派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。

派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。

営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!

営業事務はどんな仕事?

営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。

一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。

業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務が中心になります。

派遣社員と正社員の違い

営業事務として働く場合、派遣社員と正社員ではどんな違いがあるのでしょうか。

私が働いていた大手メーカーの職場では、営業3人に対して正社員1人と派遣社員1人が、営業事務として付いていました。

正社員も派遣社員も、日々の受発注業務や在庫管理をしていました。

ただ、勤怠管理や歓送迎会の幹事などの雑務は基本的に社員が担当していました。

また、経費に関する出納処理も社員の担当です。

職場によってかなり違いがあるので一概には言えませんが、社内の細々とした雑務は社員が担当するという雰囲気はありました。

社員と派遣社員の割合によるところも多いでしょう。

派遣社員の方が多く勤続年数の長い人もいる場合、かなり細々したことまで派遣社員が担当することもあります。

他にも派遣社員がいた方が相談などもしやすく、働きやすいと感じる人も多いようです。

自分の働こうとする職場には他に派遣社員がいるのかなども、事前に聞いておくとよいでしょう。

雇用主

正社員は、勤務する企業から直接雇用されている立場です。

そのため、福利厚生は勤務している企業から直接提供されます。

一方、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んでいますから、派遣先企業の福利厚生は利用できません。

