派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければ良いのでしょうか。

派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない実際の事情を知りたいという方も多いと思います。

営業事務の派遣を経験した私から、働いてみて分かった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!

営業事務はどんな仕事?

営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。

一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務とも言う)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。

業界によって内容はかなり変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務が中心になります。

派遣社員と正社員の違い

営業事務として働く場合、派遣社員と正社員ではどんな違いがあるのでしょうか。

私が働いていた大手メーカーの職場では、営業3人に対して正社員1人と派遣社員1人が営業事務として付いていました。

正社員も派遣社員も、日々の受発注業務や在庫管理をしていました。

ただ、勤怠管理や歓送迎会の幹事などの雑務は、基本的に正社員が担当していました。

また、経費に関する出納処理も正社員の担当です。

職場によってかなり違いがあるので一概には言えませんが、社内の細々とした雑務は正社員が担当するという雰囲気はありました。

正社員と派遣社員の割合によるところも多いでしょう。

派遣社員の方が多く勤続年数の長い人もいる場合、かなり細々したことまで派遣社員が担当することもあります。

他にも派遣社員がいた方が相談などもしやすく、働きやすいと感じる人も多いようです。

自分の働こうとする職場には他に派遣社員がいるのかなども、事前に確認しておくと良いでしょう。

雇用主

正社員は、勤務する企業から直接雇用されている立場です。

そのため、福利厚生は勤務している企業から直接提供されます。

一方、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んでいますから、派遣先企業の福利厚生は利用できません。

