転職を考えるときにまず登録する「転職エージェント」は人材業界では「人材紹介」と呼ばれています。

この人材紹介営業事務の仕事について向いている人の特徴や必要なスキル・適正について説明していきます。

人材紹介営業事務の仕事とはどんな仕事?

転職を考えている人と、人材を募集している企業をつなぐのが人材紹介の営業職の仕事です。

私たちが転職をしたいと考えたときにはまず転職サイトに登録しますが、サイトとは別に実際に転職エージェントの担当がついて転職の相談や求人の紹介を受けることもあると思います。

その際私たちはその転職エージェントのサービスを無料で受けることが出来ますが、転職エージェントは転職したい人を紹介した企業から報酬をもらうことで成り立っています。

そのため、転職エージェントの会社の営業職は転職したい人との面談を通じ、人材を募集している企業に合った人材を紹介し、転職のあっせんをおこないます。

人材紹介営業担当は企業側と個人側、どちらの希望も把握していなければならず、また日々面談や企業の訪問に追われています。

さらに、転職のあっせんにはノウハウや知っておかなければならない労働法などさまざまな知識が必要とされます。

人材紹介営業事務の仕事は、この人材紹介営業担当のサポートをするだけでなく、ノウハウや知識の勉強のお手伝いをする仕事です。

人材紹介営業事務の大まかな仕事内容

それでは人材紹介営業事務の大まかな仕事内容についてご紹介します。

多くの場合、1人の営業担当に事務担当が一人つき、仕事を探している個人である求職者との面談の調整の連絡や、事前に簡単な希望のヒアリングなどを行います。

また、営業担当が求職者と面談を行う際に必要な書類を準備したり、事前に希望に合いそうな求人票を準備しておくこともあります。

ほかにも、新入社員や中途入社で新人営業担当がいる場合には、ノウハウや知っておかなければならない労働法などの資料を作成したり研修で新人営業の指導を行うこともあります。

さらに営業担当が忙しく手が回らない場合には求職者の採用面談に営業担当の代わりに同席したりすることもあります。

人材紹介営業事務が向いている人の3個の特徴とは?

先回りして考える能力がある

営業担当が、求職者との面談や求人紹介・企業との営業活動に専念することが出来るよう、様々な場合に備え先回りして資料の準備や求人票の印刷などをしておくことが求められます。

そのため、秘書のようにあらゆることを先回りして考える能力があると、優秀で感謝される人材紹介営業事務になることが出来ます。

資料作成やマニュアル作り、書類仕事が苦にならない・得意である

人材紹介営業事務の仕事はデスクワークの資料作成や入力業務が多くあります。

また、研修を行う場合の資料作成や新人の勉強会のためのマニュアルづくりを求められることもあります。

そのような、書類仕事が苦にならない、あるいは得意であれば人材紹介営業事務の仕事に向いていると言えます。

初対面の相手に対しても不安をやわらげる優しい話し方が出来る

人材紹介営業事務の仕事は、営業担当の代わりに登録したばかりの求職者に電話をかけたり、転職面接に同行することもあります。

そのため、初めての転職に戸惑っていたり、面接に緊張している初対面の求職者に対しその緊張や不安をやわらげてあげる話し方や接し方が出来ることが望ましいでしょう。

人材紹介営業事務が向いていない人の3個の特徴とは?

人の指示やサポートをすることに対し抵抗がある

多くの転職エージェントでは営業担当が花形であり、スポットを浴びることが多くあります。

そのため、人材紹介営業事務の仕事は裏方のサポートであり縁の下の力持ち的な扱いを受けます。

営業担当から「これやっておいてね」と言われるような、人の指示を受けたりサポートする立場に不満を持ってしまったり抵抗のある人には向いていません。

細かい作業が苦手で、ちょっとくらいいっかと思うことが多くある

転職や、転職のあっせんには多くの法律や決まり事があります。

その法律を侵してしまうと最悪の場合内定が取り消されてしまったり、転職エージェントとしての業務が停止せざるをえないこともあります。

そのため、細かい作業や法律に抵触していないかの確認作業が必要とされます。

特に、人材紹介営業事務の仕事ではそのチェック役をすることも多く、「細かいことはあまり気にしない!」というタイプにはとても務まりません。

人と接するのが苦手である

人材紹介営業事務の仕事は営業担当・求職者・時に求人を行なっている企業担当と多くの人と接することのある仕事です。

人と接するのが苦手なので内勤のデスクワークを・・と考えていると、想像以上に人と接することが多いので、人と接するのが苦手な人にはあまり向かない仕事でしょう。

これから人材紹介営業事務の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

それでは、そんな人材紹介営業事務の仕事をしてみたい場合にはどのように求人を探すのでしょうか。

また必要なスキルや資格はあるのでしょうか。

人材紹介営業事務の仕事に就くために

まずは転職エージェントの企業が募集している求人を確認しましょう。

場合によっては転職をしようと転職エージェントに登録をした際に、「うちの会社の求人ですが」とその転職エージェントから紹介されることもあります。

事務経験や、営業経験があればなお良いでしょう。

資格は必要?

資格は必要ありません。

転職のあっせんをする上で知っておかなければならない法律や常識などは入社後に勉強する機会があるので心配しなくても大丈夫です。

まとめ

転職という、多くの人が初めて経験するであろう人生の一大事のお手伝いをする転職エージェントの仕事は大きな責任が伴う大変な仕事です。

その中で日々緊張感と責任感の重圧で押しつぶされそうな営業担当の補佐をする人材紹介営業事務の仕事もまた、大変な仕事です。

しかしそんな中でも、営業担当をさりげなく先回りして補佐し、優しくフォローしながら癒すことが出来れば、営業担当は安心して仕事に専念することが出来ます。

人材紹介営業事務の仕事は内勤として多くの人の転職を支える大切な仕事です。


関連キーワード

営業事務求人