不動産営業ってキツイだけの仕事?資格がないと出来ないのかな?と思われがちですが、実はそんな事はないのです。

不動産営業と一口に言っても色々な仕事内容があるので、未経験者でも時間に制限のある人でもやる気と覚悟があれば誰でも出来る仕事なんです。

不動産営業の知識は、その後の人生に必ず必要となる知識となるので不動産営業の知識を身につけるという事は人生を豊かにする事にも繋がるのです。

そんな、不動産営業の仕事内容を紹介していきますね。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産営業の仕事は大きく4個の役割に分けられます。

不動産の仲介

不動産流通事業会社に勤務して、一戸建て住宅やマンション、アパート、土地、店舗、倉庫、工場などの不動産物件の売買や賃貸を仲介する仕事です。

売りたい物件、貸したい物件と買いたい人、借りたい人とを繋ぐお仕事です。

住宅、土地の販売

不動産販売事業会社に勤務して、一戸建てや分譲マンション、土地を販売する仕事です。

不動産の企画、開発

デベロッパーと呼ばれる不動産開発、販売事業会社に勤務して、大規模なマンションや商業施設、複合施設に適した土地を探し、建設の企画、開発を行います。

土地の価値を見極め、そこに建物を建て不動産としての価値を高める事が不動産企画、開発の仕事です。

綿密な調査によって土地の持つ可能性を見極めより良いニーズの多い建物を建てる企画力、開発力が求められる仕事です。

投資物件の仲介

不動産投資を検討している方に、より良い投資不動産物件を仲介します。

相場や、経済に幅広い知識を持ち先を見通す力を必要とします。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産仲介の3個の業務

