不動産営業ってキツイだけの仕事?資格がないと出来ないのかな?と思われがちですが、実はそんな事はないのです。

不動産営業と一口に言っても色々な仕事内容があるので、未経験者でも時間に制限のある人でもやる気と覚悟があれば誰でも出来る仕事なんです。

不動産営業の知識は、その後の人生に必ず必要となる知識となるので不動産営業の知識を身につけるという事は人生を豊かにする事にも繋がるのです。

そんな、不動産営業の仕事内容を紹介していきますね。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産営業の仕事は大きく4個の役割に分けられます。

不動産の仲介

不動産流通事業会社に勤務して、一戸建て住宅やマンション、アパート、土地、店舗、倉庫、工場などの不動産物件の売買や賃貸を仲介する仕事です。

売りたい物件、貸したい物件と買いたい人、借りたい人とを繋ぐお仕事です。

住宅、土地の販売

不動産販売事業会社に勤務して、一戸建てや分譲マンション、土地を販売する仕事です。

不動産の企画、開発

デベロッパーと呼ばれる不動産開発、販売事業会社に勤務して、大規模なマンションや商業施設、複合施設に適した土地を探し、建設の企画、開発を行います。

土地の価値を見極め、そこに建物を建て不動産としての価値を高める事が不動産企画、開発の仕事です。

綿密な調査によって土地の持つ可能性を見極めより良いニーズの多い建物を建てる企画力、開発力が求められる仕事です。

投資物件の仲介

不動産投資を検討している方に、より良い投資不動産物件を仲介します。

相場や、経済に幅広い知識を持ち先を見通す力を必要とします。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産仲介の3個の業務

一戸建て住宅、分譲マンションの仲介

市場に出ている一戸建て物件や、分譲マンションを購入希望のお客様にご紹介する業務です。

お客様のニーズに合わせた物件情報の収集や、お客様の資金に応じてより良い不動産物件をご紹介する事が主な業務です。

売買物件の仲介の場合は、物件購入の際の銀行ローンや住宅金融公庫と言った借り入れの資金計画のご相談に乗る事もあります。

仲介業務の大切な業務の1つに、市場に出ている物件の仲介だけでなく売却不動産物件を探す業務も行います。

売却希望の不動産物件を担当する場合は、依頼物件の詳細や相場を調べて売買価格の査定をし、広告宣伝を行って購入希望者への紹介などを行います。

店舗、倉庫、土地などの大型物件の仲介

住まいの仲介とは別に、ビジネスに必要な店舗、倉庫、土地などの仲介業務もあります。

その場合は、お客様は法人もしくはこれからビジネスを始める起業家の方になります。

お客様の希望の店舗や、倉庫、土地をご紹介する業務です。

店舗の場合、元のお店で使っていた機材や備品時にはお店の名前も一緒に販売している場合があるので、その場合は店舗の仲介だけでなく造作も一緒に仲介する業務を行います。

住まいの物件に比べて市場に出ている物件が多くはない為、お客様にニーズにあう物件を探す業務も大切な業務となります。

マンション、アパート、一戸建て、店舗、土地、などの賃貸仲介

市場に出ているマンション、アパート、店舗、土地などを賃貸希望のお客様に紹介する業務です。

賃貸の場合は、主に不動産店舗に直接来店されたりお電話で問い合わせ頂いたお客様に賃貸物件をご紹介して、実際に物件にご案内する業務を行います。

マンション、アパート、一戸建て、店舗、土地と物件の違いに関わらず賃貸希望の物件を探すのもまた、仲介業務の大切な仕事の1つです。

賃貸希望の物件の詳細、相場を調べ賃貸価格を設定し広告宣伝し借りたいお客様にご紹介します。

→『営業職の転職でおすすめな転職サイトランキング【未経験者もOK】』はこちら

住宅、土地販売の3個の業務

住宅販売営業

分譲マンション、一戸建てなどを販売する営業業務です。

広告宣伝を見て問い合わせをして来たお客様や、住宅展示場やモデルルームにご来店いただいたお客様へ営業活動を行い物件の販売を行います。

よりお客様に物件のことを気に入って頂くために、近隣の商店街や学校、公園などの実際に生活を営む時に必要となってくる情報を幅広く持つ事も、住宅販売の大事な仕事です。

土地販売営業

土地の販売は、大きく分けて法人への販売を主にした広い土地の販売と、個人住宅建設用の土地の販売があります。

広告宣伝を見て問い合わせ頂いたお客様や、土地を必要としてる方への訪問営業または電話営業で興味を持っていただいたお客様を探し土地を販売する業務があります。

仕入れ

分譲マンションや分譲住宅、土地の販売に欠かせないのは土地の仕入れ業務です。

どういう土地かという事が、販売する上で一番重要になってくるので、それぞれ販売する上でどう土地を活用するのかを想定した仕入れ業務を行います。

不動産の企画、開発の3個の業務

土地の調査

さまざまな調査によって土地が持つ可能性を見つけ出します。

それは、道路事情であったり電車などのアクセスはもちろんの事、近隣でくらす人々の暮らしや学校環境などありとあらゆる事を調査しより目的にあった土地を見つけ出す業務を行います。

