「営業事務」とはどんな仕事なのか想像できますか?

人によって抱くイメージは様々なのではないでしょうか。

営業事務の仕事内容を知りたい人、営業事務の仕事を探している人のために、メーカーと商社で営業事務をしていた経験から、役に立つ情報を詳しく解説します!

営業事務とはどんな仕事?

営業事務と一言で言っても、その業務内容や業種は多岐に渡ります。

基本的な内容としては、営業部署にて営業のアシスタント的な業務を行います。

扱う商品にもよりますが、商品の受発注や在庫管理をしたり、営業担当が必要な書類作成や補助的な仕事を担当します。

また、部内の庶務を任されることも多いようです。

営業事務の役割とは?

営業担当のアシスタントとしての役割

営業のアシスタントとして、営業が仕事をしやすいようにフォローすることが求められます。

日々のルーティンとしては、在庫管理や受発注業務が主になります。

それに派生して資料作成やクライアント対応、庶務的な業務など幅広い業務をこなすことを求められることが多い職種です。

営業をすることはあるの?

一般的には、営業事務は事務的なアシスタント業務を担当します。

営業の仕事は営業がする、ということになっています。

しかし、企業によっては事務担当が営業に近いことをすることがある場合もあります。

大手企業になれば、業務ははっきりと分けられていることが多くなりますが、中小企業の場合はあまり業務内容に区切りがないこともあります。

営業担当が不在の時にクライアントから問い合わせが来て、商品説明と受注までを営業事務が請け負うということもあるようです。

正社員、契約社員、派遣などで求められる役割は変わる?

正社員は雇い主が直接企業であるという特性上、企業内の守秘的な業務に関わることは多くなるようです。

例えば、社外秘の会議資料の作成、社員の勤怠管理などです。

契約社員や派遣社員は営業事務に関することだけに集中するというパターンが多いようです。

ただ、中小企業はこれに限らず、派遣社員であってもなんでもこなすということもあります。

給与形態の違いはありますが、営業事務としての仕事内容は正社員も派遣社員もあまり区別はないと思ってよいでしょう。

営業事務以外の仕事もするの?

営業事務という区切りでいうと、営業に関わる事務ということになりますが、たいていの場合その他の庶務もこなすことが多いようです。

営業の部署の事務員の中で営業事務と一般事務に分かれて仕事をするというよりも、営業事務が営業部署のすべての事務仕事を担当すると考えた方が良いでしょう。

言い方を変えると、雑用係のような業務もあります。

営業事務の具体的な仕事内容とは?

