ライフスタイルに合わせて雇用形態が選べることから、医療事務を目指す人が増えています。

最近では、小さな子どもを持つ母親たちにとても人気があるようです。

しかし求人には、医療事務の経験者、又は医療事務の資格必須と書かれているものも多いです。

そこで、医療事務の資格とはどんなものなのか、そして資格は本当に必要なのかを詳しく解説します。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務になるには?

以前私は医療事務として働いていましたが、当時の勤務先の求人は「未経験者でも可」でした。

病院の求人条件によっては、医療事務の資格が必要なところとそうでないところがあります。

そもそも医療事務の資格は、医師や看護師とは違い国家資格ではありません。

そのため、必ずしも資格がなければ仕事ができないというわけではないのです。

医療事務の資格とは?

医療事務の場合、資格そのものよりも、資格によって得られた知識が大事なのかもしれません。

医療事務の資格取得には、保険の種別による計算や、レセプトの算定方法などを勉強しなければなりません。

特にレセプト業務は、診療行為によっても点数が違うため、算定方法が難しいのです。

保険の種別や算定方法を間違えてしまうと、患者さんから医療費を多く貰ったり逆に少なく貰ってしまうことになります。

初心者の場合、この算定方法を覚えるまでに時間がかかってしまいます。

しかし資格取得者であれば、ある程度の知識があるため、比較的早く理解できると思います。

医療事務の資格取得者が優遇されるのは、そのような事情があるためでしょう。

医療事務の受験資格

当時私の勤務先で、スタッフの一人が医療事務試験を受験したことがありました。

受験資格は特になく、すでに病院やクリニックで働いている方もいたそうです。

近年では、スキルアップのために資格を取得する人が増加傾向にあります。

試験を受ける際は、日程が決まっていることが多いため、休みなどを調整しておく必要があります。

医療事務の資格を取得するためには?

医療事務の資格を取得するには、いくつかのルートがあります。

そのルートは、通信講座を受講する・専門学校などのスクールで学ぶ・独学で学ぶかのいずれかが多いようです。

最近では通信講座を受講し、働きながら資格取得を目指す方も増えているようです。

しかし通信講座によっては、教材が送られてくるだけで、分からない箇所は全て自分で調べなければならない場合もあります。

一人で勉強するのが苦手だという人は、専門学校やスクールで学ぶのがおすすめです。

しかし通学で資格取得を目指す場合、時間に余裕がなければ難しいでしょう。

独学・通信講座・専門学校やスクールで学ぶ

医療事務の資格を取得するには、独学・通信講座・専門学校やスクールで学ぶ方法があります。

勘違いされる方が多いのですが、通信講座を受講しても資格はもらえません。

資格を取得するためには、あくまでも試験を受けて合格しなければならないのです。

資格によっては試験が毎月行われないこともあるため、事前に日程をチェックをしておきましょう。

医療事務と言っても、調剤薬局事務や介護事務など種類があります。

受験する際には、自分の目的に合った資格の取得を目指すと良いでしょう。

医療事務の試験とは?

多くの医療事務の試験は、学科試験と実技試験に分かれています。

学科試験は主に医療保険制度など医療事務の知識に関することが出題されます。

資格によっては、専門用語や医学・薬学の基礎知識が出題されることもあるでしょう。

これらの基礎知識は、通信講座や専門学校などのスクールではしっかりと学びます。

しかし独学の場合は、専門用語など複雑で分かりにくいと感じるかもしれません。

自分に合った学習方法を選択すると良いでしょう。

実技試験は、実際に診療報酬明細書を作成するというものです。

手書きで作成しなければならないので、診療報酬の算定方法や保険の種別をきちんと覚えておく必要があります。

医療事務のおすすめの資格は?

医療事務の資格には、調剤薬局事務やメディカルクラーク、医療秘書など様々なものがあります。

まずは医療事務全般の知識が身につく資格を取得し、その上でジャンルごとに特化した資格を取得することをおすすめします。

資格試験の中で、特に受験者数が多いものに「医療事務技能審査試験」があります。

この試験では医療事務に携わる上での基本的な知識と技術が問われ、合格すると「メディカルクラーク」の称号が得られます。

このメディカルクラークは、レセプト業務や窓口業務など、医療事務として求められる能力があることを証明できるものとなっています。

医療秘書とは、医療事務が行う各種事務・レセプト請求業務よりも秘書業務や情報管理業務などを重点的に担っています。

個人クリニックや診療所などではあまりありませんが、規模の大きい病院では医療秘書が活躍しています。

医療事務と医療秘書の仕事は異なる部分もありますが、どちらのスキルも備えておくと業務の幅や就職先の選択肢も広がります。

合格率はどれくらい?