しかし、大手派遣会社であれば福利厚生が整備されているので、通常の企業の正社員と変わらないレベルのサービスを受けることができます。

給与 

給与に関しては、支払い元が何処になるかというのが、大きな違いです。

正社員であれば、直接企業から社員に支払われますが、派遣社員は企業が派遣会社に支払った後、派遣会社から本人に支払われることになります。

当然、派遣会社には仲介料が入ります。

給与の形態も違います。

正社員は月給制ですが、派遣社員は時給制になります。

また、正社員にはあるボーナス制度が派遣社員にはありません。

さて、どちらの方が給与としては高いのでしょうか。

年収として見ると、それほど大きな違いはないようです。

月給では、時給制の派遣社員の方が高くなります。

ボーナスの額によって、その差は変わってきます。

また、派遣社員はほとんどの場合、交通費が支給されません。

営業事務職の時給は、おおよそ1,500円〜2,000円程が一般的です。

翻訳ができたり資格を持っていると、それ以上の時給になることもあります。

求められるスキル

新卒の正社員であれば、研修などをしながら育てていくケースが多くなります。

もちろん、PCはある程度使えるようにしておいた方が良いでしょう。

しかし、OJTの中で学んでいける会社が多いので、特に高いスキルを初めから持っていなくても心配はありません。

派遣社員の場合は、即戦力として求められることが多くなります。

「派遣会社が用意している研修に参加する」などのことをして、ある程度のPCスキルは身につけておかないと、採用されるのは難しくなります。

その他、語学系のスキルがあると仕事の幅が広がり、給与もアップする可能性がありま

翻訳などの技術があると給与設定が大きく上がることがあります。

翻訳に関しては得意分野を作っておくとアピールできるでしょう。

正社員は語学が得意であることで、すぐに給与設定が上がるということは少ないようです。

資格手当があるか、確認してみると良いでしょう。

任される仕事内容

派遣の場合は派遣会社から仕事の依頼を受ける際に、細かい業務内容についても説明を受けます。

細かい庶務的な内容については「庶務や雑務を含む」といった大まかな表現になることもありますが、契約する際に含まれていない業務については拒否する権利があります。

しかし、実際職場の中で頼まれた業務を断るというのは、かなりの勇気を要します。

若手の正社員がいない職場では、飲み会の幹事を頼まれるということも現実にはあるようです。

正社員については企業から直接雇用されている立場ということもあり、幅広い業務を任されるというのが一般的です。

特に営業事務というのはサポート業務、部内の庶務的なことを任される立場にあるので、場合によってはお茶くみやコピーといった業務をすることもあるのが現実のようです。

雇用期間

派遣は契約期間が最長3年と規定されています。

基本的には3年になった時点で派遣を終了するか、正社員として雇用するかになります。

気をつけなければいけないのは、契約期間内に退職する場合です。

正社員であれば2週間前までに通知すれば退職することができるという法律がありますが、派遣社員にはこれは適用されません。

契約期間内に退職する場合は契約違反となるため、派遣会社や派遣先の企業に、早めに手続きを取らなければなりません。

正社員に関しては雇用期間というものは特になく、終身雇用という考え方が日本では一般的です。

しかし、今日の社会では何が起るか分からず、リストラなどもあるため、正社員で入社したら一生安泰とは言いきれないというのが実情です。

派遣社員として働くメリットとデメリット

メリット

時給が高い

派遣社員の時給は高めの設定になっているので、正社員よりも月給が高くなることが多くなります。

ボーナスがないので年収としてはあまり変わらないこともありますが、毎月の手取りが多いのは助かると感じる人も多いでしょう。

大手企業で働けることも多い

派遣社員は、正社員よりも採用されやすいことがあります。

採用の過程も正社員よりも簡易です。

大手企業も積極的に派遣の採用をしているところが沢山あるので、超有名企業で働くことも夢ではありません。

就業後も営業担当者に相談できるので安心

派遣会社の担当者が相談に乗ってくれるという安心感があります。

職場での人間関係など、職場の人に直接言えないようなことを相談することもできます。

様々な企業で働ける

様々な職場を体験できるのも、派遣社員の醍醐味です。

分野を絞らずに敢えて様々な業界にチャレンジしてみることで、可能性が広がったり本当にやりたい仕事が見つかるかもしれません。

期間限定で稼げる

私は海外留学資金を貯めるために、1年限定で派遣社員をしていたことがあります。

正社員になってしまうと、辞める権利はあるとは言えなかなか簡単に辞めるのは難しいのが現実です。

「1年だけ」「半年だけ」といった決まった期間だけ働きたい人には、理想的な働き方と言えます。

デメリット

交通費は時給に込みで、別途支給されないことが多い

一番のデメリットはこの部分ではないでしょうか。

交通費が支給されないというのは、意外と大きいものです。

近くに住んでいれば良いですが、勤務地が都心エリアであれば住居費も高くなります。

私が働いていた会社では、毎日片道30分自転車で通勤している派遣社員がいました。

正社員であれば交通費など気にせずに済むところですが、その派遣社員は節約と健康のために雨の日も自転車通勤をしていました。

契約更新がないこともあるので不安定

契約更新がなかったり契約が終了すれば、また次の職探しをしないといけません。

一生働き口があるかという補償もなく、不安定であることは否めません。

派遣の少ない職場では疎外感を感じることがある

女子社員の中に派遣が1人だけの職場だったりすると、輪の中に入りにくかったり、孤独を感じるという話はよく聞きます。

社員同士は同期入社であったり、横のつ繋がりもあったりします。

大手企業である程、ある程度の孤独は覚悟しておいた方が良いでしょう。

営業事務派遣でおすすめの働き先5選!

