皆さんの中にも不動産の営業へ転職したいと思う方がいるかもしれません。

収入面でも良さそうなイメージがありますし知識があれば尚更チャレンジしてみたい分野にもなってきます。

不動産関係の仕事が長くなれば接客といった営業の基礎知識というものも身についていますし、お客がどういった話題を求めているのかもある程度は知り得ているはずです。

また、全く違った業種からの転職ということを考える人も出てきます。

その理由の多くは年収の高さに魅力を感じるからとなります。

営業職でも不動産の業界は需要も多くあり、他の業界よりも仕事がしやすいと感じる方も多いかもしれません。

そういった状況で自分の今の年収に満足できない人が営業という形で不動産の業界へ希望しているのですが、全く知識がない人はどういった募集での応募をすればよいのかという事です。

年収を上げたいのに事務の募集へ応募しても意味のないことですしこういったものには経験年数などが問われるかも気になりますよね?

募集はしていても肝心の事が記載されていなければ応募してしまうことにもなりますが、会社側は経験者を求めているとすればお互いに時間の無駄にもなってしまう可能性があるのです。

転職はきちんとした情報を元にしなければ将来のリスクともなってしまうものであり、企業側がどのような人物を求めているのかがわかっていない状態であれば、いくら応募しても採用されることはありません。

それではせっかくの転職しようとする気持ちも萎えてしまいますし、自分で決めたのであればどうしても採用の言葉がほしいと思いますよね?

それではどういったことに注意をしていけば良いという事になるのですが、不動産の営業はかなり数が多くなり一言でコレだ!と言うことにはなってきません。

色々な職種の中から自分に一番合ったものに対して何をすべきかを決めることから始まってくるのです。

それは職種によって様々なこととなってきますし、自分が磨かなければいけないスキルというものも出てきます。

良い転職というものは簡単にできることではなく、いかに苦労をしてやり遂げたことが結果となってついてくるようになります。

私の場合もそうでしたが、転職を決めてからの色々な準備期間にはかなりの時間を費やしてきました。

その事によって自分に一番良い環境での転職が可能となり収入面にしても満足の出来る職種へ就くことが出来たのです。

そこで今回は不動産関係への転職を考えるにあたりどういったことに対して気をつけていけば良いのかをお話ししていきたいと思います。

これから転職を考える人にとってはかなり役立つ情報となってきますので自分での転職の際にはお役立て下さい。

それではまずは不動産営業の種類というものを知っておくことが大切になってきます。

自分がこれから扱う商品を選別していくことで転職に有利なものは何かというものがここでわかってくるようにもなりますので、しっかりと営業の種類を確認するようにしていきましょう。

不動産営業にはどんな種類があるの?

営業職への転職はある程度の知識や営業スキルというものが必要となり誰にでも出来るということにはなってきません。

数字なども求められる日々になりますので精神面でも強く保てるということが必要になり、自分でもある程度の自信というものを持っていなければ多くのストレスを抱えることになっていきます。

