営業事務と聞くと皆さんはどんな仕事を想像しますか?

電話応対、テレフォンアポイント、資料作成などなど、いろいろな仕事が頭に浮かんでくるでしょう。

そもそも一般事務と営業事務はどう違うのでしょうか。

営業事務は、営業さんのお手伝いをする事務のことを言います。

各会社によって内容は違いますが、実力があれば営業とほぼ変わらない位の仕事をこなすこともあります。

営業さんのサポートとして外回りについて行く場合などもあり、時期によってはハードになることも。

その分一般事務よりもお給料が良いことが多く、最近では女性の活躍も増えているんですよ。

営業事務の仕事を経て営業や秘書の仕事へとステップアップしていく人も多くいます。

今回は私の実体験をもとに、営業事務のつらいと思う大変な部分とその対処方法などをお話していきたいと思います。

営業事務で働きたいと思っている方にはぜひ目を通してもらいたいです。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務って大変なの??

正直にお伝えしましょう。

はっきり言って大変です。

担当する営業さんのペースに合わせなくてはいけないので、急な提出物などができれば対応しなくてはいけません。

そうなると必然的に残業になってしまうことも。

クライアントさんから電話口で嫌味を言われたりすることもしょっちゅうです。

そもそも営業はまだまだ男性社会なので、ただでさえ女性はやりにくいと感じることも多いでしょう。

しかし、結果を出せば必ず周りは認めてくれますし、居心地も良くなってくるはずです。

はじめは覚えることがたくさんあるので、忘れないようにメモを取るのは必須です。

どの仕事も最初は大変なのは当たり前。

慣れるまでは先輩を頼り、自分なりに努力して成果をあげましょう。

営業事務がつらいと感じる5個の瞬間とその乗り越え方とは?

営業事務の仕事は大変な分成果を上げたときの達成感は高く、やりがいを感じることもたくさんあります。

しかし、同時につらいと感じる場面も多くやってくるのが正直なところです。

どんな仕事にも責任があり、プレッシャーを感じたり大変だと感じることは当たり前ですよね。

ですがそれがストレスとなり、溜め込むことでフラストレーションが溜まってしまっては身体を壊してしまいます。

溜め込む前にできる限り対処したいですよね。

ここでは私が営業事務の仕事をしていた際につらいと感じた場面と、その乗り越え方をお話したいと思います。

残業

契約内容や会社の方針にもよりますが、基本的に残業は多い職種だと思います。

営業さんやクライアントさんの仕事が都合良く自分の就業時間内にやってくるとは限りません。

就業間際に渡された仕事の提出を今日中にしてほしい、なんてこともザラです。

極力残業はしたくないと思っている人には向いていないと思います。

残業してでも仕事をやり切る根性が必要とされることもあると思っていてください。

その乗り越え方とは?

心配な場合はあらかじめ契約内容をきちんと確認してから契約するようにしましょう。

また、あまりに残業が多かったり過酷な場合は、しっかりと上司に相談してください。

最近は残業を禁止する風潮もあるので、勤務先によっては残業なしで営業事務の仕事ができることもあるかもしれません。

良い仕事をするためには仕事とプライベートのオンオフが必要不可欠です。

あまり真面目に考えすぎず、上手にリフレッシュしましょう。

クレーム対応

営業事務の仕事とは、いわばクライアントと自社の営業担当をつなぐ架け橋のようなもの。

営業担当が外回りなどで席を外している場合の電話対応や、会議用の資料作成などをするのは営業事務の仕事です。

ときにはクライアントからのクレームに対応しなければいけない時もあります。

どんな人でもクレーム対応は嫌ですよね。

長く続けば精神衛生にも良くありません。

その乗り越え方とは?

