不動産屋って難しい仕事のイメージがあると思います。

一級建築士、宅地建物取引士など、難しい資格を必要とするので、未経験者はもちろん、転職などもあり得ないと思われがちですが、実はそんな事ないのです。

役割もありますし、未経験者でも活躍している方も大勢おり、やる気と覚悟があれば誰でもできる仕事なのです。

しかもその後の人生にも大きく影響する知識も身につけられるので、そんな知られていない不動産屋の仕事内容をご紹介します。

「不動産屋」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産屋の仕事は大きく、5個の役割に分けられる

営業(宅地建物取引士)

物件(マンションの場合)は、分譲と賃貸と分けられます。

分譲の場合は、事前に広告やチラシ等で宣伝します。

新聞折り込みや手渡し、電車の中吊り等があります。

モデルハウスを造り見学会や説明会なども催します。

企画から制作、実施まで営業部隊がおこないます。

物件の近隣住民へのご挨拶、説明等もおこないます。

また、電話アポイントによる営業もおこなう会社もあります。

また、物件の売買や賃借には、宅地建物取引士が必要となりますので、この国家資格を持っていないと営業はできません。

ただ、実際の営業では、営業マン全員が必要と言う訳ではありません。

1事業所に1人有資格者がいれば大丈夫です。

実際の契約書や重要事項説明書等への捺印に、宅地建物取引士の捺印が必要となります。

建築士(設計)

物件を建てる上で必ず必要なのが設計です。

設計をする一級建築士も必要となり、建築法に基づき建築物の設計から工事、監督までをおこないます。

クライアントからの依頼により、予算や平米、イメージなどを総合してデザインし、設計していきます。

ちなみに建築士には、一級と二級がありますが、建築できる建物の制限が無いのが一級で、二級は大よそ3階建てまでと制限があります。

設計求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

建築・工事

実際に建築物(上屋)を建てていく仕事です。

不動産屋は、基本的に土地と建物の両方を売ったり貸したりする仕事なので、厳密にいうと上屋を建てるのは建築屋となります。

不動産によっては、両方をおこなう会社もあれば、上屋は建築屋へ委託する会社もあります。

土地と建物を不動産屋に一括委託する方が、依頼者サイド目線でいえば安心という事もありますので、大手の不動産屋では建築・工事も兼務しています。

管理

一般企業と同様の管理部門となります。

総務・人事の他に、建物の管理等が必要となります。

賃貸の場合は、賃借契約対応・入居者対応・物件の維持管理・オーナー対応・家賃の回収・延滞者の対応等あります。

かなり大変な業務と言われています。

仲介、コンサルティング

管理部門と重複する業務もありますが、専門の仲介担当やコンサルタントも必要とされます。

物件の仲介(オーナーと借主、買主との)、売買のコンサルティングも不動産の仕事となります。

「不動産屋」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業の7つの業務

物件の販促会議の実施(マンションの場合)

新たに物件の建築が決まると広告やチラシの作成~モデルハウスの場所や建築、実施期間設定等の販促会議がおこなわれ、企画~立案~スケジュール~役割分担等が決められます。

近隣住民への挨拶~説明会等の実施(マンションの場合)

建築される前に近隣住民への挨拶と説明会を実施します。

近隣住民の理解と協力がないとトラブルも起き、スムーズな建築が難しくなります。

販促活動開始(マンションの場合)

実際に販促活動を開始し、新聞折り込みやチラシの配布(手渡し等)をおこない、周知します。

モデルハウス建築~見学会実施(マンションの場合)

モデルハウスを建築現場内にセットアップする場合と、別の場所で建築する場合とあります。

見学会の実施では、来て頂いた興味のあるお客様なので、その後のアプローチや営業活動は必至です。

中には見学会当日に契約されるお客様もいらっしゃいます。

社員や画像、説明ではイメージが沸きにくいので、実際の現場やモデルハウスを見て体感して頂く効果は絶大です。

販売営業(マンションの場合)

販促活動に併行し、マンションであれば全室満室契約まで営業をおこないます。

上記のモデルハウスは、待つ営業ですので、それだけに頼ってはいられません。

攻める営業もしないといけません。

周辺の近隣住宅へのポスティングや電話アポイントもおこないます。

地鎮祭(竣工式)の準備~実施

更地になった土地(建築前)で、神主による地鎮祭(竣工式)をとりおこないます。

その準備や実施、立ち合いまで営業がおこないます。

工事が無事におこなわれ、事故や怪我等がないように土地の神にお祈りします。

売買成立後のアフターフォロー

物件を売りっぱなしという訳にはいきません。

売買成立後から建築完成、入居後までお客様との接点を切らさずに、キチンとフォローをしていく事も営業の大事な仕事です。

この営業マンが担当者で良かったと言って貰えるような仕事をしなければいけません。

※ちなみに一軒家の場合の営業は、近隣住宅への挨拶&説明と、地鎮祭の実施程度になります。

不動産営業はどんな会社で募集があるの?

