自分の仕事に対してやりがいを感じるということはとても大切なことです。

世の中には様々な職業があり、やりがいを感じる職種も人それぞれです。

このような状況の中で、女性に人気の職業の一つに医療事務が挙げられています。

そんな医療事務とはどのような仕事なのか?

医療事務のやりがいとはどんなものなのか?

私の体験談を交えて具体的にお話します。

医療事務の大まかな仕事内容について理解しておこう

医療事務の仕事は、受付窓口や会計業務、カルテ入力、レセプト業務、クラーク業務、その他の雑務などです。

クラーク業務をご存知ない方もいると思いますが、一言で説明すると医師や看護師をサポートする仕事です。

サポート業務といっても看護助手とは違い、診断書や書類の作成補助やカルテの代行入力をする仕事です。

病棟クラークの場合は、入退院に関する事務作業を専門的に行います。

内科や耳鼻咽喉科などそ診療科によって業務内容は多少異なりますが、大まかな仕事は同じです。

医療事務の仕事のやりがいってどんなもの?

医療事務のやりがいとはどんなものがあるのでしょうか。

私が最もやりがいを感じたことは、来院される患者さんの役に立っていると実感できた時でした。

どの診療科でも、長期間通院されている患者さんがいます。

最初は業務に慣れるのに必死ですが、3ヶ月ほど経過すると、自然と来院される患者さんの顔も名前も覚えてきます。

また、患者さんも自分の顔を覚えてくれます。

患者さんから院内のことを訊かれたり、話す機会が増えてくると「自分も役に立てている」という感覚がありました。

「ありがとう」と言葉をかけられた時はとても嬉しかったです。

経験者の私が医療事務の仕事でやりがいを感じた瞬間

医療事務のやりがいはいくつかあります。

医療に関する知識を学べることや患者さんとのコミュニケーション、日々の業務の中で感じる達成感などです。

仕事は大変ですが、その分だけやりがいを感じるでしょう。

患者さんからの感謝の言葉

やはり一番やりがいを感じるのは、患者さんから感謝の言葉をかけてもらえた時です。

基本的に仕事をしていて直接感謝をされることはあまりありません。

やって当たり前であるという感覚の方が強いからなのでしょう。

患者さんから感謝の言葉をもらった時は、医療事務として頑張って良かったなと実感しました。

患者さんに認められた時

通院歴の長い患者さんは、スタッフよりも院内の様子を分かっていることが多いです。

そのため、仕事を始めたばかりの頃は、自分の知識不足を痛感することが多々ありました。

患者さんもベテランのスタッフと会話することが多く、やはり淋しかったです。

それでも業務に慣れてくると、徐々に質問されることも増えて対応できるようになりました。

少しづつですが患者さんに「医療事務として認められている」と実感できて嬉しかったです。

医療に関する知識が増えた

医療事務の仕事をしていると、医療に関する知識を学ぶことができます。

治療行為や検査、薬や医療費等に関する知識は、医療事務の仕事をしなければ分からなかったことです。

以前、サブリーダーから「検査などの知識に関しては、内容がどういうものであるか知っておいて損はない」と言われたことがあります。

「検査項目の名前や基準値を知っておくと、いざという時にあなたや家族の危険も察知することができるから」と教わりました。

血液検査などをすることによって、その人は風邪以外にどのような症状が考えられるかを予測することができます。

業務をする中で自然と知識を学ぶことができて、レベルアップに繋がったと思います。

コミュニケーション

最もやりがいを感じたのはやはりコミュニケーションでしょうか。

医療事務だけではなく、医療関係の仕事はコミュニケーション能力が必要になります。

私は以前、患者さんへの対応が上手くできず、上司から注意を受けたことがあります。

それからはコミュニケーション能力の向上を図り、何度か講習にも行かせてもらいました。

お陰様で、現在はどんな人とも会話ができるようになり、コミュニケーションが取れるようになったと思います。

チームワーク

医療機関での仕事は、特にチームワークが大切になります。

なぜなら、スタッフ間でサポートし合いながら仕事をすることがとても多いからです。

チームで仕事をするのは確かに大変なのですが、上手くいった時はやりがいを感じました。

仕事をしているという実感

医療事務の仕事は、沢山の業務をこなさなければならず大変です。

その分、仕事をしているという実感を得ることができるかもしれません。

