医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。

最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。

その理由の一つが、派遣社員の報酬です。

私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。

報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。

そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、おすすめの派遣会社をご紹介します。

どのような基準で医療事務のおすすめ派遣会社を選んだのか

今回選んだ基準は、転職のサポート体制と医療事務の派遣事業を行なっているかどうかです。

運営期間が長ければそれだけ多くの病院と提携してる可能性が高くなり、案件の選択肢が多くなります。

また派遣会社としてサポート体制も整っていることが期待できます。

医療事務の求人案件が多いことも大事なので、求人数もポイントとしてチェックしています。

では具体的にどのような派遣会社がおすすめなのでしょうか。

いくつかの会社を詳しくご紹介します。

【1】株式会社日本教育クリエイト(クリエイトスタッフ)

株式会社日本教育クリエイトは人材派遣・紹介事業だけでなく、医療・福祉関連の生涯学習事業も手掛ける会社です。

医療現場で働きたい個人に向け、資格取得などのサービスを主軸としながら、法人向けの研修事業なども行なっています。

派遣業界全体から見ると大手企業ではありませんが、医療事務の派遣事業では独自の強みを有します。

医療事務派遣の中でも得意な領域

医療事務派遣で得意とする年代は、20代~40代。

年収レンジは正社員案件も含めると300万円程になります。

派遣就業の場合は年収200万円程の案件が多いですが、紹介予定派遣や正社員案件を狙って転職すれば、高い年収を目指すこともできます。

求人数

2018年11月時点で、株式会社日本教育クリエイトが運営する「医療事務求人.com」の検索システムから抽出できる医療事務案件の数は184件。

公開されている案件数はそこまで多くありませんが、派遣以外の正社員やアルバイトの求人も充実しているため、非公開も含めると幅広い案件を有する企業だと言えるでしょう。

転職者へのサポート体制

転職者へのサポートは、無料で専任のコンサルタントが担当します。

経験が豊富なキャリアコンサルタントが案件の提示もしてくれるため、効率的に転職活動を進めることができます。

評判

実際のクチコミとしては「患者さんに笑顔でお礼を言われるととてもやりがいを感じる」「サービス残業はほとんどなく、きちんと働いた分の残業代が支払われる」などがあります。

転職者の実績

転職者の実績として具体的な数字は公表されていませんが、未経験者の派遣就業も積極的に支援している実績があります。

実際に「未経験者歓迎」の文言が掲載された案件案件が「医療求人.com」には多数掲載されています。

未経験でも医療事務にチャレンジしたい人にはおすすめできる会社の一つです。

サポートエリア

日本教育クリエイトがサポートしているエリアは、北海道・東北、関東、北陸・中部、関西、中国・四国、九州・沖縄です。

各地域で案件の数に違いはありますが、基本的に国内であればどの地域に住んでいても、サービスを活用することができます。

【株式会社日本クリエイト】

http://www.nk-create.co.jp/

【医療事務求人.com】

https://ijiwork.com/

【2】株式会社ソラスト

医療・介護領域における派遣・人材紹介事業、病院経営支援サービス、介護事業、保育事業、教育事業など幅広く事業を手掛けています。

業界全体の中では派遣業務に特化した企業ではありませんが、医療事務として派遣就業を目指す場合はチェックしておきたい会社の一つです。

医療事務派遣の中でも得意な領域

医療事務派遣で、ソラストが得意とする年代は30代。

医療事務は年齢問わず働ける職種ですが、適度にキャリアのある30代が優遇される傾向にあります。

ソラストでは派遣以外に正社員案件の取り扱いもあるため、賞与支給がある正社員案件を狙うことで高収入を目指すことができます。

求人数

ソラストの求人サイトで公開されている医療事務の求人数は、2018年11月時点で1,412件。

求人サイトでは駅の近くやマイカー通勤OKなど、様々な条件で検索することができます。

非公開求人に関する記載はありませんが、公開前の求人があることも考慮すれば、全国で1,500件近い医療事務案件の中から転職先を探すことができるでしょう。

転職者へのサポート体制

ソラストのサポートの特徴は、キャリアセンターで教育やトレーニングの機会を提供している点です。

求職者に自主性は求められますが、医療に関する最新のトレーニングプログラムを品川と大阪にあるキャリアセンターで学ぶことができます。

転職者の実績

転職者の実績としての数字は公表していませんが、1986年から人材派遣事業をスタートしているため、累計で考えると相当な人数の転職サポートに携わってきたことが予想されます。

