病院の経営を行う中で欠かせない存在である医療事務の仕事。

よく女性におすすめの仕事として挙げられる医療事務ですが、具体的にはどのような点が女性におすすめなのでしょうか。

今回はそんな医療事務の仕事の大まかな仕事内容や魅力、医療事務の仕事を考えている人に伝えたいことについて解説していきます。

医療事務の大まかな仕事内容とは?

医療事務の大まかな仕事内容としは3つ挙げられます。

1つ目は受付業務です。

受付業務は来院した患者から保険証を預かり確認、症状の聞き取り、カルテの作成や記載、電話対応、必要に応じて患者の手助け等の業務を行います。

受付業務は病院の顔とも言える仕事です。

そのため、事務だけでなく接客スキルも必要とされます。

2つ目は会計業務です。

会計業務は病院が患者に対して行った処置の対価としての報酬を計算します。

そのなかでそれぞれの患者の負担割合に応じた額を請求します。

会計業務はコンピューターが行う病院が増えてきていますが、最終的な確認を行うのは人間であるため知識が必要です。

診療報酬は2年に1回見直しがあるため、見直しがある年は注意する必要があります。

3つ目はレセプト業務です。

レセプト業務とはそれぞれの患者に行った処置から患者の自己負担分を差し引いた報酬を国に請求する業務のことです。

病院の経営に関わる業務であるため、医療事務の仕事の中で最も大切な業務と言えます。

その他にも院内を清潔に保つための掃除や備品の発注等の雑務もあります。

医療事務の魅力とはどんなところ?

では、医療事務の仕事の魅力とはどんなところなのでしょうか。

よく耳にするものから、実際に医療事務として働いていた経験のある筆者が個人的に感じたことまで幅広く解説していきたいと思います。

未経験であってもスキルを身に付けやすい

医療事務の仕事は病院が職場となるため、当然ながら医療的な知識が必要とされます。

更に診療報酬のやレセプト業務等、未経験では分かりにくい仕事内容です。

それらのことから、未経験者より経験者の方が有利となる傾向にあります。

しかし、未経験でも諦める必要はありません。

医療事務のスキルを身に付けるためのスクールは公的なものから、一般企業が主催するものまで幅広く開催されています。

スクールは昼間だけの講座もあれば夜間だけの講座、休日のみの講座、通信教育等様々な形態があります。

そのため、自分のライフスタイルに合わせてスクールを選ぶことが可能です。

個人的におススメするのはハローワーク等が主催する公共職業訓練でしょうか。

公共職業訓練は本人の収入や世帯の収入にもよりますが、条件を満たせば月に10万円程度の給付金を得ながら勉強することが出来ます。

また、失業保険を受給できる資格のある人に関しては受給開始日が早まったり、受給期間が延長されたりといったメリットもあります。

月々収入が入ることで勉強に集中することが出来るため、失業保険の受給資格がある人は是非利用してみてください。

求人が多い

医療事務の仕事は求人が多い傾向があります。

就職先も総合病院から地域のクリニックまでと幅広くあります。

総合病院は受付・会計・レセプト等、業務が細分化しており仕事がはっきりしている、職員の人数が多く合わない人がいても気になりにくい、福利厚生が充実している傾向にある、スキルアップをすれば任せられる業務が増え給料が上がる可能性がある等といったメリットがあります。

しかしながら、仕事量が多い、診療科が多い為幅広い知識が必要とされる、業務によっては残業が多い等のデメリットもあります。

また、地域のクリニックに関しては単科であることが多く、仕事内容が覚えやすい、午前と午後の診療の間の中休み時間が長めに設けられている、残業が少ない傾向にある、アットホームな雰囲気等のメリットがあります。

反対にデメリットは職員の人数が少なく人間関係の良し悪しがはっきりしている、知り合いか患者として来院することもあり顔を合わせやすい、総合病院よりは給料や福利厚生が充実していない傾向がある、受付・会計・レセプト・電話対応、クラーク的な役割等、いくつもの業務を兼務することが多い等が挙げられます。

