事務仕事というのはどんな業種にも存在し、活躍の場は幅広くあります。

求人数も業種は数多く、事務職に就きたいと思っていてもどうやって自分に合った仕事を探せばいいのか、悩む方も多いでしょう。

しっかり情報収集して、就職活動に臨みましょう。

ここでは、事務職の仕事内容や人気の業種、職探しをする上で知っておきたい情報をまとめます。

「事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務求人で人気の業種や職種とその理由

数ある事務職の求人の中で、どんな業種や職種が人気なのでしょうか。

具体的に見ていきます。

業種

商社・貿易会社

商社とは、幅広い商品の販売、物流、企画、投資などを行います。

海外とのやり取りが含まれることも多くあります。

貿易や企画に関わったりと、事務仕事を行う上でもやりがいが感じられることも多い職場です。

事務職や一般職であれば転勤は基本的にありませんが、職種によっては海外に駐在する社員も多く、英語が堪能で国際的な人が活躍しているイメージがある業種のため、人気があります。

通関士の資格や語学系の資格を持っていると、活かせる場が多いでしょう。

一昔前は総合商社が人気企業の上位を占め、華やかな就職先というイメージでした。

現在は大手総合商社が統合などを繰り返し、事業を多角化して、企画や投資に力を入れる傾向にあります。

メーカー

商品を製造して売るのが、メーカーです。

営業事務の仕事は幅が広く、受発注業務や在庫・納期管理の他に、部内の庶務的な事務仕事も担当することが多いようです。

そのほかにも経理事務や一般事務、受付事務など、あらゆる事務仕事があります。

臨機応変な対応が求められ、企業によっては、専門的な商品知識を必要とする場合もあります。

メーカーは商品を売るので、コマーシャルのイメージや商品イメージに惹かれて就職する人も多いようです。

自分の大好きな商品を扱う仕事ができるかもしれない、というのも人気の理由でしょう。

IT企業

成長著しいIT業界。

人気の企業ランキングでも上位に数多くの大手IT企業が登場します。

IT業界の事務を担当するには、高度なPCスキルが求められることも多く、学べることも多いでしょう。

IT事務とは、他の業種と同じように、営業やプログラマーのサポート業務や管理部門の事務を担当するというところはあまり変わらないでしょう。

しかし、他企業よりちょっと高度なPCスキルが必要になってくることが特徴です。

新しい企業が多いため、上下関係があまり厳しくなく、風通しのいい社風も人気の理由です。

働き方改革を率先しておこなっている会社では、効率化して残業を減らしつつ、生産率を上げています。

今までのやり方にとらわれず、革新することができるのも人気の理由でしょう。

旅行、運輸

航空会社や旅行会社は、いつの時代も人気の業種です。

事務の仕事としては、チケットや旅行の手配、発券なども含まれます。

独自のシステムによる作業が多く、特に航空業界のコンピュータシステムはかなり複雑なようです。

チケット予約や航空券手配などのシステムは、一度使いこなせるようになると、特殊スキルとして同業種で活かせます。

”旅行業務取扱管理者”は国家資格ですので、取得すれば一生使える財産になる資格です。

教育

幼児教育関連や学校、通信教育など、教育分野も人気があります。

受付事務や営業事務、経理事務、一般事務などの業務の他にも、教材開発に関わる仕事などもあり、やりがいを感じられる業務も多いでしょう。

少子化でも、子ども一人一人にかける教育費は伸びている傾向にあり、教育に携わりたいという熱意がある人にとってはやりがいの感じられる職場です。

金融

銀行や証券会社などの金融事務は、専門性が高く、一度身に付けると同業界の中でキャリアアップできる可能性が高まります。

一般的に給与が高いと言われている業界で、外資系の金融などは非常に高いところが多く、語学に自信のある人がキャリアアップを目指すのには最適ではないでしょうか。

しかし近年は、コンピュータシステムの発達により、大手銀行が大幅な人員削減を行うなど、事務職の求人は減る傾向にあります。

どれだけ専門性の高い技術を身につけるかが重要になってくるでしょう。

サービス業

サービス業でも、経理や総務などの事務仕事があります。

接客などが中心の業務の裏では、事務のサポートがあり成り立っています。

正社員であると、接客業と事務方を両方担当することもあります。

医療系

医療事務は、診療費や保険の点数を計算する業務を行ったり、診療予約、受付などを担当します。