資格によって合格率は異なりますが、平均して50%~60%前後です。

診療報酬請求事務能力認定試験など、合格率25%~30%と難しい資格もあります。

どの資格も年に数回試験が行われているので、不合格でも再チャレンジすることができます。

ただし平均合格率から見て、ある程度はしっかり勉強しなければ合格できないでしょう。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の就職先や募集状況は?

日本は高齢化社会を迎え、病院やクリニックも増加傾向にあります。

そのような状況が続けば、それだけ医療事務の活躍する場は多くなります。

求人に関しては地域によって異なり、地方より都市部で多めとなっています。

しかし病院やクリニックは全国各地にあり、求人も年間を通じて行われている状況です。

ただし医療事務と言っても、業務内容はその医療機関によって異なります。

求人の募集内容をよく確認しておきましょう。

医療事務の就職先

医療事務の主な就職先は、病院や診療所・クリニックです。

勤務先を選ぶ際は、自分の将来のことも踏まえて決めると良いでしょう。

女性は、結婚や出産などでライフスタイルが大きく変化します。

その際、雇用形態を選択できる勤務先でなければ、就職してキャリアを重ねても、退職せざるを得ない状況にもなりかねません。

また医療機関によって雇用形態や勤務条件も異なるので、自分の希望条件に合うかどうかチェックしておく必要があります。

正社員として働いて経験を積みたい人へ

正社員として働いて経験を積みたいという人には、病院や比較的大きな診療所・クリニックをおすすめします。

そのような医療機関であれば正社員としてキャリアアップができ、福利厚生も充実しているからです。

近年は待遇面などから正社員を目指す人も多く、求人に応募しても実務経験者が優遇される傾向にあります。

そのため未経験者の場合、医療事務の資格を取得してから正社員を目指す人も多いようです。

また医療機関によっては正社員登用制度があり、契約社員やパートなど別の雇用形態から勤務態度などを考慮し、正社員登用されるケースもあります。

求人に応募する際は雇用条件などの他にも、ホームページなどで外観や診療科、院内の雰囲気などをできるだけ確認しておきましょう。

子育てや介護などと両立させて働きたい人へ

子育てや親の介護などがあり、仕事と両立させたいという人にはパートやアルバイトで働くことをおすすめします。

プライベートを優先したい場合は、正社員で働くことが難しいかもしれません。

正社員だと長時間勤務となり、レセプト業務の時期などは残業もあります。

その点パートやアルバイトであれば、勤務時間や出勤日を調整できるため、自分の希望やライフスタイルに合わせて勤務することが可能です。

正社員のように残業することもほとんどないので、子育てや家庭の事情で長時間勤務できない方でも働きやすいでしょう。

自分のプライベートと仕事を両立できるのが、パート・アルバイトのメリットでもあります。

まだ将来のことは決めていないという人へ

人によっては、まだ将来どうするか決めていないという人もいるでしょう。

医療事務を目指すのに年齢は関係ありません。

最近では新卒採用も増えているので、年齢層は段々低くなってきています。

正社員として働くメリットの一つに、給与や福利厚生などの面が他の雇用形態より恵まれている点にあります。

そのため若い人でも正社員を希望する場合が多いです。

女性は結婚や出産などでライフスタイルが変化しても、正社員としてのキャリアがあればパートなど働くことも可能です。

まだ将来のことは決めていないという場合は、正社員として働いてキャリアを積んだ方が良いでしょう。

医療事務に人気の就職先はどんなところ?

地域によっても人気の就職先は異なります。

一般的にはインターネットなどで調べたり、評判などを聞いて選びますが、病院よりも診療所やクリニックの方が人気があるようです。

病院は来院患者数が多いため、やりがいはあっても業務が大変だと考える人が多いです。

医療機関によっては、ホームページがしっかりしていないため、内情が把握できないところもあります。

医療事務の就職先はどの程度あるの?