一戸建て住宅、分譲マンションの仲介

市場に出ている一戸建て物件や、分譲マンションを購入希望のお客様にご紹介する業務です。

お客様のニーズに合わせた物件情報の収集や、お客様の資金に応じてより良い不動産物件をご紹介する事が主な業務です。

売買物件の仲介の場合は、物件購入の際の銀行ローンや住宅金融公庫と言った借り入れの資金計画のご相談に乗る事もあります。

仲介業務の大切な業務の1つに、市場に出ている物件の仲介だけでなく売却不動産物件を探す業務も行います。

売却希望の不動産物件を担当する場合は、依頼物件の詳細や相場を調べて売買価格の査定をし、広告宣伝を行って購入希望者への紹介などを行います。

店舗、倉庫、土地などの大型物件の仲介

住まいの仲介とは別に、ビジネスに必要な店舗、倉庫、土地などの仲介業務もあります。

その場合は、お客様は法人もしくはこれからビジネスを始める起業家の方になります。

お客様の希望の店舗や、倉庫、土地をご紹介する業務です。

店舗の場合、元のお店で使っていた機材や備品時にはお店の名前も一緒に販売している場合があるので、その場合は店舗の仲介だけでなく造作も一緒に仲介する業務を行います。

住まいの物件に比べて市場に出ている物件が多くはない為、お客様にニーズにあう物件を探す業務も大切な業務となります。

マンション、アパート、一戸建て、店舗、土地、などの賃貸仲介

市場に出ているマンション、アパート、店舗、土地などを賃貸希望のお客様に紹介する業務です。

賃貸の場合は、主に不動産店舗に直接来店されたりお電話で問い合わせ頂いたお客様に賃貸物件をご紹介して、実際に物件にご案内する業務を行います。

マンション、アパート、一戸建て、店舗、土地と物件の違いに関わらず賃貸希望の物件を探すのもまた、仲介業務の大切な仕事の1つです。

賃貸希望の物件の詳細、相場を調べ賃貸価格を設定し広告宣伝し借りたいお客様にご紹介します。

住宅、土地販売の3個の業務

住宅販売営業

分譲マンション、一戸建てなどを販売する営業業務です。

広告宣伝を見て問い合わせをして来たお客様や、住宅展示場やモデルルームにご来店いただいたお客様へ営業活動を行い物件の販売を行います。

よりお客様に物件のことを気に入って頂くために、近隣の商店街や学校、公園などの実際に生活を営む時に必要となってくる情報を幅広く持つ事も、住宅販売の大事な仕事です。

土地販売営業

土地の販売は、大きく分けて法人への販売を主にした広い土地の販売と、個人住宅建設用の土地の販売があります。

広告宣伝を見て問い合わせ頂いたお客様や、土地を必要としてる方への訪問営業または電話営業で興味を持っていただいたお客様を探し土地を販売する業務があります。

仕入れ

分譲マンションや分譲住宅、土地の販売に欠かせないのは土地の仕入れ業務です。

どういう土地かという事が、販売する上で一番重要になってくるので、それぞれ販売する上でどう土地を活用するのかを想定した仕入れ業務を行います。

不動産の企画、開発の3個の業務

土地の調査

さまざまな調査によって土地が持つ可能性を見つけ出します。

それは、道路事情であったり電車などのアクセスはもちろんの事、近隣でくらす人々の暮らしや学校環境などありとあらゆる事を調査しより目的にあった土地を見つけ出す業務を行います。

仕入れ

市場に出ている売地情報から良いものを探し仕入れを行うのはもちろんの事、調査によって良い土地と判断した土地を土地の所有者に交渉して土地を購入するのもまた仕入れの業務です。

仕入れの価格の交渉もまた大切な業務です、せっかく仕入れたいい環境の土地に良い建物を建てても販売価格があまりにも相場とかけ離れていてはお客様に買っていただけないので、仕入れの際の価格交渉というのも大切な業務の1つです。

開発

建物が完成するまでの管理を行います。

近隣の説明会を開き、こういう建物が建って、その際に騒音や振動、日照などに影響が出ますがご了承くださいと説明しご納得いただいた上で話を進める業務があります。

次は実際に建物を建てる際に必要となってくる材料の手配や人の確保、納期などのありとあらゆる建築に必要な管理を行います。

不動産投資物件の仲介の1個の業務

電話営業が主な業務となります。

お客様にお電話して興味を持って頂いた方へ営業し、不動産投資物件を仲介します。

仲介する不動産物件の知識はもちろんの事、経済、政治、不動産以外の投資マーケットの知識もとっても大切な業務です。

実際に投資を行っている方への営業もありますが、資産を運用したい、増やしていきたいと言った方を探し営業する業務も大切な業務の1つです。

銀行業務との仕事内容の違い

一般的に銀行業と、不動産業は全く異なる業種のように思われていますが実はとてもよく似ている仕事なんです。

銀行の仕事というのは、お客様の大切な資産(お金)を預かったり、必要な方に貸したり運用のご相談にのるのが業務ですが、不動産業もお客様の大切な資産(不動産)を運用する、借りたい、貸したい、買いたい、売りたいと言ったご相談に乗ってお手伝いする事が仕事です。

どちらもお客様に信頼して頂いて初めてお取り引きさせて頂くという意味で、信頼関係を築く相手は人であるというところもよく似ているのですが、仕事内容の違いは何かというと、銀行は扱っている資産がお金なので、お客様に来て頂いて銀行店舗内での業務が多いです、不動産業は扱っている資産が不動産つまり動かないものなのでお客様と共に不動産物件のある場所まで行来ます。

それから銀行業の扱うものはお金なので実際にあるものをどうするのかというのが、銀行業務だということに対し、お客様のニーズに合う物件を探し、ご紹介するというのが不動産営業の業務というところが違いです。

不動産営業の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

不動産物件は賃貸、売買、投資と目的は異なっていても扱っている物件取引金額が大きく、お客様にとっては大きな決断が必要になって来ます。

また、家を借りる買うというのは人生の大きな節目となる瞬間でもあるのでその大切な節目をより良いものにするためのお手伝いが出来るというのは、大きなやりがいとなります。

