アパートやマンションなどの部屋を借りるとき、不動産会社に行くと部屋を紹介・案内してくれるのが不動産賃貸の営業スタッフ。

不動産賃貸の営業スタッフの仕事は、来店したお客様の対応のほかにも、不動産オーナーの開拓、不動産情報の雑誌やサイトへの掲載、契約書の作成、入居の段取りなどさまざまです。

今回は、そんな不動産賃貸営業の仕事をご紹介していきます。

「不動産賃貸の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産賃貸営業とはどんな仕事?

不動産賃貸営業にとってお客様は大きく2つに分かれます。

一つは、不動産を探すお客様。

住む部屋を探す個人の方や、事務所や店舗を探す法人がお客様となります。

また法人自身が契約主となって、自社の社員の住む部屋を探すケースも多いです。

もう一つは、賃貸用の不動産を提供する不動産オーナーです。

こちらは、居住用不動産のほかに、自社ビル・商業施設などの事業用不動産を所有する個人・法人の不動産オーナーがお客様となります。

なお不動産会社によっては、アパート・マンションなどの居住用不動産を仲介するスタッフと店舗などの事業用不動産を仲介するスタッフを分けている会社もあります。

不動産賃貸営業はこの2つのお客様を仲介し、賃貸契約を結ぶお手伝いをすることが仕事といえます。

不動産賃貸営業の大まかな仕事内容

ここでは不動産賃貸の営業スタッフの仕事内容をご紹介します。

部屋の紹介

来店されたお客様から希望の家賃や設備、立地などを聞いて、条件に沿う部屋を紹介します。

部屋の案内

来店や、電話、インターネットで内覧希望のあったお客様を部屋に案内し、間取りや設備状況、近隣の環境の説明をします。

部屋を気に入った、もしくは借りることを決めた場合は、そのまま窓枠や洗濯盤、コンロなどのサイズを測られることもありますので、メジャーを持ち歩くか、部屋に置いておきます。

なお最近は、内覧の予約があった部屋を事前に不動産会社が開けておいたり、お客様がワンタイムパスワードやスマートフォンで部屋の電子錠を開錠するなど、お客様だけで内覧をする「内覧の無人化」が進んでいる不動産会社もあります。

不動産契約書の作成

契約することが決まったら、不動産情報と契約条文の記載されている契約書を作成します。

また、退去時の原状回復費についての取り決めなど重要な特約を記載しますので、記入漏れには注意が必要です。

他の不動産会社もかかわっている場合、他社で契約書を作ることも。

なお、お客様が法人の場合、社宅代行会社から契約内容のチェックが入ります。

重要事項説明書の説明

重要事項説明書とは、契約にあたって家賃、敷金のほか、帯設備、禁止事項、退去時のルールなど重要な事項を記載し、契約前に宅地建物取引士が口頭で説明する義務のある書面です。

賃貸用不動産オーナーの募集

オーナー探しも重要な仕事の一つ。

貸し出す不動産がなければ、仲介もできません。

街を見回っているときに見つけたアパートやマンションが自社で取り扱いがない場合に、近隣の方からの聞き込みや建物の登記簿を取り寄せてオーナーを探します。

また、チラシや雑誌、インターネット上でオーナーの募集をかけることも多いです。

オーナーは意外に横のつながりがありますので、付き合いのあるオーナーから他のオーナーを紹介してもらえるケースも。

空室対策の提案

空室が長期化するとオーナーは家賃収入が入ってこないため、オーナーから空室対策について相談されることがあります。

火災保険の提案・契約

賃貸契約を結ぶにあたって、基本的に火災保険への加入は必須条件です。

そのため、不動産会社は火災保険代理店を兼業していることが多く、あわせておススメしたりします。

ある程度規模がある不動産会社は保険担当が決まっていることが多いです。

保証会社との契約申し込み手続き

連帯保証人が必要な部屋の契約にあたってお客様が連帯保証人を用意できない場合、保証会社との契約を求めることがあり、その申し込み手続きを行います。

保証内容は、主に入居後の家賃滞納や退去時の原状回復費用の未払いで、それらのトラブルが起こった場合保証会社からオーナーに滞納金・未払い金の支払いがあります。

近年では、滞納・未払いがあった際の取立を自らする必要がなくなり、保証会社の審査でお客様の支払い能力もチェックできるため、連帯保証人の有無にかかわらず保証会社必須というオーナー・不動産会社が増えています。

「不動産賃貸の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな会社で不動産賃貸営業の募集がある?

1. 大東建託リーシング株式会社

大東建託リーシング株式会社は、大東建託株式会社による100%出資の子会社です。

全国に230店舗以上展開しており、「いい部屋ネット」を通しての営業を担当します。

普通免許があれば未経験でも応募可能です。

2. 株式会社リロパートナーズ

株式会社リロパートナーズは、東証一部上場のリログループによる100%出資子会社です。

大手住宅メーカーの正規代理店として賃貸営業を行います。資格取得支援制度があるため、「宅地建物取引士」の取得を目指すことも可能です。

その他の不動産賃貸営業の募集は?

