私は3年ほど医療事務として働いていました。

ある医療事務、受付として働いて、私が感じたことや体験した事をリアルにお伝え致します。

場所によっては事務仕事以外にあるとだけ認識しておく方が良いですよ!

意外と事務なのに動き回らないと行けない所もありますからね。

デスクワークというよりかは、体力仕事だと思って下さい。

では医療事務求人について紹介していきたいと思います。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務にはどんな種類があるの?

医療事務と言っても、各病院によってはやる事が大きく異なります。

そのため医療事務の経験があると言っても、耳鼻咽喉科や透析内科など各種類によってやる事は違うので、正直に言ってしまう

と、科が違うとあまり経験が役に立たない事があると思っておいて下さい。

私は以前透析内科の医療事務をしていましたが、透析内科の場合は患者さんのご案内や雑用などが含まれているため、基本的に何でもしなければいけませんでした。

よく看護師長からは医療事務という仕事は、看護師と患者と医師のやり取りを正確に受け渡せるような潤滑油であるべきと言われた事があります。

医療事務の募集でよくある働く場所のパターン

医療事務と言っても勤務先によって、働き方は大きく異なります。

私が勤めていたのは診療所・クリニックでしたが、それでも大変でした。

病院や診療所・クリニックなどによって勤務時間や、休日などは大きく違うと思って下さい。

基本的に残業はありませんが、科によっては残業があるかもしれません。

科によってはインフルエンザや花粉症など季節的なものの影響によって、遅くなる場合もあります!

病院

病院は基本的に福利厚生がしっかりとしており、休みがシフト体制ではない為、基本的に土日祝日が多いとされています。

しかし残業は基本的にありません。

老若男女関係なく患者さんは毎日来るので、休憩が結構バタバタしてしまうのだとか。

待ち時間が長く、イライラしてくる患者さんもたくさんいる為、対応に追われてしまう事も少なくありません。

病院は他県から訪れる患者さんもいるため、会計チェックに慣れるまで時間はかかるでしょう。

診療所・クリニック

診療所・クリニックは病院と異なり地域密着型なので、基本的にはその診療所・クリニックの近くに住んでいる患者さんが多いです。

私は透析内科の診療所・クリニックで働いていました。

診療所・クリニックに来る患者さんの多くは、昔から来ている常連さんが多く、事務員よりも歴が長い為、ある程度内情を把握してくれている患者さんも多いです。

お歳暮やお中元の時期にお菓子やケーキなどの差し入れをしてくださった事もあり、一番患者さんと近い位置にいると考えておきましょう。

フレンドリーな患者さんもいますが、中には問題行動を起こす患者さんもいるので、扱いには注意が必要です。

患者さんと近い位置にいる分親しくはなれますが、その反対でよく見られているとも頭に入れておいた方が安全ですよ。

あくまでも医療事務は患者さんに安全に治療を受けてもらう事が大切なので、友達ではありませんからね。

救急病院

救急病院は一番患者さんに接する事がある意味ではすくないと思って下さい。

そして救急病院は他の医療事務よりも、患者さんの生死に大きく携わる事が多いです。

救急病院に搬送される患者さんは単なる熱や体調不良の症状ではありません。

交通事故にあい、意識不明の重体や瀕死状態など、生死に関わってくるケースがたくさんです。

そのため嫌でも誰かが死んだという話を聞く事になるので、死がとても軽く感じてしまうかもしれません。

救急病院は年末年始やお盆など関係なくあるので、休みは取りにくいかもしれないですね。

調剤薬局

調剤薬局の事務は基本的に診療所・クリニックと密接した関係にあります。

密接した関係にある為、提携しているクリニックの診療時間終了後に患者さんが薬をもらいに来るので、帰るのはかなり遅くなってしまうのです。

薬がない場合は近隣の薬局にもらわなければいけませんし、のんびりとしてられないのです。

病院や診療所・クリニックと違って、一見さんとして訪れる人も少なくありません。

患者さんに深く関わる事はそんなにないので、接客的には楽かもしれません。

医療事務も医療従事者

医師や看護師と同格とは行きませんが、医療事務も医療に携わっている人間です。

自分達には医療の事は関係ないという考えはなくして下さい。

最低限自分の携わっている科の主な病気については知っておく必要があります。

何故知っておく必要があるか、血液検査や薬の処方などで間違いをしてしまう事や、何かの違和感に気がついた時に防ぐ事が出来るからです。

私が勤めていたクリニックでは医療事務が、先生の指示で処方した薬があっているか確認をしないといけませんでした。

長く携わっていると薬の種類や効力など、自然と覚えてくるものですが慣れていない内は間違っている事には気づきません。

医師や看護師が見落とした部分にも、医療に携わる人間として注意しておかなければいけません。

どんな場所で働きたいか決まっていますか?

