住宅展示場は、マイホームを検討している方に夢を与える場所です。

そこで働く住宅展示場受付の仕事に注目をしてみました。

具体的な仕事内容からその仕事に向いている人の特徴や、その後のキャリアまでご紹介します。

住宅展示場受付はどんな仕事?

住宅展示場に来場されたお客様と営業をつなぎ、満足のいく家をお客様に購入していただくサポートをする仕事です。

家を売ることではなく、マイホームを検討するお客様の疑問や知りたいことを読み取り、それに合った対応することが求められます。

住宅展示場受付の大まかな仕事内容

受付といっても仕事内容は多岐に渡ります。

主にお客様の接客やアンケートの取得、お茶出し、掃除、顧客へのDM発送、パソコンでの事務作業などが仕事内容です。

接客と事務、庶務を掛け合わせた内容が仕事になるため、その時の状況に応じて業務をこなしていく必要があります。

仕事上の役割とは?

住宅展示場出の受付の役割はまず、お客様に安心感を与えることです。

家は高い買い物のため、見学するときも身構えてしまうお客様もいらっしゃいます。

そのため、受付の女性が最初に対応をすることでお客様が話しやすい雰囲気を作ることができます。

そして、営業のサポートをするという役割もあります。

お茶出しをしたり、お子さんの遊び相手になったりと営業がお客様との商談を快適に進めるための配慮も仕事です。

住宅展示場受付の仕事はどうやって探す?

求人情報誌やウェブサイトに載っていることがほとんどです。

もし、なかなか見つからない場合は派遣登録をすると派遣会社から仕事を紹介をしてもらうことができます。

さらに、求人情報誌やウェブサイトに掲載される前の求人を、優先的に紹介してもらうことができるためおすすめです。

住宅展示場受付の仕事はどんな人に向いている?

住宅展示場で受付として働く人に必要な要素は何かをまとめました。

応募をしたいと考えている方や、この仕事に興味のある方は当てはまる部分があるかチェックしてみてください。

気配りや配慮ができる人

お客様にはもちろん、一緒に働く営業の方に対しても必要な要素です。

特に、営業が円滑に仕事ができるようにフォローする力が求められます。

例えば、タイミングよくお茶出したり、商談がスムーズに進めるために子供の遊び相手になったりと、細かい気配りや配慮が必要です。

営業がサポートしてほしいと思っていることを先読みできる機転が効く方は向いていると言えます。

会話をすることが好きな人

受付のメインの仕事でもあるお客様からの情報を読み取ることは、会話をすることでみえてきます。

業務的に話す人よりも、自然に会話ができる人のほうがお客様も心を開いて話をしてくれることが多いです。

そのため、普段から人と話すことが好きな人や、初対面でもうまく会話ができる自信のある人はこの仕事で重宝されます。

臨機応変な対応ができる人

いつも同じタイプのお客様が来場するとは限りません。

マニュアル通りではなく、それぞれのお客様に合った対応をしていく必要があります。

家の見学をしたいだけなのか、家のことを詳しく聞きたいのかなどお客様のニーズに合わせることが重要です。

また、住宅展示場の受付の仕事は受付以外にも、事務や庶務も業務の一環です。

そのため、常に優先順位を考えながら効率よく仕事をしていくことも求められます。

掃除やガーデニングが好きな人

モデルハウスはマイホームを建てたいと思ってもらうことが大切です。

家の中も、庭もきれいな状態を保つ必要があります。

そのために、細かいところまで掃除をしたり、庭先の花や木の手入れや水やりなどを積極的にできる方にぴったりです。

お客様がいつでも入りたくなるようなモデルハウスに整えることが仕事でもあります。

子供が好きな人

住宅展示場は家族で来場されることが多く、特に小さいお子さん連れのお客様をよく見かけます。

商談中の子供の遊び相手になったり、一緒にイベントに参加したりと何かと子供と接する機会は多くあります。

そのため、子供とのうまくコミュニケーションが取れる方が求められています。

親御さんに、安心して家の見学や商談をしていただくために必要な要素です。

インテリアが好きな人

モデルハウスの中には様々なインテリアがあります。

高級品やこだわりのある家具に囲まれて仕事をすることは、インテリア好きにはたまりません。

また、お客様も興味深々で見ているので会話も弾みます。

家の中を案内する上で、必要なトーク材料となることもこの仕事に向いている理由です。

逆にの仕事住宅展示場受付に向いていない人の特徴は?