しかし、大手派遣会社であれば、福利厚生が整備されているので、通常の企業の正社員と変わらないレベルのサービスを受けることができます。

給与 

給与に関しては、支払い元がどこになるかというのがまず大きな違いです。

正社員であれば、直接企業から社員で支払われますが、派遣社員は企業が派遣会社に支払った後、派遣会社から本人に支払われることになります。

当然、派遣会社には仲介料が入ります。

給与の形態も違います。

正社員は月給制ですが、派遣社員は時給制になります。

また、正社員にはあるボーナス制度が、派遣社員にはありません。

では、どちらの方が給与としては高いのでしょうか。

年収として見ると、それほど大きな違いはなさそうです。

月給では時給制の派遣社員の方が高くなります。

ボーナスの額によってその差は変わってきます。

また、派遣はほとんどの場合交通費が支給されません。

営業事務職の時給はおよそ1500円〜2000円ほどが一般的です。

翻訳ができたり資格を持っているとそれ以上の時給になることもあります。

求められるスキル

新卒の正社員であれば、研修などをしながら育てていくケースが多くなります。

もちろん、PCはある程度使えるようにしておいた方がいいでしょう。

しかし、OJTの中で学んでいける会社が多いので、特に高いスキルを初めから持っていなくても心配はありません。

派遣社員の場合は、即戦力として求められることが多くなります。

派遣会社が用意している研修などに参加するなどして、ある程度のPCスキルは身につけておかないと、採用されるのは難しくなります。

そのほか、語学系のスキルがあると仕事の幅が広がり、給与もアップする可能性があります。

翻訳などの技術があると給与設定が大きく上がることがあります。

翻訳に関しては得意分野を作っておくとアピールできるでしょう。

正社員は、語学が得意であることで即給与設定が上がるということは少ないようです。

資格手当があるか確認してみると良いでしょう。

任される仕事内容

派遣の場合は、派遣会社から仕事の依頼を受ける際に、細かい業務内容についても説明を受けます。

細かい庶務的な内容については、「庶務や雑務を含む」といった大まかな表現になることもありますが、契約する際に含まれていない業務については拒否する権利があります。

しかし、実際職場の中で頼まれた業務を断るといのはかなりの勇気を要します。

若手の正社員のいない職場では、飲み会の幹事を頼まれるということも現実にはあるようです。

正社員については、企業から直接雇用されている立場ということもあり、幅広い業務を任されるというのが一般的です。

特に営業事務というのはサポート業務、部内の庶務的なことを任される立場にあるので、場合によってはお茶くみや、コピーといった業務をすることもあるのが現実のようです。

雇用期間

派遣は契約期間が最長3年と規定されています。

基本的には3年になった時点で派遣を終了するか、正社員として雇用するかになります。

気をつけなければいけないのは、契約期間内に退職する場合です。

正社員であれば2週間前までに通知すれば退職することができるという法律がありますが、派遣社員にはこれは適用されません。

契約期間内に退職する場合は契約違反となるため、派遣会社や派遣先の企業に、早めに手続きを取らなければなりません。

正社員に関しては、雇用期間というものは特になく、終身雇用という考え方が日本では一般的です。

しかし、今日の社会ではなにが起るかわからず、リストラなどもあるため、正社員で入社したら一生安泰とは言いきれないというのが実情です。

派遣社員として働くメリットとデメリット

メリット

時給が高い

派遣社員の時給は高めの設定になっているので、正社員よりも月給が高くなることが多くなります。

ボーナスがないので、年収としてはあまり変わらないこともありますが、毎月の手取りが多いのは助かると感じる人も多いでしょう。

大手企業で働けることも多い

派遣社員は、正社員よりも採用されやすいことがあります。

採用の過程も正社員よりも簡易です。

大手企業も積極的に派遣の採用をしているところがたくさんあるので、超有名企業で働くことも夢ではありません。

就業後も営業担当者に相談できるので安心

派遣会社の担当者が相談に乗ってくれるという安心感があります。

職場での人間関係など、職場の人に直接言えないようなことを、相談することもできます。

色々な企業で働ける

色々な職場を体験できるのも、派遣社員の醍醐味です。

分野をしぼらずにあえていろんな業界にチャレンジしてみることで、可能性が広がったり、本当にやりたい仕事が見つかるかもしれません。

期間限定で稼げる

私は、海外留学資金を貯めるために1年限定で派遣社員をしていたことがあります。

正社員になってしまうと、辞める権利はあるとはいえ、なかなか簡単に辞めるのは難しいのが現実です。

1年だけ、半年だけ、といった決まった期間だけ働きたい人には、理想的な働き方と言えます。

デメリット

交通費は時給に込みで、別途支給されないことが多い

一番のデメリットはこここではないでしょうか。

交通費が支給されないというのは、意外と大きいものです。

近くに住んでいればいいですが、勤務地が都心エリアであれば住居費も高くなります。

私が働いていた会社では、毎日片道30分自転車で通勤している派遣さんがいました。

正社員であれば交通費など気にせずに済むところですが、その派遣さんは節約と健康のために、雨の日も自転車通勤をしていました。

契約更新がないこともあるので、不安定

契約更新がなかったり、契約が終了すれば、また次の職探しをしないとなりません。

一生働き口があるかという補償もなく、不安定であることは否めません。

派遣の少ない職場では疎外感を感じることがある

女子社員の中に派遣が1人だけの職場だったりすると、輪の中に入りにくかったり、孤独を感じるという話はよく聞きます。

社員同士は同期入社であったり、横のつながりもあったりします。

大手企業であるほど、ある程度の孤独は覚悟しておいた方がよいでしょう。

営業事務派遣のおすすめの働き先5選!

総合商社

商社はメーカーなどから商品を買い取り、クライアントに販売する仲介を担う役割をします。

扱う商品は幅広く、商機のあるものを営業が開拓することもあります。

大きなビジネスや国際的な商談を展開することも多く、そういった場面に立ち会えるのは、商社に勤務する醍醐味とも言えます。

営業事務としては、商品のデリバリー業務(受発注や納期管理)が中心になります。

良い点としては、色々な商品を扱えるというところでしょう。

大変な点は、仲介役ということで時には板挟み状態になることもあるというところ。

そのあたりをうまくコントロールできれば、優秀な営業事務として活躍できます。

メーカー

商品を製造して販売するメーカー業界です。

営業事務はデリバリー業務担当として事務仕事を担います。

自社の商品に詳しくなれること、時には新製品がもらるというメリットもあります。

私は大手合繊メーカーで正社員として働いた経験がありますが、繊維の品番に詳しくなり、クライアントからスポーツウエアをいただいたりしました。

メーカーは全体的にあまり給与水準が高くないという難点もあります。

大手IT企業

成長著しいIT業界です。

営業事務は、営業のアシスタントとして事務を担当します。

新しい企業が多いため、風通しのよい社風が多いのが特徴です。

派遣社員でも能力があれば責任ある仕事を任されたり、中途採用も多いため、派遣であることで浮いてしまうという感じは少ないでしょう。

日本の古い体質の企業が苦手な人にもおすすめです。

外資系金融

外資系金融の大きなメリットは給与水準の高さです。

有名どころだと、かなり高額な給与が出ることもあります。

その分、海外とのやりとりで夜中に仕事をしないといけなかったり、仕事の能力が足りないと判断されればすぐに解雇されてしまうというリスクもあります。

医薬品会社

医薬品会社の事務職は人気があります。

業界的に安定していて、給与水準も高めなのが理由です。

医薬品の営業先となると、病院や薬局になります。

そういった取引先合相手に、薬剤師の資格を持った人などが営業をするMRという仕事は専門的な知識を要します。

営業事務としてMRのサポートするのには、薬剤師の資格は必要ありません。

良い会社(派遣先企業)の特徴

よい派遣先の企業を見分けるのには、まず求人内容から確認します。

自分が探している内容と合っている求人かどうか慎重に見極めます。

同じ派遣会社から派遣されてる人がいれば、派遣会社の人は内情をよく知っています。

人間関係や業務内容を確認しましょう。

担当者から業務内容はきちんと細かく説明してもらい、疑問があれば質問しましょう。

良い企業であれば、質問に対して真摯に答えてくれます。

曖昧な回答が多い場合は、気をつけた方がいいでしょう。

勤務地や残業時間なども大事な要素です。

自分で現地に行って通勤時間帯の様子を確認したり、社員の人たちの様子を見てみるのも良いでしょう。

良い派遣先に出会うためには、まず良い派遣会社!派遣会社を探すときの注意点

担当者がしっかりしていて信頼できるか

まず登録すると仕事の紹介をしてくれる担当の方から連絡が来ると思います。

担当者がきちんと業務内容を説明してくれているか、親身になって相談に乗ってくれるかはとても重要なことです。

求人数が多いか

やはり選択肢が多い方が仕事は見つかりやすくなります。

まずは大手派遣会社に登録しておけば、情報が多く活動がしやすくなるでしょう。

福利厚生がきちんとしているか

派遣会社が提供している福利厚生も確認してみましょう。

健康保険はもちろんのこと、定期検診を実施していたり、ベビーシッターや施設利用割引きサービスを提供している会社もあります。

また、研修などが充実していることも大切なポイントです。

自分の希望する業界の情報を持っているか

自分が目指している業界に強くない派遣会社を選んでしまっては意味がありません。

外資系に強い派遣会社、IT系を中心にしている派遣会社など特徴のある派遣会社がたくさんあります。

自分の興味のある業界で有名な派遣会社に登録することが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

派遣の仕事は数多くあります。

その中できちんとした派遣会社に登録して、自分の能力を活かした仕事をできるように、情報収集しながらがんばって活動してください!

営業事務の仕事は、基本的な事務のスキルが学べ、コミュニケーション能力も磨けます。

ぜひ、キャリアアップにつなげていけるようがんばってください。


関連キーワード

営業事務求人