医療事務という職業は誰もが1度は耳にした事があるのではないでしょうか。

スクールや通信講座では人気資格ランキングの上位に入る事も多く、特に女性に人気の高い職業です。

医療事務の活躍の場は病院やクリニック、調剤薬局など医療機関がほとんどで実際の仕事内容は受付から会計まで多岐にわたります。

医療事務という人気の職業に憧れ、頑張って資格を取得しても実際に働いてみると大変で辞めたいと思われる方も多いのが現状です。

では、実際の仕事環境はどういったものなのでしょうか。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の仕事環境とは?

医療事務のイメージの多くは、「医療機関で働けて格好良い」「事務仕事である為、残業も無く定時に帰宅できそう」「ワークライフバランスが叶いそう」「一般事務より長い目でみると需要がありそう」などと言ったところでしょうか。

何となく良いイメージを抱きがちですが実際はイメージとは少し異なる事もあり、とても大変な職業です。

医療事務の仕事内容はそれぞれの医療機関で多少の違いがありますが、受付や会計、診療報酬請求などが主な仕事内容です。

さらに患者のクレーム対応や医療他職種との連携、カルテの管理や書類の整理、外来開始前の準備や掃除などと多岐にわたる場合もあり、決して楽な職業とは言えません。

また医療事務として就業している大半は女性で、女性の職場とも言えます。

女性の職場が必ずしもと言う訳ではありませんが、人間関係に悩む事も多いようです。

また医師や看護師など医療専門職と関わる事も多く、医療業界特有の緊張感になかなか慣れずにストレスを感じる事も。

医療事務の資格があれば良いというだけでなく、変わりゆく医療に伴い継続的な学習も必要となってきます。

デスクワークだけ熟していれば良いということはなく、患者対応や他職種との連携が必要な事からコミュニケーション能力も重要となります。

やはり一般事務と比べると求められる事も多く大変な職業と言えます。

医療事務の仕事は忙しい

医療事務の仕事は実に多岐にわたります。

事務としてのPCスキルだけでなく医療という専門性も少なからず必要となる事、電子カルテやレセコンなどを使いこなせなければなりません。

例えば外来業務では高齢社会である現在、病院に訪れる1日患者数は非常に多く総合病院となれば、何百人、何千人もの患者様の受付から会計までを回さなければなりません。

外来時間が終わったからと言って医療事務の仕事も終了という訳にはいかず、外来終了後もカルテの整理や残った仕事を片付けなければならない事もあります。

また、毎月診療報酬請求を行う必要があるため、残業が発生してしまうのが現状と言えます。

医療事務は事務仕事だけではない

医療事務の仕事はコミュニケーション能力が問われる職業の1つと言っても過言ではありません。

患者様からのクレーム対応

高齢社会に伴う患者数の増加は、診察の待ち時間が長くなる事に繋がります。

中にはなかなか診察に呼ばれずクレームを言う患者様もいます。

医師や看護師は医療行為に専念している為、医療事務が間に入ってクレーム対応する事も多々あります。

医師や看護師などの専門職との連携

医師や看護師は常に生命と向き合い医療行為を実施しています。

その緊張感の高い中で従事している為か、しばしば「きつい」「怖い」「態度が横柄」といった印象を与える事があります。

しかし業務外では全く違う場合もあり、与える印象が異なる事も事実です。

張り詰めた空気の中で仕事をしている他職種への理解も必要となると言えます。

医療事務は女性の職場

昔に比べて医療事務として働く男性の姿を見かける事は多くなりましたが、それでもまだ医療事務は女性に人気の高い職業です。

職場にもよりますが医療事務として就業している男女比率はおおよそ1:9。

この数字を見るとやはり女性の職場と言えます。

女性の職場というのは特有の雰囲気があります。

そのような環境で人間関係に悩む事も少なくありません。

また同じ職種だけでなく看護師もまた、女性の職場と言われており、接する事が多い看護師との人間関係に悩む可能性も考えられます。

資格があれば安泰ではない

医療事務の資格は民間資格です。

医療事務として就業するにあたっては資格が必須ではなく、資格がなくても就業することは可能です。

しかし医療事務は専門性が高く、難しい医療用語や診療報酬請求、保険診療についての知識も必要です。

そのため資格があったほうが有利です。

ですが資格を持っていれば良いという訳ではなく、日々変化する医療の現場に対応しなければなりません。

新しい医療技術に対しての知識は必要ありませんが、それらにかかる費用や保険請求の方法などをその都度学習していく必要が、あります。

また2年に1度見直される診療報酬改定にも対応していかなけれはならないため、1度資格を取ってしまえばその後は学習をしなくても良いという訳ではないようです。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の仕事を辞めたい…4個のよくある理由とそれの対策とは?

