金融事務は雇用元が金融機関であるという安心感から、事務職の中でも人気の仕事です。

金融事務の求人もよく見かけますが、どういう仕事内容なのかよく分からないという方も多いかと思います。

そこで今回は、金融事務の仕事を検討している方や求職中の方に向けて、金融事務の仕事について解説していきます。

金融事務のおおまかな仕事内容

金融事務といっても、具体的な仕事内容は想像しづらいもの。

この章では、金融事務のおおまかな仕事内容や、求められる役割について紹介していきます。

おおまかな仕事内容

金融事務の仕事内容は、銀行と証券会社で異なります。

まず、銀行は窓口業務とバックオフィス業務が主です。

銀行の窓口業務では、口座の開設や入金、送金などの作業を対面で受け付けます。

バックオフィスでは、契約の確認や入出金の管理、電話対応や入力作業などを行います。

次に証券会社の窓口業務では、有価証券の販売に関する対応などを行います。

またトレーダーやアナリストのアシスタント業務も行います。

金融の事務は会社でどういう役割を求められる?

金融の事務は、お客様の個人情報や金銭に直接関わる仕事です。

責任感をもって仕事を円滑に進める裏方的な役割を担っています。

金融の事務の仕事は、間違いが許されません。

そのため、お客様に対して責任をもちつつ、仕事を円滑に進められる人が金融の事務に向いていると言えます。

金融事務求人にはどんな種類があるの?

金融事務の求人は、大きく分けると窓口業務と一般事務の2種類になります。

銀行での窓口業務は対面での接客を意味し、一般事務は入出金の処理やデータの入力などを指します。

証券会社では、窓口業務に加え、トレーダーやアナリストのアシスタント業務が加わります。

金融事務求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

金融事務といっても、金融機関によって業務内容が異なります。

金融事務求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンは、銀行、証券会社、事務センターの3つに分けられます。

この章では、金融事務求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンを解説します。

銀行での事務

銀行での事務は、窓口業務や銀行内での案内係、バックオフィスといった業務を任されます。

証券会社での事務

証券会社での事務は、営業やトレーダー、ディーラーの業務のサポートや顧客の電話対応といった仕事を行います。

事務センターでの事務

事務センターとは、銀行や証券会社が契約内容などのデータ入力のためにもっている事務所です。

接客はないので、接客に自信はないけれど事務作業は得意という方におすすめなのが、データセンターでの事務です。

求人は事務センターとして行なうことがほとんどなので、もし事務センターで働きたければ、データセンターの求人を探しましょう。

金融事務求人の募集でよくある職種

窓口業務、バックオフィス

窓口業務では、対面で入金や振込、口座開設などの業務を受け付けます。

バックオフィスでは、窓口業務で受け付けた入出金や口座開設、振込処理といった業務を実行します。

一般事務

データ入力や電話対応などを行います。

事務センターでの業務が、一般事務にあたるといえます。

営業アシスタント

営業のサポートを行う業務です。

証券会社の事務では、特にトレーダーやアナリストのアシスタントを行うことが多く、金融商品の知識が問われます。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

金融事務は、銀行や証券会社など金融機関によって業務内容が変わってきます。

採用後のミスマッチを防ぐためにも、どういう事業形態が良いかを把握しておくことをおすすめします。

例えば、証券会社ひとつをとっても店舗とデータセンターでは業務内容が異なります。

店舗だと窓口業務やアナリストのアシスタント業務などですが、事務センターでは入力作業が主です。

採用後に自分がやりたかった仕事と違う...ということにならないように、どういう事業形態や職種があるのか、自分に合っているのかを把握しておきましょう。

金融事務求人でよくある募集内容とは?

