企業で事務仕事に就くために職探しをしてみると、事務にも様々な種類があることに気付くと思います。

そんな中、求人でよく見かける「営業事務」という仕事があります。

名前だけではどんなお仕事をするのか想像がしにくいですが、どんなお仕事なのでしょうか。

また、営業事務の年収なども紹介したいと思います。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務の給料の相場はどのくらい?

正社員の営業事務の給料相場

新卒入社

営業事務は事務職ですので、平均的な事務職全般と給与は変わりはありません。

特別な技能がある専門職として就職する場合であったり、外資系企業であったりすると給与は高くなることがあります。

営業事務の平均年収は、事務職全体の平均と同じか少し高いくらいで、250万円〜300万円程度になります。

中途入社

大手企業において、正社員の中途入社はさほど多くありません。

中小企業などは、派遣からの正社員登用のチャンスがあります。

その際は基本的に一般社員と同じ給与設定ですが、何か特別なスキルがあれば高めの設定になるかもしれません。

語学や法務の知識、資格などがあれば有利でしょう。

外資系は能力がある人の中途採用を積極的に行っていますし、ヘッドハントも多くある業界です。

条件交渉などによって高給を得る可能性もあります。

派遣社員の営業事務の給料相場

最近は事務系の仕事の派遣率が上がっている傾向にあります。

時給でいうと1,500円〜2,000円程度が最も多く、月給だけで見ると正社員よりも高くなりますが、ボーナスがないので年収としては正社員とさほど変わらないでしょう。

派遣会社との雇用契約ですから派遣先の福利厚生は受けられず、派遣会社の健康保険などに加入することになります。

パート・アルバイトの営業事務の給料相場

パートやアルバイトという形になると、フルタイムではなく時間の融通が利きやすい反面、時給は低めに設定されることが多いでしょう。

また、福利厚生はほぼ受けられません。

勤務時間が一定時間より長くなると、健康保険に加入できる制度を取る企業もあります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

社員であれば、年2回ほどボーナスが出るのが一般的です。

企業や業種によって差がありますが、月給の2ヶ月~3ヶ月分程が相場となります。

中小企業だと月給の1ヶ月分というデータもあります。

派遣社員やパートは、基本的にはボーナスはありません。

昇給

営業事務は一般職扱いであることが多く、あまり昇給を望める職種ではありません。

勤続年数が長くなったり技能を身につければ、多少の昇給はあるようです。

各種手当

通常、残業手当は支給されます。

住居手当、地域手当、資格手当、通勤手当など、各種手当が出るかどうかはそれぞれ企業で違ってきます。

大手企業であれば、一通りの手当は支給されるでしょう。

みなし残業を取り入れる企業も増えてきているため、残業代も基本給に組み込まれていないか確認した方が良いでしょう。

給与が高い人は何が違うの?

雇用形態

社員、派遣社員、パートでは給与設定が違います。

社員は一律で給与設定がされていることが多くなります。

残業が多ければ、その分の手当などがつき、給与としては多少上がります。

派遣社員やパートは時給制なので、働く時間が長ければその分支給される給与も上がります。

派遣社員と正社員を比べると、月ごとの収入としては若干派遣社員の方が高いこともあります。

しかし、派遣社員はボーナスが無いため、同じ業務内容であれば、正社員も派遣社員もさほど給与は変わらないというのが現状のようです。

スキル・経験

転職してきた社員や派遣社員は、それまでの経験やスキルによって給与設定が変わります。

特殊な知識であったり、法律や経理、語学系など高いスキルを持っていれば、専門性のある営業事務職に携わることができ、給与も上がる可能性があります。

例えば、通関士の資格と経験を持って転職したら、貿易関係の事務で即戦力となり、給与の交渉も可能でしょう。

他にも、不動産業であれば宅建の資格や経験を活かせます。

役職

営業事務のまま役職に就くことはほとんどありません。

しかし、営業事務職の中でのまとめ役や責任者になtたり、営業職などに職種変更した上で役職に就くことはあります。

中小企業であれば、そういった職種をオールマイティにこなした上で役職に就くというパターンもあるようです。

勤続年数

一般的に、勤続年数が長くなれば、毎年少しずつ昇給していきます。

しかし、一般職扱いの営業職が大きく昇給を見込むのは難しいのが現状です。

何か特別な技能を持っていたために上司から引っ張ってもらえたということなどが稀にあるかもしれませんが、大企業ではあまり聞いたことがありません。

営業事務の仕事を長年続けた上で、他の職種や総合職に転換するという選択肢もあります。

私が勤めていた総合商社では、ある時期から女性の一般職を撤廃し、全員が総合職という扱いになりました。

一般職で入社した短大卒の女性も、転勤や昇進の可能性ができたのです。

キャリアアップを目指す女性もいました。

現在は、雇用環境が急に大きく変わることも珍しくありません。

長く勤めている内に、突然チャンスが生まれることもあるでしょう。

地域

やはり都心部の方が、全体的に給与水準は高くなります。

住居費などの物価が違うこともあり、営業事務に限らず全ての職に対して言えることです。

給与が高いと言っても、それ以上に生活費がかかることもあるので、特に地方から都心に就職する際は注意しておいた方が良いでしょう。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務で給料を上げるためにやるべき2つのこと