仕入れ

市場に出ている売地情報から良いものを探し仕入れを行うのはもちろんの事、調査によって良い土地と判断した土地を土地の所有者に交渉して土地を購入するのもまた仕入れの業務です。

仕入れの価格の交渉もまた大切な業務です、せっかく仕入れたいい環境の土地に良い建物を建てても販売価格があまりにも相場とかけ離れていてはお客様に買っていただけないので、仕入れの際の価格交渉というのも大切な業務の1つです。

開発

建物が完成するまでの管理を行います。

近隣の説明会を開き、こういう建物が建って、その際に騒音や振動、日照などに影響が出ますがご了承くださいと説明しご納得いただいた上で話を進める業務があります。

次は実際に建物を建てる際に必要となってくる材料の手配や人の確保、納期などのありとあらゆる建築に必要な管理を行います。

不動産投資物件の仲介の1個の業務

電話営業が主な業務となります。

お客様にお電話して興味を持って頂いた方へ営業し、不動産投資物件を仲介します。

仲介する不動産物件の知識はもちろんの事、経済、政治、不動産以外の投資マーケットの知識もとっても大切な業務です。

実際に投資を行っている方への営業もありますが、資産を運用したい、増やしていきたいと言った方を探し営業する業務も大切な業務の1つです。

→『営業職の転職でおすすめな転職サイトランキング【未経験者もOK】』はこちら

不動産営業の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

不動産物件は賃貸、売買、投資と目的は異なっていても扱っている物件取引金額が大きく、お客様にとっては大きな決断が必要になって来ます。

また、家を借りる買うというのは人生の大きな節目となる瞬間でもあるのでその大切な節目をより良いものにするためのお手伝いが出来るというのは、大きなやりがいとなります。

賃貸、売買、投資であってもお客様にとっては大きな金額を動かす事になるので、契約をしてお客様に喜んで頂けた時は大きな達成感とやりがいを感じられます。

不動産業で働くメリット

不動産業界は、年功序列ではなく実力主義で評価される事が多いため、仕事の出来る人材には老若問わず責任の仕事を任せられていきます。

やる気のあるスキルを身につけて行きたいと考える人には、年齢が若くて業界未経験であっても出世できるチャンスが多くあります。

若いうちから責任ある仕事をこなすことで、より高い出世を目指す事ができます。

職種が幅広いから自分にあった仕事を選べる

不動産業務は賃貸、仲介、販売、開発と建物を売る、貸すと一口に言ってもたくさんの業務があります。

不動産業界に興味があるけど、いきなり大きな金額の売買物件の営業は難しそうという方でも、賃貸仲介の業務から初めて慣れて来たら売買仲介を経験すると言ったことも比較的簡単にできるのです。

業界内での転職がしやすい

不動産業界での経験は無駄になるスキルが少ないので、色々な経験を積んでお給料アップのための転職が狙えます。

また色々な会社での経験を生かして、独立なんてことも夢ではないのです。

ノルマが大変、勤務時間が合わない、職場の雰囲気に馴染めないなどの理由で離職する人が多いのも事実ですが逆に転職のチャンスも多くあるのが不動産業会です。

自分の働くスタイルに合わせた会社選びがしやすい業界です。

面白いポイント

不動産営業の面白いポイントは色々あり、それがやりがいにも繋がって行きますので、不動産業の面白さに気づく事が長続きのコツですね。

人と関わる仕事

不動産物件は人々の暮らしになくてはならないものなので、人の生活人生に深く関わることとなります。

たくさんの方と関わることで、自分一人では得られない知識や考え方に触れる事ができ自分自身の生活も豊かになります。

基本的に人と関わる事が好きな人には、もうもってこいの業務です。

体育会系の職場が多い

週末が一番忙しい仕事であり、なおかつ個人個人で掲げる目標営業額も大きい業界なので団結して目標に向かって邁進する事が多い業界でもあります。

その為、どうしてもノリが体育会的にな事が多く目標を達成するとみんなで盛り上がるなんてこともよく見受けられます。

余談ですが、飲み会が多いのも不動産業界の特徴です。

そう言った雰囲気が好きな人には、とても楽しい職場だと言えます。

生活の役に立つ

住まいのお仕事なので、自分自身の生活の知識が仕事に役立ち、また仕事で得た知識が自分の生活にも役立つお仕事です。

プライベートで、部屋を賃貸で借りたり家を購入していればそれはそのまま仕事を始める最初の知識となり得るのです。

例えば、網戸の汚れを取ること1つでも大きな街道に面した賃貸物件であればお客様に網戸の汚れで悩んでいる件にも、アドバイスをできると言ったように生活すべてが仕事に役立つのです。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

