様々な種類がある事務職の一つ、営業事務。

営業に直接携わる業務ですので、事務職の中では忙しいというイメージがあると思います。

売上げに携わる営業事務のボーナスは、いったいどのくらいもらえるものなのでしょうか。

また、雇用形態によってどのくらい変わってくるのか、営業事務のボーナス事情を解説します。

営業事務の大まかな仕事内容や役割についておさらいしておこう

営業事務はその名の通り、営業部門の専門事務です。

見積書や請求書の作成はもちろんの事、メールや電話などでお客様と直接やりとりをする事もあります。

取り扱っている商品の概要、納品までの流れ、進捗状況など、営業事務が把握しておかなければならない事は多岐に渡り、PCスキルを求められる事もあります。

事務職と言っても、営業担当の片腕といった役割を担っています。

営業担当が効率よく営業できるように、また、お客様が安心して契約していただけるように、お手伝いをするのが営業事務の仕事です。

営業事務のボーナスの平均相場はどれくらい?

ボーナスの支給は、基本的には夏と冬の年2回です。

2018年のボーナス支給の平均は、大企業で2〜3ヶ月分、中小企業で1ヶ月分というデータが出ています。

では、営業事務のボーナスの平均はどれくらいかと言いますと、平均2ヶ月分と言われていますので、企業の規模にもよりますが、比較的金額は高めと言っていいでしょう。

役職による違いは?

営業事務にはどのような役職や立場があるのでしょうか。

また、それによって営業事務のボーナスは変わってくるのか、解説します。

主任

営業事務においては、基本的には役職というものが存在しません。

正式な役職を与えられることは非常に稀なケースですが、場合によっては主任といった立場になる事もあるでしょう。

しかし、営業事務は営業担当をサポートをしていますが、実際に売上げを出すわけではありませんので、基本給が多少上がる事はあるかもしれませんが、ボーナスに差がつくという事はあまり考えにくいでしょう。

一般社員

先にもお話したように、営業事務では基本的に役職がありませんので、一般社員も規定のボーナス支給額を受け取る事ができます。

ただ、営業事務は一般事務より専門的な事を求められることがあるので、基本給が少々高めに設定されている場合があります。

そのため、同じ2ヶ月分であっても受け取る額が高いこともあるでしょう。

正規社員とその他雇用形態の社員との差はどれくらい?

営業事務で働く場合、正規社員の他にパートや派遣社員があります。

正規社員の場合は、企業側でボーナス支給が提示されているのであれば、規定分を支給されますが、パートの場合はボーナスの支給はありません。

派遣社員の場合は、元々の給与が高く設定されていますので、こちらもボーナスの支給はありません。

業績が良かった場合の特別寸志の場合も、売上げを出さない営業事務がもらえるという事は、ほぼないと言っていいでしょう。

結論を言いますと、「正規社員ならボーナスの支給があるが、それ以外は無い」というのが現状です。

営業事務のボーナス額は、どうやって決まるの?

めまぐるしい営業部門で働く営業事務のボーナス額は、どのように決まるのでしょうか。

やはり、営業の成果から影響を受けるのでしょうか。

様々な角度から解説します。

会社の規模

一番大きく影響してくるのは、この「会社の規模」です。

先にもお話ししましたが、一般的なボーナスの支給額は、大企業と中小企業では1.5ヶ月分ほどの差があります。

それによって、営業事務のボーナスも会社の規模で大きく変わってきます。

なかにはボーナス支給額3ヶ月といった企業もあり、企業の規模によってボーナス支給額は差が生まれやすいのです。

会社の業績

2009年のリーマンショックの頃は、どの企業もボーナスが激減しましたが、現在はそれ以前ほどに戻ってはきています。

しかし、企業によってはそうはいかない事もあるでしょう。

営業事務に限ったことではありませんが、会社の業績は社員のボーナスに非常に影響されますので、それによってボーナス額が決められてしまいます。

営業部門の業績には影響されない場合もある

営業事務は、営業担当のサポートをしながら業績を上げるための縁の下の力持ちです。

しかし、実際に売上げを出すわけではありません。

そのため企業によっては、営業事務も一般事務職としてボーナス額を設定することもあります。

担っている仕事を考えると少々悲しくなってしまいますが、そのような設定方法の企業があるという事も事実です。

ボーナスが高い人は何が違うの?

