医療事務の給料の相場はいくらか、気になりますよね。

私は過去に医療事務として3年働いていました。

医療事務だけではないかもしれませんが、最近は昇給が気軽に出来なくなっている所も多いです。

もしかしたら長く働いていても、最初の頃と変わらないというケースがあります。

今回は医療事務の給料の相場と、給料はどうやって決定するのか、そして同じ医療事務なのに何故給料が高い人がいるのかなどなど、リアルな実体験を用いてお伝え致しましょう。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の給料の相場はどのくらい?

医療事務の給料の相場はどのくらいかという事ですが、よく求人広告などで給料の金額部分の振り分けが凄まじい所がありませんか?

15万~22万などと記載されている所って結構多いんですよね。

これだけ見てると自分も最高額の22万をもらえちゃうのではないか?と思うかもしれませんが、そんな事はまずありません。

基本的に誰でも最低額からスタートすると思っておいて下さい。

ただし医療事務のスキルや資格がある場合は、最低額ではなく少し上からスタートするかもしれませんよ。

正社員で新卒入社した場合

新卒入社で正社員として入った場合、これは最初から書類に記載されている通りの金額ですね。

低くても13万からスタートし、徐々に上がっていく形になります。

全ての能力値が低い事と経験なしのためなので、そんなに高くはありません。

あくまでも地域や場所によりますが、最初は給料の交渉などは出来ないので低くても頑張るしかないです。

正社員で転職した場合

新卒とは異なり正社員で転職した場合は、前職のキャリアや社会人歴を見られて給料が判断されます。

元々医療事務として別の所で働いていた場合、給料は前職と同じ金額になる可能性があると考えて下さい。

自分の交渉次第で上手くいきますよ。

私の医療事務として働いていた時は、年棒制度と呼ばれるシステムが導入されていました。

普通なら残業時間などによって月々の給料は変化するのですが、年棒制度は元々決められた額から給料を支払う形になります。

同僚に話を聞いたら多少年齢によって違うみたいです。

パート・アルバイト

パートやアルバイトは正社員よりも下の金額であると思っておいて下さい。

フルタイムとして働いている訳ではなく、午前中のみや午後のみ、ある曜日だけは入れるという指定をしている人が多いので、大体多くても10万前後でしょう。

正社員とは異なり時間給となります。

基本的にパートやアルバイトで働いている人は、子供がいる主婦層やそこまで生活に困っていないマダムな人ばかりなのでがっつり入って儲けるという考えはないようです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

