私は以前、医療事務として3年ほど受付で働いていました。

その経験から、医療事務の仕事について私が感じたことや体験したことを交えながら、お話します。

医療事務は、患者さんと接することがとても多い仕事です。

デスクワークだけではなく、様々な仕事があると知っておいた方が良いでしょう。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務にはどんな仕事があるの?

医療事務と一口に言っても、医療機関や診療科によってやることが多少異なります。

そのため医療事務の経験があっても、勤務先が変われば以前とは違う業務に就くこともあります。

私は以前、透析内科で医療事務をしていました。

透析内科の場合は、患者さんの対応から雑務まで様々な業務をこなさなければなりませんでした。

医療事務の主な就職先

医療事務と言っても、勤務先や雇用形態で働き方は異なります。

病院や診療所・クリニックなどによって勤務時間や休日などは多少の違いがあるでしょう。

医療事務にはレセプト業務があり、毎月提出期限が10日までと決まっています。

日中は他の業務があるため、月初めはほとんどの医療機関で残業があるかもしれません。

診療科によっては、インフルエンザや花粉症などの影響で遅くなる場合もあります。

病院

病院は福利厚生がしっかりしていて、休みは土日祝日が多いです。

老若男女問わず、毎日沢山の患者さんが来院するので、場合によっては休憩時間が取れないことがあるかもしれません。

また、待ち時間が長くなるとイライラしてくる患者さんもいるため、対応に追われることもあります。

診療所・クリニック

診療所・クリニックは地域密着型なので、患者さんは近くに住んでいる方が多いです。

患者さんの中には、長い間通院されている方もいらっしゃいます。

そのため、診療所・クリニックの医療事務は、患者さんと親しく接する機会が多いです。

それ故、よく見られていることをとも意識して対応することが大事です。

あくまでも医療事務の仕事は、患者さんに安心して治療を受けてもらうことなのです。

救急病院

救急病院に搬送される患者さんは単なる熱や体調不良の症状ではありません。

交通事故や意識不明の重体などの場合もあります。

そのため、業務にはスピードと正確性が求められます。

また他の医療事務よりも患者さんの生死に携わることが多いです。

救急病院は年末年始やお盆なども診察しているので、休みは交代で取る場合が多いようです。

調剤薬局

調剤薬局は、近くの診療所・クリニックと提携している場合が多いです。

医療機関を受診した患者さんは、診察が終わってから薬をもらいに来ます。

そのため、提携しているクリニックによっては終業時間が遅くなります。

また薬の在庫がない場合は、近隣の薬局に調達しに行かなければなりません。

場合によっては、患者さんのご自宅まで届けることもあります。

医療事務も医療従事者

医師や看護師のように直接患者さんの治療はできませんが、医療事務も医療従事者の一人です。

医療事務は、自分が担当する診療科について薬や検査などの知識があると便利です。

万が一血液検査や薬の処方などで間違ってしまったり、何かの違和感に気がついた時に防ぐことができるからです。

長く携わっていると、検査項目や薬の種類など自然に覚えてくるものですが、最初は自ら知識を学ぶ必要があるでしょう。

医師や看護師が見落とした部分にも、医療に携わる人間として注意しておかなければいけません。

どんな職場で働きたいか決まっていますか?

医療事務は、病院やクリニック・調剤薬局など勤務先も様々です

日本は高齢化社会を迎え、病院やクリニックは今後も増加傾向にあります。

医療機関が増加すれば、それだけ医療事務も活躍できる場が多くなります。

医療事務はライフスタイルに合わせて、働くことが可能な職業です。

長く勤めたい・出産後も働きたいと考えている人であれば、雇用形態や働き方を選択できる勤務先をおすすめします。

実際にどんな医療事務の求人があるの?

ここまでは医療事務の就職先の種類を紹介してきました。

しかし実際にどういった求人があるのか知りたい方も多いでしょう。

おすすめの転職サイトを紹介しますので、まずは登録してどんな求人が出ているかチェックしてみて下さいね。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の求人で気になることとは?

医療事務の求人に記載されている内容は、「経験者のみ」や「経験者優遇」が多いです。

私も様々な求人を見て探しましたが、「未経験でも可」という求人は少ないかもしれません。

未経験者でも医療事務の資格を取得していれば、就職の際に有利になる可能性があります。

医療事務の給料

医療事務の給料は、勤務年数やスキル、勤務先によって変わります。

最初は研修期間なので最低賃金ですが、年数を重ねることでスキルアップし、昇給していく可能性もあります。

賞与や諸手当の支給についても、それぞれの医療機関で事情が異なるようです。

医療事務の年収については、こちらの記事も参考に!