不動産営業と聞くと、どうしてもキツイ、大変、ノルマがある、でも高給というイメージだけになっていますが、不動産営業というのは本当に奥深く、興味深い仕事なんです。

働き方はさまざまで、お客様一人ひとり希望が違うように営業マン一人ひとりやりがいも違うと言っても過言でないくらい、楽しみにも多い仕事なんです。

確かに、扱う物件の金額が大きいことや、不動産を借りる、買うということは大きな決断を要する人生の出来事なのでその分かかる責任も大きなものになりますが、それは見方を変えるとより大きなやりがいの可能性を秘めているということになります。

人と関わるのが好き、街や人の生活を考えるのが好き、大きな目標に向かって頑張る事が快感、コツコツと地道に調べたり積み上げたりする事が好き、大きな金額を動かす仕事がしたい、そんな一見全然違う希望を持つ人が1つの会社で働いていけるのが不動産業なんです。

そんな方は、きっときっと不動産業界の扉をノックする事で自分自身でも気づいていなかった可能性を見つけ出せる事でしょう。

そして、もし不動産営業は好きだけど今の会社ではやりがいを見つけにくと感じている人は、不動産業界を離れるのではなくて今まで培ったスキルを武器に自分にあった会社を見つける事ができるのも不動産営業の魅力です。

不動産営業の良いところも悪いところも見て、一歩不動産営業に踏み出して見ませんか。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際に不動産営業求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

不動産営業求人

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスタ

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員はいくつかの物件について管理している状況ですから、そ

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給


不動産営業求人に関するコラム

不動産営業の仕事がおすすめな6個の理由。経験者が解説します

不動産営業というと皆様はどのような仕事をイメージされますか?給料がいい、ノルマが厳しい、休めない・・・など様々なイメージがあると思います。私は不動産営業として6年間働いてきた経験があり、現在はその経験を活かし別な仕事をしております。不動産営業はどちらかと言うと良いイメージより、悪いイメージを抱いている方の方が多いのではないかなと思っています。しかし、6年間不動産営業をやってきた私としては良い仕事であり、お奨めできる仕事だと思っています。ここでは不動産営業がなぜお奨めなのかということについて私の経験から感じたことを書かせて頂きます。不動産営業のおおまかな仕事内容とは?不動産営業と一口に言っても、

不動産営業の給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

不動産営業は一般的に高い年収が望める点が魅力と考えられています。不動産営業にも様々な種類がありますが、高い年収を望むのであれば「売買仲介営業」です。不動産売買仲介営業の給与の相場感や、昇給などについて自身の経験にもとづいて書いていきたいと思います。不動産営業の給料の相場はどのくらい?一般的に高収入が望めるというイメージをお持ちの方が多い不動産営業ですが、実際に給料(月給)の相場はどのくらいでしょうか?会社によっても当然差がありますが、一般的に不動産営業の基本給は低く設定されていることが殆どです。完全に「売ってなんぼ」の世界であり、売れない営業マンが高い水準の給与を貰うことは不可能です。また、売

不動産営業の仕事を辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

不動産営業について皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?一般的にはネガティブな、大変ノルマの厳しいイメージをお持ちの方が多いと思います。実際にはどうなのかと言うと、厳しい世界であり甘くはありません。その為、長く働き続けている方が少なく、比較的離職率の高い業界と言えます。しかし、高い収入が得られる可能性のある仕事でもある為、魅力的な仕事であるとも言えます。今回は、不動産営業をやっていて辞めたいと感じる理由と、その乗り越え方について書いていきたいと思います。不動産営業を辞めたいと感じる人の4個の理由とは?営業ノルマが厳しい不動産の営業ノルマは本当に厳しいです。高い収入が望める営業の仕事には

住宅営業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある4個の原因と対策。

住宅業界は離職率や転職率が高いと言わることも多いですが、そんな住宅業界の中でも特に営業は大変な仕事ではないかと思われているのではないでしょうか。「家」を扱う仕事なので、それだけ取引金額が大きいのでミスも許されません。また、「家」という人生にそう何度もない大きな買いものであるだけに、お客様に要求されることも厳しく、大きな責任とプレッシャーがかかります。この記事では、住宅営業を辞めたいと思った時の対策について紹介していきます。住宅営業を辞めたいと感じてしまう4個の原因と対策とは?住宅営業は、精神的にも身体的にも負担も感じることが多く、それだけ「辞めたい」と思ってしまうことも多いようです。契約がバン

注文住宅営業が向いている人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

「営業」と聞くと、ノルマがあって辛い、仕事の拘束時間が長いなど「大変な仕事」と言うイメージをもってしまう人が多いかもしれません。確かに転職者も多く、なかなか契約が取れなかったり、残業が続いたりすることもあるので、簡単にできる仕事ではありません。でも「注文住宅営業」は、人生でそう何度もない「家」を建てるお手伝いをする仕事であり、お客様から感謝されたり、「家」という大きなものの計画から完成するまでの過程を一番近くで関わることができるので、間違いなくやりがいを感じることができます。営業は「どうしたらこのお客様を攻略できるか」というゲームのような感覚がある仕事とも言えます。自由度が高く、自分のやりたい