また有料老人ホームやグループホームの運営など、介護事業も展開しています。

そのためソラストが運営する施設での採用実績もあります。

サポートエリア

サポートエリアは北海道・東北、関東、北陸・中部、関西、中国・四国、九州・沖縄です。

人気のエリアは、都内や札幌市・大阪市などの都市部ですが、幅広い地域から求人を探すことができます。

【株式会社ソラスト】

https://www.solasto.co.jp/

【3】パーソナルテンプスタッフ

派遣業界を代表する大手派遣会社の一つです。

医療事務に特化しているわけではありませんが、各地域で多くの医療事務案件を抱えています。

1986年の労働者派遣法施行の時期から派遣事業を運営していることもあり、信頼できる派遣会社の一つです。

医療事務派遣の中でも得意な領域

医療事務派遣で、パーソナルテンプスタッフが得意とする年代は20代~30代。

40代以降でも経験者であれば、医療事務案件を紹介される可能性が高くなります。

年収レンジは200万円~300万円程。

都心部なら高時給の案件が多くなるため、時給が高い派遣先に転職すると250万円以上の年収を目指すこともできます。

求人数

パーソナルテンプスタッフが提供している「求人検索ジョブチェキ」から医療事務関連で求人をチェックすると、確認できる公開求人件数は17,202件(2018年11月時点)。

全国で1万件以上の医療事務案件を保有しています。

非公開求人も多数抱えているため、登録することで非公開の案件を紹介してもらえる可能性もあります。

転職者へのサポート制度

パーソナルテンプスタッフのサポートの特徴は、女性の就業に特に力を入れているところです。

女性の担当者が多く在籍しているだけでなく、保育所の運営まで手掛けています。

また派遣業界でもトップクラスの求人数があるため、多くの求人案件の中から経験に応じた案件を提示してもらうことができます。

転職者の実績

派遣就業者の実績として具体的な数字は発表されていませんが、業界最大級の求人件数を誇ること、そして派遣事業を運営している期間の長さからも、国内トップクラスの実績である可能性は高いでしょう。