医療事務の就職先は地方に比べて都市部が多いものの、医療機関は全国にあり年間を通じて求人も行われています。

ただ医療機関によってはあまり求人を出さないところもあり、自分が希望する勤務先がなかなか見つからない可能性もあります。

私自身も、良い条件の勤務先をたまたま広告で見つけたくらいです。

自分に合った勤務先を見つけられるように、日頃から求人情報を確認しておいた方が良いでしょう。

医療事務の転職事情

医療事務の転職理由は人によって様々ですが、人間関係の悩みが多いようです。

医療事務という職業は、医師や看護師と患者さんの間を繋ぐ役目を担っています。

そのため対応にも気を遣うので、精神的に疲労します。

医療事務は、医師や看護師の業務をサポートする役割があります。

部署によっては、立場上強く意見を言えないケースもあるようです。

人間関係の悩みはどのような職場でもあることなので、自分で工夫しながら乗り切るしかないのかもしれません。

医療事務の平均給与はどれくらい?

医療事務の給料は勤続年数やスキル、勤務先の病院・クリニックによって変わりますが、平均月収は10万円台後半~20万円程度が多いようです。

専門的な能力を求められる割には、一般事務とあまり給与は変わらないのが実情です。

しかし働き続ける中でスキルアップできれば、昇給やボーナスも望めます。

医療事務の将来性

近年では高齢化社会によって、病院やクリニックが増加傾向にあります。

それに伴い、医療事務のニーズも増えることが予想されます。

専門的な知識が要求される医療事務ですが、スキルやコミュニケーション能力などが身につき、別の職種で転職する場合でもキャリアを認めてもらえるでしょう。

女性にとっては、年齢に関係なく働けるところが魅力です。

医療事務の将来性1:就業経験が転職にも活きる

「医療事務として働いた経験がある」と話すと、大半の人が凄いと言ってくれます。

医療事務=きちんとしている職業という世間一般のイメージがあるようです。

そのため、医療事務のキャリアを活かして転職することも可能です。

医療に対するイメージもあり、医療業界で働くことは大変だという認識もあるのでしょう。

その中で頑張ってきた人として見てもらえるため、転職時に医療事務の就業経験が活かせるのです。

医療事務の将来性2:年齢に関係なく働ける

病院や診療所・クリニックなどは今後も需要は増えていくことが予想されるため、長く働き続けることができます。

女性にとって年齢に関係なく働けるというのは、本当にありがたいことです。

しかしあくまでも医療機関での実務経験があり、ある程度のキャリアがあればの話です。

医療事務=デスクワークだと思っている方も多いと思いますが、勤務先によっても異なります。

以前私が医療事務をしていた時は、デスクワークだけではありませんでした。

バタバタと動き回ることが多く、慣れるまでは体力も必要でした。

医療事務は若い時期からキャリアを積むことで、年齢に関係なく働き続けることができます。

医療事務の将来性3:自分の健康を見直すことができる

医療事務をしていると、病気について自然と学ぶことができます。

「この症状の時はもしかしたらこの病気では?」と考えられるようになるため、自分がもし同じ病気にかかった時に対処できるようになるのです。

私は透析施設で働いていたため、毎日来院される患者さんと話す機会が沢山ありました。

元気に働く私達スタッフを見て、患者さんから「健康で羨ましい」と言われたことがあります。

それを見ている内に、自分自身でも健康に気を付けようと思うようになりました。

医療事務に向いている人

医療事務に向いている人とはどんな人でしょうか?