営業事務の具体的な業務内容について詳しく見ていきます。

具体的な業務内容

商品の在庫管理

業種によってかなり業務内容に差はありますが、商品の在庫管理は営業事務の大事な仕事の一つです。

クライアントからのオーダーが入った時にすぐ出荷ができるように、在庫を管理して調整します。

営業から具体的に指示されることも多いようです。

私は合繊メーカーの営業事務の経験がありますが、材料の生地で定番ものは在庫がなくならないように管理し、営業から指示があれば追加発注していました。

商品の受発注業務

クライアントからのオーダーを受注し、倉庫や工場に出荷や加工指示を出します。

常にクライアントからオーダーが入っていないか確認し、素早く正確にオーダー入力作業をします。

入力システムは、企業ごとに独自のシステムを導入していることが多いので、実際の業務の中で慣れていくことが求められます。

また、発注後の工場や倉庫へ出荷予定日の確認なども重要な業務の一つです。

営業事務の仕事の要となる部分です。

正確に素早く処理することができれば、営業事務のスペシャリストとして重宝されるでしょう。

商品の納期管理

営業事務の仕事は、工場や倉庫に指示を出して終わりではありません。

商品がきちんと出荷されているか、クライアントの手元に問題なく届いているかまでを見届けるまでが必要です。

また、着いた商品に問題があれば、返品処理などの業務が発生することもあります。

資料作成

会議の資料作成や、売り上げ集計表作成、売り上げ見通し、賃借対照表など資料作成の業務も含まれることがあります。

私はメーカー勤務していた頃、毎月の売上げ見通し表を作成し、発注予定を営業に提出していました。

営業が作成している部署もあったようで、企業や部署によって範囲はかなり異なってきます。

クライアント対応

電話応対や、来社時の対応などをします。

常に社内にいる仕事ですので、営業の不在時に代わりに対応することもあります。

私は年に1回ほど、営業のクライアント回りに同行しました。

顔がわかった方が仕事がしやすい、スムーズに話が進みやすいとの考えから、クライアントが集中しているエリアのあいさつ回りをするように上司に言われていました。

個人的には、旅行気分で楽しみな業務でしたが、人によってはこういった業務を避けたいという人もいるでしょう。

署内庶務

郵便物やFAXを仕分けしたり、備品の管理をしたり、部署の人たちの勤怠管理なども含まれることもあります。

部署によっては、上司の秘書的な業務など多くの業務をこなすことも珍しくありません。

私自身、営業事務と平行して上司の秘書業務を兼務していました。

東京本社に勤務していましたが、大阪支所から出張してきた上司の臨時秘書という役割です。

その上司が大阪からの出張が多い時期は、仕事量が一気に増えるので大変なこともありました。

庶務の内容は多岐に渡るので、就職の際は確認しておくとよいでしょう。

営業の世話係

営業担当のタイプによっては、かなりフォローが必要な人もいます。

私が担当したことのある営業の1人にかなりのうっかり屋さんがいました。

ある日、近くに来たクライアントが新商品の件で相談があるので寄りたいと連絡があり、商品サンプルを用意して待っていますとお返事していました。

その後、彼がバタバタと忙しそうにしていて、クライアントが訪ねてくることを忘れているのではないか・・・と思ったら、案の定、時間通りに訪ねて来たクライアントを見てハッとした顔をしていました。

私がクライアントにお茶出ししながら雑談をして時間を稼いでいる間に、彼はサンプルを用意し、なんとかその場をしのぎました。

手がかかるタイプの営業に当たると大変です。

仕事の流れ

主な一日の流れを紹介します。

特に繁忙期ではなく、通常の業務のみの場合の一例です。

月末などの繁忙期は、退社時間が8時ころになることもしばしばあります。

通常の一日の流れ

  • 朝8時半 出社 → 書類整理、FAXやe-mailでオーダーが入っていないか確認、e-mail返信、社内経理処理、前日の出荷確認
  • 朝10時頃 郵便仕分けや確認、商品在庫確認、クライアント対応
  • 昼休み
  • 午後1時 オーダー入力、クライアント対応
  • 午後3時 当日出荷オーダー〆切り、時間までにすべて入力する → 書類作成、売上表作成、郵便仕分け、備品管理
  • 午後5時 書類整理、納期・在庫などの確認
  • 午後6時頃 退社

営業事務はどういう人と仕事で関わるの?

営業事務は、アシスタントをしている営業担当者だけでなく、様々な人との関わりがある職種です。

具体的にどういった人たちとどういう関わりがあるのでしょうか。

クライアント

日々のオーダーや納期調整などでやりとりをします。

電話、e-mail、FAXなどが主なコミュニケーション手段となります。

クライアントが来社する際は対応することもあります。

営業事務の対応がクライアントに影響を及ぼすこともあり、非常に重要な関わり先になります。

担当する営業さん

日々接する相手は営業担当者になります。

チームワークが大切になりますので、コミュニケーションを円滑にしながら、営業さんが仕事をしやすいようにサポートするのが営業事務の役割です。

ここの関わりが一番濃く、大切になってきます。

いろんなタイプの営業さんがいますので、誰を担当するのかで仕事の仕方が変わってくるでしょう。

社内の他部署の人たち

私がメーカー勤務していた時に、社内売買といって、社内の他部署から素材などを購入して製品を作るということがありました。

また、商品の内容が近い部署同士で、クライアントからのオーダーを仲介することがあります。

経理部やスタッフ系の部署とも関わりがあります。

営業事務は、社外と社内、どちらとも関わりの多い仕事と言えます。

営業事務の給料事情は?

営業事務の仕事をしていると、お給料はどのくらいもらえるものなのでしょうか?

