皆さんの中で不動産関係への就職を希望している方は、自分がどういった職種へ入りたいなど具体的なことは決まっていますか?

不動産でも色々な仕事に分かれていますので自分がどういったものに向いているのかわからないという人もいますよね?

実際に実務経験のない場合は求人情報を見ても仕事の内容がわからないこともありますし、不動産関係に務めている知人などもいなければ自分の想像でしか考えられません。

また、不動産などの仕事では残業が長いなどといったことも聞かれますが実際のところは把握できていませんよね?

自分とすればこういった職種の仕事をしたいけど週の残業が多いようであれば躊躇いも出てきてしまいますし、応募することも難しくなってきます。

ネットでの情報というのもある程度までは調べることが出来ますが、詳しい内容まではわからないという場合も多くなってきていますので、最終的には入社してみないと事実は知ることができないことにもなってきます。

このような状況になってくると問題となるのが入社する意思が薄れていくということです。

最初こそやる気はあっても実態のつかめない会社だとするとだんだん気持ちも冷めていってしまうことがあり、採用の通知をもらえたとしても辞退するなどのことにもなってきます。

ただし、このような事は入ってみなければわかりませんし採用が決まった会社が本当に良い職場であったとしたら後悔の気持ちも出てしまいますよね?

不動産関連の場合は不安になる要素が沢山ありますから、かなりの方が採用などが決まっても更に悩んでしまうような事にもなっています。

また、情報収集が足りなすぎて自分の希望ではない職場へ応募してしまうような勘違いも出ているようです。

そこで今回ですが、不動産関連への就職を希望する方にとってわかりやすり職種の説明やちょっと気になる疑問などについてお話ししていきたいと思います。

専門用語なども多く出てきてしまう不動産関連の仕事は誤解を受けるような場合もありますし、せっかく就職する気になっていても気になっている部分がハッキリしないと気分的にも良いとは言えませんよね?

そういった方の為に就職する際の目安になるお役立ち情報を色々とお伝えしていきますので参考にしてくだされば幸いです。

それでは最初のお話しは不動産の求人に関してになります。

ここではどういった種類の業種があるのかという事を理解していきましょう。

不動産求人にはどんな種類があるの?

不動産関係って業種的にも色々と出てきますのでわかりにくい分野でもありますよね?

一般的なイメージとしてはアパートを借りる場合などの地元の不動産屋さんなどが挙げられますが、建築会社でも不動産事業を行っているところもありますので求人などでも当然に載せることとなってきます。

こういった求人を見ると「建築会社なのに不動産?」などといった疑問も沸いてきますよね?

建物を建てる会社のはずが不動産の求人欄に載っていると色々と不安なども出てきてしまいます。

こういった事がなぜ起ってしまうのかという事も知っておくと求人を見た時には納得も出来ますので、始めは業種に関して見ていくことにしましょう。

不動産の募集でよくある業種のパターン

皆さんが求人などを見る場合にはネットなどを見ることもあると思いますが、この場合に不動産と建築は同じ業種として扱われるようになってきます。

また、不動産と建築は直接関係してくる場合も多くなりますのでどちらも同一の業種として扱っていることが多いのです。

その為に不動産で検索などをしてしまうと建築会社の求人も出てくることとなりわかりずらいと感じる方も出てくるということになっています。

自分が不動産という仕事をしたい場合でも何かしら建築会社の求人は出てきますので、ここは割り切った考えも必要となってきます。

中には建築と不動産関連の仕事をしている会社というものもありますし完全に不動産だけという求人にはなってきません。

現在はどこまでが不動産でどこからが建築なのかという線引きもままならない状態でもあり、次々に新しい業種というものが増えています。

その原因となるものがタワーマンションなどの普及です。

今までの日本であれば必要なかったような業種も出てきて、その親会社となるものが建築会社というパターンも増えているために完全に分けるということは難しいと言えます。

それでは実際にどういった業種が出てくるのかをご説明していきます。

建築会社

建築会社はニュースなどでもよく聞くことが多いでしょうし、どういった事をするのはわかりますよね?

建物を建てることが主な仕事となり、地元の会社から大手のゼネコンなどと呼ばれるものでも知っている方はほとんどだと思います。

この建築会社ですが大手のゼネコンなどはマンションの管理会社などもグループとして運営していることが多くなり、最近では中堅の会社も同じようなスタイルをとっています。

その為に直接不動産には関係しない業種に感じますが関連として求人には載ってくるようになるのです。

また、建築会社でも建物の売買をする会社もあります。

この場合には主に一戸建ての住宅を指しますがこういった時には、建築会社でも不動産の分野の仕事をしていることになりますので求人にも載ってきます。

わかりやすく言うとマイホームを売る営業マンなどの募集がこれにあたります。

多くの場合は工務店系のもので自分の会社で住宅を建てることになってきますので建築会社となりますが、売買もすることになりますので不動産の仕事にも関わりを持つこととなっています。

建築会社の疑問というものはある程度は理解出来たでしょうか?

不動産という分野に関わりをもつ仕事などをしている場合もありますので、営業マンなどを目指す場合には建築会社での検索というものも大切になってきます。

それでは次に、一般の不動産関連の業種についてのお話しをしていくことにします。

販売・賃貸会社

これは建物や土地の売買及び賃貸などの業種となり皆さんがよくご存じのタイプの不動産会社となります。

アパートなどを借りる場合には色々と相談することも出てきますし大手から地元の会社まで様々ですよね?