医療事務として必要とされている場所は、いくらでもあります。

しかし医療事務といっても働く場所はたくさんあり、病院や診療所・クリニックによって働く形態や内情は大きく違うのです。

基本的にどこの場所でも忙しさはあると覚悟しておいて下さい。

病院ほど需要が有りすぎる場所は中々ありませんし、潰れる事もありません。

ただ長く勤めたい、出産後も働きたいという考えを持っている人であれば、診療所・クリニック以外でおすすめします。

診療所・クリニックは先生の子供やその他にも後継者が必要とされているため、もし先生が高齢者で後継ぎが誰もいない場合は病院を閉めざるをえないのです。

病院や調剤薬局、救急病院などは常にたくさんの先生がいるため、潰れる事はまずないでしょう。

実際にどんな医療事務の求人があるか見るには?

ここまでは医療事務の働き先の種類を紹介してきました。でも実際にどういった求人が出ているのか、まずは見てみたい人も多いでしょう。

おすすめの転職サイトを紹介しますので、まずは登録してどんな求人が出ているかチェックしてみて下さいね。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務でよくある募集内容とは?

基本的に医療事務の広告で記載されている内容は、ほとんどが経験ありや資格ありとあります。

私が医療事務として働く前に色んな求人広告を見て探していたのですが、ほとんど未経験でも大丈夫という所は少ないかもしれません。

まれに未経験でも大丈夫という記載もあるので、自信のない人はそれを狙って行く方が安全かもしれませんよ。

給与相場

給与相場は自身の社会人の経験、スキル、そしてどれだけ自分の働きが貢献出来たかによって、給料は変わります。

最初は研修の意味も含めて最低賃金ですが、年数を重ねるごとによって増えていく場所ももちろんありますよ。

基本的には賞与等はしっかりしてくれているので、パートでももらえます。

ただ私の働いていた場所は実力給でした。

度重なるミスや報告書の提出量によって、給料が減らされる事はありませんが、昇給は望みにくいですね。

先生によって制度が違うので、残業代をつけてくれる優しい先生もいます。

医療事務ではなく看護助手として働いていた時に、2ヶ月分くらいの賞与を頂きました。

こればかりは先生基準なので、多少運も必要かもしれません。

医療事務の年収は、こちらの記事も参考に!