基本給以上に一番何よりかにより気になるのは、賞与や昇給などはどうなるのかという点でしょう。

どこの病院や診療所・クリニックでも賞与や昇給はあります。

ただし残業代のみは出ない可能性も考えられますね。

基本給以外の事は求人広告に記載されているものよりも、面接時に軽く聞いておいても良いかもしれません。

賞与

医療業界は基本的に賞与はあります。

大体夏と冬の2回もらえますね。

ただ金額によっては全く同じではありません。

賞与が1ヶ月分の給料だったり、もしくは2ヶ月分の給料なんて事もあります。

正直な話、賞与に関しては先生のさじ加減もあると思って下さい。

医療事務として働いて働いていた時は賞与が3回分ありましたが、全てお小遣い程度でした。

別の病院で医療事務として働いていたスタッフに聞くと、あり得ないとの事です。

金額に関しては本当に微妙な所ですね。

昇給

個人経営をしているクリニックには査定はありませんが、病院や大きい診療所などには大体年度が変わる頃に査定があります。

この査定は院長もしくは先生、そして看護師長と自分の3人で話をするのです。

院長と看護師長から自分がこれまでしてきた医療事故や、病院に対して貢献してきた事を全て事細かに見られた上で判断されます。

大体は1年毎に昇給は望めますが、査定のある所では昇給が望めないケースも多いと理解しておいて下さい。

現に私自身は昇給がほぼありませんでした。

どのような昇給されたかは、年度が変わってからの給料明細を見比べてみると判断出来るでしょう。

残業代

残業代に関しては忙しい場所であればあります。

私の所はありませんでした。

その理由はノー残業が基本だったからです。

めちゃくちゃかもしれませんが、どんなに忙しくても仕事を家に持ち帰らないのと残業してまではやらないという暗黙の了解がありました。

これは上からの指示で、残業をしてまでやらないといけない仕事は当日中に終わらせろというスタンスだったのですが、地味に大変でしたね。

ただ基本的には患者さんも診療時間内で帰るので、至極当然の話かなと思ったりします。

クリニックでも耳鼻咽喉科などの場合は、花粉症の時期やインフルエンザなど混雑すると夜中までかかってしまう事はよくあるので、そういう所は残業代は必ずもらえますよ。

私の所は滅多に残業なんてありませんでしたが、残業が多い所はもらわないとキツイですからね。

給与が高い人は何が違うの?

