営業事務と聞くと皆さんはどんな仕事を想像しますか?

電話応対、テレフォンアポイント、資料作成などなど、いろいろな仕事が頭に浮かんでくるでしょう。

そもそも一般事務と営業事務はどう違うのでしょうか。

営業事務は、営業さんのお手伝いをする事務のことを言います。

各会社によって内容は違いますが、実力があれば営業とほぼ変わらない位の仕事をこなすこともあります。

営業さんのサポートとして外回りについて行く場合などもあり、時期によってはハードになることも。

その分一般事務よりもお給料が良いことが多く、最近では女性の活躍も増えているんですよ。

営業事務の仕事を経て営業や秘書の仕事へとステップアップしていく人も多くいます。

今回は私の実体験をもとに、営業事務のつらいと思う大変な部分とその対処方法などをお話していきたいと思います。

営業事務で働きたいと思っている方にはぜひ目を通してもらいたいです。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務って大変なの??

正直にお伝えしましょう。

はっきり言って大変です。

担当する営業さんのペースに合わせなくてはいけないので、急な提出物などができれば対応しなくてはいけません。

そうなると必然的に残業になってしまうことも。

クライアントさんから電話口で嫌味を言われたりすることもしょっちゅうです。

そもそも営業はまだまだ男性社会なので、ただでさえ女性はやりにくいと感じることも多いでしょう。

しかし、結果を出せば必ず周りは認めてくれますし、居心地も良くなってくるはずです。

はじめは覚えることがたくさんあるので、忘れないようにメモを取るのは必須です。

どの仕事も最初は大変なのは当たり前。

慣れるまでは先輩を頼り、自分なりに努力して成果をあげましょう。

営業事務がつらいと感じる5個の瞬間とその乗り越え方とは?

営業事務の仕事は大変な分成果を上げたときの達成感は高く、やりがいを感じることもたくさんあります。

しかし、同時につらいと感じる場面も多くやってくるのが正直なところです。

どんな仕事にも責任があり、プレッシャーを感じたり大変だと感じることは当たり前ですよね。

ですがそれがストレスとなり、溜め込むことでフラストレーションが溜まってしまっては身体を壊してしまいます。

溜め込む前にできる限り対処したいですよね。

ここでは私が営業事務の仕事をしていた際につらいと感じた場面と、その乗り越え方をお話したいと思います。

残業

契約内容や会社の方針にもよりますが、基本的に残業は多い職種だと思います。

営業さんやクライアントさんの仕事が都合良く自分の就業時間内にやってくるとは限りません。

就業間際に渡された仕事の提出を今日中にしてほしい、なんてこともザラです。

極力残業はしたくないと思っている人には向いていないと思います。

残業してでも仕事をやり切る根性が必要とされることもあると思っていてください。

その乗り越え方とは?

心配な場合はあらかじめ契約内容をきちんと確認してから契約するようにしましょう。

また、あまりに残業が多かったり過酷な場合は、しっかりと上司に相談してください。

最近は残業を禁止する風潮もあるので、勤務先によっては残業なしで営業事務の仕事ができることもあるかもしれません。

良い仕事をするためには仕事とプライベートのオンオフが必要不可欠です。

あまり真面目に考えすぎず、上手にリフレッシュしましょう。

クレーム対応

営業事務の仕事とは、いわばクライアントと自社の営業担当をつなぐ架け橋のようなもの。

営業担当が外回りなどで席を外している場合の電話対応や、会議用の資料作成などをするのは営業事務の仕事です。

ときにはクライアントからのクレームに対応しなければいけない時もあります。

どんな人でもクレーム対応は嫌ですよね。

長く続けば精神衛生にも良くありません。

その乗り越え方とは?

