転職を考えるときにまず登録する「転職エージェント」は人材業界では「人材紹介」と呼ばれています。

この人材紹介営業事務の仕事について向いている人の特徴や必要なスキル・適正について説明していきます。

人材紹介営業事務の仕事とはどんな仕事?

転職を考えている人と、人材を募集している企業をつなぐのが人材紹介の営業職の仕事です。

私たちが転職をしたいと考えたときにはまず転職サイトに登録しますが、サイトとは別に実際に転職エージェントの担当がついて転職の相談や求人の紹介を受けることもあると思います。

その際私たちはその転職エージェントのサービスを無料で受けることが出来ますが、転職エージェントは転職したい人を紹介した企業から報酬をもらうことで成り立っています。

そのため、転職エージェントの会社の営業職は転職したい人との面談を通じ、人材を募集している企業に合った人材を紹介し、転職のあっせんをおこないます。

人材紹介営業担当は企業側と個人側、どちらの希望も把握していなければならず、また日々面談や企業の訪問に追われています。

さらに、転職のあっせんにはノウハウや知っておかなければならない労働法などさまざまな知識が必要とされます。

人材紹介営業事務の仕事は、この人材紹介営業担当のサポートをするだけでなく、ノウハウや知識の勉強のお手伝いをする仕事です。

人材紹介営業事務の大まかな仕事内容

それでは人材紹介営業事務の大まかな仕事内容についてご紹介します。

多くの場合、1人の営業担当に事務担当が一人つき、仕事を探している個人である求職者との面談の調整の連絡や、事前に簡単な希望のヒアリングなどを行います。

また、営業担当が求職者と面談を行う際に必要な書類を準備したり、事前に希望に合いそうな求人票を準備しておくこともあります。

ほかにも、新入社員や中途入社で新人営業担当がいる場合には、ノウハウや知っておかなければならない労働法などの資料を作成したり研修で新人営業の指導を行うこともあります。

さらに営業担当が忙しく手が回らない場合には求職者の採用面談に営業担当の代わりに同席したりすることもあります。

人材紹介営業事務が向いている人の3個の特徴とは?

先回りして考える能力がある

営業担当が、求職者との面談や求人紹介・企業との営業活動に専念することが出来るよう、様々な場合に備え先回りして資料の準備や求人票の印刷などをしておくことが求められます。

そのため、秘書のようにあらゆることを先回りして考える能力があると、優秀で感謝される人材紹介営業事務になることが出来ます。

資料作成やマニュアル作り、書類仕事が苦にならない・得意である

人材紹介営業事務の仕事はデスクワークの資料作成や入力業務が多くあります。

また、研修を行う場合の資料作成や新人の勉強会のためのマニュアルづくりを求められることもあります。

そのような、書類仕事が苦にならない、あるいは得意であれば人材紹介営業事務の仕事に向いていると言えます。

初対面の相手に対しても不安をやわらげる優しい話し方が出来る

人材紹介営業事務の仕事は、営業担当の代わりに登録したばかりの求職者に電話をかけたり、転職面接に同行することもあります。

そのため、初めての転職に戸惑っていたり、面接に緊張している初対面の求職者に対しその緊張や不安をやわらげてあげる話し方や接し方が出来ることが望ましいでしょう。

人材紹介営業事務が向いていない人の3個の特徴とは?

人の指示やサポートをすることに対し抵抗がある

多くの転職エージェントでは営業担当が花形であり、スポットを浴びることが多くあります。

そのため、人材紹介営業事務の仕事は裏方のサポートであり縁の下の力持ち的な扱いを受けます。

営業担当から「これやっておいてね」と言われるような、人の指示を受けたりサポートする立場に不満を持ってしまったり抵抗のある人には向いていません。

細かい作業が苦手で、ちょっとくらいいっかと思うことが多くある

転職や、転職のあっせんには多くの法律や決まり事があります。

その法律を侵してしまうと最悪の場合内定が取り消されてしまったり、転職エージェントとしての業務が停止せざるをえないこともあります。

そのため、細かい作業や法律に抵触していないかの確認作業が必要とされます。

特に、人材紹介営業事務の仕事ではそのチェック役をすることも多く、「細かいことはあまり気にしない!」というタイプにはとても務まりません。

人と接するのが苦手である

人材紹介営業事務の仕事は営業担当・求職者・時に求人を行なっている企業担当と多くの人と接することのある仕事です。

人と接するのが苦手なので内勤のデスクワークを・・と考えていると、想像以上に人と接することが多いので、人と接するのが苦手な人にはあまり向かない仕事でしょう。

これから人材紹介営業事務の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

それでは、そんな人材紹介営業事務の仕事をしてみたい場合にはどのように求人を探すのでしょうか。

また必要なスキルや資格はあるのでしょうか。

人材紹介営業事務の仕事に就くために

まずは転職エージェントの企業が募集している求人を確認しましょう。

場合によっては転職をしようと転職エージェントに登録をした際に、「うちの会社の求人ですが」とその転職エージェントから紹介されることもあります。

事務経験や、営業経験があればなお良いでしょう。

資格は必要?