自分より後に入って来た人や年が若い人の方が給与を多くもらっているという事はよくある事です。

自分も真面目に頑張っているはずなのに納得いかない!という気持ちはあるでしょう。

給与が高い人は、病院への貢献度が高いと思って下さい。

反対に給与がそこまで高くない人は、病院への貢献度は低いという事です。

こればっかりは仕事をただただ当たり前にこなしていれば良いわけではありませんからね。

スキル

コミュニケーションスキルやパソコン技術などのスキルは、医療事務にとって最も重要とされています。

どちらも資格などは関係ある訳ではありませんでしたが、普通の事務に比べるとスペシャルな存在でしたね。

コミュニケーションスキルは患者さんと接する時に、どんな人でも普通に接する事が出来るのでありがたい存在となります。

たまに攻撃的でやっかいな患者さんでも、コミュニケーションスキルが高い人がいると温和になってくれるでしょう。

コミュニケーションスキルが低すぎると、患者さんを怒らせてしまったり精神的な苦痛を与える可能性があるので危険なのです。

パソコン技術に関しては、これはもう事務として必要であると覚えておいて下さい。

今現在ほとんどの病院は電子カルテを使用していますが、一昔前までは管理場所が面倒臭い紙カルテを使用していました。

電子カルテが導入された事により便利にはなりましたが、パソコン操作にされておかないとおじゃんです。

覚えてしまえばそこまで難しいこともないのですが、時々フリーズしてしまう事もあるのでその辺は面倒でしたね。

フリーズしてしまった時は事務側で原因を探らなければいけないのでとても大変です。

パソコンスキルが高い人が1人いれば、原因をすぐに解明してくれるので助かりますよ。

他にも業務作業の手間になる部分を省いたり、新しい書類を見やすくしてくれるだけでも違います。

役職

役職は当然給料に関係してきます。

医療事務には通常の医療事務、医療事務たちをまとめるリーダー、そしてリーダーを支えるサブリーダーが存在すると思って下さい。

役職によってどのくらい給料が上がるかは、私自身もよく分かっていません。

私自身は平の医療事務でしたからね。

私より後に入った年上の人がサブリーダーになったのですが、その人から話を聞くと雀の涙程度だったそうです。

ただボーナスは上がったそうなので、役職によって大幅に給料がアップするという訳ではなさそうですね。

勤続年数

勤続年数は多少関係あります。

働くにつれて基本的には昇給していくので、勤続年数が長ければ長いほど給料を多くもらっているでしょう。

私自身は3年くらい勤めましたが、年度初めの給料を確認してみると大体1年で1万弱はアップしていたと思います。

ただし勤続年数が長いからと言って油断はしないで下さい。

勤続年数が長い=医療事務としては完璧として見られるので、その金額に見合った働きをしないと給料は下げられてしまうかもしれませんよ。

資格の有無

資格の有無は多少なり関係あるかもしれません。

私の所は医療事務全員資格所有者ではありませんでした。

こればかりは勤務する場所で確認してみないと何とも言えないでしょう。

持っている人に軽く聞く手もありますが、かなり仲が良くないと聞けないので難しいです。

年齢

スキルほどではありませんが、多少は年齢によって変化してきます。

私が医療事務として働いていた場所では、ほとんど自分と近い年の人は少なかったです。

大体近くても5歳前後年が上だったり下の子もいたので、年齢層は本当にバラバラでした。

私の所は医療事務スタッフ全員フランクな関係だったので、みんなから給料の話を聞いたことがあります。

年上の人でスキルがない人は私よりも給料は上でしたが、年下の子でスキルもありバリバリに働いてくれているのに私よりも給料は低かったそうです。

これは社会人経験歴という意味を含めて、金額は平等ではなかったそうですが、かなり理不尽な気もしましたね。

ただ年下の子は勤続年数が増える度に、給料もアップしていったそうです。

反対に年上でもスキルのない人は給料の変動がないとへこんでいましたね。

最初はキツイかもしれませんが、スキルや医療事務として認められると給料はアップしますので頑張って下さい!

\医療事務のリアルタイムな年収相場を知りたい人は/

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の給料の決まり方

医療事務の給料の決定の仕方は、面接時に説明を受けるのでしっかり聞いておきましょう。

どのようにして決まるかはその人の個人の差にもよります。

私が面接を受けた時は前職の給料を参考にされました。

中々ないと思いますが、一応前職はいくらもらっていたか答えられるようにしておいた方が良いですよ。

経験やスキルに応じて優遇されるケースが多い

経験やスキルに応じて優遇されるケースはありますが、あまりにも年代が若すぎてしまうと初年度のみは優遇される事はありません。

経験がなくスキルのみある子は特にそうですね。

若くても経験があれば、優遇されると考えておいて下さい。

優遇される=出来る人材だと思われているのにも覚悟しておいた方が良いでしょう。

特殊なケース

経験やスキルも優遇されますが、それ以上にスタッフからの紹介も優遇されます。

実際にあるスタッフからの紹介で正社員として転職した人がおり、その人は病院のクラークとして働いていましたが、同じ科だったので専門知識は豊富であり、コミュニケーションスキルなども私達よりも凄い人でした。

その人から色々話は聞き、初任給から前職同様の高い給料をもらっているそうです。

ただこれはあくまでもそうそうないケースでしょう。

スタッフからの紹介と言っても、そのスタッフ自身も信頼がないと出来ない事なので滅多にないですね。

\医療事務の年収・給料の基準をもっと具体的に知りたい人は/

医療事務で給料をあげるためにやるべき4個のこと

医療事務ときて給料をアップさせるためにやるべき事はたくさんありますよ!

今は自分の働きを見てくれている上司が多いです。

給料をアップしてもらうにしても、その前にしなければいけない事があると思って下さい。

今の自分自身のスキルや状況を見直す事が重要ですよ。

今の勤務先でできること

給料が上がらない、これ以上この職場にいても自分は意味がないと思っている人達へ。

本当に給料が上がらないのは病院自体の問題でしょうか?