金融事務の求人はよく見かけますが、どういった人材を求めているのでしょうか。

この章では、金融事務の求人でよくある募集内容を紹介していきながら、金融事務の求人で求められる人材について考えていきます。

必要なスキルや資格についても紹介していきます。

給与相場

金融事務の求人の多くは派遣です。

派遣での相場は、時給1300円ほどです。

勤務時間や休日、残業

金融機関は、土日祝日休みなので、金融事務も土日祝日休みであることが多いです。

また、ほとんどの金融事務は週休2日制です。

残業は、繁忙期(決算期、年末年始など)に多少発生します。

普段は定時で帰れることがほとんどです。

福利厚生

有給や健康保険など最低限の福利厚生はあるところがほとんどです。

求人だけでは判断できない点もありますが、最低限の福利厚生があるかどうかは確認しましょう。

勤務場所

勤務場所は、店舗と事務センターがあります。

求人で店舗か事務センターか明記があるので、しっかり確認しましょう。

店舗だと、窓口業務や案内係などの業務を行います。

事務センターは契約データの入力作業などをする事務所で、他にもスタッフがたくさんいる環境で働きます。

求められる人物像

数字に強い人

金融事務で求められる人物像は、まず金融機関では数字をとにかく扱うので、数字に強いのが理想的です。

数字に対して苦手意識がない人は金融事務に求められます。

責任をもって仕事ができる人

お客様の個人情報やお金に関わるので責任をもって仕事できる人が求められます。

お客様のお金を預かっているという立場上、ささいなミスも許されません。

最初から最後まで、責任をもって仕事ができる人が求められます。

金融事務の仕事に向いているのはこんな人

まじめできっちりした仕事がしたい人

金融機関での仕事は、1円の誤差も許されません。

金融事務も同様です。

毎回の取引で誤差が出ないようきっちりとした仕事が求められるため、まじめにしっかりと仕事がしたい人には金融事務の仕事がおすすめです。

知的好奇心の高い人、向上心のある人

金融機関で働くには、専門知識がどうしても必要になってきます。

特に証券会社では、扱っている金融商品についての知識が必要です。

知的好奇心が高く、知識を吸収して成長していきたいという向上心がある人には、金融事務の仕事が向いています。

資格を取得すると仕事ができる領域が増えて、昇給のチャンスも広がるのでおすすめです。

例えば証券会社では、証券外務員資格を取得すれば、金融商品を取り扱えるようになり、業務の幅が広がります。

金融事務の仕事は、知識を高めて向上していきたいという意欲のある人が向いています。

必要なスキルや資格、経験

他の金融機関で働いた経験

他の金融機関で働いた経験があると有利です。

また求人でも、他の金融機関での経験を問われることが多いです。

事務の経験

業種を問わず、事務の経験を問われることも多いです。

金融業界未経験のうえに、事務も未経験だと採用後に仕事を覚えるのも大変なので、事務の経験があると有利です。

必要な資格

ファイナンシャルプランナーや、簿記、証券外務員資格などの資格もあると有利です。

有資格だと、時給が上がることもあります。

もし金融業界未経験だとしても、資格を取得するのがおすすめです。

金融事務求人の雇用形態による違い

近年の金融事務の求人は、派遣での雇用が主流です。

正社員は新卒での採用がほとんどで、中途で正社員の採用は少ないです。

派遣社員と正社員の違いは、雇用主が違うことです。

派遣社員は雇用主が派遣会社であるのに対し、正社員は勤務先が雇用主になっています。

仕事面では、正社員が責任者を勤めるのに対し、派遣社員は現場で仕事をする立場にあることが多いです。

金融事務のやりがい、やっていて良かったこと

金融事務は、お客様の個人情報とお金を預かる大変な仕事です。

大変な分、やりがいもあります。

この章では、金融事務のやりがい、やっていて良かったことを解説します。

無事にお客様の用事が済んだとき

銀行では、案内係として店舗に立つときもあります。

銀行に来ても、まずどうすればいいか分からないお客様がほとんどです。

そういったお客様をご案内して、無事にお客様の用事が済んで退店される様子を見ると、自分の役割を果たせたという実感が湧いてやりがいを感じます。

繁忙期に無事に業務が終わったとき

繁忙期は、店舗にたくさんのお客様がいらっしゃいます。

窓口の待ち人数が30人を越えることもザラにあります。

そんな中、無事業務が終わったときはほっとしてやりがいを感じます。

システムの処理をミスなく終えたとき

銀行の入出金のシステムは、慣れるまでが大変です。

そしてミスが許されないので緊張感が毎回ありました。