①今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

大手企業であれば、組合が社員を代表して給与アップの交渉をします。

個人的に給与アップの交渉をするのはなかなか難しいのが現状です。

直属の上司の評価が多少給与に影響することもあるので、上司にアピールするのも一つの手です。

中小企業では、社長の顔を直接見られる機会が多いので、積極的にアピールすることで給与アップに繋がることもあります。

自分の持っている技能によって、会社に大きく貢献していることが証明できれば、交渉しやすくなるでしょう。

スキルアップを図る

給与アップ交渉の材料として、資格を取ったりスキルを磨くことはとても有効です。

資格手当を支給している会社もあるので、自分の取得しようとする資格が対象になっているか確認してみましょう。

資格手当がなくても、実際の業務で資格の勉強が役立ち効率化することで評価が高まります。

将来のキャリアアップのために、有望な資格は是非取得しておくと良いでしょう。

全力で目の前の仕事に励む!

頑張っている姿を見てくれる人は、案外いるものです。

「営業事務では昇給が見込めない」と諦めずに、目の前の仕事に精一杯励んでみてはいかがでしょうか。

思わぬチャンスが舞い込んだり、評価してくれる人が現れるかもしれません。

これは私の友人の話ですが、大手建設会社で技術部の事務を担当していたところ、明るく前向きな彼女の仕事ぶりをたまたま見ていた社長が秘書室に引き抜きました。

一般職だったのですが、秘書室は女性が多く、女性であってもキャリアアップを図りやすい職場だったようです。

その後頭角を現し見事にキャリアアップを重ね、1年程で社長秘書に就きました。

異例のことのようですが、頑張っていればこういったことも起こり得るのです。

②思い切って転職する

「もうこの給与ではやっていけない!」と思ったら、思い切って転職するという方法もあります。

給与以外の条件も変わってくるので、情報収集しながら進めていきましょう。

転職先の選び方

①:業界から探す

基本的に、営業事務職の仕事はどの業界にもありますが、給与水準は業界によって変わってきます。

国内の企業か外資なのか、メーカーかサービス業か、それぞれ大体の給与相場というものがあるので、確認した上で業界を絞って活動してみましょう。

②:仕事内容から選ぶ

営業事務の仕事は幅が広いです。

企業ごとに仕事の範囲や扱うシステムは様々です。

例えば、営業事務の仕事だけに集中したいのか、部署全体の秘書的な仕事だったり雑務も幅広くこなしていきたいのかによって選ぶ方法です。

実際の業務内容は面接などで確認してみないと分からないことも多いので、ある程度企業を絞った上で個別に確認するのが良いでしょう。

③:勤務地やエリアから選ぶ

自分の住まいから無理なく通えるかということだけでなく、交通費を自費で払う派遣社員やパートでは、勤務地までの交通手段も重要なポイントになってきます。

毎日通勤するかもしれないということをしっかり考慮に入れて、就職活動を進めていきましょう。

④:企業のイメージで選ぶ

「この会社で働きたい!」というイメージを大切にして、転職先を探す方法です。

コマーシャルや新聞雑誌などの評価であったり、一般的に良いイメージのある企業は努力をして築き上げたものがあるはずです。

インターネット上だけでは掴めない情報は数多くありますから、周りの人の口コミなど、実際に見たり聞いたりした人の話はとても役立ちます。

是非、転職先探しの参考にしていきましょう。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

給料アップを目指して求人を探すなら、戦略を立てながら活動していきましょう。

重要なポイントをいくつか解説します。

①給与相場が今よりも高いところを探そう

一般的に、給与相場の高い業界というのがあります。

外資系企業、金融、急成長中のIT企業などです。

給与が高い分、激務であったり勤務時間が長かったりということもありますが、コンプライアンスのしっかりした企業であれば安心して働けます。

②賞与や昇給制度をチェック

企業によって、賞与や昇給制度は様々です。

それぞれの企業ごとに「ボーナスは月給の何ヶ月分か」などの情報は把握しておきましょう。

③残業代はちゃんと出る?