総合商社

商社はメーカーなどから商品を買い取り、クライアントに販売する仲介を担う役割をします。

扱う商品は幅広く、商機のあるものを営業が開拓することもあります。

大きなビジネスや国際的な商談を展開することも多く、そういった場面に立ち会えるのは商社に勤務する醍醐味とも言えます。

営業事務としては、商品のデリバリー業務(受発注や納期管理)が中心になります。

良い点としては、様々な商品を扱えるというところでしょう。

大変な点は、仲介役ということで時には板挟み状態になることもあるというところ。

そのあたりを上手くコントロールできれば、優秀な営業事務として活躍できます。

メーカー

商品を製造して販売するメーカー業界です。

営業事務はデリバリー業務担当として事務仕事を担います。

自社の商品に詳しくなれること、時には新製品が貰えるというメリットもあります。

私は大手合繊メーカーで正社員として働いた経験がありますが、繊維の品番に詳しくなり、クライアントからスポーツウェアを頂いたりしました。

メーカーは、全体的にあまり給与水準が高くないという難点もあります。

大手IT企業

成長著しいIT業界です。

営業事務は、営業のアシスタントとして事務を担当します。

新しい企業が多いため、風通しの良い社風が多いのが特徴です。

派遣社員でも能力があれば責任ある仕事を任されたり、中途採用も多いため、派遣であることで浮いてしまうという感じは少ないでしょう。

日本の古い体質の企業が苦手な人にもおすすめです。

外資系金融

外資系金融の大きなメリットは、給与水準の高さです。

有名どころだと、かなり高額な給与が出ることもあります。

その分、海外とのやりとりで夜中に仕事をしないといけなかったり、仕事の能力が足りないと判断されればすぐに解雇されてしまうというリスクもあります。

医薬品会社

医薬品会社の事務職は人気があります。

業界的に安定していて、給与水準も高めなのが理由です。

医薬品の営業先となると、病院や薬局になります。

そういった取引先相手に専門の資格や薬剤師の資格を持った人などが営業をする「MR」という仕事は、専門的な知識を要します。

営業事務としてMRのサポートするのには、薬剤師の資格は必要ありません。

良い会社(派遣先企業)の特徴

良い派遣先の企業を見分けるのには、まず求人内容から確認します。

自分が探している内容と合っている求人かどうか、慎重に見極めます。

同じ派遣会社から派遣されてる人がいれば、派遣会社の人は内情をよく知っています。

人間関係や業務内容を確認しましょう。

担当者から業務内容はきちんと細かく説明してもらい、疑問があれば質問しましょう。

良い企業であれば、質問に対して真摯に答えてくれます。

曖昧な回答が多い場合は、気をつけた方が良いでしょう。

勤務地や残業時間なども大事な要素です。

自分で現地に行って通勤時間帯の様子を確認したり、社員の人達の様子を見てみるのも良いでしょう。

派遣会社を探すときの注意点

担当者がしっかりしていて信頼できるか

登録するとまず仕事の紹介をしてくれる担当の方から連絡が来ると思います。

担当者がきちんと業務内容を説明してくれているか、親身になって相談に乗ってくれるかはとても重要なことです。

求人数が多いか

やはり、選択肢は多い方が仕事は見つかりやすくなります。

まずは大手派遣会社に登録しておけば、情報が多く、活動がしやすくなるでしょう。

福利厚生がきちんとしているか

派遣会社が提供している福利厚生も確認してみましょう。

健康保険はもちろん、定期検診を実施していたり、ベビーシッターや施設利用割引サービスを提供している会社もあります。

また、研修などが充実していることも大切なポイントです。

自分の希望する業界の情報を持っているか

自分が目指している業界に強くない派遣会社を選んでしまっては意味がありません。

外資系に強い派遣会社、IT系を中心にしている派遣会社など、特徴のある派遣会社が沢山あります。

自分の興味のある業界で有名な派遣会社に登録することが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

派遣の仕事は数多くあります。

その中できちんとした派遣会社に登録して、自分の能力を活かした仕事をできるように、情報収集しながら就職活動をしてください。

営業事務の仕事は、基本的な事務のスキルが学べ、コミュニケーション能力も磨けます。

是非、キャリアアップに繋げていけるよう頑張ってください。



関連キーワード

営業事務求人

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務の転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的なつらさなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

仕事というのは楽しいだけでなく、辛いことや大変なことの方が多いものです。1日の大半は仕事に費やすため、大変なことや嫌なことが増えるとストレスが溜まって体を壊してしまいます。近年は転職するのは珍しくなく、あまりにハードな仕事の場合は無理せずに別の仕事に移るという判断をする人も増えてきました。セクハラやモラハラといった言葉も多く聞くようになり、男女問わず働きやすい環境作りが難しくなっているのかもしれません。離職する人たちは、具体的にどんなことが理由で転職するのでしょうか?今回は、営業事務の離職率や離職する理由について、詳しく説明していきたいと思います。営業事務の離職率はどれくらい?パーセンテージで

