今となっては派遣社員には色々な業務がありますが、また経験の有無にも募集によっては様々です。

今から30年位前の派遣社員はスキルがある人しかなれませんでした。

そう、スペシャリスト=派遣社員だったのです。

それがいつの日からか、正社員として就職できない若者が非正規雇用ということで派遣社員という働き方をするようになり派遣社員=スキルが不足しているイメージが出来上がってしまったのです。

しかし、事務の派遣はやはり他の職種の派遣に比べると全くの「未経験」の募集は少ないほうかもしれません。

そんな派遣事務未経験についていくつかお話していきたいと思います。

派遣事務未経験のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

電話応対、来客応対、コピー、ファイリング、郵便物発送、社内便仕分け等庶務と呼ばる仕事が多いでしょう。

PCに向かって黙々と…というには実は事務では少ないかもしれません。

意外と未経験で始める事務は動きのある業務も含まれると思ってください。

「座って楽したいから」という気持ちでいる人は要注意です。

「こんなはずでは」という仕事を頼まれることがありますよ!

派遣事務の未経験は会社でどういう役割を求められる?

未経験での役割はやはり「気遣い」でしょう。

頼まれた仕事がひと段落したらまずは「お手伝いできることはありませんか?」と社員の人に聞いてみたり、来客が帰った後の応接をさっと片付けてみたり、事務そのものは未経験ですができることを率先してすることで社員の人も仕事を教えてくれる時に丁寧に教えてくれたりするものです。

そんな関係作りをすることで未経験のハンディをカバーすることをおすすめします。

また、男性の多い部署などでは職場環境を整備(整理整頓)をしてあげたりすることも役割のひとつです。

派遣事務にはどんな種類があるの?

一般事務・営業事務・センター事務等色々な事務があります。

派遣事務の募集でよくある施設や事業形態のパターン

営業所の事務

その名の通り営業所での事務。

昼間などは営業が外出してお留守番をしながら事務作業を行うことになるので、まずは社員の方の行動を把握しておくことが大切になる事務です。

また、昼間は一人になることが多いので急なお休みはなるべく避けることが大切です。

営業所に誰もいなくなることになる → 電話応対をする人がいない → 社員の人がスケジュールを調整してお留守番をすることになる…などとなってしまうこともあるからです。

一般事務

企業内の部署での一般的な事務。

他部署でも同じような仕事をしている派遣社員がいることが多い仕事です。

比較的大きな企業の本社などに多いでしょう。

一言に一般事務といっても派遣先企業によって示す内容は相違することが多いので、必ず派遣会社に仕事内容を細かく確認することをおすすめします。

センター事務

コールセンターでの事務や金融機関などの事務センターでの書類の不備をチェックしたりする業務です。

申込書の記入内容をチェックして不備がある場合は返送したり、不備のない書類を専用システムに入力したりする業務です。

教育環境も整備されており未経験者にとっては大変働きやすいでしょう。

また、同じ仕事をする人が複数名いるので急な休みにも対応してもらえることが多いでしょう。

しかし、派遣社員を同じ雇用形態の派遣社員のリーダーが仕切ることが多く比較的人間関係が難しい場合があるかもしれません。

派遣事務未経験の募集でよくある職種

一般事務

比較的簡単な仕事内容が多く、専門知識があまり必要ないことが多いのが特徴です。

まずは電話応対ができコピーやスキャナーが使えて、書類のファイリングすることがメインとなるでしょう。

安易な仕事がおおいのですが、慣れてくると雑用が多いため嫌になる人も中にはいるかもしれません。

事務センター事務

金融機関の事務センターなどは多数の派遣スタッフが稼動しており、教育もきちんと行われているので未経験者歓迎の募集を目にします。

業務の幅が狭く一度覚えれば簡単な業務が多いでしょう。

また、チームリーダーなどがいて、質問をしやすい環境です。

ここでポイントは比較的業務量が多いことが挙げられます。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

とにかく事務の経験をつみたいのであれば、まずは事務という仕事が自分にあっているのか「期間限定」の派遣の求人に応募してみることをおすすめします。

これは繁忙期のみの募集や産休育休社員の補填などの募集で期間がきまっているので比較的期間が短く、「事務」自体が合わなくても期間満了で終了することがしやすいものです。

あるいは、業務委託の募集であれば派遣会社が請け負っているためスキル自体が不足していても採用してもらえる可能性が高い形態です。

派遣事務の未経験でよくある募集内容とは?

「未経験歓迎」という募集はよく目にしますが、偏見かもしれませんが企業側のリクエストかもしれません。

経験者でミドルの派遣スタッフを紹介されるのであれば経験の少ない20代を希望している…という可能性があります。

20代の方はともかく、ミドルで事務経験が未経験の方は注意したほうがいいでしょう。

「未経験歓迎」のあとに「20代スタッフ活躍中」の文字はありませんか??

給与相場

最近では経験未経験問わず比較的一律な時給が提示されていることが多いです。

派遣会社としてもどんなにスキルがあっても派遣先企業からの受けの時給がかわらないのであれば経験未経験問わずの金額で提示してくるでしょう。

首都圏であれば大手派遣会社はおおよそ時給1500円前後といったところでしょうか?

勤務時間や休日、残業

勤務時間は9時始業の17時30分就業の実働7時間30分という会社がおおいのではないでしょか?