ここまでご紹介した内容から、医療事務は非常に過酷で、とても人気があるようには思えないかもしれません。

実際上記に書かれているような内容で辞めたいと思う方も少なくないようです。

しかしその反面、医療事務として活躍されている方も多く存在しています。

そのような方々は一体どのように業務に取り組んでいるのでしょうか。

ここからは医療事務を辞めたいと思う、よくある理由とその対策についてご紹介します。

業務が多忙

医療事務のイメージでまず挙げられるのは、事務仕事なので楽で定時に帰ることができそうというイメージです。

医療事務の仕事を単に事務仕事=デスクワークと結びつけてしまうと、現実との間でギャップが生じてしまうかもしれません。

実際の医療事務の仕事はデスクワークのみならず、患者様の対応も医療事務の仕事のひとつです。

診察を待たれる患者様のクレーム対応も医師や看護師に代わって対応することは多々あります。

それから、医療事務特有の仕事の1つとして診療報酬請求、いわゆるレセプト業務があります。

これは毎月行われる保険請求で、業務終了後に行われる事がほとんどです。

毎月レセプト請求をする日は残業となる場合が多く見受けられます。

高齢化に伴い病院やクリニックは非常に忙しく業務は多忙です。

診察にみえる患者様の受付から会計までをこなさなければならず休む暇もないといった事もあるようです。

その対策とは?

医療業界は更に高齢化となるため需要は増える一方で、人手不足である事も確かです。

即戦力として働けるよう、経験を積むチャンスとも言えます。

今や社会での女性の活躍は珍しくありません。

やりがいを求める女性もたくさんいます。

医療事務は多忙な職業ですが、裏を返せばやりがいがある職業という事になります。

医療事務は様々な業務をこなさなければならないと言っても、一人で全てをこなさなければならない訳ではありません。

大学病院や総合病院となれば規模が大きくなる訳ですから、当然医療事務として働く方も大勢おり、分業制を取っている場合がほとんどです。

1人で全てを引き受ける事はありません。

また、長く務めている方もおり、実践を通して指導してくれる事も多いのではないのでしょうか。

日々の業務をこなしながら確実にステップアップ出来る職業と言えます。

女性の職業ならではの人間関係

医療事務の世界も女性の職場であるとお伝えしました。

実際に転職を考える1番の理由としては、人間関係の悩みである事が多いです。

しかし人間関係を理由に転職を繰り返してしまっては、いつまで経っても腰を据えて働く事が出来ず落ち着けません。

その対策とは?

もしも、人間関係が上手くいかず辞めたいと思ってしまった場合、一旦少し立ち止まって考えてみてほしいと思います。

残念ながら人間関係の悩みはどこの職場に行っても付きまといます。

精神的に追い込まれてしまうほど辛くなってしまったら環境を変えて心機一転したほうがプラスに働く可能性もあります。

ですが、人間関係に悩むたびに何度も転職を繰り返してしまうと、それだけ履歴書に転職回数を書かなければならず、またすぐに辞めてしまうのでは?と思われてしまい転職活動において不利になってしまいます。

これは、今までの経験からお伝えする事ですが、職場には必ず味方となってくれる人がいる事も事実です。

人間関係を円滑にする事はどの職業でも大事な業務の1つと筆者は考えます。

人間関係に悩んだ時こそ自分自身のステップアップのチャンスと捉えてみてはどうでしょうか。

専門性、緊張感のある職場にストレスを感じる

医療事務も医療機関で働く職種の1つです。

全ての医療機関が絶えず張り詰めた空気であるかと言えばそうではありませんが、人の命を扱う為、医療機関には特有の雰囲気・緊張感があります。

直接患者様に関わる医師や看護師は緊張度の高い現場で常に気を張って業務をしている為、外部から見れば「怖い」「キツい」といった印象を与えてしまいがちです。

緊張度の高い雰囲気に慣れずに、精神的に疲弊する事もあるかもしれません。

その対策とは?