上記の会社以外にも不動産賃貸の営業はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「不動産賃貸営業」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

→『営業職の転職でおすすめな転職サイトランキング【未経験者もOK】』はこちら

不動産賃貸営業が向いている人の6個の特徴とは?

不動産賃貸の営業スタッフに向いている人はどういった人でしょうか。

「不動産賃貸の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人との会話が苦にならない人

部屋の紹介から案内、入居スケジュールの調整、契約書・重要事項説明書の説明など、しゃべる機会は多いため、人と会話するのが苦手な人にとってはやや難しい仕事です。

特に春と秋の引っ越しシーズンは接客する人数も多く、日中はずっと接客ということもあります。

ただし、一方的にしゃべりすぎるのもお客様に不快感や不信感を与えますので、きちんと伝えるべきことを伝えられれば饒舌でなくても問題ないでしょう。

忍耐力のある人

接客するお客様にはいろいろな方がいます。

仕事の都合から無茶なスケジュールでの入居を希望してこられる方や、些細な言葉の引っ掛かりから激怒される方までさまざまで、その対応には忍耐力が求められます。

また、社内からはノルマに対するプレッシャーがあります。

春、秋の繁忙期には事務所に目標と現在の契約件数が書かれたグラフが壁などに貼られ、ミーティングなどで達成状況と達成するためになにをしているかの報告を求められることも。

なお、繁忙期にそれらのプレッシャーをはねのけて良い売上を出せば、ボーナスなどで手当てがつくことがあります。

スケジュール調整・段取り上手な人

複数の内覧予定日から退去後の最短内覧可能日、最短入居可能日、契約日、実際の入居日など、不動産賃貸の営業スタッフが把握しなくてはならないスケジュールは実にたくさんあります。

これらをもとにうまくスケジュールを組み、調整や段取りできるかどうかで一度に受け持つことのできるお客様の人数も変わってきます。

特に春や秋の繁忙期には対応するお客様の人数が多いことはもちろんですが、退去による空き部屋も増えますので、それを把握しているかどうかで紹介できる部屋数も変わり、成約率に影響があります。

バランス感覚のある人

お客様が家賃交渉や設備について要望を出してきたり、契約日などのスケジュール変更を求めることがありますが、不動産賃貸営業は部屋を貸す側のオーナーも同時にお客様であるため、あまり入居希望者側に寄りすぎるとオーナーから不興を買います。

逆にオーナーの顔色を窺いすぎて入居が決まず、長期間空室となれば営業力を疑われてしまうため、物件ごとに空室状況などからオーナーに交渉できる範囲を見極めるバランス感覚が必要となります。

地域の情報に詳しい人

お客様は部屋の間取りだけでなく、立地や周辺環境も気にされます。

特に県外から転居されてくる方は土地勘もないため、最寄りの商業施設や通勤の便、電車の音の聞こえ具合など住んでみないとわかりづらい情報はよく聞かれますので、そうした地域情報に詳しい人はお客様から頼りにされます。

パソコン・タブレットの扱いに慣れている人

契約書や重要事項説明書などの書類は基本的にパソコンで作成するため、扱いに慣れているほうが良いでしょう。

店頭でお客様に部屋を紹介する際は、パソコンやタブレットを使用します。

また、現地でもタブレット片手に部屋情報の紹介や他の部屋の空き状況を確認する会社があります。

その他、空き物件情報を自社のホームページやポータルサイトに掲載したり、新たに空き部屋情報を収集するのもインターネットで行うことが多いため、ある程度のパソコンスキルはあったほうが良いでしょう。

逆に、不動産賃貸営業が向いていない人とは?

不動産賃貸の営業スタッフに向いていない人の特徴をご紹介します。

人との会話が苦手な人

向いている人で紹介した、「人との会話が苦にならない人」の逆となりますが、やはり接客業のためここが苦痛に感じる人は難しいでしょう。

ことさら饒舌でなくても良いのですが、不動産賃貸営業は住居という生活に重要な商品を取り扱っているため、法的な説明義務のある事柄や伝えてないとお客様が困る事柄が多く、「伝えそこないました」がトラブルに直結しますので、注意が必要です。

パソコン・タブレットが使えない人

これも向いている人であげたものの逆となりますが、不動産賃貸営業ではパソコンに触れる機会が多いので、もし不動産賃貸営業の仕事に就きたいけどパソコンに触ったことがないという方は事前に触って少しでも慣れておいたほうが良いです。

また、オンラインでの重要事項説明が2017年10月より解禁となりましたので、今後より一層パソコンやタブレットを扱う機会は増えると思われます。

気持ちの切り替えが苦手な人

一定の頻度で、家賃などの無理な交渉や入居後のクレーム、いざ契約という段になって連帯保証人の押印拒否で契約が飛んでしまうなどのトラブルがあり、気持ちの切り替えが苦手な人は苦労します。

逆に反省すべき点は反省してさっと次のお客様に笑顔を向けられる人は、向いているでしょう。

「不動産賃貸の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

\「不動産賃貸営業」が自分に合ってるか心配という人は、向き不向きの相談を/

不動産賃貸営業に必要なスキルとは?