資格は必要ありません。

転職のあっせんをする上で知っておかなければならない法律や常識などは入社後に勉強する機会があるので心配しなくても大丈夫です。

まとめ

転職という、多くの人が初めて経験するであろう人生の一大事のお手伝いをする転職エージェントの仕事は大きな責任が伴う大変な仕事です。

その中で日々緊張感と責任感の重圧で押しつぶされそうな営業担当の補佐をする人材紹介営業事務の仕事もまた、大変な仕事です。

しかしそんな中でも、営業担当をさりげなく先回りして補佐し、優しくフォローしながら癒すことが出来れば、営業担当は安心して仕事に専念することが出来ます。

人材紹介営業事務の仕事は内勤として多くの人の転職を支える大切な仕事です。


関連キーワード

営業事務求人

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫

東京営業事務求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。「営業事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務はどんな仕事?営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。会議に必

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが、事務職は初めてでしたし特に資格も持っていませんでした。なので正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいなと思うこともありました。しかし上司がとても良い人だったため、いろいろと根気よく教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事をしてからはパソコンのスキルから、臨機応変に対応できるコミニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身に付きました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事な

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は、営業をサポートする役割で、今とてもニーズが増えています。営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、さらには募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そんなときに、営業事務はそのサポートとして代わりに契約書作成を行なったり、予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。さらに、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料を作成することや、新

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなの?と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字どおり営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的に言うと、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売る事を生業としている企業のことです。大手から零細企業ま

営業事務派遣求人のおすすめ働き先5選や良い会社の特徴とは?時給や正規社員求人との違いも解説!

派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんなお仕事なのかよくわからないという人は多いのではないのでしょうか。営業事務のお仕事内容と、向いてる人の特徴をわかりやすく解説します!「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うことと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り、商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり、貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐に渡ります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。そして、働いてみて感じた事、おすすめする理由とは?詳しくお伝えします!商社での営業事務のおおまかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買い付けるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活

営業事務の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を、複数社の営業事務経験がある私が教えます

企業で事務仕事に就くために職探しをしてみると、事務にもいろんな種類があることに気づくと思います。そんな中、求人でよく見かける「営業事務」というお仕事があります。名前だけではどんなお仕事をするのか想像がしにくいですが、どんなお仕事なのでしょうか。また、営業事務の年収なども紹介したいと思います。「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →営業事務の給料の相場はどのくらい?正社員新卒入社営業事務は事務職ですので、平均的な事務職全般と給与は変わりはありません。特別な技能がある専門職として就職する場合であったり、外資系企業であったりすると給与は高くなることがあります。営業事務の平均年収は、事務


営業事務求人に関するコラム

営業事務は女性に向いている?向いている点、できること・大変なことなどを解説します

一般事務や営業事務といった事務職は、女性が多いイメージがありませんか?なぜ事務職は、女性が多いのでしょうか。今回、女性が営業事務に向いている点・できること・大変なことを、営業事務経験者が解説します。営業事務はどんな仕事?営業事務は、営業担当者をサポートすることがメインの仕事です。営業は外出していることが多く、社内での作業ができないため、それらを行うのが営業事務です。ざっくり言ってしまうと、営業担当者が商品を売り上げるために必要なことをサポートします。営業事務の大まかな仕事内容大きく分けると、受発注業務を伴う事務(メーカーなど)と、伴わない事務(マスコミなど)に分けられます。主に、商品の受発注業

営業事務がブラックな仕事だな…と感じた4個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

営業事務…よく聞く仕事だと思いますが、『営業なのに事務?』という声もチラホラ聞こえてきます。そんな営業事務について、営業事務がブラックだと思う瞬間についてお話していきたいと思います。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の仕事はいくつかに分かれます。それぞれご説明します。見積書の作成営業がお客様と結んだ契約を元に、見積書を作成します。商品やサービスの数量・単価などを表記し、お客様に提示するものです。発注これはお客様に提供する商品を仕入れる際の発注と、本来お客様が作成される発注書をこちらで作成する作業とがあります。企業によって発注書はお客様に作成してもらうところもありますが、こちら側で予め作成する企

営業事務の採用はどんな会社がしてる?5個の会社のタイプや、会社から求められていること

事務職の一つである営業事務。「営業」という名前がつくのだから、営業がある会社で募集しているのだろうと思うことでしょう。しかし、どういった会社で募集しているのか深く考えると、少々ぼんやりしてしまうのではないでしょうか。営業事務の採用はどういった会社でしているのか、またどういったことが求められるのかなど、これから営業事務職を目指す方へのアドバイスをお伝えします。営業事務のおおまかな仕事について知っておこう営業事務の仕事は、簡単に言うと「営業担当のサポート」です。しかし、営業担当と一緒に外回りをする訳ではなく、社内にて請求書や見積書などの書類作成、電話・メール対応などが主な仕事となります。また、社外

営業事務の悩みで多い7個のこととその解決法。

事務職には、一般事務や経理事務の他に、「営業事務」というものがあります。この営業事務は、社外の人との接点も多く、躍動感のある職種です。しかし、その躍動感があるが故に、抱えてしまう悩みもあります。営業事務の悩みでよく見られるものは何でしょうか。解決策と併せてお話しします。営業事務のおおまかな仕事内容営業事務とは、その名の通り営業部門の事務職です。基本的には営業担当のアシスタント業務になります。勤務先によって仕事量は変わってきますが、一人の営業担当に一人の営業事務がつく事もあれば、一人の営業事務が複数人の営業担当を受け持つ場合もあります。おおまかな仕事内容としては、見積書の作成、伝票や請求書の発行

営業事務で疲れたという人の5個のよくある理由と対処法

営業事務がどんな仕事かわからないまま働き始めると、思っていたのと違う、営業職に近くて大変だと話す人が多くいます。そう、営業事務の仕事って仕事の量が多くて漠然としているので、予想と違ってそのギャップに悩んでしまう人も多いのです。どんな仕事でもそうですが、忙しくなるとストレスが溜まったり悩みを抱えたりして苦しくなってしまうものです。中には就業先の環境があまり良くなかったり、人間関係が複雑だったりして気持ちが疲れてしまうこともあるかもしれません。そんな時ストレスをためないためにもしっかりとした対処法が必要です。ストレス解消の方法は人それぞれだと思いますが、私が働いてみて有効だった対処法を載せてみます