社オープンハウス

株式会社オープンハウスは、成長率の高さで注目の東証一部上場企業です。

未経験での入社9割で、定着率も9割を超えており、20代の管理職比率が7割となっています。

IT強化にも力を入れており、業務効率改善などにも役立てています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他に不動産業界の仕事募集は?

上記の会社以外にも不動産業界の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「不動産営業」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

転職を成功させるためには何をすれば良い?

まずは不動産業界の未来的なものを考えていくと自分のキャリアを積むということが大切になってきます。

知識の吸収も必要ですが色々な経験を積むことも大切になってきますので、将来的なことを考えていくとなると人間関係の築くことに集中することが大切になってきます。

キャリアアップを考えて転職活動をしよう

どのような業界でも同じとなりますが、キャリアアップをしていくためにはそれなりの経験などが必要となります。

先ほどは横の繋がりが大きいということをお話ししましたが不動産関係では、良い関係を保ちながらのキャリアアップというものを考えていくことが大切になってきます。

これは自分の転職先が小さな会社だとしたらある程度の期間は必要な知識などを学んでいき、次のステップを考えていくという事にもなってきます。

この業界では経験年数というものを大切にしていくために、最初から自分の望む会社への転職などは難しいと言えますので、何度か転職をする形をとった方が良い結果が出やすいと言えます。

未経験からの転職なら場数が踏める職場がお勧め

業界自体が未経験であるのならば、営業職などの場数が踏める職場を選んだ方が良いでしょう。

これは業界に慣れるためにも必要ですし知識的なものにも繋がってきます。

また、接客といったコミュニケーション力を養うためには営業職のような会話中心の仕事が一番役に立ってきます。

事務的な職種を選ぶと自分の知識だけが頼りとなってしまい大きなキャリアアップが望めない場合もありますので、出来るだけ場数を踏めるような職場選びをしていくようにしましょう。

経験者はキャリアを活かせる職場を探そう

転職する時ですが不動産の経験者であれば自分のキャリアを活かせる職場探しをして下さい。

資格などを持っているのであれば売買に携わる仕事が多い職場もありますし、今よりも給与や待遇の良い場所選びが大切となります。

また、今のスキルを更に伸ばしていくことも大事になってきます。

この理由としては不動産関係の仕事は特化したスキルだけでも独立が可能となってきます。

多くのものを望まない方法で自分なりの新しい顧客開拓にも踏み出せることになりますので、違った視点からの職場探しというものも重要となります。

いずれにしてもある程度のキャリアがある方は自分を大きく成長させてくれるレベルの職場を選ぶことで、自分の将来が全く違ったものになりますのでキャリアを試せるような場所への転職が望ましいと言えます。

転職するに当たっての必要な心構え

転職をする場合にはある程度の心構えというものも必要となりますが、不動産業界は特殊な点もありますので色々と注意が必要となります。

ここではどういった事に対しての心構えが大切かをお話ししていきますので、職場探しをする場合に役立てるようにして下さい。

転職理由を明確に持とう

まずは転職をする理由が明確でなければいけません。

曖昧な気持ちで転職をしてしまうと失敗する可能性の高い業界ですので、それなりの覚悟を持つことが大切ですし、自分の将来的な目標などがない場合であれば見直すことも大事となります。

不動産業界は他の業界とは少し違っている所がありますので働けば良いという事にはなってきません。

最終的にはキャリアアップをしていくか自分での独立を目指すような事を考えていかないと、途中で後悔してしまうことにもなりかねませんので注意して下さい。

自分の知識的なものや今までの経験などを更に積むためなどの心構えも必要ですし、収入面に魅力を感じるのであれば資格の取得もした上での職場探しが大切になります。

業務に入ってしまえば勉強に費やせるような環境とはならない場合もありますので、転職前に資格を取ることも自分にとってはメリットが大きくなると思って下さい。

根気よく探そう

不動産へ転職を希望する場合ですが、自分の将来を決めてしまうことにもなる業界でもありますので簡単に職場を決めるようなことはないようにお願いします。

少しでも条件が見合わないような場合ならば、待つことも必要となりますし後悔するような転職は自分の為にもなりません。

すでに不動産の経験がある人であれば尚更のこと根気よく探すのも大切になりますので、焦った転職だけはしないようにして下さい。

不動産業界の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

不動産業に転職を希望する人ですが、多くの場合は年収など今よりも収入を上げたいという希望を持つ人もいますよね?

