住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。

今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。

住宅展示場事務のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。

また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。

モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。

住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?

住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや工務店の営業と一緒に仕事をします。

そのため、事務として営業のサポートをする役割があります。

営業が忙しい時に、資料の作成やチラシ作りを代わりに仕上げておくなど、フォローすることが求められます。

住宅展示場事務の働き先の見つけ方にはどんな方法があるの?

住宅展示場の事務として働いている人は、どのようにしてその職に就くことができたのでしょうか。

ここからは、住宅展示場の事務の求人の見つけ方の方を2つ紹介します。

フリーペーパーや求人情報サイト

アルバイトやパート採用で、求人を掲載されています。

どのハウスメーカーや工務店なのかをチェックしておくことが大切です。

住宅展示場の事務は人気が高いため、いくつか探しておくと良いでしょう。

派遣紹介

フリーペーパーや求人情報サイトにない場合は、派遣登録をして派遣会社から紹介で見つけることができます。

住宅展示場の事務の仕事を絶対にしたいという人はこの方法が一番おすすめです。

ハウスメーカーや工務店は選べませんが、フリーペーパーや求人情報サイトに掲載される前の求人を紹介してもらえることがあるため、いち早く応募ができます。

住宅展示場事務求人でよくある募集内容とは?

住宅展示場の事務は人気が高い仕事のひとつで、その理由は求人募集を見ればわかるかもしれません。

ここでは、住宅展示場の事務の募集内容をまとめて紹介します。

給与相場

正社員は月給15万~20万円程度で、アルバイトやパート、派遣社員は時給950円~1,500円程度が多くみられます。

正社員は、別で賞与があるものの、決して高い給与ではありません。

アルバイトやパート、派遣社員は、時給の幅はありますが他の仕事よりも高時給であることが多いです。

勤務時間や休日、残業

9:00~18:00や10:00~18:00など勤務時間になっています。

住宅展示場の営業時間に合わせるため、出勤はゆったりと退勤は18時あたりが多く見られます。

さらに、急なお客様がいない限りは残業はほとんどありません。

また、住宅展示場は土日にお客様の来場が多く、忙しいため平日休みとなります。

ハウスメーカーや工務店は、水曜日は必ず休みなので、水曜日と平日の2日が休日です。

福利厚生

社会保険完備や交通費支給など、最低限の福利厚生は必ず募集内容に載っています。

また、正社員の求人では、歩合制でボーナス支給もあります。

求められる人物像

お客様や一緒に働く営業に気配りや配慮ができる人が求められます。

お客様には、モデルハウスの見学や商談を快適にしてもらうために様子をうかがい、そのお客様に合わせた対応をすることが必要です。

また、忙しくしている営業の業務をさりげなくフォローできる人が重宝されます。

必要なスキルや資格、経験

特別に必要なスキルや資格はありません。

しかし、接客や販売、事務の経験があると優遇される場合もあります。

必ずしもこの経験が必要ということではないため、誰でも応募可能です。

住宅展示場事務求人のおすすめ求人のポイント

募集内容が分かったら、次に住宅展示場の事務の求人のなかで特におすすめのポイントを紹介します。

そのポイントが、住宅展示場の事務の人気が高い理由かもしれません。

高時給

アルバイトやパート、派遣社員の場合、他の仕事をするよりもかなり高い時給で求人募集されています。

アルバイトやパートで時給1,000円以上、派遣社員で時給1,200円以上の求人はおすすめです。

この時給の高さが魅力で、学生や主婦から人気を集めています。

未経験可

住宅展示場の事務は、専門的な仕事ではないため未経験でも応募ができます。

人とコミュニケーションがきちんととれる人であれば応募可能です。

短期バイトであれば、未経験の学生も応募ができるところも魅力があります。

住宅展示場事務求人についてよくある疑問

住宅展示場の事務の求人について詳しくみていきましたが、実際に働く上での疑問点もたくさんあるはずです。

募集内容や仕事について、あらかじめ知っておくと安心して働くことができます。

ここからは、住宅展示場の事務の求人について疑問に思うことを徹底解説していきます。

仕事中の服装は?

制服かオフィスカジュアルのどちらかになります。

ほとんど制服で働いている人が多いですが、募集内容に制服貸与と書いていない場合は、華美でないオフィスカジュアルな服装を自分で用意します。

応募をするときにどちらの服装なのか必ずチェックしておきましょう。

残業は本当にありませんか?

住宅展示場は営業時間も決まっていて、さらに平日土日に限らず、夕方ごろにはお客様は住宅展示場内にいないことがほとんどです。

閉店ぎりぎりで来場されたお客様がいたとしても、営業が対応をしてくれて、残った場合でも何時間も残業ということはありません。

営業のような仕事をすることはありますか?

営業のように商談をしたり、家を売ったりすることはしません。

しかし、お客様から家の構造や機能、モデルハウスの間取りや部屋の広さなど詳しい質問には答えられるようにしておく必要はあります。

住宅展示場の事務は何人いますか?

基本的には1人、もしくは2人と少人数です。

その代わり営業が5~6人所属しているため、何かあったときは営業と相談するようになります。

まとめ

住宅展示場の事務の求人は、未経験でも応募可能で、アルバイトやパート、派遣社員では高時給でかなり魅力的な仕事です。

人気が高いため、求人を見つけたらすぐ応募をすることをおすすめします。


関連キーワード

住宅展示場受付求人