不動産の就職を成功させるためにやるべきことについての写真

不動産の仕事をバリバリしてたら格好良さそう!お給料も良さそう〜!って、憧れるお仕事ですよね。

憧れるけど一体どんなことするの?就職難しそうだな?なんて思いませんか?

その不動産屋に就職を決めるためのポイントを、紹介していきたいと思います。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産にはどんな仕事があるの?

不動産の仕事には大きく分けて2つのお仕事があります。

1つは営業職、そしてもう1つは事務職です。

営業職は賃貸物件や売買物件を紹介して契約するお仕事ですが、事務職は事務作業と営業補佐のお仕事をする会社がほとんどです。

ただ大手の場合、分業していることが多いので事務職は事務作業だけをしていることが多いです。

まず、営業職はお客様に物件を紹介して賃貸物件の仲介業務、または不動産売買の仲介業務を担当しています。

主に店舗やモデルルームにお問い合わせのあったお客様に、賃貸物件または売買物件を紹介して、お客様を物件にご案内して説明したり、地域の様子をご説明したりしてお客様が決断されたら契約業務を行います。

それから事務職は電話応対、来店のお客様の応対、賃貸物件または売買物件の広告作成、インターネットの情報の管理、賃貸契約または売買契約の書類作成補佐、オーナーとのやりとり、家賃集金、賃貸物件管理などを行っています。

事務作業に加えて、お客様と接する機会も多くあるのが不動産会社の事務になります。

不動産の就職で人気の職種や業界は?

不動産会社の人気の職種といえばやはり、営業職です。

お給料が良いのは人気の理由ですが、働きがい、やりがいという意味で、お客様にとって人生の生活の大切な住まいのお手伝いをし、お客様が快適に暮らしを営まれるというのは、とてもやりがいのある仕事だからです。

営業職でも、賃貸よりも売買の方が人気があります。

賃貸も人気ですが、売買の方が扱う金額や難しさも大きい分やり甲斐が大きいのが理由です。

女子に人気があるのは、営業職はもちろんですがモデルルームの仕事もかなり憧れられる仕事で人気があります。

新しい近代的な家の間取りや、キッチン、そしてお風呂を紹介する夢を与えられる仕事は女子が憧れますよね。

不動産の就職を成功させるためには何をすれば良い?

人に好印象を与える雰囲気づくり

なんと言っても接客であり、お客様に夢を与えるお仕事ですので、明るい雰囲気は大切です。

ハキハキと気持ちの良い話し方も心掛けた方がいいと思います。

面接の場合、特に営業職を目指すなら聞かれた質問にすぐ、そして明瞭に答えるというのも大切なポイントです。

お客様に質問を受けたときに、もじもじしたり不安だったりしていては信用されませんからね。

宅地建物取引士取得

宅地建物取引士取得

入社してから取得する方法もありますが、先に取得していた方が即戦力になり好印象を与えることが出来ます。

ここにも、不動産会社で働いていこうという意欲が見えることが就職してから、お客様に希望の物件を紹介していきたいという意欲を見せることができる人か、判断するポイントに繋がると思います。

綺麗な字を心掛ける

メールやテキストを使うことが多い世の中ですが、お客様とのやりとりなどで字を書くことが多いので、綺麗な字を書けた方が好印象です。

履歴書の字が綺麗だと、採用のポイントになります。

正しい敬語を使えること

不動産の仕事では就職するとすぐ、お客様と接して行くので言葉遣いが丁寧で敬語がきちんと話せた方が、即戦力という意味で就職の際、良い印象を持ってもらえポイントとなりますよ。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産の就職で注意したほうが良い3個のこと

