営業事務がどんな仕事かわからないまま働き始めると、思っていたのと違う、営業職に近くて大変だと話す人が多くいます。

そう、営業事務の仕事って仕事の量が多くて漠然としているので、予想と違ってそのギャップに悩んでしまう人も多いのです。

どんな仕事でもそうですが、忙しくなるとストレスが溜まったり悩みを抱えたりして苦しくなってしまうものです。

中には就業先の環境があまり良くなかったり、人間関係が複雑だったりして気持ちが疲れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時ストレスをためないためにもしっかりとした対処法が必要です。

ストレス解消の方法は人それぞれだと思いますが、私が働いてみて有効だった対処法を載せてみますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務のおおまかな仕事内容とは?

営業事務は基本的に営業のサポート役で、見積書や会議資料の作成・受注業務・営業アシスタントなどの仕事を担当します。

時には営業さんと一緒に外回りをしたり、電話でアポイントを取ったりすることもあるんですよ!

事務職と思われがちですが、実際は一般事務と違い責任重大な仕事も任されることがあるので、プレッシャーを感じることも多いと言えるでしょう。

その分いろいろな仕事を覚えることができるので、営業事務の仕事以外にも役立てることができます。

年数が長くなると営業の仕事にも深く関わるようになり、希望して営業職に転職する人もいます。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

営業事務の仕事で疲れる5個の理由とは?

営業事務の仕事は正直結構ハードです。

事務職だから余裕でしょ、なんて甘く考えてはいけません。

事務職といっても営業さんに合わせなければならない部分もありますし、仕事量も膨大です。

繁忙期で人が足りなかったりすると、外回りに同行したりすることもあります。

最初の方は仕事のこなし方やペース配分が分からず疲れてしまう要因が多いかもしれませんね。

長く仕事を続けるためにも、自分なりの対処法・リフレッシュ方法をしっかり持っておくことが大切です。

人のペースに合わせて働かなければならない

営業事務は営業のサポート役ですから、担当する人の予定に合わせて働かなければいけない時があります。

例えば担当の営業の人が夕方帰社して、明日の朝一の会議までに資料を作ってと頼まれたりすることはザラです。

緊急の場合はあと何時間以内にお願いします!と言われることも…。

そうなると残業もしなければならないので精神的にも肉体的にも疲労を感じてしまいます。

疲れないようにするための方法とは?

こればかりは自分でうまく気持ちを整理するしかありません。

「こんな仕事をこなせる自分はすごい」と「頼りにされている証拠」と良い方向に考えて前向きに取り組みましょう。

どのみち仕事はこなさなくてはならないのですから、どうせだったら明るい気持ちでやりたいですよね?

よく考えるか悪く考えるかは自分次第です。

嫌なことがあったり大変な仕事を背負ってしまった時は、自分の気持ちをうまくコントロールする練習と思って前向きに考えましょう。

デスクワークによる疲労

営業事務の仕事はパソコンを使う作業がほとんどです。

見積書、受注表、会議用の資料を作成するのに1日の大半を使います。

それによって肩こりや眼精疲労、頭痛などを訴える人が多くいるのです。

これは事務職を選ぶともれなく付いてくる問題と言えるでしょう。

疲労が溜まると集中力が落ちて効率的な仕事ができなくなってしまいます。

疲れは溜まるし仕事は捗らないという負のループに落ちてしまうのです。

疲れないようにするための方法とは?

自分に合ったケアグッズを使いましょう。

眼精疲労に効く目薬やレンジでチンして使えるホットアイマスク、コリほぐしのマッサージグッズなどをこまめに使うことで疲れが緩和されます。

大きなバラエティショップに行けばいろいろなグッズが売っていますよ!

小型のものが多いので、ロッカーやデスクの引き出しに入れて疲れたら息抜きに使ってみましょう。

残業による寝不足

営業事務は比較的残業の多い職種です。

昼間は時間に余裕があるのに、夕方営業マンたちが帰ってくると途端に忙しくなって定時で帰れない…なんてことはよくある話。

そのため帰るのが遅くなる日が続くと睡眠不足で疲労が溜まってしまいます。

また仕事に追われるようになると夢にまで仕事が出てきたり…なんてことも。

忙しい時こそ質の良い睡眠を取りたいところですね。

疲れないようにするための方法とは?