サポートエリア

パーソナルスタッフがサポートしているエリアは北海道・東北、関東、北陸・中部、関西、中国・四国、九州・沖縄です。

各地域に複数の拠点があるため、最寄りの支店で派遣登録することができます。

【テンプスタッフ】

https://www.tempstaff.co.jp/personal/

【4】リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは、人材派遣業界を代表する大手企業の一つです。

医療事務の派遣に特化しているわけではありませんが、リクルートとしてのブランドもあり優良な医療事務の派遣案件も保有しています。

医療事務派遣の中でも得意な領域

リクルートスタッフィングが得意とする医療事務の年代は20代~40代。

特に医療事務経験があると、高時給の派遣先に就業できる可能性が高くなります。

年収レンジは230万円~300万円程。

高時給の案件も複数あるため、フルタイムで勤務すれば高収入を目指すことができます。

求人数

リクルートスタッフィングが公開している求人数は約13,000件(2018年11月時点)。

医療業界以外の案件も多いですが、医療事務は他の派遣会社に比べて時給設定が高くなっているものが多いのも特徴です。

派遣会社としての営業力の強さが、時給にも反映されていると言えるでしょう。

転職者へのサポート体制

リクルートスタッフィングのサポートの特徴は、スピーディーできめ細かいバックアップにあります。

求職者のスキルと医療事務の派遣案件がマッチングしていれば、エントリーから1週間程度で就業が決定することも珍しくありません。

転職者の実績

リクルートスタッフィングの転職者の実績として注目したいポイントは、友人紹介だけで登録者が173,000人もいるところです。

自分自身が納得していなければ友人に紹介しないことを考慮すると、多くの方が派遣で就業したことに満足していることが分かります。

サポートエリア

リクルートスタッフィングが転職をサポートしているエリアは、関東、関西、東海、北海道、東北、中国、九州です。

事業所は全国で38拠点あるため、多くの地域で人材派遣サービスを受けることができます。

【リクルートスタッフィング】

https://www.r-staffing.co.jp/

【5】株式会社スタッフサービス・メディカル事業本部

スタッフサービス・メディカルは派遣業界大手のスタッフサービスグループ傘下の医療・介護に特化している派遣会社です。

1981年の創立以来、医療と介護領域に特化して派遣サービスを提供しています。

業界の中では、早くから医療事務派遣に取り組んできた大手の会社でもあります。

各地域の大きな医療機関だけでなく、クリニックの求人案件にも強みがあります。

医療事務派遣の中でも得意な領域

スタッフサービス・メディカルの得意とする医療事務の年代は20代~40代。

経験があれば基本的に年齢は問われませんが、経験年数が少ないもしくは未経験の場合は若年層のニーズが高くなります。

高時給に設定されている案件が多いため、しっかりと収入を確保したい人にもおすすめできる派遣会社の一つです。

医療事務の派遣は、管理職よりは一般職が多いです。

求人数

2018年11月時点で公式HPの検索システムから、医療事務で絞って表示される求人件数は約2,000件。

この他にも非公開の求人案件も保有している可能性は高いと言えるでしょう。

転職者へのサポート体制

サポートの特徴としては、コーディネーターによるヒアリングがあります。

ヒアリングはヒアリングシートを使って丁寧に実施されるため、希望に沿った派遣先を紹介してもらうことができます。

また就業後も定期的にフォローが実施されるため、安心感を持って働くことができます。

転職者の実績

転職者の実績として注目したいポイントは、20代~60代までの幅広い年齢層の派遣スタッフがいることです。

その内50代が20%を占めています。

実際に40代~50代でも、派遣の医療事務として活躍している人は多いです。

また他業界の方が全体の55%もいるため、未経験でも医療事務にチャレンジできる環境が提供されていると言えるでしょう。

サポートエリア

求人案件をサポートしているエリアは北海道、東北、関東、東海、信越、関西、中国、四国、九州地方。

国内の幅広いエリアで医療事務派遣の求人案件を紹介しています。

【スタッフサービス・メディカル】

https://www.staffservice-medical.jp/

【6】アデコ株式会社

アデコは国内から海外まで、多くの事業拠点を持つ外資系大手派遣会社です。

日本国内でも長く派遣事業を展開しており、「月刊人材ビジネス」では「今後もこの派遣会社で働きたいNo.1」に選ばれた実績があります。

医療事務派遣が専門ではありませんが、派遣事業では国内でもトップクラスの実績を誇り、好条件の医療事務案件が募集されることもあります。

医療事務派遣の中でも得意な領域

アデコが医療事務派遣で得意とする年代は20代~30代。

40代以上でも医療事務経験があれば、好条件の派遣先で就業できる可能性があります。

年収レンジは200万円~300万円程。

医療事務でも、都心部であれば高時給が提示されることもあるため、しっかりと収入を確保したい人におすすめの派遣会社だと言えるでしょう。

求人数

アデコが公開している求人数は、医療事務カテゴリーで検索すると211件。

案件数としては多くはありませんが、収入面で好条件の案件が目立ちます。

医療事務経験者であれば、面談の際に非公開の求人も紹介してもらえる可能性があるでしょう。

転職者へのサポート体制

アデコのサポートの特徴は、CDA有資格者によるキャリアカウンセリングの実施が提供されているところです。

ただ医療事務として就業するだけでなく、キャリアプランについて相談することもできます。

転職者の実績

転職者支援の実績として注目したいポイントは「月刊人材ビジネス」の第29回派遣スタッフ満足度調査で再就業率No.01を獲得していることです。

再就業率とは、今後もこの派遣会社のスタッフとして仕事がしたいと思うユーザーの数ですが、それが業界でNo.1を獲得しています。

これは、サービスが高品質である証明にも繋がっていると言えるでしょう。

サポートエリア

アデコのサポートエリアは関東、関西、東海、北海道、東北、中国、九州、沖縄。

日本人向けの医療事務案件は対象ではありませんが、海外ではアジアパシフィック、ヨーロッパ、アフリカ・中東地域、北アメリア、南アメリカに拠点があり、グローバルに事業を展開しています。