それぞれにメリット・デメリットはありますが、自分のライフスタイルやニーズに合わせて就職先を選べることが魅力です。

転職しやすい

医療事務の仕事は求人が多いだけでなく、転職しやすい職種でもあります。

同じ診療はもちろん、違う診療科に転職したとしても仕事内容はどこの診療科でも通ずるものがあるため、経験がある場合は仕事をしやすくなります。

更に同じ会社の電子カルテを使っていた場合には更にすんなりと仕事を行うことが出来るでしょう。

特に女性は結婚、妊娠、出産等の節目で仕事を辞めざるを得ない場合が男性よりも多くあります。

独身時代に医療事務の仕事の経験を積んでおけば、その後も生活状況に合わせて復職することも可能です。

また、病院は数こそ違うものの、都市部から地方まで存在しているため、基本的には日本全国どこであっても働くことが出来ます。

どこに行っても働けるスキルを身に付けているということは大きな自信となるでしょう。

働き方を選べる

医療事務としても働き方は大きく分けて正社員(または契約社員)、パート・アルバイト、派遣の3つがあります。

独身の場合や子育てがひと段落している場合は正社員、プライベートを大切にしたい場合や未就学の子どもがいる場合はパート・アルバイト、医療事務の仕事が初めてで自分に合った環境が分からない場合や期間限定で働きたい場合は派遣というように自分の思いやライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことが出来ます。

状況が変わった場合には正社員からパート・アルバイト、派遣から正社員等、働き方を変えることが出来るのも大きな魅力です。

福利厚生が充実している

医療事務の仕事は日曜や祝日、年末年始やお盆等に休みがとりやすい、有給を使いやすい、各種手当てが充実している等、福利厚生が充実している傾向にあります。

そのため、プライベートの時間も確保しやすくなります。

独身の人であれば旅行に行ったり、趣味を楽しんだりすることが出来ますし、家庭のある人は子どもと遊んだり、家族揃って遠出したりすることが出来ます。

プライベートの時間を充実させることでストレスが発散され、また仕事に対するモチベーションが上がるという良い循環が生まれます。

公私ともに満足感を得るためには福利厚生の充実は欠かせないポイントのひとつと言えるでしょう。

子育て中の女性が多いため、急な休み等も協力し合える

今までの項目で説明した通り、医療事務の仕事は子育て中の女性が働きやすい環境です。

そのため、必然的に子育て中である職員が多い傾向にあります。

子どもの急な体調不良で休まなければならないこともあるかもしれませんが、同じ境遇の職員が多くいればお互い様という感じでフォローし合うことが出来ます。

更に診療科によっては出勤がてら子どもを受診させることが出来たり、病児保育を併設している場合は預けることが出来たりするというようなメリットもあります。

もちろん職場によりますが、周囲からの協力や理解が得られやすいため、子育て中であっても仕事を続けやすい環境にあると言えるでしょう。

ただし、同じ校区の従業員が多い場合は授業参観やPTA等の学校行事が重なることがあるため、調整が必要です。

年齢を重ねても続けやすい

医療事務の仕事は基本的に座って行うことが多く、肉体労働ではありません。

そのため、年齢を重ね体力の衰えを感じ始めたとしても長く続けることが出来ます。

むしろ経験を積むことにより、給料が上がったり、有給の取得日数が増えたり等メリットの方が多くなります。

しかしながら、医療事務の仕事はパソコンを使う時間や同じ姿勢でいる時間が長い仕事です。

そのため、目の疲れや視力低下、足のむくみや肩こり等、体の不調を感じることがあります。

何かしらの不調を感じた時は、悪化しないように早めに対策することが大切です。

長引く場合は病院を受診してみても良いでしょう。

基本的に仕事中は制服であるため気楽

これは筆者が医療事務の仕事をしていて感じた魅力です。

病院によって白衣であったり、OLのようなスーツっぽいものであったりと異なりますが、医療事務の仕事には基本的に制服があります。

そのため、毎日何を着ていくか悩みすぎることがありません。

おしゃれが好きな人には当てはまらないかもしれませんが、筆者は私服であると毎日着ていくものに悩むタイプであるため、制服があることで必要以上に悩むことなく出勤することが出来ました。

