不動産営業ってキツいだけの仕事?資格がないとできないのかな?と思われがちですが、実はそんなことはないのです。

不動産営業と一口に言っても様々な仕事内容があるので、未経験者でも時間に制限のある人でもやる気と覚悟があれば誰でもできる仕事なのです。

不動産営業の知識は、その後の人生に必ず役立つ知識となるので、不動産営業の知識を身につけるということは人生を豊かにすることにも繋がります。

そんな不動産営業の仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴、その後のキャリアについて紹介していきますね。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産営業の仕事は大きく4つの役割に分けられます。

不動産の仲介

不動産流通事業会社に勤務して、一戸建て住宅やマンション、アパート、土地、店舗、倉庫、工場などの不動産物件の売買や賃貸を仲介する仕事です。

売りたい物件、貸したい物件と買いたい人、借りたい人とを繋ぐお仕事です。

住宅、土地の販売

不動産販売事業会社に勤務して、一戸建てや分譲マンション、土地を販売する仕事です。

お客様から信頼されて購入してもらえるような営業力が必要です。

不動産の企画、開発

デベロッパーと呼ばれる不動産開発、販売事業会社に勤務して、大規模なマンションや商業施設、複合施設に適した土地を探し、建設の企画、開発を行います。

土地の価値を見極め、そこに建物を建て不動産としての価値を高めることが不動産企画、開発の仕事です。

綿密な調査によって土地の持つ可能性を見極め、ニーズの高いより良い建物を建てる企画力や開発力が求められる仕事です。

投資物件の仲介

不動産投資を検討している方に、より良い投資不動産物件を仲介します。

相場や、経済に幅広い知識を持ち先を見通す力を必要とします。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産仲介の3つの業務