勤務時間や休日、残業

勤務時間帯はパート、正社員は異なります。

基本的にパートは雇い主である先生と交渉をし、休みを取りやすい環境を自分で作る事が可能です。

ただ正社員の場合、基本的に病院の決めたお休み通りとなります。

診療所・クリニックの場合は元々木曜と日曜が休みの所が多く、半勤だったり、日曜と平日どれかシフトという風に決まっている所があるので何とも言えません。

勤務時間に関しては、病院であれば大体9時~18時くらいときまっている所もあれば、朝番昼番夜番と決まっている所もあります。

小さな子供さんがいる人であれば病院ではなく、診療所・クリニックや調剤薬局の方が良いですよ。

場所によってはお昼休憩が3時間くらいとれるので、家に帰って家事をしたいという人向けです

残業に関しては病院にもよります。

先生が患者さんに体質親切であれば、残業は覚悟しておいて下さい。

診療時間ギリギリまで見てくれるので、残業は普通にあります。

ただ私が勤めていたクリニックではノー残業が基本でした。

私は透析内科のクリニックで勤めていた事があり、基本的に患者さんは透析を受ける人しか来なかったので、予定通りの時間帯に終わる事が多かったのです。

ノー残業なのは朝がとても早い分、それ以上残ると身体に負担がかかってしまう事を考慮してでした。

医療事務の仕事は基本的にやる事がいっぱいあるため、残義してでもやりたいという気持ちはあります。

しかし残業する事は正しい事ではなく、帰れる時に帰るのが正しいでしょうね。

福利厚生

基本的に医療関係は福利厚生がしっかりしています。

社会保険なのでメリットもありますし、給料明細を確認してもらうと分かると思いますよ。

他のどこの会社よりも一番福利厚生に関しては病院など医療機関はしっかりしているので、ありがたいですね。

勤務場所

医療事務の勤務場所は、基本的に受付配属となります。

診療所・クリニックの場合、系列のクリニックがあり本院と分院に配属されるケースもあるかもしれません。

基本的には大きな診療所・クリニックでないと、本院や分院などはないので気は楽だと思いますよ。

配属先は先生達が考慮されるので、どちらに行かされるかは分かりません。

基本業務は一緒ですが、先生によってやり方は大きく異なります。

スタッフの数はそこまで差違はありませんが、どちらが良いかという希望は正社員の場合望みは薄いと考えて下さい。

よほどの理由がない限りは、移動は無理です。

本院と分院によって環境は多少変わるくらいで、働いている人などは多少年齢の差はあるでしょう。

スタッフが多い少ないかは、今はどこも人手不足の状態にあると思っておいて下さい。

求められる人物像

医療事務に求められる人物とはどんなものか?

どの職場でも即戦力になりうる人物は望ましいものです。

ほとんどの求人広告には、医療事務の経験ありや医療事務の資格を持っているという人が強いのはそのためですからね。

ただ私が働いていたクリニックでは未経験OKという人所でした。

年齢制限も基本的にはあります。

30歳までというのがほとんどかもしれません。

私が経験した中でも医療事務に最も求められる人物像について、現実的にお話いたしましょう。

必要な専門知識

医療事務の資格を持っている人であれば分かるかもしれませんが、レセプトと呼ばれる月末処理のやり方や会計の点数計算はどこのクリニックに行っても必要となります。

ただし正直に言ってしまうと、必要な専門知識はほとんどの人が最初からある訳ではないので、初期の頃は知識がなくても気にする必要なんて一切ありません。

確かに経験者であれば有利ですが、ない人でも問題は全くないです。

重要なのは入社後に必要な専門知識を取り入れていけば良いだけなので、覚える事はたくさんのありますよ!