勤務時間や休日、残業

医療事務の勤務時間帯は、パートと正社員とでは異なります。

パートは勤務時間や出勤日を調整して、休みを取りやすい環境を自分で作ることが可能です。

しかし正社員の場合は、基本的に病院の規定通りとなります。

勤務時間、一般企業と同様に約8時間です。

病院であれば大体8時~17時前後になるでしょう。

診療所・クリニックの場合は診療時間が長いため、早番・遅番とシフト制になっている所もあります。

小さなお子さんがいる方などは、診療所・クリニックの方が昼休憩も長いので働きやすいかも知れません。

用事を済ませたり、家に帰って家事をしたいという方にはおすすめです。

残業に関しては勤務先によって異なります。

診療時間が過ぎても患者さんが残っている場合などは、業務が終わるまで残業になります。

医療事務は沢山の業務があるため大変ですが、残業が続くと心身共に負担がかかってしまいます。

やむを得ず残業になる時はありますが、なるべく就業時間内で終われる環境を作ることが大事でしょう。

福利厚生

医療機関は、比較的福利厚生がしっかりしています。

正社員は、社会保険に加入しているのでメリットもあります。

ライフスタイルの変化に合わせて、雇用形態や勤務時間を調整できるのでとても助かります。

医療事務の配属先

医療事務の配属先は、基本的に受付窓口が多いです。

診療所・クリニックの場合、系列のクリニックに配属されるケースもあるようです。

 基本業務は一緒ですが、勤務先によってやり方は多少異なります。

病院勤務の場合は、受付窓口の他にも会計業務やクラーク業務の担当になることもあります。

求められる人物像

医療事務に求められる人物像には、どのようなものがあるのでしょうか?