始業時間就業時間前後30分変動はあるでしょう。

また事務の場合、休日は土日祝が多いのが特徴ですが、気を付けなくてはならないのは「完全週休二日」と記載されてなく「企業カレンダーあり」の表示がある場合、決算時期は土曜出社があったり、祝日がある週は土曜出社であったりする場合があるので注意です。

残業は最近の傾向としては10~20時間程度というのが一番多いでしょう。

福利厚生

福利厚生ははっきりいって派遣会社の規模に左右されます。

ただ言えることは大手派遣会社は一般的な企業よりも企業規模が大きく福利厚生も充実していることが多いです。

また、系列系の派遣会社であれば親会社の福利厚生と同じであったりと比較的恵まれていることが多いでしょう。

勤務場所

やはり未経験者の場合は、本社などで派遣社員が他の部署にいたり、あるいは社員がたくさんいる部署であることが多いでしょう。

求められる人物像

未経験なのですから、「学ぼうとする姿勢」がある人や、コミュニケーション能力の高い人が求められるでしょう。

未経験から脱出する努力をする人はきっとスキルもみにつきあっという間に未経験から脱出できますよ!

必要なスキルや資格、経験

できれば習った程度でいいのでPCのスキルは必要でしょう。

エクセル・ワードの初歩的なことは理解できるようにしておくことが望ましいです。

また今となってはメールは必須アイテムです。

メールの送受信ができ、資料を添付する程度のことはできるようにしておきましょう。

電話応対の経験はきっと役立ちます。

経験がなくてもビジネス応対の基本をマスターしておけばいざというとき安心です。

派遣事務未経験のおすすめ求人のポイント

未経験の仕事は事務に限らず不安ですよね。

契約期間満了まできっちりと勤務できるように事前に求人のポイントをしっておくことは大切です。

ぜひ、ポイントをおさえて契約期間満了をめざしましょう!

「きっちり研修あり!」

事務センターなどの定期的な募集などではこのような記載のある求人をよく見かけます。

センターのようなところでは大勢の人を募集して教育することになれているので事務未経験の方にはおすすめです。

センター等であれば比較的業務の範囲も狭いので色々なことを平行して行うことが苦手な方におすすめです。

「時間に余裕があり!」

比較的業務量が少ない事務の募集にみかける求人です。

事務派遣を行う人には忙しいほうが一日が短くていいなどというひとが結構いて、未経験でも就業開始するチャンスがあるものです。

時間に余裕がある職場は社員の方も余裕があるので、質問もしやすいのでおすすめです。

「複数名の募集!」

未経験でも同時期に就業開始の人がいれば何かと頼りになります。

社員の方に聞きにくい初歩的なことでも同業務の派遣社員がいればききやすいですよね。

精神的にも安心できるので未経験の方にはおすすめです!

派遣事務未経験についてよくある疑問

応募方法は?

まずは派遣会社にスタッフ登録をして、詳しい話をコーディネーターに聞いてみましょう!

登録をするとより詳しい企業の情報をきくことができます。

悩む前にまず登録をして詳しい情報を入手してから悩みましょう。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

派遣業界では「面接」は紹介予定派遣でなければ行いません。

その代わりに「職場見学」というものが設けられています。

そう…「面接」なんですが「面接」という呼び方はしないのが一般的です。

また「職場見学」での質問も基本的に規制が多く大企業が派遣先であればあるほど企業側からの質問はあまりありません。

スキル面での質問はありますが、「家族構成」「既婚未婚」「子供の有無」等プライベートに関することは人事部の指導できかないのがほとんどです。

しかし、派遣社員からすれば知っておいてほしいことがある場合は自ら話しておきましょう。

そうすることはミスマッチ防止につながるので後々大切なことです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

ほとんどの派遣会社は時給制をとっていますが、最近では「祝日が多い日でも安心の月給制!」なんていう募集をしている派遣会社もあります。

またほとんどの派遣会社は交通費の支給はありませんので注意してください。

残業って多いの?

残業の有無は派遣先企業によって様々です。

社員には残業させるが派遣社員には原則残業をさせない企業や、社員と変わらなく派遣社員も30時間程度毎月残業をしている企業など色々です。

独身でとにかく稼ぎたかったり、どうしてもその企業で働きたいと考えている人は残業が多くてもチャレンジしてみるのもいいでしょう。

ただ派遣社員は非正規雇用です。

過度な残業で体調を崩しても休職できるわけではありません。

自分の身体や心と相談して残業の有無については検討することをおすすめします。

シフトの自由度ってどうなの?

基本的には事務派遣でシフトというのは少ないでしょう。

ただ、物流業界や流通業界などではシフトの可能性はあります。

シフトの自由度がある企業は募集時に「お子さんの学校行事や急な病気にも対応可能です」などと記載があります。

もし、お子さんがいたり、習い事をしていたり、通院等で決まって休みを取得することが予想される場合は前もって派遣会社に確認をすることをおすすめします。

資格って必要なの?

募集要項に記載がなければ特に必要はないでしょう。

ただ、経費精算や伝票起票等の業務が仕事内容にある場合は、簿記3級程度の知識があると好印象を与えることは確かです。

ただ、経験がないのに資格オタクで資格ばかりもっていて稼働前に派遣先企業に過大な期待を寄せられるのもいかがなものでしょうか?

まとめ

派遣事務未経験といっても今どき「PCまったくできません」「電話とったことがありません」「コピーしたことありません」なんて人はほとんどいないと思います。

少しの経験でもそれをもとに成長していけばあっという間に未経験から脱出することは可能です。

会社で事務の経験がなくても、卒論はPCで作成していたり、メールは自宅のPCで使用していたりと経験していることはあるはずです。

そこから、自分自身も努力して覚えることで事務の経験はいくらでも積むことができるのです。

事務の仕事は気遣いの仕事でもあります。

人と接する仕事でなくても、社員の人が見やすいように書類をそろえたり、ファイリングをしたりといくらでも経験していなくても、「相手の立場にたった心遣いをすることで十分スキルがあるといえるのです。そこにPCやビジネスマナーといった専門的な作法を学ぶことで経験は積まれていくのです。


関連キーワード

事務求人