就職して慣れないうちは緊張感の漂う職場に気後れしていまい、自分はこの職場で働けるのだろうかと不安になる事もあるかもしれません。

しかしそういった感情を持っているのはあなただけではないはずです。

専門職である医師や看護師、同じ医療事務の先輩方も就職したての頃は医療業界特有の雰囲気や緊張感に慣れずに不安だったはずです。

最初からその場の空気に慣れる人はいません。

とはいえ人間は順応する生き物です。

月日が経てばそのような空気感に慣れて、すっかり馴染んでしまった、というようなことはよくあることです。

精神的な苦痛となる程の緊張感を覚えてしまう場合は必要以上の無理をしてはいけませんが、まずは1ヶ月先を目指して見ましょう。

今よりも慣れているはずです。

医療事務の待遇に不満

医療事務の平均年収は180~350万と決して良い待遇とは言えません。

転職サイトなどを見るとお給料が良い職業はたくさんあり、つい転職したいと考える事もあるのではないでしょうか。

その対策とは?

医療事務は初任給で15~20万程度と言われています。

大手企業などは学歴などで初任給に差が出ると聞きますが、医療事務には学歴によるお給料の差はさほどありません。

それよりも重要視されるのは医療事務として働いた過去の経験です。

学歴よりも経験と実力が評価される職業なのです。

また、医療事務は正社員だけでなく契約社員やパートと言った雇用形態の選択肢が広く、ライフスタイルに合った働き方を選択出来るというのは、特に女性にとって大きな魅力です。

育児と仕事の両立が叶いやすく、ブランクがあっても過去の経験を生かして復帰しやすい職業です。

お給料はさほど良くなくとも将来性を考えると安定した職業だと言えます。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の給与相場は、こちらの記事を参考に!

医療事務の仕事は大変でも、辞めないために皆さんに伝えたいこと

これまでお伝えした医療事務の仕事内容でも分かるように、決して楽な仕事ではありませんが、やりがいのあるとても魅力的な仕事です。

そんな魅力的な仕事として、皆さんにお伝えしたい事をまとめてみました。

経験や実力を身につければ一生の武器になる

学歴にあまり左右されず経験や実力主義の職業です。

医療事務として働く中で培った経験は必ず大きな財産になります。

医療事務でしか身につけられない経験やスキルは、一生の武器になります。

家庭と仕事の両立が叶いやすく一生の仕事となる

何と言ってもブランクがあっても復帰がしやすい事や、ワークライフバランスに合わせた働き方が出来るのは、特に女性が家庭を持った場合、必ず強い味方となります。

長い目で考えて安定した職業

お給料が高いわけではない上に多忙となると誰しも辞めてしまいたくなるでしょう。

しかし経験はお金では買えません。

専門性が高い為、需要もありますしリストラなんて事もありません。

将来性を考えても、その安定性は評価できる仕事だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

医療事務の仕事は大変な事ばかりと思ってしまうかもしれませんが、他では得られないやりがいがあります。

そして、復帰がしやすく一生の仕事と考えられる職業も、そう多くはないと思います。

女性が自立して生きていくには医療事務という職業はとても魅力的な仕事だと思います。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務は病院に直接雇用されるだけでなく、派遣という働き方を選択する人も少なくありません。その理由の一つに、派遣の時給の高さがあります。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていた時期がありますが、実際病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも、派遣社員の方が高い報酬を受け取っているケースは少なくありません。実際に時給の高さを理由に、派遣の医療事務で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には大量の派遣会社があるため、医療事務として派遣で働きたいと考えた時に、どの派遣会社を選べばいいのか迷ってしまう、というのは割とよく聞く話です。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者とし