【アデコ株式会社】

https://haken.adecco.co.jp/

【7】株式会社パソナ

パソナは、派遣業界でもトップクラスの規模と業績を誇る大手派遣会社です。

近年では、市役所などの公的機関へも積極的に業務委託で人材を派遣しており、国内における派遣領域拡大について先陣を担っている企業でもあります。

医療事務専門の派遣会社ではありませんが、パソナの求人検索サイトでは、高時給の医療事務案件を多く掲載しています。

医療事務派遣の中でも得意な領域

パソナが医療事務派遣で得意とする年代は20代~30代。

40代以降も活躍できる可能性は充分にありますが、年齢に伴いスキルが求められることが多いです。

年収レンジは200万円~300万円程。

時給は就業先によって幅がありますが、高時給の派遣先に就業ができれば、高収入を目指すこともできます。

求人数

パソナが公開している求人数は16,140件(2018年11月時点)。

医療事務の求人案件はこの中の一部ですが、各地域で案件を見つけることができます。

非公開の求人もあることを考慮すれば、パソナを活用し幅広い選択肢から仕事探しができると言えるでしょう。

転職者へのサポート体制

パソナのサポートの特徴は、「研修・キャリアコンサルティング」が受講できることにあります。

「研修・キャリアコンサルティング」では様々な講座が実施されているため、派遣登録もしくは就業することで受講が可能となります。

メディカルセレクタリーの講座を受講することで、スキルアップしながら医療事務の派遣として就業することもできます。

転職者の実績

転職者の実績として注目するポイントは、月刊人材ビジネスにおいて、「派遣スタッフ満足度クチコミNo.1」を獲得していることです。

このことから派遣の案件を紹介しているだけでなく、友人にも勧めたいという評価を多くの派遣社員から集めていることが分かります。

サポートエリア

パソナがサポートしているエリアは関東、関西、東海、北海道、東北、中国、九州、沖縄と日本全国。

首都圏や都市部ほど大病院や大手企業の案件が充実している傾向があります。

【株式会社パソナ】

https://www.pasona.co.jp/index.html

リクナビNEXTに会員登録をした後、自分の経歴やキャリアプランを匿名で登録してみましょう。そうすると、企業から好条件のスカウトを受けることがあるのでお得です。転職の成功確率も上がりやすくなります。



関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務の魅力を徹底紹介!あなたも医療事務として働いてみませんか?

医療事務は、病院やクリニックなどで事務を担当する仕事です。最近は女性におすすめの職業として、小さな子どもを持つ主婦に人気があります。今回は医療事務に興味がある方に向けて、具体的にどのような点がおすすめなのか、主な仕事内容や魅力について説明します。医療事務の主な仕事内容とは?医療事務の仕事内容は、主に三つに分けられます。一つ目は受付業務です。受付業務では、来院した患者さんから保険証を預かりカルテを作成します。また症状の聞き取りをしたり、必要に応じて患者さんのサポートも行います。電話応対や来客の対応なども受付業務の仕事です。そのため受付業務は病院の顔とも言われ、接客スキルも必要とされます。二つ目は

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い職業の一つが医療事務です。家族や友人が医療事務の仕事をしている、という方も多いのではないでしょうか。今回は、医療事務の仕事内容や将来性について解説します。私自身、以前は医療事務の仕事をしていました。その時の経験から、この仕事を続けていきたいと思う理由についても説明したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は、主に受付、会計、レセプト業務の三つが挙げられます。受付業務では保険証の確認、患者さんの症状の聞き取り、カルテへの入力などを行います。他にも、体の不自由な方の手助けをしたり、小さな子どもが泣いていたらあやすなど状況に応じた臨機応変な対応をすることが必要です。会

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務に転職するためには、事前にいくつか準備すべきことがあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておくこともその一つです。知識不足では転職が難しくなることも予想されるので、注意しましょう。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務へ転職する場合、どのような勤務先が良いのでしょうか?同じ医療事務でも、医療機関よって勤務時間や業務内容は異なります。病院とクリニックではどちらが良いのか、休日はシフト制が良いのかなどによっても勤務先が変わってきます。まずは、ご自身が何を重視するのかを考えましょう。私自身の経験から、おすすめする診療科とその理由について説明します。勤務先を選ぶ際の

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務の仕事は、一般の事務職とは異なります。では、医療事務とはどんな仕事をするのでしょうか?パソコンを扱っている点では一般事務と同じですが、その他にも受付業務や医師や看護師のサポート、患者さんの応対など沢山の業務があります。医療事務の仕事に就きたい方や興味がある方は、どのような仕事内容なのか参考にして頂けると幸いです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事は、主に受付業務、会計業務、レセプト請求業務の三つです。他にも医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、その他雑務などがあります。病院やクリニックに行くと、一番最初に患者さんと対応するのが医療事務です。保険証を確認したり、カルテを作成す

