医療施設というのは人間関係でストレスを抱えることが多いと言われています。

看護師からの対応が厳しいという話を聞いたこともあると思いますが、実際はそのような方ばかりではありません。

女性が多い職場であるため、以前は派閥やいざこざがあったと言われていました。

しかし最近では患者さんへのホスピタリティを重視しているため、そのようなことはあまり見られなくなりました。

医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまうというのは、スタッフ間や患者さんとのコミュニケーション不足なのかもしれません。

対応が厳しいのは業務に関することであり、決して個人的に攻撃しているわけではないのです。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務のおおまかな仕事内容とは?

医療事務のおおまかな仕事内容は、患者さんや業者の方への対応、レセプト業務、医師や看護師のサポート、カルテ入力、その他の雑務となります。

基本的に医療事務というのは、窓口業務の他にも様々な仕事があると思って下さい。

医療事務は看護師や医師と異なり、国家資格のある仕事ではありません。

やる気があれば誰でもできる業務なのですが、臨機応変に対応できる方や柔軟性のある方が向いているでしょう。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと

私は過去に3年程、医療事務の仕事をしていた経験があります。

その時に人間関係でストレスに感じたことをいくつかお話しします。

これはどのような職場でも起こり得ることであり、誰もが悩む点かもしれません。

人間関係で一番ストレスに感じたことは、患者さんとのトラブルです。

患者さんの性格も人それぞれなので、常に対応には気を付けていました。

厄介な患者さんのトラブル

私が勤めていたのは透析施設のあるクリニックでした。

長期間にわたって病気の治療をしている患者さんは、その辛さからイライラしたりわがままになりがちです。

時にはスタッフに対して横柄な態度で接してきます。

中には自分のミスを正当化したり、スタッフや医師の悪口を言う患者さん、攻撃的な患者さんもいました。

酷い場合は転院

スタッフに対してあまりにも酷い対応をしてくるような患者さんであれば、やむを得ず転院になる場合があります。

しかし、他院でもトラブルを起こしている患者さんであれば、最悪の場合受け入れを拒否されてしまう可能性もあるそうです。

信じられないと思いますが、本当に転院させられた患者さんがいました。

その患者さんは医療事務だけでなく、看護師にも攻撃的な方でしたので、スタッフ一同怖くなったというのが理由です。

しかし、こういうケースは滅多にありません。

あくまでも、滅多にない稀なケースだと思って下さい。

患者さん同士のトラブル

時には、患者さん同士でトラブルが起きてしまうことがあります。

業務上患者さんと接する機会が多いのは、看護師や医師よりも医療事務かもしれません。

そのような状況の中で私が一番大変だと感じたのは、患者さん同士のトラブルでした。

トラブルが起こった際に何度か立ち会ったのですが、慎重に対応をしなければ収拾がつかなくなってしまいます。

基本的にスタッフは女性であるため、男性の患者さんが力任せに抵抗するととても怖かったです。

仲裁に入るのがとても難しく大変でした。

来院時間変更

患者さん同士のトラブルは時々あります。

トラブルが起きてしまった場合は、治療を受けて頂く時間帯をずらすことで対処します。

患者さんが来院する際、同じ時間帯に集中することがあります。

いつも通院する患者さんの来院時間は、スタッフが大体把握しています。

透析の場合は時間がかかりますので、事前に患者さんと話をして予約しているためです。

少々面倒ですが、来院する時間や曜日を変更するだけで相手に会うこともなくなります。

これは患者さん同士のトラブルですが、スタッフ全員が把握しなければならず大変でした。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務と看護師の仕事上の関係