一戸建て住宅、分譲マンションの仲介

市場に出ている一戸建て物件や分譲マンションを購入希望のお客様に紹介する業務です。

お客様のニーズに合わせた物件情報の収集や、お客様の資金に応じてより良い不動産物件を紹介することが主な業務です。

売買物件の仲介の場合は、物件購入の際の銀行ローンやフラット35といった借り入れの資金計画の相談に乗ることもあります。

仲介業務の大切な業務の一つに、市場に出ている物件の仲介だけでなく売却不動産を預かって売却先を探す業務もあります。

売却希望の不動産物件を担当する場合は、依頼物件の詳細や相場を調べて売却価格の査定をし、広告宣伝を行って購入希望者への紹介などを行います。

店舗、倉庫、土地などの大型物件の仲介

住まいの仲介とは別に、ビジネスに必要な店舗、倉庫、土地などの仲介業務もあります。

その場合は、お客様は法人もしくはこれからビジネスを始める起業家の方になります。

お客様の希望の店舗や、倉庫、土地をご紹介する業務です。

店舗の場合、元のお店で使っていた機材や備品も売却物件に含まれている場合があるので、その場合は店舗の仲介だけでなくそれら造作も一緒に仲介する業務を行います。

住まいの物件に比べて市場に出ている物件が多くはない為、お客様のニーズに合う物件を探す業務も大切な業務となります。

マンション、アパート、一戸建て、店舗、土地、などの賃貸仲介

市場に出ているマンション、アパート、店舗、土地などを賃貸希望のお客様に紹介する業務です。

賃貸の場合は、主に不動産店舗に直接来店されたりお電話で問い合わせ頂いたお客様に賃貸物件をご紹介して、実際に物件にご案内する業務を行います。

マンション、アパート、一戸建て、店舗、土地と、物件の違いに関わらず賃貸希望の物件を探すのもまた、仲介業務の大切な仕事の一つです。

賃貸希望の物件の詳細、相場を調べ、賃貸価格を設定し、広告宣伝し、借りたいお客様にご紹介します。

→『営業職の転職でおすすめな転職サイトランキング【未経験者もOK】』はこちら

住宅、土地販売の3つの業務

住宅販売営業

分譲マンション、一戸建てなどを販売する営業業務です。

広告宣伝を見て問い合わせをして来たお客様や、住宅展示場やモデルルームにご来店いただいたお客様へ営業活動を行い、物件の販売を行います。

よりお客様に物件のことを気に入って頂くために、近隣の商店街や学校、公園などの実際に生活を営む時に必要となる情報を幅広く持つことも、住宅販売の大事な仕事です。

土地販売営業

土地の販売は、大きく分けて法人への販売を主にした広い土地の販売と個人住宅建設用の土地の販売があります。

広告宣伝を見て問い合わせ頂いたお客様や、土地を必要としてる方への訪問営業または電話営業で興味を持っていただいたお客様を探し、土地を販売する業務があります。

仕入れ

分譲マンションや分譲住宅、土地の販売に欠かせないのは土地の仕入れ業務です。

どういう土地かということが販売する上で一番重要になってくるので、それぞれ販売する上でどう土地を活用するのかを想定した仕入れ業務を行います。

不動産の企画、開発の3つの業務

土地の調査

様々な調査によって土地が持つ可能性を見つけ出します。

それは、道路事情であったり電車などのアクセスはもちろんのこと、近隣で暮らす人々の暮らしや学校環境などありとあらゆることを調査したり、目的に合った土地を見つけ出す業務を行います。

仕入れ

市場に出ている売地情報から良いものを探し仕入れを行うのはもちろんのこと、調査によって良い土地と判断した土地を土地の所有者に交渉して土地を購入することも仕入れの業務です。

仕入れ価格の交渉もまた大切な業務です。

せっかく仕入れた良い環境の土地に良い建物を建てても、販売価格があまりにも相場とかけ離れていてはお客様に買っていただけないので、仕入れの際の価格交渉というのも大切な業務の一つです。

開発

建物が完成するまでの管理を行います。

近隣の説明会を開き、こういう建物が建って、その際に騒音や振動、日照などに影響が出ますがご了承くださいなどの説明を行い、納得いただいた上で話を進める業務があります。

続いては、実際に建物を建てる際に必要となってくる材料の手配や人の確保、納期などの建築に必要な管理を行います。

不動産投資物件の仲介の1つの業務

電話営業が主な業務となります。

お客様に電話をして興味を持って頂いた方へ営業し、不動産投資物件を仲介します。

仲介する不動産物件の知識はもちろんのこと、経済、政治、不動産以外の投資マーケットの知識もとても必要となる業務です。

実際に投資を行っている方への営業もありますが、資産を運用したい、増やしていきたい方を探し営業する業務も大切な業務の一つです。

→『営業職の転職でおすすめな転職サイトランキング【未経験者もOK】』はこちら

不動産営業の仕事はどんな人に向いている?

不動産営業に向いているのはどんな人でしょうか?

不動産営業に向いている人の特性を紹介していきます。

地道な努力を継続できる人

扱う商品としては目に見える住居という大きな物であり値段も高額なので、その点においては派手な仕事と言えますが、販売する上で行う営業は地道な努力の積み重ねであり、それをひたすら継続的に行う仕事です。

地道な努力ができるだけではなく、継続できる人が向いています。

人あたりが良い人

住む場所を選ぶ時や高額な買い物をする時は安心できる人から買いたいと思うのは誰でも同じです。

人に不快感を与えず、安心させられるような雰囲気を出せる人は向いています。

はっきりとアドバイスできる人

住宅選びは、お客様にとっては大きな決断です。

迷うことは当然と言えます。

迷った時に、的確なアドバイスをはっきりと伝えられる人が向いています。

強引さを持てる人

強引と言うと押し売りのようなイメージを持つ人も多いかもしれませんがそうではなく、時には強く押せる人が向いています。

アドバイスをしたり情報を提供するだけでは、お客様は意思決定してくれません。

意思決定を促すために、相手に不快感を与えず成約に結びつけていく強引さを持てる人が向いています。

不動産が好きな人

物件図面やマンション広告を見るのが好きな人など、不動産が好きという人が向いています。

同じ事を繰り返し行っていく仕事なので、この要素がないと長く続けていくことができません。

大きな収入を得たい人

売買営業では、例えば一般的な設定である販売価格の3パーセント+6万円だとすると、一億円の物件を一件成約すると306万円の手数料が入ります。

高額物件の成約一つで大きな収入を得られるチャンスがあり、一発当てて大きな収入を得たいという野心のある人が向いています。

見た目が良い人

これは賛否両論あるかもしれませんが、私の経験上、売れている営業には見た目の良い人が多いです。

売れるために、身だしなみにも気を遣っているとも言えます。

見た目が良い人も、適性があると言えるでしょう。

対人折衝能力が高い人

様々な職業、年代、性格の方がお客様となります。

どのようなお客様でも上手く対応できる対人折衝能力が高い人が向いています。

我慢強い人

高額な不動産を販売するにあたり、様々なお客様と上手くお付き合いする必要があります。

中には非常に変わった方や理不尽な注文ばかりしてくる方、ちょっとしたことでクレームをすぐに入れてくる方など、本当に様々なお客様を相手にしなければなりません。

例え理不尽なことを言われても、笑顔でさらりと流せるような我慢強い人が向いています。

気力と体力のある方

不動産業界で長く働き続けられる人は実は少ないです。

なぜかと言うとシンプルな業務ですが奥が深く、第一線で仕事をしていくことを考えると勉強し続ける必要があり、また日々の営業活動についてはポスティングなどの体力勝負である部分も大きく、気力と体力が続かず辞めてしまう人も多いのです。

