女性に人気の高い職業のひとつとして医療事務という職業があります。

皆さんは医療事務の仕事は一体どんなものかどれくらいご存知でしょうか?

今回は医療事務になるにあたって必要な資格や情報を詳しくお伝えします。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務になるには?

医療事務とは一般的に、医療機関において行われる、診療報酬請求事務などの医療保険事務の事を指します。

医療事務になる為の資格取得は、必須というわけではありません。

未経験で資格が無い場合にも、医療事務として働く事自体は可能です。

しかし、実際に就職すれば即戦力を求められるということは多々あります。

実務経験は即戦力のひとつとなり得ますが、実務経験がまだ浅い場合であったり、未経験の場合は、資格を持ち合わせていることでそれが就職には必ず有利になります。

現場に配置されてからも自信を持って仕事をするためにも、持っておくことは大きなメリットであると言えるでしょう。

医療事務とはどんな資格?

医療事務関連の資格は約10種類程あります。

それらはどれも民間団体による資格です。

試験を主催している各団体によって資格の名称が異なるので、どの資格を取得したら良いのかと判断に迷う方も多いのではないでしょうか。

特にどの資格も優劣はあまりありません。

ですが、目安として医療事務関連の資格の中でも、特に押さえておくべき資格をいくつかご紹介しますので参考にしてください。

診療報酬請求事務能力検定

医療事務は受付業務、会計業務、患者対応など多岐に渡ります。

その中でも特に、診療報酬請求を行う業務は医療事務としてとても重要な仕事です。

診療報酬請求は医療保険点数を計算する業務であり、この業務を行うためには専門的知識が必要になります。

この専門的知識を身につける事が出来る資格が、診療報酬請求事務能力検定という資格です。

この資格は医療保険制度、診療報酬、介護保険、その他医療全般の知識が必要な資格であるため、他の資格試験と比べて難易度が高いのが特徴です。

医療事務の資格の中でも最難関と言われているからこそ、この資格を持っているのは就職にとても有利であると言えます。

医療事務技能審査試験

次に医療事務技能審査試験と言う資格ですが、この資格を取得すると「メディカルクラーク」という称号を受ける事が出来ます。

メディカルクラークとは医療事務の事を指します。

医療事務管理士検定

医療事務管理士検定とは、医療保険制度や診療報酬の仕組みについての知識があるかどうか、また、正確に診療報酬の算定をすることができるかどうかを証明する資格です。

医療事務検定

医療事務検定も取得を目指して損はない資格と言えます。

医療事務検定は1級~3級まであり、自分の能力に合った試験を段階的に受験する事が出来ます。

医療事務の受験資格

医療事務の資格を取得する為の受験資格に条件はありません。

つまり言い換えれば、中卒、高卒でも受験は可能ということです。

学歴に縛られずに、挑戦したいという気持ちがあれば取得を目指せるという点は大きなメリットですね。

一部の資格においては、医療事務講座を受講し修了している事を条件として定めている資格もあるようです。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の資格取得ルート

いざ資格取得を目指そうと考えた場合、実際にどのようにすれば良いのかをご紹介していきたいと思います。

資格取得ルート1

まず一つ目は、医療事務コースのある専門学校に通い、資格取得を目指すルートです。

専門学校に通うためには、高校卒業が条件となります。

通学の場合、1年間の通学か2年間の通学、それぞれの学校によって必要となる通学期間は異なります。

専門学校に通うメリットは、何と言っても知識が豊富な講師の下で勉強出来る事です。

そしてそのような環境で、同じ様に資格取得を目指す仲間がいるという事もモチベーションの維持にとても役立つのではないでしょうか。

しかし、やや学費が高くなるという点や、時間的制約が大きいという点は注意しましょう。

ご自身に合っているかどうか、物理的な面での条件確認が必要です。

資格取得ルート2

二つ目の資格取得の方法は、通信講座を受講することで資格取得を目指すルートです。

医療事務関連の通信講座は近年需要と人気が高いため、実は数多く存在します。

通信講座は、定められた期間までに勉強する範囲を設定されている場合や、期限までに課題を提出するなど、学習の為のフォローがある場合がほとんどです。

そのようなスケジュールの目安やフォローが入ることで、資格取得のためにと通信講座を申し込んだけれども、後回しにしていたら結局はそのままになってしまうということは少ないのではないでしょうか。