不動産賃貸の営業スタッフに求められるスキルをご紹介します。

「不動産賃貸の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コミュニケーション能力

お客様の要望をうまく引き出して、要望に沿ったお部屋を紹介するコミュニケーション能力が求められます。

押し付け過ぎず、引きすぎずといったバランスの取れた営業トークは経験が必要となるでしょう。

また、不動産賃貸の営業スタッフは複数の関係者と連絡を取る必要があります。

お客様やオーナーはもちろん、他社不動産会社がお客様に自社不動産を紹介してくれた場合は他社不動産会社、お客様の連帯保証人とも連絡を取ることがあります。

どこかで連絡・伝達ミスがあると契約が頓挫してしまうため、こまめかつ正確にコミュニケーションをとる能力が必要となります。

不動産知識

部屋の情報量や建物自体に対する知識が多いと、お客様も信頼して部屋選びのアドバイスを求めてくれるでしょう。

法律知識

部屋の入居者は、借地借家法という法律でかなり強く保護されています。

場合によっては契約内容に優先する規定も多く、いい加減な説明や対応をすると責任を追及されます。

とはいえ、通常不動産会社が使用している契約書のひな型や業務の流れはそうした法律に違反しないように組み立てられていますので、入社後にしっかりと先輩から学んで覚えましょう。

また、宅地建物取引士の資格を取得できればどの会社でもだいたい手当がつきますので、法律の勉強とあわせて取得を狙ってみましょう。

パソコンスキル

前述した通りパソコンスキル、特にエクセル、ワードはある程度使えたほうが良いでしょう。

その他、インターネットでの調べ物や、タブレットの取り扱いなどもできたほうが良いでしょう。

\「不動産賃貸営業」の仕事に就くために必要な事をもっと知りたい人は/

不動産賃貸営業のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

不動産賃貸営業から転職をする場合に、その経験を活かせる仕事をご紹介します。

不動産売買営業

比較的多い転職先なのが、不動産売買の営業スタッフへの転職です。

不動産に関する知識も共通しており、同じ営業職のため、転職を考えやすいといえます。

不動産売買営業は歩合制の部分が大きく、営業力があれば収入も多くなるため、社内に売買部門がある場合はある程度経験を積んで異動希望をする人もいます。

ハウスメーカー

建売の住宅を販売するハウスメーカーの営業スタッフへの転職です。

不動産賃貸営業がカウンターセールスなのに対して飛込営業の割合が増えますが、不動産の知識は共通しています。

なお、飛込営業が苦手という方には、反響型でモデルハウス・展示場メインのハウスメーカーもあるようです。

ルートセールス

日々不特定多数のお客様に接客することに嫌気がさしたという方には、営業経験を活かしたルートセールスという選択肢があります。

ルートセールスは、すでに取引のある顧客を定期的に訪問して、商談します。

顧客とは長期の付き合いとなりますので、しっかりとコミュニケーションをとって信頼関係を築いていく営業がしたいという方にはピッタリでしょう。

なお、業種によっては配送も業務に入ってきますので、体力が求められることがあります。

→『営業職の転職でおすすめな転職サイトランキング【未経験者もOK】』はこちら

これから不動産賃貸営業の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

これから不動産賃貸の営業スタッフとして働き始めるために必要な資格やスキルをご紹介します。

不動産賃貸営業の仕事で就職するために

不動産賃貸営業の仕事は、地域にもよりますがハードなため、常に一定以上の求人が出ています。

検索サイト、もしくは求人・転職ポータルサイトで調べると求人情報がでてくるでしょう。

→『営業職の転職でおすすめな転職サイトランキング【未経験者もOK】』はこちら

資格は必要?

不動産会社で求められる資格と言えば宅地建物取引士があります。

入社時には必要ないという会社が多いので、求人情報で確認しましょう。

ただし、入社後には取得を求められることが多く、すでに取得していれば就職に有利になるでしょう。

また、お客様を乗せて部屋を案内するため、自動車運転免許は必要な場合が多いです。

必要なスキルや経験は?

未経験者でも応募可能な求人が多いですが、不動産業界で賃貸・売買どちらかの経験があれば喜ばれます。

また、基本的なパソコンスキルを求められることが多いようです。

「不動産賃貸の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

\「不動産賃貸営業」就職のために、もっとやるべき事を知りたい人は/

まとめ

以上、不動産賃貸営業の仕事をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

不動産の営業に関する仕事はほかにも、不動産売買営業、ハウスメーカー営業、投資用不動産営業などさまざまです。

ただし、それらはその専門性からやや敷居が高く、それに対して賃貸営業は忙しくはありますが、未経験者でも取り組みやすい仕事です。

未経験だけど不動産業界で働いてみたいという方は、不動産賃貸営業で経験を積み、スキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。

「不動産賃貸の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産賃貸営業の転職をする時は、こちらの記事を参考に!

  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

不動産求人

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスタ

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員はいくつかの物件について管理している状況ですから、そ

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給