専門的な業務も多く、資格を取得しておくと役立ちます。

介護や高齢者関係の施設などでも医療系の事務職は需要が高く、これからさらに高齢者が増えていくことで活躍できる場は増えてくるでしょう。

ケアマネージャーなどの資格を取っておくとさらにキャリアアップにもつながるでしょう。

広告・メディア

華やかなイメージの業界に憧れをもって志す人も多いでしょう。

事務職としての募集は非常に限られていて、競争率は高いようです。

また、激務のイメージもありますので、体力に自信のある方に人気です。

「事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務職の職種と向いている人

一般事務

一般事務は企業の中のあらゆる事務や庶務的な業務を担当します。

営業部署や、人事総務などの管理部門などに必要な役割で、どこの企業においても、組織運営に不可欠な存在です。

補佐的な業務が多く、仕事範囲は多岐にわたります。

初めから専門的な知識が必要というよりは、それぞれの会社によって違う仕事内容に慣れて対応していくことが求められます。

基本的なWord Excel くらいは使えた方がいいでしょう。

具体的な仕事内容としては、資料や契約書の作成、ファイリング、データ集計、メール便仕分け、電話対応などで、経験がなくてもできることが多いため、人気の職種です。

こんな人におすすめ

コツコツと正確に仕事をこなすことができる人。

細々とした仕事をすることも多いので、柔軟に対応することが求められます。

社内の人との人間関係を構築する必要があり、コミュニケーション能力が高いことも必須です。

ハキハキと明るく笑顔で社内を活気づけられるような人柄が適しています。

受付事務

主に、来訪者対応や窓口業務を担当します。

受付業務に伴う事務仕事(来訪者リストの作成など)も行います。

会社によってかなり仕事内容には違いがありますが、一般的な企業の受付であれば、来訪者の取り次ぎや電話対応などが中心になります。

それぞれの職場の顔となる大事な役割ですから、女性の憧れの職種といったイメージを持つ方も多いでしょう。

人と接することが好きな人、人に見られる場で緊張感を持って仕事をしたい人に人気の職種です。

こんな人におすすめ

職場の顔となる受付のお仕事は、訪問者と初めに接することが多く、その職場全体のイメージを左右する重要なポジションです。

笑顔で感じよく接することができることができ、臨機応変な対応ができる人が適しています。

営業事務

営業担当者のサポートをする仕事です。

主に受発注業務や納期・在庫管理、顧客対応などをおこなうほか、営業の代わりに顧客対応することもあり、業務内容は多岐にわたります。

英語を身につけると、海外とのやりとりの多い部署に配属されたり、活躍の場は広がるでしょう。

こんな人におすすめ

人をサポートするのが好き。

チームの一員として仕事をすることになるので、チームワークが出来る人、上手にコミュニケーションを取りながら、営業担当に必要なサポートができる人が適しています。

貿易事務

名前の通り貿易に関する事務を担当する業務です。

海外とのやりとりが多く、通関士の資格や、語学力を活かすことができるのも人気の理由です。

貿易事務は専門性も高いため、経験を積んでキャリアアップしていくことを目指すことも可能です。

そのためには、まずは資格取得がおすすめです。

こんな人におすすめ

英語や語学が得意な人。

海外に関わる仕事に興味がある人。

コミュニケーションを上手に取りながら、臨機応変に対応できる人に適しています。

経理事務

どんな会社にも必要なのが経理事務です。

簿記など経理関係の資格を持っていると、就職の選択肢は広がります。

どんな業務にも共通する基礎となるため、まずは経理で経験をしておきたいと思う人も多いというのが人気の理由です。

また、経理の経験を積んだ上で転職をする際に、求人を見つけやすいのも利点です。

仕事内容は、経費の支払いや入出金管理、会社の計上利益などの数字を管理することです。

決算期には目の回るような忙しさになることは覚悟しておきましょう。

こんな人におすすめ

簿記の知識は必須です。

簿記3級以上はとっておいた方がいいでしょう。

正確にコツコツと作業できる人に適しています。

また、経理の知識を深めながら資格取得を目指したり、キャリアアップを目指す人にも適しています。

「事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務職で人気の働き先、おすすめ5つをご紹介!

