あらゆる企業に存在する「営業事務」というお仕事について、どういったイメージを持っていますか?

幅広い業務をこなす事務のプロ、誰にでもできる簡単な仕事、営業をサポートする縁の下の力持ち、といったところでしょうか。

実際のところ、営業事務の仕事はやりがいを感じられるものなのでしょうか。

私は正社員と派遣社員で営業事務の仕事をしてみて、やりがいを感じ、奥の深い仕事だと思いました。

そこで今回は、私の経験の中から、やりがいを感じるポイントや営業事務に関する本音を徹底解説します!

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務はどんな仕事?

営業事務とは、営業のアシスタントとして事務的な業務を行うお仕事です。

基本的には、商品の在庫や納期の管理、受発注業務などを中心に行ない、派生した庶務的な業務なども担当します。

職場や扱う商品によって差はありますが、営業が仕事をスムーズに運べるようサポートするという点は共通していると言えます。

営業事務の大まかな仕事内容

まずは、営業に関わる事務的な処理全般が主な仕事になります。

私はメーカー勤務でしたので、工場やクライアントとのやりとりが多くありました。

会社独自のシステムを使って在庫管理やデリバリーと言われる受発注業務を担当し、工場と連絡を取って納期の調整などを行います。

営業に代わってクライアントと直接調整を行うことや、売り上げデータ集計業務、部署の庶務担当としての仕事が含まれることもあります。

仕事上の役割とは?

営業の部署に所属しているため、営業の部署全体の利益になるようにサポートすることが求められます。

実際に取引先に赴いたり、交渉するのは営業担当になりますが、陰で支える営業事務によって業務がうまくいくか左右されることもあります。

営業部署に欠かせない、縁の下の力持ちといった存在です。

雇用形態によって、仕事内容はどう変わる? やりがいをより感じられる雇用形態は?

営業事務の雇用形態は様々で、正社員だけでなく、派遣や契約社員も多く活躍している職種です。

特別な技能を要するわけではないので、事務の経験があればすぐに業務をできる、経費の安い派遣社員を雇う企業が多くあります。

では、正社員と派遣や契約社員で、どのような違いがあるのでしょうか。

営業事務の仕事内容としては、基本的に雇用形態が違っても大きな違いはないかと思います。

ですが、社外秘事項や社員の情報管理に関することなどは、正社員しか関われないこともあります。

やりがいを感じるかどうかは個人差はありますが、より会社と深く関わった仕事ができるのは正社員の方でしょう。

正社員は入社してから、研修や指導を受けながら育成されていきますが、派遣や契約社員は即戦力となることが前提です。

どちらにしても、やり方次第でやりがいを感じる働き方は可能です。

やりがいを感じる5つのポイント

営業事務の仕事をしていて、やりがいを感じるのはどういった時でしょうか。

そのポイントを解説します!