まずは誠意ある対応をとり、相手の話をよく聞きましょう。

こちらに非がある場合は、それが自分のせいであってもなくても謝罪することをお勧めします。

謝罪をせずに言い合ってしまうと、解決するものも解決せず長引いてしまうでしょう。

相手も人間ですから、吐き出せばスッキリして冷静になるはずです。

ヒートアップしてしまいどうしても収まらない場合は、上司に代わってもらうなり、担当の営業が帰ってきてから折り返すなどの方法で対処しましょう。

日本には揉め事が起きると、立場が上の人と話をしたいという風習があります。

クレームに対して穏やかに対応してくれる上司に代わってもらい、その場を収めてもらうのが一番です。

仕事量の多さ

営業事務は営業と一般事務を兼任しているような仕事です。

そのため暇な時間はほとんど無く、常に多くの仕事を抱えることになります。

多忙な時はデスクに書類が山積みなんてこともよくありました。

責任感がある人ほど仕事を抱えがちです。

しかし、常にそんな状態では誰でも限界がきてしまいます。

実際に私と同期で入った営業事務の人たちは、10人中4人が3ヶ月以内に辞めてしまいました。

これは明らかにキャパオーバーが原因だったと思います。

そして辞めてしまった人に共通していたのは、人を頼れない性格だというところでした。

そんなこともあって、私は周りを頼るようになり、そのおかげで辞めずに長く働くことができたのめす。

その乗り越え方とは?

仕事を長く続けるためにも、自分のキャパをオーバーした仕事はしてはいけません。

もちろん責任感があるというのは素晴らしいことですが、たまには人を頼ることも必要です。

部署の人数にもよるとは思いますが、どうしても自分でなくてはできない仕事以外は助けてもらうことも覚えましょう。

それを申し訳ないと思うのではなく、ギブアンドテイクで次は自分が手伝ってあげればいいのです。

周りに弱みを見せたり、人を頼りにできる人間は誰からも好かれます。

開き直って堂々と甘えてしまえばいいのです。

感謝の気持ちを忘れず、それをきちんと言葉にすればみんな喜んで協力してくれると思いますよ!

専門知識が必要

営業さんは外に出ていることがほとんどなので、資料作成は営業事務の仕事になります。

営業事務の仕事では専門的な知識を使って資料作成をすることがあります。

特にパソコンのWord・Excel・PowerPointは必須と言えるでしょう。

最近ではこの3種は使える人がかなり増えてきましたが、グラフ等になると少し専門知識が必要になります。

中にはパソコンが苦手な人もいるでしょうから、営業事務で働きたいのであればあらかじめ勉強しておきましょう。

その乗り越え方とは?

パソコンはとにかく慣れです。

使い方はやっていくうちに必ず慣れてきますから、諦めずにコツコツ頑張りましょう。

働く会社によってその業界の専門知識も必要になってきますから、分からないことは調べたり先輩に聞いたりして知識を身に付けていってください。

営業さんの外回りサポート

多くのクライアントを抱えている営業さんは、1人で外回りをしきれないことがあります。

なので必要資料を届けるなど、外回りのサポートをすることもあるんですよ。

1人でクライアントを回るのはなかなか勇気が要るものです。

最初のうちは緊張してうまくしゃべれないこともありました。

クライアントさんからは営業と同じように扱われるので、うまく説明できないとあからさまに嫌な態度を取られることもありました。

その度に落ち込んでオフィスに帰ったのを覚えています。

営業事務ってこんなことまでするの?と戸惑うこともたくさんありました。

夏は汗でドロドロになるし、冬は手足がかじかむほど寒かったり…。

これを毎日こなしている営業さんは本当にすごいなと思いました。

その乗り越え方とは?

