不動産営業は一般的に高い年収が望める点が魅力と考えられています。

不動産営業にも様々な種類がありますが、高い年収を望むのであれば「売買仲介営業」です。

不動産売買仲介営業の給与の相場感や、昇給などについて自身の経験にもとづいて書いていきたいと思います。

不動産営業の給料の相場はどのくらい?

一般的に高収入が望めるというイメージをお持ちの方が多い不動産営業ですが、実際に給料(月給)の相場はどのくらいでしょうか?

会社によっても当然差がありますが、一般的に不動産営業の基本給は低く設定されていることが殆どです。

完全に「売ってなんぼ」の世界であり、売れない営業マンが高い水準の給与を貰うことは不可能です。

また、売れない時期が長く続くと、どの不動産会社であっても居辛くなり、辞めていかざるを得ない傾向にあります。

同じ業界内で会社を転々とする方が多いのも不動産営業のあるある話です。

では、不動産営業は、一般的にどの程度の給与水準なのかについて書いていきたいと思います。

正社員で新卒入社した場合

正社員で新卒入社した場合の給料(月給)の相場は19万円~23万円程度の範囲内で設定されていることが殆どです。

この給料に売れた場合のインセンティブが加算されるという給与体系となっている会社が多いです。

正社員で転職した場合

正社員として転職した場合でも、基本給は新卒入社社員の初任給と殆ど大差ないという会社が多いです。

前職の経験の長さや実績、役職などはあまり考慮されません。

その人が本当に売れる営業マンであるかどうか分からないからです。

その為、基本給水準は低い設定とし、売れる営業マンだけが高い給与を得られるという給与体系です。

やはり基本給+インセンティブが基本となっている給与体系です。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?  

基本給以外は、賞与、受注金額に応じたインセンティブが主なものであり、若干の役職手当がつく給与体系が一般的です。

賞与

売れていないのに高額な賞与が支給される不動産会社は皆無と言っていいでしょう。

ノルマを達成できていなければ賞与支給なしという不動産会社も多くあります。

逆にノルマを達成していると、賞与額が跳ね上がり、高額年収が望める不動産会社も多くあります。

高額賞与が支給されるのは、やはりノルマを達成した営業マンのみです。

大手デベロッパー系不動産会社に勤めていましたが、ノルマを達成しており、会社も業績好調な時の賞与額は年間500万円程度でした。

賞与額の水準も会社により非常に大きく異なる為、不動産営業として就職する際は、賞与の考え方についてしっかり確認しておくべきです。

昇給

昇給についてはほぼないと考えた方がよいでしょう。

年齢による定期昇給があるのはごくごく一部の超大手不動産会社のみです。

殆どの不動産会社では定期昇給はありません。

昇給は役職が上がった時のみと考えておく方がよく、また、役職が上がった際の昇給額もそれほど大きくはないと思っておきましょう。

各種手当

各種手当に関しては交通費以外の手当は殆どないという不動産会社が殆どです。

残業という概念自体が不動産営業の世界ではあまりありません。

日中外回りをし、夕方事務所に戻って契約準備等の事務作業を行うのが当たり前である為、残業代なども支給されない不動産会社が大半です。

通勤交通費以外の手当は殆どないといいう認識を持っておくのがよいでしょう。

給与が高い人は何が違うの?

では給与が多い方はどんな特徴を持っているでしょうか?

いくつかの視点で書いていきたいと思います。

スキル

ずばり、不動産営業において給与が高い人はイコール「売るスキルを持った人」です。

不動産営業の世界において、売れてないのに高給取りなんて人は絶対いません。

売るスキルという表現を使いましたが、もう少し具体的に表現すると、お客様を見つけるスキル、お客様を買う気にさせるスキル、お客様から紹介を貰うスキル、地道な活動を継続して行うスキルなど様々なスキルを持ってこそ売れる営業、つまり給与が高い営業マンになれます。

役職

役職ですが、不動産営業の世界において、課長、部長、支店長といった役職はあまり意味がありません。

そういった役職により大きく給与が変動するのはごく一部の超大手不動産会社のみです。

殆どの不動産会社では役職による役職手当などはそれ程大きな金額ではありません。

売れている人は自然と高い職位を与えられるようになっていきますが、高い給与は職位によるものではなく、売れているからです。

勤続年数

金属年数も給与の高さには関係ないといえます。

年齢、勤続年数により定期昇給がある不動産会社は殆どありません。

基本給自体は新卒社員もベテランもそれ程変わらない不動産会社が多いです。

その為、離職者が多く、勤続年数が長い社員が少ないのが不動産営業の世界です。

給与の高さに勤続年数は関係ないと認識しておきましょう。

地域

働く地域によっても年収は大きく左右されます。

都会と地方では同じような物件を売ったとしても地価が大きく異なる為、超高額年収を得ている不動産営業マンは大きな都市圏で営業活動をしていることが多いです。

1件成約した時に得られる手数料が全く違います。

高い年収を得ようとするならば大都市圏、その中でも首都圏で勤務するべきです。

その代わり競争は熾烈を極めます。

傾向

高年収営業マンというと豪放磊落な人物像をイメージする方も多いかもしれませんが、売れている営業マンはスマートな振る舞いができる落ち着いた方が多いです。

そして例外なく、常に高い給与を得ている営業マンは地道な活動を継続してずっと行うことができる方です。

極稀に紹介客のみで大きな成果を上げられている営業マンがいますが、こういった方も紹介を得る為に、自身のお金や時間を使ってコミュニティーを広げるなどの努力を行っています。

売るためには地道な苦労を厭わないという方でないと高い年収をキープしていくことができません。

売れている営業マンには目的達成の為にはこつことと努力することができる方が多いです。

不動産営業の給料の決まり方

不動産営業の給料の決まり方は、わかりやすく「いくら売れたのか?」のみで決定されます。

成約により会社にもたらした利益の●%が給与として反映される出来高制の給与体系です。

この仕組みにより、不動産営業が高額な年収を得ることを可能にしています。

逆に全く営業成績が上がらず、殆ど売れていない場合、最低水準の基本給しか支給されず、大変厳しい生活を強いられることになります。

不動産営業は営業成績ひとつで天国・地獄が決まる非常にシビアな分かりやすい世界です。

不動産営業で給料を上げるため転職術とは?