忙しい時期や難しい仕事をこなせるようになった時は、特にやりがいを感じるでしょう。

医療事務の仕事は、決して単純作業ではありません。

業務の最中に何らかの緊急事態が起こることも多いです。

慣れていないと慌ててしまうことも沢山あるのですが、ある程度対応できるようになると自信もつきます。

大変な業務もミスなくできた時はやりがいを実感します。

医療事務の仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

医療事務の仕事は様々な業務があり大変ですが、みんなが仕事をしやすいように様々な工夫をしていました。

 頑張れば頑張るほど、スキルアップできる仕事でもあるため、できる限りの努力もしてきました。

講習に参加

医療機関で働いていると、診療報酬や電子カルテに関してなど様々な講習があります。

講習によっては全員参加の時もありますが、ほとんどの場合は自主参加でした。

私自身、仕事を始めた頃は患者さんとのコミュニケーションが上手くできなかったので、コミュニケーションの講習に参加してスキルを学びました。

知識を増やす

仕事のやりがいを感じるためには、まず医療事務としての知識を学ぶ必要があります。

私は透析内科で働いていましたので、透析のことをパソコンなどで調べたりしていました。

透析の仕組みを理解していないと分からないことも多いからです。

その他にも社会保険や国民健康保険などの知識も学びました。

患者さんの治療費というのは、社会保険や国民健康保険の種別によって金額が大幅に変わります。

基本的には透析を受けている方は公的助成制度が確立されているため、医療費が軽減されるのです。

ただし働いている方や所得によって大きく変化するので、気をつけないと患者さんに余分な金額を払わせてしまうことになります。

診療科によっては、このような医療制度の知識を身につける必要があります。

こうした知識の積み重ねが、仕事のやりがいにも繋がるのです。

話し方を工夫する

コミュニケーションの一環ではあるのですが、全ての患者さんに対して同じ対応をしても伝わりません。

話し方に注意しなければ、気分を害する患者さんも沢山いました。

しかし、こちらの対応をある程度工夫することで、コミュニケーションを上手く取れることに気が付いたのです。

どういった工夫をしたかというと、まず患者さんの話を良く聞き否定しないようにしました。

話し方の工夫と笑顔を心掛けて対応することで、徐々にトラブルも減っていきました。

仕事は何通りにも工夫できる

医療事務の日常業務は、基本的には毎日同じです。

しかし仕事の内容は同じでもスタッフによって早く終わる方と遅くまで残る方がいて、終了時間にバラつきがありました。

仕事のやり方は一つだけではありません。

自分の工夫次第で、いくらでもやりやすいように変えられるのです。

仕事を始めたばかりの頃は難しいと思いますが、慣れてきたら様々な方法を試してみるのも良いかもしれません。

そして自分だけではなく、他のスタッフも仕事がしやすいように意識していくと、コミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

まとめ

仕事のどんなことにやりがいを感じるかは、人それぞれ違います。

医療事務はやることが多くて大変な仕事です。

慣れるまでは、肉体的にも精神的にも疲れることが多いかも知れません。

しかし、コミュニケーションスキルが身についたり医療の知識を学べるなど、自分自身にとっても成長できるやりがいのある仕事です。

医療事務に興味がある方は、是非参考にしていただければと思います。


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に行くとまず目に入るのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師の傍らで仕事をしている医療事務員に憧れて、将来病院の仕事に就きたいという方もいらっしゃると思います。以前私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。医学系の学校に通っていたこともあり、様々な病院や施設で実習体験もしてきました。それらの経験から、医療事務とはどんな仕事なのか?資格や充実度などの情報も交えながら紹介します。医療事務とはどんな仕事?医療事務とは、病院やクリニックにおいて医療に関する事務を行う仕事のことです。病院によっては、経理部門を一般事務と呼んだりします。同じ医療関連の事務職でも、病院やクリニック・薬局・老