事務的な職種もあれば売買専門を扱う営業職などもあり、給与形態も仕事の内容によって大きく変わってくることになります。

自分がどういった事の仕事をしたいのかを見極める上でも販売や賃貸会社のチェックなどはすることが必要となりますので、ここでの給与などを基準と考えていくことも就職先を決めるポイントとなってきます。

仲介会社

この仲介会社というものですが、アパートの持ち主から依頼を受けて入居者を募集する仕事や売買に関しての仲介をするという二つの仕事にわかれてきます。

アパートの場合は賃貸会社と仕事の内容は変わりはありませんので、専門であるかないかの違いとなってきます。

また、売買などの仲介は売りたい人と買いたい人との間に入り代理契約をしていくことになり、こちらでは専門的な知識なども必要となってきます。

そして最近の住宅事情ですがマンションの建設というものが凄まじい勢いでなされていますよね?

首都圏などではタワーマンションの建設ラッシュとも言える状況ですし、関西などでも盛んに再開発が行われています。

その時に必要になるのが次のような会社となります。

管理会社

管理会社という言葉を聞いたことがある人はかなり多いと思いますがこちらの仕事内容は主にマンションの管理を代行していくことになります。

マンションには管理組合というものがあり、共用部分などはマンションの住人全員の所有物となり、維持管理などを行ったりしなければいけないのですが面倒に感じてしまう人が多く、そのような仕事を管理会社へ委託することになります。

委託された会社は管理人などを置きマンション全体の管理などをして運営をしていくことになります。

最近はこの管理会社の運営というのも建設会社が子会社として行うケースも多くなっていますので、ここでも建築会社関連の求人は出されることになります。

こういった仕事にもマンション管理士や管理業務主任者などの資格を持っている人が優遇されるなど、色々な条件も出てくることもありますので興味がある方などはこちらの分野を調べてみることもおすすめとなります。

不動産に関わる業種としてはこの位を抑えておけば大丈夫ですし他に出てくるものも関連した業種である場合が多くなりますので応募の際の参考として下さい。

それでは次に自分がどの職種を選ぶかについてですが、これは色々と種類が出てきて迷う方が多くなってきます。

仕事のやりやすさから考えたり給与面から選んだりと様々なこととなってきます。

ここでは主にどのような仕事になるのかをご説明していきますので、自分に合ったものなどがあればチェックするようにして下さい。

不動産の仕事は一度決めてしまえば大きく動くことはあまりないと思われますので、自分に合ってないような職種を選んでしまうと失敗するケースが多くなってきます。

じっくりと考えた上でどの職種へ応募するのかを決めるようにして下さい。

不動産業でよくある職種

これまで挙げた業種だけでもわかるように色々な事に携わっている不動産ですので職種を選ぶ時にもかなり迷いが出てくるのではないかと思います。

初めて見た職業なども求人では載っている事もありますし仕事の内容がわからなければ応募のしようがありませんよね?

こういった事は詳しく書いてない場合が多いために有能な人材も集まりにくいといった事にもなっています。

自分が職種を探す上でのポイントとなるものは、どういった事であれば仕事を続けることが出来るかになってきます。

これは、入社をしてすぐに辞めてしまうようでは経験も積めませんし自分の経歴にも傷がつくことになります。

もしもそういった事になれば次の就職にも影響が出てきますし不動産関連の仕事は選ばないかもしれません。

そのような時間的無駄にはならないように、職種選びに時間をかけることはとても大切なことになりますので、ここでは大いに悩み・そして決断をするようにして下さい。

就職先を決める時は何かしらのことを得られる職種でなければ意味がありません。

営業であれば会話に関する技術などを身につけることが主な目的となってきますし、不動産における管理などを選んだ場合にはトータル的なマネジメントなどを習得することが大切です。

将来的には自分で独立することも出来る不動産の仕事ですから、単にお金を得る為に働くのではなく将来的な何かを目標にして職種選びをしていけば、いざ就職した時にも自分の仕事にやりがいも感じることとなりますし仕事を覚えるのも早くなってきます。

こうした事をやるかどうかで自分の将来も変わってくる場合がありますので、将来的なことも視野に入れた上での職種選びをするようにしていきましょう。

営業職

給与関係で選ぶとすれば営業職というものは欠かせないことになります。

ここでは主に人との会話を楽しめる方が向いてきますのでコミュニケーション力がかなり大事なことになります。

売買にしても多くの方と会わなければいけませんし、何事にも積極的となる行動力も必要になります。

仕事的にはかなりキツイ部分もあり精神面でもタフさを求められることとなりますが、収入に関してはかなりの金額となってきます。

稼ぐことをメインと考えていった場合には、営業職を選ぶことも選択の一つとなってくるはずです。

ここで気をつけたいことはある程度の期間はやり通すということです。

営業のスキルはどういった業種であってもそれほどはかわりません。

売るものが違ったり相手が変わるだけであって、根本的な考えなどは同じと言えます。

いかに相手に信用してもらえるかが学べる職種でもあり、営業をした経験というものは将来的にどんな仕事をする上でも貴重な財産となるはずです。

会話を得意とすることが出来れば管理職のような仕事などでも上手に部下をまとめられるという事へも繋がりますし、他の業種へ転職をした場合でも即戦力として働くことも可能です。

そういった事から自分の想像以上の仕事内容であったとしてもある程度の期間は続けるようにして、営業のスキルを学び取るようにして下さい。

営業事務・営業アシスタント

営業職があるということはそれに関わる事務職というものも出てきます。

不動産の場合は事務の手続きも複雑なものが多数出てきますので営業マン一人では全てをこなしていくことはかなり難しいとも言えます。

その仕事をサポートする事務というものも当然に必要となってきますし募集をしている会社はかなり多くなってきます。

また、営業のアシスタントという形でも募集もありますよね?