業界別に営業事務の給与相場を比較します。

メーカーの営業事務

営業事務は一般職であることが多いので、一般的職の事務の標準的な給与と考えてよいでしょう。

決して高い給与とは言えませんし、昇給もあまり見込めません。

派遣として働く場合は、一般事務と比べると若干高い場合が多いようです。

経験があったり、語学やPCスキルなどがあれば、時給設定が上がることも見込めます。

IT系の営業事務

IT系企業の営業事務についてみてみます。

ITは業界全体的に成長していますが、給与水準はどうなのでしょうか。

実際のところ、特にIT業界が高いといった情報は見当たりませんでした。

IT系の営業事務をする利点は、PCスキルが磨ける事、新しい企業が多いので風通しがよく自由な社風であることなどはあるでしょう。

商社の営業事務

私自身、派遣社員として大手総合商社で営業事務を経験したことがあります。

給与はどうだったかというと、特別高いということはありませんでした。

ただ、メーカー等に比べると若干高いかなという印象はあります。

ただ、それは仕事内容によって変わってくる面が大きいと思われます。

商社は語学を必要とすることも多く、その面での時給がプラスされてのことではないでしょうか。

実質はあまり変わらないとみていいでしょう。

薬品会社の営業事務

薬品会社はMRと呼ばれる薬剤師の資格などを持った営業がいます。

営業事務はそういった人たちのアシスタントをします。

一般的に病院が営業先になります。

営業所ごとに担当の病院があり、商品を持って説明しながら売り込んでいきます。

営業事務は、事務所でアシスタント業務を行います。

特殊な業界で、専門的な用語も飛び交うようです。

給与形態は他業種と変わりありません。

医療関係の資格や得意分野があると、時給がプラスされることもあります。

営業事務と他の仕事との違いは?

営業事務と一般事務の違い

一般事務とは、事務一般すべてを指します。

スタッフ系部門(総務や人事など)は、一般事務と分類されることが多くなります。

営業事務はもう少し専門性が強いと考えてよいでしょう。

ただ、営業事務でも一般事務のような業務をこなすことが多いので、営業事務から一般事務に転職しても十分対応可能です。

営業と営業事務の違い

営業は、基本的に直接商品の販売促進をします。

業界によって方法は様々ですが、外回りなども多く、商品を一つでも多く売る事が目的となります。

ノルマが課せられることも多くあり、営業成績が給与に反映されることもあります。

営業事務は、基本的に給与は固定制で、営業活動自体には関わりません。

営業の様子を日々近くで見ているため、いい営業とそうでない営業の見分け方もわかるようになると、営業職に転職するという選択肢も出てきます。

営業事務と秘書の違い

営業事務と秘書は、共通することが多くあります。

営業事務は、営業担当が仕事をしやすいようにサポートすることが重要な業務になるので、営業の秘書的なポジションと言えます。

日々の事務作業とは別に、営業担当に頼まれた業務をおこなったり、場合によってはスケジュール管理をすることもあります。

私は、営業事務から秘書の仕事への転換がありましたが、共通することが多かったので仕事はとてもやりやすく感じました。

営業事務でやりがいを感じること

営業事務は裏方ですが、やりがいを感じることもたくさんあります。

実際にやりがいを感じたのはどんな時でしょうか。

エピソードを含めてご紹介します。

営業担当に感謝された時

日頃からチームメイトとして仕事をしている仲間から感謝された瞬間というのは、なんとも嬉しいものです。

普段から営業の様子を意識して、適切なフォローができるようになれば、営業事務としてスペシャリストと言えるでしょう。

例えばこんなことがありました。

営業担当が工場に依頼していたサンプルが届かず、とても焦っていたことがありました。

工場側は間違いなく送ったと言っています。

私は経験上から、同じ社内の似た名前の部署に配達されているのではないかと思い、確認したところ予感が的中しました。

普段から周りをよくみて仕事をしていたおかげだと、営業から感謝されました。

クライアントに感謝された時

クライアントに満足してもらうことは、営業としてのチーム全体の成果になります。

営業事務の対応がよかったと言ってもらえたり、感謝の言葉をもらえた時は、おおきなやりがいを感じます。

直接外に出て商品を売り込んだりすることはないので、目に見える成果は出しにくいのが営業事務ですが、クライアントから認められるということは、上司や社内の人からも高い評価を受けることにつながるでしょう。

