営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。

そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。

会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。

そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。

契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

主に、商品の受発注業務、在庫管理、納期管理、見積書・納品書・請求書の作成、入金管理、データの入力・集計、カタログやデモンストレーション用の備品管理・発送手配、顧客からの問い合わせ対応、営業用・社内用の資料作成、営業の伝票処理などが挙げられます。

一般事務と同様、「縁の下の力持ち」的な存在ですが、一般事務よりも専門的な仕事が多く、顧客と直接関わることも多いのが特徴です。

また、営業事務は1人で何人もの営業を担当しますので、優先順位を決めて確実に業務をこなす、スケジュール管理能力も必要です。

営業事務の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

営業事務の契約社員は会社でどういう役割を求められる?

専門的な知識を活かすことが求められます。

例えば、海外事業部門であれば英語や貿易の知識、IT関連会社であれば専門用語、特定の業界に強い、受発注経験、などです。

また、派遣社員と違い契約社員は企業の直接雇用になるため、研修をしてくれるなど、教育制度が整っている場合もあります。

正社員のように異動や昇進がないため、その部門の専門家として、研修で習得した知識と培ってきた専門性を活かして、幅広く活躍してほしいと企業は思っています。

営業事務の契約社員求人にはどんな種類があるの?

業務内容は企業によって幅が異なり、大きく分けて受発注業務を伴う業務と、伴わない業務があります。

自分にあった求人を探すために、まずどんな種類があるか確認しましょう。

営業事務の契約社員募集でよくある企業のパターン

メーカー(食品、自動車、化学、医療品、精密機器、建設、住宅など)

最も求人数の多い分野です。

商品の取り扱い数や販売数など、規模が大きいのが特徴です。

食品・飲料や生活用品などは、商品の流動が激しいため、情報の入れ替えがたくさんあります。

建設や住宅などは、1つの受注規模が大きいので、プレッシャーがかかることもありますが、その分やりがいもあります。

主に、受発注業務や納期に関わる業務、請求書や商品サンプルなど、その企業が取り扱う商品に関する業務を行います。

IT関連

ベンチャーが大きく成長した分野であり、競合ひしめく業界でもありますので、営業担当者の仕事は重要度が高いです。

最新のテクノロジーを肌で感じることのできる面白い業界でもあります。

専門用語など慣れるまで聞き慣れない言葉が飛び交いますが、興味が持てるとやりがいも出ます。

金融

専門知識が必要な業界ですので、銀行や生保など経験のある人が重宝されますが、未経験でもチャレンジできます。

ただ、在職中に資格取得が必要な場合があります。

未経験の場合、勉強しながら経験を積めるので、今後のキャリアアップにつながります。

広告

契約社員を雇うメリットを、最も享受した業界かもしれません。

経済不況や企業の業績不振のため、広告収入が減った場合など、正社員ではなく契約社員として雇っていれば、雇用のコントロールがしやすいからです。

大企業から中小企業まで幅広く求人があり、主な業務は、営業成績や顧客のデータ管理など、数字に関わる業務と資料作成です。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務の契約社員求人でよくある募集内容とは?

幅広く求人がありますが、平均的な募集内容をご紹介します。

給与相場

20~23万円程度です。

勤務時間や休日、残業

企業が定める勤務時間になりますが、フレックス制や時短の相談ができるなど、フレキシブルな対応をしてくれる企業もあります。

契約社員のメリットは、企業と合意すれば自分の都合に合わせて働く時間を決められることですので、企業の募集条件を確認しましょう。

残業は、契約の範囲内で対応することになりますので、比較的少なく、プライベート重視の人には向いています。

福利厚生

基本的には社会保険完備で、企業の福利厚生プランや育児休暇など利用できるものもありますが、住宅手当を利用できるのは正社員のみ、などという規定があるところもあり、利用できる範囲は正社員よりも狭くなっています。

また、交通費全額支給という募集を多く見かけますが、支給のない企業もありますので、確認が必要です。

勤務場所

大手企業では、本社ではなく支店や営業所・工場が勤務地になることも。

また、複数の勤務地で同時募集していることもあります。

営業所の場合、規模が小さいことが多いので、所内で働く人の人数は少ないことが多いです。

求められる人物像

次に、営業事務には、どんな人が求められるかご紹介します。

臨機応変・柔軟な対応ができる

営業は、顧客の要望に応じて対応しなければならず、突発的なことやイレギュラーなことが発生しやすいため、状況に応じた対応が求められます。

例えば、物流倉庫からの発送を急に前倒ししなければならなくなった、急遽納品先が変更になり納期に間に合わないなど、自分の力ではどうにもならないこともあります。

そんなとき、どんな代替案が考えられるか、提案できることや根回しを事前に行い、担当営業と相談して状況に応じた対応をします。

時には、マニュアル通り行かないことや、他部署にお願いすることもありますが、解決したときは充実感を味わうことができます。

コミュニケーション能力がある

営業事務の特徴の1つに、顧客と直接関わる機会が多いということが挙げられます。

営業は、外出や会議で不在にしていることが多いため、電話の取り次ぎが営業事務の重要な任務になります。

顧客と直接やりとりをする営業事務の対応の善し悪しで、会社のイメージが決まってしまうこともありますし、自分の対応次第では直接売り上げにつながることもありますので、高いコミュニケーション能力が求められます。