収入は営業職よりは低くなってきますがノルマ的なものが軽くなっていたりと働きやすい環境になっています。

最初の時期は一人で動くこともあまりなく、誰かと行動を共にしながら仕事を覚えていくというやり方が多くなっていることから、営業職の人間を増やしたいという企業側の考えも見て取れることになります。

営業という仕事はどうしても人が集まらない傾向でもありますので、サポートのような仕事から覚えていくといった段階を踏んでの育成にも変わってきていると言えます。

また、営業に関わる仕事ではこういった職種も出てきます。

アポインター・カスタマーサポート

アポインターという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは主に電話などで見込み客を探す仕事となってきます。

一日中が電話での仕事となり売買などに興味がある人を探していき、その事を営業の人間に伝えていくことになります。

営業の人間もそういった顧客を探すことには変わりませんが自分で直接いくのには限度が出てしまいますよね?

その穴埋め的な存在がアポインターと呼ばれる方となってきます。

また、色々な顧客のサポートを中心とするカスタマーサポートなども不動産の職種としては募集が多いこととなってきます。

何かしらの質問なども出てきますのである程度の知識的なものは必要となってきますが、自分では解決できないような事は営業の人間や責任者へ伝えることで対応が終了することになります。

こういったサービスなどをするのも、今では多くの会社が同じようなことをしている為に常に顧客の満足できるものを作り上げていくためでもあり、その為にはこういったサービスの分野にも積極的に投資をしていくという事になっているのです。

不動産管理

ここでは一般に賃貸物件などにおける内容のお話しとしますが、まずは広告などを見て来店したお客の対応などがありますよね?実際に物件に案内したり契約などもすることになります。

また入居者のクレームなどの受付を行うことも管理に含まれてきますし、設備関連などのトラブルなども出てきますので色々な知識というものも必要となってきます。

また、お客などがこない場合などには入居者募集などの広告などを作成したりと色々な作業も出てきます。

この管理業務に関しては慣れてくれば時間的な余裕も出てくることになり男女を問わず募集はされていますが、比較的女性のほうが需要は多くなってきます。

コンシェルジュ

マンションの管理業務の一つとなりますが、この言葉を福山雅治さんのマンション侵入事件で初めて聞いたという人は多いかもしれません。

首都圏などでは高級マンションが多数あり、管理人とは別のコンシェルジュという職種があります。

この主な業務内容はホテルのようなカウンターがあり住民の方とのコミュニケーションをとるのが主な仕事となってきます。

その他には共用施設の利用手続きなどを入居者に代わって代行したりと住民が暮らしやすいサポートをしていく仕事となり、このスタイルは防犯にも役立つ事から今では多くのマンションで採用されるスタイルでもあります。

どういう事業や職種が良いか決まっていますか?

不動産関連において代表的な職種というものは以上になりますが、自分ではどのような内容の仕事をするか決まっているでしょうか?

このこと自体があやふやなままですと応募や面接の時にも不安なままで過ごすことになりますので、早い段階から自分がやりたいことを決めておくことも大切になってきます。

ある程度の職種が決まったら次に必要になるのはどういった会社を選んでいくかということになります。

ここでは主なものをご紹介していきますので、自分が入りたいような会社をイメージしながら読み進めていきましょう。

不動産でよくある募集内容とは?

不動産でよくある募集ですが営業での仕事というものがかなり多くなっています。

その中でも色々な営業の種類が出てきますので営業を希望する方は参考にしていただきたいと思います。

住宅営業

最初にハウスメーカーなどの募集が多くなる注文住宅の営業があります。

これは一戸建てを建てるお客を探し契約を交わすことが主な業務となってきますが、仕事自体はかなりハードなものとなってきます。

まずは営業に必要と言われるコミュニケーション力は、絶対に必要となってきますので、人との会話などが好きな方が求められることにもなってきます。

給与相場や雇用形態は?

給与の相場としてはかなり幅もあり売り上げに応じた年収となるケースとなりますが、一般的な数字で見てみると500万円から1,000万円といった年収になってきます。

この場合には歩合制と呼ばれるものが適用されるために固定ではないということも忘れないようにして下さい。

雇用形態としては正社員又は契約社員などと分類される場合もあり、出来るのであれば正社員での募集に応募することが大切となります。

賃貸仲介営業

賃貸仲介営業の場合ですがこの分野においては未経験の方でも入りやすい職種となり、募集も頻繁に行われていると思われます。

この主な内容は賃貸物件を探しにきたお客を管理する物件へ連れていき契約をすることになりますが、他にも広告を作ったりといった作業も出てきます。

難易度はさほどありませんので誰でも応募することが多くなり、チャレンジしやすい仕事としても認識されています。

給与相場や雇用形態は?

気になる給与面ですが、こちらは他の営業職に比べると低い金額となりますが年収で一番多いとされる額が300万円から400万円と言われています。

雇用形態については正社員が比較的多くなってきますのでこの点でも安心感がある営業職と言えます。

売買仲介営業

不動産で一番年収を稼ぐことが出来るのが売買仲介営業となってきます。

これは取引金額が大きければその分報酬も増えてくるためでもありますが、必要とされるスキルもかなり出てくると言えます。

こちらに関しては営業の経験をきちんと積んだ上での転職などの方がリスクは少なくなってきます。

また、応募資格で一番多くなるのがお客との契約まで一通り出来る人物を募集していることが多いですので、何年かの実務経験などを得た上で考えていくと良い結果となります。

給与相場や雇用形態は?

参考までに給与相場ですがこちらは1,000万円から多い人ですと2,000万円などを年収で稼ぐ方もいますので、魅力ある営業職ではありますが基本を覚えた上で応募をするようにしましょう。

投資マンション営業

最近はマンションの投資という言葉も多く聞くようになってきました。

一昔前であればお金持ちのイメージでしたが今ではサラリーマンがこういった投資をするという風に時代も変化をしています。

この仕事は主に個人などへ電話を掛けることから始まり興味がある人間にアプローチをしていく事となります。

首都圏に限らずマンションの需要というものは高くなっている傾向ですので多くの方が投資をしている状態でもあり、募集も多くなっています。

給与相場や雇用形態は?