この場合で大切なことは自分に一番合った職種を選んでいくことでありその選択が間違ったものであれば転職はほとんどの場合失敗となります。

中には失敗の後に奮起するという方もいますが、一度自信を失った人は多くのケースで辞めるという結果となりますのでご注意下さい。

それでは一般的に募集がよく見つかるという不動産営業をご紹介していきますので、ここでも自分が出来そうなものがあればチェックをしていくようにしましょう。

このチェックという行動は転職には必ずと言ってよいほどやって良かったと思えることになりますので面倒ではありますが実行するようにして下さい。

不動産営業の募集でよくある事業形態のパターン

売買や仲介を行う会社

トップバッターとして抑えておくべき営業は売買や仲介の会社となります。

ここでは不動産の知識などをフルに使える方であればそれほど苦労をしなくても良いことになりますが、営業スタイルなどについてのことを挙げていきたいと思います。

売買などを扱う場合ですが多くのお客は早期での契約を望んでいることとなりますので、出来るだけ早い段階での代理契約が出来る状態にすることが大切になってきます。

売主にしても買主にしても見つけるまでが一番苦労することとなりますが、ここでは横の繋がりなどを十分に活かしていくことも考えましょう。

不動産の世界は何かしら助け合いの気持ちがある業界でもありますのでそういった事を利用することも顧客の満足度へ繋がってきます。

ここで必要になるのが業界での経験年数などになり、他の業界からの飛び込みなどは少し難しい所でもありますので十分に検討して下さい。

売買などではスピードを意識した契約も大事になってきますので、知識も大切ですが横の繋がりを作れる環境にいることも大事なのです。

賃貸を行う会社

賃貸仲介営業というものがありますがこれは募集内容に未経験でも大丈夫という言葉を見かけることが多くなると思います。

ここでは主に賃貸契約を取ることが主な業務となってきますので接客などに自信があれば比較的楽に転職が出来る会社だと考えて下さい。

これには不動産の知識が備わっていれば尚ベストですが他業種からの転職者もいますので、今の仕事が不動産関係ではなくとも営業の職に就くことは可能です。

ただし、やっておきたいことは宅建業法の勉強を兼ねての宅建士の資格を取ることとなります。

就職先となる会社でも優遇されますし任される仕事の幅も広がってきます。

賃貸仲介営業の場合には不動産を始めとする建築の知識も自分の活かせるスキルとなってきますので、宅建士の勉強をすることはどちらにも対応できるものとなるので転職の時にはかなり役立ってくれることになります。

今までは資格というものに目を向けなかった方でも不動産関連の営業では知識が豊富な人が売れる傾向となっています。

お客に質問されることも多くなりますし、自分でも即答が出来ないのであれば売れる営業マンにはなれません。

事業形態としては主にこの2つのパターンが多くなるはずですので一応どちらを選ぶのかを決めてみることも大切になります。

最終的には収入などを検討しながら決めることになるのですが、不動産だけを意識した場合の選択肢も大切になってきますので選んでみるようにして下さい。

事業形態がある程度の理解が出来れば実際にどういった会社への転職が可能かという事を考えていきましょう。

まずはどのよな営業に対しての募集が多いのかと見ていくことにします。

不動産の募集でよくある営業の種類

不動産関係で営業職を探した場合には以下のような種類が多くなり、ここでもまた自分であればどういった事を選んでいくかを考えるようにして下さい。

チェックが大事だとお伝えしていますが、転職する時には自分でも出来そうなものを何個が選択することの方が良い結果となってきます。

最初からこの職種にしたいという気持ちが強いと途中で挫折してしまうこともありますのでここでも自分が出来そうなものを選んでみましょう。

住宅営業

不動産営業でも収入の高いものとして募集でも見かける機会が多いと思います。

これは注文住宅や建売などを扱うことになりますが、それぞれの特徴をお話ししたいと思います。

まず注文住宅の場合に必要になるのは住宅に関する知識となってきます。

お客は家の構想を持っているのでしっかりとした建築知識を持っていなければ信用されることはないと思って下さい。

資格等は持っていれば尚良いとは思いますが、二級建築士の勉強などをすれば設備も含めた知識を得られるようになりますので、転職前には自分なりの努力をしていくことが大切になります。

次に建売の営業ですがこれは展示場などでもよく見かけることが多いと思います。

ここでもある程度の建築知識は必要ですが一番大事なのは商品知識をいかに理解するかによって営業の成績も変わっています。

家の断熱に関するものが売りだとすればそれらの事を中心としたクロージングをしていく事になりますし、女性に人気のあるキッチンや水回りが売りであればそちらの知識を優先して覚えることになります。

同じ家を売る時でもタイプによって覚えておきたい内容が変わってきますのでお客の心を掴めるスキルを高めていくことが住宅営業では重要となります。

賃貸仲介営業

こちらは賃貸に関する営業ですが現地にお客を案内して契約をしていくことから気をつけるポイントが発生してきます。

売れる営業マンの場合は接客に対しても完璧ですのでお客に対する態度がとてもスムーズとなりますが、売れない営業マンの場合はその部屋に対する売りの事しか話題としません。

