受付事務は女性に人気が高く、募集もすぐに埋まってしまうことが多い職種です。

会社の印象を決めてしまういわゆる「会社の顔」としての役割や、お茶出しやデータ処理などの雑務で周りのサポート役になるなどやりがいのあるお仕事です。

そんな人気の受付事務求人にはどんな種類があるのか、具体的な仕事内容や応募時の注意点や気になる疑問など募集要項ではわからない内容を詳しくご紹介します。

受付事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

受付事務の仕事にはどんな種類があるの?

受付事務といえば来客の受付をしてパソコンで事務処理をしてというイメージが強いと思いますが、種類によって仕事内容もさまざまです。

どの受付事務の仕事でもお客様への丁寧な対応やまた周りのサポート役としての仕事が共通してあります。

では、具体的にどんな種類や仕事内容なのか見ていきましょう。

受付事務の募集でよくある施設や事業形態のパターン

医療施設

女性の人気が高い職場で、医療事務は特に人気が高いです。

理由は1度勤めた経験があると年齢問わず復帰しやすことや、全国どこの医療機関でも働くことができるため、将来的に見ても長く務めることがでくるので結婚や出産など環境が変わりやすい女性にはかなり適した職場です。

一般企業

特に大きい企業などでみかけるフロントで受付をしているのが企業の受付事務です。

訪問者の受付や訪問部署への案内などその企業で一番最初に対応する仕事のため「企業の顔」としての役割があります。

接客・サービス業

カーディーラーや携帯ショップ、住宅展示場、百貨店など様々なところで受付事務があります。

商品を販売する販売員ではなく、そのサポート役としての役割もある仕事が多いようです。

他の種類の受付事務よりも接客要素が多い職場です。

受付事務の募集でよくある職種

病院やクリニック

初診受付や会計、来院予約や電話対応などの受付業務からレセプト作成や患者のカルテ管理といった事務作業といったいわゆる医療事務としての仕事になります。

患者の気持ちを理解できることやスピーディーな事務処理が求められます。

資格や実務経験があれば優遇されますが、資格なしで未経験可の求人もたくさんあります。

保険や医療のことなど勉強が必要な職種ですが、医療知識が増えたり、復帰しやすいというメリットがたくさんあるので人気の職種です。

大手企業

一般企業の中でも比較的規模が大きい会社に受付もしくは受付事務があります。

フロントで訪問者の対応や訪問部署への案内をしたり、電話対応や会議室などの管理、お茶出しなども仕事になります。

訪問者を一番最初に対応するため、その対応で企業の印象が決まってもおかしくない「企業の顔」としての役割もあります。

丁寧な対応や言葉遣い、そして臨機応変な対応が求められる仕事です。

ショールームや住宅展示場

家やキッチンなど実物を見たいというお客様の対応を最初にします。

お客様からのアンケート記入のお願いやお茶出し、清掃や電話対応、顧客情報の管理が主な仕事です。

平日は来場者も少ないため、職場に1人で対応ということもあるので設備や構造など簡単な説明をする場合があります。

また、商談中の家族のお子さんと一緒に遊んだりすることも仕事の一つです。

お客様と会話をして何を求めているのかを聞き出したり、顧客情報をわかりやすくまとめておいたりと営業のサポート役でもあります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

どれが良いとは一概には言えませんが、受付事務でも様々な仕事内容があるため自分に合ったやりたい職種を選ぶことをおすすめします。

イメージだけで決めるのはやめておきましょう。

将来的なことも考えて働きたいのであれば医療事務、人と話をすることが好きであればショールームや住宅展示場などその職種を調べて決めるのが良いでしょう。

「受付事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

受付事務でよくある募集内容とは?