営業事務の面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

営業事務は特に女性に人気で、女性の採用の多い仕事です。気配り上手で細かな仕事も丁寧に行い、会社になくてはならない存在です。営業事務が行う業務は多岐にわたるのですが、やったことのない人には仕事内容や採用面接での受け答えのコツ、面接時の服装がよく分からないと思います。実際に、営業事務として働いていた筆者が分かりやすく教えます。営業事務の仕事内容営業事務は、外回りをする営業マンを支える仕事です。基本的に毎日会社に出社する、内勤の仕事です。デスクワークであり、机の上には電話とパソコンが置かれています。まず基本的な仕事となるのが、会社にかかってくる電話の応対や、メールやFAXの確認と返信です。そして、物

営業事務のボーナスってどれくらい?役職や雇用形態ではどれくらい差がでるのか紹介します

様々な種類がある事務職の一つ、営業事務。営業に直接携わる業務ですので、事務職の中では忙しいというイメージがあると思います。売上に携わる営業事務のボーナスは、一体どのくらい貰えるものなのでしょうか。また、雇用形態によってどのくらい変わってくるのか、営業事務のボーナス事情を解説します。営業事務の大まかな仕事内容や役割のおさらい営業事務はその名の通り、営業部門の専門事務です。見積書や請求書の作成は勿論、メールや電話などでお客様と直接やり取りをすることもあります。取り扱っている商品の概要、納品までの流れ、進捗状況など、営業事務が把握しておかなければならないことは多岐にわたり、PCスキルを求められること

営業事務は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

一般事務や営業事務といった事務職は、女性が多いイメージがありませんか?何故事務職は、女性が多いのでしょうか。今回、女性が営業事務に向いている点・できること・大変なことを、営業事務経験者が解説します。営業事務はどんな仕事?営業事務は、営業担当者をサポートすることがメインの仕事です。営業は外出していることが多く、社内での作業ができないため、それらを行うのが営業事務です。ざっくり言ってしまうと、営業担当者が商品を売り上げるために必要なことをサポートします。営業事務の大まかな仕事内容大きく分けると、受発注業務を伴う事務(メーカーなど)と、伴わない事務(マスコミなど)に分けられます。主に商品の受発注業務

営業事務がブラックな仕事だな…と感じた4個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

「営業事務」はよく聞く仕事だと思いますが「営業なのに事務?」という声もちらほら聞こえてきます。そんな営業事務について、営業事務がブラックだと思う瞬間について話していきたいと思います。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の仕事は幾つかに分かれます。それぞれご説明します。見積書の作成営業がお客様と結んだ契約をもとに見積書を作成します。商品やサービスの数量・単価などを表記し、お客様に提示するものです。発注お客様に提供する商品を仕入れる際の発注と、本来はお客様が作成する発注書をこちらで作成する業務があります。企業によっては発注書はお客様に作成してもらうところもありますが、こちら側で予め作成する企業が多い

営業事務の採用はどんな会社がしてる?5個の会社のタイプや、会社から求められていること

事務職の一つである営業事務。「営業」という名前がつくのだから、営業がある会社で募集しているのだろうと思うことでしょう。しかし、どういった会社で募集しているのか深く考えると、少々ぼんやりしてしまうのではないでしょうか。営業事務の採用はどういった会社でしているのか、またどういったことが求められるのかなど、これから営業事務職を目指す方へのアドバイスをお伝えします。営業事務のおおまかな仕事について知っておこう営業事務の仕事は、簡単に言うと「営業担当のサポート」です。しかし、営業担当と一緒に外回りをする訳ではなく、社内にて請求書や見積書などの書類作成、電話・メール対応などが主な仕事となります。また、社外