同じ営業事務の中でも、ボーナスに差があることがあります。

ボーナスは一般的には基本給から算出されるので、ボーナスが高いということは、基本給が高いということになるのですが、その基本給が高くなる理由とはなんでしょうか。

勤続年数

正規社員の場合、勤続年数が長ければ基本給が上がる場合もあります。

ただし、長く働けば必ずしも基本給が上がるというわけではありません。

企業側の昇給規定はそれぞれ違うのと、勤続年数だけでなく実績や功績も基準のひとつに含まれるからです。

スキル

やはり業績に繋がる様なサポートができているかなどの「営業事務としての実力」も基準のひとつとなるでしょう。

営業事務は事務職の中でも専門的な要素が強い職種です。

事務的な作業はもちろんのこと、柔軟性や対応力、そして商品知識など多方面の仕事をこなさなくてはなりません。

自分の磨いたスキルが業績に繋がったり、営業の片腕を担えるようになれば評価はあがるので、それと共に昇給に繋がることもあるでしょう。

地域

一番大きく差が出てくるのは、やはり地域です。

都心や都道府県の中心部であればあるほど賃金は高いですし、業績を上げている企業が多いです。

もちろん地方であっても、中心部の企業より業績を上げている企業もありますが、一般的には中心部にそのような企業が集まる傾向にありますので、地域差が生まれやすいです。

ボーナスがいい求人を探すときのポイントや注意点

「どうせなら、ボーナスがたくさんもらえる企業で働きたい」と誰しもが思うでしょう。

では、ボーナスがいい求人を探す時にどのようなところに注目すべきなのでしょうか。

地域

先にもお話しましたが、やはり中心部の求人は基本給が高く、大企業もあるので基本給やボーナス額が高い傾向があります。

通勤ができる範囲内であったり、引っ越す事が可能であるなら、都心や中心部の求人を探した方がいいでしょう。

また、地方に比べると求人が多いので、選択できる企業が増えるといったメリットもあります。

エージェントを利用する

これまでに営業事務や一般事務などの経験がある、スキルに自信があるという人は、エージェントを利用することもいいでしょう。

エージェントは自分の希望と企業側の希望をマッチングさせてくれますので、自分で探すよりも効率的に仕事を探す事ができます。

スキルがあれば、前職よりも低い給与やボーナスでは働きたくないと思うのは当然ですし、エージェントを利用すれば応募のサポートもしてくれますので、求職の不安も軽減するのではないでしょうか。

賞与よりも基本給を見る

ボーナスは基本的に基本給から算出されます。

なので、ボーナスが3ヶ月分あったとしても、基本給が低ければ必然的にボーナス額も低くなります。

また、毎月入る給与もボーナスと同じ位重要ですので、まずは基本給がいくらなのかというところに注目しましょう。

手当などはボーナス額には含まれませんので、ここはとても重要です。

いまさら人に聞けない!ボーナスにまつわるいろいろな疑問にお答えします!

ここまで何度もボーナスという言葉を出してきましたが、「そもそもボーナスって何?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

せっかくなので、ここでボーナスとは何なのかおさらいしましょう。

そもそもボーナスってなんだっけ?

ボーナスとは、毎月支払われる給与とは別に支払われるもので、「賞与」や「特別手当」とも呼ばれます。

あらかじめ支給額が決まってはおらず、業績や個人の実績によって変動する特徴があります。

ボーナスはいつ貰えるの?

一般的には夏と冬の年2回で、6月と12月にボーナスを支給する企業が多いです。

企業によっては年に3回や1回といった企業もあるので、求人内容や面接時などの説明をしっかりと確認する必要があります。

ボーナスが貰えない会社もある?!

ボーナスとは、給与とは違い企業側に支払い義務があるわけではありません。

企業だからと言っても必ずしももらえるわけではありませんので、ボーナスを設定していない企業ももちろんあります。

それについては雇用契約書に支払いの有無が記載されていますし、面接時に説明があるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

営業事務は事務職の中では専門的で忙しい職種ですが、職種としては事務職です。

なかなか昇格も見込めない職種ですので、より高いボーナスを目指すのであれば、基本給が高い企業を探す、エージェントを利用するなどといった方法もあります。

そして、正規社員よりも基本給が高いことの多い派遣社員の場合は、ボーナス支給が基本的にありませんので、自分の希望に合った働き方を振り返るという事も大切かもしれません。

夏と冬のお楽しみ、みなさんが満足するボーナスを獲得できるよう応援しています。


関連キーワード

営業事務求人

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫管理、納期管理、見積書・納品書・請求書の作成、入金管理

東京営業事務求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。営業事務はどんな仕事?営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。会議に必要な資料を作ったり、クライアントにアポイントメントの予約を取

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが、事務職は初めてでしたし特に資格も持っていませんでした。なので正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいなと思うこともありました。しかし上司がとても良い人だったため、いろいろと根気よく教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事をしてからはパソコンのスキルから、臨機応変に対応できるコミニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身に付きました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事な

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は、営業をサポートする役割で、今とてもニーズが増えています。営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、さらには募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そんなときに、営業事務はそのサポートとして代わりに契約書作成を行なったり、予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。さらに、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料を作成することや、新

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなの?と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字どおり営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的に言うと、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売る事を生業としている企業のことです。大手から零細企業ま

営業事務派遣求人のおすすめ働き先5選や良い会社の特徴とは?時給や正規社員求人との違いも解説!