みなし残業を取り入れようとする動きが、政府主導で高まってきています。

残業代に関する動きはこれからも目が離せません。

実際に残業代がつくかどうかは、企業や部署によって違うというのが実情です。

上司の裁量に左右されることもあります。

面接の際にはきちんと確認しましょう。

④交通費や福利厚生は?

一般的に、正社員は交通費が出ます。

福利厚生も企業が提供しているものを利用できます。

派遣社員であれば、場合によって変わってきます。

交通費全額支給、限度額まで支給、時給に含むのいずれかになるので、派遣会社に確認しておきましょう。

福利厚生に関しては、派遣先の企業の制度は利用できません。

健康保険に関しては、派遣会社が用意しているのが一般的です。

大手派遣会社では福利厚生を充実させているところもあります。

健康保険だけでなく各種割引サービスを提供しているところもあるので、派遣登録する時に評判の良いところを探してみましょう。

パートであれば、交通費も福利厚生もほぼ無いと思った方が良いでしょう。

ただし、勤務時間が社員並みに長いなど一定の条件を満たした場合、健康保険に入れる企業もあります。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんな時

上司の評価が上がった時

ある大手メーカーで営業事務として勤務して3年目の頃、評価制度が導入されました。

年に1回~2回上司との面接が行われ、今後目指していきたいキャリア像であったり、上司から求められるスキルについての話をしました。

私は上司との関係は良好だったため、少しですが給与がアップした経験があります。

営業担当のアシスタントとして同行することが増えた時

営業事務は営業をサポートするのが仕事です。

企業や職場によって様々ですが、私の場合は営業に伴ってクライアントをまわることもありました。

その時に初めて出張手当というものの存在を知りました。

出張の付き添いが多かった月は、少し給与が上がりました。

資格手当

不動産業界で営業アシスタント業務を担当していた友人が、宅建の資格を取得し、資格手当として給与がアップしました。

また、資格を取ったことでできる業務が増えて、後のキャリアアップに繋がったようです。

私はジュニア英会話講師として大手英会話スクールに勤め、推奨されている保育士の資格を取得していましたが、この時は資格手当の対象となっていなかったため、給与アップには繋がりませんでした。

資格手当を狙うなら、制度を確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

私の仕事経験から、営業事務という仕事はそれぞれの個性が出る奥の深い仕事だと思っています。

人間関係を円滑にすることで、仕事はとてもやりやすくなります。

営業事務職としてキャリアアップや給与アップを目指すのは簡単なことではありませんが、道はあります。

是非自分の能力を活かして、道を切り開いていってください。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  営業事務の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  営業事務の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト
テレビCMでもお馴染み、派遣の事務を探すなら!種類別に事務仕事を探せるから自分にピッタリなのも見つかりやすい! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

営業事務求人

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫管理、納期管理、見積書・納品書・請求書の作成、入金管理

東京営業事務求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。営業事務はどんな仕事?営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。会議に必要な資料を作ったり、クライアントにアポイントメントの予約を取

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが、事務職は初めてでしたし特に資格も持っていませんでした。なので正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいなと思うこともありました。しかし上司がとても良い人だったため、いろいろと根気よく教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事をしてからはパソコンのスキルから、臨機応変に対応できるコミニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身に付きました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事な

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は、営業をサポートする役割で、今とてもニーズが増えています。営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、さらには募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そんなときに、営業事務はそのサポートとして代わりに契約書作成を行なったり、予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。さらに、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料を作成することや、新

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなの?と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字どおり営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的に言うと、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売る事を生業としている企業のことです。大手から零細企業ま

営業事務派遣求人のおすすめ働き先5選や良い会社の特徴とは?時給や正規社員求人との違いも解説!

派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんな仕事なのかよく分からないという人は多いのではないのでしょうか。この記事では、営業事務の仕事内容と、向いている人の特徴を分かりやすく解説します!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うこと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期の管理、各種伝票処理などの営業に関することか

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐にわたります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。働いてみて感じたことやおすすめする理由を詳しくお伝えします!商社での営業事務の大まかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買いつけるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活躍するイメージ

営業事務の転職で知っておくべき10個のこと

営業事務への転職を考えた時に、どんなことに気を付けたら良いのか分からないと不安ですよね。「営業事務はどんな仕事なの?」「活かせるスキルや経験を知りたい」「営業事務に向いてるタイプは?」「収入の相場はどのくらい?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。この記事では、営業事務の転職で知っておきたい10個のポイントを紹介します。営業事務とはどのような仕事で、そのために必要とされている能力や適性は何かを理解しておきたいですよね。営業事務についてよくある疑問にもお答えしていますので、この記事を読んで転職活動を一歩リードしましょう。営業事務に転職したいと思ったら営業事務への転職を考えたら、まずは