賃貸で一番重要になるのは店舗け帰るまでにいかにコミュニケーションをとるかが重要で、現地でいきなり契約の話をしたりする方もいますので対応に関しては気をつけることが多くなります。

売買仲介営業

売買仲介の場合ですがこちらはかなりの知識なども必要となる為に不動産業界での経験年数が必要となってきます。

他の業界からの転職を希望する場合には色々な事前準備なども必要となりますし、かなりの努力をしなければいけない状況にもなってきます。

ただし、売れるようになれば収入面では稼げる営業職でもありますので選択肢の一つとして残しておくことも十分に考えることができるものとなります。

リフォーム営業

リフォーム営業の場合は一戸建てとマンション改修の営業などに分かれてくるのですが皆さんの中では一戸建てのイメージの方が強いかもしれません。

この場合に必要となるものですが建築に関する知識はとても重要となってきます。

一戸建ての場合には内装も外装もありますし、設備関連に関しても相談が多くなってくることから色々な分野にわたっての勉強が必要となってきます。

お客に対する返答が出来ないと契約までには至らないケースが多くなりますし職人との打ち合わせもしなければいけませんので、転職を考える時には必要な知識を持っていることが望ましいと言えます。

また、マンションの改修に関してですがこちらの場合も材料の知識などが必要となってきます。

特に防水工事と塗装などに関する知識が重要となり主な相手は管理組合などになりますので多くの方の賛同を得なければいけない事となってきます。

この場合には管理組合の代表でもある理事会などとの付き合いも出てきますし、改修工事費が予定金額を大きく上回る場合などには入居者の賛成を得られなければ契約には至りません。

そういったことから様々な知識が必要となる営業でもあり専門的な部分も出てくることも多くなってきます。

投資用マンション営業

投資用マンションという営業も最近ではかなり増えてきています。

これは大都市に限ったことではなく利便性の高いマンションであればどこでも対象となることから全国的に営業活動は広がっていると言えます。

この営業方法ですが主に電話などからのアポイントから契約ということになるケースが多くなっています。

顧客のターゲットも幅広くなり20代の方でも不動産投資とするという時代でもありますが、アポイントを取るまでがかなり大変な営業とも言えます。

その理由としては賃金の低下などもあり多くの方は積極的に投資を考えることは難しい状況になっているからであり、専門的な知識はあまり必要とはしませんが転職の際には苦労を伴うことは間違いない営業でもありますのでそれなりの覚悟は必要です。

どういう事業形態や営業の種類が良いか決まっていますか?

不動産の営業で募集が多くなるのは以上のことになりますが、自分であればどれを選ぶかということは決まったでしょうか?

どれも簡単な事ではありませんし選択の難しいものでもありますよね?

知識的なものを必要とするものが多いだけに自分がどのようなことをすればいいのか悩んでしまう人も出てくるとは思いますが。

いずれのタイプも収入面に関しては満足できる金額になってくると思います。

せっかくの営業への転職であればそれなりの収入を確保しなければ意味がないことにもなりますし、簡単な転職などはありませんので自分がこれから何を優先してやるべきかを決めるきっかけにもなってくるはずです。

この段階である程度の選択肢は選んでおくことが重要となってきますので自分なりに候補を決めるようにして下さい。

それでは次に不動産営業でも会社が求めている人物像というものがあります。

実際に面接をする際には採用の言葉が聞きたいですよね?ここではどういった人を欲しがっているかということについてお話していきます。

自分で当てはまらない部分があるようでしたら何かしらの改善をしなければいけませんので実行するようにして下さい。

不動産営業で求められる人物像

不動産営業の場合には動く金額も大きいことからお客との信頼関係を築くことが大切となります。

見込み客をいくら増やしたところで最終的に契約にならなければ売り上げにもなりませんし、自分の収入も増えることにはなりませんよね?