できるだけ自分の働きやすいペースを作ることです。

例えば夜は早く帰ってしっかり睡眠をとり、朝少し早めに出社して仕事をするなど、疲労が溜まらないように工夫することが大切です。

朝のラッシュは体力的にかなり疲れるはずなので、ピーク時間をずらすだけでも体はかなり楽になります。

睡眠は同じ時間眠っても、早い時間に眠りについた方が疲労が回復することが実証されています。

夜はなるべく早く帰って休み、朝型の生活を心がけましょう。

プライベートの予定が立てづらくストレス解消ができない

先にも書いた通り、残業が多いと仕事後の予定が立てづらいため、プライベートが充実させられずストレスが溜まってしまう人も…。

担当の営業さんの帰社が遅い場合は残業になることが多いようです。

昼間は時間に余裕があるのに、定時の時間あたりになると急に忙しくなって帰れなくなってしまうなんてこともよくある話ですね。

人によっては遅い時間から無理難題を押し付けてくる人もいるので、イライラが募ってしまうことも…

疲れないようにするための方法とは?

どうしても断れない仕事以外はある程度キリを付けてプライベートを優先させることも大切です。

ストレスが溜まってしまっては長く続けられなくなってしまいますからね!

友人と食事に行ったりショッピングしたり、家でゆったり映画鑑賞したりして自分なりのリラックスする時間を作りましょう。

周りを気にするあまり残業が多くなることも多いでしょうが、たまには自分を優先してストレスを溜めないように心がけてくださいね!

仕事量の多さ

営業事務の仕事は営業と事務の両方を兼務することになるので、その仕事量はかなりのもの。

繁忙期になると見積書の作成や受注データの入力作業に追われることになります。

事務作業がどんなに忙しくても営業さんは待ってくれません。

会議に使う資料の作成など、時間の迫った仕事をバンバン振ってきます。

事務作業も途中になってしまい、終わりが見えなくて途方に暮れてしまう人もいるようです。

疲れないようにするための方法とは?

自分の仕事量や状況を担当の営業さんや上司にしっかりと報告しておきましょう。

自分がパンクしないためにも、できる作業は早めに振ってもらったり時間のある人に振り分けてもらうようにすれば負担はかなり軽減されるはずです。

言いにくくてつい我慢してしまう人も多いと思いますが、知らず知らずのうちにストレスと疲労が蓄積して体を壊してしまっては元も子もありません。

自分から言い出さない限り、周りは理解してくれませんからね。

自分のキャパシティを把握してツライ状況を回避するために勇気を出すことも大切なことですよ!

営業事務の仕事で働きたいけど、自分に向いているか心配な人はこちらで相談してみると良いでしょう。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

疲れる時もあるけど、営業事務がおすすめの理由

一般事務に比べると仕事量も多く疲れが溜まりやすい営業事務の仕事。

事務職に特化している一般事務に比べると正直かなりハードです。

それでもおすすめできる理由をまとめてみました!

やりがいがある

仕事の量も多いし残業もしょっちゅうという営業事務の仕事ですが、頼りにされることが多くやりがいを感じるのは確かです。

仕事に慣れてくればどんどん任されることも増えていき、仕事をしているという充実感を感じることができるでしょう。

パソコンのスキルはもちろん、電話での対応やコミュニケーション能力も上がり、自分自身がスキルアップしていく実感を得られます。

自分がいなければ仕事が回らない、そんな重要なポジションで働けるというのは嬉しいことですよね!

私は働き始めた当初パソコンがとても苦手だったのですが、親切な上司が根気よく出来るようになるまで教えてくれました。

何もできない自分がふがいないと思っていましたが、それでも少しずつ仕事ができるようになり上司や先輩にも褒められて少しずつやりがいを感じられるようになりました。

最初は思うようにいかないこともあるかもしれませんが、諦めずに続けていればきっとやりがいを感じられるはずです。

やりがいのある営業事務の仕事で働きたいと思ったら、こちらから出して貰うと良いでしょう。

営業事務のやりがいは、こちらの記事を参考に!

将来の仕事の選択肢が広がる

営業事務は本当に様々な仕事をこなすため、総合的なスキルがアップしていきます。

最初はパソコンを使ったデータ入力や資料作成などから始まりますが、徐々に営業のアポイントの仕事などにも携わるようになり、多くのスキルを身につけることができるのです。

一つの職種でこれだけいろいろなスキルを身につけられることはそうありません。

会社によってはスキルや資格を身につけるための研修会に参加させてくれたり、学校に通うお金を補助してくれたりします。

様々なスキルを身につければ、将来の仕事の選択肢が広がりますよね。

営業職、事務職はもちろん、秘書など別の職種でも経験を生かすことができるのです。

将来仕事でステップアップしていきたいと考えているのであれば、営業事務の仕事はおすすめです。

仕事の成果を実感できる

営業事務の仕事は営業職と密に接していくので、関係してくる仕事の成果をしっかりと感じることができます。

自分のやった仕事が成果につながるとやっぱり嬉しいものです。

どんなに大変でも結果が出ることで次も頑張ろうと思えますよね!