中途半端に知っている常態の方が危険なので、経験者以外はあまり知識を振りかざさない方が良いです。

私が働いていた透析内科では、レセプト業務などはなれてしまえばそこまで大変ではないので、みんなで出来るようにやっていたくらいでした。

同じ患者さんばかりぐ来る透析内科だからこそですが、他の病院によってやり方は同じとは限りません。

基本的なPC操作スキル

基本的なパソコン操作スキルはあくまでもあればの話です。

最初に言っておきますが、医療事務はパソコンをよく使います。

主にExcelやWordを使用し、年賀状の作成やメールで細かな備品や薬剤等の発注も行うので必須だと思って下さい。

ただし私自身そこまでパソコンが出来る訳ではなく、あくまでも文章を作成したり、業務上印刷をするのが必要だったりするので使っていただけです。

主に患者さんに対して防災訓練や先生の日程のお知らせや、マニュアル作成などを作成したりしていました。

パソコン業務もですが、文章作成もしなければいけなかったのでそこが大変でしたね。

私の働いていた場所ではパソコン操作に長けた人物が2人おり、1人は高度なパソコン技術を持つ人物、もう1人は基本操作に長けたスペックの高い人物でした。

患者さんへの案内表を絵を用いてより見やすくしたり、年賀状の宛名作成を楽にするという作業をしてくれたお陰で随分楽になりましたよ。

パソコン操作スキルが高い人ほど重宝されるので、パソコン操作スキルの方を勉強していて損はありません。

電子カルテを使用している所だと、フリーズしてしまった時に原因を突き止めないといけないので、パソコンに特化した人がいると本当にありがたいんです。

コミュニケーション能力

患者さんや医師や看護師、そして自分の持ち場のスタッフたちとの連携が必要になるため、コミュニケーション能力が重視されると思って下さい。

医療事務の面接で一番見られるのは他者とコミュニケーションを取れるかどうかも見られます。

何故コミュニケーション能力が重要視されるか、それは多くの人に接する事が多いからです。

病院は色んな患者さんがきます。

場所によっては老若男女関係なく、どんな性格の患者さんもいますよ。

ここで問題になるのが、年齢ではなく相手の性格です。

フレンドリーで優しい性格の人もいれば、怒りっぽく短気な性格で怒鳴り散らすという人も少なくありません。

私が以前勤めていた透析施設でもとても多かったですね。

ちょっとした事で凄くバカにされるように怒られたり、嫌味な言い方をされる人もいます。

どんな人でも笑顔で対処しなくてはいけないので、本当にストレスが溜まります。

当然新人だからと言って見逃してくれるなんて甘い考えはなくして下さい。

患者さんにとってそんな事は関係ありません。

コミュニケーション能力の基本として、相手を否定しない事、そして笑顔は忘れないようにしましょう。

どこの病院にもブラックリスト患者は必ず一人はいるので、目を瞑った方が良いですよ!

正確で迅速な処理能力

正確で迅速な処理能力は、これはある程度経験と知識でカバーできます。

しかし医療関係に勤めている人間ほど、正確で迅速な処理能力、すなわち臨機応変に事を進められる判断能力が必要になるでしょう。

正確で迅速な処理能力ができないと、最悪のケースとして患者さんの体調を悪化させてしまうからです。

マニュアル通りに行かないのが、医療なのでどんな時も臨機応変に対応出来るようにならないと痛い目を見ます。

私が以前勤めていた透析内科では常に正確で迅速な処理能力を求められました。

残念ながら私は臨機応変に対応出来る訳ではなく、よく上司から注意を受けていた事が何度かあります。

特に透析を受けている患者さんは普通の患者さんよりも体が弱いため、怪我やちょっとした風邪がいのちとりになってしまう可能性だってあるのです。

あらゆる可能性を考え、そしてどんな出来事にも動揺しない精神があれば良いですが、現実的には難しいでしょうね。

ただ最初からそこまでは求められないので、ある程度なれてきたらだと思っておいて下さいね。

注意力が高く機転が利く人

注意が高く機転が利く人が一人いれば、医療事故に繋がるようなミスを防ぐ事が出来ます。

一番怖いのは確認をちゃんとせず、そのままで大丈夫だという過信をしてしまうと恐ろしい事になりますからね。

過信ほど恐ろしい事はありません。

何事もこれで大丈夫かという疑いを持てるような注意力が高く、とっさの機転が利く人物ほど素晴らしいものはないでしょう。

とっさの機転が利くのは、これも専門知識と経験がないと難しく初心者にはできません。

ただ注意力が高いのはどこの職場でも同じです。

医療事務という仕事は、基本的に忙しいため注意力散漫状態になってしまう事はよくあります。

だからこそ常に注意力を高くしておかなければいけないのです。

注意力が低いとミスを連発し、取り返しのつかない事にまで行くかもしれません。

健康な人

どの職場でも健康な人というのは基本的な事ですが、医療事務の場合は健康である事が大切です。

事務作業だけではなく雑用やその他の業務に追われるので、とにかく忙しいですね。

忙しいと心身ともに疲れてしまい、体調を崩しやすくなってしまいます。

体調を崩す事は仕方がないのですが、病院勤務である以上熱や下痢嘔吐をした場合は速攻で早退をしろと言われる事があるのです。

病院にくる患者さんは全員健康ではなく体調不良で来ている人ばかりなので、もし自分がウイルス性の風邪にかかっているという患者さんやスタッフに移ってしまうかもしれません。

免疫力の低い人だと患者さんから移ってしまう事も少なくはないので、気を付けた方が良いですよ!

私が以前勤めていた所では朝がとても極端に早く、夜行性のスタッフが多かったため、睡眠不足が原因で体調を崩してしまうスタッフが多かったです。

早退する人もおり、その穴埋めを主に私がやっていた事もありました。

健康ほど大切なものはありませんよ!