1. 株式会社タカラレーベン

株式会社タカラレーベンは、1972年に設立された東証一部上場企業です。

チームで行う営業が特徴で、自社ブランドのマンションや戸建新築分譲住宅の企画から販売までを行う営業を、中途採用しています。

未経験・経験共に歓迎ということで、資格手当や資格取得奨励も行っています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 大東建託株式会社

大東建託株式会社は、1974年創立の東証一部上場企業です。

中途入社社員は未経験者が9割を占め、未経験からキャリアアップしていく環境が整っています。

「賃貸経営受託システム」 という独自のシステムで、未経験でも営業しやすいという特徴があります。

タイミングによってはこちらの募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他に不動産営業の募集は?

上記の会社以外にも不動産営業の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

建築士の4つの業務

クライアントからの依頼~ヒアリング~話し合い

一軒家やマンション、公共物等の様々な物件の建築依頼があり、そのクライアントと何度も何度も、お互いが納得するまで話し合いをします。

予算、平米、イメージは擦り合わせを何度も行わないとお互いが納得する事はあり得ません。

クラアントは、イメージを漠然と抽象的に言ってくるので、それを具現化して、サンプルを作り見て理解して頂きます。

設計

設計図を作成します。

営業が立案したスケジュールを基に、設計図とサンプル建物(紙や木工等にて制作)を作成します。

プレゼンテーション

設計図とサンプル建物を基に、クライアントへプレゼンします。

そこで擦り合わせの最終段階へ入り、修正後、設計図の完成となります。

プレゼンは2回~3回となる場合もあり、クライアントのこだわりが強い場合は、完成までに影響します。

現場監督

実際に建築工事が始まると、現場へ行き指揮を執り、監督業務をおこないます。

設計図どおりに工事がおこなわれているか?

予定どおりにおこなわれているか?

資材や建材、材料は予定どおりの物が使われているか?

こだわりの設計部分はキチンとできているか?

昔と違いこだわり物件も増え、オシャレ=大工泣かせ のような事もあります。

設計図を作った建築士が実際の現場で指導やチェックを入れないと厳しいのも現実です。

建築・工事の2つの業務

建築前事前調査

建築前に地盤の調査等をおこないます。

実際にその土地に建物を建築して大丈夫なのか?

既に建築されていて解体後に再建築は大丈夫なのか?

地震大国の日本なので、地盤調査は慎重におこないます。

建築開始

営業が立案したスケジュールを基に、躯体工事~設備工事~基礎工事~母屋建築~仕上げにより、建築工事がおこなわれます。

自社の作業員だけではなく、基礎工事、設備工事と様々な分野のスペシャリスト(職人)が携わります。

その人達とのコミュニケーションも大事ですし、チームワークが工事の良し悪しを決める事もあります。

スケジュール通りに遂行するかどうかも個々の能力も大事ですが、現場の空気感や現場総監督、各部署のリーダーの指揮管理も影響してきます。

でも一番気を遣うのは安全面です。

事故や怪我が発生した場合、工事は一時中断になったり、警察が入ると数週間や数カ月中止という非常事態もあり得ます。

何が何でも無事故で遂行しなければいけません。

管理の4つの業務(賃貸物件の場合)

