人気の高い歯科医療事務の給料の相場は?

転職で活かしたい、給料を上げるためにやるべきことも紹介一緒に紹介します。

歯科医療事務の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

160,000から180,000円くらいになります。

正社員で転職した場合

180,000から230,000円くらいになります。

歯科医療事務での経験はどこの歯科医院に行っても、即戦力で活かすことが出来るので、転職がしやすく、経験者は給与面でも優遇されます。

パート・アルバイト

パートやアルバイトの時給は900から1,200円くらいです。

他のお仕事より少し高めのところが多いようです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

個人の歯科医院では賞与のあるところは少ないと思います。

賞与のあるところでも、一般の会社のように給与の何か月分という形ではなく、2万円から5万円くらいの寸志に近い金額のところが多いようです。

自費診療が主な審美歯科専門の歯科医院や大病院や大学病院内は賞与が出るところが多いようです。

昇給

昇給は年に1回あるところもありますが少ないです。

定期的に上がるというよりは、勤続年数が長くなると昇給となることが多いようです。

各種手当

患者さんの予約状況や治療内容、急患などで残業になることがありますが、その場合の残業手当は出るところが多いです。

また、通勤手当も出るところが多いですが、全額のところと、上限を設けているところとがあります。

スキル

歯科医療事務では、カルテの正確な作成とレセプト作成と提出を期限内にきちんと行える事務スキルの高さはもちろん、患者さんやドクター、歯科衛生士とのコミュケーションスキルが高い人が求められています。

また、歯科医療事務は事務の仕事だけではなく、歯科助手の仕事も兼任ですることが多いので、歯科助手の仕事のスキルもある人の方が採用もされやすく、給与も高くなります。

勤続年数

勤続年数が長いほうが昇給は望めますし、賞与も出る可能性が高くなります。

歯科医療事務で給料をあげるためにやるべき3個のこと

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

勤続年数が長くなり、自分でも十分スキルが付いたと思ったら、直接、院長先生に給料アップの交渉をするのも良いと思います。

また、そういう交渉が出来るように院長先生とのコミュニケーションを取ったり、治療の補佐をしっかりしてアピールをしておきましょう。

スキルアップを図る

一般歯科のほかに、小児歯科や訪問歯科など保険請求の仕方が違うものもあります。

そういったものを勉強して知識を深めておくと、給与アップにも転職の際にも有利になります。

また、事務手続きのスキルだけでなく、診療の流れに沿った必要な器具や薬品、手順などを把握して歯科助手としてのスキルもつけておくとより有利になります。

思い切って転職する

2、3年ほど勤めていれば、どのくらいの賞与がもらえるか、どのくらいのスパンでどのくらい昇給があるかはわかります。

また、自分よりも長く勤めているスタッフの人にそれとなくリサーチをしてみる手もあります。

自分のスキルと給与の額のバランスに納得がいかないようであれば、思い切って転職するのもお勧めです。

転職の際には、給与だけでなく、休日、勤務時間、通勤のしやすさ、福利厚生なども調べましょう。

月額給与の額面が上がっても、交通費負担分で手取りが減ったら意味がありません!

また、勤務時間を増やして給与額を上げるのか、働く条件は同じで給与額を上げるのかによって、転職先を選ぶポイントが変わってきますので、そこはしっかり考えましょう。

また、可能であれば、更なるスキルアップや給与アップのためにも、一般歯科から一般歯科への転職だけでなく、審美歯科、矯正歯科、小児歯科などに力を入れているところや、専門にしている歯科医院を選んで転職するのもお勧めです。

給料をアップさせるための求人の選び方

給与相場が今よりも高いところを探そう

審美歯科や矯正歯科など自費治療が多い医院では給料が相場より高めに設定されているところが多いです。

また、オフィス街など街の中心にある医院は給与設定が高めになっています。

賞与や昇給制度をチェック

個人経営の歯科医院では賞与や昇給はないところもありますし、曖昧なところもありますので、募集要項だけではなく、面接などでもしっかり確認しましょう。

残業代はちゃんと出る?

残業代は基本的にきちんと出るところが多いです。

ですが、平均で毎月このくらいは残業があるからと、あらかじめその時間分込で残業手当を月額の給与に組み込んであるところもあります。

この場合、残業が少ない場合でも、残業手当が減らされることはありませんし、平均を超えての残業があった場合はその分、残業手当は支払われるので、確認が必要です。

交通費や福利厚生は?

医院によって、社会保険、歯科医師国保の加入が出来るところがありますし、雇用保険がついているところもありますが、中には、福利厚生が整備されていない歯科医院もありますので、確認が必要です。

交通費も「全額支給」「上限支給」「支給無し」と医院によって手当の付き方がまちまちです。

徒歩や自転車で通えるような自宅の近くの医院でしたら、「支給無し」でも、あまり問題ではありませんが、バスや電車などの公共の交通機関や車通勤の場合、交通費の負担は大きくなりますので、「全額支給」や「上限支給」内に自分の交通費が収まるところの医院を選んだ方が良いと思います。


関連キーワード

歯科医療事務求人