仕事を探している時は、なるべく早くスムーズに希望する職に着きたいと思うものですよね。

ジャンルを営業事務に絞った場合、どのようにすればスムーズに仕事を決めることができるのでしょうか?

今回は、以前営業事務として働いた私が自分の経験をもとに、スムーズな仕事の探し方をご紹介していきたいと思います。

営業事務のおおまかな仕事内容

営業事務は主にどんな仕事を担当するのでしょうか?

営業事務は一般事務と違い、営業に特化した事務作業を行います。

営業部門の社員のサポート役として、会議で使う資料を作成したり、自社とクライアントをつなぐ連絡のやりとりをしたりするのです。

ときにはアポイントメントを取るために営業の電話をかけたりもします。

いわゆる営業の補佐といったところでしょうか。

割と責任を感じるような仕事が多く、率先して仕事をしていきたい人に向いていると思います。

最近では女性の営業事務が増えていて、様々な企業で成果を上げています。

営業事務の仕事探しをスムーズに進める3個の方法とは?

最近は営業事務の募集が多く、職種も様々です。

でも数が多いからこそ、どこにしたらいいのか迷ってしまうものですよね。

ここでは営業事務の仕事をスムーズに探すポイントをご紹介したいと思います!

優先順位を決める

まずは仕事に対しての優先順位を決めましょう。

仕事に求める優先順位は人それぞれです。

高額なお給料なのか、プライベートを充実させたいのか、キャリアアップを図りたいのか。

例えばプライベートを充実させたい場合。

お金はあっても時間がないのは嫌だ、と言うのであれば週休2日が守られる規定のある会社で働くのが良いでしょう。

特に女性の場合は子育てと両立する場合もあるでしょうから、家庭と仕事のバランスを取りたい場合はしっかりと面接の際に相談をすることをお勧めします。

ライフワークバランスについて理解のある企業なのか、しっかりとチェックする必要があるでしょう。

簡単な将来設計を立てる

ただ何の目的もなく働くのはつまらないし、やりがいを感じませんよね。

ではまず将来自分がどうなりたいか、どんな道に進みたいのかを簡単に考えてみましょう。

そのために営業事務は本当にやるべき仕事なのか、まずは考えてみてください。

営業事務の仕事は営業面でも事務作業の面でもスキルアップを図ることができる仕事です。

将来的に営業で働きたい、独立を考えている人には一度働いてみてほしい業種だと思っています。

そして将来目標としている自分のあるべき姿に近づくため、少しでも理想に近い職種の営業事務に的を絞って探してみると良いでしょう。

条件を絞る

優先順位が決まれば自然と妥協点が見えてきます。

自分がどこまでの条件なら納得ができるのか、提示されている条件をよく読んで考えてみましょう。

例えばプライベートが充実するなら賞与は年に1回でも構わない。

派遣で社会保険はつかないが、高時給でプライベートも充実させられるなら納得できる。

など、譲れる部分と譲れない部分を明確にし、条件を絞っていくのです。

そうすると自分の考えも自然とまとまって、仕事が選びやすくなりますよ!

営業事務の仕事を探す上で注意すべきこととは?

では営業事務の仕事を探す上で注意すべき点はどのようなところなのでしょうか?

あくまでも「営業」ということ

営業事務はあくまでも営業部門のサポートをする事務と言う認識を忘れないようにしましょう。

単刀直入に言うと、大変なことも多いということです。

以前私は2つの職場で営業事務の仕事をしたことがあります。

前職ではかなり営業に近い仕事を任されていました。

電話でアポイントを取るのは当たり前、外回りにもついていくことが多い日々でした。

アポイントと契約の数が増えるにつれインセンティブの額は上がっていくものの、精神的に少しずつ辛くなり退職を決意しました。

働く先にもよるとは思いますが、このような仕事場もあるので、営業としての覚悟は少し必要かもしれません。

もちろん成績を残してお給料アップを狙いたい人にはかなりおすすめです。

ちなみに次の職場を見つける際はこの話を面接官の方にきちんとお伝えして、無理のない仕事を与えてもらうことができました。

ガッツがついたのは良い経験だったと思います。

このような失敗をしないためにも、応募する前にある程度の仕事内容と仕事量をリサーチしておくと良いでしょう。

残業の覚悟

取引には期限がつきものです。

営業さんの取ってきた仕事を期限までにあげられるようサポートするのが営業事務の仕事。

ときには残業もをすることもあります。

営業の仕事を手伝うのには必要な覚悟でしょう。

どうしても残業ができない、したくないということであれば事前に伝えておいた方が良いと思います。

残業手当についても必ずチェックしましょう。

企業の業績

私が働いていた職場では会社の業績悪化により営業部門が縮小、それに伴い営業事務の人数も大幅にカットされてしまったのです。

思わぬアクシデントで退職を余儀なくされた時は途方に暮れてしまいました。

かなりの人数が削減されたため、その後の対応が遅かったのも不満でした。

営業事務の仕事を探す場合は、企業全体の業績をよくチェックし、その先の安定が保たれるかを確認してから応募するのが良いでしょう。

まとめ

営業事務という仕事に少しは興味を持ってもらえたでしょうか?

どんな仕事もそうですが、実際に職場で働いてみないと何が起こるかは分かりませんよね。

営業事務は一般事務と違い少し特殊なので、気になる点は応募する前に必ず電話やメールで確認することをおすすめします。

入ってからこんなはずじゃなかった、と思わないように先手を打つことが肝心です。

営業という部門はまだまだ男性が多いものの、女性の活躍も眼を見張るものがあり、仕事ができれば立派に重宝されます。

人間関係などに不安があっても、まずは飛び込んでみてほしいと思います。

将来どんな道に進むにせよ、技術力もコミュニケーション能力も養うことができる営業事務の仕事はかなりメリットがあると言えるでしょう。

少しでも多くの人が営業事務の仕事に興味を持ち、活躍していただけたら嬉しいです。


関連キーワード

営業事務求人