大手IT企業

将来性があるというのが人気であるいちばんの理由です。

これから先、事務仕事はどんどんIT技術向上により効率化が計られ、生き残りも厳しくなっていくでしょう。

その技術向上の担い手となるIT企業で働くことが、将来を考えて賢い選択と言えます。

常に変わり続けるIT技術に、現場で関わって行けることも魅力の一つです。

能力のある人は年齢に関係なく活躍できる柔軟な制度を導入している企業も多くあり、チャンスをつかみやすいと言えます。

給与水準は高いイメージがありますが、実際は一般的な企業の平均とあまり変わらないようです。

急成長しているベンチャーなどは高給がもらえることも。

子ども向け教育機関

少子化が進む中で、早期教育幼児教育熱が高まっています。

特に英語教育に関しては、日本政府が早期からの教科化を進めるなど、変化の時を迎えています。

成長著しい業界で、子どもの将来を育てる仕事に関わっていきたいというのが人気の理由です。

病院・介護施設

医療事務も常に人気のある事務職です。

日本の高齢化が進む中で、病院や介護施設での事務職の需要も高まっています。

医療事務の専門的な知識をもっておけば、結婚出産などを経て職場復帰も可能なため、女性に人気の職種です。

フレキシブルに働くために、医療事務の資格をとっておくという人も多くいます。

病院はどこにでもあるので、転居などで環境が変わっても、就職先に困らないというのも大きなメリットです。

法律事務所

訴訟大国アメリカでは、弁護士の数が日本とは比にならないほど多くいます。

日本でも、弁護士の需要は増え続けており、パラリーガルなど、法律を専門とした事務担当の需要はこれからも上がるでしょう。

また、法律の専門知識を活かして、企業の法務担当として仕事をするなどの可能性を広げることもできます。

注目度も高く、人気の職種と言えます。

外資系金融

一般的に外資系金融にはフロントオフィスとバックオフィスがあり、営業やディーラーはフロントオフィスで、事務的なことはバックオフィスが担当します。

外資金融は給与が高く、実力主義で、激務というイメージがあるかと思います。

バックオフィスも、やりとりする国との時差によって、早朝や深夜に業務を行うこともあるようです。

しかし、フロントオフィスのように成績やノルマがないため、安定した環境で業務を行えます。

給与は企業にもよりますが、一般的な国内の会社よりかなり高い水準になっています。

バックオフィスでも専門性の高い業務を任されたり、高い語学力を必要とされるため、キャリアアップが期待できます。

就職は競争率が高く、高度なスキルが求められます。

ほとんどの企業が、中途採用も積極的におこなっています。

女性に人気の事務職・職種

事務職は女性が多いというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

実際、新卒で事務職を希望する女性の割合は高くなっています。

では、女性に人気の事務職や人気の職種やおすすめの企業をご紹介します。

女性に人気の業種

医薬・製薬会社

製薬会社は近年、グローバル化や合併、新規参入を繰り返して変革しています。

薬を開発、製造するということは、人の命を守る事であり、やりがいと使命感を持って取り組める仕事です。

事務の仕事は大きくわけて、「研究・治験」と「営業系」「管理部門」に分かれます。

「研究・治験」関する事務は、研究開発試験や市販後のサポートをするOA事務、海外の薬に関する翻訳や英文を使う業務を担当する英文事務などがあります。

英語の医療用語などに詳しいと強みになります。

「営業系」の事務は、各営業拠点で営業サポートを担当します。

医薬系は女性にとって働きやすい職場との評価もあります。

外資と提携している企業も多いことから、女性の活用や働きやすい制度の導入には積極的な傾向があるようです。

ファッション業界

服飾メーカーやデザイン事務所などは、華やかなイメージがあり、女性に人気があります。