営業事務の悩みで多い7個のこととその解決法。

事務職には、一般事務や経理事務の他に「営業事務」というものがあります。この営業事務は、社外の人との接点も多く躍動感のある職種です。しかし、その躍動感があるが故に抱えてしまう悩みもあります。営業事務の悩みでよく見られるものは何でしょうか。解決策と併せてお話しします。営業事務のおおまかな仕事内容営業事務とは、その名の通り営業部門の事務職です。基本的には、営業担当のアシスタント業務になります。勤務先によって仕事量は変わってきますが、一人の営業担当に一人の営業事務がつくこともあれば、一人の営業事務が複数人の営業担当を受け持つ場合もあります。おおまかな仕事内容としては、見積書の作成、伝票や請求書の発行、

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして、営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫管理、納期管理、見積書・納品書・請求書の作成、入金管

営業事務で疲れたという人の5個のよくある理由と対処法

営業事務がどんな仕事か分からないまま働き始め、「思っていたのと違う」「営業職に近くて大変だ」と話す人が多くいます。なぜなら、営業事務の仕事は、仕事量が多くて漠然としているからです。自分が予想していた仕事内容と違って、そのギャップに悩んでしまう人が多いのです。どんな仕事でもそうですが、忙しくなるとストレスが溜まったり悩みを抱えたりして苦しくなってしまうものです。中には、就業先の環境があまり良くなかったり人間関係が複雑だったりして、気持ちが疲れてしまうこともあるかもしれません。そんな時、ストレスを溜めないためにも、しっかりとした対処法が必要です。ストレス解消の方法は人それぞれだと思いますが、私がや

東京営業事務求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。営業事務はどんな仕事?営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。会議に必要な資料を作ったり、クライアントにアポイントメントの予約を取

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが事務職は初めてでしたし、特に資格も持っていませんでした。そのため、正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいと思うこともありました。しかし上司がとても良い人で色々と根気良く教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事を始めてからは、パソコンのスキルから臨機応変に対応できるコミュニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身につきました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事なのか想像

営業事務の人間関係でよくある4個の悩み。皆さんの周りではこんなのありませんか?

働いたことがある人なら、誰もが一度は職場の人間関係に悩んだことがあるのではないでしょうか?仕事は好きだけど人間関係に疲れたから退職する、という人も少なくありません。多少の合う合わないはあるでしょうが、なるべく平和に楽しく働ける職場に出会いたいですよね。今回は営業事務の人間関係の悩みをまとめてみました。私自身も営業事務として働いていた時は、様々な問題が重なって悩むこともありました。私の経験をもとに書いてみたので、誰かのお役に立てたら嬉しいです。営業事務の人間関係のよくある4個の悩み営業事務の仕事に限らず、どの職場にも人間関係の悩みはありますよね。室内で仕事をこなす営業事務は、ただでさえストレスが

営業事務の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

営業事務と聞くと、皆さんはどんな仕事を想像しますか?電話応対、テレフォンアポイント、資料作成など、様々な仕事が頭に浮かんでくるでしょう。そもそも一般事務と営業事務はどう違うのでしょうか。営業事務は、営業のサポートをする事務のことを言います。各会社によって内容は違いますが、実力があれば営業とほぼ変わらない位の仕事をこなすこともあります。営業のサポートとして外回りに付いて行く場合などもあり、時期によってはハードになることも。その分、一般事務よりも給料が良いことが多く、最近では女性の活躍も増えているのです。営業事務の仕事を経て、営業や秘書の仕事へとステップアップしていく人も多くいます。今回は私の実体

営業事務の仕事探しをスムーズに進める3個の方法とは?経験者が解説します

仕事を探している時は、なるべくスムーズに希望する職に就きたいと思うものですよね。ジャンルを営業事務に絞った場合、どのようにすればスムーズに仕事を決めることができるのでしょうか?今回は、以前営業事務として働いていた私が自分の経験をもとに、スムーズな仕事の探し方をご紹介していきたいと思います。営業事務のおおまかな仕事内容営業事務は、主にどんな仕事を担当するのでしょうか?営業事務は一般事務と違い、営業に特化した事務作業を行います。営業部門の社員のサポート役として、会議で使う資料を作成したり自社とクライアントを繋ぐ連絡のやり取りをしたりするのです。時には、アポイントメントを取るために営業の電話をかけた

人材紹介営業事務が向いている人の3個の特徴や必要なスキル・適正とは?