どんな職場でも即戦力になる人物は望ましいものです。

医療事務の求人の多くが、経験者や資格保有者を優遇するのはそのためです。

実務経験の他にも、大事なポイントがいくつかあります。

私が医療事務として働いていた経験から、最も求められる人物像について、具体的にお話します。

必要な専門知識

医療事務の仕事は、レセプト業務のやり方や診療報酬の点数計算の知識が必要になります。

そのため、経験者が優遇されるのですが、必要な専門知識は業務を繰り返す中で覚えていくので 、最初は知識がなくても大丈夫です。

しかし医療事務の仕事は覚えることが沢山あるので、業務に慣れるまでは自ら学ぶことも大切です。

基本的なPC操作スキル

医療事務では、レセプト業務などパソコンを使った作業が多いです。

そのため、基本的なパソコン操作のスキルがあるとスムーズに仕事が覚えられるでしょう。

また、書類の作成やメールでの発注も行うので、ExcelやWordが使えると便利です。

私の働いていた職場では、パソコン操作が得意なスタッフがいました。

パソコンは電子機器なので、業務中に突然フリーズしてしまう時があります。

電子カルテを使用している医療機関では、原因を突き止めて早急に対処しなければなりません。

そんな時、パソコンが得意な人がいるととても助かります。

パソコン操作ができる人は重宝されるので、スキルを身につけておいて損はありません。

コミュニケーション能力

医療事務は他の医療スタッフとの連携が必要になるため、コミュニケーションが重要です。

何故コミュニケーション能力が必要なのかと言うと、沢山の人と接することが多い仕事だからです。

病院は老若男女問わず、様々な患者さんが来院します。

患者さんの性格もそれぞれで、明るくて優しい方もいれば、短気で怒鳴り散らす方もいます。

医療事務は、常に患者さんへの気遣いが必要なので、精神的疲労を感じることもあると思います。

大変な仕事ではありますが、コミュニケーションの基本として、相手の話を否定しないこと、そして笑顔は忘れないようにしましょう。

正確で迅速な処理能力

正確で迅速な処理能力は、経験と知識である程度カバーできます。

医療機関で働いている方ほど、臨機応変な判断能力が必要になります。

臨機応変に対処できないと、患者さんの体調を悪化させてしまうケースもあるからです。

医療機関では、様々な状況を想定して動かなくてはなりません。

あらゆる可能性を考え、どんな出来事にも動揺しない精神力が求められますが、業務に慣れるまで難しいでしょう。

注意力があり機転が利く人

注意力があり機転がきく人は、医療事故に繋がるようなミスを防ぐことができます。

一番怖いのはきちんと確認をせず、大丈夫だと過信をしてしまうことです。

業務中は、何事もきちんと確認し状況を適切に判断できる能力が求められます。

特に医療事務という仕事は、沢山の業務をこなさなければならないため、注意力に欠けることがあります。

だからこそ、一つ一つの業務に集中しなければならないのです。

確認不足からミスを連発し、取り返しのつかない状況にもなりかねません。

健康な人

どのような職場でも健康な人というのは基本ですが。

事特に医療事務は、事務作業以外にも沢山の雑務をこなさなければならないので大変です。

忙しいと肉体的にも精神的にも疲労が蓄積し、体調を崩しやすくなってしまいます。

病院に来院する患者さんは体調不良で来ている方ばかりなので、免疫力の低い人だと患者さんから感染してしまうこともあります。

日頃から体調管理に気を付け、健康維持に努めましょう。

医療事務の雇用形態による違い

医療事務の雇用形態による違いは、業務上ほとんどありません。

正社員・パートに関係なく、みんな同じ職場で働く仲間です。

勤務年数によっては、パートでも事情を分かってくれるので、とても頼りになります。

患者さんも雇用形態を気にしていないので、特に気にすることはないと思います。

自分にあった医療事務の求人の選び方や注意点

現在独身でも将来結婚や出産などライフスタイルが変わるかもしれないという方は、長く働ける職場なのかも考えておきましょう。

医療事務の求人を見ても、選び方の基準が分からないという方も多いと思います。

そんな方のために、求人を選ぶ際は何を重点的に考えるべきなのかをお話します。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員の場合は、医療事務の資格や実務経験ありと求人に記載されているケースが多いです。

医療機関では、即戦力になる人材を求める傾向があります。

小さなお子さんがいる場合は、勤務時間や出勤日を調整できるパートやアルバイトの方がおすすめです。

パートやアルバイトで働きながらスキルアップして、将来的に正社員として働くことも可能です。

【選び方②】診療科目から探す

どんな医療機関でも医療事務には変わりないですが、業務の忙しさはそれぞれ異なります。

雇用形態を重視している方が多く、診療科をあまり考えていない方が多いかもしれません。

なぜ診療科から探した方が良いかと言うと、忙しさや来院患者数が全く違うからです。

耳鼻咽喉科は、インフルエンザや風邪が流行する冬季や、花粉症が流行する春先はいつもより忙しいようです。

他の診療科でも、残業が多いなど医療機関によって勤務状況に違いがあります。

医療機関に詳しい方が身近にいる場合、相談してみるのも良いかもしれません。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務のおおまかな仕事内容

医療事務の仕事は、パソコン操作や患者さんの応対だけではありません。

窓口業務以外にも沢山の業務をこなさなければならず、気力も体力も必要です。

以前医療事務として働いていた勤務先で、私が行なっていた大まかな仕事内容をお話します。

おおまかな仕事内容

大まかな仕事内容は、受付・会計業務、事務作業やその他の雑務、資材や薬剤の発注等でした。

受付・会計業務というのは、受付での患者さんの応対や会計処理などをする仕事です。

事務作業とは、パソコンを使用してカルテや処方箋の発行などを行う業務です。

また、診療のコストチェックなども行います。

資材や薬剤に関しては、医師や看護師の指示で発注していました。

その他の雑務とありますが、これは待合室やスタッフルームなどの環境整備や来客応対、電球交換などがあります。

電話応対も業務の一つですが、患者さんからの電話だけでなく、様々な企業に電話をかけることもあります。

医療事務の仕事内容は、こちらの記事も参考に!

医療事務はどういう役割を求められる?

医師や看護師、そして患者さんが歯車だとすれば、医療事務はそれらを円滑な関係にしていく潤滑油みたいなものだと思って下さい。

医療事務の不手際で医師や看護師そして患者さんにも迷惑をかけてしまうことがあるからです。

例えば、医師が患者さんに紹介状を用意したとします。

医療事務が患者さんに紹介状を渡すのですが、忘れてしまったり紛失してしまうと患者さんを待たせてしまうことになります。

患者さんにもスタッフにも迷惑をかけてしまうので、そのようなミスをできるだけなくすよう注意が必要です。

医療事務には、スムーズに業務が進むことを望まれていると考えておきましょう。

医師や看護師と違い治療に携わることはできませんが、サポートする役目という言い方が正しいかもしれません。

医療事務についてよくある疑問

医療事務について様々な疑問があると思います。

私の経験から、特に気をつけてほしいポイントをお話します。

面接前に病院・クリニックの雰囲気などはある程度つかめるかと思いますので、是非参考にしてください。

病院・クリニックの雰囲気は?