苦手意識を克服することが大切です。

そのためには場数を踏まなければいけません。

慣れるまでは担当の営業さんの外回りについて行って勉強しましょう。

話し方や相槌の打ち方など、参考になる部分がたくさんあるはずです。

それを真似していくうちにきっと板に付いてきます。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

キツい時もあるけど、営業事務がおすすめの理由

営業事務の仕事は営業成績など、目に見える成果があります。

だからこそやりがいを感じることができる仕事なのです。

そしてしっかりと結果を出せば、営業部門に昇格したりすることも珍しくありません。

バリバリと仕事をしたい人にはとてもオススメです。

将来へのステップアップに最適

将来事務職や営業で働いていきたいと言う人のステップアップには最適だと思います。

大変な仕事だからこそ、やり切れば自信がつくはずです。

裏方作業だけでなく、営業さんの仕事も間近で見ることができるので、勉強できることがたくさんあります。

責任重大な仕事も多かったので、私自身より一層責任感が強くなったように思います。

達成感を味わえる

営業事務は個人プレーの部分がたくさんあります。

そのため自分自信が頑張って結果を出したという達成感が強いのです。

どんなにつらい時間も、結果につながれば全て良い思い出に変わるから不思議ですよね。

大きな達成感や充実感はやみつきになります。

やっと終わったという気持ちと、またこの達成感を味わいたいという気持ちの繰り返しです。

それを繰り返していると、本人も気付かないうちにどんどんスキルが上がっていくでしょう。

お給料が良い

これは働き先にもよりますが、営業事務のお給料は平均よりも高く設定されていることが多いため、金額面での満足感は高いと言えるでしょう。

大変な分しっかりとお給料に反映されるのは嬉しいですね。

営業さんと同じようにインセンティブがもらえる場合もあります。

成果次第では昇給、昇格することもあるんですよ!

私の同期は好成績を継続して出していたため、派遣から契約社員となり、営業部門の正社員になりました。

競争が激しい世界ですが、その分上に上がれるチャンスも多いのです。

営業事務を目指すならやっておきたい準備事項

漠然と営業事務といっても、働く業界によって仕事の内容は大きく変わってきます。

まずは自分は何の業界で働きたいのかをしっかりと定めましょう。

そこから業界の専門知識を身に付け、必要ならばパソコンや英語などのスキルを磨いていくと良いと思います。

どの会社も求めているのは即戦力になる人材です。

少しでも採用したいと思ってもらえるように、事前にしっかりと準備をすることが重要だと思います。

後悔しないよう働く前にやっておくべきこと

何度も言いますが、営業事務の仕事はなかなかハードです。

心身ともに健康でいられるように、条件の確認はしっかりとしておきましょう。

週休2日は取れるのか、昇給昇格はあるのか、残業代はどこまで出るのかなど多少聞きにくいことではありますが、入ってから後悔しないためにはじめに確認することが大切です。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務として働くための心構え

営業事務は仕事もハードですが、人間関係に悩むこともあると思います。

私の経験から言うと、営業職は比較的気の強い人が多いです。

競争が激しい世界ですから妬まれたり嫌味を言われたりすることもあるかもしれませんが、とにかく気にしないこと!

媚びる必要はありませんが、仕事をスムーズに進めるためにも、誰からも好かれて可愛がられる人になりたいですね。

とにかく気が弱いとやっていけない世界なので、気を強く持って仕事に臨んでください。

まとめ

ざっくばらんに書いてみましたが参考になりましたでしょうか?

マイナス面も正直に書いてみたので、不安にさせてしまっていたらすみません。

大変なことも多い仕事ですが、やりがいを感じられる職業なのは確かです。

そして必ず自分自信のスキルアップにもなります。

私は約2年程営業事務として働きましたが、いろいろなスキルが身に付き経験して本当に良かったと思っています。

その時に覚えたパワーポイントやエクセルは今の生活にもとても役に立っています。

何より大きかったのは忍耐力とやり遂げる力がついたことです。

プレッシャーもありましたが、一つの案件を無事収められたときはなんとも言えない達成感でいっぱいになりました。

働くことの大変さと喜びを教えてもらった気がします。

学生時代からいろいろな仕事をしてきましたが、営業事務は間違いなく一番鍛えられた仕事です。

自分自信を高めたいという人には、ぜひ営業事務の仕事を選んでみてほしいと思います。


関連キーワード

営業事務求人