まずは誠意ある対応をとり、相手の話をよく聞きましょう。

こちらに非がある場合は、それが自分のせいであってもなくても謝罪することをお勧めします。

謝罪をせずに言い合ってしまうと、解決するものも解決せず長引いてしまうでしょう。

相手も人間ですから、吐き出せばスッキリして冷静になるはずです。

ヒートアップしてしまいどうしても収まらない場合は、上司に代わってもらうなり、担当の営業が帰ってきてから折り返すなどの方法で対処しましょう。

日本には揉め事が起きると、立場が上の人と話をしたいという風習があります。

クレームに対して穏やかに対応してくれる上司に代わってもらい、その場を収めてもらうのが一番です。

仕事量の多さ

営業事務は営業と一般事務を兼任しているような仕事です。

そのため暇な時間はほとんど無く、常に多くの仕事を抱えることになります。

多忙な時はデスクに書類が山積みなんてこともよくありました。

責任感がある人ほど仕事を抱えがちです。

しかし、常にそんな状態では誰でも限界がきてしまいます。

実際に私と同期で入った営業事務の人たちは、10人中4人が3ヶ月以内に辞めてしまいました。

これは明らかにキャパオーバーが原因だったと思います。

そして辞めてしまった人に共通していたのは、人を頼れない性格だというところでした。

そんなこともあって、私は周りを頼るようになり、そのおかげで辞めずに長く働くことができたのめす。

その乗り越え方とは?

仕事を長く続けるためにも、自分のキャパをオーバーした仕事はしてはいけません。

もちろん責任感があるというのは素晴らしいことですが、たまには人を頼ることも必要です。

部署の人数にもよるとは思いますが、どうしても自分でなくてはできない仕事以外は助けてもらうことも覚えましょう。

それを申し訳ないと思うのではなく、ギブアンドテイクで次は自分が手伝ってあげればいいのです。

周りに弱みを見せたり、人を頼りにできる人間は誰からも好かれます。

開き直って堂々と甘えてしまえばいいのです。

感謝の気持ちを忘れず、それをきちんと言葉にすればみんな喜んで協力してくれると思いますよ!

専門知識が必要

営業さんは外に出ていることがほとんどなので、資料作成は営業事務の仕事になります。

営業事務の仕事では専門的な知識を使って資料作成をすることがあります。

特にパソコンのWord・Excel・PowerPointは必須と言えるでしょう。

最近ではこの3種は使える人がかなり増えてきましたが、グラフ等になると少し専門知識が必要になります。

中にはパソコンが苦手な人もいるでしょうから、営業事務で働きたいのであればあらかじめ勉強しておきましょう。

その乗り越え方とは?

パソコンはとにかく慣れです。

使い方はやっていくうちに必ず慣れてきますから、諦めずにコツコツ頑張りましょう。

働く会社によってその業界の専門知識も必要になってきますから、分からないことは調べたり先輩に聞いたりして知識を身に付けていってください。

営業さんの外回りサポート

多くのクライアントを抱えている営業さんは、1人で外回りをしきれないことがあります。

なので必要資料を届けるなど、外回りのサポートをすることもあるんですよ。

1人でクライアントを回るのはなかなか勇気が要るものです。

最初のうちは緊張してうまくしゃべれないこともありました。

クライアントさんからは営業と同じように扱われるので、うまく説明できないとあからさまに嫌な態度を取られることもありました。

その度に落ち込んでオフィスに帰ったのを覚えています。

営業事務ってこんなことまでするの?と戸惑うこともたくさんありました。

夏は汗でドロドロになるし、冬は手足がかじかむほど寒かったり…。

これを毎日こなしている営業さんは本当にすごいなと思いました。

その乗り越え方とは?

苦手意識を克服することが大切です。

そのためには場数を踏まなければいけません。

慣れるまでは担当の営業さんの外回りについて行って勉強しましょう。

話し方や相槌の打ち方など、参考になる部分がたくさんあるはずです。

それを真似していくうちにきっと板に付いてきます。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

キツい時もあるけど、営業事務がおすすめの理由

営業事務の仕事は営業成績など、目に見える成果があります。

だからこそやりがいを感じることができる仕事なのです。

そしてしっかりと結果を出せば、営業部門に昇格したりすることも珍しくありません。

バリバリと仕事をしたい人にはとてもオススメです。

将来へのステップアップに最適

将来事務職や営業で働いていきたいと言う人のステップアップには最適だと思います。

大変な仕事だからこそ、やり切れば自信がつくはずです。

裏方作業だけでなく、営業さんの仕事も間近で見ることができるので、勉強できることがたくさんあります。

責任重大な仕事も多かったので、私自身より一層責任感が強くなったように思います。

達成感を味わえる

営業事務は個人プレーの部分がたくさんあります。

そのため自分自信が頑張って結果を出したという達成感が強いのです。

どんなにつらい時間も、結果につながれば全て良い思い出に変わるから不思議ですよね。

大きな達成感や充実感はやみつきになります。

やっと終わったという気持ちと、またこの達成感を味わいたいという気持ちの繰り返しです。

それを繰り返していると、本人も気付かないうちにどんどんスキルが上がっていくでしょう。

お給料が良い

これは働き先にもよりますが、営業事務のお給料は平均よりも高く設定されていることが多いため、金額面での満足感は高いと言えるでしょう。

大変な分しっかりとお給料に反映されるのは嬉しいですね。

営業さんと同じようにインセンティブがもらえる場合もあります。

成果次第では昇給、昇格することもあるんですよ!