病院・クリニックの雰囲気はとても大切です。

雰囲気が良くないと働くのが嫌になってしまうので、面接前にチェックしておくことをおすすめします。

求人情報だけでは分からないこともあるので、実際に自分の目で確認した方が良いです。

その際に見てほしいポイントは、病院・クリニック内の雰囲気や患者さんに対するスタッフの対応です。

シフトの調整・変更について

シフトの調整・変更については、その病院・クリニックによって異なるので一概には言えません。

私が勤めていたクリニックでは、週休2日制でした。

休日は日曜日の他シフト制で希望を調整していましたので、比較的自由だったと思います。

医療機関によっては、休日出勤があるところもあります。

その場合はスタッフ間で調整して、代休をもらえます。

ただ休日が決められている勤務先では、自由に調整できないかもしれません。

特例として、急用の場合や冠婚葬祭などの時は休暇が取れるので大丈夫です。

医療事務に向いていない人

そもそも医療機関での仕事に向いていないという人がいます。

どんな人なのかと言うと、血液や汚物などを見るのが苦手という人です。

以前医療事務として働いていた時に、「苦手です」というスタッフがいたため、業務ができず困ったことがありました。

医療事務はデスクワーク以外の仕事も多いので、臨機応変に対応しなければなりません。

まとめ

医療事務という仕事は、業務が多いので大変です。

しかし、ライフスタイルに合わせて雇用形態が選べるなど、女性にとっては長く働ける職業です。

最初は知識を覚えるために勉強したり、忙しさのあまり疲労困憊だと思いますが、無理しないように気をつけて下さい。

自身に合った働き方で心地よく働けるよう願っています。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。


関連キーワード

事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務の魅力を徹底紹介!あなたも医療事務として働いてみませんか?

医療事務は、病院やクリニックなどで事務を担当する仕事です。最近は女性におすすめの職業として、小さな子どもを持つ主婦に人気があります。今回は医療事務に興味がある方に向けて、具体的にどのような点がおすすめなのか、主な仕事内容や魅力について説明します。医療事務の主な仕事内容とは?医療事務の仕事内容は、主に三つに分けられます。一つ目は受付業務です。受付業務では、来院した患者さんから保険証を預かりカルテを作成します。また症状の聞き取りをしたり、必要に応じて患者さんのサポートも行います。電話応対や来客の対応なども受付業務の仕事です。そのため受付業務は病院の顔とも言われ、接客スキルも必要とされます。二つ目は

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い職業の一つが医療事務です。家族や友人が医療事務の仕事をしている、という方も多いのではないでしょうか。今回は、医療事務の仕事内容や将来性について解説します。私自身、以前は医療事務の仕事をしていました。その時の経験から、この仕事を続けていきたいと思う理由についても説明したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は、主に受付、会計、レセプト業務の三つが挙げられます。受付業務では保険証の確認、患者さんの症状の聞き取り、カルテへの入力などを行います。他にも、体の不自由な方の手助けをしたり、小さな子どもが泣いていたらあやすなど状況に応じた臨機応変な対応をすることが必要です。会

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務に転職するためには、事前にいくつか準備すべきことがありますよね。医療事務未経験や経験者でも転職活動の内容は違ってきます。医療事務で働ける病院やクリニックのホームページを見ておくこともその一つです。いざ転職をするならやはり年収アップも期待したいところですよね。知識不足では希望通りの転職が難しくなることも予想されるので、こちらの記事を読んで準備・勉強してチャレンジしてくださいね。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務へ転職する場合、どのような勤務先が良いのでしょうか?同じ医療事務でも、医療機関よって勤務時間や業務内容は異なります。病院とクリニックではどちらが良いのか、休日はシ

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務の仕事は、一般の事務職とは異なります。では、医療事務とはどんな仕事をするのでしょうか?パソコンを扱っている点では一般事務と同じですが、その他にも受付業務や医師や看護師のサポート、患者さんの応対など沢山の業務があります。医療事務の仕事に就きたい方や興味がある方は、どのような仕事内容なのか参考にして頂けると幸いです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事は、主に受付業務、会計業務、レセプト請求業務の三つです。他にも医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、その他雑務などがあります。病院やクリニックに行くと、一番最初に患者さんと対応するのが医療事務です。保険証を確認したり、カルテを作成す