しかし、通信講座も基本的にはテキストを用いて自分で勉強する、というスタンスになりますので自身での学習をしっかりと継続する事が必要になってきます。

その分、働きながらでも学習ができたり、専門学校の学費に比べて少ない経費で受講できるという点も大きなメリットと言えます。

資格取得ルート3

三つ目は独学で資格取得を目指すルートです。

通信講座は受講する講座によって適切なテキストを自宅に郵送してくれますが、独学で資格取得を目指す場合は、勉強するテキストから自分で選ばなければなりません。

そして、特に決められた期限までに課題を提出する事や、定めた期間までに勉強を終えるという決まりが設けられていないために、自身のモチベーションの維持が鍵となります。

自分で目標までの計画を立てたり、自分で管理していくことが苦でない場合は、経費も必要最低限に抑えられるというメリットは大きいですね。

ご自身がどこまで独力で進められそうか、性格や今までの傾向、またこの資格取得へのモチベーションなどを確認した上で、選択すると良いでしょう。

医療事務の資格の合格率や勉強方法は?

合格率はどれくらい?

医療事務関連の資格の合格率は、取得する資格によって異なります。

最難関と言われる診療報酬請求事務能力検定の合格率は、約30%程度と言われています。

他の資格でも合格率は40~50%程度と言われています。

おススメの勉強方法は?

筆者はかつて未経験・資格なしで医療事務の仕事をしていました。

私が就職した頃はそこまで資格を重要視していない時代だった事もあり、未経験でも就職先が比較的すぐに見つかりました。

現場での業務を行いながら、医療事務に必要な専門性の高い知識を段階的に習得していくといった感じでした。

ですが、やはり診療報酬請求や医療保険点数に関しての作業は、業務だけでは理解が難しかったです。

そのため、独学で知識を深めていったのを覚えています。

また2年毎に、診療報酬の改定があります。

そうなると、その都度変更点の見直しや知識の再確認が必要となりますので、資格を取得してしまえば学習はしなくても良いという訳ではありません。

そういった理由から、最終的には基本は自分で勉強する事になりますが、全てを自分で学習していくのはなかなか難しいとも言えます。

それぞれの勉強法にメリット・デメリットがありますので、一概にどれが良いとも言えません。

しかしあえてひとつ、筆者の考えるおススメとして言うならば、通信講座を活用していく勉強法はメリットが多数あり、とても効率的な学習が出来る様に思います。

というのも、進学を考える高校生であれば専門学校という選択肢も視野に入れて考えても良いと思いますが、もし、資格取得を考えている方が社会人であるならば、専門学校へ通うとなると今ある仕事を辞める必要も出てくるかもしれません。

また、学費は通信講座に比べて多くかかります。

一方、通信講座であれば空いた時間に学習する事が可能ですので、仕事と勉強の両立が叶いやすいのではないでしょうか。

また、指定の医療事務講座を修了する事を前提とした資格もあります。

テキストなども資格取得に合ったものを用意してくれる為、自分で情報収集をした上でどれが最適なのかと色々と悩む手間が省けるのではないかと思います。

おススメとして通信講座を挙げましたが、1番大切なのは自分に合った学び方で資格取得を目指すと言うことです。

上記を参考の上、ご自身に合った学習方法とツールを選んで取り組んでいくのがベストでしょう。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の就職先は?

医療事務の主な就職先

主に病院やクリニック、歯科医院や調剤薬局が就職先となります。

総合病院や大学病院、民間の入院施設がある病院などです。

また、調剤薬局に関しては、病院周辺の調剤薬局や処方箋取り扱いをしているドラッグストアで働くこともできます。

医療事務の働き口はどの程度あるの?