給料が上がらないとすぐ誰かのせいにしてしまいがちですが、給料は自分に見合った金額だと思って下さい。

なあなあで仕事をしているのであれば、当然給料はアップできないでしょう。

給料アップの交渉をしてみる

給料アップの交渉はあくまでもベテランのみが行って下さい。

勤続年数うんぬんの問題ではなく、スキルの高い人物や病院に貢献している人のみが可能です。

遅刻欠勤が多い上に失敗ばかり、大して病院に貢献していないという人物では給料アップの交渉は望めません。

人によっては実力不足なのに何を言っているんだと思われてしまうでしょう。

給料アップの交渉はそれ相応の実力がないと無理です。

スキルアップを図る

スキルアップはとても重要です。

何もないよりもスキルを身につける方が絶対良いです。

パソコンスキルやコミュニケーション能力の向上、他にも些細なことでも構いません。

何か1つでも良いのでこれといった強みを身につけておくと重宝される存在になり、給料アップも見込めるでしょう。

オールマイティーにしようと思っても、人間のキャパシティーを越えてしまう事になるので注意して下さい。

何か1つ身につけてから、次のスキルアップを図りましょう。

一番身につけておく方が良いのはパソコンスキルでしょうね。

事務なのでWordやExcelはよく使用します。

今では当たり前のように使っているWordやExcelが強い人はかなり得ですからね。

わざわざパソコン教室にまで通ったという人もいるくらいです。

私自身はコミュニケーション能力の向上を目指し、色んな本を買い漁って読んだりしました。

コミュニケーション能力の向上はパソコンスキル以上に難しいので根気がいります。

ケアレスミスには注意

スキルアップも大切ですが、まずは自分の欠点を見直す事が必要です。

医療事務は忙しいため、ケアレスミスを頻繁に起こしやすい環境にいます。

保険証の返却や薬間違えなどヒヤリハットで済めば良いのですが、それ以上行くと医療事故として取り扱われる事となるのです。

いくら凄いスキルを持っていたとしても、ケアレスミスを多発してしまっては元も子もありません。

ミスを頻繁にしてしまっている人は、まずミスを減らすように努力が必要です。

思い切って転職する

これは本当に最終手段だと思って下さい。

転職してしまうと今までのキャリアはなくなります。

転職=逃げ道ではありません。

かなりイチかバチかぐらいの賭けになってしまうので、成功率はやや低いです。

次の所では優遇してくれるとは思いますが、人間関係やシフトなどやり方が異なるので、前の方が良かったなんて事になるかも、しれませんよ。

転職と考えている時は大半自暴自棄になってしまっているので、冷静になって本当に最終それで良いかを考えましょう。

最後の切り札

最後の切り札というのは、本当に捨て身だと思って下さい。

私の母も正社員の医療事務をやっているのですが、私や姉の学費の事でお金に困り、一時だけ掛け持ちで別のクリニックでも看護助手として働いていたことがあります。

これは許可をもらってやっていた掛け持ちです。

その掛け持ちしていた先の院長に母は気に入られ、現在の金額の倍を出すからうちに来てくれと言われたそうです。

母は戸惑いどうしようか悩んでいました。

その事を本職側の院長に告げて、そちらに行こうか迷っていると伝えたそうです。

院長はそんな母に対して、掛け持ち側の指定した金額を出すから自分の所で働いて欲しいとお願いをされ、とてもびっくりしたと言っていました。

結局母は掛け持ち側を辞めて、本職一筋の勤務で頑張っています。

母は20年以上そこのクリニックで勤めてきた上、正式な役職はないそうですが事務長のようなポジションにいるそうです。

正直な所、母がいないととても回らないので院長も辞められては困ると思ったんでしょうね。

これはよほど病院にとって必要な人材でない限り難しいケースですが、困った時は素直に言ってみるのも良いかもしれませんよ。

生活苦はどうしようもありませんからね。

\「年収UP」のために、もっとやるべき事を知りたい人は/

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

給料を今現在よりもアップさせたいのであれば、求人広告の見落としだけはしないでおきましょう。

正直な話、求人広告に書かれている事は本当にそうではありません。

求人広告に書かれている事をある程度記憶に留めておき、面接時に全て質問する方が良いですよ。

残業代はどうなっているか、賞与等はいつに入るかなどもチェックしておくべきです。

給与相場が今よりも高いところを探そう

給与相場が今よりももっと高い所を探すとなると、最低額を調べてみましょう。

ほとんどの人は求人広告に書かれている最高額がもらえると思っている人がいますが、最初からそんなにもらう事は出来ません。

ただ徐々に上がっていくというケースはあります。

出来れば給料に関しては前職の方が良かったというケースはも少なくないので、給料相場で考えない方が良いでしょう。

基本的に求人広告に書かれている事が全てではありませんからね。

賞与や昇給制度をチェック

ハローワークの求人広告には基本的に賞与や昇給制度を記載されている所は多いですが、それ以外の求人広告には記載されていないケースもあります。

自分が働きたいと思う場所に賞与や昇給制度はちゃんとあるか調べるのであれば、その病院やクリニック等のホームページをチェックしてみて下さい。

基本的に大きい病院やクリニックには、求人募集を載せている所があるため、事細かに詳細を記載されていますよ。

もちろんない所もあるので、その場合は直接聞いた方が良いでしょう。

今時賞与や昇給制度がないなんて所はそうそうないですからね。

出来る限り賞与のある病院の方が良いですよ!

