「不動産屋さんの一般事務ってどんな仕事?不動産屋さんて、なんか馴染みがないから女性が働けるのか不安だわ。」と言う方に分かりやすく説明していきたいと思います。

「不動産事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産事務のおおまかな仕事内容

電話、メール、来店のお客様からのお問い合わせの応対。

物件情報の登録、修正。

広告の作成。

営業補佐。

物件の空き状況や、売買の情報のお問い合わせにお答えしたり、問い合わせのあった図面の送付や売買、賃貸不動産の広告図面作成を作成。

管理物件の見回り、大家さんに変わって集めた家賃の支払いや入金確認、家財保険の手続きなどがあります。

不動産事務は会社でどういう役割を求められる?

お客様に信頼して頂けるような、不動産屋の顔のような役割です。

それには、明るく責任感ある態度が求められます。

不動産事務求人にはどんな種類があるの?

不動産屋さんと一口に言っても、デベロッパー、販売代理店、仲介業者、管理会社がありそれぞれに事務のお仕事があります。

それらを、ご紹介します。

不動産事務求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

モデルルームの事務

デベロッパー会社の建設したマンションや一戸建てのモデルルームで、お客様の応対をする仕事です。

その物件の良さをアピールしたり、お客様の質問にお答えすることが主な業務です。

販売代理会社事務

不動産を購入したいと考えるお客様のメインの窓口となり、電話応対、物件紹介、資金計画のご相談にお答えするお仕事です。

仲介会社事務

仲介会社は、賃貸仲介と売買仲介を業務としています。

物件のオーナーや売主とお客様の間に立ち双方の意見の調整や時には交渉をして、契約に至るまでの様々な事務作業(契約書やローン借り入れ書類の作成補助)がお仕事となります。

管理会社事務

管理組合やオーナーの委託を受けて、マンションやビル、一戸建ての建物の維持、管理を行う会社で家賃集金、クレーム対応、物件のメンテナンスを手配するお仕事です。

不動産事務求人の募集でよくある職種

営業事務、広告作成、データ入力

これらは、比較的一般的な不動産事務求人募集です。

基本的には営業補佐としての仕事ですが、お客様のお問い合わせの応対や契約までの書類作成など、物件情報の広告図面作成、物件情報の入力や管理などが主な業務になります。

一般事務

この場合、営業事務、広告作成、データ入力に加え店舗もしくは会社の総務、経理も兼任して行う事もあります。

小さな規模で営業している仲介会社ですと、事務は1人ということもあります。

そうすると、雑務全般を行う事になり、臨機応変さを求められます。

宅建事務

不動産会社には、法律に定められた人数に対して決まった人数の宅地建物取引士の有資格者が必要となります。

不動産の賃貸、売買の契約には必ず資格を持ったスタッフが必要となる為、有資格者の応募があります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

不動産会社の仕事は、多岐にわたっていてその事業形態に合わせた事務の仕事が多くあります。

モデルルームでお客様の応対をする事と、管理物件の家賃集金やメンテナンスの手配をする事。

このどちらも不動産事務業務です。

自分の適正にあった仕事を見つけることが、必須です。

「不動産事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産事務求人でよくある募集内容とは?

業務内容や職種も、求人内容でとても重要な部分ですがその他の条件もおさえておきたいですよね。

給与相場

経験者、初心者で違いはありますが大体17万円くらいから、25万円くらいが初任給の相場です。

勤務時間や休日、残業

勤務時間はオフィスで働く場合は、午前9時から午後6時位までの平均8時間勤務が多いですが、店舗営業の場合もう少し遅く、10時頃に開店するところも多いようです。

会社の規模にもよりますが、不動産屋さんは昔から土日の忙しい時ではなく水曜日をお休みにしている所が多いです。

会社によっては、繁忙期はお休みをなくし閑散期にまとめてお休みを取るところや、週の中で水曜日ともう1日は交代でとっているところもあります。

世の中の流れとして残業を削減する傾向が強くなっていますが、もともと不動産屋は体育会系の体質が強いと言われる事が多く、今も古い体質の組織の会社もあります。

応募の際に、勤務時間や残業についても確認しておくといいでしょう。

福利厚生

大きな会社では福利厚生が充実している所がほとんどで、保養所も持っている会社や独自の福利厚生内容のある会社もあります。

ただ、小さな規模で営業している会社では福利厚生はあまり望めない所が多いです。

募集要項を良く確認することをお勧めします。

勤務場所

勤務場所によって働く環境が大きく左右する業界だと言えます。

その土地の方がお客様になる事が多い為、勤務地はよく吟味するといいでしょう。

商店街や、大きなマンションの多い土地柄であれば応対するお客様も多くなりますし、都市部ではビジネスマンの忙しいスケジュールに合わせて、スピーディーな応対が求められる為、勤務中は息つく暇もないこともあります。