クライアントから、どうしても欲しい商品があり至急送ってほしいと依頼を受け、なんとか滑り込ませることができ、クライアントと部署のチームメイトの両方から感謝されました。

工場や倉庫の担当者から感謝された時

私が営業事務の仕事をしていて一番難しく感じたのは、倉庫や工場とのやりとりでした。

東京本社と工場・倉庫との間では温度差を感じることもあり、こちらから無理をお願いするとあからさまにいやな態度を取られることもありました。

そんな中、感謝の気持ちを伝えられることがあると、とても嬉しい気持ちになりました。

クライアントや営業担当者、工場や倉庫の人たちのバランスを取りながら臨機応変に対応できて、役に立ったと感じた時はやりがいを感じます。

チームとしての目標を達成した時

営業事務は直接ノルマを課せられることはなくとも、チームの一員として目標達成を目指しています。

やはり日頃からがんばっている営業の人たちの努力が報われた時に一緒に喜べるのは嬉しいことです。

また、自分もチームの一員として貢献できたことを誇りに思える瞬間でしょう。

小さい企業であれば、好成績をあげた部署にボーナスがプラスされるなんていうこともあるかもしれません。

営業事務に向いている人のタイプは?

営業事務は、どんなタイプの人に向いているのでしょうか。

内勤の事務仕事でありながらも、多くの業務をこなすことが求められる職種だけに、向き不向きはあるでしょう。

どういう人なら営業事務として重宝され、スペシャリストになっていけるのでしょうか。

明るく前向きな人

明るく雰囲気を盛り上げられる人は営業事務に向いています。

営業マンはクライアントをまわって商品を売ったり、日によっては上手く売れるずに気分が落ち込んでいるかも知れません。

しかし、事務所に帰れば明るい雰囲気で迎えてもらえると思えば、またがんばろうという気になれるでしょう。

チームの雰囲気を作り、盛り上げることができる人は営業事務として重宝されます。

気配りができる人

営業担当や周りの人の様子を感じ取り、気配りすることができる人は営業事務として適任と言えます。

外に出てクライアントに商品を売り込む営業マンは荒波にもまれて事務所に戻ってきます。

相手の状態を察して適切なサポートができる人は、営業事務として重宝されるでしょう。

お世話好きな人

サポート・アシスタント業務が中心となるため、裏から支えることが好きな人、お世話が好きな人に向いているお仕事です。

自分が前に出て率先して活動することはなくとも、裏方に撤することにやりがいを感じられたら、営業事務の仕事も極めることができるのではないでしょうか。

私は就職面接の時に、裏方としてサポートすることが好きですと答えたら採用されました!

素早く正確に事務処理が出来る人

繁忙期になると、オーダーが集中することがあります。

倉庫や工場に出荷手続きをするのに、締め切り時間があるので、それに間に合うように入力を終わらせないといけません。

私は早さに自信があったのですが、入力間違いをしてしまったことがあり、後の処理が大変でした。

また、間違いをしてしまうと、売上げにも影響を及ぼすことがあります。

どんな状況でも素早く、正確にというのは必須です。

営業事務の仕事で大変なこと

営業事務は営業担当と違い、雨の日も灼熱の日も外回りに出なければならないということはありません。

ノルマとの戦いもありません。

では、楽な仕事と言えるかと言うと、そうとは思えません。

営業事務ならではの大変さ、悩みというものがあります。

クライアントと倉庫との板挟み

クライアントは早く商品を納めることを望んでいます。

工場や倉庫は、急かされることを嫌がることが多くあります。

地方の工場などとやりとりしていると、温度差を感じることもしばしばあり、こちらは新商品を成功させるために早く製造することをお願いしていても、「残業はしない、決まった以上の仕事をしたくない」というスタンスで返されることもありました。