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務の仕事は、人によって向き不向きがあります。国家資格ではないため、極端な言い方をすると誰でも出来る仕事ではあります。そのため、医療事務は比較的向き不向きが出る職業と言えるのではないでしょうか。バイト感覚の様な気持ちでは、想像以上に大変だという認識を持っていた方が良いでしょう。この記事では、医療事務の仕事が向いていない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業のため、慣れてくれば単調に

医療事務の悩みで多い5つのこととその解決法。

「医療事務は女性が働きやすい」「医療事務は女性に人気の仕事」などといったフレーズを聞いたことはありませんか?確かに、医療事務は女性にとって続けやすい仕事の一つです。しかし、日々の業務を行う上では大変なこともあります。今回は医療事務の悩みで多い5つのこと、その解決法、それでも医療事務をおすすめする理由を解説していきます。医療事務の悩みで多い5つのこと医療事務はとても魅力的な仕事です。しかし、様々な悩みを抱えている人も多いのが現状です。では具体的にどのような悩みを抱えているのか、5つに分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はライフスタイルに合わせた勤務が可能なので、家庭との両立がしやすい仕

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療施設というのは人間関係でストレスを抱えることが多いと言われています。看護師からの対応が厳しいという話を聞いたこともあると思いますが、実際はそのような方ばかりではありません。女性が多い職場であるため、以前は派閥やいざこざがあったと言われていました。しかし最近では患者さんへのホスピタリティを重視しているため、そのようなことはあまり見られなくなりました。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまうというのは、スタッフ間や患者さんとのコミュニケーション不足なのかもしれません。対応が厳しいのは業務に関することであり、決して個人的に攻撃しているわけではないのです。医療事務のおおまかな仕事内容とは?医療事

医療事務の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

医療事務の仕事はやりがいがあり、福利厚生などもしっかりしていますが、そやはり最初は大変だと思った方が良いでしょう。日々の業務をする中でも、肉体的にも精神的にも辛く感じる時があるかと思います。それは医療事務に限らず、医療関係で働いている方は皆そのように思うことが多いかもしれません。何科を担当するのかにもよりますが、業務に慣れるまではしんどい時も多々あるでしょう。私はこんな病院・クリニックで働いています私は透析施設のあるクリニックで働いていました。やはり病院と比べると、クリニックの方が患者さんの数は少ないかもしれません。クリニックは主にその地域周辺に住んでいる方が来院しますが、病院は日本全国から患

医療事務は未経験でもできる?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

ハローワークなどの医療事務の求人は、実務経験者を優遇していることが多いです。求人票を見ていると「医療事務の仕事に就きたいけれど、未経験者では難しいの?」と思う方も多いでしょう。医療事務は国家資格が必要な職業ではないので、未経験者でも問題はありません。私は以前医療事務として働いていました。その時の経験から、医療事務の仕事はどんな人に向いているのかお伝えしたいと思います。医療事務の大まかな仕事内容医療事務の主な仕事内容は三つあります。受付業務、会計業務、レセプト業務です。他にも医師や看護師のサポートや様々な雑務があります。病院に行ったことがある方は、受付業務や会計業務はイメージしやすいのではないか

医療事務のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

自分の仕事に対してやりがいを感じるということはとても大切なことです。世の中には様々な職業があり、やりがいを感じる職種も人それぞれです。このような状況の中で、女性に人気の職業の一つに医療事務が挙げられています。そんな医療事務とはどのような仕事なのか?医療事務のやりがいとはどんなものなのか?私の体験談を交えて具体的にお話します。医療事務の大まかな仕事内容について理解しておこう医療事務の仕事は、受付窓口や会計業務、カルテ入力、レセプト業務、クラーク業務、その他の雑務などです。クラーク業務をご存知ない方もいると思いますが、一言で説明すると医師や看護師をサポートする仕事です。サポート業務といっても看護助

医療事務が大変だと思う6個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

病院やクリニックに勤めている医療事務とはどんな仕事なのでしょうか。つらい、大変と言われる医療事務ですが、具体的に何が辛いのか、どんなやりがいがあるのか、医療事務についてまとめてみました。医療事務のおおまかな仕事とは?医療事務とは医療機関に勤める事務職のことを言います。病院やクリニック内で、受付や会計業務、レセプト、カルテの管理を中心とした医師や看護師のサポートを行うのが仕事です。医療事務の役割医療事務が持つ役割は、大きく二つに分かれます。一つ目は、病院やクリニックに来院した患者さんが、速やかにストレス無く、医師の診察を受けることができるように、病院側の環境を整える役割です。もう一つは病院やクリ

医療事務になるには?どんな資格が必要?資格取得ルートや勉強方法を教えます!