朝の忙しい時間を節約出来るという点では子育て中の人に対しても大きなメリットと言えるでしょう。

医療的な知識が身に付く

医療事務は病院で働くため、自然と医療知識を身に付けることが出来ます。

もちろん、医師や看護師のような専門的な知識ではありませんが、日常生活を送る上で役立つことは多々あります。

また、大多数の人は意味が分からず確認していないであろう、病院を受診した際にもらう明細に関してもきちんと確認することが出来ます。

仕事内容によっては薬についての知識も身に付けることが出来るため、自分や家族が体調を崩した時にドラッグストア等で薬を選ぶ際にも役立ちます。

スキルアップ出来る

医療事務の仕事は診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士、医療事務技能審査試験等、様々な試験や資格があります。

自分が担当している業務によって取得する資格は異なりますが、もっと勉強していきたい、スキルを高めたいという思いがあるのであればスキルアップしていくことは可能です。

病院によっては資格を取得する等、スキルアップすることにより、給料面に反映する場合もあるでしょう。

注意しなければならないのは、数多くの資格が存在する分、資格の詳細を調べ、自分に必要な資格、仕事に役立つ資格を取得しなければ意味がないということです。

主催している団体が異なるだけで同じような内容の資格や検定があることも事実であるため、きちんと下調べをしてから勉強することが大切です。

様々な人と関わることで対人スキルを身に付けることが出来る

医療事務の仕事、特に受付や会計等、直接患者さんと関わる仕事を行う場合、老若男女様々な人と関わることとなります。

足の不自由なお年寄りがいれば、乳飲み子を連れたお母さんもいます。

医療事務の仕事は事務だけではありません。

訪れた患者が待ち時間を快適に過ごせるようにすることも大切な仕事です。

足が不自由で1人では移動が困難な人がいたら手伝いをする、なかなか泣き止まない子どもがいたらシールをあげる等してあやす、症状が重い人は横になって休める場所に案内する等、その配慮は多岐に渡ります。

慣れないうちに先輩の見様見真似になるかもしれませんが、経験を重ねるごとに少しずつ自分なりの配慮をすることが出来るようになります。

その配慮が来院者の増加に繋がり、ひいては自分の給料アップに繋がるのです。

医療事務で身に付けた対人スキルは他の業界でも日常生活でも活かすことが出来ます。

人としても大きく成長することが出来るでしょう。

医療事務の仕事をお考えの皆様へお伝えしたいこと

医療事務の仕事をお考えの皆様へお伝えしたいことは2つあります。

一つ目は仕事だけでなくプライベートの時間も大切にしたいという人にオススメするということです。

医療事務は専門的な知識が必要とされる仕事なのですが、残念ながら給料は平均より少ない傾向にあります。

専門知識を身に付ければ給料アップを目指すことは可能ですが、高収入と言えるような人たちは管理職等一握りと言えます。

そのため、医療事務の仕事は男性が少なく女性が多い職種です。

その代わり、今まで紹介してきた通り、プライベートの時間は確保出来る職場が多くあります。

仕事も大事にしたい、しかし、プライベートも充実させたいという人にとってはピッタリでしょう。

二つ目は自分に合った雰囲気の病院を選んでほしいということです。

医療事務の仕事は働く病院によってかなり雰囲気が異なります。

アットホームな雰囲気の職場があればテキパキとした雰囲気の職場もあります。

また、女性が多いことや他職種が働く場所であることから人間関係のトラブルも少なくありません。

実際には働いてみなければ分からないことが沢山ありますが、就職活動を行う際には口コミをチェックしたり、体調不良時に実際に受診してみたり等、情報収集を行うことが重要です。

自分の性格や目的に合った職場だと長く続けることが出来ますが、そうでなければ苦しくなってしまう可能性があります。

まとめ

今回は医療事務の仕事内容や魅力、医療事務の仕事を考えている方にお伝えしたいことについて解説しました。

医療事務の仕事は自分が求めているものと病院が求めているものがピッタリ当てはまれば、良いことづくめの仕事です。

経験さえあれば転職しやすいというのも心強いですね。

あなたも医療事務として働いてみませんか?