そんな中、納期の調整をする時は板挟み状態になることも少なくありません。

ノルマを抱える営業さんのフォロー

営業さんは常にノルマと戦っています。

営業事務は色々な面で営業さんをフォローすることが求められます。

営業さんと上手くコミュニケーションを取りながら、上手くサポートに接することは簡単ではありません。

あくまで営業の部署として成果を出すことが大切だということを忘れずに、我を出しすぎずにフォローに撤することは大変なことです。

常に内勤でルーティン作業の繰り返し

営業事務は基本的に内勤になります。

オーダーの入力や納期確認など、地道な事務作業が多くを占めます。

ルーティンの繰り返しであることは否めません。

正確さと素早さも求められるため、気を抜く事もできません。

変化を求める人には、内勤でのルーティンの繰り返しが苦痛になる可能性もあります。

手がかかる営業さんの担当になった時

こればっかりは、運に任せるしかありません。

私も2つの会社で5年ほど営業事務をした中で、色々なタイプの営業さんの担当をしました。

仕事を丸投げしてくる人、月末になると体調を崩す人、クライアントに迷惑をかけまくっている人。

営業事務には、それぞれに対応してサポートする柔軟さが求められます。

あくまで目標はチームとしての成果を出す事で、そのためのサポートをすることです。

営業担当の都合のいいように使われるのではなく、対等な立場で、業務を分けているという意識はもちつつ、信頼関係を築くことが理想でしょう。

なんでもしてあげる必要はありません。

営業事務の仕事に就くためにはどうしたらいい?

営業事務で仕事がしたいという場合、どのように求職活動していけばよいのでしょうか。

大手企業に正社員として就職する場合、希望として営業事務の仕事をしたいと伝えることはできるかもしれませんが、必ず配属されるかはわかりません。

営業事務として就職するために

営業事務をしたいと明確に決めているなら、派遣社員として応募するのが確実でしょう。

派遣であれば、細かく条件を設定できるので、業種や特定の企業にしぼって探すことも可能です。

正社員を目指すのであれば、紹介予定派遣に限定して探すこともおすすめです。

また、派遣社員で経験を積んだあと、中途採用で正社員に応募するのも良いでしょう。

必要なスキルや資格、経験は?

企業はそれぞれの営業に合わせたシステムを導入しています。

慣れればすぐに使えるようになるでしょう。

PCスキルは持っておくと強みになります。

Excel、Power point、 Accessなどは資料作成などに役立ちます。

また、海外とのやりとりがある部署であれば、語学スキルを持っておくと良いでしょう。

営業事務で転職を成功させるために

営業事務の仕事に狙いを定めて転職するために、成功の秘訣をお教えします。

幅広く業界を探す

営業事務の仕事はどの企業にも存在します。

あまり絞り込みすぎる前に、まずは広く業界をみていくこともおすすめします。

得意分野がある人は、それを活かせる業界をまず当たってみるのも良いでしょう。

業務内容を具体的に確認する

営業事務というざっくりとした表現だと、どこまでが業務内容に含まれるのかはっきりしません。

実際に働いてみたら雑用ばかりだったということもあります。

面接の時などに、しっかり担当業務内容を確認しておくこをおすすめします。

自分が重要視する項目をまとめておく

仕事を探す上でなにを重要視しますか?

企業名、仕事内容、残業の有無、勤務地、給与、など。

きちんと自分の中での優先順位をまとめ、譲れる部分と譲れない部分を整理した上で職探しに臨みましょう。

あまり条件を付けすぎると仕事を見つけるのが難しくなりますが、働き始めてから後悔することになっては困ります。

営業事務としての将来性は?