私の同期は好成績を継続して出していたため、派遣から契約社員となり、営業部門の正社員になりました。

競争が激しい世界ですが、その分上に上がれるチャンスも多いのです。

営業事務を目指すならやっておきたい準備事項

漠然と営業事務といっても、働く業界によって仕事の内容は大きく変わってきます。

まずは自分は何の業界で働きたいのかをしっかりと定めましょう。

そこから業界の専門知識を身に付け、必要ならばパソコンや英語などのスキルを磨いていくと良いと思います。

どの会社も求めているのは即戦力になる人材です。

少しでも採用したいと思ってもらえるように、事前にしっかりと準備をすることが重要だと思います。

後悔しないよう働く前にやっておくべきこと

何度も言いますが、営業事務の仕事はなかなかハードです。

心身ともに健康でいられるように、条件の確認はしっかりとしておきましょう。

週休2日は取れるのか、昇給昇格はあるのか、残業代はどこまで出るのかなど多少聞きにくいことではありますが、入ってから後悔しないためにはじめに確認することが大切です。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務として働くための心構え

営業事務は仕事もハードですが、人間関係に悩むこともあると思います。

私の経験から言うと、営業職は比較的気の強い人が多いです。

競争が激しい世界ですから妬まれたり嫌味を言われたりすることもあるかもしれませんが、とにかく気にしないこと!

媚びる必要はありませんが、仕事をスムーズに進めるためにも、誰からも好かれて可愛がられる人になりたいですね。

とにかく気が弱いとやっていけない世界なので、気を強く持って仕事に臨んでください。

まとめ

ざっくばらんに書いてみましたが参考になりましたでしょうか?

マイナス面も正直に書いてみたので、不安にさせてしまっていたらすみません。

大変なことも多い仕事ですが、やりがいを感じられる職業なのは確かです。

そして必ず自分自信のスキルアップにもなります。

私は約2年程営業事務として働きましたが、いろいろなスキルが身に付き経験して本当に良かったと思っています。

その時に覚えたパワーポイントやエクセルは今の生活にもとても役に立っています。

何より大きかったのは忍耐力とやり遂げる力がついたことです。

プレッシャーもありましたが、一つの案件を無事収められたときはなんとも言えない達成感でいっぱいになりました。

働くことの大変さと喜びを教えてもらった気がします。

学生時代からいろいろな仕事をしてきましたが、営業事務は間違いなく一番鍛えられた仕事です。

自分自信を高めたいという人には、ぜひ営業事務の仕事を選んでみてほしいと思います。


関連キーワード

営業事務求人

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫

東京営業事務求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。「営業事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務はどんな仕事?営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。会議に必

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが、事務職は初めてでしたし特に資格も持っていませんでした。なので正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいなと思うこともありました。しかし上司がとても良い人だったため、いろいろと根気よく教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事をしてからはパソコンのスキルから、臨機応変に対応できるコミニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身に付きました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事な

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は、営業をサポートする役割で、今とてもニーズが増えています。営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、さらには募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そんなときに、営業事務はそのサポートとして代わりに契約書作成を行なったり、予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。さらに、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料を作成することや、新

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなの?と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字どおり営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的に言うと、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売る事を生業としている企業のことです。大手から零細企業ま

営業事務派遣求人のおすすめ働き先5選や良い会社の特徴とは?時給や正規社員求人との違いも解説!