賞与が雀の涙であってもありがたい事には変わりありません。

基本的に昇給制度を年度末頃に変革がありますが、賞与の場合病院によって勤続年数が半年後でないともらえないという可能性もあります。

その辺りはちゃんとチェックしておいた方が安心ですね。

残業代はちゃんと出る?

残業代に関してはハローワークのような詳細が詳しく載っているもの以外は書かれていません。

私の働いていた所も残業代は出ませんでした。

ただ私の場合は残業がない場所だったので問題はありませんでしたが、残業が当たり前のようにある所だと精神的に苦しくなってきます。

週に1日だけ残らないといけない日があるのであれば良いかもしれませんが、残業代は欲しいですよね。

しかし最近では私の働いていた場所のようにノー残業を目指している所も少なくありません。

病院勤務だと難しいかもしれませんが、診療所・クリニックだと先生にやる気がない場合は受付終了時間で打ち切ってしまうので基本的には残業はありません。

これは本当に入ってみない限り何とも言えないですね。

やる気があるない以前に、先生が高齢者のために診療時間を長く出来ないというケースもあるからです。

面接の時に聞いた方が良いのですが、その前に残業はあるかを聞いておきましょう。

交通費や福利厚生は?

基本的に病院関係はどこの職場よりも福利厚生はちゃんとしています。

よほどちゃんとしていない場所でない限りは考えられませんね。

ただ交通費に関しては基本的には出ますが、私の所はありませんでした。

一応交通費ありという書き方にはなっているのですが、年棒制だったため既に給料の一部として組み込まれており、交通費という交通費ではありませんでした。

私を含めた数名のスタッフたちはそのクリニックから場所がとても近かったため、自転車や徒歩で来るようにしていました。

電車だとお金も時間もかかってしまうのでかえってアホらしかったですね。

ただ私の場合近いと言っても自転車で30分くらいの距離だったため、凄くしんどかったです。

健康には良いかもしれませんが、夏場はキツかったですよ。

私の場合は近かったので良いですが、もしも交通費が出なくて家からの距離が遠いと電車賃を払うのが凄く苦痛になってきます。

今はどこの職場も電車賃を支給してくれるのが当たり前になっていますからね。

定期代だとしても毎月1万円弱かかってしまうのは、結構な痛手になるでしょう。

\もっと具体的な医療事務の求人の選び方については、転職エージェントから教えて貰えます。/

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

私の働いていた場所では査定があったため、その後に給料の変動がないとありました。

給料がアップした実感は私にはありませんでしたが、年度を過ぎた後給料がアップしていたので驚きましたね。

ただ査定等関係なしに給料の変動が起こる場合もあります。

場所によるかもしれませんが、経営コンサルタントが絡んでくると普通とは少し違って来ますね。

スタッフの意見から

個人経営のクリニックだと結構経営コンサルタントを雇っている所が多く、給料の出し方は少し変わってきます。

そのため不満を持っているスタッフが多く、何名かのスタッフが直接院長に交渉したそうです。

交渉した結果、診療時間後に正社員全員が集まり給料の出し方を見直すと告げられました。

年度末から場所が全員交通費がちゃんと支給されるようになった上、早朝手当てや夜勤手当て、残業代もつける事には決まり全員喜びましたね。

ただ基本給に関してはこれまで通りのやり方で変わらなかったので、攻めて当たり前の事は当たり前になったとう感じでした。

私の働いていた所は残業代も早朝手当ても何もありませんでしたので、とても不満に思っていた人は多かったと思います。

特に看護師などに関しては朝から晩までという働き方だったので、さすがに体を崩してしまう人もいました。

このケースに関しては自分個人だけでなく、大勢のスタッフの意見が必要になりますので、自分と同じように思っている人がいるかが成功の鍵となります。

主要メンバーばっかりが交渉してたので、さすがに先生も無視できないと思ったのでしょうね。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