田舎の店舗であれば、地元の方が尋ねてきて井戸端会議もお仕事の1つなんて事もあります。

求められる人物像

不動産屋さんは、お客様の生活の重要かつ必須な部分の住まいに関わる仕事であるが為求められる条件も厳しくなります。

人と関わる事が好き

不動産会社の仕事では、様々なお客様や同業他社のスタッフの方とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきます。

お客様はご年配の方から若い方まで年齢層も幅広く、色んな価値観や考え方を持った方とお話していきます。

そして、お客様の大事な住まいを決めるという大事な部分のお手伝いをする訳ですから、親身にお話を聞きそれをプロの立場でご提案するにはやはり人と関わる事が好きな人という事が求められます。

打たれ強さ

不動産会社は、仕事のほとんどが人と関わる事です。

何度ご提案してもお客様の気にいる物件をご提案できなかったり、不動産という唯一無二の商品をご提案している以上スケジュールの都合や、お客様が悩んでいらっしゃる間に他の方が借りてしまったり買ってしまったりといった事もあります。

そんな時に、お客様の残念な気持ちに寄り添いつつ次の物件探しの気持ちをそれとなく作っていく為には、自分までガッカリしていては業務が進みません。

それから、管理会社事務ではお客様のクレーム対応もあります。

住まいの不具合はそのままお客様の生活のクオリティーに影響しますので、時には強い口調でクレームの申し入れがある事もあります。

そんな時も、一緒に取り乱さないでお客様の要求を素早く感知し対応する打たれ強さが求められます。

気さくな態度

お客様は、不動産屋さんというだけで普段あまり接点がない為身構えてしまいがちです。

不動産屋さんの方も、お客様が慣れて下さるまでのんびり待っていては契約にならないので、お客様のお話からすぐ行動、すぐ回答できるようなフットワークの軽さを心がけ、お客様が気軽に声をかけて下さるような気さくな態度で応対できる人物像が求められます。

不動産事務が向いている人の特徴は、こちらの記事を参考に!

必要なスキルや資格、経験

資格

「宅地建物取引士」不動産会社社員に必要な資格の最も代表的な資格です。

ただ、事務の場合必須ではないかと思います。

持っていると、特別な手当がもらえます。

「普通自動車免許」不動産物件の管理や、オーナー訪問、場合によってはお客様のご案内をする業務に必要です。

経験

特に事務に絶対に必要なスキルというのはありませんが、パソコンを使った作業が多い為慣れておくといいでしょう。

それからお客様応対が多くあるので、丁寧なきちんとした言葉遣いや対応ができる人が歓迎されます。

絶対ではありませんが、お客様にお手紙やお知らせをお渡ししたりする事もある為綺麗な字が書けたほうがいいでしょう。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

不動産事務求人の雇用形態による違い

業務内容が多岐に渡ることの多い事務の求人である為、大手では分業される事も多く、正社員の募集ももちろん沢山ありますが、最近では事務の仕事は派遣社員の応募も増えてきています。

ただ、小さな規模の会社は正社員の応募が多く、仕事の内容も分業ではなくお客様応対から広告図面作成、家賃集金などバラエティに富んだ内容になる事が多いです。

自分にあった不動産事務求人の選び方や注意点

沢山の業務の中から、自分にあった求人を探す事が大切です。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員、派遣社員、アルバイト、パートと雇用形態は色々ですが違いは、お給料、休日、残業が大きく違ってきます。

雇用形態の違いはあってもあまり変わらないのは、お客様の応対が主になる事です。

自分の働ける時間にあった雇用形態を見つけるといいでしょう。

【選び方②】職種から探す

営業事務、宅建事務、モデルルーム接客、とありますが、営業事務と宅建事務はほとんどが店舗事務所の勤務になります。

業務内容もお客様の応対や物件情報の管理、物件の管理が主です。

モデルルーム接客は、業務自体はほとんど同じですが、勤務する環境が最新の綺麗なモデルルームでお仕事という所が魅力です。

【選び方③】会社の業態から考える

デベロッパーや、販売代理会社は自社もしくは委託されている新築の物件の販売が主になる為、必要な物件情報は自社もしくは開発会社が揃えています。

その為、お客様応対に必要な書類に沿って応対しますので、自信を持ってお勧めして手応えを感じられる仕事です。

仲介会社は、きちんと物件の情報が揃っている物件もありますが、中には法務局に申請して情報を集めたり、自分が現地でスケッチや寸法を図って資料を作る場合もあり、こういった事が好きな人にはやり甲斐のある仕事です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