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務の仕事は、人によって向き不向きがあります。国家資格ではないため、極端な言い方をすると誰でも出来る仕事ではあります。そのため、医療事務は比較的向き不向きが出る職業と言えるのではないでしょうか。バイト感覚の様な気持ちでは、想像以上に大変だという認識を持っていた方が良いでしょう。この記事では、医療事務の仕事が向いていない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業のため、慣れてくれば単調に

医療事務の悩みで多い5つのこととその解決法。

「医療事務は女性が働きやすい」「医療事務は女性に人気の仕事」などといったフレーズを聞いたことはありませんか?確かに、医療事務は女性にとって続けやすい仕事の一つです。しかし、日々の業務を行う上では大変なこともあります。今回は医療事務の悩みで多い5つのこと、その解決法、それでも医療事務をおすすめする理由を解説していきます。医療事務の悩みで多い5つのこと医療事務はとても魅力的な仕事です。しかし、様々な悩みを抱えている人も多いのが現状です。では具体的にどのような悩みを抱えているのか、5つに分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はライフスタイルに合わせた勤務が可能なので、家庭との両立がしやすい仕

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療施設というのは人間関係でストレスを抱えることが多いと言われています。看護師からの対応が厳しいという話を聞いたこともあると思いますが、実際はそのような方ばかりではありません。女性が多い職場であるため、以前は派閥やいざこざがあったと言われていました。しかし最近では患者さんへのホスピタリティを重視しているため、そのようなことはあまり見られなくなりました。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまうというのは、スタッフ間や患者さんとのコミュニケーション不足なのかもしれません。対応が厳しいのは業務に関することであり、決して個人的に攻撃しているわけではないのです。医療事務のおおまかな仕事内容とは?医療事

医療事務の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

医療事務の仕事はやりがいがあり、福利厚生などもしっかりしていますが、そやはり最初は大変だと思った方が良いでしょう。日々の業務をする中でも、肉体的にも精神的にも辛く感じる時があるかと思います。それは医療事務に限らず、医療関係で働いている方は皆そのように思うことが多いかもしれません。何科を担当するのかにもよりますが、業務に慣れるまではしんどい時も多々あるでしょう。私はこんな病院・クリニックで働いています私は透析施設のあるクリニックで働いていました。やはり病院と比べると、クリニックの方が患者さんの数は少ないかもしれません。クリニックは主にその地域周辺に住んでいる方が来院しますが、病院は日本全国から患

医療事務は未経験でもできる?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

ハローワークなどの医療事務の求人は、実務経験者を優遇していることが多いです。求人票を見ていると「医療事務の仕事に就きたいけれど、未経験者では難しいの?」と思う方も多いでしょう。医療事務は国家資格が必要な職業ではないので、未経験者でも問題はありません。私は以前医療事務として働いていました。その時の経験から、医療事務の仕事はどんな人に向いているのかお伝えしたいと思います。医療事務の大まかな仕事内容医療事務の主な仕事内容は三つあります。受付業務、会計業務、レセプト業務です。他にも医師や看護師のサポートや様々な雑務があります。病院に行ったことがある方は、受付業務や会計業務はイメージしやすいのではないか

医療事務のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

自分の仕事に対してやりがいを感じるということはとても大切なことです。世の中には様々な職業があり、やりがいを感じる職種も人それぞれです。このような状況の中で、女性に人気の職業の一つに医療事務が挙げられています。そんな医療事務とはどのような仕事なのか?医療事務のやりがいとはどんなものなのか?私の体験談を交えて具体的にお話します。医療事務の大まかな仕事内容について理解しておこう医療事務の仕事は、受付窓口や会計業務、カルテ入力、レセプト業務、クラーク業務、その他の雑務などです。クラーク業務をご存知ない方もいると思いますが、一言で説明すると医師や看護師をサポートする仕事です。サポート業務といっても看護助

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務が大変だと思う6個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

医療事務は大変なイメージがありますよね?病気や怪我など、人を助ける医療系の職業は責任重大な為、医療事務の仕事もきついんだろうなと思っている方も多いかと思います。病院やクリニックに勤めているそんな医療事務の業務内容とはどんな内容なのでしょうか?具体的に辛いことはどのようなことでしょうか?ここでは、そんなきつくても頑張れる医療事務のやりがいや、向いてる人・向いてない人の特徴についてまとめてみました。医療事務のおおまかな仕事とは?医療事務とは医療機関に勤める事務職のことを言います。病院やクリニック内で、受付や会計業務、レセプト、カルテの管理を中心とした医師や看護師のサポートを行うのが仕事です。医療事

医療事務になるには?どんな資格が必要?資格取得ルートや勉強方法を教えます!