その事を考えていった場合に必要になってくるものは以下のような人物となってきます。

これは不動産の営業をやる上では必ず必要となることですので自分に当てはめた上でも考えるようにして下さい。

高いコミュニケーション能力

金額が大きくなるということは普通のコミュニケーション能力ではちょっと足りなくなる場合が出てきます。

どういった人とも話せるスキルも大切になりますし色々な話題を提供することも必要です。

売れる営業マンは仕事以外の話をすることが多く、そこから相手の気持ちをほぐしてやるということを自然にやっています。

一方で売れない営業マンの特徴は商品に関する話だけで相手が聞きたくないように仕向けていくことになっています。

こういった事から仕事以外の話題もかなり必要となりますし、相手の趣味などにも瞬時に対応できる高い能力が求められることとなってきます。

この対策としては今のトレンドとなるものを常に押えておくことと、ニュース記事などを読む習慣をつけることが大切です。

全く仕事とは関係のないことにも感じますがこういった話から進めていった方が契約率というものも上がっていくことになりますので、自分がこういった事には興味を持てなかった人などはニュースを読むことからでもよいので始めることが大切です。

精神的に打たれ強い

営業職というものは常にストレスを抱えている状態となり精神的な強さも求められることになります。

お客に何かを言われて落ち込んでしまうようであれば営業向きとは言えませんし、そこから何とかするという気持ちも大切になってきます。

そうは言っても自分の性格などを急には変えることは出来ませんのでポジティブ思考になるという方法があります。

営業マンの全てが精神的に打たれ強いという訳ではなく、一般の人と同じようにショックを受けることもありますし気持ちが落ち込んでいく時も出てきます。

そういった場合にはそのままで終わらせるのではなく常に前向きに考えるようにするだけでも違ってきます。

お客に何かを言われたのであれば、それは自分の為を想って言ってくれたなどど良い方向で解釈をしていけばストレスにもなりにくくなってきます。

逆に何を言われても平気だという方も少し問題がありますので注意して下さい。

何かを言われるということはどこかに問題があるからであり全く気にしないということは改善する方法が見つからないことにもなります。

精神的に打たれ強いということは何も考えないわけではありません。

きちんと改善する方法も見つけながら平常の気持ちを維持していくことになりますのでその点に関しては注意が必要となります。

行動力がある

営業マンにとっての行動力というものは欠かせない要因でもあり、会社としてもすぐに行動に移す人物を欲しがっています。

何かを準備してからの行動というものも必要ではありますが、お客がいる以上はすぐに駆けつけるという姿勢が大切になってきます。

お客の立場からすれば連絡を入れたらすぐに駆けつける人が信頼できると思うことが多くなりますので会社側としてもそういった人物を求めているということを理解するようにして下さい。

色々な準備等を大切にする気持ちも確かに重要とはなってきますが、契約までにならなかった場合には誰からも評価されないことになってきます。

そうであれば一旦はお客のところへ出向き、了解をとった上で何かしらの資料などを準備すればよいという事になりますのでいつでも動けるということを心掛けることも大切になってきます。