不動産営業として給料を上げていく一つの手段として転職が挙げられます。

ただ転職するだけで給与が上がるということはあまりなく、やはり売れる営業マンでないと給与が下がる転職になってしまいがちです。

転職により給与をアップさせていく為に、転職時に慎重に考えなければならない、いくつかの視点を記載します。

エリア

就職するエリアはできる限り都心である方がよいです。

土地単価が地方と都心では全く異なるので、売買仲介契約成立時の仲介手数料の金額が全然違います。

首都圏で1件の成約により得られる利益と同額を地方で稼ごうとすると、複数件の成約が必要になります。

契約1件を成立させるのはどのエリアでも大変です。

不動産営業を行うにはなるべく土地勘がある方が良いのですが、転職を考えるのであれば、なるべく地価の高いエリアで働くということを意識しましょう。

会社規模

誰もが知っているようなブランドマンションを展開する有名デベロッパーは会社としても非常に安定しており、基本給や退職金制度、福利厚生制度などが充実しています。

そうした超大手不動産会社に転職ができるならば良い転職である可能性があります。

しかしながら、それ以外の不動産会社はそれ程大きな差はなく、やはり売れる営業マンではないと転職しても給与は下がっていきます。

不動産業界は離職率が高く、同業界内で転職する方が非常に多い業界です。

殆どの転職者はあまりパッとした営業成績があげられず、会社に居辛くなってしまったり、他の会社が良く見えるようになり転職します。

しかしながら、転職先でもあまり営業成績は変わらない為、転職を繰り返し、給与は徐々に下がっていくという方が多いのが実情です。

転職しても自身に売るスキルがなければ給与はあがっていきません。

より大手への転職を志向する方がよいと言えますが、売れる営業マンであるということが前提であることを忘れないようにしてください。

役職

不動産営業の世界では年収に役職はあまり関係ありません。

営業しやすくする為に、名刺の肩書きを少し上の職位にするなどはどこの不動産会社でもやっています。

高年収を目指し不動産営業をやっている方が殆どですので、役職に惹かれて転職をする方は殆どいないと思いますが、時々「支店長候補 年収一千万円可能」などの求人を見かけますので、こういった求人に応募し転職する方もいると思います。

しかしながら、自分自身の営業成績を上げることは当然に大前提となっており、プラスして部下や部署の数字の責任もあり、マネジメントを行いながら営業を行うことになるのでものすごく大変になります。

転職によって役職が上がり給与が上がるということはないと考えておくのが懸命です。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

不動産営業を行っていて、実際に給料がアップするのはどんな時でしょうか?

私は不動産営業としてこれまで2社で働いてきましたが、給与が大幅に上がるのは、大幅にノルマを上回る営業成績を上げた時と、営業部の部長に昇進した時でした。

大幅にノルマを上回る成績を上げた時

私が勤めていた不動産会社は自身が稼いだ手数料額の●%が月給に反映され、半期毎のノルマを達成していると、賞与の月給×●ヶ月分の月数が加算される為、ノルマを大幅に上回っていると年収が大幅に引き上がる給与体系でした。

最高に調子が良かった年は前年より300万円以上給与が上がることなどもありました。

営業成績次第で、給与にも波がある為、高年収の翌年、営業成績が悪く給与が低いと住民税など高額な税金が控除される為、結構生活が苦しくなります。

この点も不動産営業あるあると言えます。

役職付きになった時

勤めていた1社では、比較的安定的に良い営業成績を上げられていたので、ある時部長職を任命されました。

月給で8万円程、年額にすると100万円程給与は上がりました。

しかしながら、責任と仕事量は飛躍的に増大し、自分自身の営業活動を行う時間は減る為、それまで加算されていた給与分が目減りし、実質は年収が下がってしまっていました。

不動産営業の世界では、役職が上がることにより、実際の自分の給与が上がるのかどうかを慎重に見極める必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

主に売買仲介営業の給与について記載をしてきましたが、これから不動産営業としてやっていこうと考えている方や、転職を考えている方に参考にして頂ければ幸いです。

不動産営業における、売買仲介営業は、普通の仕事では得ることが難しいような高い年収が望める非常に魅力のある職業と言えます。

しかしながら、売れなければ生活に窮するような給与水準になることもあり得る、ハイリスクハイリターンの世界です。

その為、辞める人も多いですが、新たに飛び込む人も多い業界となっています。

年収は営業成績によってのみ決まる世界である為、自身の営業スキルに自信がある方にはお奨めできる仕事です。

年齢も関係ないので、20代にして、1千万プレーヤーとなっている人もたくさんいます。

大変魅力的な仕事でありますが、仕事内容自体は休みも取りづらく、数字に追われる日々となる為、非常にハードな仕事です。

新たに不動産営業にチャレンジするのであればできるだけ若いうちに飛び込み、力をつけることが望ましいです。

残念ながら30代後半や40代で初めて不動産営業に転職する方の多くは、上手く営業成績を上げることができず退職する方が後を絶たないのは事実です。

関心がある方は覚悟を持ってできるだけ早いタイミングで飛び込んでみましょう。


関連キーワード

不動産営業求人