一方、電話でのやりとりが多いため、ぞんざいな扱いを受けるなど嫌な思いをすることもありますので、上手く乗り切る力も必要です。

また、営業担当者とチームで仕事をしますので、営業とのコミュニケーションもスムーズに取れることが大切です。

報告・連絡・相談といった基本的なことがきちんとできること、積極的に営業と関わっていける人が向いています。

自分から自主的に動ける

例えば、営業が「○○の案件が××台数取れそうだ」という話をしていたら、対象商品の在庫はどのくらいあるのか、他に必要なものはないか、など自分から考え、行動できることが必要です。

不在時の取り次ぎの際は、顧客の要望を的確に把握した上で、営業が何を必要とするか考えたり、事前に調べた上で取り次いだり、自主的に動いてくれると営業は助かります。

営業から依頼された際にサッと出せる、サンプルをすぐ用意できる、というように、営業から言われる前に自主的に準備することで、ワンランク上のサポートができるようになります。

営業が働きやすい環境を整えてあげることが、営業事務の大切な役割です。

営業事務の契約社員おすすめ求人のポイント

営業事務は、他の事務に比べると比較的求人数が多めですが、実際に営業事務の仕事で契約社員として働くには、どんなポイントがあるか見ていきましょう。

有名企業・大手企業・人気の業界や興味ある業界に就職する機会がある

正社員で入社するのが難しいような大手企業や人気の業界でも、契約社員なら募集があったり、正社員に比べて比較的入社しやすかったりというメリットがあります。

動きのある働き方ができる

一般事務と比べて、業務が専門的で多岐に渡るため、動きのある働き方ができます。

例えば、午前中は受発注業務、午後は会議資料の作成・営業対応・サンプル品や備品の管理・データ入力・会議、というように、1日の流れの中にデスクワークもあれば、時には外出もあります。

働き方を選べる

営業事務は、受発注業務がメインであれば、繁忙期や忙しい時間帯がある程度決まっているため、企業と相談の上で勤務時間や曜日などを決めることができます。

企業にもよりますので、必ずしも希望が通る訳ではありませんが、契約社員での募集ですから、相談できるところが魅力です。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあった営業事務の契約社員求人の選び方や注意点

たくさんある求人の中から、自分に合う求人をどう探せばいいか、ポイントをご紹介します。

【選び方①】業界から考える

営業事務の仕事は、業界によっても業務内容が違います。

なぜなら、メーカーであれば取り扱うものが「製品」ですが、旅行や教育であれば「サービス」になるからです。

受発注業務や在庫管理がメインなのか、数字の管理がメインなのかなど、ある程度業界によって業務内容が変わってきます。

また、自分の好きな商品やサービスから業界を絞ってみるのもいいかもしれません。

メーカー・商社・金融・マスコミ・サービス・ITなど、自分が興味のある業界から考えてみるのもいいでしょう。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

契約社員の場合、各企業と直接契約を結びますので、企業と相談の上、希望の雇用条件を織り込むことが可能な場合があります。

先述した通り、募集の際にフレックス制や週3日勤務といった前提条件を出していることもありますので、希望条件から探すことができます。

【選び方③】エリアから考える

本社だけでなく、事業所や営業所・工場といった施設でも募集がありますので、希望勤務地から探すことも可能です。

注意点

更新の有無を確認する

半年や1年更新など、契約にあたっては具体的に更新についての記載があること、また更新時の条件が付いていないかも確認しましょう。

正社員への登用について確認する

正社員への登用を希望している場合、募集の段階で「正社員登用有」と明記している企業を探すことが多いと思います。

しかし、実際は制度として設けていても、業績が悪くなった・登用の条件が厳しい、といった理由で、正社員への道が閉ざされる場合がありますので、具体的な内容を確認する必要があります。

離職率

営業事務は、営業との相性が物を言う仕事でもありますので、入ってみないと分かりませんが、無理を押しつけてくる・サービス残業をさせられるなど、人間関係や企業体質で離職する人がいるのも現実です。

事前にできるだけ、離職率や退職理由について調査することをオススメします。

営業事務の契約社員求人についてよくある疑問

事務の仕事では専門的な業務だからこそ、疑問に思うこともあると思いますので、よくある質問をまとめてみました。

残業は多い?

基本的には契約した範囲内で業務を終了することができますので、残業は少なめですが、突発的な対応がありますので、フレキシブルな対応が求められます。

有給は取りやすい?

繁忙期以外であれば比較的取りやすいですが、1人体制の場合、業務をお願いする人がいないので、営業との相談が必要になります。

必要なパソコンスキルは?

一般事務に比べると、比較的高いレベルが求められます。

社内会議用に売上集計を作成する場合はExcelの関数を、顧客向けのプレゼン資料を作成する場合にはPowerPointを、見積書や請求書を作成する場合にはWordかExcelを使用する、といった感じです。

顧客のデータ管理をするのにAccessを使うこともあるかもしれません。

また、各企業で専用のソフトを使っている場合もありますので、できるだけ早く慣れる必要があります。

未経験でもできる?

契約社員の場合、即戦力として期待されていますので、経験者を求められることがありますが、未経験可としている企業も少なくないので、募集内容を確認してください。

まとめ

営業事務は、営業担当者を支えるだけでなく、自分の対応が直接売り上げに貢献できるチャンスもあり、向上心があればとてもやりがいのある仕事です。

契約社員という働き方を選ぶことで、仕事とプライベートのバランスを取ることもできます。

メリット・デメリットの両面がありますので、良く検討した上でチャレンジしてみてください。


関連キーワード

営業事務求人