医療分業化に伴い、総合病院周辺やその他にもクリニックが多く存在します。

そして高齢化社会に伴って、今後もますます需要が増えると予想されます。

その為医療事務も需要が高まっていることは事実なのですが、需要よりも医療事務を目指す方が上回るほどいらっしゃるのも事実です。

医療事務の転職事情

転職におすすめの求人条件は?

では転職におすすめの求人ですが、自分のライフスタイルに合ったものを選択する事がまずひとつの条件と言えます。

と言うのも、医療事務はライフスタイルに合った働き方を選びやすい職業だからです。

正社員の求人だけでなく契約社員や派遣社員、パートとてしての雇用も多いのです。

このように選択肢が幅広く、なおかつ自宅のそばでも働き口があるという点では転職しやすいと言えるでしょう。

転職においては自分が何を優先すべきかで選ぶ条件も変わってくるため、自分のライフスタイルに合った求人を見つける事をおすすめします。

時給UPを狙うならこんな求人

時給UPを目指すなら、やはり長く勤められそうな求人を見つける事が重要だと思います。

女性は結婚や出産などライフスタイルが変わる事がある為、そういった人生における大きなイベント後にも続けられる求人であれば長く勤められます。

するとおのずと昇給制度などを活かしていくことで、時給も上がるっていくと考えらえます。

そしてもうひとつ時給UPを狙える求人としては、正社員としてバリバリ働けるような求人ではないでしょうか。

雇い主により異なるかもしれませんが、正社員として雇用される事によって、手当や福利厚生もしっかりしてきますし、毎年昇給する可能性もあります。

長い目で考えて、時給UPを目指していくことが肝要です。

自分の時間を確保するならこんな求人

例えば結婚、出産後に再就職先を見つける場合、パートでの求人は家事や育児との両立が叶いやすいと言えます。

また紹介予定派遣などの求人は3ヶ月限定など期間が設けられているため、自分の時間を確保しやすい求人なのではないでしょうか。

自分の時間をしっかりと確保しながら長期間勤めていくには、求人内容や雇用形態、条件を細かくチェックしていうことが重要です。

医療事務の仕事に興味がある方へ

女性にとって一生働ける仕事は非常に魅力的であると言えます。

その為人気も高く、医療事務を目指す方が多くいらっしゃるのも事実です。

働き方にもいろいろな選択肢があるため、自分のライフスタイルに合った働き方を選べるのはどの職業を見てもそうなかなかないものです。

医療という特殊で専門性が高いため、ある程度の知識の習得が必要となりますが、専門性を身につけてしまえば転職にとても有利と言えそうです。

ご自身に合った条件で知識を習得し、資格試験の取得も目指しつつ、条件に最も合う勤め先を吟味することで、長く働ける環境に身を置くことを意識して選んでいくことをおすすめします。

やりがいもあり専門性も高い仕事ですから、情報収集をしながら努力をする価値があると思います。


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務は病院に直接雇用されるだけでなく、派遣という働き方を選択する人も少なくありません。その理由の一つに、派遣の時給の高さがあります。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていた時期がありますが、実際病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも、派遣社員の方が高い報酬を受け取っているケースは少なくありません。実際に時給の高さを理由に、派遣の医療事務で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には大量の派遣会社があるため、医療事務として派遣で働きたいと考えた時に、どの派遣会社を選べばいいのか迷ってしまう、というのは割とよく聞く話です。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者とし

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に入るとまず目にするのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師さんなどの患者さんの診察をしたり、治療をしたりする傍らで、よく目にする医療事務員に憧れて、将来病院の仕事につきたいという人もいます。そのような医療事務を目指す方達へどんな仕事なのか?や資格と充実度なども交えてその役割をお伝えしたいと思います。ちなみに私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。その他でも、医学系の学校に通っていました。そこで、いろいろな病院や施設で、体験学習などもしてきました。「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →医療事務とはどんな仕事?医療事務は、主に病院で働く医師や看護師の他で、病院