営業職の人たちから感謝されることも多く、やりがいを感じることができます。

私が営業事務として働いていた時、非常にハードな案件を抱えて悩んでいたことがありました。

投げ出してしまいたくなるほど大変でしたが、担当の営業さんと協力し合ってなんとかやり遂げることができました。

その大変さを乗り越えた経験は大きな自信になりましたし、根気よく向き合う大切さを学んだと思います。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務の仕事を無理なくこなすための心得とは

営業事務の仕事にかかわらず、ストレスを溜めずに楽しく働くことが大切です。

毎日1日のほとんどを仕事に費やすわけですから、前向きに楽しく臨める環境を自ら作るように心がけましょう。

例えばどんなに忙しくても夕方の何時にはおやつ休憩を取る、行き詰まったら気分転換に外に出てみるなど自分がリフレッシュできる方法を探してみてください。

良好な人間関係を作ることも大切です。

営業事務の仕事は営業さんとの連携が欠かせない仕事になりますので、営業の人とはうまくやっていけるように心がけましょう。

すべての人が性格が良いわけではないでしょうが、自分が下手に出ることでうまくやっていけることもあります。

自分も周囲の人も気持ちよく働けるように、周りをよく見て動きましょう。

プライベートを充実させることも大切です。

周りの人が仕事をしているのに先に帰るのは気が引けるかもしれませんが、良い仕事をするためにもプライベートを充実させるのはとても大切なことです。

ときには周りを気にせず、自分の気持ちを優先して仕事以外の時間を大切に使いましょう。

友達や恋人に仕事のストレスや悩みを話すことで、気持ちがすっきりすることもあります。

とにかくあまり自分の中だけにため込まず、発散することを心がけましょう。

無理なく働ける営業事務の仕事を出して欲しい人は、こちらから出して貰うと良いでしょう。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

営業事務の仕事内容と疲れてしまった時の対処法、おすすめポイントなどをお届けしてきましたが参考になりましたでしょうか?

意外と内容が知られていない職種だからこそ、働き始めてから予想していなかった悩みやストレスに悩まされてしまうことも。

毎日多くの時間を費やすことになるわけですから、なるべく楽しく前向きに働けるように自分でもいろいろと工夫してみましょう。

営業事務の仕事はオーバーワークになりがちな仕事なので、これを機に自分のプライベートも大切にできるようライフワークバランスを見直してみることも大切だと思います。

プライベートがなくなるというイメージから営業や営業事務の仕事は敬遠されがちです。

しかし必ずスキルアップできる仕事なので、自分を高めたい、将来ステップアップしていきたいという思いがある人にはぜひチャレンジしてもらいたいと思います。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

営業事務求人

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫管理、納期管理、見積書・納品書・請求書の作成、入金管理

東京営業事務求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。営業事務はどんな仕事?営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。会議に必要な資料を作ったり、クライアントにアポイントメントの予約を取

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが、事務職は初めてでしたし特に資格も持っていませんでした。なので正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいなと思うこともありました。しかし上司がとても良い人だったため、いろいろと根気よく教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事をしてからはパソコンのスキルから、臨機応変に対応できるコミニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身に付きました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事な

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は、営業をサポートする役割で、今とてもニーズが増えています。営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、さらには募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そんなときに、営業事務はそのサポートとして代わりに契約書作成を行なったり、予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。さらに、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料を作成することや、新

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなの?と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字どおり営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的に言うと、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売る事を生業としている企業のことです。大手から零細企業ま

営業事務派遣求人のおすすめ働き先5選や良い会社の特徴とは?時給や正規社員求人との違いも解説!