営業成績に結びついた時

営業の部署はチームワークで成り立っています。

営業が仕事をしやすいように、サポートするのが営業事務です。

営業成績が伸びていれば、チームの一員であるあなたの力が確実に結果に結びついているということです。

チームの成功を一緒に喜び合えるというのは、営業事務ならではのやりがいではないでしょうか。

営業担当に感謝された時

営業担当のアシスタントである以上、なにをすれば助かるのか、仕事に励みやすくなるのかを考えて行動するのが優秀な営業事務です。

その営業担当から感謝の言葉をかけられた時が、一番やりがいを感じる時である人は多いでしょう。

私はメーカーで3人の営業担当のアシスタントをしていましたが、決算の後に感謝の気持ちを込めて3人から食事に招待していただきました。

営業事務をやっていてよかったとやりがいを感じる瞬間でした。

クライアントから感謝された時

クライアントと直接やりとりすることはさほど多くなくても、電話の取り次ぎや、来社時などに接することがあるでしょう。

クライアントから感謝をされるというのは、直接仕事の成果となっていることの証です。

常に明るく丁寧な対応を心がけ、裏方としてサポートしていることをしっかり見てくださっているというのは嬉しいことです。

工場などの現場との連携がうまく行った時

私がメーカーの営業事務として仕事をしていた時、一番苦労したのは、工場とのやりとりでした。

わかりやすく言ってしまうと、地方にある工場と本社とは温度差があり、思うように動いてもらえないという事が多々ありました。

クライアントから納期を早めてほしいという依頼を受けても、工場が簡単には動いてくれないという板挟み状態に陥ることが日常茶飯事でした。

こういった時に、普段から現場の人とコミュニケーションを取っていると、「◯◯さんの頼みならやりましょう」と受けてもらえることが増えてきます。

これが、営業事務の腕のみせどころであり、やりがいを感じるポイントではないでしょうか。

仕事の山場をこえた時

決算や大型発注、イベントなど、年間を通して大きな山場を迎えることが何度もあります。

忙しい中を乗り越えて結果に結びついたときはやりがいを感じます。

直接数字として成績を出すのは営業の仕事になりますが、一緒に大変な場面を乗り越えたことには変わりありません。

また、チームとして仕事をしている醍醐味は、一緒にやり遂げることでやりがいを共有できることではないでしょうか。

\営業事務の仕事に「やりがい」があると感じた人は/

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりがいを持って働くために必要なこととは?

では、営業事務の仕事をやりがいを持ってしていくために必要なことはなんでしょうか。

日々の仕事に忙殺され、ただこなすだけの毎日になっていてはもったいないことです。

心構えやポイントをみてみましょう。

裏方に撤する!

決して表舞台で活躍するポジションではないのが営業事務の仕事です。

しかし、裏方であっても自分のしている仕事によって会社は成り立っているのです。

裏方だからつまらないというのではなく、自分の与えられたポジションでベストを尽くそうとするのがプロです。

中には裏方の仕事が好きという人もいるでしょう。

裏方に撤すると、仕事の全体像が見えやすくなるということもあります。

ぜひ裏方に撤することにやりがいを見いだしてみてください。

明るい笑顔でムードメーカーになる!

営業は、時にはクライアントに叱責されたり、思うように商品が売れなかったりと、浮き沈みの多い中で仕事をしています。

事務所に帰った時に、明るい笑顔で迎えてくれ、全力でサポートしてくれるスタッフがいたら、きっと気分を切り替えてまた仕事に励むことができるでしょう。

実際、私は就職して配属された際、部署の上司に「うちの部署のムードメーカーとして、明るく盛り上げてほしい」と言われました。

営業事務は決して「誰にでもできる仕事」ではないという誇りを持つ!

営業事務のルーティンは、決まったシステムを使って入力する作業が多く、さほど難しくないという人もいるでしょう。

しかし、優秀な営業事務になるのは決して簡単なことではありません。

臨機応変な対応やコミュニケーション能力が必要とされる職業です。

誇りを持って、経験を積んでいくことが大切です。

その人にしかできない対応の仕方があり、やりがいを感じることができるでしょう。

\やりがいのある働き方のために、もっとやるべき事を知りたい人は/

営業事務の仕事で大変なことは?