粘り強い

営業を職業として行う場合にはすぐに契約までにはならないケースがかなり多くなってきます。

その為には何度も足を運ぶことにもなりますし世間話などで顔を繋ぐことも必要となってきます。

こういった粘り強い方が最終的には出世することにもなりますし最初から見込み客との契約などは考えないという気持ちの切り替えも大事なことになります。

会社としてもすぐに契約までにならないということはわかっていますので、とにかく諦めない人物の方が最終的に会社の利益に貢献することをわかっています。

面接の際でそういったことをアピールすることは難しい事でもありますが、自分の長所などを聞かれた場合には粘り強いという事は言っておくことも忘れないようにして下さい。

この事を言っただけでも評価が変わる場合もありますのでしっかりと印象を残すようにしていきましょう。

交渉力がある

営業職で一番重要なのは交渉力があるかないかという問題も出てきます。

これは相手との契約を結ぶ為には必要不可欠なスキルでもあり、いかにして相手を納得させるかという事にも関わってきます。

会社としても交渉力の高い人物を欲しがるでしょうし、面接ではある程度のことはわかられてくると思いますので自信を持った受け答えをするようにして下さい。

営業マンは売れそうな人物は見抜くことも出来ますし自信のない口調などで面接に望めば採用されることはかなり難しいと言えます。

その為には知識的なものを十分にしておくことも大切ですし、笑顔の練習も欠かせません。

交渉で大切になるものは会話術だけではなく相手を安心させる能力も関わってくると思って下さい。

その為に必要となるものは笑顔となってきます。

この笑顔の効果ですが、なぜあの人だけがいつも契約をとれるのだろうと思った時期があり、自分なりにその人の行動をチェックした事がありました。

その結果ですが彼の場合は話をしている時にはお客と視線が合った時に自然な笑顔が出ているということがわかり、本人はその事を全く意識はしていないこともわかりました。

彼の場合はそういった営業に必要なスキルを意識せずにやれたことで自然体での笑顔を作ることができ、その結果お客の気持ちも和んでいたことがわかります。

これは営業職の人間にとっては大きな武器とも成り得るものですので、作り笑いではなく自然体での笑顔は練習をした方が良いと言えます。

必要なスキルや資格、経験

会社にとって求められる人物はここまでお話してきた事となりますが他にも必要とされる資格なども出てきます。

まずは不動産関係での営業を目指すのであれば宅建士の資格は取るようにして下さい。

法律の勉強にもなりますしお客との会話がかみ合わなかったら契約にはなりません。

また建築関係でしたら一番良いものは比較的楽に取れる2級建築士となりますが受験資格なども出てきますので勉強だけはするようにして下さい。

リフォームなどでも必要とされるものになってきますので大事な部分は把握するようにしておくことが大切になってきます。

それでは次に不動産営業についてのよくある疑問についてお話していきます。

不動産営業についてよくある疑問

転職を希望する時にも不動産営業についてわからない部分も出てきて当然となり、その事は自分の疑問となっていきますがどういったことが多いのかを見ていきたいと思います。

まずは、誰でも思い浮かべることとなる疑問についてです。

面接でよく聞かれることは?

営業に限ったことではありませんが面接時によく聞かれることは、うちの会社をなぜ選んだか?ということになります。

これは様々な答えの用意出来るものとなりますが何が良い答えということにはなってきません。

個人での想いをそのままに伝えればよいだけですし褒めすぎるようなことも良い結果とはなってきません。

営業職の場合、相手を褒めたから契約になるわけではありませんのでそういった視点で面接をする方もいます。

良いことを言っておけば印象が良くなるだろうと普通であれば考えることですから変化のない返答では通用しないことも出てくるのです。

それではどういった事に対して考えていけば良いのかとなりますよね?ここで一番大切なことは正直に話すということとなります。

会社の実績がスゴイと思ったのであれば返答もそれに関係することを言えば良いですし、商品に魅力を感じたのであれば素直に言いましょう。

その際には決して褒めちぎるような言葉ではなく、自分の言葉で言うことが大切です。

また、長々と話す人がいますがこれもよくありませんので注意して下さい。

相手が求めている事とは全く違ったことを話しても相手にはその意味が伝わりませんので聞かれたことだけに集中して返答をして下さい。

未経験でも応募できる?

営業職の場合には会社の方針が全てとなりますのでやる気さえあれば採用するという所も多くあります。

不動産や建築はかなり特殊な業界でもありますし、覚えなければならない知識というものも沢山出てきてしまうために辞める人の割合というものも低くはないという現実があります。

そういった事から会社でも未経験でも大丈夫といった企業も増えてきていますので必ずしも業界にいる人間だけと求めているわけではありません。

大切なのは自分の経験がないからといってその事を悩むことではなく、今出来ることを頑張った上で面接に望めば良い結果となってきます。

例えば不動産系の営業へ進む場合でも宅建士の資格は誰でも受験できますので勉強さえすれば面接の時には資格を持った状態で望めることとなります。

これは経験よりも認められる努力となり採用される確率はかなり高いと言えます。

未経験だからといって気落ちしてしまっては先に進むことは出来ませんのであくまでもポジティブな考えを持つようにして下さい。

収入はどのくらい?