そういったシステムの処理を無事に終えられたとき、やりがいを感じます。

いつもいらっしゃるお客様から声をかけてもらったとき

銀行では、近所でお店をやっている方などほぼ毎日のように顔を合わせるお客様もいました。

そんなお客様からお声をかけて頂けたときは、嬉しいです。

そしていつもお会いしているお客様にミスをしてはならないという責任を感じ、やりがいを感じます。

金融知識が身についた

金融知識は、普段の生活ではなかなか身につかないもの。

ですが、金融事務をやってから、実務で金融知識を得るようになって、実生活でも役に立っています。

自分のマネープランも立てられるようになったことは、金融事務をやって良かった点です。

金融事務求人についてよくある疑問

金融事務の仕事内容は金融機関によっても異なるため、明言するのが難しい仕事でもあります。

そんな金融事務の求人について、疑問がある方も多いことでしょう。

この章では、金融事務の求人についてのよくある疑問を解説していきます。

金融事務は未経験でもできる?

金融事務では、経験者が優遇されることが多いです。

そして金融事務は倍率が高いので、未経験者には不利に思われるかもしれません。

しかし未経験者でも資格をとるなどしていて熱意があると思われれば、採用される可能性も十分あります。

自己PR次第でも採用してもらえる可能性はあるので、未経験だからといって諦めてしまうのはもったいないです。

また金融業界が未経験でも、事務の経験があれば、事務での経験を買われて採用してもらえることもあるので、諦めずに応募してみるのをおすすめします。

金融事務は倍率が高い?

事務職の人気が高い昨今、金融事務も人気が高いです。

また派遣社員の求人が多い金融事務は、幅広い層からの人気が高いです。

金融事務に特にこだわりがないなら、他の事務職への就職も視野に入れた方がいいかもしれません。

金融知識がないと金融事務になれない?

金融事務では、もちろん金融知識は重要です。

しかし入社してから覚えられることもたくさんありますし、基本的な金融知識があれば問題ないでしょう。

あらかじめ金融知識を知っていることも大事ですが、採用段階では数字に強いことや仕事を覚える意欲の方が大事です。

事務センターも服装規定が厳しい?

金融業界といえば、服装規定が厳しいイメージ。

事務センターでは接客がないですが、服装規定はどうなっているのでしょうか。

事務センターでも接客がないとはいえ、ビジネスカジュアルで勤務するといった社内規定があるので、自由な服装や髪型はできません。

あまりにも華美な服装はNGです。

金融事務でも英語は必要?

店舗によっては外国人の来店が多く、英語ができる人の求人をしている金融機関もあります。

しかし、ほとんどの店舗ではそこまでの英語力は問われていないことが多いです。

ただし日本に住む外国人が増えており、外国人の来店客も増えています。

英語ができた方が将来的に良いでしょう。

まとめ

金融事務の仕事は、とにかく正確性が求められることから、責任をもって最後まで仕事に取り組める人が求められています。

お客様も、金融機関を信用して利用して下さっているので、その信用を裏切る訳にはいきません。

1円の誤差も許されないという金融事務の仕事は、まじめにきっちりとした仕事がしたい人にはおすすめの仕事です。

また金融事務の仕事は、知識の専門性が高いことから、資格を取得すれば業務の幅が広がり、キャリアアップをすることも可能です。

その後のキャリア構築にも役立ちます。

事務職ではキャリア構築が不安という方にも、金融事務はおすすめの仕事です。

ぜひ金融事務の仕事を検討してみてください。


関連キーワード

事務求人

事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

大学事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3つの特徴やキャリアについて解説します

決して華やかではないけれども、人気職種としてあげられるのが、大学事務です。派遣会社にも案件はありますが、なかなか合格にこぎつけられないのが実状です。大学事務は、その名の通り、大学内での事務なので、交通の便を含めた環境がとても良く、生徒の授業時間に合わせたはっきりした勤務時間で、働きやすい環境といえます。資格なしで始められるのも利点です。そのため、他業種から転職したスタッフも多くいます。しかしながら、誰もが好きになることができる仕事というのは、この世にはありませんよね。大学事務の仕事を得意とする人は、どういった人なのでしょうか。大学事務が誇りの仕事にできる人を調査してみたいと思います。大学事務の