気力、体力共に自信がある人が向いています。

不動産営業の仕事に向いていない人の特性

不動産営業に向いていないのはどんな人でしょうか?

私が出会った不動産営業の中で、この人は適正がないなと感じた人の特徴を挙げていきます。

地道な努力ができない人

一攫千金を目指しひたすら大きな案件を狙いにいくような地道な努力が継続できない人は向いていません。

そういう人は、成果を出す前に投げ出してしまいがちであり、すぐに辞めてしまいます。

暗い人

雰囲気が暗い人は向いていません。

暗い人はお客様から嫌煙されがちで、お客様を担当しても商談が成約に進みにくいです。

はっきりと物が言えない人

高額な物件を購入する時や、長く住もうとする住居を選ぶ時、多くのお客様は迷うものです。

そういう時に、お客様は背中を押すような一言を待っているケースが多いです。

こうした場面ではっきりした物言いができない人は向いていません。

強引さが持てない人

相手が不快感を感じないという大前提がありますが、ある程度強引に成約まで進めていくことができる強引さがない人は向いていません。

それができなければお客様にとってはただの良い人であり、他の会社で決められてしまいます。

ただ知識がありアドバイスをしてお客様から感謝されても、それだけでは殆どのお客様は成約には至りません。

話すのが苦手な人

人と話すことが苦手だったり、会話が下手な人は向いていません。

おしゃべりである必要はありませんが、会話の中で様々な情報を引き出さなければならないからです。

もっと具体的に言うと、質問が下手な人は営業として成果を上げにくいです。

清潔感に欠ける人

お客様に対して高額な不動産を販売するので、売る側もそれなりの身だしなみが必要です。

高級なマンションや戸建を販売する営業マンには、ボールペンなどの持ち物やスーツなどもこだわっている人が多く、売れている営業マンの中に身なりがだらしない人などはいません。

身だしなみがだらしない、清潔感に欠ける人は向いていません。

不動産営業の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

不動産物件は賃貸、売買、投資と目的は異なっていても、扱っている物件取引金額が大きく、お客様にとっては大きな決断が必要です。

また、家を借りる買うというのは人生の大きな節目となる瞬間でもあるのでその大切な節目を良いものにするためのお手伝いができるというのは、大きなやりがいとなります。

賃貸、売買、投資のどれであってもお客様にとっては大きな金額を動かすことになるので、契約をしてお客様に喜んで頂けた時は大きな達成感とやりがいを感じられます。

不動産業で働くメリット

不動産業界は、年功序列ではなく実力主義で評価されることが多いため、仕事のできる人材には老若問わず責任ある仕事を任せられることが多いです。

やる気があって、スキルを身につけていきたいと考える人には、年齢が若くて業界未経験であっても出世できるチャンスが多くあります。

若い内から責任ある仕事をこなすことで、より高い出世を目指すことができます。

職種が幅広いから自分にあった仕事を選べる

不動産業務は、建物を売る、貸すと一口に言っても、賃貸、仲介、販売、開発と、多くの業務があります。

不動産業界に興味があるけど、いきなり大きな金額の売買物件の営業は難しそうという方でも、賃貸仲介の業務から始めて慣れて来たら売買仲介を経験するといったことも比較的簡単にできるのです。