知人の話を聞いたりするとかなりの金額を手にすることも可能な魅力ある世界にもなってきます。

こういった場合に自分の満足できる転職を行いたい場合は、企業が求める人材や給与形態などを参考にして職場選びをすることが大切となります。

まずは給与形態の場合ではどういった職場を選んでいくのかについてお話します。

成果主義の給与形態の会社を探そう

不動産会社の場合には成果主義の考えで給与を決める職場も多くなります。

これは自分の獲得した契約件数などにより年収が決まっていくものであり内容も簡単ではありません。

但し努力を続けることで手に出来る金額は今の給与とは比べ物にならないと言ってもよいです。

当然に日々の暮らしは楽になっていきますし心にも余裕が生まれてきます。

成果主義は自分の力を試す上でも大事な選択肢の一つでもありますので、転職をする時にはどこか1カ所は探すようにして下さい。

比較的安定を求めるような職場探しも大事ではありますが、景気の左右が大きい業界でもある為に稼げる時期には多くの収入を得ていた方が良いという事にもなってきますので参考にして下さい。

キャリアや実績があるなら役職付きの求人に挑戦してみよう

不動産関係の仕事からの転職であれば更なるキャリアアップを狙ってくることも大切になります。

自分の実績をアピールすることで最初から役職付きの職場へ応募することも年収を上げていくことにもなります。

これまでの経験というものは次の職場でも必ず活かされるものとなりますので、自分を安売りすることなく時間をかけて応募先を決めていくことも大事ですよね?

役職付きと平社員では年収でもかなりの額が違ってきますし、今の生活レベルを落とさない為にもキャリアを活かしていくことが大切になってきます。

資格を積極的に取っていきましょう

不動産に関わる資格というものはかなりの数が出てきます。

宅建士も大事となりますが二級建築士などもあれば転職する際には給与面で優遇されてきます。

こうした資格には受験資格なども必要となりますが自分で受けられるものがあれば早くから準備しておくことも必要となります。

この資格に関してですが転職先が決まってから合格したとしても、それほど収入は変わってこない場合が多いのでなるべくであれば転職前に取ることが大切です。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

転職で不動産へ希望する人は今でもかなりの人数がいますが、多くの人は準備不足などの場合が目立つ結果となっています。

自分なりに探すことも大切となりますが業界自体のことを知らなければ良い転職先には巡り会えませんし、目的となるものがないままに転職をしてもあまり意味はありません。

自分が今後はどういったことをしたいのか・又はどの位の年収を得たいのかなどの具体的なものを持っていなければ良い結果にはなってきません。

その為に必要なことは資格取得もその一つとなりますし、不動産関係では全ての分野で役立つコミュニケーション力を高めておくことも大事です。

このようなスキルはすぐに身につくようなものではありませんので、今の職場などでも練習を兼ねたトレーニングをすることが大事となります。

自分が良い転職をしたいと思う場合ですが不動産関係は入った職場によっても色々と環境が違います。

自分の想像していなかったことも起こり得ますし収入面において食い違うことも起るかもしれません。

そうしたトラブルを避けるためには転職先をすぐに決めるのではなくじっくりと選ぶことも大事になります。

自分がこの業界でやっていくのだと思えばそれなりの準備作業というものが必要ですし、簡単に通用する業界でもありません。

最後に不動産関係への転職を考えている方へのアドバイスになりますが、今の給与よりも低い職場へ応募することは避けるようにして下さい。

収入の面でも苦労することになりますし自分のモチベーションも高く保つことが難しくなります。

せっかくの転職ですから入ってすぐに仕事が嫌になることは避けたいですよね?

そういった理由もありますので、職場選びでは今の給与よりも高い会社を検討し、時期が悪いようであれば次の機会を待つということを考えるようにして下さい。

そういった長い目で探していく転職であれば自分の希望に見合う職場も見つかりますし、全てにおいて良い方向へ進んでいくはずです。

不動産の転職をする時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

不動産求人 転職

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。「不

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスタ

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。「不動産管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。「注文住宅営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。「注文住宅営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、