営業職で気になるものは収入がありますが、これに関しては正直なところ個人の頑張りでしかないと言えます。

平均的な額が割り出すことができますがそれが自分に当てはまるとは限りませんし、多い方もいれば少ない人がいることも事実となってきます。

自分の努力次第ではすぐに年収1,000万円という金額も決して夢ではありませんが、それなりの努力では達成は無理な金額でもありますので収入を決めるのはあくまでも自分自身ということになってきます。

次のことですが面接合格の為の秘訣というものも考えておきたいことですのでお話ししたいと思います。

不動産営業の給料は、こちらの記事を参考に!

面接合格の秘訣!

実際に面接となった時には色々とアピールしたいことも出てくると思います。

自分のこれまでの経験であったり資格などもありますよね?

出来るだけ良い印象を持ってもらう為に色々と考えて面接に臨むということが考えられますが、どの面接においても共通で聞かれる質問というものが出てきます。

この答によって自分の印象が決定することになりますので、その事についてのお話しをしたいと思います。

最後に何か質問はありますか?

ほとんどの面接時にこの質問をされると思いますが皆さんの場合はどういった返答をするでしょうか?

中には特にありませんと言う方もいますが営業の場合ではこの質問に対してもきちんと返答することが大切になってきます。

とはいっても中々良い言葉も思いつきませんよね?

色々と聞いても印象を悪くする場合もありますので難しい部分でもありますが、もっとも自分をアピールする返答はこういった内容となってきます。

「最短での入社日を教えていただけますか?」

普通であればこういった返答をする人はいないと思いますが自分を控えめに売り込む言葉としては最適のものとなってきます。

さりえなくアピールをすることで最後の印象付けには良い言葉とも言えますので参考にして下さい。

ただし、面接の時において面接官の接し方が積極的な場合は特に言わなくても良いと言えます。

この言葉は自分のアピールが足りないと思う場合に使うようにして下さい。

まとめ

今回は営業職への転職ということで色々とお話をしてきましたが、ある程度自分がどの職種を選ぶかは目星がついたでしょうか?

どの営業をやることになっても一定の努力は必要となってきますのでそれなりの覚悟を持たなければいけないとは思いますが、自分の性格などにも合わせて選ぶことが一番大切となってきます。

また、営業のスキルというものは将来的に自分の役立つものとなりますので出来るだけ長く勤められる場所を選んでいくことも大切です。

不動産関係の営業は収入面でもかなりの期待がある職種となりますが、かなりの知識も求められることになり自分でも今まで以上に勉強をしなくてはいけません。

その為には自分の得意とする分野を絞っていくことも重要となりますし面接以前の準備なども大切なこととなります。

どうせであれば何度も面接を受けることは避けたいと思うことが普通となってきますので、1回の面接で合格するように頑張っていきましょう。

最後に面接でのアドバイスですが、営業職への転職ということで忘れてはいけないのが笑顔ということになってきます。

どんなに返答がうまく返せたとしても最終的な決め手となるものは自分の笑顔だということを忘れないようにして下さい。

先ほどは面接合格の秘訣として最後の質問に対しての返答をお話しもしましたが、面接時に終始笑顔で終わることが出来れば余計な返答などは要らなくなります。

面接官を逆にクロージングするような気持ちで臨んでいけば、自分にとって必ず良い結果となりますので最後まで色々な面で諦めないようにした上で面接を受けていただけたらと思います。