賃貸、売買、投資であってもお客様にとっては大きな金額を動かす事になるので、契約をしてお客様に喜んで頂けた時は大きな達成感とやりがいを感じられます。

不動産業で働くメリット

不動産業界は、年功序列ではなく実力主義で評価される事が多いため、仕事の出来る人材には老若問わず責任の仕事を任せられていきます。

やる気のあるスキルを身につけて行きたいと考える人には、年齢が若くて業界未経験であっても出世できるチャンスが多くあります。

若いうちから責任ある仕事をこなすことで、より高い出世を目指す事ができます。

職種が幅広いから自分にあった仕事を選べる

不動産業務は賃貸、仲介、販売、開発と建物を売る、貸すと一口に言ってもたくさんの業務があります。

不動産業界に興味があるけど、いきなり大きな金額の売買物件の営業は難しそうという方でも、賃貸仲介の業務から初めて慣れて来たら売買仲介を経験すると言ったことも比較的簡単にできるのです。

業界内での転職がしやすい

不動産業界での経験は無駄になるスキルが少ないので、色々な経験を積んでお給料アップのための転職が狙えます。

また色々な会社での経験を生かして、独立なんてことも夢ではないのです。

ノルマが大変、勤務時間が合わない、職場の雰囲気に馴染めないなどの理由で離職する人が多いのも事実ですが逆に転職のチャンスも多くあるのが不動産業会です。

自分の働くスタイルに合わせた会社選びがしやすい業界です。

面白いポイント

不動産営業の面白いポイントは色々あり、それがやりがいにも繋がって行きますので、不動産業の面白さに気づく事が長続きのコツですね。

人と関わる仕事

不動産物件は人々の暮らしになくてはならないものなので、人の生活人生に深く関わることとなります。

たくさんの方と関わることで、自分一人では得られない知識や考え方に触れる事ができ自分自身の生活も豊かになります。

基本的に人と関わる事が好きな人には、もうもってこいの業務です。

体育会系の職場が多い

週末が一番忙しい仕事であり、なおかつ個人個人で掲げる目標営業額も大きい業界なので団結して目標に向かって邁進する事が多い業界でもあります。

その為、どうしてもノリが体育会的にな事が多く目標を達成するとみんなで盛り上がるなんてこともよく見受けられます。

余談ですが、飲み会が多いのも不動産業界の特徴です。

そう言った雰囲気が好きな人には、とても楽しい職場だと言えます。

生活の役に立つ

住まいのお仕事なので、自分自身の生活の知識が仕事に役立ち、また仕事で得た知識が自分の生活にも役立つお仕事です。

プライベートで、部屋を賃貸で借りたり家を購入していればそれはそのまま仕事を始める最初の知識となり得るのです。

例えば、網戸の汚れを取ること1つでも大きな街道に面した賃貸物件であればお客様に網戸の汚れで悩んでいる件にも、アドバイスをできると言ったように生活すべてが仕事に役立つのです。

「不動産営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

不動産営業と聞くと、どうしてもキツイ、大変、ノルマがある、でも高給というイメージだけになっていますが、不動産営業というのは本当に奥深く、興味深い仕事なんです。

働き方はさまざまで、お客様一人ひとり希望が違うように営業マン一人ひとりやりがいも違うと言っても過言でないくらい、楽しみにも多い仕事なんです。

確かに、扱う物件の金額が大きいことや、不動産を借りる、買うということは大きな決断を要する人生の出来事なのでその分かかる責任も大きなものになりますが、それは見方を変えるとより大きなやりがいの可能性を秘めているということになります。

人と関わるのが好き、街や人の生活を考えるのが好き、大きな目標に向かって頑張る事が快感、コツコツと地道に調べたり積み上げたりする事が好き、大きな金額を動かす仕事がしたい、そんな一見全然違う希望を持つ人が1つの会社で働いていけるのが不動産業なんです。

そんな方は、きっときっと不動産業界の扉をノックする事で自分自身でも気づいていなかった可能性を見つけ出せる事でしょう。

そして、もし不動産営業は好きだけど今の会社ではやりがいを見つけにくと感じている人は、不動産業界を離れるのではなくて今まで培ったスキルを武器に自分にあった会社を見つける事ができるのも不動産営業の魅力です。

不動産営業の良いところも悪いところも見て、一歩不動産営業に踏み出して見ませんか。

実際に不動産営業求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

不動産営業求人