自分の仕事に対してやりがいを感じるということはとても大切なことです。

世の中には様々な職業があり、やりがいを感じる職種も人それぞれです。

このような状況の中で、女性に人気の職業の一つに医療事務が挙げられています。

そんな医療事務とはどのような仕事なのか?

医療事務のやりがいとはどんなものなのか?

私の体験談を交えて具体的にお話します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

医療事務の大まかな仕事内容について理解しておこう

医療事務の仕事は、受付窓口や会計業務、カルテ入力、レセプト業務、クラーク業務、その他の雑務などです。

クラーク業務をご存知ない方もいると思いますが、一言で説明すると医師や看護師をサポートする仕事です。

サポート業務といっても看護助手とは違い、診断書や書類の作成補助やカルテの代行入力をする仕事です。

病棟クラークの場合は、入退院に関する事務作業を専門的に行います。

内科や耳鼻咽喉科などそ診療科によって業務内容は多少異なりますが、大まかな仕事は同じです。

医療事務の仕事のやりがいってどんなもの?

医療事務のやりがいとはどんなものがあるのでしょうか。

私が最もやりがいを感じたことは、来院される患者さんの役に立っていると実感できた時でした。

どの診療科でも、長期間通院されている患者さんがいます。

最初は業務に慣れるのに必死ですが、3ヶ月ほど経過すると、自然と来院される患者さんの顔も名前も覚えてきます。

また、患者さんも自分の顔を覚えてくれます。

患者さんから院内のことを訊かれたり、話す機会が増えてくると「自分も役に立てている」という感覚がありました。

「ありがとう」と言葉をかけられた時はとても嬉しかったです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