事務仕事すべてに言えることは、今後AI技術などが発達していけば、事務のみをこなす人員の需要は減っていくでしょう。

その中で、営業事務の在庫管理や受発注システムも、ほとんどが機械で自動的に処理ができるようになっていく可能性が高いと言えます。

ただ、人同士のやりとりや細かい管理に関しては、すべてを機械に委ねるということはできません。

高いコミュニケーション能力や専門知識を持っている人たちは、これからも職を得ていくことができるのではないでしょうか。

営業事務の仕事がおすすめな理由

私個人的には、営業事務という仕事はとてもおすすめです。

自分自身が経験してみて、後々にも役立っていると感じることも多くあります。

理由を挙げていきます。

臨機応変な対応が身に付く

営業事務は臨機応変な対応が求められることの多い職種です。

例えば、営業が外回りに出ている時に、変わりにクライアントへの対応を求められることもあります。

適切な対応ができるように、クライアントと営業のやりとりなどもある程度気に留めておかなかればなりません。

普段から気配りをすることで、臨機応変な対応を身につけることができます。

ルーティンの中にも変化があり、飽きにくい

ルーティンをこなすことも多い営業事務です。

しかし営業部所に属していると、商品に直接触れたり、知識を広げることも可能です。

社内だけでなく、社外の人たちとの関わりも多く、スタッフ系の部門に比べると日々変化が感じられやすい職種と言えます。

実際、私が新卒で入った企業では、スタッフ系(人事や総務、秘書課など)に配属された同期の子達が、営業部署に異動願いを出すというケースがよく見受けられました。

事務仕事を幅広くこなすことができる

営業事務は幅広い業務を担当します。

営業に関する業務だけでなく、社内的な業務や会社を代表する窓口となるような業務も含まれます。

優先順位を付けながら業務をこなしていく能力が問われます。

営業事務として高い評価を受けた人が他の事務仕事に就いたら、自信を持って仕事を遂行することができるでしょう。

一つの業務を淡々とこなすスペシャリストというよりは、なんでも対応できる柔軟さを強みにして、転職するとしても色々な業務に対応できるはずです。

企業の商品に身近に接することができる

勤務先企業を選ぶ時、好きな商品があったからという理由を挙げる人は多いのではないでしょうか。

私は合繊メーカーに勤めていて、実際に商品としてできあがった洋服などを手にとる機会が多くありました。

年に一度の展示会の受付もしました。

自分の好きな商品の近くで仕事ができ、営業担当ほど専門的ではなくても、ある程度商品知識も身に付きます。

サポート業務をすることで秘書的な技術が身に付く

私は営業事務と役員秘書の仕事を経験していますが、この二つの仕事は似ていると感じました。

役員秘書は、担当する役員の求めていることや必要なことを感じ取って、サポートしていきます。

基本はルーティンが多くなりますが、相手の様子を見て、即座に対応する能力が身に付きます。

まとめ

いかがでしたか?

営業事務といっても幅広い業務をこなし、奥が深いことをご理解いただけましたでしょうか?

営業事務のスペシャリストになることができれば、他の業務に就いてもきっと役に立つでしょう。

ぜひ経験しておくといい職種だと思います。

営業事務から営業や秘書への転換などもしやすく、これから職探しをしていく人にも強くおすすめできます。

ぜひ自分に合った営業事務のお仕事を探してみてください。


関連キーワード

営業事務求人

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫管理、納期管理、見積書・納品書・請求書の作成、入金管理

東京営業事務求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。営業事務はどんな仕事?営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。会議に必要な資料を作ったり、クライアントにアポイントメントの予約を取

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが、事務職は初めてでしたし特に資格も持っていませんでした。なので正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいなと思うこともありました。しかし上司がとても良い人だったため、いろいろと根気よく教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事をしてからはパソコンのスキルから、臨機応変に対応できるコミニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身に付きました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事な

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は、営業をサポートする役割で、今とてもニーズが増えています。営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、さらには募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そんなときに、営業事務はそのサポートとして代わりに契約書作成を行なったり、予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。さらに、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料を作成することや、新

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなの?と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字どおり営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的に言うと、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売る事を生業としている企業のことです。大手から零細企業ま

営業事務派遣求人のおすすめ働き先5選や良い会社の特徴とは?時給や正規社員求人との違いも解説!

派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんなお仕事なのかよくわからないという人は多いのではないのでしょうか。営業事務のお仕事内容と、向いてる人の特徴をわかりやすく解説します!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うことと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期の管理、各種伝票処理などの営業に関することから、庶務的

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐にわたります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。働いてみて感じたことやおすすめする理由を詳しくお伝えします!商社での営業事務の大まかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買いつけるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活躍するイメージ