派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんなお仕事なのかよくわからないという人は多いのではないのでしょうか。営業事務のお仕事内容と、向いてる人の特徴をわかりやすく解説します!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うことと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期の管理、各種伝票処理などの営業に関することから、庶務的

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り、商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり、貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐に渡ります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。そして、働いてみて感じた事、おすすめする理由とは?詳しくお伝えします!商社での営業事務のおおまかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買い付けるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活

営業事務の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を、複数社の営業事務経験がある私が教えます

企業で事務仕事に就くために職探しをしてみると、事務にもいろんな種類があることに気づくと思います。そんな中、求人でよく見かける「営業事務」というお仕事があります。名前だけではどんなお仕事をするのか想像がしにくいですが、どんなお仕事なのでしょうか。また、営業事務の年収なども紹介したいと思います。営業事務の給料の相場はどのくらい?正社員新卒入社営業事務は事務職ですので、平均的な事務職全般と給与は変わりはありません。特別な技能がある専門職として就職する場合であったり、外資系企業であったりすると給与は高くなることがあります。営業事務の平均年収は、事務職全体の平均と同じく250万円程度になります。中途入社


営業事務求人に関するコラム

営業事務の面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

営業事務は、特に女性に人気で、女性の採用の多い仕事です。気配り上手で細かな仕事も丁寧に行い、会社になくてはならない存在です。営業事務が行う業務は多岐に渡るのですが、やったことのない人には仕事内容や、採用面接での受け答えのコツ、面接時の服装がよく分からないと思います。実際に営業事務として働いていた筆者が分かりやすく教えます。営業事務の仕事内容営業事務は、外回りをする営業マンを支えるお仕事です。基本的に毎日会社に出社する、内勤の仕事です。デスクワークであり、机の上には電話とパソコンが置かれています。まず基本的な仕事となるのが、会社にかかってくる電話の応対や、メールやFAXの確認と返信です。そして、

営業事務のボーナスってどれくらい?役職や雇用形態ではどれくらい差がでるのか紹介します

様々な種類がある事務職の一つ、営業事務。営業に直接携わる業務ですので、事務職の中では忙しいというイメージがあると思います。売上げに携わる営業事務のボーナスは、いったいどのくらいもらえるものなのでしょうか。また、雇用形態によってどのくらい変わってくるのか、営業事務のボーナス事情を解説します。営業事務の大まかな仕事内容や役割についておさらいしておこう営業事務はその名の通り、営業部門の専門事務です。見積書や請求書の作成はもちろんの事、メールや電話などでお客様と直接やりとりをする事もあります。取り扱っている商品の概要、納品までの流れ、進捗状況など、営業事務が把握しておかなければならない事は多岐に渡り、

営業事務は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

一般事務や営業事務といった事務職は、女性が多いイメージがありませんか?なぜ事務職は、女性が多いのでしょうか。今回、女性が営業事務に向いている点・できること・大変なことを、営業事務経験者が解説します。営業事務はどんな仕事?営業事務は、営業担当者をサポートすることがメインの仕事です。営業は外出していることが多く、社内での作業ができないため、それらを行うのが営業事務です。ざっくり言ってしまうと、営業担当者が商品を売り上げるために必要なことをサポートします。営業事務の大まかな仕事内容大きく分けると、受発注業務を伴う事務(メーカーなど)と、伴わない事務(マスコミなど)に分けられます。主に、商品の受発注業

営業事務がブラックな仕事だな…と感じた4個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

営業事務…よく聞く仕事だと思いますが、『営業なのに事務?』という声もチラホラ聞こえてきます。そんな営業事務について、営業事務がブラックだと思う瞬間についてお話していきたいと思います。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の仕事はいくつかに分かれます。それぞれご説明します。見積書の作成営業がお客様と結んだ契約を元に、見積書を作成します。商品やサービスの数量・単価などを表記し、お客様に提示するものです。発注これはお客様に提供する商品を仕入れる際の発注と、本来お客様が作成される発注書をこちらで作成する作業とがあります。企業によって発注書はお客様に作成してもらうところもありますが、こちら側で予め作成する企

営業事務の採用はどんな会社がしてる?5個の会社のタイプや、会社から求められていること

事務職の一つである営業事務。「営業」という名前がつくのだから、営業がある会社で募集しているのだろうと思うことでしょう。しかし、どういった会社で募集しているのか深く考えると、少々ぼんやりしてしまうのではないでしょうか。営業事務の採用はどういった会社でしているのか、またどういったことが求められるのかなど、これから営業事務職を目指す方へのアドバイスをお伝えします。営業事務のおおまかな仕事について知っておこう営業事務の仕事は、簡単に言うと「営業担当のサポート」です。しかし、営業担当と一緒に外回りをする訳ではなく、社内にて請求書や見積書などの書類作成、電話・メール対応などが主な仕事となります。また、社外