業界内での転職がしやすい

不動産業界での経験は無駄になるスキルが少ないので、様々な経験を積んでお給料アップのための転職を狙うことができます。

また様々な会社での経験を生かして、独立なんてことも夢ではないのです。

ノルマが大変、勤務時間が合わない、職場の雰囲気に馴染めないなどの理由で離職する人が多いのも事実ですが、逆に転職のチャンスも多くあるのが不動産業界です。

自分の働くスタイルに合わせた会社選びがしやすい業界です。

面白いポイント

不動産営業の面白いポイントは多々あり、それがやりがいにも繋がっていきますので、不動産業の面白さに気づくことが長続きのコツだと思います。

人と関わる仕事

不動産物件は人々の暮らしになくてはならないものなので、人の生活や人生に深く関わることとなります。

沢山の方と関わることで、自分一人では得られない知識や考え方に触れることができ、自分自身の生活も豊かになります。

基本的に人と関わることが好きな人には、もってこいの業務です。

体育会系の職場が多い

週末が一番忙しい仕事であり、尚且つ個人個人で掲げる目標営業額も大きい業界なので、団結して目標に向かって邁進することが多い業界でもあります。

その為、どうしてもノリが体育会的なことが多く、目標を達成するとみんなで盛り上がるなんてこともよく見受けられます。

余談ですが、飲み会が多いのも不動産業界の特徴です。

そういった雰囲気が好きな人には、とても楽しい職場だと言えます。

生活の役に立つ

住まいのお仕事なので、自分自身の生活の知識が仕事に役立ち、また仕事で得た知識が自分の生活にも役立つお仕事です。

プライベートで部屋を賃貸で借りたり家を購入していれば、それはそのまま仕事を始める最初の知識となり得るのです。

例えば、網戸の汚れを取ること一つでも、大きな街道に面した賃貸物件で網戸の汚れで悩んでいるお客様にアドバイスができる、といったように、生活全てが仕事に役立つのです。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産営業の仕事で活かせる、今までの経験

不動産営業を行う上で、どのような経験が活かせるのでしょうか?

役に立つ経験を挙げていきます。

接客業の経験

不動産営業では、人と接することなく仕事を完結できることはありません。

全てのプロセスで、様々な立場の人と調整を行いながら進めていくことが求められていきます。

接客業の経験で、相手にとって気持ちの良い接し方ができる人は、その経験を大いに活かすことができるでしょう。

金融業の経験

賃貸営業では必要ありませんが、不動産売買の営業をするのであれば、金融業の経験による知識は確実に役立ちます。

不動産を金融商品と同じ投資商品と考えるお客様や、購入時にローンの相談に乗って買える状況を整えてあげる必要もあるからです。

金融業の経験により金融知識がある人は、その経験を活かした活躍ができます。

広告営業の経験

賃貸営業でも売買営業でも、いかにお客様に知ってもらうか、連絡をもらうか、来店してもらうか、が勝負です。

そのため、各不動産会社はお金と手間を使い、集客活動に力を入れます。

広告営業の経験があり、集客ノウハウを持っている人は重宝されるはずです。

ポスティングバイトの経験

不動産営業の集客活動の一つとしてよく使われるのが、ポスティングや街頭でのチラシ、ティッシュ配りです。

効果があるので各社行うのですが、やってみると大変です。

ある程度精神的にもタフさが求められます。

この活動が嫌で辞めていく人も少なくありません。

ポスティングやチラシ、ティッシュ配布の経験があり慣れている人は、それが強みとなります。

その後のキャリアについて

不動産営業を経験した後の考えられるキャリアについて記載します。

独立開業

売買でも賃貸でも、ある程度の売上を安定して確保でき、情報収集、集客、追客のノウハウがあれば独立開業することが可能です。

そのため、法人化してブローカーのような立場で大きな収入を得ている人も沢山います。

しかしながら、逆に失敗している人も沢山いるのも現実です。

会社の看板が外れた時に、同じように付き合ってもらえる人脈が非常に重要です。

また、自分一人では限界があるので、自分のノウハウを他のスタッフに教えて、それを実践できるかどうかも冷静に考えなければなりません。

コンサルタント

コンサルタントという道もあります。

コンサルタントになるには、不動産でも土地、建物だけではなくREITなどの不動産金融の知識も必須です。

不動産に関してはほとんど知り尽くし経験も充分といった人は、コンサルタントとして転職することや独立することも可能です。

まとめ

不動産営業と聞くと、どうしてもキツい、大変、ノルマがある、というイメージが強くなっていますが、不動産営業というのは本当に奥深く興味深い仕事なのです。

働き方は様々で、お客様一人一人希望が違うように、営業マン一人一人やりがいも違うと言っても過言でないくらい、楽しみも多い仕事なのです。

確かに、扱う物件の金額が大きいことや不動産を借りる・買うということは大きな決断を伴う人生の出来事なので、その分営業にかかる責任も大きなものになりますが、それは見方を変えると、より大きなやりがいの可能性を秘めているということになります。