特許事務求人でよくある募集内容や雇用形態やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは特許や知的財産権という言葉を聞いたことがあるかと思います。この特許や知的財産権はどうやって保護するか知っていますか?特許や知的財産権を守るためには特許庁に特許を申請しなければなりません。では誰がやるのか?特許庁へ特許申請や知的財産権の保護を申請するのは弁理士の役割です。ただ、特許申請などに関しての書類作成は弁理士ではなく特許事務が取り扱っています。特許申請に必要書類を作成と聞くと特許事務の仕事は難しい仕事や必要な知識がなければチャレンジすることができない仕事のイメージがあります。実際は未経験者でも特許事務の仕事をすることが可能です。今回は特許事務の求人に関して色々とまとめてみました。

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

住宅事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

憧れのマイホームを建てるために訪れるのが住宅展示場。今回はそんな住宅展示場の事務仕事である「住宅事務」の求人募集内容についてや、仕事内容・おすすめの求人チェックポイントをご紹介していきます。住宅事務のおおまかな仕事内容ハウスメーカーや工務店などの住宅展示場には、営業さんだけでなく事務仕事をしている人もいます。そんな事務仕事はどんな仕事内容なのか、どういった役割なのかをまずは順番に見ていきましょう。おおまかな仕事内容集計をする営業さんがお客さんと打ち合わせした結果ややりとりの内容、進行状況などを営業さんに聞き取り、パソコンで入力して表にまとめていきます。契約や打ち合わせのノルマが決まっているので

貿易事務派遣求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

派遣の貿易事務に応募したくても、いざ求人を見るとなかなか決められないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは自分に合った仕事を探したい人のために、派遣の貿易事務について待遇や仕事内容を解説します。派遣の貿易事務はどんな仕事?派遣の貿易事務は海貨業者やフォワーダーなど、輸出入を担う業者で通関書類を整えて船舶等を手配したり、商社やメーカーなどで関連業者と連携しながら輸出入書類を作成し、物の流れや請求、支払いなどのお金の面を管理する仕事です。貿易事務は派遣社員の需要が高い分野で、初心者でも補助業務を見つけやすいですし、キャリアを重ねて必要なスキルを身につけて行けば、年齢に関わらず働き続け

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

金融事務正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

事務職を探している皆さんにとって、「事務」の仕事はどんなものがあるのか未知の世界ではないでしょうか。「事務」と言っても、業種によって仕事の内容や求められることは変わります。今回は事務の中でも少々特殊な金融事務の正社員求人について紹介していきます。尚、主にクレジットカード業界を中心に書いています。金融事務(クレジットカード会社)の正社員はどんな仕事?クレジットカード会社の場合、「内勤」として業務を行います。業務内容は、幅広く事務をするよりも「専門職」として働くことが多いです。クレジットカード会社での事務は未経験や知識がなくても始めることができますが、スキルアップしていくには当然専門知識を身につけ

一般事務派遣求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

一般事務の派遣や契約社員、正社員経験者としての目線で説明させていただきます。求人の募集要項のみでは、実際に働いてみないと分からないこともいっぱいです。こんなの聞いていなかったというようなことも多々ありました。募集要項というのは、多くの場合、派遣会社や派遣先の企業にとって都合の良い部分しか書かれていないことも多いです。「聞いていなかった」などと思うことのないようにしっかり調べてみるのがおすすめです。一般事務派遣はどんな仕事?一般事務派遣は、基本的には、正社員の事務員の人の補佐的な業務です。データ入力や電話対応が主な仕事です。データ入力の業務が多いので、パソコンの操作は必須です。人員が足らないとこ

病院事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

病院では医師や看護師、臨床検査技師や診療放射線技師、臨床工学技士などの専門職種だけでなく、多くの事務員が働いています。ただし、事務と言っても、中には専門的な知識を必要とされる部署に配属されることもあり、一纏めには説明出来ません。そこでこの記事では、特に多岐に渡る業務を行う管理部門の病院事務の正社員についてご説明します。病院事務はどんな仕事?冒頭でお伝えした通り、病院事務と言っても、病院や施設ごとに様々な呼び名があり、それぞれ行う仕事の範囲や種類が違います。医療事務採用件数が多く、専門学校も広く開校されているため、病院事務と聞いて多くの方が思い浮かべるのが、こちらの職種だと思います。採用にあたっ