医療事務の求人を見ていると、結構経験者や資格ありの所が多い気がしませんか?

未経験は難しいの?と思うかもしれませんが、未経験でも大丈夫ですよ。

本来国家資格が必要な職業ではありませんの、未経験でも問題はありません。

医療事務の仕事に関して、医療事務という職業はどんな人に向いているか経験者としてお伝えしていきましょう。

医療事務の大まかな仕事内容

医療事務の基礎的な仕事内容は4つあります。

患者の対応、カルテ入力、レセプト業務、院内の環境整備です。

病院に行った事がある方が圧倒的に多いので、何となくイメージしやすいのではないかと思います。

レセプトという言葉は意外とご存知の方もいるようですが、正確にはどういう業務なのか?

その部分も詳しく掘り下げてみましょう。

患者の対応

医療事務として一番多い仕事というのは患者の対応になります。

病院の顔と言われるように、医療事務が患者をお迎えしますからね。

診察前に保険証の預かりと確認、問診票に記載をしてもらう事、検査などの説明です。

これを来院された患者さんに対して行います。

問診票に記載後、詳しい状態を聞くために患者に直接話をする事もあると思って下さい。

診察後に会計、保険証の返却、お薬の処方箋もしくはお薬を渡して終了となります。

病院に来るのは患者だけではなく、薬剤の業者や電話対応も行いますよ。

何科にもよりますが、インフルエンザや花粉症などのシーズンによっては、患者が物凄く多いです。

カルテ入力

今では紙カルテよりも電子カルテの方が圧倒的に多いので、カルテ入力とさせて頂きました。

患者が何の処置や検査をしたか、また処置には何の薬剤などを使用したかによって、診療点数が変わってきます。

それを付けるのが医療事務の仕事となるため、処置を書き間違えてしまうと患者にも病院側にも迷惑がかかると考えて下さい。

初めて来られた患者は、名前や住所などの個人情報をデータに入力しなければいけません。

カルテ入力は当日のポジションによって異なります。

医療事務は当日何をするか、事前にポジションを決めている所があるのです。

私の例としては受付での業務、診察室でカルテ入力を行う、どちらにも対応出来るフリーメンバーという感じですね。

レセプト業務

レセプト業務という言葉のみは、何故か色んな所でよく耳にする方が多いようです。

ただ言葉だけご存知という方ばかりなので、どんな業務なのか説明をさせていただきます。

レセプト業務というのは毎月行うものではありますが、毎日行うものではありません。

そもそもレセプトというのは、診療報酬請求業務となります。

病院の診療費は、患者本人と患者が加入している各保険機関に請求をしなければいけません。

保険機関というのは国民健康保険や社会保険です。

毎月10日までに保険機関への請求をレセプト書類を作成し、提出しないといけないのです。

期限があるため、毎月上旬は忙しくなる所も多いです。

私は透析施設のクリニックで働いていたため、他の科と比べるとレセプトの数は少ない方でした。

透析は限られた人しかしないため、大体100人くらいですね。

他のクリニックは初見の患者もいるため、とても1日でできる量ではないというのを聞いた事があります。

私の働いていたクリニックでは、全員同じようにレセプトを出来るようにというスタンスでした。

しかし他のクリニックでは、レセプトはリーダーやサブリーダーが行うようにしていたみたいです。

院内の環境整備

院内清掃や休憩室、院長の部屋の掃除、カルテなどの整理を指します。

基本的に医療事務が院内の清掃を行う事が多く、待合室や診察室やトイレなどを掃除していますよ。

ただ私が働いていたクリニックでは清掃員さんを雇っていた事もあり、掃除は清掃員さんがして下さっていました。

ソファーのしわを伸ばしたり、椅子の位置がずれていたら直すのは医療事務が行っていたくらいです。

診療終了後、片付けの際に患者のロッカーや下駄箱を綺麗にしていたくらいですね。

各部屋のライトが切れたら、医療事務が取り換えるようにしていました。

環境整備というのは当たり前のような仕事ではありますが、病院という清潔さが必要な場所では毎日行わなくてはなりません。

医療事務の仕事はどんな人に向いている? 