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に入るとまず目にするのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師さんなどの患者さんの診察をしたり、治療をしたりする傍らで、よく目にする医療事務員に憧れて、将来病院の仕事につきたいという人もいます。そのような医療事務を目指す方達へどんな仕事なのか?や資格と充実度なども交えてその役割をお伝えしたいと思います。ちなみに私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。その他でも、医学系の学校に通っていました。そこで、いろいろな病院や施設で、体験学習などもしてきました。医療事務とはどんな仕事?医療事務は、主に病院で働く医師や看護師の他で、病院の経営に携わる事務の仕事です。病院によっては、病院の経

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事で向き不向きはかなり大きく左右されます。スキル云々の話なので、これは性格上の問題になりますね。本当に向かない人は向かないです。おおざっぱな性格がアバウトな人だと、間違いなく医療事故を連発するレベルでしょうね。ただ改善は出来ますので、自分次第だと思って下さいね!医療事務はどんな仕事?医療事務の仕事はレセプト業務、会計処理、カルテのデータ入力や管理とカルテ出し、患者さんのお世話、そして雑務などがあります。やることはいくつかあり慣れてくれば問題はないのですが、気を抜くと本当に危ないです。医療事務のミスが患者さんの治療方針に影響してくると思って下さい。医療事務の大まかな仕事内容医療事務の

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

医療事務の正社員で働くメリットは多いですが、金銭面に関してと思って下さい。待遇などについては基本的にバイトでも重視してくれるので、そこまで差はありません。何故正社員の方が良いのか、派遣やバイトとの差はあるのか、どうすれば正社員になれるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットとは何か、社会保証などもバイトでもつけれる事は付けれますしかし退職金や金銭面については当然正社員の方が上だと思って下さい。ただ以外は特に変わりません。経済的に安定している正社員で働く事は経済的に安定するのは当然ですが、基本的にどこの医療業界もボーナスや福利厚生はしっかりし


医療事務求人に関するコラム

医療事務の魅力を徹底紹介!あなたも医療事務として働いてみませんか?

病院の経営を行う中で欠かせない存在である医療事務の仕事。よく女性におすすめの仕事として挙げられる医療事務ですが、具体的にはどのような点が女性におすすめなのでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事の大まかな仕事内容や魅力、医療事務の仕事を考えている人に伝えたいことについて解説していきます。医療事務の大まかな仕事内容とは?医療事務の大まかな仕事内容としは3つ挙げられます。1つ目は受付業務です。受付業務は来院した患者から保険証を預かり確認、症状の聞き取り、カルテの作成や記載、電話対応、必要に応じて患者の手助け等の業務を行います。受付業務は病院の顔とも言える仕事です。そのため、事務だけでなく接客スキルも

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い医療事務の仕事。実際に家族や友人が医療事務の仕事をしているという人も多いのではないでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事内容はもちろん、将来性にも焦点をあてて解説していきます。更に実際に医療事務の仕事をしていた経験のある筆者が、自身の経験を基に医療事務の仕事をずっとしていきたいと思う理由についてもご紹介したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は受付、会計、レセプト業務の3つが主に挙げられます。受付業務では保険証の確認、症状の確認、カルテへの入力等を行います。それだけでなく、体の不自由な人には手助けをする、子どもが泣いていたらあやす等、状況に応じた気配りをや臨機

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務には向き不向きが存在します。国家資格ではないため、嫌な言い方をすると誰でも出来る仕事でもあるのですが、医療事務ほど明確に向き不向きが出る職業はないでしょう。バイト感覚でいるような方は危険であるという認識をお持ち下さいませ。この記事では、医療事務が向いてない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者や業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業になるため、同じ事を繰り返す作業ですね。慣れてくれば単調に思えるかもしれませんが、医療事務

医療事務の悩みで多い5個のこととその解決法。

「医療事務は働きやすい」「医療事務は女性に優しい仕事」等という文句を聞いたことはありませんか?確かに医療事務は女性が続けやすい仕事です。しかし、医療事務の仕事でも大変なことは当然あります。今回は医療事務の悩みで多い5個のこと、その悩みの解決法、それでも医療事務をおススメする方法を解説していきます。医療事務の悩みで多い5個のこと医療事務はとても魅力的な仕事ですが、悩みを抱えている人も多くいることが現実です。では、具体的にどのような悩みを抱えているのか5個に分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はカレンダー通りの休みがとりやすいこと等から、比較的家庭との両立がしやすい仕事です。それゆえ働い