この営業の給与ですが、勤続年数が増えていく毎に年収も上がる事に繋がっていくパターンとなり、1年目が500万円だとしても5年目には1,000万を軽く超えるような人もかなり多くなってきます。

雇用形態は正社員での募集がほとんどですので安心感も高いと言えます。

それでは最後に求人などについての疑問点というものもあるはずです。

ここでは不動産における知りたいことをお話ししていきますのでチェックするようにして下さいね。

不動産の会社に就職したい人は、こちらも参考に

不動産の求人について気になる疑問

色々な不動産の求人を見ていても疑問を持つものって出てくると思います。

皆さんの場合も応募はしてみたいけどなどと考えたことがあるのではないでしょうか?

ここでは疑問となるものが多い4個のことについてのお話しをしていきますので、しっかりと理解するようにして下さい。

どのような人が求められますか?

不動産の仕事では多くの場合がお客との会話が必要となってきます。

これは営業でもそうですし事務的な仕事内容であっても接客などは欠かせないことになります。

そういった事から考えていくと、まずは人と話すことが苦手ではない人が優遇されます。

面接などでも笑顔が多くどの質問にもハッキリとした意見を言える方を会社としても望んでいることになり、質問の回答で言葉が詰まってしまうことがあると採用は難しいかもしれません。

どの職種を受ける場合でも同じとなりますが、なぜ自分がこの仕事をしたいのかについてはきちんと説明が出来るようにして下さい。

また、営業の場合などは不動産に関わる資格を持っていると合格率が跳ね上がる傾向があります。

会社としては知識のある人間を求めていることが多くなりますので自分の資格の有無によっては営業職を選ぶことも選択の一つとなってきます。

未経験でも活躍できますか?

一番多い疑問が未経験ということにもなりますが、不動産の場合は職種によって変わってきます。

賃貸仲介営業のようなものであれば未経験でも大丈夫ですしカスタマーサービスなども問題はありませんが、その他の職種に関してはそれほど未経験者を優遇する環境でもないと言えます。

ただし、これはあくまでも一般的な意見であって最終的に合格に結びつき活躍できることになるのはやる気だということを忘れないようにして下さい。

経験があってもやる気がなければ仕事は出来ませんし収入も増えることはありませんのでご注意下さい。

残業は多いですか?

残業に関してですが営業職の場合は残業も多くなってきますし、事務職の場合でも繁忙期に入ると定時では帰れません。

不動産にも売れる時期などが出てきますので、これは不動産以外の業種でもさほど変わらない状態であると言えます。

資格って必要なの?

資格に関してですが持っておいた方が自分にとっては良いということは確かになってきます。

資格はその人の知識として認識されますし自分でも業界用語ばかりを言われたらわかりませんので、不動産における資格が取れる状態であれば応募前に挑戦はしてみて下さい。

必ずしも応募の条件にはなってきませんがあれば優遇されることだけは確かです。

賃貸などの職種につきたい場合は宅建士などが一番需要が出てきますのでおすすめでもあります。

この資格は建築のことも勉強出来ますし民法や憲法・建築基準法や一番必要とされる宅建業法などが学べますので勉強しておくことは大切となります。

まとめ

不動産の求人を探す場合には業種や職種などについてもある程度の認識は必要となり、それがわからないままにしてしまうと自分で考えていた職へ就くことが難しい場合も出てきます。

ある程度の知識的なものがあればそれほど苦労はしませんが、この業界は覚えていかなければいけないことが沢山でてきてしまうので、途中で投げ出してしまう方も多くなります。

また、応募する時ですが記載されている収入から選ぶのではなく長く続けられることをメインとして考えてみることも大切になります。

この業界は経験というものも大事にしていくことからあまりにも短期間で辞めるようなことになると同じ不動産関係の職場へ再就職出来ない場合もあるということを覚えておいて下さい。

これは不動産業界の独特なものとなり、横の繋がりを大切にしていますので情報が違う会社へも流れることが多くなってきます。

その為に短期間で辞めてしまった人などは同じ業界へは戻れないといった事にも成り得ますので注意が必要です。

せっかく入社するのですから良い経験を積んでキャリアアップをしていきたいということも考えた上での応募が望ましいとも言えます。

収入面だけを見て営業職を選んでしまうと、かなりの苦労をするかもしれませんが、自分にとっても良い経験にはなるはずです。

不動産の営業はかなりきつい内容でもありますがやり通すことが出来たならば、それはどういった職へ就き直した場合でもすぐに活かせるスキルでもありますので、自分にとっては大きな武器ともなってくれます。

不動産業界への就職を希望する方はかなりの数がいることになりますが、どのような仕事をする場合でも大きな金額が動くということを忘れないようにして下さい。

土地も建物もかなりの高額な商品となってきますよね?

売主にしても買主にしてもそこにはかなりのお金が動くことにもなり責任のある行動が必要になってきます。

その事をきちんと把握しないままに仕事を続けてしまうと、いつか大きな問題を起こすこともありますのでこの点に関しては常に注意をするようにして下さい。

自分で今、不動産業界へ飛び込もうかを迷っていた場合には、業種や職種・疑問点についてお話してきたことを読み返してみて下さい。

本当にこの業界で働きたいと思えていれば自分が何をやっていくかが決められることにもなりますし、その為に必要なことは何かということもわかります。

資格を取る準備をしたりとその答えがわかってしまうと色々なことでかなり忙しくもなってきますので、応募への準備もしなければいけないこととなります。

就職は自分にとって将来を決める大事な決断となり、成功するかしないかでその後の人生にも大きく影響してきます。

そうであれば最高の職場選びをしたいですし自分にあった会社へ入社することが大切になります。

今回のお話しでは色々と参考にできる内容をお伝えしてきました。

応募をする際にはもう一度見直すことで確認にもなってきますし、新たにやりたいものが見つかるかもしれませんので活用していただければ幸いです。

自分にとって最高の職場を探すことは簡単ではありませんが、最後まであきらめることなく探し続けるようにして下さい。



不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

不動産管理会社の仕事内容9個の業務。経験者が教えます!