医療事務の雇用形態による違い

医療事務の雇用形態による違いはそこまでありません。

正社員だろうがパートだろうが、働く仲間は仲間です。

入った年数やスキルによってちがい、パートさんでも歴が長い人だと勝手を分かってくれていたり、むしろとても頼りになります。

正直に言うと給料は異なる程度でしょうか。

患者さんも雇用形態など気にしている訳ではないので、特に問題視する必要はないと思います。

自分にあった医療事務の求人の選び方や注意点

現在独身で将来結婚するかもしれない、そうでもないという人は長く勤めれる所かも考えておきましょう。

医療事務の求人を見た事がある人ならわかるかと思いますが、何を基準にして考えたら良いか分からないですよね。

近年医療事務という職業は人気がありますが、何を重点的に選んだ方が良いかのコツをお教致します。

まず第一に自分の事を理解しておいて下さい。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態から探す場合、正社員だと基本的に医療事務の資格や経験ありと求人広告に記載されているケースとしてが多いです。

このような場合は、人手不足が考えられます。

即戦力になりうる人物がほしいという所が多いです。

私のように未経験OKという所は、年齢制限があると思っておいて下さい。

大体30才までか、年上でも即戦力になりうる人物であれば特例というケースになります。

小さな子供さんがいる場合は、パートやアルバイトの方がおすすめですね。

大半は都合が付きやすいので、パートやアルバイトになるという人がいます。

将来的に正社員として働きたい場合でも、そのまま勤めていて先生達に認められたら昇格するかもしれませんよ。

【選び方②】診療科目から探す

どこのクリニックでも医療事務は医療事務ですが、忙しさは大きく異なります。

雇用形態を重視している人が多く、ほとんどの人が診療科目を深く考えていない人が多いかもしれませんね。

私自身もそうでした。

何故診療科目から探した方が良いかという事ですが、忙しさや来院患者さんが診療科によって全く違うからです。

診療科目を見ただけで大半は把握出来ますよ!

だと外科などは全ての分野に当てはまるため、当然季節関係なく忙しいです。

透析内科は患者さんが同じ人しか来ないので仕事はほぼルーティーン状態ですが、年末年始やお盆などの休みはありません。

耳鼻咽喉科は夏場以外全て忙しいです。

特にインフルエンザや風邪の時期である冬場や、花粉症が流行する春場は残業は当たり前だと思って下さい。

その他にも残業が当たり前にあったり忙しさは違いがあるので、医療に精通している人が身近にいる場合相談してみるのも1つの手ですね。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務のおおまかな仕事内容

医療事務という仕事はパソコンとにらめっこしていたり、患者さんと接するだけでは?も思っているあなた、それは大きな間違いです!

これ結構言われる事があるのですが、医療事務という仕事は本当に体力が必要ですし、考える事もたくさんあります。

私がやっていた大まかな仕事内容をお伝えします。

医療事務という仕事は、本当に何から何までやらなければいけないので大変ですよ。

おおまかな仕事内容

大まかな仕事内容は、患者さんの案内やお世話、事務作業やその他の雑用、資材や薬剤の発注等を行っていました。

患者さんの案内やお世話というのは、待合室で待っている患者さんにも声かけを行ったり、会計処理などをするというものです。

一般的によく病院・クリニックなどで見た事があるものだと思って下さい。

事務作業というのはパソコン操作を行い、カルテや処方箋を発行したり、診療のコストチェックなどを行います。

資材や薬剤発注にかんしては先生や看護師の指示をもらって発注していました。

その他の雑用とありますが、これは待合室のスタッフルームなどの環境整備やお茶だし、そして電球交換なども含めています。

医療事務は結構雑用係に使われるので、患者さんの電話応対だけでなく様々な企業さんに電話をかけたりもしますよ。

医療事務の仕事内容は、こちらの記事も参考に!

医療事務はどういう役割を求められる?

医師や看護師、そして患者さんが歯車だとすれば、医療事務はそれらを円滑な関係にしていく潤滑油みたいなものだと思って下さい。

何故潤滑油なのか、それは医療事務の対応が悪いと行き違いをおこしてしまうので、医師や看護師そして患者さんにも多大な迷惑をかけてしまう事があります。

例えば先生が他の病院へ紹介するために、患者さん用に紹介状を用意したとします。

その紹介状を渡す役目は基本的に医療事務が行うのですが、帰宅前までに渡す事が出来なかった、紛失してしまった、そもそも用意していなくて患者さんを待たせてしまう事になったとなると医療事務に繋がってしまうのです。