受付事務の募集は正社員よりも派遣社員やアルバイト・パートなどの雇用形態が多くみられます。

雇用形態によってそれぞれの給与や勤務内容などの違いがあるのか募集内容をまとめてみました。

給与相場

正社員 月給15万~20万

派遣社員 時給1200円~1800円

パート・アルバイト 時給910~1080円

地域によって違いますが、求人募集で掲載されているおおよその給与額です。

正社員は低い給与相場ですが、年齢や経験等で変動はあります。

派遣社員では1200円以上の募集、パート・アルバイトでは1000円以内か少し超えるかくらいで募集するところが多いようです。

勤務時間や休日、残業

9:00~18:00(休憩を含む)

職場によってはこの時間帯より遅かったり早かったりしますが、だいたい実働8時間で休日も週2日あります。

一般企業では土日休みですが、ショールームや住宅展示場などはシフト制で平日休みになります。

また、医療機関となると土曜日の午前中も営業している場合があるため、休日が1日と半休となる場合もあります。

受付事務は残業はほとんどありません。

派遣社員やパート・アルバイトだと時間通りに帰れることがほとんどです。

ただし、大きい病院などの医療機関は、患者の会計などでは時間通りに業務が終わらないことが多いため残業も多少あります。

福利厚生

社会保険や厚生年金はもちろん交通費(通勤手当)なども企業や会社によっては支給されます。

受付事務を募集している職場は、大企業や医療機関のため福利厚生が充実しているところが多くみられます。

勤務場所

医療機関では総合病院から小さい病院やクリニックと規模はさまざまです。

総合病院であれば大人数で、小さい病院クリニックは3~4人ほどで働きます。

チームワークが重要でお互いにフォローしながら働ける環境です。

また、企業のフロントやショールーム、展示場であれば1人~2人と少人数で本社やそれ以外の店舗、展示場の勤務になります。

1人で仕事をすべて任されることもありますが、同じ勤務場所のスタッフ(営業や他部署など)もいるので相談しながら仕事ができます。

求められる人物像

では、受付事務を募集する上でどんな人が採用されやすく、向いているのか特徴をご紹介します。

笑顔で会話ができる

笑顔がない対応をされるとあまり気分がよくないですよね。

やはり、人と接する機会が多い仕事なので笑顔がある人が求められます。

基本的なパソコン操作ができる

事務作業もある仕事なのでワードやエクセルの基本操作ができることが必要です。

キーボードで文字入力ができたり、メールが送れたりなどの簡単な操作ができる程度で大丈夫です。

会社や企業ごとのパソコンシステムの操作などもあるかもしれませんが、仕事をしていくうちに慣れていくので心配いりません。

事務経験があればここで生かすことができます。

臨機応変な対応ができる

毎日いろんな来客があるため、その人に合わせた対応が必要です。

その時の状況や人に合わせることができる柔軟さが求められます。

困っている方、急いでいる方などどのように対応したらよいか相手の気持ちになって考えることができる人が求められます。

周りを見て行動できる

受付事務はサポート役の仕事もあるため他の社員やスタッフが気持ちよく働ける環境づくりをすることも仕事の一つです。

資料をまとめて他の人にも使いやすくしておいたり、事務室を掃除していつでもきれいな職場で働けるようにしておいたりと周りを見て仕事や行動できる人が必要です。

細やかな気遣いや気配りができる人を求めています。

必要なスキルや資格、経験

特に必要なスキルはありませんが、接客経験があったり、医療機関の応募であれば実務経験や医療事務の資格があれば優遇されることがあります。

受付事務は第一印象が重要なので面接時に明るく笑顔で対応できていれば大丈夫です。

受付事務の雇用形態による違い

ほとんど違いはありません。

医療機関であればスキルを磨いたり、資格などをとっていけば雇用形態にかかわらず給与アップも期待できるかもしれません。

自分にあった受付事務の求人の選び方や注意点

自分の中にある受付事務のイメージだけで選ぶと、実際に働いたときにミスマッチが起きます。

せっかく応募して採用されても、イメージと違ったとすぐに辞めてしまのはもったいないです。

受付事務に応募する時に何を重要視して働きたいのかを考えて選んでみましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員、派遣社員、パート・アルバイトどの雇用形態にするか考えてみましょう。