医療事務の仕事に向いている方というのはどんな人かと申しますと、真面目な方、注意深い方、気配りが出来る方になります。

仕事に関して真面目であるのは当たり前かもしれませんが、医療という職種は他の仕事よりも他者の命に関わる仕事だと認識して下さい。

特に命に関わるような科ではなくとも、医療事務のミスによって患者の健康を阻害する行為を取ってしまう可能性もあるのです。

反対に言えば大雑把な性格、仕事を先送りにしてしまうような人間は絶対に向きません。

真面目な人

真面目な人というのは仕事において責任感を持つ事が出来ます。

基本的に医療事務という仕事は、チームワークが必要となる仕事です。

個人プレイで行う仕事もありますが、医療事務全員の仕事はそこまで大差ありません。

個人で受け持っている仕事はありますが、それ以外の仕事は大体同じ業務となります。

チームワークが必要となる仕事のため、誰か一人報告連絡相談を怠ってしまうと、多方面に支障が出てしまうんですよ。

結構報告連絡相談を怠ってしまう方は多いのですが、真面目な人はちゃんとしてくれるので、事前にミスを防ぐ事も出来ます。

注意深い人

多少神経質である方が、医療現場に向いているかもしれません。

医療の現場というのは基本的にミスが許されないのです。

ミスを修正できるのであれば良いのですが、中にはできないミスもあります。

カルテ入力時、医師が患者から追加注文されていた薬を処方し忘れていたというケースがあり、これは医療事故として含まれるものですね。

自分が担当でない時は防ぎようがないのですが、注意深く観察することによって自分のミスや他者のミスに気が付くようにならないと難しいです。

特にカルテ入力時は、結構医師がミスをしている事も多いので細かい所までチェックしなければいけません。

過信をしてしまうと本当に危ないくらいですよ!

気配りができる人

医療事務という仕事はチームワーク、患者の対応が必要となる仕事となります。

そのため相手を気遣う事が出来る方は、色んな人から信頼してもらう事が出来ますよ。

病院には頻繁に来ている常連の患者もおり、基本的にはフレンドリーで良い方もいますが、中には気難しくモンスターのような患者もいます。

フレンドリーな患者を好むでしょうが、モンスター患者に接しないといけない事もあるのです。

誰でも嫌だなと思うかもしれませんが、モンスター患者に普通に接するもしくは好まれるようになると重宝されます。

医療事務の仕事にスムーズに就くには?

医療事務として必要な事は、傾聴が出来るか、相手の話を聞けて理解が出来るかどうかによります。

傾聴や相手の話が理解できなければ、結構きついですよ。

電話応対など毎日当たり前にあるものですからね。

他にはやる事リストや時間の管理をするでしょうか。

傾聴

傾聴とは相手の話に耳を傾けるというコミュニケーションツールの1つです。

医療事務として患者に症状や、質問を受けた際には傾聴が出来ないと話になりません。

傾聴というのは相手の話を聞く事になるのですが、聞き間違えをしてしまったり勘違いをしてしまうと、治療方針に支障が出てしまう事があるので、しっかりと聞かなければなりません。