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事で向き不向きはかなり大きく左右されます。スキル云々の話なので、これは性格上の問題になりますね。本当に向かない人は向かないです。おおざっぱな性格がアバウトな人だと、間違いなく医療事故を連発するレベルでしょうね。ただ改善は出来ますので、自分次第だと思って下さいね!「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →医療事務はどんな仕事?医療事務の仕事はレセプト業務、会計処理、カルテのデータ入力や管理とカルテ出し、患者さんのお世話、そして雑務などがあります。やることはいくつかあり慣れてくれば問題はないのですが、気を抜くと本当に危ないです。医療事務のミスが患者さんの治療方針に影響してく

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

医療事務の正社員で働くメリットは多いですが、金銭面に関してと思って下さい。待遇などについては基本的にバイトでも重視してくれるので、そこまで差はありません。何故正社員の方が良いのか、派遣やバイトとの差はあるのか、どうすれば正社員になれるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットとは何か、社会保証などもバイトでもつけれる事は付けれますしかし退職金や金銭面については当然正社員の方が上だと思って下さい。ただ以外は特に変わりません。経済的に安定している正社員で働く事は経済的に安定するのは当然ですが、基本的にどこの医療業界もボーナスや福利厚生はしっかりし


医療事務求人に関するコラム

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務には向き不向きが存在します。国家資格ではないため、嫌な言い方をすると誰でも出来る仕事でもあるのですが、医療事務ほど明確に向き不向きが出る職業はないでしょう。バイト感覚でいるような方は危険であるという認識をお持ち下さいませ。この記事では、医療事務が向いてない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者や業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業になるため、同じ事を繰り返す作業ですね。慣れてくれば単調に思えるかもしれませんが、医療事務

医療事務の悩みで多い5個のこととその解決法。

「医療事務は働きやすい」「医療事務は女性に優しい仕事」等という文句を聞いたことはありませんか?確かに医療事務は女性が続けやすい仕事です。しかし、医療事務の仕事でも大変なことは当然あります。今回は医療事務の悩みで多い5個のこと、その悩みの解決法、それでも医療事務をおススメする方法を解説していきます。医療事務の悩みで多い5個のこと医療事務はとても魅力的な仕事ですが、悩みを抱えている人も多くいることが現実です。では、具体的にどのような悩みを抱えているのか5個に分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はカレンダー通りの休みがとりやすいこと等から、比較的家庭との両立がしやすい仕事です。それゆえ働い

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療現場というのは人間関係でストレスを抱える事が多いとされています。看護師の性格が悪いとか何とかという話を耳にした事がある方もたくさんいるようですが、実際は半分正解であると思って下さいませ。一昔前までは派閥のある所ばかりとされており、女性ばかりの職場であるためいざこざが絶えなかったとされておりました。しかし現在では患者へのホスピタリティを重視しているため、派閥などのいざこざなどは禁止するようになった病院やクリニックも多いんですよ。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまう部分というのは、スタッフ間や患者、極まれに業者などでしょうね。業務的な部分なので、いじめなどではありません。医療事務のおおま

医療事務の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

医療事務の仕事はやりがいや福利厚生などはしっかりしていますが、その反面かなり大変だと思って下さい。肉体的にもしんどい時はあるのですが、どちらかというと精神的につらく感じる時があります。医療事務というよりも、医療関係に勤めているものであれば誰でもそうではないでしょうか。何科にもよりますが、色んな意味で堪えるかもしれません。私はこんな病院・クリニックで働いています私は透析施設のあるクリニックで働いていました。病院と比べるとクリニックの方がまだ人の多さ的にはマシかもしれません。クリニックというのはその地域に住んでいる方が来る、病院は日本全国から来院されるという違いがある感じでしょうか。まだ地域限定で