経験者の私が医療事務の仕事でやりがいを感じた瞬間

医療事務のやりがいはいくつかあります。

医療に関する知識を学べることや患者さんとのコミュニケーション、日々の業務の中で感じる達成感などです。

仕事は大変ですが、その分だけやりがいを感じるでしょう。

患者さんからの感謝の言葉

やはり一番やりがいを感じるのは、患者さんから感謝の言葉をかけてもらえた時です。

基本的に仕事をしていて直接感謝をされることはあまりありません。

やって当たり前であるという感覚の方が強いからなのでしょう。

患者さんから感謝の言葉をもらった時は、医療事務として頑張って良かったなと実感しました。

患者さんに認められた時

通院歴の長い患者さんは、スタッフよりも院内の様子を分かっていることが多いです。

そのため、仕事を始めたばかりの頃は、自分の知識不足を痛感することが多々ありました。

患者さんもベテランのスタッフと会話することが多く、やはり淋しかったです。

それでも業務に慣れてくると、徐々に質問されることも増えて対応できるようになりました。

少しづつですが患者さんに「医療事務として認められている」と実感できて嬉しかったです。

医療に関する知識が増えた

医療事務の仕事をしていると、医療に関する知識を学ぶことができます。

治療行為や検査、薬や医療費等に関する知識は、医療事務の仕事をしなければ分からなかったことです。

以前、サブリーダーから「検査などの知識に関しては、内容がどういうものであるか知っておいて損はない」と言われたことがあります。

「検査項目の名前や基準値を知っておくと、いざという時にあなたや家族の危険も察知することができるから」と教わりました。

血液検査などをすることによって、その人は風邪以外にどのような症状が考えられるかを予測することができます。

業務をする中で自然と知識を学ぶことができて、レベルアップに繋がったと思います。

コミュニケーション

最もやりがいを感じたのはやはりコミュニケーションでしょうか。

医療事務だけではなく、医療関係の仕事はコミュニケーション能力が必要になります。

私は以前、患者さんへの対応が上手くできず、上司から注意を受けたことがあります。

それからはコミュニケーション能力の向上を図り、何度か講習にも行かせてもらいました。

お陰様で、現在はどんな人とも会話ができるようになり、コミュニケーションが取れるようになったと思います。

チームワーク

医療機関での仕事は、特にチームワークが大切になります。

なぜなら、スタッフ間でサポートし合いながら仕事をすることがとても多いからです。

チームで仕事をするのは確かに大変なのですが、上手くいった時はやりがいを感じました。

仕事をしているという実感

医療事務の仕事は、沢山の業務をこなさなければならず大変です。

その分、仕事をしているという実感を得ることができるかもしれません。

忙しい時期や難しい仕事をこなせるようになった時は、特にやりがいを感じるでしょう。

医療事務の仕事は、決して単純作業ではありません。

業務の最中に何らかの緊急事態が起こることも多いです。

慣れていないと慌ててしまうことも沢山あるのですが、ある程度対応できるようになると自信もつきます。

大変な業務もミスなくできた時はやりがいを実感します。

医療事務の仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

医療事務の仕事は様々な業務があり大変ですが、みんなが仕事をしやすいように様々な工夫をしていました。

 頑張れば頑張るほど、スキルアップできる仕事でもあるため、できる限りの努力もしてきました。

講習に参加

医療機関で働いていると、診療報酬や電子カルテに関してなど様々な講習があります。

講習によっては全員参加の時もありますが、ほとんどの場合は自主参加でした。

私自身、仕事を始めた頃は患者さんとのコミュニケーションが上手くできなかったので、コミュニケーションの講習に参加してスキルを学びました。

知識を増やす

仕事のやりがいを感じるためには、まず医療事務としての知識を学ぶ必要があります。

私は透析内科で働いていましたので、透析のことをパソコンなどで調べたりしていました。

透析の仕組みを理解していないと分からないことも多いからです。

その他にも社会保険や国民健康保険などの知識も学びました。

患者さんの治療費というのは、社会保険や国民健康保険の種別によって金額が大幅に変わります。

基本的には透析を受けている方は公的助成制度が確立されているため、医療費が軽減されるのです。

ただし働いている方や所得によって大きく変化するので、気をつけないと患者さんに余分な金額を払わせてしまうことになります。

診療科によっては、このような医療制度の知識を身につける必要があります。

こうした知識の積み重ねが、仕事のやりがいにも繋がるのです。

話し方を工夫する

コミュニケーションの一環ではあるのですが、全ての患者さんに対して同じ対応をしても伝わりません。

話し方に注意しなければ、気分を害する患者さんも沢山いました。

しかし、こちらの対応をある程度工夫することで、コミュニケーションを上手く取れることに気が付いたのです。

どういった工夫をしたかというと、まず患者さんの話を良く聞き否定しないようにしました。

話し方の工夫と笑顔を心掛けて対応することで、徐々にトラブルも減っていきました。

仕事は何通りにも工夫できる

医療事務の日常業務は、基本的には毎日同じです。

しかし仕事の内容は同じでもスタッフによって早く終わる方と遅くまで残る方がいて、終了時間にバラつきがありました。

仕事のやり方は一つだけではありません。

自分の工夫次第で、いくらでもやりやすいように変えられるのです。

仕事を始めたばかりの頃は難しいと思いますが、慣れてきたら様々な方法を試してみるのも良いかもしれません。

そして自分だけではなく、他のスタッフも仕事がしやすいように意識していくと、コミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

まとめ

仕事のどんなことにやりがいを感じるかは、人それぞれ違います。

医療事務はやることが多くて大変な仕事です。

慣れるまでは、肉体的にも精神的にも疲れることが多いかも知れません。

しかし、コミュニケーションスキルが身についたり医療の知識を学べるなど、自分自身にとっても成長できるやりがいのある仕事です。

医療事務に興味がある方は、是非参考にしていただければと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務の魅力を徹底紹介!あなたも医療事務として働いてみませんか?

医療事務の魅力についてここでは詳しくご紹介していきたいと思います。そもそも医療事務とは、病院やクリニックなどで事務処理を担当することです。最近は女性におすすめの職業として、小さな子どもを持つ主婦に人気があります。今回は医療事務に興味がある方に向けて、具体的にどのような点がおすすめなのかや、医療事務の仕事内容について説明します。この職業を目指している方はぜひ最後までご覧いただけたらと思います。医療事務の主な仕事内容とは?医療事務の仕事内容は、主に三つに分けられます。一つ目は受付業務です。受付業務では、来院した患者さんから保険証を預かりカルテを作成します。また症状の聞き取りをしたり、必要に応じて患

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い職業の一つが医療事務です。家族や友人が医療事務の仕事をしている、という方も多いのではないでしょうか。今回は、医療事務の仕事内容や将来性について解説します。私自身、以前は医療事務の仕事をしていました。その時の経験から、この仕事を続けていきたいと思う理由についても説明したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は、主に受付、会計、レセプト業務の三つが挙げられます。受付業務では保険証の確認、患者さんの症状の聞き取り、カルテへの入力などを行います。他にも、体の不自由な方の手助けをしたり、小さな子どもが泣いていたらあやすなど状況に応じた臨機応変な対応をすることが必要です。会