突然ですが、医療事務になるにはどうすればいいのかご存知でしょうか?女性から人気の高い職業の一つに、医療事務の仕事があります。医療事務の仕事に興味はあるけど、どんな仕事内容なのかどうすれば働けるのか、働いてみないと実際には知らないことも多いと思います。今回は、医療事務として働くにあたって有利になる資格や、取得方法、就職先から転職事情まで詳しくご紹介します。医療事務になるには? 医療事務とは、医療機関で窓口業務や会計業務、診療報酬請求業務などをする仕事です。医療事務になるには、資格取得が必須条件ではありません。未経験で資格がなくても、医療事務として働くことは可能です。しかし実際に就職すれば、即戦

医療事務辞めたい…と言う人の4個のよくある理由と対策は?

医療事務という職業は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。スクールや通信講座では人気資格ランキングの上位に入る事も多く、特に女性に人気の高い職業です。医療事務の活躍の場は病院やクリニック、調剤薬局など医療機関であることが多く、実際の仕事内容は受付から会計まで多岐にわたります。しかし、医療事務という職業に憧れ頑張って資格を取得したものの、実際に働いてみると大変で辞めたいと思われる方が多いのも現状です。では、実際の仕事環境はどういったものなのでしょうか。医療事務の仕事環境とは?医療事務のイメージの多くは、「医療機関で働けて格好良い」「事務仕事である為、残業も無く定時に帰宅できそう」「

医療事務給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

医療事務の給料の相場はいくらか、気になりますよね。私は過去に医療事務として3年働いていました。医療事務だけではないかもしれませんが、最近は昇給が気軽に出来なくなっている所も多いです。もしかしたら長く働いていても、最初の頃と変わらないというケースがあります。今回は医療事務の給料の相場と、給料はどうやって決定するのか、そして同じ医療事務なのに何故給料が高い人がいるのかなどなど、リアルな実体験を用いてお伝え致しましょう。医療事務の給料の相場はどのくらい?医療事務の給料の相場はどのくらいかという事ですが、よく求人広告などで給料の金額部分の振り分けが凄まじい所がありませんか?15万~22万などと記載され

医療事務とはどんな仕事?仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴、なり方など詳しく解説します!

病院に行くとまず目に入るのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師の傍らで仕事をしている医療事務員に憧れて、将来病院の仕事に就きたいという方もいらっしゃると思います。以前私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。医学系の学校に通っていたこともあり、様々な病院や施設で実習体験もしてきました。それらの経験から、医療事務とはどんな仕事なのか?資格や充実度などの情報も交えながら紹介します。医療事務とはどんな仕事?医療事務とは、病院やクリニックにおいて医療に関する事務を行う仕事のことです。病院によっては、経理部門を一般事務と呼んだりします。同じ医療関連の事務職でも、病院やクリニック・薬局・老

医療事務のおすすめの資格は?どの資格から取得するといい?将来性についてもお話しします

ライフスタイルに合わせて雇用形態が選べることから、医療事務を目指す人が増えています。最近では、小さな子どもを持つ母親たちにとても人気があるようです。しかし求人には、医療事務の経験者、又は医療事務の資格必須と書かれているものも多いです。そこで、医療事務の資格とはどんなものなのか、そして資格は本当に必要なのかを詳しく解説します。医療事務になるには?以前私は医療事務として働いていましたが、当時の勤務先の求人は「未経験者でも可」でした。病院の求人条件によっては、医療事務の資格が必要なところとそうでないところがあります。そもそも医療事務の資格は、医師や看護師とは違い国家資格ではありません。そのため、必ず

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

正社員の医療事務で働くメリットは、一般的に給与や福利厚生などの面が、他の雇用形態より恵まれている点にあると言えます。では、医療事務の正社員で働くメリット・デメリットとは何か、派遣社員やパートとはどのような違いがあるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットの一つが、社会保険に加入できる点にあります。パートやアルバイトでも加入はできますが、雇用条件にもよります。社会保障に関しては、やはり正社員の方がメリットが大きいでしょう。経済的に安定している医療事務の正社員は一般的に給与面や福利厚生面がしっかりしているので、目指す人は増えています。退職金に関