営業事務の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を、複数社の営業事務経験がある私が教えます

企業で事務仕事に就くために職探しをしてみると、事務にも様々な種類があることに気付くと思います。そんな中、求人でよく見かける「営業事務」という仕事があります。名前だけではどんなお仕事をするのか想像がしにくいですが、どんなお仕事なのでしょうか。また、営業事務の年収なども紹介したいと思います。営業事務の給料の相場はどのくらい?正社員の営業事務の給料相場新卒入社営業事務は事務職ですので、平均的な事務職全般と給与は変わりはありません。特別な技能がある専門職として就職する場合であったり、外資系企業であったりすると給与は高くなることがあります。営業事務の平均年収は、事務職全体の平均と同じか少し高いくらいで、


営業事務求人に関するコラム

営業事務の面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

営業事務は、特に女性に人気で、女性の採用の多い仕事です。気配り上手で細かな仕事も丁寧に行い、会社になくてはならない存在です。営業事務が行う業務は多岐に渡るのですが、やったことのない人には仕事内容や、採用面接での受け答えのコツ、面接時の服装がよく分からないと思います。実際に営業事務として働いていた筆者が分かりやすく教えます。営業事務の仕事内容営業事務は、外回りをする営業マンを支えるお仕事です。基本的に毎日会社に出社する、内勤の仕事です。デスクワークであり、机の上には電話とパソコンが置かれています。まず基本的な仕事となるのが、会社にかかってくる電話の応対や、メールやFAXの確認と返信です。そして、

営業事務のボーナスってどれくらい?役職や雇用形態ではどれくらい差がでるのか紹介します

様々な種類がある事務職の一つ、営業事務。営業に直接携わる業務ですので、事務職の中では忙しいというイメージがあると思います。売上げに携わる営業事務のボーナスは、いったいどのくらいもらえるものなのでしょうか。また、雇用形態によってどのくらい変わってくるのか、営業事務のボーナス事情を解説します。営業事務の大まかな仕事内容や役割についておさらいしておこう営業事務はその名の通り、営業部門の専門事務です。見積書や請求書の作成はもちろんの事、メールや電話などでお客様と直接やりとりをする事もあります。取り扱っている商品の概要、納品までの流れ、進捗状況など、営業事務が把握しておかなければならない事は多岐に渡り、

営業事務は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

一般事務や営業事務といった事務職は、女性が多いイメージがありませんか?なぜ事務職は、女性が多いのでしょうか。今回、女性が営業事務に向いている点・できること・大変なことを、営業事務経験者が解説します。営業事務はどんな仕事?営業事務は、営業担当者をサポートすることがメインの仕事です。営業は外出していることが多く、社内での作業ができないため、それらを行うのが営業事務です。ざっくり言ってしまうと、営業担当者が商品を売り上げるために必要なことをサポートします。営業事務の大まかな仕事内容大きく分けると、受発注業務を伴う事務(メーカーなど)と、伴わない事務(マスコミなど)に分けられます。主に、商品の受発注業

営業事務がブラックな仕事だな…と感じた4個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

営業事務…よく聞く仕事だと思いますが、『営業なのに事務?』という声もチラホラ聞こえてきます。そんな営業事務について、営業事務がブラックだと思う瞬間についてお話していきたいと思います。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の仕事はいくつかに分かれます。それぞれご説明します。見積書の作成営業がお客様と結んだ契約を元に、見積書を作成します。商品やサービスの数量・単価などを表記し、お客様に提示するものです。発注これはお客様に提供する商品を仕入れる際の発注と、本来お客様が作成される発注書をこちらで作成する作業とがあります。企業によって発注書はお客様に作成してもらうところもありますが、こちら側で予め作成する企

営業事務の採用はどんな会社がしてる?5個の会社のタイプや、会社から求められていること

事務職の一つである営業事務。「営業」という名前がつくのだから、営業がある会社で募集しているのだろうと思うことでしょう。しかし、どういった会社で募集しているのか深く考えると、少々ぼんやりしてしまうのではないでしょうか。営業事務の採用はどういった会社でしているのか、またどういったことが求められるのかなど、これから営業事務職を目指す方へのアドバイスをお伝えします。営業事務のおおまかな仕事について知っておこう営業事務の仕事は、簡単に言うと「営業担当のサポート」です。しかし、営業担当と一緒に外回りをする訳ではなく、社内にて請求書や見積書などの書類作成、電話・メール対応などが主な仕事となります。また、社外