社員向けのセールなどが開催されている企業では、安く自社製品や関係会社の製品を手に入れることができます。

女性向けブランドを扱っている企業では、女性の社員も多く、女性の意見も取り入れてもらいやすい環境です。

ただ、シーズンごとの新作発表の時期は激務であったり、給与水準は高くないという現実もあります。

ファッション好きにはたまらない職ですが、労働条件が必ずしも恵まれてるわけではないということは理解しておいた方がよいでしょう。

食品業界

食に興味のある女性は多く、大好きな食に関わりたい!と食品業界を希望する女性も多いため、食品業界も人気です。

女性に人気が出れば、商品はヒットすることも多く、企業側は食にうるさい女性の意見を重視します。

運がよければ、発売前の新商品を試食できてしまうかもしれません。

ただ、あくまで事務職として働くなら、どこまで実際の商品と関わっていけるかというのは疑問です。

営業でアシスタント業務や宣伝・広報分野での事務担当なら、もしかしたら少し商品に触れる機会はあるかもしれない、と言った程度です。

保険会社

生保レディなど、女性が活躍しているイメージが強い生命保険業界。

女性が採用されやすく、活躍できる場が多い業種です。

一般的には営業として採用される人が多くなっていますが、もちろん事務職も存在します。

特殊な金融事務になるので、専門的なスキルが身に付きます。

ただ、事務希望で応募したら、セールスレディを勧められたり、営業を一度経験してからでないと事務担当になれなかったりということもあるようです。

事務職を目指す男性の就職活動

女性が多いイメージの事務系のお仕事ですが、求人で女性限定と掲げていることは基本的になく、応募することは可能です。

最近は一般事務職を希望する男性も増えてきているようです。

未経験歓迎の一般職ですと、若い女性が採用されやすいのが現状ですが、中には男性が活躍している職場もあります。

比較的男性でも求人が多いのは経理や人事系の事務職です。

採用されるためには簿記などの資格やなにかしらの経験があった方が有利です。

競争率は高くなりますが、ぜひ幅広く積極的に活動してみることをおすすめします。

事務求人でこれから注目を集めそうな企業と働き方

事務職の需要自体が減少傾向にある中で、どういった企業や働き方が注目を集めていくのでしょうか。

やはり、技術革新を続けていく企業が新聞記事をにぎわせていくのではないでしょうか。

働き方改革もこれから進んでいくでしょう。

そんな中、在宅での勤務を容認する企業が増えて来ています。

精密機器メーカー/IT企業の富士通は、テレワークという週二回程度の在宅勤務を容認する制度を始めています。

事務仕事は、PCと携帯電話があれば、ある程度どこにいても仕事をすることは可能なため、これからも注目を集めていくでしょう。

勤務時間についても、残業を見直す動きが強まっています。

長時間働くことを美徳とするのはもう時代錯誤です。

効率的に仕事をして、プライベートも充実できる働き方を企業も模索しています。

そういった制度を積極的に取り入れ、働きやすさを追求している企業には、これからも注目が集まり、人気も高まったいくのではないでしょうか。

事務職のメリットとは?

事務職は、安定した環境の中で仕事ができるメリットがあります。

雨や雪の中でも外にでる営業や現場の仕事と違い、一年中冷暖房の利いた部屋の中で過ごせるというのは利点です。

また、特別な技術がなくても始められることが多く、年数を重ねて慣れていくほど、仕事は効率よくこなせるようになるでしょう。

ルーティンが多いので、慣れてしまえばどんどんラクに感じていくのではないでしょうか。

事務の仕事は幅広い業種で共通の内容が多いため、転職の際にもそれまでの経験やスキルを活かしやすいというのも利点です。

\事務の仕事に「やりがい」があると感じた人は/

事務職のキャリアアップはどう図る?

