最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。

営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。

クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。

仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?

そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。

「営業事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務はどんな仕事?

営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。

会議に必要な資料を作ったり、クライアントにアポイントメントの予約を取り付けたりと、様々な業務があります。

自社とクライアントをつなげる重要な役割を果たす仕事なので、やりがいを感じることができるでしょう。

東京の営業事務求人のおすすめ募集内容の特徴

一言に営業事務と言っても内容は様々です。

専門分野が違えば任される仕事も変わってきます。

プライベートも充実させたい、収入にはこだわりたいなど、いろいろな希望があることでしょう。

ここではおすすめの募集内容をご紹介していきたいと思います。

自分の将来に役立つ分野である

自分の将来の目標に近づくようなスキルを身に付けることができるかは、大きな選択ポイントだと思います。

ステップアップの一環として働くのに営業事務はまさにぴったり!

研修や資格取得補助などの項目があれば、積極的に利用してみましょう。

賞与や福利厚生、保障が充実している

収入にこだわりたければ、賞与やインセンティブはしっかりとチェックしておきましょう。

福利厚生や社会保険などが充実していれば、それはすなわち企業自体が活性化している証拠です。

良い会社で高いモチベーションを持って働きたいのであれば、条件の良いところを見つけましょう。

研修がしっかりしている

営業事務の仕事は営業部門のサポートが主になります。

専門的な分野を扱うことも多いので、しっかりとした研修を受けてスムーズに業務に入ることができるかが肝心です。

研修がきちんと受けられず分からないままだと、すぐに嫌気がさしてしまうはず。

応募する際に扱う分野や仕事の内容、研修制度については必ず確認しましょう。

「営業事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

東京の営業事務求人の給与相場

地域にもよりますが、新卒で大体18〜22万円といったところでしょう。

一般事務と対して金額は変わりませんが、企業によってはインセンティブ報酬等もあるのでその面が大きく関わってくるでしょう。

他にも営業の担当者と一緒に外回りについて行ったり、出張について行ったりすると手当がもらえます。

東京の営業事務求人で人気なエリア

では東京の営業事務の求人先で人気のエリアはどこなのでしょうか?

丸の内・東京駅周辺

大手の企業が多くやりがいを感じるような大きな仕事も多いのがこのエリア。

外回りをした際もモチベーションが上がります。

また近くにおしゃれな美味しいお店も多く、帰りに立ち寄ることもできると人気です。

聞いた話によると、エリートの方とお近づきになって飲み会などをするのが目的の女性陣もいるのだとか…。

恵比寿・広尾周辺

おしゃれな街で働きたい人にとっては最高の立地と言えるでしょう。

ランチが人気のお店も多く、楽しんで働けるようです。

またこの辺は外資系の会社が多く、私の同期は営業先で引き抜かれ転職をしました。

そんなチャンスも転がっている人気のエリアです。

渋谷・青山周辺

プライベートも充実させたい人に人気なのがこちらのエリア。

定時に上がれればショッピングや食事を楽しんで帰ることができます。

特にファッション業界の企業が集まっており、アパレル関係の仕事を目指す人には興味深い地域でしょう。

求人の選び方のコツやポイント!

