女性の職場として人気のある歯科医療事務。

歯科医院の受付事務が主なお仕事ですが、地域を選ばずに長く働けるお仕事先なので、検討されている方も多いのでは無いでしょうか?

そんな歯科医療事務の仕事内容を詳しく紹介します。

「歯科医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

歯科医療事務の4個の業務

歯科医療事務の業務1:受付

ご予約の患者さんが来院されたら、保険証と診察券をお預かりして、カルテ内容と保険証とお名前、ご予約日時に間違いがないかをチェックして保険証をお返しして、カルテを歯科衛生士に回すか、自分自身で診察室にご案内をします。

新規の患者さんの場合は、保険証をお預かりして、問診票のご記入をお願いし、保険証と問診票を元にカルテを作成します。

カルテが出来たら、歯科衛生士に回すか、自分自身で診察室にご案内をします。

急患の患者さんの場合は、保険証と診察券をお預かりした後、書庫からカルテを出してきて、チェックをし、急患の方の病状のヒアリングをして、どのタイミングで診察の順番に組み込むかをドクターに相談します。

診療後、ドクターがレセプトコンピュータ(レセコン)に入力した治療内容をカルテに印刷しておきます。

診療中には電話での予約や問い合わせがありますので、その対応も行います。

治療に関する問い合わせは必ずドクターに確認を行います。

歯科医療事務の業務2:会計

診療後、歯科衛生士やドクターから回ってきたカルテを元に、患者さんの自己負担分の会計を行います。

次回の予約を取り、診察券に書き込んで患者さんにお返しします。

1日の診療の終わりにはレセコンで日次締めとレジ締を行います。

経理帳票のため、振替伝票を作成します。

歯科医療事務の業務3:治療補助

ドクターや歯科衛生士の治療補助も大切な業務です。

患者さんを診察室にご案内し、うがい用紙コップをセットして、患者さんに診療用のエプロンを付けます。

治療に必要な薬品や器具を準備します。

治療中はドクターや歯科衛生士の指示により、カルテに司式を記入したり、歯周ポケット検査表に書き込みをしたり、バキュームで口腔内の水を吸ったりします。

診療が終わったら、治療に使用した薬品や器具を片付けます。

器具は消毒と滅菌を行い、次の患者さんのために基本セットなどをセットしておきます。

歯科医療事務の業務4:レセプト

レセプトは国民健康保険団体連合会と社会保険診療報酬支払基金に診療報酬を請求するための資料です。

1ヶ月分をまとめて月次処理を行い、月初に提出します。

1か月に治療されたすべての患者さんの治療内容を印字したレセプトとレセプト集計一覧をプリントアウトします。

ドクターのチェックを受けた後、国民健康保険団体連合会に提出用と社会保険診療報酬支払基金に提出用にそれぞれ綴り、期日までに到着するように、郵送で送ります。

記入漏れや記入ミスがあるレセプトは戻され(返戻)、その分の診療報酬は支払われません。

(記入漏れやミスを訂正して再提出して認められれば、月遅れにはなりますが支払われます) 国保や社保から支払われる診療報酬が歯科医院の収入の多くを占めますので、この業務はとても大切な業務になります。

「歯科医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

求人によくある『歯科助手』とは違うの?

歯科助手は「治療補助」の仕事がメインのお仕事になります。

歯科医療事務と歯科助手を兼任するところは多いですが、完全に分業にしている医院や、現在、兼任している人がいて「治療補助」をする歯科助手を募集している場合や、医療事務の事務の仕事は院長先生の奥さんが手伝っている場合などは、事務の仕事はなく「治療補助」のみをのお仕事をすることになります。

歯科医療事務と歯科助手が兼任なのか、歯科医療事務だけなのか、歯科助手の仕事だけなのかは、募集要項ではわかりにくいところもありますので、確認をしておいた方が良いと思います。

歯科医療事務の仕事の良いところ

基本的にはレセコン処理なので、入力した治療内容を元にコンピューターがレセプトを作成しますが、そのレセプトの内容と保険の種類や治療内容を比べて確認すると、複雑な保険診療の知識が身についてきます。

やりがいを感じるポイント

「怖い」「痛い」イメージを持っていた患者さんが、歯の大切さを知って、痛いところや気になるところがなくても「定期検診」に来院されるようになったり、患者さんをお待たせすることなく治療がスムーズに進んでいるとき、レセプトで返戻が1つもなかった時がやりがいを感じるポイントです。

また、診察室内や治療中には緊張している患者さんも診療後の待合室や受付では緊張がほぐれて、治療に関する本音や治療以外の話をすることが出来ます。

そこでの患者さんとのコミュニケーションが仕事へのモチベーションにつながります。

患者さんの「ありがとう」が嬉しい

何より嬉しいのは患者さんの治療が終わって、患者さんに口腔内の健康が戻ったときと、口腔内の健康がどれだけ大切かが伝わった時です。

そんなときに、患者さんに笑顔で「ありがとう」と言っていただけれると本当に嬉しいです。

歯科医療事務や歯科助手はドクターや歯科衛生士のように患者さんの治療を行うわけではありませんが、「怖い」「苦手」「痛そう」などの治療や歯科医院に対するネガティブな感情を笑顔や話し方、接し方で和らげることは出来ます。

患者さんからの「ありがとう」はそういう気持ちで仕事に向き合っている姿勢へのプレゼントだと思います。

面白いポイント

歯科医療の知識が身につく

症状による歯科治療の流れがわかりますし、予防の大切がわかって、知識が身に付きます。

自分自身の治療のときも流れがわかっているので安心ですし、自分自身の口腔内の健康にも気を遣うことによって予防も出来ます。

家族や友人などの相談にものることが出来て、頼りにされます。

身についた知識は一生ものです!

色々な患者さんに出会える

勤務地にもよりますが、大企業の社長さんに芸能人の方、スポーツ選手などいろいろな職業のいろいろなタイプの患者さんと接することが出来ます。

診察の合間や受付などでお話を伺うと勉強になることもあります。

定期検診のたびにお菓子を差し入れしてくださる患者さんや、初回は痛みでとても暗くて無口だったのに、治療が進むにつれてどんどん明るくなってたくさんお話を聞かせてくださるようになる患者さんなど、患者さんとの出会いは仕事を楽しくしてくれます。