基本的に医療事務と看護師との間でトラブルになることはありません。

私の勤めていたクリニックでは、ハラスメント行為や派閥ができないようにスタッフ間で気を付けていました。

看護師長は一見とても厳しいのですが、仕事を離れると気さくでとても優しかったです。

プライベートでは温和な方も、仕事中に見せる顔は違うものです。

それでも一緒に働いていると、「看護師って怖いな」と思ったこともありました。

報連相

仕事での人間関係がストレスに感じたことはあります。

仕事に慣れてくると、それぞれ自分なりのやり方で進めがちです。

看護師のミスなのに医療事務が注意されてしまうこともあります。

その逆も然りです。

忙しいとどうしても報連相(報告・連絡・相談)を忘れがちになります。

医療事務の同僚で報連相が苦手なスタッフがいたのですが、その方の不注意で看護師から何度か指摘を受けたことがありました。

看護師は医療事務のミスに対して指摘することはあっても、医療事務から看護師に意見を伝えることはやはり難しかったです。

正直看護師に対して腹が立ったこともあります。

でも自分自身がきちんとしていれば大丈夫だと思い、どんな時もコミュニケーションを取ることは忘れないようにしました。

仕事の時は報連相を常に意識して行動していたので、やはり精神的にストレスを感じました。

業者とのトラブル

基本的に業者側とトラブルになることは滅多にありません。

私の体験したケースが珍しいかもしれませんね。

通常のクリニックや病院では会計後に処方箋をもらい、院外薬局へ薬をもらいに行きます。

ところが透析施設のあるクリニックでは、患者が透析後体調を崩しやすいため、薬局側に届けてくれるよう依頼していました。

私が勤めていたクリニックでは、その薬局側と何度かトラブルになっていた記憶があります。

クリニックに薬を届けてくれるスタッフの中に、薬局の経営者の息子さんがいました。

他の薬局スタッフとは特に問題ありませんでしたが、この方に関しては、電話応対などもあまり気持ちの良い態度ではない印象がありました。

時には診察の都合などで、やむを得ずぎりぎりの時間帯に薬が変更になることもあったのですが、一方的に自分の主張を通すような言い方をされ、嫌な気分になったこともあります。

そのようなことが度重なり、医療事務だけでは対処できず看護師や医師が対応したこともあるほどです。

その後も何度となくコミュニケーションを図りましたが、残念ながら改善は見込めませんでした。

こっぴどく叱る

一度その方が患者さんを相手に、大きなトラブルを起こしたことがありました。

ある時医療事務側で患者さんにに渡す薬をチェックしていたら、いつもと違った物が入っていることに気が付いたのです。

それは、患者さんの名札に漫画の切り抜きが貼られた物でした。

誰もが知っている漫画だったため、その時は特に気にとめることもなかったのです。

しかし他のスタッフは、それが患者さんに当てた不適切なメッセージであることを見抜いたのです。

それを看護師長や医師に報告したところ、名札を作成したのがその方であることが判明しました。

以前名札の患者さんに自分の不注意を指摘されたことがあったため、腹が立って名札と共に不適切なメッセージを張ったというのです。

後日その方に来てもらい、院長より厳重注意をしてもらいました。

それ以降態度は改まりましたが、その方に対してはあまり良い気分にならなかったです。

医療事務同士のトラブル

医療事務同士でのトラブルもありました。

パソコンが得意な同僚がいたのですが、周りのスタッフから重宝されるようになってくると、他の事務メンバーに厳しい態度で接するようになりました。

私や他のメンバーはパソコンが少々扱える程度でしたので、その同僚ほど操作することができなかったのです。

そのような理由で、同僚から様々な心無い言葉を言われたこともありました。

パソコンが得意だった同僚は、今考えれば少々自信過剰になっていたのかもしれません。

私だけではなく他のメンバーも同じように言われたこともあり、一緒に働いていてあまり良い気持ちがしなかったです。

この一件は、事務のリーダーや副リーダーに相談しました。

上の人に注意してもらう

解決策としては、まず上の人に相談することです。

この時もリーダーから本人に注意してもらいました。

私だけでなく、何人も同じように心無い言葉を言われていたようです。

この一件は事務のリーダーだけではなく、事務長にも報告されたため厳重注意を受けました。

それ以降同僚は態度を改め、普通に接してくれるようになったので安心したことを覚えています。

困った時は上司に相談し、上司から注意してもらった方が良い場合もあります。

その場の状況を考慮して臨機応変に対応しましょう。

医療事務の仕事に興味はあるけど、自分に向いているか心配な人は、こちらから相談すると良いでしょう。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ストレスを感じることもあるけど、医療事務がおすすめの理由

医療事務は看護師や医師、患者さんやそのの家族、業者などと上手く対応していかなければなりません。

対人関係に自信がなくても、医療事務の業務を経験する内に、自然とコミュニケーション能力がアップしたり、様々な人と話せるようになりますよ。

特に人見知りの方は、毎日沢山の方と接することが多いので、良い訓練にもなります。

対人関係がストレスになる方は、相手への接し方や自分自身の感じ方の問題なのかもしれません。

私自身医療事務をやっていた時はとても大変でしたが、今では経験して良かったと思います。

全てにおいて解決策を見つけられる

人間関係においてストレスを感じるかどうか、それは意外と自分次第だと思います。

実際に人間関係に悩んでいる方はコミュニケーションがうまく取れないのではないかと思います。

医療事務だけに限った話ではないのですが、コミュニケーションが取れていないと仕事もスムーズに進みません。

私自身、職場の環境はとても良かったのですが、自分のミスで他のスタッフや患者さんから信頼を失ってしまったことがあります。

上手くいかない時が続くと余計落ち込んでしまうものです。

解決策は簡単に見つかりませんし、失敗してしまうことも多いです。

やることも多く心身共に辛くなり、ストレスを感じて泣いたことも沢山ありました。

でも医療事務の経験をする中で、自分自身大きく成長することができると思います。

そんな医療事務の仕事で働きたいと思った人は、こちらから仕事を出して貰うと良いでしょう。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