経験を積んで、資格を取ることをおすすめします。

単純な事務作業は、コンピュータに取ってかわられる時代はもうそこまできています。

自分なりのアイデアや意見を持って仕事が出来る人、専門的な知識のある人にはキャリアアップしていくチャンスがあります。

事務職から入って、違う職種にキャリアアップしていくという手段もあります。

努力が認められたり、資格取得をすることによってチャンスが広がる可能性が出てきます。

転職の際には、営業事務から営業へ変わったり、受付事務から接客業など、それまでの事務の経験が活かせる職種を目指せば、キャリアアップや給与アップにつながるでしょう。

(プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれます)

事務職で仕事を得ていくために

事務職を希望する人が多いのは、内勤で営業ノルマなどがなく、安定してラクだからと考えている人が少なくありません。

しかし、現実的にそんなに恵まれた職場ばかりなわけではありませんし、いい職場は倍率が高くなります。

そんな中で仕事を射止めるためには、何が必要なのでしょうか。

一言で言ってしまうと、企業との相性ということです。

特別なスキルは必要ありませんとあるような職種ですと、いくらスキルを売りにしてもそれが採用につながるとは限りません。

人事担当とのフィーリングであったり、企業がイメージしている人物像に近いということで採用を決めていくことになります。

そういった場合は、不採用になったからとすぐにあきらめずに、自分と相性がいい職場を探していきましょう。

就職活動は、いわば企業と個人のお見合いです。

年齢が上がれば条件が悪くなったり、経歴がよくてもフィーリングが合わなかったりすることはあるものです。

そういった時は、選択肢の幅を広げてみるなどしてはいかがでしょうか。

きっと相性のいい企業はみつかるはずです。

\自分に相性の良い会社を探したい人は/

仕事の幅を広げるためのスキルや知識には、どんなことがある?