受付事務は正社員を募集しているところが少なく派遣社員やパート・アルバイトで募集をかけているところが多いです。

残業も少なく、自分のプライベートの時間も大切にしたい人に受付事務はぴったりです。

【選び方②】職種から探す

受付事務といっても職種によって様々です。

接客が多い事務がいいならばサービス系の受付事務、長い目で見て環境が変わっても働きたいのならば医療事務など受付事務でもどのような仕事内容で働きたいのか職種で選ぶこともできます。

【選び方③】会社の業態から考える

大手企業にあこがれているからあの職場で働きたいと会社の規模など業態で選ぶのもいいでしょう。

長く働く上では勤め先の業態は応募する上では重要な情報の一つです。

仕事内容もしっかり確認して応募してみましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

勤務時間帯や休日の日数、どのくらいの給与なら働きたいかで選んでみましょう。

あまり遅い時間まで働きたくない、休日は月に何回ほしい、このくらいもらえる給与がほしいといった具体的な内容を重視することは大切です。

その他の注意点は?

受付事務の仕事は楽だという理由では選ばないようにしましょう。

楽に見えるようで実はとても重要な役割を担っているのです。

企業の顔として、受付をしながらテキパキと事務作業をこなす仕事なので、1日座っているだけというわけでありません。

よく考えて応募しましょう。

「受付事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

受付事務のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

  • 来客の受付や案内
  • 電話対応
  • 資料作成
  • 顧客情報管理
  • お茶出し
  • 清掃
  • 雑用全般(コピーや書類整理など)

職種によっても変わってきますが、主に受付業務と事務職を合わせた仕事内容になります。

受付事務は会社でどういう役割を求められる?

「企業や会社の顔」としての第一印象を決める役割や、周りに気配りや気遣いができるサポート役としての役割を求められます。

来客や訪問者に最初によい印象を与えることができるのは受付や受付事務の仕事でもあります。

また資料作成やお茶出し、清掃などで他の社員やスタッフの手助けや働く環境を整えるなど気配りが必要な重要な役割を担っています。

受付事務についてよくある疑問

他の仕事に比べて求人募集をみかけることが少ない受付事務の応募の仕方や面接内容などの気になる情報や疑問にお答えします。

応募方法は?

フリーペーパーやウェブサイトで求人募集を見つけて電話やウェブで応募ができます。

人気の職種なので気になる受付事務があれば早めに応募することをおすすめします。

また派遣会社に登録しておけば、フリーペーパーやウェブに出でいない受付事務の求人を紹介してもらえるのでそこから応募することもできます。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

どんな人が受付に来ても冷静に対応できますか(あるいは自信はありますか)

パソコンスキルはどのくらいですか、またはワードやエクセルの基本操作はできますか、といった質問を面接でよく聞かれます。

冷静な対応とは、来客や訪問者などその方に合わせた対応をしなければいけません。

時にはクレームなどの難しい対応をしなければならない場合もあります。

そんな時にきちんと対応できる自信と自覚があるのか聞かれることがあるので、はっきりと答えることが重要です。

パソコンスキルは基本操作ができるのかの確認で軽く聞かれることがよくあります。

受付事務では質問内容よりも第一印象や話し方や笑顔などが重要視されていることがあります。

それらを意識しておくと合格に近づけるかもしれません。

未経験でも応募できる?

未経験でも応募できます。

スキルや資格などは働きながら習得していくこともできます。

会社の雰囲気は?

女性が多い職場で、なじみやすい環境です。

接客・サービス業の受付事務であれば、男性社員やスタッフの中に受付事務の女性1人という場合も少なくありませんが、協力できる雰囲気の職場が多いです。

残業って多いの?

医療機関では患者の診察終了時間によって残業が多少発生しますが、他の職種は急な仕事がなければ定時で終わることがほとんどです。

受付事務のお仕事を目指す皆様へ

笑顔とコミュニケーションを大切にできる方なら受付事務は務まります。

やりがいのある仕事なのでぜひ応募してみてください。



関連キーワード

事務求人