転職を考える時にまず登録する「転職エージェント」は、人材業界では「人材紹介」と呼ばれています。この人材紹介企業での営業事務の仕事に向いている人の特徴や必要なスキル・適性について、説明していきます。人材紹介の営業事務の仕事とはどんな仕事?転職を考えている人と人材を募集している企業を繋ぐのが、人材紹介の営業職の仕事です。私たちが転職をしたいと考えた時にはまず転職サイトに登録しますが、サイトとは別で、実際に転職エージェントの担当が付いて転職の相談や求人の紹介を受けることもあると思います。その際、私たちはその転職エージェントのサービスを無料で受けることができますが、転職エージェントは転職したい人を紹介

営業事務が人気な仕事の5個の理由。向いている人はどんな人?仕事の面白さも紹介します

営業事務と言えば、どのようなイメージがありますか?「裏方」「派遣がやる仕事」「地味」など、何となくそのようなイメージがあるものの、実は営業事務について詳しくないという方も多いのではないでしょうか。しかし、近年では営業事務の需要は高まっており、正社員としての募集も多くあります。そこで今回は、営業事務が人気な仕事の理由や、向いている人の具体的な特徴、そして仕事の面白さも紹介していきます!営業事務はどのような仕事?営業事務は、一般的にはその名の通り「営業担当者の補佐として、事務作業を行う仕事」という定義になります。しかし、会社や職種により、任される範囲は大きく異なります。契約書作成、顧客とのメールや

営業事務になるには?勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

営業部門の人たちを支える営業事務の仕事には、様々なスキルが求められます。しかし、応募する際に高度なスキルを全て持ち合わせている必要はありません。職種によっても必要なスキルは変わってくるので、働き始めてから勉強すれば大丈夫!ここでは、営業事務になるために予め持っていると便利なスキル、その後の転職などについて、私の過去の経験をもとに幅広く説明していきたいと思います。営業事務とはどんな仕事?営業事務の仕事は、簡単に説明すると営業部門の人たちの補佐をする仕事です。事務という言葉が入っていますが、お茶を入れたり電話応対をしたりするだけではありません。時には外回りをしたり、重要な書類を作成したりもします。

営業事務とはどんな仕事?仕事内容や営業においての役割、なり方など詳しく解説します!

「営業事務」とはどんな仕事なのか想像できますか?人によって抱くイメージは様々なのではないでしょうか。営業事務の仕事内容を知りたい人、営業事務の仕事を探している人のために、メーカーと商社で営業事務をしていた経験から、役に立つ情報を詳しく解説します!営業事務とはどんな仕事?営業事務と一言で言っても、その業務内容や業種は多岐に渡ります。基本的な内容としては、営業部署にて営業のアシスタント的な業務を行います。扱う商品にもよりますが、商品の受発注や在庫管理をしたり、営業担当が必要な書類作成や補助的な仕事を担当します。また、部内の庶務を任されることも多いようです。営業事務の役割とは?営業担当のアシスタント

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は営業をサポートする役割を担っており、現在とてもニーズが増えている職業です。営業事務の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、更には募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そのような時に、営業事務はそのサポートとして営業担当の代わりに契約書作成を行ったり予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。更に、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料

営業事務が向いてない人の7個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

事務職とひと言で言っても、企業や部門により様々な事務職があります。今回はその中でも特に営業事務に絞って、仕事内容や営業事務に向いていない人の特徴、どうすればスムーズに営業事務の仕事をこなせるようになるのかを解説します。営業事務とはどんな仕事?営業事務とはどのような仕事をしているのか、企業内ではどのような役割を果たしているのか、具体的に見ていきましょう。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の仕事は、営業部門にて営業担当者や営業職の人々のサポートをする仕事です。仕事内容は多岐にわたります。電話の応対やメールでのやり取りから始まり、社内資料や社外へのプレゼンテーション資料の作成補助及び修正、受領書や請

営業事務のやりがいを感じる5個のポイント。2つの職場で営業事務をした私が解説!