仕事の幅を広げるために必要なのは、PC関係のスキル、語学力、コミュニケーションスキルでしょう。

コミュニケーションスキルは、技術進化によって効率化が進む事務仕事の中で、求められる場面が多くなっています。

語学

TOEICで高得点を取るなど、英語の資格はとっておくとよいでしょう。

これからは、英語が話せるのは基本スキルとなっていき、英語を使って専門的なことができることが求められる時代になると言われています。

中国語など、需要はあるのに話せる人が少ない言語は、使いこなせるようになるととても重宝されます。

グローバルな企業だけでなく、多くの企業で語学が必要なポジションは増える傾向になっています。

簿記

簿記3級以上を持っていると、基礎的な経理事務として即戦力になることができるため、採用されやすいでしょう。

正確に事務仕事をおこなうことが出来る人に向いています。

パソコン関連

Power Pointのスキルあると、プレゼン資料作りなどができるので、重宝されます。

Accessはデータ集計に必要なスキルで、多くの事務仕事で活かせるのでおすすめです。

IT系企業やシステム系の部署を目指すなら、職場によって求められる専門的なスキルを身につけておきましょう。

コミュニケーションスキル

接客業経験などがあったり、高いコミュニケーション能力やビジネスマナーを身につけているとアピールポイントになります。

事務仕事でも人と接することが多い職場もあり、またコミュニケーション能力というのは、コンピュータが代わりなることができない分野でもあります。

自分に合った事務求人の見つけ方

事務職と言っても、幅が広くあらゆる業種で求人があります。

自分に合った求人を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか。

スキルから探す

自分が持っているスキルを活かせる場から探す方法です。

語学や簿記系など、資格を持っていれば、アピールしやすくなります。

また、人と接することが好きだから受付事務といったように、自分の良さを活かせる場所から検索してみましょう。

勤務地から探す

通いやすい場所であるかというのも大事なポイントです。

実際通勤する時間帯に電車に乗ってみるなどして、確認してみることをお勧めします。

また、毎日通うのであればロケーションも大切な要素ですから、憧れのエリアで働きたいというのも、一つの動機になります。

給与や休日などの条件から探す

働きやすさを考えた時、給与やきちんと休日があるかなが大切な要素になってきます。

専門性の少ない事務職であると、昇給がない職種もあるので、昇給制度なども確認しておくとよいでしょう。

サービス業は、土日祝日であっても休めないことも多くあります。

給与の高い仕事を探すのであれば、それに見合ったスキルや人間性を磨いておきましょう。

将来性から探す

現在の給与が高くなくても、昇給が見込めたり、契約社員から正社員登用があるなど、将来を見越して安定して働けそうな職場かどうかを見極めて探します。

また、その業種自体がこれから先伸びていけるかどうかを見極めることも必要です。

昇給どころか、その業種が消えてしまうなどということも、技術革新が進む現在ではあり得ることです。

イメージのいい会社から探す

人気企業であったり、人からの評判のいい会社に応募するという方法です。

やはり人気があってイメージのいい会社というのは、それだけの魅力があるということです。

競争率も高いでしょうが、妥協せずにチャレンジしたい人は頑張ってみてはいかがでしょうか。

事務職の将来性

IT技術が向上し、AIが単純な事務仕事をこなせるようになってきました。

これからさらに技術は発展していき、業務によっては完全にコンピューターが自動処理するようになると言われています。

完全消滅するであろう職種もある中、これからの事務職に求められるものはなんでしょうか。

やはり勤勉に正確に事務仕事をこなすことに加えて、その人の人間性が求められていくのではないでしょうか。

事務職で働き続けるのは、能力と人間性の両方がますます必要になっていくでしょう。

事務求人のおすすめサイト

リクナビNEXT

事務系求人の件数が多くあります。

抜群の知名度と圧倒的な求人数が強みです。

日本最大の求人サイトであるため、幅広く情報をつかむことができ、業界も幅広く網羅されています。

まず手始めに利用してみるのにおすすめです。

ビズリーチ

主に、高い経歴を持った人に向けた高給職を多く取り扱っており、管理職や専門技術者向けになっています。

サイトを見ると、掲載されている求人の給与の高さが突出していることに気づくと思います。

会員制になっているので、まずは登録が必要です。

自分の経歴を登録すると、ヘッドハンターからスカウトがかかる仕組みです。

通常会員とプレミアム会員に分かれていて、プレミアム会員は有料になります。

indeed

https://jp.indeed.com

コマーシャルが耳に残るこちらの求人サイトは、アメリカ発祥の検索サービスです。

世界60カ国以上、2億人以上が登録しています。

キーワードから検索するシステムが特徴です。

扱う件数も多く、日本国内では東京だけでなく、地方にも強いと言われています。

Green

https://www.green-japan.com/

IT企業に特化した求人サイトです。

IT業界を目指すなら、こちらから求人を探すことをおすすめします。

IT企業を対象にしているだけあって、サイトの使いやすさも工夫されています。

まとめ

いかがでしたか?事務の仕事は非常に幅広く、求人を探しても多すぎて迷ってしまう方に少しでも参考になればと思います。

事務仕事はこれから需要が減っていくと予測される中で、職種自体の人気は高く、人気企業の求人だと倍率が上がる傾向にあります。

すぐにうまくいかなかったとしても、相性のいい企業に出会えるまで根気よく就職活動を進めていくことをおすすめします。

また活動をしていく中で、視野が広がったり、今まで興味がなかった業界を選択肢に入れるようになったり、道が開けてくることもあります。

ぜひ前向きに取り組んでみてください!