派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんなお仕事なのかよくわからないという人は多いのではないのでしょうか。営業事務のお仕事内容と、向いてる人の特徴をわかりやすく解説します!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うことと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期の管理、各種伝票処理などの営業に関することから、庶務的

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り、商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり、貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐に渡ります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。そして、働いてみて感じた事、おすすめする理由とは?詳しくお伝えします!商社での営業事務のおおまかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買い付けるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活

営業事務の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を、複数社の営業事務経験がある私が教えます

企業で事務仕事に就くために職探しをしてみると、事務にもいろんな種類があることに気づくと思います。そんな中、求人でよく見かける「営業事務」というお仕事があります。名前だけではどんなお仕事をするのか想像がしにくいですが、どんなお仕事なのでしょうか。また、営業事務の年収なども紹介したいと思います。営業事務の給料の相場はどのくらい?正社員新卒入社営業事務は事務職ですので、平均的な事務職全般と給与は変わりはありません。特別な技能がある専門職として就職する場合であったり、外資系企業であったりすると給与は高くなることがあります。営業事務の平均年収は、事務職全体の平均と同じく250万円程度になります。中途入社


営業事務求人に関するコラム

営業事務の面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

営業事務は、特に女性に人気で、女性の採用の多い仕事です。気配り上手で細かな仕事も丁寧に行い、会社になくてはならない存在です。営業事務が行う業務は多岐に渡るのですが、やったことのない人には仕事内容や、採用面接での受け答えのコツ、面接時の服装がよく分からないと思います。実際に営業事務として働いていた筆者が分かりやすく教えます。営業事務の仕事内容営業事務は、外回りをする営業マンを支えるお仕事です。基本的に毎日会社に出社する、内勤の仕事です。デスクワークであり、机の上には電話とパソコンが置かれています。まず基本的な仕事となるのが、会社にかかってくる電話の応対や、メールやFAXの確認と返信です。そして、

営業事務は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

一般事務や営業事務といった事務職は、女性が多いイメージがありませんか?なぜ事務職は、女性が多いのでしょうか。今回、女性が営業事務に向いている点・できること・大変なことを、営業事務経験者が解説します。営業事務はどんな仕事?営業事務は、営業担当者をサポートすることがメインの仕事です。営業は外出していることが多く、社内での作業ができないため、それらを行うのが営業事務です。ざっくり言ってしまうと、営業担当者が商品を売り上げるために必要なことをサポートします。営業事務の大まかな仕事内容大きく分けると、受発注業務を伴う事務(メーカーなど)と、伴わない事務(マスコミなど)に分けられます。主に、商品の受発注業

営業事務がブラックな仕事だな…と感じた4個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

営業事務…よく聞く仕事だと思いますが、『営業なのに事務?』という声もチラホラ聞こえてきます。そんな営業事務について、営業事務がブラックだと思う瞬間についてお話していきたいと思います。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の仕事はいくつかに分かれます。それぞれご説明します。見積書の作成営業がお客様と結んだ契約を元に、見積書を作成します。商品やサービスの数量・単価などを表記し、お客様に提示するものです。発注これはお客様に提供する商品を仕入れる際の発注と、本来お客様が作成される発注書をこちらで作成する作業とがあります。企業によって発注書はお客様に作成してもらうところもありますが、こちら側で予め作成する企

営業事務の採用はどんな会社がしてる?5個の会社のタイプや、会社から求められていること

事務職の一つである営業事務。「営業」という名前がつくのだから、営業がある会社で募集しているのだろうと思うことでしょう。しかし、どういった会社で募集しているのか深く考えると、少々ぼんやりしてしまうのではないでしょうか。営業事務の採用はどういった会社でしているのか、またどういったことが求められるのかなど、これから営業事務職を目指す方へのアドバイスをお伝えします。営業事務のおおまかな仕事について知っておこう営業事務の仕事は、簡単に言うと「営業担当のサポート」です。しかし、営業担当と一緒に外回りをする訳ではなく、社内にて請求書や見積書などの書類作成、電話・メール対応などが主な仕事となります。また、社外

営業事務の悩みで多い7個のこととその解決法。

事務職には、一般事務や経理事務の他に、「営業事務」というものがあります。この営業事務は、社外の人との接点も多く、躍動感のある職種です。しかし、その躍動感があるが故に、抱えてしまう悩みもあります。営業事務の悩みでよく見られるものは何でしょうか。解決策と併せてお話しします。営業事務のおおまかな仕事内容営業事務とは、その名の通り営業部門の事務職です。基本的には営業担当のアシスタント業務になります。勤務先によって仕事量は変わってきますが、一人の営業担当に一人の営業事務がつく事もあれば、一人の営業事務が複数人の営業担当を受け持つ場合もあります。おおまかな仕事内容としては、見積書の作成、伝票や請求書の発行