医療事務は、窓口業務などで患者さんと接することが多い仕事です。

そしてこなさなければならない業務も数多くあります。

そんな医療事務の仕事に向いている人の特徴をいくつか紹介します。

医療事務に向いている人1:人と接するのが好きな人

医療事務は医師や看護師、患者さんとも接することが多い仕事です。

私は人と接するのが好きでしたし全く人見知りをしないので大丈夫でしたが、中には人見知りをするスタッフもいて、対応に苦労していました。

ただ、人見知りだからと言って医療事務に向いていない訳ではありません。

最初は人見知りをしていても、ある程度経験を積むことで自然と慣れるので大丈夫です。

医療事務に向いている人2:数字の計算が好きな人

医療事務はとにかく数字の計算が多い仕事です。

毎月のレセプト業務では診療報酬明細書を期限までに提出しなければならず、早く正確に仕事ができる人が求められます。

私も計算は得意ではありませんが、やり方を覚えてしまえば難しいわけではありません。

ほとんどの人はあまり計算が得意ではないと思いますので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

医療事務に向いている人3:調べごとが好きな人

何に対してもですが、調べることはとても大切です。

医療事務は専門用語を頻繁に使用するため、疑問を持った時に調べるようにしないと、質問されても答えられないということがあります。

業務をする上で、自分が担当する患者さんたちの名前や病名、使用頻度の高い薬について調べておいた方が良いです。

これは万が一先生が薬を出し間違えた時など、医療事務が気がつくことで対処できるからです。

調べることで自分の知識にもなり、これからの人生においてきっと役に立つと思います。

医療事務に向いている人4:医療に興味のある人

私はあまり医療に興味があるわけではありませんでした。

しかし医療事務の仕事をすることで、病名や薬など医療に対する興味が湧いてきました。

元々医療に興味があり、医療事務の仕事に就く人はあまりいません。

しかし仕事上、様々なことを調べる内に興味を持つ人も多いようです。

医療事務に向いている人5:几帳面な人

真面目ではなく几帳面な人です。

几帳面な人ほど注意深く業務をこなすので、あまりミスがありません。

医療事務は日々様々な業務をこなさなければならないため、余裕がなくなりミスを誘発しやすいです。

場合によっては焦るような状況もあるので、時にはやるべき業務を忘れてしまうということもあるでしょう。

しかし几帳面な人なら、どのような状況においても慎重に業務をこなすのでミスを防ぐことができます。

経験者が語る!できる医療事務はこんな人

医療事務の経験者として、仕事ができる人の特徴について解説したいと思います。

医療事務には国家資格も必要ありませんし、仕事も慣れればある程度はこなせます。

しかし「仕事ができる」というのは、決められた業務をこなすだけではないのです。

様々な状況において臨機応変に対応できる人です。

これは簡単になれるものでありません。

判断力が高い

判断力が高いことは医療事務としての必須条件です。

万が一判断を間違うと、患者さんの命に関わることもあり得るからです。

私が医療事務として働いていた時、近くにいる患者さんをいつも観察していました。

患者さんがふらついていたり、いつもより足元がおぼつかない場合は、転倒してしまう危険性もあるからです。

医療事務は、その場の状況に合わせて臨機応変に対応する能力が求められます。

これは最初からできるわけではなく、ある程度経験を積む必要があります。

また患者さん同士のトラブルもあるので、スタッフは対応に気を付けなければなりません。

正確で迅速に業務を処理できる

医療事務という仕事は、日々こなすべき業務が沢山あります。

場合によっては一つの業務にを集中することができず、別の業務と掛け持ちすることもあります。

業務を掛け持ちするとミスをする確率が高くなります。

そのため、正確且つ迅速に業務を行う能力が求められるのです。

ミスが重なると患者さんにも迷惑をかけてしまいます。

どのような状況においてもきちんと業務をこなせるのが仕事のできる人なのだと思います。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

医療事務はの資格がなくてもできる仕事です。

しかし、近年人気が高まっていることから、資格を持っていることを応募条件に掲げる病院やクリニックが増えています。

就職の際には、実務経験がある人や資格所有者の方が優先されやすいのも事実なのです。

医療事務の資格は、働きながら取得することも可能です。

そのための学習ルートもいくつかあります。

希望する就職先を見つけるためにも、医療事務の資格取得を目指すことをおすすめします。



関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務の魅力を徹底紹介!あなたも医療事務として働いてみませんか?

医療事務は、病院やクリニックなどで事務を担当する仕事です。最近は女性におすすめの職業として、小さな子どもを持つ主婦に人気があります。今回は医療事務に興味がある方に向けて、具体的にどのような点がおすすめなのか、主な仕事内容や魅力について説明します。医療事務の主な仕事内容とは?医療事務の仕事内容は、主に三つに分けられます。一つ目は受付業務です。受付業務では、来院した患者さんから保険証を預かりカルテを作成します。また症状の聞き取りをしたり、必要に応じて患者さんのサポートも行います。電話応対や来客の対応なども受付業務の仕事です。そのため受付業務は病院の顔とも言われ、接客スキルも必要とされます。二つ目は

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い職業の一つが医療事務です。家族や友人が医療事務の仕事をしている、という方も多いのではないでしょうか。今回は、医療事務の仕事内容や将来性について解説します。私自身、以前は医療事務の仕事をしていました。その時の経験から、この仕事を続けていきたいと思う理由についても説明したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は、主に受付、会計、レセプト業務の三つが挙げられます。受付業務では保険証の確認、患者さんの症状の聞き取り、カルテへの入力などを行います。他にも、体の不自由な方の手助けをしたり、小さな子どもが泣いていたらあやすなど状況に応じた臨機応変な対応をすることが必要です。会