「不動産の仕事は、売買や賃貸など様々な種類があって、よく分からない」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか?今回は、不動産の仕事の中でも、オーナー様が所有している物件を管理する「不動産の管理会社」の仕事内容についてご紹介します。不動産の仕事に興味がある方や、不動産の管理会社に就職を検討している方は、求人誌を読む前に仕事内容を把握しておきましょう。仕事内容を理解することで、より具体的に仕事のイメージが湧きやすくなるので、是非この記事を読んで参考にしてみてください。不動産管理会社の大まかな仕事内容オーナー様から管理料を頂いて、オーナー様が所有している物件の管理を行います。物件の種類はアパートやマ

不動産営業事務の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

「不動産の営業事務の仕事って、どんな仕事をするの?」「事務をやりながら営業をするってこと?」営業事務はどのような仕事なのか、疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。不動産の営業事務の仕事は、主に営業担当のサポートを行うことです。営業をすることはほとんどありません。営業担当の代わりに電話をするようにお願いされることがあるかもしれませんが、高いレベルを求められることもなく、それ程責任を問われることがないので安心してくださいね。営業がいかに利益を上げられるかが、会社にとって重要です。つまり、営業担当が仕事をしやすい環境を作ることが営業事務の役割なのです。ところで、営業担当のサポートとは具体的に

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスターとも呼ばれてい

不動産営業の仕事がおすすめな6個の理由。経験者が解説します

不動産営業というと、皆様はどのような仕事をイメージされますか?給料が良い、ノルマが厳しい、休めない・・・など様々なイメージがあると思います。私は不動産営業として6年間働いてきた経験があり、現在はその経験を活かして別の仕事をしています。不動産営業はどちらかと言うと良いイメージより悪いイメージを抱いている人のほうが多いのではないかなと思います。しかし、不動産営業を6年間やってきた私としては、不動産営業は良い仕事であり、おすすめできる仕事だと思っています。ここでは、不動産営業がなぜおすすめなのかということについて、私の経験から感じたことを紹介していきます。不動産営業のおおまかな仕事内容とは?不動産営

デベロッパーの仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる6つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

何もない場所を何でもある場所へと変えていくことができる、デベロッパーの仕事。大きなものを動かしていく仕事には、大きなやりがいが伴います。今回は、デベロッパーの仕事のやりがいについて、ご紹介いたします。デベロッパーの仕事ってどんな仕事?デベロッパーとは、商業施設の建設や、リゾート開発等、土地や街の開発をする不動産業のことを言います。地域に貢献し、その土地の価値を上げていくことを使命としています。今回はそのなかでも、生活に身近な大型商業施設のデベロッパー業務についてご説明いたします。商業施設のデベロッパーの仕事は、商業施設の開発、その中に入るテナントの誘致、テナントの売り上げの促進、商業施設の管理

不動産営業の給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

不動産営業は一般的に高い年収が望める点が魅力と考えられています。不動産営業にも様々な種類がありますが、高い年収を望むのであれば「売買仲介営業」が良いでしょう。そこで今回は、不動産売買仲介営業の給与の相場感や昇給などについて、筆者自身の経験に基づいてお伝えしていきたいと思います。不動産営業の給料の相場はどのくらい?一般的に高収入が望めるというイメージをお持ちの方が多い不動産営業ですが、実際に給料(月給)の相場はどのくらいなのでしょうか?会社によっても当然差がありますが、一般的に不動産営業の基本給は低く設定されていることがほとんどです。不動産業界は「売ってなんぼ」の世界であり、売れない営業マンが高

不動産営業の仕事を辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

不動産営業について皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?一般的にはネガティブな、大変ノルマの厳しいイメージをお持ちの方が多いと思います。実際にはどうなのかと言うと、厳しい世界であり甘くはありません。その為、長く働き続けている方が少なく、比較的離職率の高い業界と言えます。しかし、高い収入が得られる可能性のある仕事でもある為、魅力的な仕事であるとも言えます。今回は、不動産営業をやっていて辞めたいと感じる理由と、その乗り越え方について書いていきたいと思います。不動産営業を辞めたいと感じる人の4個の理由とは?営業ノルマが厳しい不動産の営業ノルマは本当に厳しいです。高い収入が望める営業の仕事には

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

デベロッパーの仕事内容12個の業務。経験者が教えます!

みなさんはデベロッパーという仕事をご存じでしょうか。デベロッパーとは、土地や街の開発をする不動産業のことを言います。地域の発展に貢献し、土地の価値をあげていくデベロッパーという仕事は、日本の経済を支える、なくてはならない仕事です。今回は、そのデベロッパーの中でも、私たちの生活に密接に関係する、大型商業施設のデベロッパーについて、具体的な仕事内容や、この仕事のいいところは何なのか、ご紹介いたします。デベロッパーの仕事は大きく5個の役割に分けられる開発商業施設を建設する土地を決定し、どういった施設にするのか、コンセプト等を考える役割です。デベロッパーが建設する商業施設は、どれも地域の特性を生かした