あらゆる企業に存在する「営業事務」という仕事について、どのようなイメージを持っていますか?「幅広い業務をこなす事務のプロ」「誰にでもできる簡単な仕事」「営業をサポートする縁の下の力持ち」といったところでしょうか。実際のところ、営業事務の仕事はやりがいを感じられるものなのでしょうか。私は正社員と派遣社員で実際に営業事務の仕事に就いてみて、奥深くやりがいのある仕事だと思いました。そこで今回は、私の経験の中から、やりがいを感じるポイントや営業事務に関する本音を徹底解説します!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業のアシスタントとして事務的な業務を行う仕事です。基本的には商品の在庫や納期の管理、受発

営業事務辞めたい…と言う人の4個のよくある理由とそれの対策とは?

営業事務で働き始めたものの、想像しているものと仕事の内容が違ったり、任される量が多くハードな仕事だと気づいてやめたくなってしまう…そんな方も多いと思います。求人の募集内容には、未経験でも大丈夫とか、研修があるので安心と書いてありますが、実際に入ってみたらこんなに大変なの?と思った人も少なくないでしょう。しかし、やりがいのある仕事を任されたいという人にとって、営業事務はとても向いている仕事だと思います。募集内容から想像する内容と現実に差を出さないためにはどうしたら良いのでしょうか?ここでは私の経験をもとに営業事務として働く上で知っておいてほしいことをまとめていきたいと思います。営業事務の仕事環境

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなのか、と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字通り営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的には、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売ることを生業としている企業のことです。大手から零細企業まで

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんな仕事なのかよく分からないという人は多いのではないのでしょうか。この記事では、営業事務の仕事内容と、向いている人の特徴を分かりやすく解説します!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うこと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期の管理、各種伝票処理などの営業に関することか

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐にわたります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。働いてみて感じたことやおすすめする理由を詳しくお伝えします!商社での営業事務の大まかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買いつけるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活躍するイメージ

営業事務仕事内容8個の業務。経験者が具体的に教えます

就職活動をする時、”営業事務” という職種をよく見かけると思います。営業事務とは、具体的な仕事内容がイメージしづらいと思ったことはありませんか?営業なのか事務なのか、はたまた両方なのか。営業事務というのは、営業活動を行う会社の業務の中で非常に重要な役割を担っています。大手メーカーで営業事務の仕事をした経験から、営業事務の役割や業務内容について詳しく解説していきたいと思います。営業事務は、一般事務との違いは?営業事務営業事務の仕事とは、営業担当者のサポートをすることです。営業は、直接クライアントに商品を紹介したり、取引先をまわったりして、表に出て扱う商品をアピールしていきます。一方、営業事務は、

営業事務の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を、複数社の営業事務経験がある私が教えます

企業で事務仕事に就くために職探しをしてみると、事務にも様々な種類があることに気付くと思います。そんな中、求人でよく見かける「営業事務」という仕事があります。名前だけではどんなお仕事をするのか想像がしにくいですが、どんなお仕事なのでしょうか。また、営業事務の年収なども紹介したいと思います。営業事務の給料の相場はどのくらい?正社員の営業事務の給料相場新卒入社営業事務は事務職ですので、平均的な事務職全般と給与は変わりはありません。特別な技能がある専門職として就職する場合であったり、外資系企業であったりすると給与は高くなることがあります。営業事務の平均年収は、事務職全体の平均と同じか少し高いくらいで、

営業事務の転職で知っておくべき10個のこと

営業事務への転職を考えた時に、どんなことに気を付けたら良いのか分からないと不安ですよね。「営業事務はどんな仕事なの?」「活かせるスキルや経験を知りたい」「営業事務に向いてるタイプは?」「収入の相場はどのくらい?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。この記事では、営業事務の転職で知っておきたい10個のポイントを紹介します。営業事務とはどのような仕事で、そのために必要とされている能力や適性は何かを理解しておきたいですよね。営業事務についてよくある疑問にもお答えしていますので、この記事を読んで転職活動を一歩リードしましょう。営業事務に転職したいと思ったら営業事務への転職を考えたら、まずは