人と関わるのが好き、街や人の生活を考えるのが好き、大きな目標に向かって頑張ること好き、コツコツと地道に調べたり積み上げたりすることが好き、大きな金額を動かす仕事がしたい、そんな一見全く異なる希望を持つ人達が一つの会社で働いていけるのが不動産業なのです。

そんな方は、きっと不動産業界の扉をノックすることで、自分自身でも気づいていなかった自身の可能性を見つけ出せることでしょう。

そして、もし不動産営業は好きだけど今の会社ではやりがいを見つけにくと感じている人は、不動産業界を離れるのではなく、今まで培ったスキルを武器に自分に合った会社を見つけることができるのも不動産営業の魅力です。

不動産営業の良いところも悪いところも見て、不動産営業に一歩踏み出してみませんか。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際に不動産営業求人を探す時は、こちらの記事を参考に!




不動産営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

不動産営業の仕事がおすすめな理由教えます!きつい?成功する人の特徴はコレ!

不動産営業というと、皆様はどのような仕事をイメージされますか?給料が良い、ノルマが厳しい、休めない・・・など様々なイメージがあると思います。私は不動産営業として6年間働いてきた経験があり、現在はその経験を活かして別の仕事をしています。不動産営業はどちらかと言うと良いイメージより悪いイメージを抱いている人のほうが多いのではないかなと思います。しかし、不動産営業を6年間やってきた私としては、不動産営業は良い仕事であり、おすすめできる仕事だと思っています。ここでは、不動産営業がなぜおすすめなのかということについて、私の経験から感じたことを紹介していきます。不動産営業のおおまかな仕事内容とは?不動産営

不動産営業の給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

不動産営業は一般的に高い年収が望める点が魅力と考えられています。不動産営業にも様々な種類がありますが、高い年収を望むのであれば「売買仲介営業」が良いでしょう。そこで今回は、不動産売買仲介営業の給与の相場感や昇給などについて、筆者自身の経験に基づいてお伝えしていきたいと思います。不動産営業の給料の相場はどのくらい?一般的に高収入が望めるというイメージをお持ちの方が多い不動産営業ですが、実際に給料(月給)の相場はどのくらいなのでしょうか?会社によっても当然差がありますが、一般的に不動産営業の基本給は低く設定されていることがほとんどです。不動産業界は「売ってなんぼ」の世界であり、売れない営業マンが高

不動産営業の仕事を辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

不動産営業について皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?一般的にはネガティブな、ノルマが厳しいイメージをお持ちの方が多いと思います。実際にはどうなのかというと、確かに厳しい世界であり甘くはありません。その為、長く働き続けている方が少なく、比較的離職率の高い業界と言えます。しかし、高い収入が得られる可能性のある仕事でもある為、魅力的な仕事であるとも言えます。今回は、不動産営業をやっていて辞めたいと感じる理由と、その乗り越え方について書いていきたいと思います。不動産営業を辞めたいと感じる人の4つの理由とは?営業ノルマが厳しい不動産の営業ノルマは本当に厳しいです。高い収入が望める営業の仕事に

住宅営業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある4個の原因と対策。

住宅業界は離職率や転職率が高いと言わることも多いですが、そんな住宅業界の中でも特に営業は大変な仕事ではないかと思われているのではないでしょうか。「家」を扱う仕事なので、それだけ取引金額が大きいのでミスも許されません。また、「家」という人生にそう何度もない大きな買いものであるだけに、お客様に要求されることも厳しく、大きな責任とプレッシャーがかかります。この記事では、住宅営業を辞めたいと思った時の対策について紹介していきます。住宅営業を辞めたいと感じてしまう4個の原因と対策とは?住宅営業は、精神的にも身体的にも負担も感じることが多く、それだけ「辞めたい」と思ってしまうことも多いようです。契約がバン

注文住宅営業が向いている人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

「営業」と聞くと、ノルマがあって辛い、仕事の拘束時間が長いなど「大変な仕事」というイメージを持ってしまう人が多いかもしれません。確かに転職者も多く、なかなか契約が取れなかったり、残業が続いたりすることもあるので、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。しかし、「注文住宅営業」は人生でそう何度もない「家」を建てるお手伝いをする仕事であり、お客様から感謝されたり、「家」という大きなものの計画から完成するまでの過程を一番近くで関わることができるので、間違いなくやりがいを感じることができます。営業は「どうしたらこのお客様を攻略できるか」というゲームのような感覚がある職業とも言えます。更に、自由度が高く