女性から人気の高い職業の一つに、医療事務があります。皆さんは、医療事務の仕事がどのようなものかご存知でしょうか?今回は、医療事務として働くにあたって有利になる資格や、その取得方法を詳しくご紹介します。医療事務になるには? 医療事務とは、医療機関で窓口業務や会計業務、診療報酬請求業務などをする仕事です。医療事務になるには、資格取得が必須条件ではありません。未経験で資格がなくても、医療事務として働くことは可能です。しかし実際に就職すれば、即戦力を求められることが多々あります。実務経験は即戦力の一つになります。そのため、経験が浅い場合や未経験者の場合は、資格を持ち併せていることで就職が有利になる可

医療事務辞めたい…と言う人の4個のよくある理由と対策は?

医療事務という職業は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。スクールや通信講座では人気資格ランキングの上位に入る事も多く、特に女性に人気の高い職業です。医療事務の活躍の場は病院やクリニック、調剤薬局など医療機関であることが多く、実際の仕事内容は受付から会計まで多岐にわたります。しかし、医療事務という職業に憧れ頑張って資格を取得したものの、実際に働いてみると大変で辞めたいと思われる方が多いのも現状です。では、実際の仕事環境はどういったものなのでしょうか。医療事務の仕事環境とは?医療事務のイメージの多くは、「医療機関で働けて格好良い」「事務仕事である為、残業も無く定時に帰宅できそう」「

医療事務給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

医療事務の給料の相場はいくらか、気になりますよね。私は過去に医療事務として3年働いていました。医療事務だけではないかもしれませんが、最近は昇給が気軽に出来なくなっている所も多いです。もしかしたら長く働いていても、最初の頃と変わらないというケースがあります。今回は医療事務の給料の相場と、給料はどうやって決定するのか、そして同じ医療事務なのに何故給料が高い人がいるのかなどなど、リアルな実体験を用いてお伝え致しましょう。医療事務の給料の相場はどのくらい?医療事務の給料の相場はどのくらいかという事ですが、よく求人広告などで給料の金額部分の振り分けが凄まじい所がありませんか?15万~22万などと記載され

医療事務とはどんな仕事?仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴、なり方など詳しく解説します!

病院に行くとまず目に入るのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師の傍らで仕事をしている医療事務員に憧れて、将来病院の仕事に就きたいという方もいらっしゃると思います。以前私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。医学系の学校に通っていたこともあり、様々な病院や施設で実習体験もしてきました。それらの経験から、医療事務とはどんな仕事なのか?資格や充実度などの情報も交えながら紹介します。医療事務とはどんな仕事?医療事務とは、病院やクリニックにおいて医療に関する事務を行う仕事のことです。病院によっては、経理部門を一般事務と呼んだりします。同じ医療関連の事務職でも、病院やクリニック・薬局・老

医療事務の資格の取り方から取得後の就職・転職まで経験者が解説します

ライフスタイルに合わせて雇用形態が選べることから、医療事務を目指す人が増えています。最近では、小さな子どもを持つ母親たちにとても人気があるようです。しかし求人には、医療事務の経験者、又は医療事務の資格必須と書かれているものも多いです。そこで、医療事務の資格とはどんなものなのか、そして資格は本当に必要なのかを詳しく解説します。医療事務になるには?以前私は医療事務として働いていましたが、当時の勤務先の求人は「未経験者でも可」でした。病院の求人条件によっては、医療事務の資格が必要なところとそうでないところがあります。そもそも医療事務の資格は、医師や看護師とは違い国家資格ではありません。そのため、必ず

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

正社員の医療事務で働くメリットは、一般的に給与や福利厚生などの面が、他の雇用形態より恵まれている点にあると言えます。では、医療事務の正社員で働くメリット・デメリットとは何か、派遣社員やパートとはどのような違いがあるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットの一つが、社会保険に加入できる点にあります。パートやアルバイトでも加入はできますが、雇用条件にもよります。社会保障に関しては、やはり正社員の方がメリットが大きいでしょう。経済的に安定している医療事務の正社員は一般的に給与面や福利厚生面がしっかりしているので、目指す人は増えています。退職金に関