工場や倉庫とのコミュニケーション

前述していますが、一番大変なのは、工場やクライアントの間で板挟み状態になることです。

一日でも早く納品してほしいクライアントと、急かされるとへそを曲げてしまう工場との間で、どうバランスを取っていくかが試されます。

私の勤めていた大手メーカーはいくつもの工場を持っていたのですが、工場の担当者によって対応が違い、納期に関するお願いの仕方も相手に合わせて変えていました。

泣き落とし、書類で淡々と指示、事情説明して論破、などいくつものカードを持っている必要がありました。

営業成績やノルマ

直接営業事務がノルマを課せられるということはありませんが、営業担当の多くは営業成績やノルマと戦っています。

関係ないという顔をしているわけにはいきません。

月末が近くなると、ぴりぴりとした空気が流れることも。

なぜか月末になると必ず体調を崩す営業さんもいました。

そういった空気に慣れるのは、なかなか大変なことです。

繁忙期の波

私は衣料関係の職場にいたため、春夏物が出る時期と秋冬物が出る時期は非常に忙しくなりました。

年に2回ほどのことなので、そこを乗り切れば、あとはさほど忙しくはないのですが、体力的にキツいと感じることもありました。

常に同じくらいの忙しさという業界はほとんどないと思うので、やはり繁忙期を乗り切るという大変さは営業事務にはつきものです。

出世や昇給が難しい

営業事務にやりがいを感じられないという人たちは、出世や昇給の可能性が低いからというのが大きな理由の一つではないでしょうか。

営業事務として職務に就いている場合、後から営業として入った人が管理職へと上がっていき、自分はアシスタントという立場のまま年数が経ってしまうということもあります。

営業に職種を転向したり、管理職になるテストをパスするなどしないと、出世への道は厳しいようです。

高度なPCスキルや語学を身につければ、昇給を見込むことができます。

\もっと営業事務のデメリットを知りたい人は/

経験者が語る 2社で営業事務を経験して得たもの

2つの会社で営業事務を経験したことで、得たものは数多くあります。

臨機応変な対応力

営業事務は毎日同じことをしていればいいのではなく、色々な事態に対応しなければなりません。

商品が上がってこない、出荷ミス、欠品、営業担当とクライアントのミスコミュニケーションなど。

その時の初期対応で、後々の影響が大きく変わってきます。

慣れてくればだんだんと臨機応変な対応ができるようになってきます。

相手の状態を察する能力

営業担当は浮き沈みのある中で仕事をしているため、状態を察してフォローできると、優秀な営業事務として重宝されるでしょう。

私の担当していた営業さんで、かなりのうっかり者の人がいました。

業務が集中して忙しくなると、色々なことが抜けおちてしまうのです。

見ていて、テンパってきてると感じたら、さりげなく話しかけフォローするなど工夫しました。

営業スマイル

営業事務は、社内と社外の両方との関わりがあり、コミュニケーション能力を要します。

時には、心の内面を隠しつつ笑顔で接することも必要です。

やんわりとした笑顔は接客業などでも活用できます。

また、笑顔を作る事で自分の気分を上げることもできます。

仕事モードに入ると自然と笑顔が出るようになれば、大きな武器になるでしょう。

\自分もこのスキル・経験を身に付けたいと思ったら/

営業事務の仕事は、こんな人におすすめします!

営業事務に適しているのはどういう人なのでしょうか。

こういった人に営業事務の仕事をおすすめしたい!というポイントを挙げてみます。

柔軟性のある人

あまりにも融通が利かず、柔軟性に欠けると、営業事務の仕事は行き詰まりを感じるかもしれません。

例えば、メーカーの出荷オーダーには締め切り時間があります。

それでも急な依頼が入ることはあります。

決まりなので一切受け付けないこともできますが、なんとかならないか対応を検討する柔軟な姿勢が必要なこともあります。

状況に合わせて柔軟に対応できる人は信頼を得ることができるでしょう。

明るく前向きな人

営業の仕事は波があり、浮き沈みもあります。

そんな中で明るく前向きに仕事をできる人がアシスタントをしてくれていれば、営業は頼もしく感じるでしょう。

営業事務に限らず、仕事をやりがいあるものにしていくために、明るい前向きな姿勢は重要なポイントです。

人の状態を察することができる人

営業事務とは、昔ながらの言い方をすれば、営業の女房役といったところです。

周りに気を配り、相手に合わせた対応ができる人は重宝されるでしょう。

良妻賢母のようなタイプの人は、営業事務にぴったりです。

私の勤めていた企業で勤続10年以上になるベテラン営業事務の女性がいました。

彼女は天気予報をいつもチェックしていて、外回りに出かける営業担当に「今日は雨の予報が出てるので、傘を持っていった方がいいですよ」と声をかけていました。

彼女は上司や同僚からの信頼も厚く、営業事務として必要な資質を備えていると言えます。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

\営業事務が自分に合ってるか心配という人は、向き不向きの相談を/

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかかでしたか?

営業事務といっても、業務の幅は広く奥が深いと感じていただけましたか?

単純な事務作業だけでなく、気配りしながらアシストすることが必要とされる仕事で、その仕事の中から学べることはたくさんあります。

営業事務の仕事をするなら、自分らしさを活かしつつやりがいのある仕事となるよう、ぜひ工夫して取り組んでみてください!


関連キーワード

営業事務求人