お給料は、仕事選びには欠かすことのできない大事な部分ですよね。

自分の希望するお給料かどうか確認はもちろん必要です。

しかし、高額なお給料の場合、業務内容が自分の望まないもの(事務であってもノルマがあるなど)が入っていないか確認することをお勧めします。

その他雇用条件も併せて確認しましょう。

ノルマが直接かかるのではないが、パートナーの営業マンとセットでノルマ達成が課せられている事もあります。

【選び方⑤】エリアから考える

不動産業務において、エリアは本当に大事なポイントです。

同じ会社でも、勤務地で天と地ほど違う事も珍しくありません。

都心部では、時間に追われて忙しい事が多く、郊外では思わぬ雑務が待っている事もあります。

時間があれば、その土地を見ておくのも選ぶときに役立ちますよ。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

大きな不動産会社であれば、テレビや雑誌でCMを出しているところもありますよね。

企業イメージを大事にしているので、CMから感じる雰囲気を大切にした企業理念で業務を行なっている事もあるので、そんなところも選ぶポイントになりますよ。

注意点

事務とは言っても、電話応対までは想像出来てもお客様に物件のお勧めをしたり管理物件を見回ったりと、想像外の営業の仕事に近い仕事も多い不動産事務の仕事です。

なので、朝からずっとパソコンに向かってる仕事が向いているとか、外に出るのは苦手だという人は、どこまで営業補佐の仕事があるのかを確認した方が良いです。

それから、あくまで事務なので営業補佐のお仕事な為自分がバリバリと契約してお客様の契約件数を沢山獲得するのがやり甲斐だと感じる人は、事務では少し物足りないかもしれません。

\自分に相性の良い会社を探したい人は/

「不動産事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産事務についてよくある疑問

不動産の知識がまるでないけど、大丈夫かしら。

パソコンあまり得意じゃないけど大丈夫かな。

など、興味があるけど無理かなと思っているあなたへ。

応募方法は?

求人募集の連絡先に、不動産知識がないことや自分の得意なこと、出来ないことなどを伝えた上で応募するといいでしょう。

ほとんどの不動産会社では、不動産知識や経験がない事は募集条件には関係ないです。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

会社の規模や事業体系に関係なく、「やる気はありますか?」の質問をされます。

不動産会社は元気な人が多く、パワーみなぎる人達が多くやる気のある元気な人が求められます。

未経験でも応募できる?

「急募経験者」でない限り、未経験でも応募できます。

不動産業務に必要な知識は、仕事しながら覚えるのが一般的です。

逆に色んな業者を渡り歩いている人の方が、敬遠される傾向です。

会社の雰囲気は?

これは、本当に大事です。

ただ、規模に関係なく明るくて活気がある会社が多いので元気な職場が好きな人向きです。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

あります。

派遣社員、アルバイトは残業がほとんどないですが、正社員には会社によっては、残業や休日出勤があるところもあります。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員では、固定給で福利厚生がついたり年金、健康保険、各種手当がつきます。

派遣社員、アルバイトは基本的に時給です。

派遣社員の場合、勤務体系によっては年金や、健康保険がある場合があります。

時給は、他の業種に比べて高めです。

残業って多いの?

派遣、アルバイトの場合はほとんど残業がないですが、正社員は会社によっては、残業が多かったり休日出勤があったりします。

もちろん、残業も休日出勤もほとんどない会社もあります。

シフトの自由度ってどうなの?

通常業務の補佐の仕事の場合は、自由はあまり聞かないでしょう。

ただ、マンションのチラシをポストインする仕事、ビラを駅前で配る仕事の様な場合は、多少の自由は効くと思います。

資格って必要なの?

事務の応募に絶対必要な資格は、特に記載がない限りありません。

不動産会社は、社員交流が盛んで飲み会が多いって本当?

はい、本当です。

元気いい人が多い為か、人と関わる事が好きな人の集まりだからか、どこの会社も飲み会(交流会)が他と比べて盛んです。

もちろん、中には全く飲み会はありませんという会社もあります。

まとめ

外から眺めていると難しそうで特殊なスキルが必要そうな不動産事務ですが、必要なのは「やる気」「社会人としてのマナー」「元気」「好奇心」で、意外と初めて飛び込むにはハードルの低い職種だと思います。

どの人もどんな時代も住まいは必要ですし、「人の暮らしの大切な部分」だという事は、人から求められて成立するお仕事なので、大変なことも多い仕事です。

でもその分、やり甲斐なんて陳腐な言葉では表現できない喜びがあるのも、この不動産事務です。

実際に、自分がお勧めしたりお話を聞いたお客様がそのお家で生活を営むのですから、大げさでなく誰かの人生に大きく関わるお仕事なのです。

その事を踏まえて不動産事務のお仕事に取り組むと、きっと自分の人生も豊かなものになるはずですよ。

【他の不動産の仕事については、こちらもご覧ください】

  不動産事務の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  不動産事務の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト
テレビCMでもお馴染み、派遣の事務を探すなら!種類別に事務仕事を探せるから自分にピッタリなのも見つかりやすい! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

事務求人