人間関係のトラブルというのはどこの職場にでもあるものです。

むしろない方が少ないかもしれません。

人間なのでやはり相性の合わない方はいます。

スタッフ同士ならまだしも、患者さんが相手ではそういうわけにはいきません。

医療事務だけではなく、看護師や医師も人間関係のトラブルは注意していますが、中にはどうにもならないものもあります。

時には割り切ることも大事です。

状況を見て臨機応変に対応しましょう。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に行くとまず目に入るのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師の傍らで仕事をしている医療事務員に憧れて、将来病院の仕事に就きたいという方もいらっしゃると思います。以前私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。医学系の学校に通っていたこともあり、様々な病院や施設で実習体験もしてきました。それらの経験から、医療事務とはどんな仕事なのか?資格や充実度などの情報も交えながら紹介します。医療事務とはどんな仕事?医療事務とは、病院やクリニックにおいて医療に関する事務を行う仕事のことです。病院によっては、経理部門を一般事務と呼んだりします。同じ医療関連の事務職でも、病院やクリニック・薬局・老

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事をするにあたって、向き不向きは多少なりとも関係してくると思います。仕事のスキルというより性格上の話になりますが、向かない人にとっては大変だと感じることもあるでしょう。おおざっぱな性格の人などは、業務をするにあたってミスが増える可能性があるかもししれません。しかし、自らの努力次第で改善することは充分可能であると思います。医療事務はどんな仕事?医療事務の主な仕事としては、レセプト業務の他にもカルテ出しやカルテのデータ入力・管理、会計処理や、患者さんへの対応の、その他雑務などがあります。沢山の仕事がありますが、繰り返し日々の業務を行うことで問題なくこなせるようになるでしょう。しかし、慣

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

医療事務の正社員で働くメリットは多いですが、金銭面に関してと思って下さい。待遇などについては基本的にバイトでも重視してくれるので、そこまで差はありません。何故正社員の方が良いのか、派遣やバイトとの差はあるのか、どうすれば正社員になれるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットとは何か、社会保証などもバイトでもつけれる事は付けれますしかし退職金や金銭面については当然正社員の方が上だと思って下さい。ただ以外は特に変わりません。経済的に安定している正社員で働く事は経済的に安定するのは当然ですが、基本的にどこの医療業界もボーナスや福利厚生はしっかりし


医療事務求人に関するコラム

医療事務の魅力を徹底紹介!あなたも医療事務として働いてみませんか?

病院の経営を行う中で欠かせない存在である医療事務の仕事。よく女性におすすめの仕事として挙げられる医療事務ですが、具体的にはどのような点が女性におすすめなのでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事の大まかな仕事内容や魅力、医療事務の仕事を考えている人に伝えたいことについて解説していきます。医療事務の大まかな仕事内容とは?医療事務の大まかな仕事内容としは3つ挙げられます。1つ目は受付業務です。受付業務は来院した患者から保険証を預かり確認、症状の聞き取り、カルテの作成や記載、電話対応、必要に応じて患者の手助け等の業務を行います。受付業務は病院の顔とも言える仕事です。そのため、事務だけでなく接客スキルも

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い医療事務の仕事。実際に家族や友人が医療事務の仕事をしているという人も多いのではないでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事内容はもちろん、将来性にも焦点をあてて解説していきます。更に実際に医療事務の仕事をしていた経験のある筆者が、自身の経験を基に医療事務の仕事をずっとしていきたいと思う理由についてもご紹介したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は受付、会計、レセプト業務の3つが主に挙げられます。受付業務では保険証の確認、症状の確認、カルテへの入力等を行います。それだけでなく、体の不自由な人には手助けをする、子どもが泣いていたらあやす等、状況に応じた気配りをや臨機

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務の仕事は、人によって向き不向きがあります。国家資格ではないため、極端な言い方をすると誰でも出来る仕事ではあります。そのため、医療事務は比較的向き不向きが出る職業と言えるのではないでしょうか。バイト感覚の様な気持ちでは、想像以上に大変だという認識を持っていた方が良いでしょう。この記事では、医療事務の仕事が向いていない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業のため、慣れてくれば単調に

医療事務の悩みで多い5個のこととその解決法。

「医療事務は働きやすい」「医療事務は女性に優しい仕事」等という文句を聞いたことはありませんか?確かに医療事務は女性が続けやすい仕事です。しかし、医療事務の仕事でも大変なことは当然あります。今回は医療事務の悩みで多い5個のこと、その悩みの解決法、それでも医療事務をおススメする方法を解説していきます。医療事務の悩みで多い5個のこと医療事務はとても魅力的な仕事ですが、悩みを抱えている人も多くいることが現実です。では、具体的にどのような悩みを抱えているのか5個に分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はカレンダー通りの休みがとりやすいこと等から、比較的家庭との両立がしやすい仕事です。それゆえ働い