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に行くとまず目に入るのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師の傍らで仕事をしている医療事務員に憧れて、将来病院の仕事に就きたいという方もいらっしゃると思います。以前私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。医学系の学校に通っていたこともあり、様々な病院や施設で実習体験もしてきました。それらの経験から、医療事務とはどんな仕事なのか?資格や充実度などの情報も交えながら紹介します。医療事務とはどんな仕事?医療事務とは、病院やクリニックにおいて医療に関する事務を行う仕事のことです。病院によっては、経理部門を一般事務と呼んだりします。同じ医療関連の事務職でも、病院やクリニック・薬局・老

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事をするにあたって、向き不向きは多少なりとも関係してくると思います。仕事のスキルというより性格上の話になりますが、向かない人にとっては大変だと感じることもあるでしょう。おおざっぱな性格の人などは、業務をするにあたってミスが増える可能性があるかもししれません。しかし、自らの努力次第で改善することは充分可能であると思います。医療事務はどんな仕事?医療事務の主な仕事としては、レセプト業務の他にもカルテ出しやカルテのデータ入力・管理、会計処理や、患者さんへの対応の、その他雑務などがあります。沢山の仕事がありますが、繰り返し日々の業務を行うことで問題なくこなせるようになるでしょう。しかし、慣

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

正社員の医療事務で働くメリットは、一般的に給与や福利厚生などの面が、他の雇用形態より恵まれている点にあると言えます。では、医療事務の正社員で働くメリット・デメリットとは何か、派遣社員やパートとはどのような違いがあるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットの一つが、社会保険に加入できる点にあります。パートやアルバイトでも加入はできますが、雇用条件にもよります。社会保障に関しては、やはり正社員の方がメリットが大きいでしょう。経済的に安定している医療事務の正社員は一般的に給与面や福利厚生面がしっかりしているので、目指す人は増えています。退職金に関


医療事務求人に関するコラム

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い医療事務の仕事。実際に家族や友人が医療事務の仕事をしているという人も多いのではないでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事内容はもちろん、将来性にも焦点をあてて解説していきます。更に実際に医療事務の仕事をしていた経験のある筆者が、自身の経験を基に医療事務の仕事をずっとしていきたいと思う理由についてもご紹介したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は受付、会計、レセプト業務の3つが主に挙げられます。受付業務では保険証の確認、症状の確認、カルテへの入力等を行います。それだけでなく、体の不自由な人には手助けをする、子どもが泣いていたらあやす等、状況に応じた気配りをや臨機

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務の仕事は、人によって向き不向きがあります。国家資格ではないため、極端な言い方をすると誰でも出来る仕事ではあります。そのため、医療事務は比較的向き不向きが出る職業と言えるのではないでしょうか。バイト感覚の様な気持ちでは、想像以上に大変だという認識を持っていた方が良いでしょう。この記事では、医療事務の仕事が向いていない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業のため、慣れてくれば単調に

医療事務の悩みで多い5つのこととその解決法。

「医療事務は女性が働きやすい」「医療事務は女性に人気の仕事」などといったフレーズを聞いたことはありませんか?確かに、医療事務は女性にとって続けやすい仕事の一つです。しかし、日々の業務を行う上では大変なこともあります。今回は医療事務の悩みで多い5つのこと、その解決法、それでも医療事務をおすすめする理由を解説していきます。医療事務の悩みで多い5つのこと医療事務はとても魅力的な仕事です。しかし、様々な悩みを抱えている人も多いのが現状です。では具体的にどのような悩みを抱えているのか、5つに分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はライフスタイルに合わせた勤務が可能なので、家庭との両立がしやすい仕

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療施設というのは人間関係でストレスを抱えることが多いと言われています。看護師からの対応が厳しいという話を聞いたこともあると思いますが、実際はそのような方ばかりではありません。女性が多い職場であるため、以前は派閥やいざこざがあったと言われていました。しかし最近では患者さんへのホスピタリティを重視しているため、そのようなことはあまり見られなくなりました。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまうというのは、スタッフ間や患者さんとのコミュニケーション不足なのかもしれません。対応が厳しいのは業務に関することであり、決して個人的に攻撃しているわけではないのです。医療事務のおおまかな仕事内容とは?医療事