一度ならまだ良いですが、それが何度も重ねて行ってしまうと信用をなくしてしまいます。

何度もしてしまうと患者さんもスタッフにも負担をかけてしまう事になりますよね。

そのようなミスを出来るだけなくし、順序よく業務をこなせられるようになる事を望まれていると考えておきましょう。

医師や看護師と違いが治療の重要な部分には携わる事は出来ませんが、医師や看護師、そして患者さんをサポートする役目という言い方が正しいかもしれませんね。

医療事務についてよくある疑問

医療事務について色んな疑問はあるかと思います。

考え出したら疑問ってつきないですよね。

私から見て強いて注意してほしい部分をお伝え致します。

面接前に病院・クリニックの雰囲気などはある程度つかめるかと思いますので、是非参考にして見てください!

病院・クリニックの雰囲気は?

病院・クリニックの雰囲気はとても大切ですよ!

雰囲気が悪いと勤めるのが嫌になってしまうので、面接前の待ち時間にチェックしておく事をおすすめします。

面接の待ち時間って結構余裕があるので、スタックの話し声が聞こえたり、患者さんや忙しさなどがある程度把握出来るのです。

パソコンの口コミサイトを見て、病院の評判が良いという理由で応募をしたという人もたまにいますが、口コミサイトはあくまでも外側だけしか見れていないので詳しい内情については理解出来ていません。

こればかりは口コミサイトの評判を当てにしない方が良いでしょう。

病院・クリニックの雰囲気で見てほしいのは建物やスタッフですね。

その場所を知りたいのであれば建物と人を見れば一発で分かりますよ!

シフトの自由度ってどうなの?

シフトの自由度はその病院・クリニックによって違うので何とも言えません。

こればかりは求人広告に書かれている事が正しいですね。

私が勤めていたクリニックでは、週休2日制で日曜日は絶対にお休みでした。

あとはシフトで休みを聞いてもらえましたので、ある程度程度は自由だったと思います。

透析内科には祝日など関係なく行うため、私達は出勤していました。

ただ祝日などはあってないようなものでしたが、その代わり別の日に休みをもらえたので、とてもありがたかったです。

シフト制だったので他のスタッフと休みが被らないようにして、上手く調整してくれていました。

元々固定で休みを決めているクリニックでは、自由度はあまりないかもしれませんね。

特例として冠婚葬祭などの場合は融通をきかせてもらえるので、そこは大丈夫ですよ。

医療事務に向いていない人

そもそも医療事務に向いていないという人がいます。

これはどんな人かと言うと、血液や吐瀉物など汚物を見るのが苦手という人です。

実際に苦手という人がいたため、どんなに人柄が良くてもそれ以前の問題なので困った事がありました。

医療事務だから事務仕事だけしてれば良いんだという思い込みをしちゃう人って、本当に多いんです。

どの科でも基本的に血液は当たり前のように毎日見ます。

私はそこまで気にしてないので大丈夫でしたが、さすがにベットのシーツが血の海になった時は焦りましたね。

まとめ

医療事務という仕事はとにかく大変です。

ただ将来的に倒産なんて事はほとんどありませんし、賞与などももらえる所が多いので女性にとっては安定して働きやすい所かもしれませんね。

血液や吐瀉物など病院やクリニックで働いていると当然のように見るため、気落ちしやすくなりますが、慣れてしまえば問題はありません。

最初は知識を仕入れるために勉強したり、忙しさのあまり疲れがたまりやすいと思いますが、決して無理だけはしないように気をつけて下さい。

最大のメリットとして場所が病院やクリニックなので、しんどい時はいつでも先生に診てもらう事が出来ますし、点滴やお薬も処方してもらえますよ!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務は病院に直接雇用されるだけでなく、派遣という働き方を選択する人も少なくありません。その理由の一つに、派遣の時給の高さがあります。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていた時期がありますが、実際病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも、派遣社員の方が高い報酬を受け取っているケースは少なくありません。実際に時給の高さを理由に、派遣の医療事務で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には大量の派遣会社があるため、医療事務として派遣で働きたいと考えた時に、どの派遣会社を選べばいいのか迷ってしまう、というのは割とよく聞く話です。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者とし