派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんなお仕事なのかよくわからないという人は多いのではないのでしょうか。営業事務のお仕事内容と、向いてる人の特徴をわかりやすく解説します!「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うことと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り、商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり、貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐に渡ります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。そして、働いてみて感じた事、おすすめする理由とは?詳しくお伝えします!商社での営業事務のおおまかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買い付けるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活

営業事務の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を、複数社の営業事務経験がある私が教えます

企業で事務仕事に就くために職探しをしてみると、事務にもいろんな種類があることに気づくと思います。そんな中、求人でよく見かける「営業事務」というお仕事があります。名前だけではどんなお仕事をするのか想像がしにくいですが、どんなお仕事なのでしょうか。また、営業事務の年収なども紹介したいと思います。「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務の給料の相場はどのくらい?正社員新卒入社営業事務は事務職ですので、平均的な事務職全般と給与は変わりはありません。特別な技能がある専門職として就職する場合であったり、外資系企業であったりすると給与は高くなることがあります。営業事務の平均年収は、事務


営業事務求人に関するコラム

営業事務は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

一般事務や営業事務といった事務職は、女性が多いイメージがありませんか?なぜ事務職は、女性が多いのでしょうか。今回、女性が営業事務に向いている点・できること・大変なことを、営業事務経験者が解説します。営業事務はどんな仕事?営業事務は、営業担当者をサポートすることがメインの仕事です。営業は外出していることが多く、社内での作業ができないため、それらを行うのが営業事務です。ざっくり言ってしまうと、営業担当者が商品を売り上げるために必要なことをサポートします。営業事務の大まかな仕事内容大きく分けると、受発注業務を伴う事務(メーカーなど)と、伴わない事務(マスコミなど)に分けられます。主に、商品の受発注業

営業事務がブラックな仕事だな…と感じた4個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

営業事務…よく聞く仕事だと思いますが、『営業なのに事務?』という声もチラホラ聞こえてきます。そんな営業事務について、営業事務がブラックだと思う瞬間についてお話していきたいと思います。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の仕事はいくつかに分かれます。それぞれご説明します。見積書の作成営業がお客様と結んだ契約を元に、見積書を作成します。商品やサービスの数量・単価などを表記し、お客様に提示するものです。発注これはお客様に提供する商品を仕入れる際の発注と、本来お客様が作成される発注書をこちらで作成する作業とがあります。企業によって発注書はお客様に作成してもらうところもありますが、こちら側で予め作成する企

営業事務の採用はどんな会社がしてる?5個の会社のタイプや、会社から求められていること

事務職の一つである営業事務。「営業」という名前がつくのだから、営業がある会社で募集しているのだろうと思うことでしょう。しかし、どういった会社で募集しているのか深く考えると、少々ぼんやりしてしまうのではないでしょうか。営業事務の採用はどういった会社でしているのか、またどういったことが求められるのかなど、これから営業事務職を目指す方へのアドバイスをお伝えします。営業事務のおおまかな仕事について知っておこう営業事務の仕事は、簡単に言うと「営業担当のサポート」です。しかし、営業担当と一緒に外回りをする訳ではなく、社内にて請求書や見積書などの書類作成、電話・メール対応などが主な仕事となります。また、社外

営業事務の悩みで多い7個のこととその解決法。

事務職には、一般事務や経理事務の他に、「営業事務」というものがあります。この営業事務は、社外の人との接点も多く、躍動感のある職種です。しかし、その躍動感があるが故に、抱えてしまう悩みもあります。営業事務の悩みでよく見られるものは何でしょうか。解決策と併せてお話しします。営業事務のおおまかな仕事内容営業事務とは、その名の通り営業部門の事務職です。基本的には営業担当のアシスタント業務になります。勤務先によって仕事量は変わってきますが、一人の営業担当に一人の営業事務がつく事もあれば、一人の営業事務が複数人の営業担当を受け持つ場合もあります。おおまかな仕事内容としては、見積書の作成、伝票や請求書の発行

営業事務で疲れたという人の5個のよくある理由と対処法

営業事務がどんな仕事かわからないまま働き始めると、思っていたのと違う、営業職に近くて大変だと話す人が多くいます。そう、営業事務の仕事って仕事の量が多くて漠然としているので、予想と違ってそのギャップに悩んでしまう人も多いのです。どんな仕事でもそうですが、忙しくなるとストレスが溜まったり悩みを抱えたりして苦しくなってしまうものです。中には就業先の環境があまり良くなかったり、人間関係が複雑だったりして気持ちが疲れてしまうこともあるかもしれません。そんな時ストレスをためないためにもしっかりとした対処法が必要です。ストレス解消の方法は人それぞれだと思いますが、私が働いてみて有効だった対処法を載せてみます