賃借契約書の作成~締結

物件の賃貸契約が成立したら、借主との賃借契約を交わします。

内容を理解頂き、締結します。

分譲の場合は、売買契約となります。

オーナーへの報告

賃借契約の締結後、物件のオーナーへ報告をおこないます。

家賃管理、入居後対応

入居後の毎月の家賃の管理をします。

問題なく支払われているかどうか確認します。

万が一、延滞した場合は、借主へ催促し、支払われるまで確認します。

その旨もオーナーへ報告します。

入居後の借主への対応もおこないます。

様々な問い合わせやトラブルもあります。

物件の破損や自然に壊れる事もありますので、その対応もします。

空室時の物件管理

借主が決まっていない間の空室の状況では、湿気やカビなども発生しますので、まめに掃除等の管理もしなければいけません。

仲介、コンサルティングの業務

お客様への対応

オーナーや、借主、買主からのお問合せや相談の窓口となり、より良い取引が成立できるようアドバイスをします。

また、お客様との信頼関係を築くことも大事なので、ただアドバイスをすれば良いという事でもありません。

不動産投資会社との仕事内容の違い

不動産投資とは、不動産を購入し、家賃収入や不動産価値が上がった時に売買し、利益を得る事を言います。

その際に仲介する会社は不動産投資会社として、別に存在します。

上記の不動産屋とは相違し、投資専門ですので、株、債券、ファンド、先物取引、ETF、FXと同様となります。

不動産屋の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

営業部門としては、対価が一番ではないでしょうか。

歩合制度はもちろん、物件を売買した成果がそのまま給与やボーナスに反映されます。

もちろんノルマや辛い事もあるとは思いますが、それ以上のものもあります。

建築・工事部門では、自分が携わった建物が完成した時の満足感は計り知れません。

営業部門

宅地建物取引業の資格(国家試験)を取得し、それが仕事としてできる喜び。

給与も高いと言われています。

また、売買した際も歩合制の会社も多いので、自分の実績がそのまま評価となり、給与に反映します。

やった分の見返りがあると言う事です。

取引金額も高額なので歩合も高額となり、満足度は高いはずです。

また培った知識は、その後の人生にも大きく影響するので、無駄はありません。

物件の売買や賃貸の担当営業になった場合も、そのお客様から感謝の言葉や、お褒めの言葉を頂戴した時は、やりがいを感じます。

そのお客様が、大事な選択に自分の会社を選んでくれた事や、人生に携われた事に喜びを感じます。

設計士

自分が設計した建物(デザイン等)にクライアントが満足して喜んで感謝された時には、やっていて良かったと思います。

TVのビフォーアフターでも変わった部屋を観て泣かれる人もいますが、住宅というのは人間にとって重要なもので、その方の人生にも大きく影響してきます。

そこに携われて感謝される事は他の仕事ではあまりない事ですので、やりがいはあるはずです。

建築・工事部門

自分が携わった建築物件が完成した際の喜びと、家族や身内への自慢にもなり、また造ろう!と言う新たなモチベーションにもなります。

また、建物全てが違いますので、毎回同じ物を建てる訳ではありません。

毎回違う物を違う方法でより良い物を建築できる喜びもあります。

面白いポイント

不動産屋の仕事が面白いと思える所はいろいろあり、それがモチベーションに繋がっていますので、その面白さに気づけば長続きもします。

未経験、無資格でも大丈夫

不動産屋というと、難しい分野で専門的な知識がないと、できないのではというイメージもあります。

ほとんどの不動産屋では年齢制限もなく、ウェルカムです。

ただ、仕事の厳しさや忙しさにより離職率が高いのも現実です。

現職の方も異業種からの転職組も少なくありませんので、誰でも挑戦できる仕事でもあります。

高所得への挑戦ができる

分譲物件の売買営業ですと、ほとんどの会社の給与は歩合制です。

売った物件の売値の数パーセントの報酬があります。

歩合の割合は会社によって相違がありますが、売った実績がそのまま対価として報酬に結び付く訳ですから、やりがいと面白さは他の職業ではあまり味わえないと思います。

また、宅地建物取引業の資格を持っていれば、資格手当もあり、その後の起業への道も開けてきます。

不動産の知識をセカンドキャリアとして活かせる

不動産業に従事する事で身につく知識は豊富で、その後の人生にも活かせるものだと思います。

携わったエリアの地盤や資産価値等の専門的分野にも詳しくなりますし、様々な年齢、職業のお客様との接点により、様々な人生観などが勉強にもなります。

起業はもちろんですが、ファンドマネージャーや、金融機関のファイナンス部門への道も可能となります。

「不動産屋」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

どの職業にもメリットとデメリットはありますが、挑戦したい!稼ぎたい!という前向きな方には、挑戦するに相応しい仕事だと思います。

自分の実績がそのまま対価として報酬に反映される魅力は代えがたいです。

他の仕事では、クリエイターや芸能界のように技術や才能を必要とする職業が多く、なかなか未経験や無資格、無才能で高所得への挑戦というのは、難しいと思われます。

もちろん、それなりの厳しさもあり、ノルマや精神的な追込み等の覚悟も必要とされますが、その分、結果を出せば見返りはキチンとあるので、身に付いた知識や経験のキャリアは自分だけのものです。

将来的に必ず活かせるものですので、自信を持って胸を張って従事できる仕事です。

「不動産屋」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

不動産求人

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスタ

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員はいくつかの物件について管理している状況ですから、そ

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給