注文住宅営業の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

注文住宅の営業は、わかりやすいところで言うと「住宅展示場で接客する人」というイメージを持っているかもしれません。もちろん接客は業務内容のひとつではありますが、実際の仕事はほかにもかなりたくさんあります。休日出勤や残業など、仕事の拘束時間が長いというイメージもあり、何がそんなに忙しいのか?と疑問に思われるかもしれませんが、それでは実際にどんなことをしているのか、仕事内容の例をご紹介していきます。注文住宅の6個の業務新規顧客の開拓まず営業の一つ目の仕事で、これが一番大変なことかもしれません。新卒でも転職者でもベテランでも誰もがしなければいけないことで、新規顧客の開拓=お客様を見つけられるかどうかが

注文住宅営業とはどんな仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

引っ越しや住み替えなどで不動産会社に行ったり、家を見たりすることはありますが、「家を建てる」という経験はなかなかすることがないので、注文住宅と言ってもどのようなものなのかいまいちピンとこないかもしれません。そもそも住宅系の営業は、求人は多く見かけますが一体どのような仕事なのか、良い面だけでなく悪い面も気になると思います。それでは、注文住宅に関わる営業の仕事はどんな仕事なのか、ご紹介していきたいと思います。注文住宅営業とはどんな仕事?注文住宅の営業は、「家が古くなったので建て替えたい」「土地があって、間取りや設備を自由に決めて家を建てたい」という人に、設計や建築をする「ハウスメーカー」「工務店」

住宅営業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある4個の原因と対策。

住宅業界は離職率や転職率が高いと言わることも多いですが、そんな住宅業界の中でも特に営業は大変な仕事ではないかと思われているのではないでしょうか。「家」を扱う仕事なので、それだけ取引金額が大きいのでミスも許されません。また、「家」という人生にそう何度もない大きな買いものであるだけに、お客様に要求されることも厳しく、大きな責任とプレッシャーがかかります。この記事では、住宅営業を辞めたいと思った時の対策について紹介していきます。住宅営業を辞めたいと感じてしまう4個の原因と対策とは?住宅営業は、精神的にも身体的にも負担も感じることが多く、それだけ「辞めたい」と思ってしまうことも多いようです。契約がバン

不動産営業の仕事内容10個と向いている人・向いていない人の特徴・キャリアについて経験を踏まえて教えます!

不動産営業ってキツいだけの仕事?資格がないとできないのかな?と思われがちですが、実はそんなことはないのです。不動産営業と一口に言っても様々な仕事内容があるので、未経験者でも時間に制限のある人でもやる気と覚悟があれば誰でもできる仕事なのです。不動産営業の知識は、その後の人生に必ず役立つ知識となるので、不動産営業の知識を身につけるということは人生を豊かにすることにも繋がります。そんな不動産営業の仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴、その後のキャリアについて紹介していきますね。不動産営業の仕事は大きく4つの役割に分けられます。不動産の仲介不動産流通事業会社に勤務して、一戸建て住宅やマンション

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人も募集していて、しかも正社員で給与も低くないことが多いのが、不動産管理の仕事です。転職を考えている人なら目に留まることもありますよね。しかし、不動産管理関係の仕事に転職するなら、いくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5つのことまずは、不動産管理の仕事に転職するにあたって、注意したほうが良い点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員は、いくつかの物件について管理している状況ですから、その

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給

注文住宅営業の年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

営業は実力次第で高収入を得ることができます。特に住宅系の営業の場合、契約件数や売り上げによって歴然とした差が出てきます。ほとんどが正社員で、未経験でも経験者でも関係なく、待遇に差が出るということはありません。実力がすべてなので、誰にでも高収入を得られるチャンスのある仕事なのです。注文住宅は何度も打ち合わせをし、設計段階から建築、引き渡し後までお客様と密な関係を築いていくので、満足度も高く、それだけ難易度ややりがいも大きい仕事です。それでは、注文住宅営業の給料と高収入のための転職術について、ご紹介していきます。注文住宅営業の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合注文住宅の営業は、そもそ

不動産の転職で、転職エージェントを使ったほうが良い5個の理由とおすすめのエージェントの選び方

不動産業界で転職をお考えのあなた。どうやって転職先を探していますか?転職サイト、ハローワーク、転職エージェント、知人の紹介など色々あると思います。その中でも、不動産業界での転職なら転職エージェントをおすすめします!そもそも転職エージェントがどんなものかや、転職エージェントを転職活動をすべき理由、おすすめのエージェントの選び方、注意点などを解説します。転職エージェントとはどういうもの?あなた専任の担当者があなたに合った求人を紹介してくれるサービスです。転職エージェントに登録すると担当者(キャリアコンサルタント)から面談についての連絡が来ます。面談では、転職エージェントのオフィスにて転職したい理由

不動産売買の年収はどれくらい?相場感や歩合での給料の決まり方など経験者が解説します

不動産に関わる仕事がしたい、営業力を鍛えて高額取引をしてみたいなど、不動産売買の仕事を目指す動機は様々かと思いますが、この職業の特徴でもある歩合給制の会社に入って高収入を得ることが目標という方は多いのではないでしょうか。しかし、同じ不動産売買でも、企業や雇用の形態によって給与体系や年収は全く異なります。今回は、実体験も交えて、不動産売買の収入面を解説していきます。不動産売買の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の不動産売買の給料相場給料相場としては、固定給部分が、都市部の大手不動産会社の営業職でおおよそ月20万円~24万円、地方の不動産会社の営業職で月17万円~20万円程度がよく見

住宅展示場受付とはどんな仕事?その仕事内容や住宅展示場においての役割、なり方など詳しく解説します!