  事務の仕事が探せるおすすめ求人サイト
  事務の仕事が探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト
テレビCMでもお馴染み、派遣の事務を探すなら!種類別に事務仕事を探せるから自分にピッタリなのも見つかりやすい! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

事務求人

事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

金融事務求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

金融事務は雇用元が金融機関であるという安心感から、事務職の中でも人気の仕事です。金融事務の求人もよく見かけますが、どういう仕事内容なのかよく分からないという方も多いかと思います。そこで今回は、金融事務の仕事を検討している方や求職中の方に向けて、金融事務の仕事について解説していきます。金融事務のおおまかな仕事内容金融事務といっても、具体的な仕事内容は想像しづらいもの。この章では、金融事務のおおまかな仕事内容や、求められる役割について紹介していきます。おおまかな仕事内容金融事務の仕事内容は、銀行と証券会社で異なります。まず、銀行は窓口業務とバックオフィス業務が主です。銀行の窓口業務では、口座の開設

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

住宅事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

憧れのマイホームを建てるために訪れるのが住宅展示場。今回はそんな住宅展示場の事務仕事である「住宅事務」の求人募集内容についてや、仕事内容・おすすめの求人チェックポイントをご紹介していきます。住宅事務のおおまかな仕事内容ハウスメーカーや工務店などの住宅展示場には、営業さんだけでなく事務仕事をしている人もいます。そんな事務仕事はどんな仕事内容なのか、どういった役割なのかをまずは順番に見ていきましょう。おおまかな仕事内容集計をする営業さんがお客さんと打ち合わせした結果ややりとりの内容、進行状況などを営業さんに聞き取り、パソコンで入力して表にまとめていきます。契約や打ち合わせのノルマが決まっているので

貿易事務派遣求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

派遣の貿易事務に応募したくても、いざ求人を見るとなかなか決められないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは自分に合った仕事を探したい人のために、派遣の貿易事務について待遇や仕事内容を解説します。派遣の貿易事務はどんな仕事?派遣の貿易事務は海貨業者やフォワーダーなど、輸出入を担う業者で通関書類を整えて船舶等を手配したり、商社やメーカーなどで関連業者と連携しながら輸出入書類を作成し、物の流れや請求、支払いなどのお金の面を管理する仕事です。貿易事務は派遣社員の需要が高い分野で、初心者でも補助業務を見つけやすいですし、キャリアを重ねて必要なスキルを身につけて行けば、年齢に関わらず働き続け

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務は病院に直接雇用されるだけでなく、派遣という働き方を選択する人も少なくありません。その理由の一つに、派遣の時給の高さがあります。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていた時期がありますが、実際病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも、派遣社員の方が高い報酬を受け取っているケースは少なくありません。実際に時給の高さを理由に、派遣の医療事務で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には大量の派遣会社があるため、医療事務として派遣で働きたいと考えた時に、どの派遣会社を選べばいいのか迷ってしまう、というのは割とよく聞く話です。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者とし

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

金融事務正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

事務職を探している皆さんにとって、「事務」の仕事はどんなものがあるのか未知の世界ではないでしょうか。「事務」と言っても業種によって全然仕事の内容や求められることが違うのです。今回は事務と言っても少々特殊な金融事務の正社員求人について紹介していきます。主にクレジットカード業界を念頭に書いています。金融事務(クレジットカード会社)の正社員はどんな仕事?クレジットカード会社の場合、内勤として業務を行うにしても「事務」に比重を置くよりも、専門職としての比重の方が高いのです。「事務職」と名前がついていますが、あくまで事務というのは仕事の手段であって、誰かのサポートのための職種ではありません。クレジットカ

一般事務派遣求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

一般事務の派遣や契約社員、正社員経験者としての目線で説明させていただきます。営業事務も経験済です。求人の募集要項だけではわからない実際に働いてみないとわからないこともいっぱいです。こんなの聞いてなかったとかも色々ありましたよ。募集要項というのは多くの場合、派遣会社や派遣先企業にとって都合のいい事しか書いていません。騙されたと思う事のないようにいろいろ調べてみるのがおすすめです。一般事務派遣はどんな仕事?基本的には正社員の事務員の人の補佐的な業務です。データー入力業務や電話対応が多いと思います。データー入力が多いのでパソコン操作は必須です。人員が足らない所等に配属されますので即戦力を求められる事

病院事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

病院では医師や看護師、臨床検査技師や診療放射線技師、臨床工学技士などの専門職種だけでなく、多くの事務員が働いています。ただし、事務と言っても、中には専門的な知識を必要とされる部署に配属されることもあり、一纏めには説明出来ません。そこでこの記事では、特に多岐に渡る業務を行う管理部門の病院事務の正社員についてご説明します。「病院事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →病院事務はどんな仕事?冒頭でお伝えした通り、病院事務と言っても、病院や施設ごとに様々な呼び名があり、それぞれ行う仕事の範囲や種類が違います。医療事務採用件数が多く、専門学校も広く開校されているため、病院事務と聞いて多くの方が思

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫


事務求人に関するコラム

IT事務の仕事内容5個の業務や仕事の良いところ。経験者が教えます!