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に入るとまず目にするのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師さんなどの患者さんの診察をしたり、治療をしたりする傍らで、よく目にする医療事務員に憧れて、将来病院の仕事につきたいという人もいます。そのような医療事務を目指す方達へどんな仕事なのか?や資格と充実度なども交えてその役割をお伝えしたいと思います。ちなみに私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。その他でも、医学系の学校に通っていました。そこで、いろいろな病院や施設で、体験学習などもしてきました。「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →医療事務とはどんな仕事?医療事務は、主に病院で働く医師や看護師の他で、病院

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事で向き不向きはかなり大きく左右されます。スキル云々の話なので、これは性格上の問題になりますね。本当に向かない人は向かないです。おおざっぱな性格がアバウトな人だと、間違いなく医療事故を連発するレベルでしょうね。ただ改善は出来ますので、自分次第だと思って下さいね!「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →医療事務はどんな仕事?医療事務の仕事はレセプト業務、会計処理、カルテのデータ入力や管理とカルテ出し、患者さんのお世話、そして雑務などがあります。やることはいくつかあり慣れてくれば問題はないのですが、気を抜くと本当に危ないです。医療事務のミスが患者さんの治療方針に影響してく

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

医療事務の正社員で働くメリットは多いですが、金銭面に関してと思って下さい。待遇などについては基本的にバイトでも重視してくれるので、そこまで差はありません。何故正社員の方が良いのか、派遣やバイトとの差はあるのか、どうすれば正社員になれるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットとは何か、社会保証などもバイトでもつけれる事は付けれますしかし退職金や金銭面については当然正社員の方が上だと思って下さい。ただ以外は特に変わりません。経済的に安定している正社員で働く事は経済的に安定するのは当然ですが、基本的にどこの医療業界もボーナスや福利厚生はしっかりし


医療事務求人に関するコラム

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務には向き不向きが存在します。国家資格ではないため、嫌な言い方をすると誰でも出来る仕事でもあるのですが、医療事務ほど明確に向き不向きが出る職業はないでしょう。バイト感覚でいるような方は危険であるという認識をお持ち下さいませ。この記事では、医療事務が向いてない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者や業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業になるため、同じ事を繰り返す作業ですね。慣れてくれば単調に思えるかもしれませんが、医療事務

医療事務の悩みで多い5個のこととその解決法。

「医療事務は働きやすい」「医療事務は女性に優しい仕事」等という文句を聞いたことはありませんか?確かに医療事務は女性が続けやすい仕事です。しかし、医療事務の仕事でも大変なことは当然あります。今回は医療事務の悩みで多い5個のこと、その悩みの解決法、それでも医療事務をおススメする方法を解説していきます。医療事務の悩みで多い5個のこと医療事務はとても魅力的な仕事ですが、悩みを抱えている人も多くいることが現実です。では、具体的にどのような悩みを抱えているのか5個に分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はカレンダー通りの休みがとりやすいこと等から、比較的家庭との両立がしやすい仕事です。それゆえ働い

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療現場というのは人間関係でストレスを抱える事が多いとされています。看護師の性格が悪いとか何とかという話を耳にした事がある方もたくさんいるようですが、実際は半分正解であると思って下さいませ。一昔前までは派閥のある所ばかりとされており、女性ばかりの職場であるためいざこざが絶えなかったとされておりました。しかし現在では患者へのホスピタリティを重視しているため、派閥などのいざこざなどは禁止するようになった病院やクリニックも多いんですよ。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまう部分というのは、スタッフ間や患者、極まれに業者などでしょうね。業務的な部分なので、いじめなどではありません。医療事務のおおま

医療事務の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

医療事務の仕事はやりがいや福利厚生などはしっかりしていますが、その反面かなり大変だと思って下さい。肉体的にもしんどい時はあるのですが、どちらかというと精神的につらく感じる時があります。医療事務というよりも、医療関係に勤めているものであれば誰でもそうではないでしょうか。何科にもよりますが、色んな意味で堪えるかもしれません。私はこんな病院・クリニックで働いています私は透析施設のあるクリニックで働いていました。病院と比べるとクリニックの方がまだ人の多さ的にはマシかもしれません。クリニックというのはその地域に住んでいる方が来る、病院は日本全国から来院されるという違いがある感じでしょうか。まだ地域限定で

医療事務の仕事を探すにはこちら >