住宅展示場の受付は、きれいなモデルハウスのなかで仕事をするため、華やかな印象を持っている人も多いはず。具体的にどんな仕事をしているのか気になりますよね。そんな住宅展示場の受付の仕事について、詳しく解説していきます。住宅展示場受付の仕事とはどんな仕事?住宅展示場のモデルハウスに来たお客様を一番最初に対応します。マイホームを検討している人にアンケートを取得したり、モデルハウスの中を案内したりと、接客に近い仕事です。また、モデルハウスの管理や事務処理などの仕事もおこないます。住宅展示場の受付は、家を売ることではなく、お客様に家について知ってもらうためのサポートをする仕事といえます。住宅展示場受付の仕

注文住宅営業が向いている人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

「営業」と聞くと、ノルマがあって辛い、仕事の拘束時間が長いなど「大変な仕事」というイメージを持ってしまう人が多いかもしれません。確かに転職者も多く、なかなか契約が取れなかったり、残業が続いたりすることもあるので、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。しかし、「注文住宅営業」は人生でそう何度もない「家」を建てるお手伝いをする仕事であり、お客様から感謝されたり、「家」という大きなものの計画から完成するまでの過程を一番近くで関わることができるので、間違いなくやりがいを感じることができます。営業は「どうしたらこのお客様を攻略できるか」というゲームのような感覚がある職業とも言えます。更に、自由度が高く

不動産売買の転職を成功させよう!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

土地や住宅などの不動産について売買の仲介や販売を行う不動産売買の営業職。売主・買主の募集から売買契約、不動産調査やローン申請のお手伝いまで幅広い業務をこなす不動産売買のプロフェッショナルです。そんな不動産売買の営業職について、転職事情や必要な心構え、求人の選び方などをご紹介します。不動産売買営業で転職する人は多い?転職率は高く、社員全員が中途採用という不動産会社も珍しくありません。実力主義で、高額な歩合給の代わりにノルマも厳しいことから離職率が高く、そのことが同業他社への転職率の高さにつながっているようです。なお、会社によって歩合給の額やノルマの量、営業スタッフのバックアップ体制にはかなり幅が

不動産賃貸営業の転職ノウハウ。狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

不動産賃貸営業の仕事は、アパートやマンションなどの賃貸物件を紹介・案内し、契約から入居の段取りまでを行います。一年を通して求人の多い不動産賃貸の営業職ですが、会社を選ぶ際のポイントや注意点、転職の際の心構えなどをご紹介します。不動産賃貸営業で転職する人は多い?他の業界に比べて人の出入りの多い不動産業界。不動産賃貸の営業職も人の出入りは比較的多いですが、離職率は会社の方針によるところが多いです。会社によってはチームワークを重視してノルマはありながらもお互いにカバーしていく職場もあり、そういったところは離職率が低いようです。逆に個人の営業成績を重視し、歩合給等で差をつけていく会社も多く、そういった

不動産売買の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

不動産売買の営業スタッフは、営業スキル、不動産知識、法律知識、金融知識など幅広いスキルや知識が求められる仕事です。また、実力主義の仕事ですので、若くても売上を上げることができれば、高収入を得ることができます。難しそうな仕事だけど挑戦してみたい、だけど仕事が合わなくてすぐやめることになるかも、など色々と考えて悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな人のために今回は、不動産売買の仕事内容や向いている人の特徴、活かせる経験などを紹介します。不動産売買の仕事はどんな仕事?基本的には、土地や住宅、事業用施設などの不動産の売主と買主を見つけ、その売買契約から代金のやり取り、ローンを組むお手伝

不動産売買求人でよくある募集内容や狙える年収・おすすめ求人のポイントなどを解説します

土地や建物など不動産の売買を仲介する不動産売買の営業マンは、実力次第で高年収を実現できる魅力的な仕事です。その反面、取引額は大きく、取り扱う商品も不動産という大事な資産。不動産は買う側はもちろん、売る側にとっても一大事のため、営業マンかかるプレッシャーも大きなものとなりますが、その取引を成功させればそれに見合った報酬もあります。今回は、不動産売買の仕事内容や募集内容、おすすめ求人のポイントなどをご紹介します。不動産売買求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅や土地を売りたい人と買いたい人をつなぎ、売買を成立させるのが不動産売買の営業マンの仕事ですが、そこに至るまでにはいくつかのステップが

不動産賃貸営業の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

不動産関係の仕事を探すとまず目につくのが不動産賃貸営業の仕事です。不動産業界未経験でも応募可能で求人数も多く、また給与が一部歩合制になっていることが多いのもこの仕事の特徴です。今回は、その不動産賃貸営業の仕事内容や向いている人の特徴などをご紹介します。不動産賃貸営業の仕事はどんな仕事?不動産会社に来店すると、営業スタッフが部屋の紹介や気になった部屋の案内をしてくれます。その他にも、契約書の作成や、保証会社が必要な場合はその申し込み手続き、部屋情報のチラシ・雑誌などへの掲載も不動産賃貸営業の仕事です。不動産賃貸営業の大まかな仕事内容ここからは詳しく不動産賃貸営業の仕事内容をご紹介します。部屋の紹

不動産賃貸営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

未経験者応募可の求人が多く、働いているうちに営業力が身につく不動産賃貸営業。基本的にカウンターセールスで、来店した客様の部屋探しをお手伝いする仕事です。今回は、その不動産賃貸営業の求人情報についてご紹介します。不動産賃貸営業求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容不動産賃貸の営業スタッフは、来店したお客様から希望の条件を聞き取り・紹介して、お客様と不動産オーナーの賃貸契約を仲介します。具体的には電話での内覧受付やスケジュール・必要書類の連絡、来店したお客様の接客、契約書の作成と重要事項の説明などが仕事となります。その他には、ポータルサイトやチラシ、雑誌などに部屋情報を掲載して、お客様の集客を

不動産賃貸営業が向いている人の6個の特徴や必要なスキルとは?