一方、住宅展示場の受付に不向きな人はどんな特徴があるのかを解説します。

これを確認しておくことで、実際に働く前に仕事が本当に自分に合っているのかよく考えてみてください。

単純作業が苦手な人

これは、何百、何千というDM発送の準備をコツコツできるかに関係します。

営業が担当しているすべての顧客と新規顧客に家の見学会やイベントのチラシを封入していく作業です。

この日までに届けるという期限もあるため、それまでに黙々と封入していかなければなりません。

数もかなり多いため、単純作業は飽きてしまうという方には厳しい仕事内容となります。

忙しい状況が好きな人

比較的住宅展示場の受付は時間に余裕があることが多いです。

特に、平日は一組も来場がないという日もあります。

時間を忘れるくらい慌ただしいほうが好きという方には向いていない職場と言えます。

ひとつの業務に集中したい人

住宅展示場の受付の仕事は受付、事務、庶務を組み合わせた仕事内容です。

さらに来場状況や、営業に任される仕事によって仕事の順序が変化したり、相手に合わせた仕事の進め方をしなくてはいけなかったりといった状況が発生します。

複数の業務を同時進行することが多く、ひとつの業務を終わらせて次の業務を行うというやり方だと務まらない可能性が高いです。

\「住宅展示場受付」が自分に合ってるか心配という人は、向き不向きの相談を/

住宅展示場受付の仕事で活かせる経験

今までに培った経験やスキルは、住宅展示場の受付に活かせる場合があります。

未経験だったとしても、その経験やスキルを活用できれば仕事に慣れるペースも早く、応募の時にも優遇される可能性も高いです。

その主な内容をまとめてご紹介します。

接客経験

職種関係なく接客を経験していれば、住宅展示場の受付の仕事に役に立ちます。

お客様と話すことに抵抗がなく、丁寧な言葉遣いで話すことも慣れていることが活かせます。

自然と笑顔で対応できる場合も多く、応募時には高く評価されることが高いです。

ワードやエクセル、パワーポイントが使える

専門的なスキルは必要ないですが、基礎的な使い方ができると良いです。

例えば、お客様に配布するイベントのチラシや、DM発送で使用する宛名のラベルの作成も仕事です。

すぐ対応できるスキルがあれば、営業からも安心して仕事を任せられる存在になります。

さらに、事務経験があると処理能力も高いため、今までのスキルを発揮できるチャンスです。

マイホームを建てた経験がある

住宅展示場に来るお客様の気持ちが一番よく分かります。

自分の経験と照らし合わせて、アドバイスをすることも可能です。

経験したからこそ分かったことや失敗など、これからマイホームを建てるお客様が欲しい情報を提供できます。

経験をしている方にしかできないお客様への対応ができることが、この仕事で活かせるポイントです。

住宅展示場受付で働くメリットとは?