清潔感が必要

華やかなイメージのある不動産会社ですので、華やかなネイルやメーク、服装でも大丈夫そうな気がしていまいがちです。

しかし、そこは接客業なのでお客様に信頼していただけるからこそ、大きな金額の取引を任せてもらえるという意味で、あまり行き過ぎた華やかさは好まれません。

そのため、社員は華美な服装でなく清潔感ある服装を求められます。

面接の際にネイルが派手だったり、華やか過ぎるメイクではマイナスポイントになります。

時間や期限は正確に

応募の際に書かれている期限や、連絡のやりとりの中でお願いされた期限や時間はきちんと守っていた方が好印象です。

例えば、担当の方が「お昼の何時に連絡を下さい。」と言われたら、ぴったりその時間に連絡を入れる方がいいでしょう。

もしも、その時間に掛けられない場合は、先にその旨伝言するなり連絡を入れた方がマイナスポイントを防げます。

これは、お客様と接していく中で時間や期限を守ることがとっても大切なので、普段から時間や期限の約束が守れる人と言うことが大事なポイントになるからです。

自分の希望の仕事を考えてから応募する

不動産屋と一言に言っても、いろんな会社があります。

個人営業で、社長と事務の二人だけのような小さな会社から社員何千人の大きな会社まで。

それから賃貸専門であったり、デベロッパーのように自社の物件を開発建築販売する会社もあります。

自分がどのような仕事がしたいのかによって会社を選ばないと、入ってからこんなはずでは、と後悔することになりますよね。

就職するに当たっての必要な心構え

就職するに当たっての必要な心構えについて紹介する不動産屋

繁忙期はプライベートが犠牲になる事も

不動産業界は、新学期や人事異動の多い時期は特に忙しくなります。

みんな新天地での生活はなるべく快適にと考えていますので、要望にお答えできるように、お客様の希望にあわせて働く事でどうしても業務時間が長くなります。

ただ暇な時期というのもあり、会社によってはその時期に長いお休みを設けている会社もあります。

上手に、オンとオフを心掛ける事で楽しく働けますよ。

人が遊んでいる時に働くお仕事です

お客様がお休みの時に家探しにいらっしゃるので、どうしても他の人がお休みの時に働くことが多くなります。

週末は特に忙しく、平日もご主人がお帰りになる時間にお客様の自宅に訪問なんて事も珍しくありません。

「どうしてみんなは遊んでるのに、こんな所で働いてるんだろう」なんて考えていると辛いお仕事に感じられてしまいます。

「お客様の生活を大きく左右する、住まいのお手伝いをしているんだ。」というプライドを持った働き方ができると、より楽しくそしてやり甲斐を感じながら仕事出来ますよ。

不動産は大きな決断

不動産選びは、みなさん慎重です。

人生に、生活に大事なことなのでお客様の要望も多いです。

だからこそ、気力活力が満ち溢れている人材が求められます。

やる気そして、不動産業界でどう働きたいかと言う考えが、しっかりあることが就職するにも働くにも必要となります。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあった不動産の求人の選び方や注意点

業務形態が様々な不動産業界ですから、仕事を始めてからこんなはずではと言うことが無いためにも、応募の前にしっかりと自分の希望を考えておくといいでしょう。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態は、正社員、契約社員、アルバイト、パートがあります。

それぞれ、お給料、働く時間、内容ともに大きく違います。

お給料の良さを考えたら正社員や、契約社員がお勧めです。

決まった時間だけ働きたいのであれば、アルバイトやパートで働くことをお勧めします。

【選び方②】職種から探す

大きく分けて営業と、事務があります。

営業は、お客様に賃貸物件もしくは売買物件をご紹介から契約までの業務を行います。

事務は、お客様の応対やインターネットの物件情報の管理、オーナーとの連絡や家賃集金、賃貸物件管理、広告図面の作成とかなり多岐にわたる仕事内容であることが多いです。

また自社で開発販売をするデベロッパーであれば、企画やショールーム勤務という仕事もあります。

【選び方③】会社の業態から考える

不動産会社の業態は会社の規模にもよりますが、

  • 賃貸を扱う仲介業者
  • 売買物件を扱う仲介業者
  • 賃貸売買物件両方を扱う仲介業者
  • 自社で開発販売を行うデベロッパー  に大きくは分けられます。

賃貸仲介業者は、仲介だけを扱う会社であれば営業が主になりますが、オーナーから委託されて賃貸物件の管理も行なっている会社であれば、営業、事務、管理の仕事が主な仕事内容になります。