  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

不動産求人


不動産営業求人に関するコラム

不動産営業の仕事がおすすめな6個の理由。経験者が解説します

不動産営業というと皆様はどのような仕事をイメージされますか?給料がいい、ノルマが厳しい、休めない・・・など様々なイメージがあると思います。私は不動産営業として6年間働いてきた経験があり、現在はその経験を活かし別な仕事をしております。不動産営業はどちらかと言うと良いイメージより、悪いイメージを抱いている方の方が多いのではないかなと思っています。しかし、6年間不動産営業をやってきた私としては良い仕事であり、お奨めできる仕事だと思っています。ここでは不動産営業がなぜお奨めなのかということについて私の経験から感じたことを書かせて頂きます。不動産営業のおおまかな仕事内容とは?不動産営業と一口に言っても、

不動産営業の給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

不動産営業は一般的に高い年収が望める点が魅力と考えられています。不動産営業にも様々な種類がありますが、高い年収を望むのであれば「売買仲介営業」です。不動産売買仲介営業の給与の相場感や、昇給などについて自身の経験にもとづいて書いていきたいと思います。不動産営業の給料の相場はどのくらい?一般的に高収入が望めるというイメージをお持ちの方が多い不動産営業ですが、実際に給料(月給)の相場はどのくらいでしょうか?会社によっても当然差がありますが、一般的に不動産営業の基本給は低く設定されていることが殆どです。完全に「売ってなんぼ」の世界であり、売れない営業マンが高い水準の給与を貰うことは不可能です。また、売

不動産営業の仕事を辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

不動産営業について皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?一般的にはネガティブな、大変ノルマの厳しいイメージをお持ちの方が多いと思います。実際にはどうなのかと言うと、厳しい世界であり甘くはありません。その為、長く働き続けている方が少なく、比較的離職率の高い業界と言えます。しかし、高い収入が得られる可能性のある仕事でもある為、魅力的な仕事であるとも言えます。今回は、不動産営業をやっていて辞めたいと感じる理由と、その乗り越え方について書いていきたいと思います。不動産営業を辞めたいと感じる人の4個の理由とは?営業ノルマが厳しい不動産の営業ノルマは本当に厳しいです。高い収入が望める営業の仕事には

住宅営業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある4個の原因と対策。

住宅業界は離職率や転職率が高いと言わることも多いですが、そんな住宅業界の中でも特に営業は大変な仕事ではないかと思われているのではないでしょうか。「家」を扱う仕事なので、それだけ取引金額が大きいのでミスも許されません。また、「家」という人生にそう何度もない大きな買いものであるだけに、お客様に要求されることも厳しく、大きな責任とプレッシャーがかかります。この記事では、住宅営業を辞めたいと思った時の対策について紹介していきます。住宅営業を辞めたいと感じてしまう4個の原因と対策とは?住宅営業は、精神的にも身体的にも負担も感じることが多く、それだけ「辞めたい」と思ってしまうことも多いようです。契約がバン

不動産営業の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

不動産営業ってキツイだけの仕事?資格がないと出来ないのかな?と思われがちですが、実はそんな事はないのです。不動産営業と一口に言っても色々な仕事内容があるので、未経験者でも時間に制限のある人でもやる気と覚悟があれば誰でも出来る仕事なんです。不動産営業の知識は、その後の人生に必ず必要となる知識となるので不動産営業の知識を身につけるという事は人生を豊かにする事にも繋がるのです。そんな、不動産営業の仕事内容を紹介していきますね。不動産営業の仕事は大きく4個の役割に分けられます。不動産の仲介不動産流通事業会社に勤務して、一戸建て住宅やマンション、アパート、土地、店舗、倉庫、工場などの不動産物件の売買や賃

注文住宅営業が向いている人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

「営業」と聞くと、ノルマがあって辛い、仕事の拘束時間が長いなど「大変な仕事」というイメージを持ってしまう人が多いかもしれません。確かに転職者も多く、なかなか契約が取れなかったり、残業が続いたりすることもあるので、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。しかし、「注文住宅営業」は人生でそう何度もない「家」を建てるお手伝いをする仕事であり、お客様から感謝されたり、「家」という大きなものの計画から完成するまでの過程を一番近くで関わることができるので、間違いなくやりがいを感じることができます。営業は「どうしたらこのお客様を攻略できるか」というゲームのような感覚がある職業とも言えます。更に、自由度が高く