家についての知識が自然と身に付く

見学に来られたお客様は、家のことについて知りたいと思っているので質問をされる方は必ずいらっしゃいます。

まったく答えられないというわけにはいかないため、最低限の知識は習得できます。

最初はわからなくても、営業に聞いてみたり、パンフレットで確認したりすることで自然と知識が身についることが多いです。

また、将来マイホームを購入するイメージが掴みやすくなるメリットもあります。

接客のスキルが磨ける

お客様の疑問や、知りたいことを読み取るということを常に意識するため、会話力と対応力が同時に身につきます。

さらに、営業とお客様の会話を聞いて、営業のセールストークを取り入れることで接客スキルのアップも可能です。

自分が実際に接客をして学び、そして営業から見て学ぶことで高い接客スキルを身につけることができます。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

キャリアアップをするためには、今のスキルと合わせて専門的なスキルを身につけると良いです。

語学力を身につければ、大企業や外資系企業の受付に活かすことができます。

また、パソコンのスキルを磨けば、経理事務などの少し専門的な分野で働くこともできます。

キャリアアップをするための基礎はできているので、あとはそれに必要なスキルをさらに身につけることでキャリアアップは充分可能です。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

住宅展示場の受付の仕事はあらゆる職種に活かせます。

接客や販売、事務、総務などが特に活かせる職種です。

どの職種も住宅展示場の受付の仕事と共通する部分があり、転職やキャリアチェンジしやすいと言えます。

人とうまく接する点では接客に、お客様の求めているものを先読みして提供する点は販売にと、その職種に求められるスキルが住宅展示場の受付の仕事で身に付ついていることがわかります。

(プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれます)

自分にあった住宅展示場受付の求人の選び方や注意点

住宅展示場の受付の求人があっても、求人内容はすべて同じというわけではありません。

応募をする前に本当にこの募集内容で働けるのかということを確認しておくことが必要です。

働いてからイメージと違ったということがないように、選び方のポイントや注意点をまとめました。

雇用形態から探す

雇用形態によって、住宅展示場の受付は仕事内容が変わることはほとんどありません。

しかし、仕事の責任の重さや、営業に頼まれる仕事の量が多少変わってくる可能性があります。

住宅展示場の受付は正社員での募集はあまりなく、アルバイト・パート、派遣社員での募集がほとんどです。

そのため、主婦やフリーターには選びやすい仕事となっています。

職種から探す(仕事内容)

住宅展示場の受付の求人の仕事内容はほとんど同じですが、よく確認しておく必要があります。

例えば、短期間での仕事の場合は屋外で呼び込みをするイベント型です。

一方、長期の場合はモデルハウスに待機をして、お客様が来られたら対応をするという仕事になります。

どちらも住宅展示場の受付ですが、仕事の内容も場所も少し異なっている部分があるため、よく確認をしておきましょう。

会社の業態から考える

住宅展示場には数多くのハウスメーカーや工務店があります。

大手ハウスメーカーから地域で有名な工務店など様々です。

その中から、人気の高さやネームバリューから選ぶことも可能です。

特に長期間、住宅展示場の受付として働きたいと考えているなら、将来性や安定性のあるハウスメーカーや工務店に応募することもひとつの選び方です。

給与や雇用条件から考える

給与は仕事のモチベーションにつながる重要な役割があります。

住宅展示場の受付は、アルバイト・パート、派遣社員の場合では高時給の求人が多くあるため、たくさん稼ぎたい方にはぴったりです。

また、未経験からで応募ができることや年齢制限を設けていないことも魅力で、子育てを終えた主婦やキャリアが少ない方にも応募がしやすい特徴があります。

エリアから考える

住宅展示場の場所は中心地から離れた場所にあることが多いです。

そのため、自宅から通勤できるエリアの求人かを確認する必要があります。

多くの住宅展示場の求人は車やバイク通勤可のため、通いにくいというデメリットは少ないです。

しかし、通勤は毎日のことであり、高時給だから遠くても大丈夫と最初は思っていてもだんだんストレスになってしまう可能性もあります。

快適に仕事に通える距離を把握しておくことも重要です。

まとめ

住宅展示場の受付に仕事は、高時給で楽して仕事ができそうというイメージがあります。

確かに、忙しい職場この仕事をすることで、様々な職種に必要な基礎スキルを一度で習得できる魅力もあります。

向き不向きはありますが、自分がやりたいと本気で思えるのであれば応募をすることをおすすめします。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

住宅展示場受付求人