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務に転職するためには、事前にいくつか準備すべきことがあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておくこともその一つです。知識不足では転職が難しくなることも予想されるので、注意しましょう。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務へ転職する場合、どのような勤務先が良いのでしょうか?同じ医療事務でも、医療機関よって勤務時間や業務内容は異なります。病院とクリニックではどちらが良いのか、休日はシフト制が良いのかなどによっても勤務先が変わってきます。まずは、ご自身が何を重視するのかを考えましょう。私自身の経験から、おすすめする診療科とその理由について説明します。勤務先を選ぶ際の

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務の仕事は、人によって向き不向きがあります。国家資格ではないため、極端な言い方をすると誰でも出来る仕事ではあります。そのため、医療事務は比較的向き不向きが出る職業と言えるのではないでしょうか。バイト感覚の様な気持ちでは、想像以上に大変だという認識を持っていた方が良いでしょう。この記事では、医療事務の仕事が向いていない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業のため、慣れてくれば単調に

医療事務の悩みで多い5つのこととその解決法。

「医療事務は女性が働きやすい」「医療事務は女性に人気の仕事」などといったフレーズを聞いたことはありませんか?確かに、医療事務は女性にとって続けやすい仕事の一つです。しかし、日々の業務を行う上では大変なこともあります。今回は医療事務の悩みで多い5つのこと、その解決法、それでも医療事務をおすすめする理由を解説していきます。医療事務の悩みで多い5つのこと医療事務はとても魅力的な仕事です。しかし、様々な悩みを抱えている人も多いのが現状です。では具体的にどのような悩みを抱えているのか、5つに分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はライフスタイルに合わせた勤務が可能なので、家庭との両立がしやすい仕

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療施設というのは人間関係でストレスを抱えることが多いと言われています。看護師からの対応が厳しいという話を聞いたこともあると思いますが、実際はそのような方ばかりではありません。女性が多い職場であるため、以前は派閥やいざこざがあったと言われていました。しかし最近では患者さんへのホスピタリティを重視しているため、そのようなことはあまり見られなくなりました。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまうというのは、スタッフ間や患者さんとのコミュニケーション不足なのかもしれません。対応が厳しいのは業務に関することであり、決して個人的に攻撃しているわけではないのです。医療事務のおおまかな仕事内容とは?医療事

医療事務の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

医療事務の仕事はやりがいがあり、福利厚生などもしっかりしていますが、そやはり最初は大変だと思った方が良いでしょう。日々の業務をする中でも、肉体的にも精神的にも辛く感じる時があるかと思います。それは医療事務に限らず、医療関係で働いている方は皆そのように思うことが多いかもしれません。何科を担当するのかにもよりますが、業務に慣れるまではしんどい時も多々あるでしょう。私はこんな病院・クリニックで働いています私は透析施設のあるクリニックで働いていました。やはり病院と比べると、クリニックの方が患者さんの数は少ないかもしれません。クリニックは主にその地域周辺に住んでいる方が来院しますが、病院は日本全国から患

医療事務は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

医療事務の求人を見ていると、結構経験者や資格ありの所が多い気がしませんか?未経験は難しいの?と思うかもしれませんが、未経験でも大丈夫ですよ。本来国家資格が必要な職業ではありませんの、未経験でも問題はありません。医療事務の仕事に関して、医療事務という職業はどんな人に向いているか経験者としてお伝えしていきましょう。医療事務の大まかな仕事内容医療事務の基礎的な仕事内容は4つあります。患者の対応、カルテ入力、レセプト業務、院内の環境整備です。病院に行った事がある方が圧倒的に多いので、何となくイメージしやすいのではないかと思います。レセプトという言葉は意外とご存知の方もいるようですが、正確にはどういう業

医療事務のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

自分の仕事に対してやりがいを感じるということはとても大切なことです。世の中には様々な職業があり、やりがいを感じる職種も人それぞれです。このような状況の中で、女性に人気の職業の一つに医療事務が挙げられています。そんな医療事務とはどのような仕事なのか?医療事務のやりがいとはどんなものなのか?私の体験談を交えて具体的にお話します。医療事務の大まかな仕事内容について理解しておこう医療事務の仕事は、受付窓口や会計業務、カルテ入力、レセプト業務、クラーク業務、その他の雑務などです。クラーク業務をご存知ない方もいると思いますが、一言で説明すると医師や看護師をサポートする仕事です。サポート業務といっても看護助