大切なのは自分が何を1番優先したいかです。

お給料の高さなのかやりがいなのか、プライベートの充実なのか。

それによって働く先の選び方は変わってきますよね。

例えば高いお給料をもらいたい人ならば、まずは募集内容の月給や年収の欄、賞与や昇給の欄をよくチェックしましょう。

賞与も月の何か月分なのかでかなり変わってきます。

やりがいならば妥協せず、自分が本当にやりたい分野が見つかるまで探すことです。

営業事務は専門分野を扱うことが多いので、自分に合っていて突き詰めていけるものでなければ務まりません。

焦らず自分に合うと思うところが見つかるまで探すことをおすすめします。

プライベートを優先したいのなら、派遣と言う働き方もいいかもしれません。

正社員になるとどうしても残業が付き物になります。

週休2日を守り、安定した収入を貰いながらプライベートを充実させたいと言う人にオススメです。

企業によってはそのまま正社員雇用をしてくれるところもあるので、様子を見てみるのも良いでしょう。

「営業事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあった東京の営業事務求人の選び方や注意点

自分にはどんな種類の営業事務の仕事が合うのか。

選び方や注意点を見ていきましょう。

雇用形態から探す

安定を求めるなら正社員、プライベートの充実度を求めるのなら派遣もしくはアルバイトでしょう。

営業職が初めてで不安と言う人は、まずはどんな職場なのか派遣やアルバイトから始めてみるのもいいかもしれません。

職種から探す

どんな職種でもそうですが、何の興味もない分野の仕事をするのは辛くつまらないものです。

まずは自分の好きな分野に的を絞り、そこから条件面を合わせて考えていくことをお勧めします。

英語を勉強したければ貿易関係や海外賃貸の営業、お洒落が好きならインテリアやファッション関係などがおすすめです。

会社の業態から考える

やはり業績が良く、安定しているところが良いでしょう。

外資や勢いのある新しい会社はある程度キャリアを積んでから転職先として考えることをおすすめします。

給与や雇用条件から考える

働く上で一番の条件はお給料でしょう。

賞与や昇給、福利厚生や社会保険も含めてしっかりとチェックが必要です。

まとめ

営業事務は自社とクライアントをつなぐ大切な仕事です。

営業部門の方にも頼りにされます。

とてもやりがいのある仕事なので、責任を持って働きたい人、キャリアアップしたい人にはぜひおすすめですよ!


関連キーワード

営業事務求人

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫管理、納期管理、見積書・納品書・請求書の作成、入金管理

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが、事務職は初めてでしたし特に資格も持っていませんでした。なので正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいなと思うこともありました。しかし上司がとても良い人だったため、いろいろと根気よく教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事をしてからはパソコンのスキルから、臨機応変に対応できるコミニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身に付きました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事な

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は、営業をサポートする役割で、今とてもニーズが増えています。営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、さらには募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そんなときに、営業事務はそのサポートとして代わりに契約書作成を行なったり、予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。さらに、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料を作成することや、新

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなの?と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字どおり営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的に言うと、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売る事を生業としている企業のことです。大手から零細企業ま

営業事務派遣求人のおすすめ働き先5選や良い会社の特徴とは?時給や正規社員求人との違いも解説!

派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんな仕事なのかよく分からないという人は多いのではないのでしょうか。この記事では、営業事務の仕事内容と、向いている人の特徴を分かりやすく解説します!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うこと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期の管理、各種伝票処理などの営業に関することか

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐にわたります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。働いてみて感じたことやおすすめする理由を詳しくお伝えします!商社での営業事務の大まかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買いつけるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活躍するイメージ

営業事務の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を、複数社の営業事務経験がある私が教えます

企業で事務仕事に就くために職探しをしてみると、事務にも様々な種類があることに気付くと思います。そんな中、求人でよく見かける「営業事務」という仕事があります。名前だけではどんなお仕事をするのか想像がしにくいですが、どんなお仕事なのでしょうか。また、営業事務の年収なども紹介したいと思います。営業事務の給料の相場はどのくらい?正社員の営業事務の給料相場新卒入社営業事務は事務職ですので、平均的な事務職全般と給与は変わりはありません。特別な技能がある専門職として就職する場合であったり、外資系企業であったりすると給与は高くなることがあります。営業事務の平均年収は、事務職全体の平均と同じか少し高いくらいで、

営業事務の転職で知っておくべき10個のこと

営業事務への転職を考えた時に、どんなことに気を付けたら良いのか分からないと不安ですよね。「営業事務はどんな仕事なの?」「活かせるスキルや経験を知りたい」「営業事務に向いてるタイプは?」「収入の相場はどのくらい?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。この記事では、営業事務の転職で知っておきたい10個のポイントを紹介します。営業事務とはどのような仕事で、そのために必要とされている能力や適性は何かを理解しておきたいですよね。営業事務についてよくある疑問にもお答えしていますので、この記事を読んで転職活動を一歩リードしましょう。営業事務に転職したいと思ったら営業事務への転職を考えたら、まずは