ただこの傾聴は自信がないという方も非常に多く、苦手としている方もいるほどです。

聞いた事をメモを取るようにした方が良いですね。

ToDoリスト

ToDoリストとは別名やる事リストです。

医療事務として働いていると、時間の感覚がなくなってしまうため、何を優先しないといけないか判断がつかなくなってしまう事が多いんですよ。

当日までにすればよい仕事もあるのですが、中には何時に何をしなければいけないというのがあります。

時間の管理を上手くしないと仕事のミスがでてまうので、リストをあらかじめ作成しておくと、やり忘れをなくす事が可能です。

医療事務の仕事に就く上での4個の注意点 

医療事務の仕事に就く上で注意して頂きたい事がいくつかあります。

クリニックか病院かによって、休みの形態や状況が変わって来るのでご注意ください。

何科に就くかによって大きく変化してきます。

病院によっては元々休みが決まっている所がありますからね。

そして場所によっては産休制度があるか、それも確認しておく必要があると考えた方が良いでしょう。

固定休みやシフトか

病院勤務であれば、基本的に土日休みとなります。

稀に土曜のみ出勤必要という所もあるそうですが、大体レセプト時期だけですね。

クリニックの場合は、診療日が決まっている通りの休みとなります。

大体中休みとして水曜日か木曜日に多いでしょう。

シフト制が決まっている所もあります。

私が働いていたクリニックがそうでした。

毎月20日近くなると、来月分のカレンダーが張り出されており、自分が休みたい日にちを記載するというシステムでしたね。

医療事務全員正社員だったため、他の人と被らないように希望休を取っていました。

シフトを作るのがリーダーやサブリーダーの人間だったため、結構みんな気楽にシフトを作ってもらっていた記憶があります。

朝番中番夜勤があったのですが、その要望にも応じてもらえました。

私がお願いしたのは朝勤務が良いというのと、連休は避けてほしいというのを依頼させてもらいましたよ。

他のメンバーは私とは真逆で、中番か夜勤、連休は欲しいという依頼だったそうです。

有休に関して

基本的に有休はあります。

有休はあってないようなものであるという感覚を持っている方もいるようですが、そこは改善されている病院も多いのでご安心くださいませ。

ただし有休はいつでもとれる訳ではないです。

私の例として、有休をとれる期間は限られていました。

6月、8月、9月、10月という感じですね。

早めに消化するという目的もあったのですが、祝日が少ない月に取ろうという話をみんなでして決定したのです。

他の月でも有休を使う事は可能でしたが、早退や休んだ時のみくらいでした。

私の知り合いにも医療事務として働いている人がいるのですが、その人のケースは有休を給料に返るというのを聞いた事があります。

有休を気軽に使えないため、給料に変換してもらえないかと院長に相談してOKをもらったと話していました。

何科によって

大きな病院であれば特に変わった事はないでしょう。

ただ個人経営のクリニックの場合、何科に就くかによって形態が大きく異なりますのでご注意下さいませ。

私が働いていた医療機関は透析施設、耳鼻咽喉科でした。

透析施設は残業がありませんでしたが、祝日、お盆や年末年始などの長期休暇などは存在しません。

年末年始は日曜日以外休みがないのです。

透析というのは1週間に3回行わなければいけないものとなります。

長期休暇関係なく患者さんは透析に来ないといけないため、スタッフも必然的に休みが取れないのですよ。

耳鼻咽喉科は普通に休みは取れましたが、花粉症などのシーズン時期は残業が長かったため、23時に帰宅する事も当たり前になっていました。

本当に何科によって大きく左右されるので、同じ医療事務とは思わない方が良いでしょう。

産休制度

現在働く女性のための制度として、産休や育休制度を設けられている病院は多いです。

大きな病院なら産休制度はあるのですが、個人クリニックの場合は産休制度がありません。

ただし後々作られる可能性もあると考えて下さいませ。

実際私が働いていたクリニックも産休制度はありませんでしたが、リーダー格の方が妊娠して産休に入られた時に育休制度と産休制度が作られました。

一回の医療事務員の為に産休制度を作るというのはないでしょうが、リーダー格の方の為に設立される事はあります。

まとめ

医療事務として必要なものは、体力と言っても過言ではないでしょう。

基本的に座り仕事が多いのですが、業務が結構多いためあちこち走り回らないといけない事も多いのです。

薬局に走ったり、備品を買いに行ったりしなければいけない事もありますからね。

見た目的には座っているだけで良いと思う方もいるようですが、そんな事はありません。

やらないといけない事は多いため、あっという間に時間は過ぎます。

暇すぎるよりはずっといいと思いますよ!


関連キーワード

医療事務求人