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務に転職するためには、事前にいくつか準備すべきことがありますよね。医療事務未経験や経験者でも転職活動の内容は違ってきます。医療事務で働ける病院やクリニックのホームページを見ておくこともその一つです。いざ転職をするならやはり年収アップも期待したいところですよね。知識不足では希望通りの転職が難しくなることも予想されるので、こちらの記事を読んで準備・勉強してチャレンジしてくださいね。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務へ転職する場合、どのような勤務先が良いのでしょうか?同じ医療事務でも、医療機関よって勤務時間や業務内容は異なります。病院とクリニックではどちらが良いのか、休日はシ

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務の仕事は、一般の事務職とは異なります。では、医療事務とはどんな仕事をするのでしょうか?パソコンを扱っている点では一般事務と同じですが、その他にも受付業務や医師や看護師のサポート、患者さんの応対など沢山の業務があります。医療事務の仕事に就きたい方や興味がある方は、どのような仕事内容なのか参考にして頂けると幸いです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事は、主に受付業務、会計業務、レセプト請求業務の三つです。他にも医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、その他雑務などがあります。病院やクリニックに行くと、一番最初に患者さんと対応するのが医療事務です。保険証を確認したり、カルテを作成す

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務の仕事は、人によって向き不向きがあります。国家資格ではないため、極端な言い方をすると誰でも出来る仕事ではあります。そのため、医療事務は比較的向き不向きが出る職業と言えるのではないでしょうか。バイト感覚の様な気持ちでは、想像以上に大変だという認識を持っていた方が良いでしょう。この記事では、医療事務の仕事が向いていない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業のため、慣れてくれば単調に

医療事務の悩みで多い5つのこととその解決法。

「医療事務は女性が働きやすい」「医療事務は女性に人気の仕事」などといったフレーズを聞いたことはありませんか?確かに、医療事務は女性にとって続けやすい仕事の一つです。しかし、日々の業務を行う上では大変なこともあります。今回は医療事務の悩みで多い5つのこと、その解決法、それでも医療事務をおすすめする理由を解説していきます。医療事務の悩みで多い5つのこと医療事務はとても魅力的な仕事です。しかし、様々な悩みを抱えている人も多いのが現状です。では具体的にどのような悩みを抱えているのか、5つに分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はライフスタイルに合わせた勤務が可能なので、家庭との両立がしやすい仕

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療施設というのは人間関係でストレスを抱えることが多いと言われています。看護師からの対応が厳しいという話を聞いたこともあると思いますが、実際はそのような方ばかりではありません。女性が多い職場であるため、以前は派閥やいざこざがあったと言われていました。しかし最近では患者さんへのホスピタリティを重視しているため、そのようなことはあまり見られなくなりました。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまうというのは、スタッフ間や患者さんとのコミュニケーション不足なのかもしれません。対応が厳しいのは業務に関することであり、決して個人的に攻撃しているわけではないのです。医療事務のおおまかな仕事内容とは?医療事

医療事務の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

医療事務の仕事はやりがいがあり、福利厚生などもしっかりしていますが、そやはり最初は大変だと思った方が良いでしょう。日々の業務をする中でも、肉体的にも精神的にも辛く感じる時があるかと思います。それは医療事務に限らず、医療関係で働いている方は皆そのように思うことが多いかもしれません。何科を担当するのかにもよりますが、業務に慣れるまではしんどい時も多々あるでしょう。私はこんな病院・クリニックで働いています私は透析施設のあるクリニックで働いていました。やはり病院と比べると、クリニックの方が患者さんの数は少ないかもしれません。クリニックは主にその地域周辺に住んでいる方が来院しますが、病院は日本全国から患

医療事務は未経験でもできる?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

ハローワークなどの医療事務の求人は、実務経験者を優遇していることが多いです。求人票を見ていると「医療事務の仕事に就きたいけれど、未経験者では難しいの?」と思う方も多いでしょう。医療事務は国家資格が必要な職業ではないので、未経験者でも問題はありません。私は以前医療事務として働いていました。その時の経験から、医療事務の仕事はどんな人に向いているのかお伝えしたいと思います。医療事務の大まかな仕事内容医療事務の主な仕事内容は三つあります。受付業務、会計業務、レセプト業務です。他にも医師や看護師のサポートや様々な雑務があります。病院に行ったことがある方は、受付業務や会計業務はイメージしやすいのではないか

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務が大変だと思う6個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

医療事務は大変なイメージがありますよね?病気や怪我など、人を助ける医療系の職業は責任重大な為、医療事務の仕事もきついんだろうなと思っている方も多いかと思います。病院やクリニックに勤めているそんな医療事務の業務内容とはどんな内容なのでしょうか?具体的に辛いことはどのようなことでしょうか?ここでは、そんなきつくても頑張れる医療事務のやりがいや、向いてる人・向いてない人の特徴についてまとめてみました。医療事務のおおまかな仕事とは?医療事務とは医療機関に勤める事務職のことを言います。病院やクリニック内で、受付や会計業務、レセプト、カルテの管理を中心とした医師や看護師のサポートを行うのが仕事です。医療事

医療事務になるには?どんな資格が必要?資格取得ルートや勉強方法を教えます!