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事をするにあたって、向き不向きは多少なりとも関係してくると思います。仕事のスキルというより性格上の話になりますが、向かない人にとっては大変だと感じることもあるでしょう。おおざっぱな性格の人などは、業務をするにあたってミスが増える可能性があるかもししれません。しかし、自らの努力次第で改善することは充分可能であると思います。医療事務はどんな仕事?医療事務の主な仕事としては、レセプト業務の他にもカルテ出しやカルテのデータ入力・管理、会計処理や、患者さんへの対応の、その他雑務などがあります。沢山の仕事がありますが、繰り返し日々の業務を行うことで問題なくこなせるようになるでしょう。しかし、慣

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

正社員の医療事務で働くメリットは、一般的に給与や福利厚生などの面が、他の雇用形態より恵まれている点にあると言えます。では、医療事務の正社員で働くメリット・デメリットとは何か、派遣社員やパートとはどのような違いがあるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットの一つが、社会保険に加入できる点にあります。パートやアルバイトでも加入はできますが、雇用条件にもよります。社会保障に関しては、やはり正社員の方がメリットが大きいでしょう。経済的に安定している医療事務の正社員は一般的に給与面や福利厚生面がしっかりしているので、目指す人は増えています。退職金に関


医療事務求人に関するコラム

医療事務の魅力を徹底紹介!あなたも医療事務として働いてみませんか?

病院の経営を行う中で欠かせない存在である医療事務の仕事。よく女性におすすめの仕事として挙げられる医療事務ですが、具体的にはどのような点が女性におすすめなのでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事の大まかな仕事内容や魅力、医療事務の仕事を考えている人に伝えたいことについて解説していきます。医療事務の大まかな仕事内容とは?医療事務の大まかな仕事内容としは3つ挙げられます。1つ目は受付業務です。受付業務は来院した患者から保険証を預かり確認、症状の聞き取り、カルテの作成や記載、電話対応、必要に応じて患者の手助け等の業務を行います。受付業務は病院の顔とも言える仕事です。そのため、事務だけでなく接客スキルも

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い医療事務の仕事。実際に家族や友人が医療事務の仕事をしているという人も多いのではないでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事内容はもちろん、将来性にも焦点をあてて解説していきます。更に実際に医療事務の仕事をしていた経験のある筆者が、自身の経験を基に医療事務の仕事をずっとしていきたいと思う理由についてもご紹介したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は受付、会計、レセプト業務の3つが主に挙げられます。受付業務では保険証の確認、症状の確認、カルテへの入力等を行います。それだけでなく、体の不自由な人には手助けをする、子どもが泣いていたらあやす等、状況に応じた気配りをや臨機

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務の仕事は、人によって向き不向きがあります。国家資格ではないため、極端な言い方をすると誰でも出来る仕事ではあります。そのため、医療事務は比較的向き不向きが出る職業と言えるのではないでしょうか。バイト感覚の様な気持ちでは、想像以上に大変だという認識を持っていた方が良いでしょう。この記事では、医療事務の仕事が向いていない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業のため、慣れてくれば単調に

医療事務の悩みで多い5つのこととその解決法。

「医療事務は女性が働きやすい」「医療事務は女性に人気の仕事」などといったフレーズを聞いたことはありませんか?確かに、医療事務は女性にとって続けやすい仕事の一つです。しかし、日々の業務を行う上では大変なこともあります。今回は医療事務の悩みで多い5つのこと、その解決法、それでも医療事務をおすすめする理由を解説していきます。医療事務の悩みで多い5つのこと医療事務はとても魅力的な仕事です。しかし、様々な悩みを抱えている人も多いのが現状です。では具体的にどのような悩みを抱えているのか、5つに分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はライフスタイルに合わせた勤務が可能なので、家庭との両立がしやすい仕