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務が大変だと思う6個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

病院やクリニックに勤めている医療事務とはどんな仕事なのでしょうか。つらい、大変と言われる医療事務ですが、具体的に何が辛いのか、どんなやりがいがあるのか、医療事務についてまとめてみました。医療事務のおおまかな仕事とは?医療事務とは医療機関に勤める事務職のことを言います。病院やクリニック内で、受付や会計業務、レセプト、カルテの管理を中心とした医師や看護師のサポートを行うのが仕事です。医療事務の役割医療事務が持つ役割は、大きく二つに分かれます。一つ目は、病院やクリニックに来院した患者さんが、速やかにストレス無く、医師の診察を受けることができるように、病院側の環境を整える役割です。もう一つは病院やクリ

医療事務になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

女性から人気の高い職業の一つに、医療事務があります。皆さんは、医療事務の仕事がどのようなものかご存知でしょうか?今回は、医療事務として働くにあたって有利になる資格や、その取得方法を詳しくご紹介します。医療事務になるには? 医療事務とは、医療機関で窓口業務や会計業務、診療報酬請求業務などをする仕事です。医療事務になるには、資格取得が必須条件ではありません。未経験で資格がなくても、医療事務として働くことは可能です。しかし実際に就職すれば、即戦力を求められることが多々あります。実務経験は即戦力の一つになります。そのため、経験が浅い場合や未経験者の場合は、資格を持ち併せていることで就職が有利になる可

医療事務辞めたい…と言う人の4個のよくある理由と対策は?

医療事務という職業は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。スクールや通信講座では人気資格ランキングの上位に入る事も多く、特に女性に人気の高い職業です。医療事務の活躍の場は病院やクリニック、調剤薬局など医療機関であることが多く、実際の仕事内容は受付から会計まで多岐にわたります。しかし、医療事務という職業に憧れ頑張って資格を取得したものの、実際に働いてみると大変で辞めたいと思われる方が多いのも現状です。では、実際の仕事環境はどういったものなのでしょうか。医療事務の仕事環境とは?医療事務のイメージの多くは、「医療機関で働けて格好良い」「事務仕事である為、残業も無く定時に帰宅できそう」「

医療事務給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

医療事務の給料の相場はいくらか、気になりますよね。私は過去に医療事務として3年働いていました。医療事務だけではないかもしれませんが、最近は昇給が気軽に出来なくなっている所も多いです。もしかしたら長く働いていても、最初の頃と変わらないというケースがあります。今回は医療事務の給料の相場と、給料はどうやって決定するのか、そして同じ医療事務なのに何故給料が高い人がいるのかなどなど、リアルな実体験を用いてお伝え致しましょう。医療事務の給料の相場はどのくらい?医療事務の給料の相場はどのくらいかという事ですが、よく求人広告などで給料の金額部分の振り分けが凄まじい所がありませんか?15万~22万などと記載され

医療事務とはどんな仕事?仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴、なり方など詳しく解説します!

病院に行くとまず目に入るのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師の傍らで仕事をしている医療事務員に憧れて、将来病院の仕事に就きたいという方もいらっしゃると思います。以前私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。医学系の学校に通っていたこともあり、様々な病院や施設で実習体験もしてきました。それらの経験から、医療事務とはどんな仕事なのか?資格や充実度などの情報も交えながら紹介します。医療事務とはどんな仕事?医療事務とは、病院やクリニックにおいて医療に関する事務を行う仕事のことです。病院によっては、経理部門を一般事務と呼んだりします。同じ医療関連の事務職でも、病院やクリニック・薬局・老

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

正社員の医療事務で働くメリットは、一般的に給与や福利厚生などの面が、他の雇用形態より恵まれている点にあると言えます。では、医療事務の正社員で働くメリット・デメリットとは何か、派遣社員やパートとはどのような違いがあるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットの一つが、社会保険に加入できる点にあります。パートやアルバイトでも加入はできますが、雇用条件にもよります。社会保障に関しては、やはり正社員の方がメリットが大きいでしょう。経済的に安定している医療事務の正社員は一般的に給与面や福利厚生面がしっかりしているので、目指す人は増えています。退職金に関