突然ですが、医療事務になるにはどうすればいいのかご存知でしょうか?女性から人気の高い職業の一つに、医療事務の仕事があります。医療事務の仕事に興味はあるけど、どんな仕事内容なのかどうすれば働けるのか、働いてみないと実際には知らないことも多いと思います。今回は、医療事務として働くにあたって有利になる資格や、取得方法、就職先から転職事情まで詳しくご紹介します。医療事務になるには? 医療事務とは、医療機関で窓口業務や会計業務、診療報酬請求業務などをする仕事です。医療事務になるには、資格取得が必須条件ではありません。未経験で資格がなくても、医療事務として働くことは可能です。しかし実際に就職すれば、即戦

医療事務辞めたい…と言う人の4個のよくある理由と対策は?

医療事務という職業は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。スクールや通信講座では人気資格ランキングの上位に入る事も多く、特に女性に人気の高い職業です。医療事務の活躍の場は病院やクリニック、調剤薬局など医療機関であることが多く、実際の仕事内容は受付から会計まで多岐にわたります。しかし、医療事務という職業に憧れ頑張って資格を取得したものの、実際に働いてみると大変で辞めたいと思われる方が多いのも現状です。では、実際の仕事環境はどういったものなのでしょうか。医療事務の仕事環境とは?医療事務のイメージの多くは、「医療機関で働けて格好良い」「事務仕事である為、残業も無く定時に帰宅できそう」「

医療事務給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

医療事務の給料の相場はいくらか、気になりますよね。私は過去に医療事務として3年働いていました。医療事務だけではないかもしれませんが、最近は昇給が気軽にできなくなっている所も多いです。長く働いていても最初の頃と変わらないというケースもあります。今回は医療事務の給料の相場と、給料はどうやって決定するのか、そして同じ医療事務なのに何故給料が高い人がいるのかなどなど、リアルな実体験を基にお伝えしましょう。医療事務の給料の相場はどのくらい?医療事務の給料の相場はどのくらいかということですが、よく求人広告などで給料の金額部分の幅が大きい所がありませんか?15万円~22万円などと記載されている所って結構多い

医療事務とはどんな仕事?仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴、なり方など詳しく解説します!

病院に行くとまず目に入るのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師の傍らで仕事をしている医療事務員に憧れて、将来病院の仕事に就きたいという方もいらっしゃると思います。以前私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。医学系の学校に通っていたこともあり、様々な病院や施設で実習体験もしてきました。それらの経験から、医療事務とはどんな仕事なのか?資格や充実度などの情報も交えながら紹介します。医療事務とはどんな仕事?医療事務とは、病院やクリニックにおいて医療に関する事務を行う仕事のことです。病院によっては、経理部門を一般事務と呼んだりします。同じ医療関連の事務職でも、病院やクリニック・薬局・老

医療事務のおすすめの資格は?どの資格から取得するといい?将来性についてもお話しします

ライフスタイルに合わせて雇用形態が選べることから、医療事務を目指す人が増えています。最近では、小さな子どもを持つ母親たちにとても人気があるようです。しかし求人には、医療事務の経験者、又は医療事務の資格必須と書かれているものも多いです。そこで、医療事務の資格とはどんなものなのか、そして資格は本当に必要なのかを詳しく解説します。医療事務になるには?以前私は医療事務として働いていましたが、当時の勤務先の求人は「未経験者でも可」でした。病院の求人条件によっては、医療事務の資格が必要なところとそうでないところがあります。そもそも医療事務の資格は、医師や看護師とは違い国家資格ではありません。そのため、必ず

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

医療事務の正社員を目指している方は必見です!正社員の医療事務のメリットは、一般的に給与や福利厚生などの面が、他の雇用形態より恵まれている点にあると言えます。では、その他のメリットや、逆に医療事務のデメリットとは何か、派遣社員やパートとはどのような違いがあるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務正社員事情を知ってあなたの仕事探しの参考になればと思います。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットの一つが、社会保険に加入できる点にあります。パートやアルバイトでも加入はできますが、雇用条件にもよります。社会保障に関しては、やはり正社員の方がメリットが大きいでしょう。経済的に安定