アパートやマンションなどの部屋を借りるとき、不動産会社に行くと部屋を紹介・案内してくれるのが不動産賃貸の営業スタッフ。不動産賃貸の営業スタッフの仕事は、来店したお客様の対応のほかにも、不動産オーナーの開拓、不動産情報の雑誌やサイトへの掲載、契約書の作成、入居の段取りなど様々です。今回は、そんな不動産賃貸営業の仕事をご紹介していきます。不動産賃貸営業とはどんな仕事?不動産賃貸営業にとって、お客様は大きく二つに分かれます。一つは、不動産を探すお客様です。住む部屋を探す個人の方や、事務所や店舗を探す法人がお客様となります。また法人自身が契約主となって、自社の社員の住む部屋を探すケースも多いです。もう

不動産屋の仕事内容18個の業務。経験者が教えます!

不動産会社と言うと、難しい仕事のイメージがあるかもしれません。一級建築士、宅地建物取引士など難しい資格を必要とするので、未経験者はもちろん、転職などもあり得ないと思われるかもしれませんが、実はそんなこともないのです。職種も様々ありますし、未経験者でも活躍している人も多く、やる気と覚悟があれば誰でもできる仕事です。しかも、その後の人生にも大きく影響する知識も身につけられるのです。今回は、そのような知られていない不動産屋の仕事内容をご紹介します。不動産会社の仕事は大きく、5つの役割に分けられる営業(宅地建物取引士)販売や賃貸したいマンションや戸建て、土地について、事前に広告やチラシなどで宣伝し集客

住宅展示場受付の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

住宅展示場は、マイホームを検討している方に夢を与える場所です。そこで働く住宅展示場受付の仕事に注目をしてみました。具体的な仕事内容からその仕事に向いている人の特徴や、その後のキャリアまでご紹介します。住宅展示場受付はどんな仕事?住宅展示場に来場されたお客様と営業を繋ぎ、満足のいく家をお客様に購入していただくサポートをする仕事です。家を売ることではなく、マイホームを検討するお客様の疑問や知りたいことを読み取り、それに合った対応することが求められます。住宅展示場受付の大まかな仕事内容受付と言っても仕事内容は多岐にわたります。主にお客様の接客やアンケートの取得、お茶出し、掃除、顧客へのDM発送、パソ

住宅展示場受付求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

普段、求人情報であまり見かけない住宅展示場の受付についてご紹介します。住宅展示場受付求人の募集内容や仕事内容、募集するにあたってのポイントなどの情報が満載です。具体的にどんな仕事をしているのか、採用されやすいポイントはといった疑問も合わせてお伝えします。住宅展示場受付求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容お客様を玄関までお出迎えをして、今住んでいる家の情報やどんな目的で来場したのかなどのアンケート記入をしていただきます。そのあと、展示場の家の中を軽くご案内する流れです。お客様の来場がない場合は、事務所でパソコンを使った事務処理、家の中や庭などの掃除を行います。その他にも、顧客へのDM発送や

不動産の就職を成功させるためにやるべき4個のことや人気な職種や業界を教えます!

不動産の仕事は、契約を沢山とっていたら格好良さそう!お給料も良さそう!と、憧れる仕事ですよね。憧れるけど一体どんなことをするの?就職は難しそうだな、なんて思いませんか?そんな不動産屋に就職を決めるためのポイントを、紹介していきたいと思います。不動産にはどんな仕事があるの?不動産の仕事には大きく分けて二つの仕事があります。一つは営業職、そしてもう一つは事務職です。営業職は賃貸物件や売買物件を紹介して契約する仕事ですが、事務職は事務作業と営業補佐の仕事をする会社がほとんどです。ただ、大手の場合分業していることが多いので、事務職は事務作業だけをしていることが多いです。営業職はお客様に物件を紹介して賃

不動産の仕事内容と向いている人の特徴・メリット・キャリアについて経験者が解説!

自分の就職先で不動産業界を考えている方もいると思いますが、業界などのことを知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般ではあまり良いイメージもありませんし、怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などは未だに資格の中でも人気があり、多くの方が不動産の仕事に興味を持っていることも事実です。そうした中で、自分が不動産業界の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのか、ということにも興味が出てくると思います。そこで今回は、実際に不動産で働いていた筆者が、不動産業界で多くの人を見てきた経験者からどのような人物がこの仕事に向いているのかということを

不動産営業求人でよくある職種や募集内容、転職者が気になる疑問について答えます

皆さんの中にも不動産の営業へ転職したいと思う方がいるかもしれません。収入面でも良さそうなイメージがありますし知識があれば尚更チャレンジしてみたい分野にもなってきます。不動産関係の仕事が長くなれば接客といった営業の基礎知識というものも身についていますし、お客がどういった話題を求めているのかもある程度は知り得ているはずです。また、全く違った業種からの転職ということを考える人も出てきます。その理由の多くは年収の高さに魅力を感じるからとなります。営業職でも不動産の業界は需要も多くあり、他の業界よりも仕事がしやすいと感じる方も多いかもしれません。そういった状況で自分の今の年収に満足できない人が営業という

不動産の転職で注意したほうが良い4個のこと

不動産業界への転職を考えている人は、様々なことに対しての注意が必要となることをご存知でしょうか?単に給料などの待遇が良いからと決めてしまうと後悔する場合もありますし、自分の考えていた世界とは全く違った、ということにもなってきます。せっかく転職をしたとしても、間違った選び方をしてしまっては時間の無駄でもあり、自分の為にも良いことはありませんよね?不動産という業界へ転職するのであれば、失敗しない方法をとって、自分の将来を明るいものとしたいものです。ここではそういった方の為に不動産業界へ転職する時の注意点をまとめてありますので、参考にして下さい。不動産業界の転職で注意したほうが良い4つのこと不動産業