売買物件仲介業者は、営業と事務が主な仕事内容です。

賃貸も両方扱う場合は、売買仲介の業務に併せて賃貸業者の仕事内容があります。

デベロッパーの場合、土地の買収、企画、建設、販売までを一貫して行なっている会社と、販売を委託している会社があります。

販売を委託されている会社は、売買仲介業者と同じような仕事になります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

お給料は、会社の規模に比例していないのが通常です。

大きな会社であれば、お給料が多いという訳ではなく、小さな会社であっても契約数が多かったり、管理物件を沢山持っていれば、仲介業者がお客様を紹介してくれて手数料を半分に分けるので収入が多くなります。

それから、大きな金額の物件を扱っていれば仲介手数料も大きな金額になるので、会社の取扱高に比例して社員のお給料も多かったり少なかったりします。

また、営業職は歩合制を取っている所が多くあるので自身の契約数に応じてお給料も変ります。

【選び方⑤】エリアから考える

不動産は、その地域によって扱う物件も大きく変わり仕事内容も変わってきます。

商業施設の多い地域では店舗の仲介や管理が多くあり、住宅街の駅前にある店舗であればマンションやアパート、一戸建てといった住宅を多く扱っています。

それから、都心部の会社であればそこで働くビジネスマンをターゲットにしているので、その方達の住まいや、その街にオフィスを構えたい会社がお客様になります。

それぞれの地域で、仕事内容が変わるのでエリアは応募する会社選びの大きなポイントとなります。

【選び方⑥】会社の雰囲気から考える

どんな人達が働いているのかが大事です。

他の業種であれば、なんとなくその業務内容で雰囲気が似ているのですが、なぜか不動産会社は、会社によってすごくカラーが違います。

地域によってというのもありますが、似ている人が集まるのか会社のカラーというものが特に出やすい業種なのです。

応募したいと思う会社は、店舗があればお客様の問い合わせのような気持ちで、店舗を下見に行くと会社のカラーが自分と合うのか、よく分かります。

この元気さは、ぴったりだわと思えば自然とその気持ちが伝わって、きっと就職も成功すると思います。

就職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう。

自分の強みが、明るさであったり責任感であれば、もうこれは不動産会社の就職活動には大きな強みになります。

清潔感あるそして、誠実な態度の持ち主であれば、全面にアピールすることが成功への秘訣となりますよ。

反対に、恥ずかしくて人と話すのに俯いてしまったり小声になるようであれば、意識して相手の目を見て話したり、少し大きすぎるかなと言うくらいの声でゆっくりと滑舌よく話すように気を配れば、返って誠実な印象となるはずです。

華やかなイメージの不動産屋ですが、求められるのは誠実な人柄や責任感、そして親しみを持てる人柄なので、自分の強みはよりアピールして弱みは相手に親しみを持ってもらえるように工夫することで、強みに変えられると思います。

どこが、強みでどんな弱みがあるか意識してアピールポイントを考えるといいですよね。

まとめ

不動産屋さんは、人の気持ちや考えを察するプロです。

お客様の話している内容から、お客様は一番何を求めているのかそしてどれを優先したいのかを考えて、物件を紹介して契約までがお仕事です。

だから、就職の時もあなたの話をよく聞いてあなたがどんな人か、そしてこの不動産業界で生き生き働いてくれるのかを、見ていると思います。

人の話をしっかり聞けて、そして誠実な人柄で相手の信頼を得やすい人。

それが求められていると思います。

だから、その場を飾るのではなくて自分に合う、そして求めている仕事を探して自身の気持ちでぶつかるのが1番の就職を決めるポイントだと思います。

よく考えて選んで、そして希望の会社を見つけて、もし可能ならその会社を下見してカラーの確認をして「よし」と思えたら、丁寧に履歴書を書いて時間や期限の約束を守って、丁寧に熱心にお話ししましょう。

これが出来たら、不動産の仕事をする上で大切なことがほとんど出来ているといっても良いくらいですから。

自信を持って、いい不動産会社に就職を決めてくださいね。


関連キーワード

不動産求人

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスタ

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員はいくつかの物件について管理している状況ですから、そ

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給