IT事務と一言でいっても、さまざまな仕事があり会社の規模や事業内容などにより大きく変わってくると思います。この記事では、BtoBのソフトウェア製品の販売に携わるIT事務の仕事内容についてご紹介致します。BtoBの為、製品購入前に適切なプログラムにて契約を結んでいただき、その後様々な変更や発注ができるようになります。その流れの中で事務はどのようなことをしているのか、できるだけ具体的に説明していきます。IT事務の仕事内容の5個の業務契約書の確認契約書の確認をする際は事前に契約番号、社名、書類バージョン、署名日などいくつかのチェックポイントが決められており、それらの点に集中して不憫がないか確認します

銀行事務職が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適性とは?

銀行で事務に従事する人たちは、どんな能力を持っているのでしょうか。お堅いイメージもある銀行員ですが、真面目さや几帳面さ、数字が得意、などといったスキルのほかにも、意外な能力が銀行事務員に向いています。意外な能力や旧準情報の選び方まで、経験者が解説していきます。銀行事務職の仕事はどんな仕事?銀行事務職のお仕事は基本的に2つに分かれます。預金業務と融資業務です。預金業務であれは主に、お客様の預金の管理が仕事で、融資業務であれば、融資に関する申し込みや審査がお仕事になります。銀行事務職の仕事の種類銀行窓口の仕事銀行業務の中で最も基本的でわかりやすのが、窓口業務だと思います。基本的には後方で数年間経験

会計事務の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

事務のお仕事は、とっても人気の職業です。女性にはもちろん、男性にも人気があります。人気があるにもかかわらず求人数が非常に少ないため、求人広告が出ると応募が殺到してすぐに締め切られてしまったりなど、非常に競争率の高い職業でもあります。そんな大人気の事務職ですが、「事務職」と一言に言っても、一般事務やOA事務・経理事務・営業事務など、実に様々な種類の事務のお仕事があります。また、具体的な仕事内容は会社の事業内容や配属先部門などによって、それぞれ大きく異なってきます。ただし、すべての事務のお仕事に共通するのは、会社の利益に直接影響する業務ではありませんが、裏方として他の社員の皆さんのお仕事がスムーズ

事務の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

仕事を決める時に自分は何の仕事が合っているか悩むことも多いかと思います。やりたいことがなければまずは「自分にできること」から探し始めるのが一番近道になります。では、自分にできることがパソコンを使う仕事の場合、選択肢は「事務系」の仕事に絞られてきます。「事務」の仕事は実際どのくらいの給料でしょうか。今回は自分の周囲の相場や、事務の仕事をするならどうやって給料を上げて行くか、などをご紹介させていただきます。事務の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合事務職と言っても、色々な業種や会社の規模によりますが、新卒で正社員として入社した場合、都内だと月額約20万円前後が一般的な給料です。以下はあ

建設会社事務の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

建設会社の事務の給料はどのくらいなのか、紹介していきたいと思います。建設会社事務の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合2016年11月17日に厚生労働省が発表した「平成28年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況」によると全産業12業種中、建設業は235,200円と情報通信業の238,000円、教育・学習支援業の235,400円に次ぐ3位に位置づけされています。なので新卒者の賞与を含めた年収は200万円台の後半あたりでしょうか。一方、一般社団法人日本建設業連合会(日建連)が会員各社あてに通知した「 改めて労務賃金改善の 推進について」(2017年9月22日)によると、年収ベースで20