雇用形態ごとに当然違いは出てきます。

正社員や派遣を雇っている場合はもろにありますね。

ただ私は派遣をやった事はありませんでしたが、派遣を雇うとなると病院側からすればかなり痛手になるそうです。

正社員

正社員は固定給なのでそれなりの金額だと思って下さい。

私が医療事務として働いていた時は、大体16万くらいもらっていました。

この額は社会保険などを含めているので、手取りではありません。

雇用形態で違いがあるとすれば時間給か固定給かぐらいでしょう。

そこまで違いはありませんでしたね。

派遣

過去に1人だけ派遣として働いていた人がいました。

その人の扱いは正社員と変わらないものでしたが、唯一出勤時間だけは私達正社員よりも遅くなるように交渉していたそうです。

その人は子供はいませんが主婦だったので、旦那さんの関係で勤務時間が遅くなってしまったそうです。

本来は元々朝からでもOKだったのですが、旦那さんを起こしてしまい迷惑がかかるために難しくなってしまったのだとか。

そのため朝は入れず、ラストまではいるというスタンスをとってもらっていました。

派遣というと凄く出来る人材というイメージがありましたが、その人は特に凄いスキルは持っていない普通の人でしたね。

ただコミュニケーション能力は高く、いつも朗らかで優しい笑顔をしていたため、スタッフからも患者さんからも人気はありました。

その派遣さんと喋るようになり、給料面では正社員よりもやや上の額をもらっていたそうです。

正社員と異なり派遣は時間給だったため、かなり高くついていると上司が話しているのを聞きました。

派遣は正社員と違い、使えないと判断されてしまった場合、速攻で切り捨てる事が出来るので正社員よりも高いのは当然かもしれません。

医療事務の派遣会社を探すときは、こちらの記事を参考に!

アルバイト

アルバイトは派遣同様時間給となります。

ただ福利厚生などは旦那さんの扶養に入っていると、望めないケースも多いです。

病院やクリニックで働くアルバイトの医療事務は、基本的に主婦層が圧倒的に多いため、税金の関係でがっつり働けないという人ばかりですね。

給料に関しては派遣よりも時給は少ないです。

派遣は正社員とほぼ同じ時間帯に入りますが、アルバイトは半勤や限られた曜日だけ出勤するので仕方がないでしょうね。

ただほとんどのアルバイトの人はそこまでお金に困っている訳ではないので、違いに関しては特に気にしていません。

まとめ

給料というのは本当に自分に見合った金額で支払われています。

見合った金額で支払われていますが、もっともらっても良いのではと考える人はたくさんいるでしょう。

ただ人によっては自分の状況が見えておらず、強欲になりすぎているかもしれません。

私も過去に何度かもっと給料が欲しいと嘆いた事があります。

しかし私自身給料アップしてくれとお願い出来るような立場ではなかったので、いつも悲観して終わっていました。

今思うとそれほど努力はしていなかったのかもしれません。

もちろん真面目に働いてはいましたが、真面目に仕事をこなす事が成果につながる訳ではないです。

よく勘違いする人が多いのですが、努力をした分報われるとは限りません。

全ては結果を見せなければ意味がないのですから。

スキルアップのためにあれやこれや努力したけど上手くいかなかった、でも認めて欲しいと思う人はいます。

しかし第3者側からしてみれば、努力の押し付けにしか過ぎないので見せつけ過ぎる事は止めて下さいね。


関連キーワード

医療事務求人


あなたの想定年収を見るにはこちら >